九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田中 宏昌(たなか ひろよし) データ更新日:2017.05.30

助教 /  工学研究院 機械工学部門 設計生体システム


主な研究テーマ
水素利用機器に用いられるOリングの摩擦摩耗特性
キーワード:水素,Oリング,ゴム,変形,損傷
2014.04~2018.03.
水素中におけるDLC膜の摩擦摩耗
キーワード:DLC, 水素,摩擦,摩耗
2012.05.
水素環境下における摩擦摩耗,及び転がり疲れの研究,高圧水素中における材料への水素侵入特性の評価
キーワード:すべり接触, 摩擦摩耗, 転がり接触, 疲労寿命, 高圧水素, 水素侵入特性, 表面分析
1989.04.
各種グリースの潤滑特性
キーワード:グリース,摩擦摩耗,転がり疲れ
2010.04.
従事しているプロジェクト研究
CREST:エネルギー高効率利用のための相界面科学
2015.05~2015.05, 代表者:足立幸志, 文部科学省
超低摩擦機械システムのためのトライボ化学反応を制御したナノ界面創成.
WPI international institute for carbon neutral energy research
2012.05, 代表者:Prof. Petros Sofronis.
U.S. Department of Energy, Wind and water power program
2010.11~2011.01, 代表者:Dr Ali Erdemir, Department of Energy (U.S.)
発電用風車はアメリカにおいても次世代クリーンエネルギー技術の候補として注目されている.私がJPSP「組織的な若手研究者等
海外派遣プログラム」において訪問したアルゴンヌ国立研究所(米国,イリノイ州)においても200程度ある研究プロジェクトの一つにアメリカエネルギー省の助成によるWind Programがあり,私の研究もWind Programの一部である(1, 2).米国において私が実施した研究は,発電用風車システムにおける転がり要素の耐久性評価にかかわる研究であり,特に,風車に使用される歯車歯面におけるマイクロピッチング試験であった..
水素先端科学基礎研究事業
2008.07, 代表者:Joichi Sugimura, NEDO技術開発機構
水素について重要な科学的知見を集積して、水素を安全・簡便に利用するための指針を産業界に提供することにより、水素社会到来に向けた基盤整備を行うことを目的とする.
研究業績
主要原著論文
1. Hiroyoshi Tanaka, Effect of Environmental Gas on Surface Initiated Rolling Contact Fatigue, Tribology Online, 8, 1, 90-96, 2013.01.
2. 田中宏昌,森田健敬,澤江義則,杉村 丈一, DLC膜に及ぼす40MPa水素ガス曝露の影響, トライボロジスト, 54, 12, 848-856, 2009.12.
主要学会発表等
1. 田中 宏昌, Permeation of hydrogen into steel under rolling contact in various gas with additive free oils, Tribology frontier 2016, 2016.11.14.
2. 田中 宏昌, Effects of lubricant additives on hydrogen permeation under rolling contact, Tribology frontier 2015, 2015.10.27.
3. 田中 宏昌, Hydrogen Permeation through Oxide Layer on Steels, ITC2015, 2015.09.19.
4. 田中 宏昌, Joichi Sugimura, Suguru Ikeda, Different failure modes in rolling contact of steel under grease lubrication, STLE tribology frontier 2014, 2014.10.28.
5. 田中 宏昌, Joichi Sugimura, Taiki komatsu, Effects of environmental gas on decomposition of lubricant and hydrogen generation at nascent iron surface, Asiatrib2014, 2014.02.12.
6. 田中 宏昌, EFFECTS OF HYDROGEN ON STRUCTURAL CHANGE AND ROLLING CONTACT FATIGUE OF STEEL, Asiatrib2014, 2014.02.12.
7. 田中 宏昌, Rolling contact fatigue test with greases in hydrogen environment, WTC2013, 2013.09.10.
8. 田中 宏昌, PERMEATION OF HYDROGEN INTO STEEL IN SIMPLE CYCLIC CONTACT TESTS, ISFF7, 2013.04.11.
9. Hiroyoshi Tanaka, Rolling Contact Fatigue under Grease Lubrication in Hydrogen, IJTC2012, 2012.10.08.
10. 田中宏昌, 鋼表面における酸化膜形成と水素侵入, 日本トライボロジー学会 第81回メンテナンス・トライボロジー研究会, 2012.02.10.
11. Takahiro Yamanaka, Hiroyoshi Tanaka, Kazuyuki Yagi, Joichi Sugimuura, Fluid Flow between Parallel Sliding Surfaces with Rectangular Microdimples, International Tribology Conference, Hiroshima 2011, 2011.11.02.
12. Hiroyoshi Tanaka, Tatsuhiko Morofuji, Masaaki Hashimoto, Joichi Sugimura, Effect of Temperature on Surface Initiated Rolling Contact Fatigue in Hydrogen Environment, International Tribology Conference, Hiroshima 2011, 2011.11.02.
13. Hiroyoshi Tanaka, Yoshinori Sawae, Joichi Sugimura , Surface film formation and hydrogen permeation of austenitic stainless steel under high pressure hydrogen, ASME/STLE 2011 International Joint Tribology Conference, IJTC2011, 2011.10.25.
14. Joichi Sugimura, Hiroyoshi Tanaka, Hiraku Tanimoto, Takefumi Otsu, Masaaki Hashimoto,, Oxidation of steel surface under repeated contact in hydrogen2011.09.08., 38th Leeds-Lyon Symposium on Tribology, 2011.09.08.
15. Hiroyoshi Tanaka, Nobuo Sakai, Yoshinori Sawae, Joichi Sugimura, Effects of High Pressure Hydrogen Gas on Surface Properties of Steels, 2011 Hydrogenius Tribology Symposium, International Hydrogen Energy Development Forum 2011, 2011.02.03.
16. Hiroyoshi Tanaka, Nobuo Sakai, Yoshinori Sawae, Joichi Sugimura, Effects of High Pressure Hydrogen Gas on Surface Properties of Steels, 2011 Hydrogenius Tribology Symposium, International Hydrogen Energy Development Forum 2011, 2011.02.03.
17. 田中宏昌, 水素ガス雰囲気中の転がり疲れ, 明治大学学術フロンティア第4回シンポジウム2010-03-05, 2010.03.05.
学会活動
所属学会名
日本トライボロジー学会
日本機械学会
学協会役員等への就任
2015.05~2018.04, 日本機械学会設計工学システム部門, 広報委員.
2012.05~2015.05, トライボロジー学会, 編集委員,広報情報化委員.
学会・研究会における座長等
2016.09.11~2016.09.14, 機械学会年次大会, 座長.
2015.05.27~2015.05.29, トライボロジー学会2015春姫路, 座長.
2014.11.04~2014.11.06, トライボロジー会議2014秋盛岡, 座長.
2013.03.13~2013.03.13, 機械学会九州支部第66期総会講演会, 座長.
2012.09.16~2012.09.28, トライボロジー会議2012秋室蘭, 座長.
2012.03.16~2012.03.16, 機械学会九州支部第65期総会講演会, 座長.
2011.10.30~2011.11.03, International Tribology Conference, Hiroshima 2011, 座長.
2011.05.23~2011.05.25, トライボロジー会議2011春東京, 座長.
2010.05.17~2010.05.19, トライボロジー会議2010春東京, 座長.
2009.10.10~2009.10.10, 機械学会九州支部四国九州支部合同企画長崎講演会, 座長.
2007.09.26~2007.09.28, トライボロジー会議2007秋佐賀, 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2013.04~2014.05, 雑誌トライボロジスト, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度    
2014年度 10      12 
2013年度 10      11 
2012年度      
2008年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Argonne Natinal Laboratory, United States of America, , 2010.11~2011.01.
Brunel university, United Kingdom, 2009.04~2009.04.
受賞
2013年度第57期日本トライボロジー学会 論文賞, 一般社団法人日本トライボロジー学会, 2014.05.
International hydrogen energy development forum 2010 Distinguished Presentation Award, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology - Recearch Center for Hydrogne Industrial Use and Strage (HYDROGENIUS), 2010.02.

九大関連コンテンツ