九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
野中 壯泰(のなか もりやす) データ更新日:2017.07.10

助教 /  工学研究院 地球資源システム工学部門 資源システム工学


大学院(学府)担当

学部担当



ホームページ
取得学位
博士(工学)
専門分野
資源処理工学
活動概要
 世界的に見て石炭の需要は大きく、石油、天然ガスと並んで主要な一次エネルギー資源の一つである。そのうち低炭化度炭、低品質炭等十分に有効利用されていないものは可採埋蔵量の約半分を占める。また、バイオマスはカーボンニュートラルな特性を持ち、熱帯のプランテーションなど均一で大量のバイオマス廃棄物を発生させる地域もある。これにピート、ピート化木を含めると膨大な量になり、これら低品位炭素資源の有効利用の道が模索されてきた。 水熱処理はその強力な加水分解反応と重合反応により無触媒で有機物を分解・炭化でき、また、含水率の高い低品位炭素資源に適用するとこれらが包含する水を反応媒体として利用できるため乾燥工程が不要となるなど効率がよい。本研究では水熱処理をキーテクノロジーとして、これら低品位炭素資源の分解挙動から、有用ケミカルの抽出、高品位な改質炭の製造、ガス化までを検討している。

九大関連コンテンツ