九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
宮原 広郁(みやはら ひろふみ) データ更新日:2017.10.30

教授 /  工学研究院 材料工学部門 材料加工工学講座


主な研究テーマ
溶射用合金粒子の組織制御
キーワード:液相法,溶射,耐摩耗性,ミクロ偏析
2008.04.
ニッケル基超合金の組織制御
キーワード:液相法,シミュレーション,ミクロ偏析,マクロ偏析,自然対流,マイクロ・グラビティ,一方向凝固
2004.04.
マグネシウム合金の凝固組織制御と材料への適用
キーワード:液相法,シミュレーション,ミクロ偏析,マクロ偏析,酸化被膜,介在物,硬さ
2006.04.
鉄基及び非鉄基合金の湯流れの解析と鋳造欠陥との生成過程
キーワード:液相法,シミュレーション,ミクロ偏析,マクロ偏析,一方向凝固
2009.02.
鋳鉄の組織制御
キーワード:液相法,炭化物,黒鉛,接種,耐摩耗性,ミクロ偏析
2006.04.
太陽電池セル用多結晶シリコンインゴットの成長メカニズムの解析
キーワード:多結晶,シリコン,太陽電池,液相法,一方向凝固法,シミュレーション,偏析,対流
2002.04.
金属基複合材料の凝固組織制御
キーワード:複合材料,転位,セラミックス,拡散係数,液相法,シミュレーション,耐摩耗性,ミクロ偏析,拡散
1994.04.
金属基複合材料の凝固組織のコンピュータシミュレーション
キーワード:複合材料,溶質拡散,熱拡散,液相法,凝固法,シミュレーション,耐摩耗性,ミクロ偏析
1997.04~2009.03.
従事しているプロジェクト研究
北九州中小企業産学官連携研究開発事業「難燃性マグネシウム合金の凝固組織制御に関する研究」
2016.06~2017.03, 代表者:松本 敏治, 日本.
北九州中小企業産学官連携研究開発事業「3Dプリンターを用いた革新的砂型造型工程による難燃性マグネシウム合金砂型鋳造製品の開発」
2015.06~2016.03, 代表者:松本 敏治, 日本.
中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業「難燃性マグネシウム合金の凝固組織制御に関する研究」
2014.07~2015.03, 代表者:松本 敏治, 日本.
中小企業産学官連携研究開発事業「3Dプリンターを用いた革新的砂型造型工程による難燃性マグネシウム合金砂型鋳造製品の開発」
2014.04~2015.03, 代表者:松本 敏治, 日本.
中小企業産学官連携研究開発事業「水素系ガスを用いた低環境負荷溶射技術の開発」
2013.07~2014.03, 代表者:坂田一則, 日本.
環境配慮型高機能自動車部品・技術開発支援事業「高度に清澄化された塑性加工部品向け耐熱・難燃性マグネシウム合金ビレットの開発」
2012.04~2014.03, 代表者:松本 敏治, 日本
耐熱性および難燃性を有するマグネシウム合金は、自動車を中心とした輸送機器分野における軽量化材料としてニーズが高い。これらの分野でエンジン周りの部品や構造材として普及させるには、プレス加工部品等のマグネシウム合金化が必要となるが、素材品質等の問題が普及を妨げている。これまでの耐熱合金による鋳造部材の開発成果に基づき、本事業では塑性加工のスタート材となる鋳造ビレットを対象に、高度に清澄化された鋳造素材の製造技術を確立する。.
自動車製造基盤技術等促進事業「トラクションドライブ用高耐久性転動体の製造方法の開発」
2011.04~2012.03, 代表者:坂田一則, 日本.
ものづくり中小企業製品開発支援事業「コールドスプレー装置と専用粉体材料の試作開発」
2011.04~2013.03, 代表者:坂田一則, 日本.
科学研究費B
2010.04~2014.03, 代表者:宮原広郁
「マイクロ粒子化・局所溶融化による211方位制御薄型シリコン太陽電池の創成」.
挑戦的萌芽
2011.04~2012.03, 代表者:宮原広郁, 日本
「高密結晶型オニオンタイプグラファイトの高速創製」.
戦略的基盤技術高度化支援事業「自動車パワートレイン摺動部における 溶射技術の開発」
2008.09~2011.09, 代表者:坂田一則, 日本.
戦略的基盤技術高度化支援事業「耐熱・難燃性マグネシウム合金鋳造によるパワートレイン耐熱部材の開発」
2009.09~2012.03, 代表者:松本敏治, 日本.
挑戦的萌芽
2009.04~2011.03, 代表者:宮原広郁, 日本
「局所溶融化・マイクロメルトグロース法による規則性単結晶多結晶材料の創製」.
科学研究費C
2007.04~2009.03, 代表者:宮原広郁
「セルフシードクリスタル法による太陽電池用多結晶シリコンの高品質化」
多結晶インゴットの結晶サイズ及び分布の均一化を目指す..
科学研究費C
2005.04~2007.03, 代表者:宮原広郁
「双晶制御による多結晶シリコン太陽電池の高効率化」
単結晶太陽電池に匹敵しうる高光-電気高効率を有する多結晶インゴットの組織制御を行う..
即効型高効率太陽電池技術の実用化解析に関する調査・研究
2001.04~2003.03, 代表者:大城桂作, 新エネルギー・産業技術総合開発機構
単結晶太陽電池に匹敵する光電気高効率を有する多結晶インゴットの組織制御を,安価で行う..
科学研究費B(2)
2002.04~2004.12, 代表者:大城桂作
安価で単結晶太陽電池に匹敵する光電気高効率を有する多結晶インゴットの組織制御を行う..
研究業績
主要著書
1. 宮原 広郁, 鉄鋼材料と合金元素, 2015.10.
2. 宮原 広郁, 第5版 鉄鋼便覧, 2014.08.
3. 宮原 広郁, 金属学会セミナー・テキスト 凝固および結晶成長 -理論・シミュレーションと応用-
 8.複合材料
, 2002.11.
主要原著論文
1. 古賀義人, 坂田一則, 岡 大翼, 鍬取航平, 成田一人, 宮原広郁, Formation of Fe-Cr-Mo Alloy Metallic Glass Coating Using Hig-Velocity Oxy-Fuel Apparatus with Hydrogen Gas and Its Microstructural Transition at Elevated Temperatures, Materials Transactions
, Vol.58, No.10, 1444-1450, 58(10)(2017),1444-1450., 2017.10.
2. 村上玲太, 成田一人, 宮原広郁, レーザ表面溶融処理により急速凝固させた球状黒鉛鋳鉄の表面組織と特性, 溶射, Vol.54, No.1, 12-17, 54(1)(2017),12-17., 2017.01.
3. Ryutaro Hara, Masahiro Yamamoto, Gen Ito, Kazunori Kamimiyada, Ichihito Narita, Hirofumi Miyahara, Effect of Nitrogen on the Microstructure and Hardness of High- Carbon High-Speed Tool Steel Type Alloys, Materials Transactions, Vol.57, No.11, 1945-1951, Vol.57 No.11 (2016) pp.1945-1951., 2016.11.
4. T. Yamaguchi, N. Teshima, H. Miyahara, Fundamental Analysis of Metal Film Formation by Atomizer
, Proceedings of The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 72-74, pp. 72-74, 2016.08.
5. Y. Koga, K. Sakata, D. Oka, K. Kuwatori, I. Narita, H. Miyahara, Solidification and precipitation sequences of sprayed Fe-Cr-Mo-C-B alloy metallic glass coating, Proceedings of The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 75-77, pp. 75-77, 2016.08.
6. K. Yoshimoto, R. Hara, M. Yamamoto, G. Ito, K. Kamimiyada, I. Narita, H. Miyahara, Effect of Boron and Nitrogen Addition on the Solidification Microstructure of High-Carbon HSS Type Mill Roll, Proceedings of The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 121-123, pp. 121-123, 2016.08.
7. N. Teshima, Y. Fuchigami, I. Narita, H. Miyahara, Effect of vibration on unidirectional solidification microstructure for polycrystalline silicon, Proceedings of The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 82-84, pp. 82-84, 2016.08.
8. K. Uchida, G. Ito, I. Narita, H. Miyahara, Heterogeneous Nucleation of Spheroidal Graphite on Ductile Cast Iron, Proceedings of The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 58-60, pp. 58-60, 2016.08.
9. 坂田一則, 古賀義人, 宮原広郁, 水素を活用した金属ガラスの溶射技術, 溶射学会誌, Vol.85, No.4, 346-352, 85(4)(2016),346-352., 2016.06.
10. 古賀義人, 坂田一則, 岡 大翼, 鍬取航平, 成田一人, 宮原広郁, 水素ガスによるFe-Cr-Mo合金金属ガラス皮膜形成と高温保持における微細構造変化, 溶射, Vol.53, No.2, 48-54, 53(2)(2016),48-54., 2016.04.
11. 原 隆太郎, 山本昌宏, 伊東 彦, 上宮田 和則, 成田 一人, 宮原 広郁, 高炭素高速度鋼系合金の組織および硬さに及ぼす窒素の影響, 日本金属学会誌, Vol.79, No.4, 169-175, 2015.04.
12. 成田 一人, 朴聖源, 菅原 徹, 宮原 広郁, 菅沼克昭, SiCダイアタッチ用Znはんだの組織および機械的性質に及ぼす添加元素の影響, 九州大学超顕微解析研究センター報告, No.39, 76-77, 2015.04.
13. 坂田一則, 大関和正, 岡 大翼, 新屋康弘, 緒方道子, 古賀義人, 成田一人, 宮原広郁, 水素ガスを用いて高速フレーム溶射した鉄系金属ガラスの皮膜特性, 溶射, Vol.51, No.4, 129-133, 2014.10.
14. 芦塚 康佑, 髙田 洋吉, 宮原 広郁, 成田 一人, 鈴木 隆太, 大城 桂作, 低炭素球状黒鉛鋳鉄の凝固組織形成とフェライト化熱処理における変態過程, 鋳造工学, Vol.86, No.1, 31-35, 2014.01.
15. K. Sakata, K. Tagomori, N. Sugiyama, S. Sasaki, Y. Shinya, T. Nanbu, Y. Kawashita, I. Narita, K. Kuwatori, T. Ikeda, R. Hara, H. Miyahara, Dust Explosion Characteristics of Aluminum, Titanium, Zinc, and Iron-Based Alloy Powders Used in Cold Spray Processing, Journal of Thermal Spray Technology, Vol.23, No.1-2, 123-130, 2014.01.
16. 芦塚 康佑, 須浦 直之, 池田 明弘, 梅谷 拓郎, 根本  嵩, 髙田 洋吉, 宮原 広郁, 大城 桂作, フェライト球状黒鉛鋳鉄の機械的性質に及ぼすCとSiの影響, 鋳造工学, Vol.85, No.11, 777-781, 2013.11.
17. Reita Murakami, Takashi Uchino, ICHIHITO NARITA, Hirofumi Miyahara, Control of initial solidification structure of polycrystalline silicon ingot by α-Si₃N₄ and β-Si₃N₄ mold lubricants, Proceedings of The 5th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 128, pp., 2013.09.
18. Masafumi Hamasaki, Hirofumi Miyahara, Solidification Microstructures and Critical Conditions of Shrinkage Porosity Generation in Die Casting Process of JIS-ADC12 (A383) alloy, Materials Transactions, Vol.54, No.7, 1131-1139, 2013.07.
19. 山本 昌宏, 成田 一人, 宮原 広郁, 遠心鋳造した高炭素高合金鋳鉄ロールの凝固組織のフラクタル解析, 鉄と鋼, Vol.99, No.2, 72-79, 2013.02.
20. 濱崎昌典,宮原広郁, ADC12合金ダイカスト製品におけるポロシティの分布と押し湯効果の解析, 鋳造工学, Vol.84, No.11, 612-617, 2012.11.
21. 濱崎昌典,宮原広郁, ADC12合金の凝固組織とダイカストプロセスにおけるひけ巣臨界条件, 鋳造工学, Vol.84, No.7, 375-382, 2012.07.
22. Takashi Uchino, Ichihito Narita and Hirofumi Miyahara, Control of initial solidification microstructure of polycrystalline silicon ingot for high-efficiency solar cell, Proceedings of The 4th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 43, pp. 43, 2011.11.
23. Ichihito Narita, Yohei Fuchigami, Takashi Uchino, Muhammad Fahmi and Hirofumi Miyahara, Microstructure control of polycrystalline silicon ingots by vibrating unidirectional solidification method, Proceedings of The 4th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 118, pp. 118, 2011.11.
24. Ichihito Narita, Yohei Fuchigami, Yusuke Nakamura, Takashi Uchino, Masami Kamezaki, Chikara Ishibashi and Hirofumi Miyahara, Effects of vibrating unidirectional solidification on microstructure of polycrystalline silicon ingots, Proceedings of The 13th International Symposium on Materials Science and Engineering among Chonbuk National University, Harbin University and Kyushu University, 2011.10.
25. 坂元創一,宮原広郁,成田一人,山本 郁,上宮田和則,大城桂作, 高炭素ハイス系合金の凝固組織と焼入れ及び焼戻し硬さに及ぼすVとTaの影響, 鋳造工学, Vol.82, No.11, 659-666, 82(11)659-666, 2010.11.
26. 宮原広郁, 金属凝固入門 2, 鋳造工学, Vol.82, No.5, 316-325, 2010.05.
27. 宮原広郁, 金属凝固入門 1, 鋳造工学, Vol.82, No.4, 240-248, 2010.04.
28. S. Sakamoto, H. Miyahara, Sergio Villanueva Bravo, K. Yamamoto, K. Kamimiyada, K. Ogi, The Influence of V and Ta on Microstructual Development for High Speed Steel Roll, International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification and Casting, 93-94, 2010.02.
29. H. Miyahara, Evaluation of Macroscopic Distribution on Oxide Inclusion for Nonflammable Mg Cast Alloy, International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification and Casting, 29, 2010.02.
30. H. Miyahara, Sergio Villanueva BRAVO, K. Yamamoto and K. Ogi, Solute Concentration and Carbides Formation for Steel Milling Rolls, ISIJ International, Vol.49, No.7, 1075-1079, vol.49(7), pp.1075-1079, 2009.07.
31. 宮原広郁, 鉄鋼圧延ロールの合金設計と炭化物制御, 金属, Vol.79, No.1, 8-14, Vol.79, No.1, pp.8-14, 2009, 2009.01.
32. K. Sakata, S. Fujita, H. Miyahara and K. Ogi, Effects of Diffusion Treatment on the Interface Microstructure between Thermally Sprayed Cobalt-based Self-fluxing Alloy Coating and Steel Substrate, Thermal Spray 2008, 648-688, (2008), 684-688, 2008.10.
33. 宮原広郁, 鋳造による複合化材料製造法, 素形材, Vol.47, No.11, Vol.47No.11, pp.5-10, 2008.10.
34. T. Noguchi, K. Asano, S. Hiratsuka , H. Miyahara, Trends of Composite Casting Technology and Joining Technology for Castings in Japan, International Journal of Cast Metals Research, vol.21(No.1-4), pp. 219-225., 2008.08.
35. V. Sergio, S. Ishikawa, K. Yamamoto, H. Miyahara,K. Ogi,K. Kamimiyada, Control of Graphite Formation in Solidification of White Cast Iron, International Journal of Cast Metals Research, pp.27-30, 2008.08.
36. 荒牧正俊, 堤 清一, 山田直矢, 宮原広郁, 古君 修, 金型用材料の摺動特性に及ぼす表面テクスチャーと窒化の影響, 熱処理, 第48巻, 第6号, pp.385-391., 2008.06.
37. Seiko Nara, Toshio Ishii, Hirofumi Miyahara and Keisuke Ogi, Measurements and Analysis of Molten Silicon Temperature and Flow in Solidification Process of Solar Silicon, J of JSEM, vol.8 (2008) 133-137., 2008.06.
38. S.M. Seo, I.S. Kim, J.H. Lee, C.Y. Jo, H. Miyahara and K. Ogi, Grain Structure Control during Single Crystal Solidification of Ni-Base Superalloy, Proceedings of 10th Asian Foundry Congress, pp.406-413, 2008.05.
39. T. Noguchi, K. Asano, S. Hiratsuka , Miyahara, Trends of Composite Casting Technology and Joining Technology for Castings in Japan, Proceedings of 10th Asian Foundry Congress, pp.260-266, 2008.05.
40. V. Sergio, K. Yamamoto, H. Miyahara, F. Seo, K. Kamimiyada and K. Ogi, Distribution of Carbides and Graphite for Ni-hard Type Cast Iron, Proceedings of 10th Asian Foundry Congress, pp.174-179, 2008.05.
41. V. Sergio, S. Ishikawa, K. Yamamoto, H. Miyahara,K. Ogi,K. Kamimiyada, Control of Graphite Formation in Solidification of White Cast Iron, Proceedings of 10th Asian Foundry Congress, pp.164-167, 2008.05.
42. 宮嵜雅文,宮原広郁, 初期凝固における鋳型表面と溶鋼間のガスギャップ形成のシミュレーション, 鉄と鋼,Vol.94, No.3 (2008),pp.73-79., 2008.03.
43. Seong-Moon Seo, In-Soo Kim, Je-Hyun Lee, Chang-Yong Jo, Hirofumi Miyahara, and Keisaku Ogi, Microstructural Evolution in Directionally Solidified Ni-Base Superalloy IN792+Hf, Journal of Materials Science and Technology, 24(1), pp.110-114, 2008.01.
44. Kazunori Sakata, Kosuke Nakano, Hirofumi Miyahara, Yasuhiro Matsubara and Keisaku Ogi, Microstructure Control of Thermally Sprayed Co-Based Self-Fluxing Alloy Coatings by Diffusion Treatment, J. of Thermal Spray Technology, vol.16, No.5-6, pp.991-997, 2007.12.
45. Nader El-bagoury, Adel Nofal, Kauro Yamamoto, Hirofumi Miyahara and Kiesaku Ogi, Contribution to the Development of Rhenium Alloyed Inconel 718 Alloy, Proceedings of 12th International Conference on Aerospace Sciences and Aviation Technology, 2007.12.
46. Sergio Villanueva Bravo, Kaoru Yamamoto, Hirofumi Miyahara and Keisaku Ogi, Control of Carbides and Graphite in Ni-hard Type Cast Iron for Hot Strip Mills, Materials Science Forum, vol.561-565, pp.1023-1026, 2007.11.
47. 坂田一則,大城桂作,宮原広郁, 加熱拡散処理によるコバルト基自溶合金溶射被膜のミクロ組織制御, 溶射技術, 第27巻, 第2号, pp.34-39, 2007.10.
48. Seiko Nara, Toshio Ishii, Hirofumi Miyahara and Keisuke Ogi, Measurements and Analysis of Molten Silicon Temperature and Flow in Solidification Process of Solar Silicon, 2nd International Symposium on Advanced Fluid / Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, 2007.09.
49. Hirofumi Miyahara, Yusuke Nakamura, Ichihito Narita and Keisaku Ogi, Influence of Crystal Orientation on Growth Velocity of Polycrystalline Silicon for Solar Cells, Proceedings of Modeling of Casting and Solidification Processes Ⅶ, pp.281-287, 2007.08.
50. Seong-Moon Seo, In-Soo Kim, Je-Hyun Lee, Chang-Yong Jo, Hirofumi Miyahara, and Keisaku Ogi, Microstructural Evolution in Directionally Solidified Ni-Base Superalloy IN792+Hf, Proceedings of the Asian Foundry Congress 2007, 2007.05.
51. Hirofumi Miyahara, Takeuchi Hirohisa, Nader El-Bagoury, Kozo Wakasugi, Kaoru Yamamoto1 and Keisaku Ogi, Influences of Solidification and Thermal Treatment on Mechanical Properties of Nickel Base Superalloy, Inconel 718, Proceedings of the Asian Foundry Congress 2007, 2007.05.
52. Seong-Moon Seo, In-Soo Kim, Je-Hyun Lee, Chang-Yong Jo, Hirofumi Miyahara, and Keisaku Ogi, Eta Phase and Boride Formation in Directionally Solidified Ni-Base Superalloy IN792+Hf, Metallurgical and Materials Transactions A, vol. 38A, No.4, pp.883-893, 2007.04.
53. 宮崎達二郎,野口博司,宮原広郁,青野雄太, アルミニウム鋳造合金における疲労特性のメゾスケール特性からの評価(第三報,応力比−1下での複数種の異材粒子を含む金属の切欠き材における疲労限度信頼性の予測), 日本機械学会論文集(A編), Vol.72, No.720, 1185-1193, Vol.72 No.720 pp.1185-1193, 2006.08.
54. 丸野祐策,三村直也,宮原広郁,大城桂作, SiC粒子強化AC4B合金複合材料の回転曲げ疲労特性に及ぼす切欠きおよび組織の影響, 日本金属学会誌, Vol.70 No.7 pp.554-561, 2006.07.
55. Hirofumi Miyahara Takafumi Nakashima Kozo Wakasugi Seiko Nara and Keisaku Ogi, Solidification Conditions at the Early Stages for Grain Control of Polycrystalline Silicon Ingot, Proc. of World Conference on Photovoltaic Energy Conversion, pp.1223-1226., 2006.05.
56. Hirofumi Miyahara Seiko Nara and Keisaku Ogi, Effect of Reentrant Twin Corners on Directional Solidification of Polycrystalline Silicon, Proc. of World Conference on Photovoltaic Energy Conversion, pp.1219-1222., 2006.05.
57. Hirofumi Miyahara, Yusaku Maruno, Yoshinori Nishihata and Keisaku Ogi, Influences of Reinforcements on Solidification Microstructure and Fatigue Property for Cast Aluminum Alloy Composites, Transactions of The Indian Institute of Metal, Vol.59 No.2 pp.255-261, 2006.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 宮原広郁, 金属凝固入門, 鋳物の凝固基礎, 日本鋳造工学会編 (2012),pp1-24, 2012.08.
2. 宮原広郁, 金属凝固入門 2, 鋳造工学 82(5), 316-325, (2010), 2010.05.
3. 宮原広郁, 金属凝固入門 1, 鋳造工学 82(4), 240-248, (2010), 2010.04.
4. 宮原広郁, 計算状態図の基礎 Ⅲ, 2009.12.
5. 宮原広郁, 鉄鋼圧延ロールの合金設計と炭化物制御, 金属, 第79巻, 第1号, pp.8-14, 2009.01.
6. 宮原広郁, 計算状態図の基礎 Ⅱ, 2008.10.
7. 宮原広郁, 凝固, 鉄鋼工学セミナー, 2008.08.
8. 宮原広郁, 鋳造による複合材料製造法解説, (独)日本学術振興会 鋳物第24委員会, 2008.02.
9. 宮原広郁, 計算状態図の基礎, 2007.10.
10. 宮原広郁, 凝固, 鉄鋼工学セミナー, 2007.08.
主要学会発表等
1. T. Yamaguchi, N. Teshima, Hirofumi Miyahara, Fundamental Analysis of Metal Film Formation by Atomizer, The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 2016.08.26.
2. Y. Koga, K. Sakata, D. Oka, K. Kuwatori, Ichihito Narita, Hirofumi Miyahara, Solidification and precipitation sequences of sprayed Fe-Cr-Mo-C-B alloy metallic glass coating, The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 2016.08.26.
3. K. Yoshimoto, R. Hara, M. Yamamoto, G. Ito, K. Kamimiyada, Ichihito Narita, Hirofumi Miyahara, Effect of Boron and Nitrogen Addition on the Solidification Microstructure of High-Carbon HSS Type Mill Roll, The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 2016.08.27.
4. N. Teshima, Y. Fuchigami, Ichihito Narita, Hirofumi Miyahara, Effect of vibration on unidirectional solidification microstructure for polycrystalline silicon, The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 2016.08.26.
5. K. Uchida, G. Ito, Ichihito Narita, Hirofumi Miyahara, Heterogeneous Nucleation of Spheroidal Graphite on Ductile Cast Iron, The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 2016.08.26.
6. 手嶋直人, 淵上遥平, 成田一人, 宮原広郁, 多結晶シリコンインゴットの一方向凝固組織に及ぼす振動の影響, 日本金属学会 日本鉄鋼協会 合同学術講演会 , 2015.06.06.
7. 宜本健吾, 原 隆太郎, 山本昌宏, 石川晋也, 上宮田 和則, 成田 一人, 宮原 広郁, 高クロム鋳鉄の凝固組織および熱処理硬さに及ぼす窒素の影響, 日本鋳造工学会九州講演大会(第68回), 2015.04.03.
8. 鍬取航平, 成田一人, 宮原広郁, 古賀義人, 緒方道子, 坂田一則, 大関正和, 新屋康弘, 岡 大翼, 水素ガスを用いた高速フレーム溶射法による鉄系金属ガラスの成膜プロセスの最適化, 日本金属学会, 2014.09.26.
9. 伊東 彦, 成田一人, 宮原広郁, 球状黒鉛鋳鉄における球状黒鉛の生成機構の考察, 日本金属学会, 2014.09.26.
10. 原 隆太郎, 山本昌宏, 上宮田和則, 成田一人, 宮原広郁, 高炭素ハイス系合金の凝固組織および硬さに及ぼす窒素の影響, 日本金属学会, 2014.09.26.
11. 越智直哉, 松本敏治, 成田一人, 宮原広郁, AZX912マグネシウム合金におけるひけ巣が及ぼす機械的特性, 日本金属学会, 2014.09.26.
12. 池田達也, 内野隆志, 成田一人, 宮原広郁, 多結晶シリコンインゴットの初期凝固組織に及ぼすα-Si3N4およびβ-Si3N4の影響, 日本金属学会, 2014.09.26.
13. 伊東 彦, 成田 一人, 宮原 広郁, 芦塚康佑, 低炭素球状黒鉛鋳鉄における球状黒鉛の生成機構, 日本鋳造工学会九州講演大会(第67回), 2014.04.04.
14. 原 隆太郎, 山本昌宏, 成田 一人, 宮原 広郁, 上宮田 和則, 高炭素ハイス系合金の凝固組織および硬さに及ぼす窒素の影響, 日本鋳造工学会九州講演大会(第67回), 2014.04.04.
15. 近藤靖典, 下赤真吾, 松本 敏治, 成田 一人, 宮原 広郁, 難燃性マグネシウム合金の時効硬化特性, 日本鋳造工学会全国講演大会(第163回), 2013.10.27.
16. Reita Murakami, Takashi Uchino, Ichihito Narita, Hirofumi Miyahara, Control of initial solidification structure of polycrystalline silicon ingot by α-Si₃N₄ and β-Si₃N₄ mold lubricants, The 5th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 2013.09.07, [URL].
17. 越智直哉, 成田 一人, 宮原 広郁, AZX912合金のひけ巣生成に及ぼす凝固条件の影響, 日本鋳造工学会九州講演大会(第66回), 2013.04.03.
18. 大野陽輔, 成田 一人, 宮原 広郁, ADC12合金の凝固組織に及ぼす雰囲気の影響, 日本鋳造工学会九州講演大会(第66回), 2013.04.03.
19. 大野陽輔, 成田 一人, 宮原 広郁, ダイカスト用アルミニウム合金の凝固組織に及ぼす雰囲気の影響, 日本金属学会全国講演大会(第152回), 2013.03.27.
20. 近藤靖典, 下赤真吾, 松本 敏治, 成田 一人, 宮原 広郁, SiおよびCaを添加したAZ121合金の凝固組織に関する基礎的研究, 日本金属学会九州講演大会, 2012.06.09.
21. 大野陽輔, 山本昌宏, 成田 一人, 宮原 広郁, ダイカストプロセスにおけるADC12合金の凝固機構, 日本金属学会九州講演大会, 2012.06.09.
22. 内野隆志, 村上玲太, 成田 一人, 宮原 広郁, 窒化ケイ素離型剤を用いた多結晶シリコンインゴットの初期凝固組織制御, 日本金属学会九州講演大会, 2012.06.09.
23. 山本昌宏, 成田 一人, 宮原 広郁, デンドライト組織の定量評価に関する研究, 日本鋳造工学会九州講演大会(第65回), 2012.04.09.
24. 内野隆志, 成田 一人, 宮原 広郁, 太陽電池用多結晶シリコンインゴットの一方向凝固組織に及ぼす離型剤の影響, 日本鋳造工学会九州講演大会(第65回), 2012.04.09.
25. Ichihito Narita, Yohei Fuchigami, Takashi Uchino, Muhammad Fahmi and Hirofumi Miyahara, Microstructure control of polycrystalline silicon ingots by vibrating unidirectional solidification method, The 4th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 2011.11.11.
26. Takashi Uchino, Ichihito Narita and Hirofumi Miyahara, Control of initial solidification microstructure of polycrystalline silicon ingot for high-efficiency solar cell, The 4th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 2011.11.11.
27. 内野隆志, 成田一人, 宮原広郁, 太陽電池用多結晶シリコンの初期凝固組織制御, 日本金属学会, 2011.11.07.
28. 成田一人, 淵上遥平, 内野隆志, 宮原広郁, 振動一方向凝固法によるシリコンインゴットの組織制御, 日本金属学会, 2011.11.07.
29. Ichihito Narita, Yohei Fuchigami, Yusuke Nakamura, Takashi Uchino, Masami Kamezaki, Chikara Ishibashi and Hirofumi Miyahara, Effects of vibrating unidirectional solidification on microstructure of polycrystalline silicon ingots, The 4th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, 2011.10.13.
30. 坂元 創一, コールドスプレー用Fe-C-Cr系合金の組織制御, 日本鋳造工学会九州講演大会(第64回), 2011.09.17.
31. 内野隆志, 石橋主税, 淵上遥平, 成田 一人, 宮原 広郁, 太陽電池用多結晶シリコンの初期凝固組織制御, 日本金属学会, 2011.06.11.
32. 成田 一人, 島崎 良, 坂田 一則, 宮原 広郁, コールドスプレー用Fe-C-Cr系合金の組織制御, 日本鋳造工学会九州講演大会(第64回), 2011.04.18.
33. 宮原広郁, ロール材料の組織制御技術, 日本鉄鋼協会, 2010.11.09.
34. 松本 敏治, 坂本 満, 宮原 広郁, 濱田 繁, 野口 博司, 耐熱・難燃性マグネシウム合金鋳造製品の開発および評価, 日本鋳造工学会九州講演大会(第63回), 2010.04.19.
35. 内野 隆志, 淵上 遥平, 成田 一人, 宮原 広郁, 太陽電池用多結晶シリコンインゴットの一方向凝固組織に及ぼす振動の影響, 日本鋳造工学会九州講演大会(第63回), 2010.04.19.
36. Hirofumi Miyahara, Evaluation of Macroscopic Distribution of Oxide Inclusion for Nonflammable Mg Cast Alloy, The 2nd International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification and Casting, 2010.02.03.
37. Souichi SAKAMOTO, Hirofumi MIYAHARA, The Influence of V and Ta on Microstructural Development for High Speed Steel Roll, The 2nd International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification and Casting, 2010.02.03.
38. Hirofumi Miyahara, Koji Kobashi, Toshiharu Matsumoto, Influence of Si addition on Microstructure of Mg-Al-Zn-Ca alloy, The 3rd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers, 2009.09.17.
39. Souichi Sakamoto, Hirofumi Miyahara, Ichihito Narita, Kaoru Yamamoto, Kazunori Kamimiyada, Keisaku Ogi, The Influence of V and Ta on Microstructure of High Speed Steel Roll, The 3rd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers, 2009.09.17.
40. Sergio Villanueva Bravo, Kaoru Yamamoto, Hirofumi Miyahara and Keisaku Ogi, Control of Carbides and Graphite in Ni-hard Type Cast Iron for Hot Strip Mills, Materials Science Forum, 2007.11.
41. Hirofumi Miyahara Yusuke Nakamura Ichihito Narita and Keisaku Ogi, Influence of Crystal Orientation on Growth Velocity of Polycrystalline Silicon for Solar Cells, Modeling of Casting and Solidification Processes Ⅶ, 2007.08.
42. S.M. Seo, I.S. Kim, J.H. Lee, C.Y. Jo, H. Miyahara and K. Ogi, Microstructural Evolution in Directionally Solidified Ni-Base Superalloy IN792+Hf, Asian Foundry Congress 2007, 2007.05.
43. Hirofumi Miyahara, Takeuchi Hirohisa, Nader El-Bagoury, Kozo Wakasugi, Kaoru Yamamoto and Keisaku Ogi, Influences of Solidification and Thermal Treatment on Mechanical Properties of Nickel Base Superalloy, Inconel 718, Asian Foundry Congress 2007, 2007.05.
44. Hirofumi Miyahara, Takafumi Nakashima, Kozo Wakasugi, Seiko Nara and Keisaku Ogi, Solidification Conditions at the Early Stages for Grain Control of Polycrystalline Silicon Ingot, World Conference on Photovoltaic Energy Conversion, 2006.05.
45. Hirofumi Miyahara, Seiko Nara and Keisaku Ogi, Effect of Reentrant Twin Corners on Directional Solidification of Polycrystalline Silicon, World Conference on Photovoltaic Energy Conversion, 2006.05.
46. 出口 友穂, 薑 承勲, 山本 郁, 宮原 広郁, 大城 桂作, IN718C超合金の凝固解析, 日本金属学会第130回春期大会, 2002.03.30.
47. 宮原 広郁, 久永知慶, 大城 桂作, 細管内におけるサクシノニトリル-アセトン合金の一方向凝固組織, 日本金属学会第130回春期大会, 2002.03.28.
48. 丸野祐策, 宮原 広郁, 野口 博司, 大城 桂作, Al-Si-Cu系鋳造合金の疲労特性に関する研究, 日本金属学会第130回春期大会, 2002.03.28.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本溶射学会
日本溶接学会
日本金属学会
日本鋳造工学会
日本鉄鋼協会
軽金属学会
日本溶接協会
学協会役員等への就任
2016.04~2018.03, 公益社団法人 日本鋳造工学会 九州支部, 会長.
2016.04~2018.03, 公益社団法人 日本鋳造工学会 本部, 理事.
2016.04~2019.03, 日本鉄鋼学会 高温プロセス部会 凝固組織形成フォーラム, 会長.
2013.04~2018.03, 日本鉄鋼学会 九州支部, 評議員.
2010.04~2017.05, 公益社団法人 日本鋳造工学会 九州支部, 理事.
2007.04~2018.03, 学術振興会第19委員会凝固プロセス委員会, 運営委員.
1995.04, 一般社団法人 日本溶射協会, 運営委員.
2009.03~2011.03, 日本金属学会, 第5分科会.
2000.04~2018.03, 公益社団法人 日本鋳造工学会 九州支部, 評議員.
2000.04~2017.03, 公益社団法人 日本鋳造工学会 九州支部, 幹事.
2000.04~2018.03, 公益社団法人 日本鋳造工学会 九州支部, 会計.
2007.04~2008.07, 日本鉄鋼協会, 運営委員.
2006.04, 一般社団法人 日本溶射協会, 評議員.
学会・研究会における座長等
2016.08.25~2016.08.27, The 6nd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers, 座長.
2016.05.21~2016.05.25, World Foundry Congress, 座長.
2015.09.16~2015.09.18, 公益社団法人 日本金属学会・日本鉄鋼協会合同講演会, .
2015.06.06~2015.06.06, 公益社団法人 日本金属学会・日本鉄鋼協会合同講演会, .
2015.04.07~2015.04.07, 公益社団法人 日本鋳造工学会, 座長.
2014.10.17~2014.10.20, 公益社団法人 日本鋳造工学会, 座長.
2014.09.23~2014.09.26, 公益社団法人 日本金属学会, 座長.
2012.10.13~2012.10.15, 公益社団法人 日本鋳造工学会, 座長.
2011.11.10~2011.11.11, The 4nd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers, 委員長.
2011.11.10~2011.11.11, The 4nd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers, 司会.
2011.11.10~2011.11.11, The 4nd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers, 座長.
2010.02.02~2010.02.06, The 2nd International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification and Casting, 司会.
2010.02.02~2010.02.06, The 2nd International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification and Casting, 座長.
2009.10.16~2009.10.18, The 3nd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers, 司会.
2002.03.28~2002.03.30, 日本金属学会第130回春期大会, 座長.
2009.10.16~2009.10.18, The 3nd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers, 座長.
2005.07.01~2005.07.01, The 2nd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers, 座長.
2004.10.01~2004.10.01, 日本鋳造工学会, 座長.
2003.04.01~2003.04.01, The 1st Korea-Japan Workshop for Young Foundry Engineers, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.05.21~2016.05.25, World Foundry Congress, Scientific Committee.
2016.05.21~2016.05.25, World Foundry Congress, 編集委員会.
2014.10.17~2014.10.20, 公益社団法人 日本鋳造工学会, 執行委員会.
2012.05.18~2012.05.20, 日本軽金属学会, 執行委員会.
2011.11.10~2011.11.11, The 4th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers , 委員長,座長,会計,,司会.
2010.02.03~2010.02.05, The 2nd International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification and Casting (CSSC2010), 委員会,座長,会計,ディレクター,案内,司会.
2009.10.16~2009.10.18, Young Foundrymen Engineering, 実行委員.
2009.05.08~2009.05.08, Eco-Friendly heat and cold energy Korea-Japan Joint workshop 2009, 委員会,座長,ディレクター.
2004.04.01~2004.04.01, Young Foundrymen Engineering, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2012.04~2015.03, 日本鉄鋼協会 鋼に及ぼす合金元素特集, 編集委員.
2012.04~2014.03, 日本鉄鋼協会 鉄鋼便覧, 編集委員.
2009.10, Materials Transactions Special Issue "Solidification Processing for Young Foundrymen Engineering", 査読委員.
2000.04, 日本鋳造工学会 九州支部, 編集委員.
1996.04, 日本鋳造工学会 九州支部, 編集委員.
1993.04, ISIJ International, 査読委員.
2003.04, Materials Transactions, 査読委員.
1993.04, 日本鋳造工学会, 査読委員.
1993.04, 日本鉄鋼協会誌, 査読委員.
1993.04, 日本金属学会誌/まてりあ, 査読委員.
1992.04, 日本金属学会誌/まてりあ, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度    
2015年度    
2014年度    
2012年度    
2011年度     11 
2010年度    
2009年度    
2008年度    
2007年度    
2006年度    
2005年度    
2004年度
2003年度      
2002年度    
2000年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Ames Laboratory, Iowa State University, United States of America, 1996.03~1997.09.
Massachusetts Institute of Technology, United States of America, 1997.05~1997.06.
受賞
優秀ポスター賞, 日本金属学会 九州支部, 2013.06.
優秀ポスター賞, 日本金属学会, 2011.11.
Best Paper Award, J. of Thermal Spray Technology (国際溶射学会誌), 2007.12.
ものづくりコラボレーション大賞, 財団法人素形材センター, 2005.11.
日下賞, 日本鋳造工学会, 2002.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, ヘミスフェリカル型シリコン太陽電池の製造プロセス制御.
2014年度~2017年度, 基盤研究(B), 代表, 外的要因により核生成制御された高品質シリコン太陽電池の創成と原料循環プロセス開発.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 高密結晶型オニオンタイプグラファイトの高速創製.
2010年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, マイクロ粒子化・局所溶融化による211方位制御薄型シリコン太陽電池の創製.
2009年度~2010年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 局所溶融化・マイクロメルトグロース法による規則性単結晶多結晶材料の創製.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 代表, セルフシードクリスタル法による太陽電池用多結晶シリコンの高品質化.
2005年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, 双晶制御による多結晶シリコン太陽電池の高効率化.
2002年度~2004年度, 基盤研究(B), 分担, 太陽光発電用多結晶シリコンの初期凝固過程.
2000年度~2001年度, 奨励研究, 代表, フェイズフィールド法によるセラミックス繊維/合金複合材料の結晶化シミュレーション.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2016年度, FAIS中小企業産学官連携研究開発事業, 分担, 「難燃性マグネシウム合金の凝固組織制御に関する研究」.
2015年度~2015年度, FAIS中小企業産学官連携研究開発事業, 分担, 「3Dプリンターを用いた革新的砂型造型工程による難燃性マグネシウム合金砂型鋳造製品の開発」.
2014年度~2014年度, 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業, 分担, 「セミソリッド鋳造による易加工性・難燃性マグネシウム合金素材の開発」.
2013年度~2013年度, 中小企業産学官連携研究開発事業, 分担, 水素系ガスを用いた低環境負荷溶射技術の開発.
2012年度~2013年度, 環境配慮型高機能自動車部品・技術開発支援事業, 分担, 「高度に清澄化された塑性加工部品向け耐熱・難燃性マグネシウム合金ビレットの開発」.
2011年度~2012年度, ものづくり中小企業製品開発支援, 分担, コールドスプレー装置と専用粉体材料の試作開発.
2011年度~2011年度, 戦略的基盤技術高度化支援事業, 分担, 自動車パワートレイン摺動部における溶射技術の開発.
2009年度~2011年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 分担, 耐熱・難燃性マグネシウム合金鋳造によるパワートレイン耐熱部材の開発.
2008年度~2010年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 分担, 自動車パワートレイン摺動部における溶射技術の開発.
2005年度~2006年度, 高橋産業経済研究財団助成金, 代表, 太陽電池用多結晶シリコンの高能率化組織制御.
寄附金の受入状況
2009年度, 社団法人 日本鉄鋼協会, ミクロ・マクロ偏析制御に関する研究.

九大関連コンテンツ