九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
久保田 祐信(くぼた まさのぶ) データ更新日:2017.05.15

教授 /  カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 水素適合材料研究部門 水素適合材料・破壊学(2014.4 - Current), エア・リキード水素構造材料・破壊学(2010.10 - 2014.3)


教育活動概要
一流の研究者・エンジニアなどになるうえで必要な様々な事項について(例えば設計,工作,実験,観察・測定,プログラミング,制御,研究発表など)指導を行っている.

3年生の学生実験(ねじり試験)と,水素エネルギーシステム専攻の学生を対象に水素エネルギー構造材料学を担当している.学生実験では単なる材料試験にとどまらないように,理論(材料力学・弾性力学は機械系学生に求められる基礎力の一つである)と実際の破壊現象をリンクさせることを重視している.先端科目では水素社会で活躍を目指している学生にとって基本的な知識と最先端研究の情報を提供している.基幹教育の一環として,Advanced engineering(英語)とアカデミック・フロンティアを担当している.水素エネルギー利用の重要性と水素と材料に関連した問題を紹介している.

2006年度まで九州職業能力開発大学校の機械システム系,居住システム系,情報システム系課程において数学,機械数学,線形代数を講義していた.一般教養としての数学だけでなく工学的な例題・応用を多く取り入れて,エンジニアとして社会に出る学生にも数学に興味がもてるよう,また,役立つように留意した講義内容とした.

広い意味の教育活動として,接触・締結,材料の強度に及ぼす水素の影響,金属疲労などについて講習会(学協会や民間が主催するもの)の講師を行っている.講習会には多くの企業関係者が出席している.このような活動を通して,企業からの研究,教育の依頼や直面している問題に対する相談が多数寄せられている.
担当授業科目
2017年度・前期, アカデミック・フロンティア.

2017年度・前期, 水素エネルギー構造材料.

2017年度・前期, 機械工学実験第一.

2017年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2016年度・後期, Advanced Engineering A.

2016年度・後期, アカデミック・フロンティア.

2016年度・前期, 水素エネルギー構造材料.

2016年度・前期, 機械工学実験第一.

2016年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2015年度・後期, Advanced Engineering A.

2015年度・後期, アカデミック・フロンティア.

2015年度・前期, 水素エネルギー構造材料.

2015年度・前期, 機械工学実験第一.

2015年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2014年度・前期, Advanced Engineering A.

2014年度・前期, 機械工学実験第1.

2014年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2013年度・前期, 機械工学実験第一.

2013年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2013年度・前期, 水素構造材料破壊学.

2012年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2012年度・前期, 機械工学実験第一.

2012年度・前期, コアセミナー.

2012年度・前期, 水素エネルギー構造材料.

2011年度・後期, 機械材料.

2011年度・後期, 材料力学第二.

2011年度・前期, 水素エネルギー構造材料.

2011年度・前期, 材料力学.

2011年度・前期, 弾性力学演習.

2011年度・前期, コアセミナー.

2011年度・前期, 機械工学実験第一.

2010年度・前期, コアセミナー.

2010年度・前期, 機械工学実験第一.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 機械工学実験第1.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 機械工学実験第1.

2007年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2007年度・前期, 機械工学実験第一.

2006年度・前期, コアセミナー.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2015.08, 学科, 参加, 機械系FD 科研費取得のためのFD.

2015.03, 学科, 参加, 部門FD 機械工学科におけるルーブリック導入の試み.

2016.01, 部局, 参加, 平成27年度 第2回 工学部・工学府FD 東京工業大学の教育改革.

2016.07, 全学, 参加, 新GPA制度実施のためのFD.

2013.02, 部局, 参加, 工学系学生のグローバル化教育はどうあるべきか.

2012.12, 学科, 参加, 教育と研究をどう両立させるか.

2012.08, 学科, 参加, 科研費採択に向けて,科研費申請書類の作成について.

2012.03, 部局, 参加, 工学教育の質向上.

2011.02, 部局, 参加, 工学教育の質向上(九州大学工学部における工学教育に求められているもの).

2010.09, 学科, 参加, 機械系FD 研究費採択率向上のための申請書作成について.

2010.05, 部局, 参加, 平成22年度工学教育シンポジウム~工学部における国際戦略~.

2010.05, 部局, 参加, 英語による授業の実施について.

2010.01, 全学, 参加, 学習成果達成のための教育プログラム開発.

2009.12, 部局, 参加, 平成21年度工学教育シンポジウム~産業人材育成のあり方~.

2008.09, 部局, 参加, 平成20年度工学部・工学府FD.

2008.08, 部局, 参加, 平成20年度工学部・工学府FD.

2008.03, 部局, 参加, 平成19年度工学部・工学府FD.

2007.04, 全学, 参加, 平成19年度第1 回 全学FD.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2012年度, 独)産業技術総合研究所 協力研究員, 1年間, 客員教員.

2011年度, 独)産業技術総合研究所 協力研究員, 1年間, 客員教員.

2010年度, 独)産業技術総合研究所 協力研究員, 1年間, 客員教員.

2009年度, 独)産業技術総合研究所 協力研究員, 1年間, 客員教員.

2008年度, 独)産業技術総合研究所 協力研究員, 1年間, 客員教員.

2006年度, 九州職業能力開発大学校, 前期,毎週3時限, 非常勤講師.

2005年度, 九州職業能力開発大学校, 通年,毎週2時限, 非常勤講師.

2004年度, 九州職業能力開発大学校, 通年,毎週4時限, 非常勤講師.

2003年度, 九州職業能力開発大学校, 通年,毎週2時限, 非常勤講師.

2002年度, 九州職業能力開発大学校, 通年,毎週2時限, 非常勤講師.

2001年度, 九州職業能力開発大学校, 通年,毎週2時限, 非常勤講師.


九大関連コンテンツ