九州大学 研究者情報
発表一覧
井上 卓見(いのうえ たくみ) データ更新日:2018.10.05

教授 /  工学研究院 機械工学部門 力学システム


学会発表等
1. 野田倫宏,井上卓見,門脇廉,大村和久, 加振振動数を追従する板ばねの移動現象に関する考察, 日本機械学会九州支部 北九州講演会, 2018.09.
2. 亀田健太朗,井上卓見,門脇廉,大村和久, 透過超音波パルスの瞬時振動数に着目したボルトの締結力評価, Dynamics and Design Conference 2018, 2018.08.
3. 森健太,井上卓見,門脇廉, 超音波パルスの瞬時振動数に着目した機械部品間の接触面圧推定, Dynamics and Design Conference 2018, 2018.08.
4. 比山善太,田中 修平,井上 卓見,門脇廉, 2自由度系への縮退を通じた自動車ボデーの最適設計手法, 日本機械学会九州支部第71期総会・講演会, 2018.03.
5. 吉田凜太郎 ,井上卓見,門脇廉, 超音波パルスの瞬時振動数を利用した構造物部材間の面圧評価, 第16回 評価・診断に関するシンポジウム, 2017.12, 機械要素に最高のパフォーマンスを発揮させるには高精度組み立てが重要であり,それを実現するためには適切な予荷重を精度良く与える必要がある.本研究はこの荷重(面圧)を超音波を用いて精度良く求める方法を提案したものであり,実験からその効果を確認している.現在(2018年度)生産現場への導入が試行段階に入っている..
6. Ren Kadowaki, Naoki Otsubo, Takumi Inoue, Kazuhisa Omura, Liquid Viscosity Evaluation using Ultrasonic Pulse, APVC2017: the 17th Asian Pacific Vibration Conference, 2017.11.
7. Kenta Mori, Takumi Inoue, Ren Kadowaki, Kazuhisa Omura, Detecting small delamination in flexible packages using coincidence effect of air-coupled ultrasound, APVC2017: the 17th Asian Pacific Vibration Conference, 2017.11.
8. 森健太,井上卓見,門脇廉,大村和久, 軟包装袋溶着部に生じる微小剥離に対する空中超音波検査法の提案, Dynamics and Design Conference 2017, 2017.08.
9. 門脇廉,大坪直樹,井上卓見,大村和久, 超音波パルスを用いた容器内液体の粘度検査, Dynamics and Design Conference 2017, 2017.08.
10. 西尾美香, 森 健太, 井上 卓見, 門脇 廉, 大村 和久, 軟包装袋溶着部に生じる微小欠陥の非破壊検査法の開発, 日本機械学会九州支部第70期総会・講演会, 2017.03.
11. 森 健太, 井上 卓見, 門脇 廉, 大村和久, 超音波パルスの瞬時振動数を利用したボルトの緩み診断における透過経路の検討, 第15回 評価・診断に関するシンポジウム, 2016.12.
12. 森 健太, 井上 卓見, 門脇 廉, 大村和久, 超音波パルスの瞬時振動数を利用したボルトの緩み診断, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
13. 大坪 直樹, 門脇 廉, 井上 卓見, 大村和久, 超音波パルスを用いた液体の粘度推定, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
14. 村上鉄之亮, 井上 卓見, 門脇 廉, 大村和久, 励振振動数への自動同調を実現する板ばねの移動現象に関する考察, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
15. 田中修平, 河野誉之, 井上 卓見, 門脇 廉, 自動車ボディの振動解析効率化を目的とした局部振動除去による代表モード選定手法, Dynamics and Design Conference 2016, 2016.08, 自動車ボディの設計にはCAEは不可欠な存在であるが,コンピュータの性能向上によって大規模自由度の解析が可能になり,対象周波数内における固有振動数,固有モードの数が爆発的に上昇して,どのモードにどのような対策を行うべきかの判断に困難を極めている現状がある.本研究では,固有モードを局所モードと全体モード,および両者の連成モードに分解する方法,さらに各モードに対する効果的な振動対策手法を提案するものである..
16. 岸田拓也, 井上 卓見, 門脇 廉, 大村和久, 励振周波数を追従する板ばねの水平方向移動要因の推定, Dynamics and Design Conference 2016, 2016.08.
17. 門脇 廉, 宮木啓介, 井上 卓見, 大村和久, 超音波の瞬時振動数を用いたボルト緩み診断における透過経路の3次元的考察, Dynamics and Design Conference 2016, 2016.08.
18. Ren Kadowaki, Takumi Inoue, Tatsuya Oda, Takahiro Nakano, New Evaluation Technique of Seal Strength of Heat Sealing with Ultrasonic Pulse, APVC2015, 16th Asia Pacific Vibration Conference, 2015.11.
19. Takuya Kishida, Kazumasa Ohama, Takumi Inoue, Ren Kadowaki, Kazuhisa Ohmura, Transverse Motion of the Plate Spring that Automatically Follows the Excitation Frequency, APVC2015, 16th Asia Pacific Vibration Conference, 2015.11.
20. 村上鉄之亮, 井上 卓見, 門脇 廉, 大村 和久, 自動共振同調機構における板ばねの移動現象についての実験的考察
, 日本機械学会九州支部第69期総会・講演会, 2016.03.
21. 森 健太, 井上 卓見, 門脇 廉, 大村 和久, 超音波瞬時振動数を利用したボルトの緩み評価法の開発, 日本機械学会九州支部第69期総会・講演会, 2016.03.
22. 井上 卓見, 門脇 廉, 河野誉之, 安部浩一郎, 局部振動除去による多自由度構造体の複数部材連成モードの判定法, 日本機械学会九州支部 長崎講演会, 2014.09.
23. 門脇 廉, 井上 卓見, 池田翔輝, 大坪直樹, 大村和久, ねじ山を透過した超音波の瞬時振動数に基づくボルトの緩み診断, Dynamics and Design Conference 2015, 2015.08.
24. 岸田拓也, 大濱和正, 井上 卓見, 門脇 廉, 大村和久, 励振周波数に自動追従する板ばねの移動現象に関する研究, Dynamics and Design Conference 2015, 2015.08.
25. 安部浩一郎, 河野誉之, 井上 卓見, 門脇 廉, 自動車ボデーの振動解析効率化を目的としたモードグループ化手法, Dynamics and Design Conference 2015, 2015.08.
26. 池田翔輝, 井上 卓見, 門脇 廉, 宮木啓介, 大村和久, 超音波瞬時振動数による透過法でのボルトの緩み評価, 第13回 評価・診断に関するシンポジウム, 2014.12.
27. 宮木啓介, 井上 卓見, 門脇 廉, 西地喜章, 近藤千紘, 大村和久, 重畳超音波パルスの瞬時振動数に関する解析的検討, 第13回 評価・診断に関するシンポジウム, 2014.12.
28. 大濱和正, 岸田拓也, 井上 卓見, 門脇 廉, 大村和久, 自動同調機構における板ばねの移動要因の実験的推定, 日本機械学会九州支部 大分講演会, 2014.09.
29. 近藤千紘, 宮木啓介, 井上 卓見, 門脇 廉, 重畳超音波パルス瞬時振動数の数値解析, 日本機械学会九州支部 大分講演会, 2014.09.
30. 西地喜章, 池田翔輝, 井上 卓見, 大村和久, 重重畳超音波パルスの振幅比変化と瞬時振動数に関する解析的検討, 日本機械学会九州支部第67期総会・講演会, 2014.03.
31. 近藤千紘, 西地喜章, 井上 卓見, 大村和久, 重畳超音波パルスの瞬時振動数に関する解析的考察, 日本機械学会 九州学生会 第45回卒業研究発表講演会, 2014.03.
32. 大濱和正, 岸田拓也, 井上 卓見, 大村和久, 周波数変動に追従する自動同調機構に関する研究, 日本機械学会 九州学生会 第45回卒業研究発表講演会, 2014.03.
33. 安部浩一郎, 前田大輔, 井上 卓見, 城戸 一郎, 自動車ボデーの振動分析量低減に向けたモードグループ化手法の研究, 日本機械学会 九州学生会 第45回卒業研究発表講演会, 2014.03.
34. 宮木啓介, 池田翔輝, 井上 卓見, 大村和久, 超音波瞬時振動数を利用したボルトの緩み検出手法, 日本機械学会 九州学生会 第45回卒業研究発表講演会, 2014.03.
35. 西地喜章, 池田翔輝, 井上 卓見, 大村和久, 重畳超音波パルスの振幅比変化と瞬時振動数に関する解析的考察, 第12回 評価・診断に関するシンポジウム, 2013.12.
36. 池田翔輝, 廣重勇太, 井上 卓見, 大村和久, 超音波瞬時振動数を利用したボルトの緩み評価, 日本機械学会九州支部 鹿児島講演会, 2013.09.
37. 前田大輔, 百武大樹, 井上 卓見, 城戸一郎, 自動車ボデーの振動解析効率向上に向けたモードグループ化手法の研究, 日本機械学会九州支部 鹿児島講演会, 2013.09.
38. Takumi Inoue, Takuya Kishida, Daisuke Maeda, Experimentation on a Vibration System that Automatically Follows the Excitation Frequency, The 3rd Japan-Korea Joint Symposium on Dynamics & Control, 2013.08.
39. 池田翔輝, 廣重勇太, 井上 卓見, 大村和久, 超音波瞬時振動数によるボルトの緩み検出, Dynamics and Design Conference 2013, 2013.08.
40. 前田大輔, 百武大樹, 井上 卓見, 城戸一郎, 振動形状に基づくモ-ドグル-プ化手法の自動車ボデ-への適用, Dynamics and Design Conference 2013, 2013.08.
41. Daiki Yanagihara, Takumi Inoue, Takahiro Nakano, Tatsuya Oda, Kazuhisa Ohmura, Estimation of Seal Strength on Heat Sealing by Ultrasound, APVC2013, 15th Asia Pacific Vibration Conference, 2013.06.
42. Takuya Kishida, Takumi Inoue, Yuuki Tokuura, Daisuke Maeda, Kazuhisa Ohmura, Takahiro Ryu, Experimental Study on a Vibration System Automatically Following to Excitation Frequency, APVC2013, 15th Asia Pacific Vibration Conference, 2013.06.
43. Kensaku Kawazu, Takashi Nakae, Takahiro Ryu, Kenichiro Matsuzaki, Etsunori Fujita, Hiroki Ohshimo, Takumi Inoue, Fundamental Study on Optimal Design of Vibration Isolating Bed Using Magnetic Spring for Ambulance, APVC2013, 15th Asia Pacific Vibration Conference, 2013.06.
44. 中野貴裕, 井上 卓見, 超音波パルスの瞬時振動数を用いた物体内部に存在する境界面の評価, 第11回 評価・診断に関するシンポジウム, 2012.12.
45. 井上 卓見, Introduction of research group of “Dynamics of Mechanical Systems”, The Sixth KAIST-Kyushu University Joint Workshop, 2012.09, The research group of the “Dynamics of Mechanical Systems” in Department of Mechanical Engineering, Kyushu University consists of four laboratories, Vibration and Acoustics Lab., Mechanical Vibration Lab., Structural Dynamics Lab. and Machinery Analysis Lab. Scope of the research group widely covers the field of engineering dynamics, mechanical vibration, acoustics, etc. Some contents of the studies conducted in each laboratory are briefly introduced. It will give an outline of the research group and help you to know the activities of the laboratories. .
46. 柳原大希, 井上 卓見, 中野貴裕, 小田達也, 超音波の瞬時振動数によるヒートシールの接着力評価, Dynamics and Design Conference 2012, 2012.09.
47. 百武大樹, 國富将平, 井上 卓見, 城戸一郎, CAEを用いた自動車車体の振動解析の効率向上に向けたモードグループ化手法の研究, Dynamics and Design Conference 2012, 2012.09.
48. 徳浦有希, 井上 卓見, 平戸航太, 前田大輔, 加振周波数の変化に対応する板ばねの追従現象に関する研究, Dynamics and Design Conference 2012, 2012.09.
49. 山中駿平,井上卓見,中野貴裕, 超音波瞬時振動数を用いたボルト緩みの評価, 第10回 評価・診断に関するシンポジウム, 2011.12.
50. Takahiro Nakano, Takumi Inoue, Evaluating Adhesive Strength of Epoxy Resin Using Instantaneous Frequency of Ultrasonic Pulse, APVC2011, 14th Asia Pacific Vibration Conference, 2011.12.
51. 小田達也,中野貴裕,井上卓見, ヒートシールの接着力評価, Dynamics and Design Conference 2011, 2011.09.
52. 平戸航太,中塩恵介,井上卓見, セラミック研削工具の損傷推定, Dynamics and Design Conference 2011, 2011.09.
53. 井上卓見,平戸航太,江村敏郎, セラミック加工における振幅変化の周波数解析による工具損傷の推定, 日本機械学会九州支部第64期総会・講演会, 2011.03.
54. 櫨川紘典,井上卓見,中野貴裕,松原光希, 超音波の振動数変化に着目した寒天内部状態の推定, 日本機械学会九州支部第64期総会・講演会, 2011.03.
55. 中野貴裕,井上卓見, 超音波の瞬時振動数に着目した物体内部の状態推定, 第60回理論応用力学講演会, 2011.03.
56. 中野貴裕,井上卓見,杉山拓史,山中駿平, 超音波の振動数変化に着目した接着状態の推定, 日本機械学会九州支部中国四国支部合同企画 徳島講演会, 2010.10.
57. 杉山拓史,井上卓見,中野貴裕,山中駿平, 超音波周波数変調の検出による物体内部状態の診断, Dynamics and Design Conference 2010, 2010.09.
58. Takumi Inoue, Toshiro Emura, Kantaro Shimizu, Syohei Kunitomi, Prediction of Tool Failure in Ceramic Grinding, COMADEM2010, 23rd International Congress on Condition Monitoring and Diagnostic Engineering Managemenmt, 2010.06.
59. Takahiro Nakano, Takumi Inoue, Takushi Sugiyama and Syunpei Yamanaka, Detection of Inner Abnormality by the Frequency Modulation of Ultrasonic Wave
, COMADEM2010, 23rd International Congress on Condition Monitoring and Diagnostic Engineering Managemenmt, 2010.06.
60. 江村敏郎,井上卓見,清水貫太郎,國富将平, セラミックの研削加工における工具損傷の推定, 日本機械学会九州支部第63期総会・講演会, 2010.03.
61. 杉山拓史,井上卓見,中野貴裕,山中駿平, 超音波周波数変調の検出による診断技術の開発, 日本機械学会九州支部第63期総会・講演会, 2010.03.
62. Takashi Nakae, Takahiro Ryu, Atsuo Sueoka, Yutaka Nakano and Takumi Inoue, Squeal and Chatter Phenomena Generated in a Mountain Bike Disc Brake, 2nd International Conference on Vibro-Impact Systems, 2010.01.
63. Takumi Inoue, Takahiro Nakano, Takahiro Ryu, Forecast of Tool Failure in Grinding Process of Ceramic, APVC2009, 13th Asia Pacific Vibration Conference, 2009.11.
64. Takahiro Nakano, Takumi Inoue , Estimation of Inner Condition by the Frequency Modulation in Ultrasonic Wave
, APVC2009, 13th Asia Pacific Vibration Conference, 2009.11.
65. Takashi Nakae, Atsuo Sueoka, Takahiro Ryu, Takumi Inoue, Analysis of Squeal Phenomena Generated in a Bicycle Disc Brake, APVC2009, 13th Asia Pacific Vibration Conference, 2009.11.
66. Takahiro Ryu, Atsuo Sueoka, Kenichiro Matsuzaki, Hidetoshi Morita, Y.Mori, Takumi Inoue , Countermeasure against Pattern Formation Phenomena of Roll-Covering Rubber, APVC2009, 13th Asia Pacific Vibration Conference, 2009.11.
67. 芳之内庸介,井上卓見, 区分ハーモニックウェーブレット変換による非線形振動パラメータの推定, 第11回「運動と振動の制御」シンポジウム(MOVIC), 2009.09.
68. 中野貴裕,井上卓見, 超音波周波数変調の検出による物体内部の状態推定, Dynamics and Design Conference 2009, 2009.08, [URL].
69. Takumi Inoue, Takahiro Nakano, Atsuo Sueoka, Identification of Nonlinear Vibration Parameters by the Segmental Harmonic Wavelet, The 2009 International Symposium of Advanced Engineering, 2009.03.
70. 井上卓見, ウェーブレット解析の基礎と応用例, 第125回 RD研究会, 2008.10.
71. 井上卓見, ウェーブレット解析の基礎とできること, 第6回夏の学校 複雑な振動騒音てなづけ隊, 2008.09, [URL].
72. 角剛彰,井上卓見,家成康知, 区分ハーモニックウェーブレット変換による非線形振動パラメータの推定, Dynamics and Design Conference 2008, 2008.09, [URL].
73. 井上卓見,中野貴裕,末岡淳男, ハーモニックウェーブレットの区分利用による非線形振動パラメータの推定, 第57回理論応用力学講演会, 2008.06, [URL].
74. 井上卓見,岡沢伸吾,末岡淳男, 区分ハーモニックウェーブレットによる時変振動パラメータの同定, 第6回 評価・診断に関するシンポジウム, 2007.12.
75. 井上卓見,末岡淳男,岡沢伸吾, 区分ハーモニックウェーブレット変換による時変パラメータ推定, Dynamics and Design Conference 2007, 2007.09.
76. Takahiro Ryu, Kenichiro Matsuzaki, Atsuo Sueoka, Hidetoshi Morita, Takumi Inoue, Countermeasures against Pattern Formation Phenomena of Thin Sheet Winder by Using Dynamic Absorbers , APVC2007, 12th Asia Pacific Vibration Conference, 2007.08.
77. Takumi Inoue, Hiroyuki Kanemoto, Atsuo Sueoka, Takahiro Ryu, Detection of a Small Fault in a Periodic Monitored Signal by the Harmonic Wavelet Transform, APVC2007, 12th Asia Pacific Vibration Conference, 2007.08.
78. 金元啓幸,井上卓見,末岡淳男,平尾剛, ハーモニックウェーブレットによる振動波形の異常性検出(信号平面の検討), Dynamics and Design Conference 2006, 2006.08.
79. Atsuo Sueoka, Kenichiro Matsuzaki, Takahiro Ryu, Takumi Inoue, Pattern Formation Phenomena in Contact Rotating Systems, The 2005 International Symposium of Advanced Engineering, 2005.12.
80. Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, Takeshi Maehara, Yutaka Nakano, Hiroyuki Kanemoto, Vibration of a Flaw Detection Probe in a Heating Tubes Installed in a Fast Breeder Reactor, 11th ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE, 2005.11.
81. Hiroyuki Kanemoto, Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, Detection of Fatigue Crack by Using the Harmonic Wavelet, 11th ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE, 2005.11.
82. 井上卓見,末岡淳男,前原猛,中野寛,金元啓幸, 高速増殖炉ヘリカル伝熱管探傷プローブの振動とセンサノイズ(振動の数値的再現), Dynamics and Design Conference 2005, 2005.08.
83. 前原猛,井上卓見,末岡淳男, 高速増殖炉ヘリカル伝熱管探傷プローブの振動とセンサノイズ(パラメータスタディ), Dynamics and Design Conference 2005, 2005.08.
84. 金元啓幸,井上卓見,末岡淳男,平尾剛,小田原悟, End Effects を除去したハーモニックウェーブレットによる異常性検出, Dynamics and Design Conference 2005, 2005.08.
85. 金元啓幸,井上卓見,小田原悟,末岡淳男,村上敬宜, ウェーブレット解析を用いたIn-Line流力弾性振動によって発生する疲労き裂の検出, 流体工学部門講演会, 2004.11.
86. 金元啓幸,井上卓見,小田原悟,末岡淳男,村上敬宜, In-Line流力弾性振動によって発生する疲労き裂のウェーブレット変換による検出, D&D CONFERENCE 2004, 2004.09.
87. 中野寛,井上卓見,末岡淳男,村上敬宜, 原子力発電所蒸発管内探傷ケーブルに発生する摩擦振動(モックアップによる実験), D&D CONFERENCE 2004, 2004.09.
88. 井上卓見,中野寛,末岡淳男,村上敬宜, 原子力発電所蒸発管内探傷ケーブルに発生する摩擦振動(数値シミュレーション), D&D CONFERENCE 2004, 2004.09.
89. Takahiro Ryu, Atsuo Sueoka, Yutaka Nakano, Takumi Inoue, Experimental Investigation on Squeal and Chatter Phenomena in Bicycle Disk Brakes (Part1, Regeneration Experiments of Squeal and Chatter and Their Characteristics), ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE 2003, 2003.11.
90. Hiroyuki Kanemoto, Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, Detection of an abnormality in Steady State Vibrations by Wavelet Transforms: Experimental Study, ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE 2003, 2003.11.
91. Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, Takahiro Ryu, In-Plane Free Vibration Analysis of a Two-Dimensional Structure with Closed Loops by the Transfer Influence Coefficient Method, ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE 2003, 2003.11.
92. 井上卓見,末岡淳男, 軸力を考慮した伝達影響係数法による自由振動解析, D&D CONFERENCE 2003, 2003.09.
93. 稲垣秀隆,井上卓見,末岡淳男, 伝達影響係数法による二次元トラス構造物の面内自由振動解析(ピン接合の取り扱い), D&D CONFERENCE 2003, 2003.09.
94. 金元啓幸,井上卓見,末岡淳男, ウェーブレット変換による定常振動波形の異常性検出, D&D CONFERENCE 2003, 2003.09.
95. 井上卓見,末岡淳男, 伝達影響係数法による二次元トラス構造物の面内自由振動解析, D&D CONFERENCE 2002, 2002.09.
96. Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, Dynamics of Machinery, Kyushu University - KAIST, Joint Seminar 2002, 2002.09.
97. Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, A Numerical Algorithm for Step-by-Step Integration by Using the Cardinal B-Splines, The 5th International Joint Symposium Between Chungnam National University and Kyushu University, 2001.09.
98. Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, Step-by-step Integration Scheme Using the Cardinal B-Splines, ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE '99, 1999.12.
99. 井上卓見,末岡淳男,汾陽光浩, カーディナルBスプライン利用による直線状構造物の時刻歴応答解析, D&D CONFERENCE '99, 1999.03.
100. 井上卓見,末岡淳男, カーディナルBスプライン関数を利用した時刻歴応答解析, D&D CONFERENCE '98, 1998.08.
101. Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, Yoshiyuki Shimokawa, Time Historical Response Analysis by Applying the Transfer Influence Coefficient Method, ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE '97, 1997.11.
102. 井上卓見,末岡淳男,下川嘉之, 伝達影響係数法の適用による非線形時刻歴応答解析, D&D CONFERENCE '97, 1997.07.
103. 井上卓見,末岡淳男,本白水博文, 大規模構造物の過渡応答解析(伝達影響係数法の適用による計算能率と数値的安定性の向上), D&D CONFERENCE '96, 1996.07.
104. Takumi Inoue, Takahiro Kondou, Atsuo Sueoka, Application of the Transfer Influence Coefficient Method to Eigenvalue Analysis, ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE '95, 1995.11.
105. 近藤孝広,阿久根光明,井上卓見,末岡淳男, 逆反復法に対する伝達影響係数法の適用(すべり軸受で支持された回転体の安定性解析), D&D CONFERENCE '95, 1995.08.
106. 井上卓見,近藤孝広,末岡淳男, 逆反復法に対する伝達影響係数法の適用, 日本機械学会 機械力学・計測制御講演会, 1994.07.
107. Takahiro Kondou, Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, A Method of Stability Analysis Based on the Argument Principle for Nonlinear Multi-Degree-of-Freedom Systems, ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE '93, 1993.11.
108. Takumi Inoue, Atsuo Sueoka, Takahiro Kondou, Forced Vibration Analysis of a Tree Structure by the Transfer Influence Coefficient Method, ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE '93, 1993.11.
109. 近藤孝広,末岡淳男,井上卓見, 直列型非線形構造物の強制振動解析(第3報,偏角原理に基づく安定判別法の提案), 日本機械学会第70期通常総会講演会, 1993.03.
110. 綾部隆,末岡淳男,近藤孝広,井上卓見, 伝達影響係数法による強制振動解析手法の開発, 日本機械学会機械力学講演論文集, 1990.07.
111. 山本元司,井上卓見,毛利彰, マニピュレータの近似最短時間軌道計画, 関西支部第64期定時総会講演会, 1989.02.
112. 山本元司,井上卓見,毛利彰, マニピュレータの近似最短時間軌道計画, SICE '88, 1988.08.

九大関連コンテンツ