九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
松田 泰治(まつだ たいじ) データ更新日:2018.06.29

教授 /  工学研究院 社会基盤部門 構造および地震工学


教育活動概要
 大学院工学研究科建設システム工学専攻に所属し、修士課程を対象に「振動制御工学」を開講、構造物固有の振動特性を十分考慮した上で構造物の耐震性や耐風性を高めるための手法である免震構造や制振構造の原理および設計手法の理解および修得を目的とした講義を行っている。また、学部教育においては3年生を対象に「構造解析学」を開講し、建設都市工学に関わる構造物の耐震設計および耐風設計を行う際の基礎となる振動工学の知識修得を目的とした講義を行っている。
担当授業科目
2018年度・前期, 耐震工学.

2018年度・後期, 地震工学特論.

2018年度・前期, 地震工学.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2017年度, くまもと水循環・減災研究教育センター(熊本大学), 客員教員, 国内.

2017年度, 学校法人 福岡建設専門学校, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 熊本大学工学部, 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」