九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
久保田 祐信(くぼた まさのぶ) データ更新日:2017.05.15

教授 /  カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 水素適合材料研究部門 水素適合材料・破壊学(2014.4 - Current), エア・リキード水素構造材料・破壊学(2010.10 - 2014.3)


主な研究テーマ
高圧水素配管用溶接継手の開発
キーワード:水素,溶接
2014.04~2017.03.
高圧水素中の疲労限度
キーワード:水素,疲労限度
2014.04~2018.03.
高温水素環境における材料強度劣化に関する研究
キーワード:水素,高温,クリープ,疲労
2017.04~2019.03.
水素助長破壊に対する水素ガス中不純物の影響
キーワード:水素,破壊,疲労,フレッティング,不純物
2014.04~2018.03.
鉄道用車輪材料の微小き裂進展挙動に関する研究
キーワード:微小き裂,き裂進展,下限界,鉄道
2010.04.
破壊靭性に及ぼす水素の影響
キーワード:水素 破壊靭性
2010.10~2013.09.
ねじりを受ける部品のフレッティング疲労強度評価
キーワード:フレッティング疲労,ねじり,スプライン,はめ合い
2008.04.
水素環境中フレッティング疲労の強度低下メカニズム解明
キーワード:水素,フレッティング疲労,機構,強度低下,凝着,微小き裂
2007.04.
水素ガスならびに材料中水素がフレッティング疲労強度に及ぼす影響
キーワード:水素ガス,水素濃度,フレッティング疲労強度
2003.04.
耐フレッティング疲労設計としての応力緩和溝形状選定に関する研究
キーワード:フレッティング疲労,応力緩和溝,疲労強度向上
2005.04.
従事しているプロジェクト研究
NEDO 水素利用技術研究開発事業/水素ステーション安全基盤整備に関する研究開発/高圧水素ガス用高窒素高強度ステンレス鋼配管の溶接継手に関する研究開発
2014.04~2017.02, 代表者:松本拓哉, 株式会社エア・リキード・ラボラトリーズ
高圧水素ガス配管用に高窒素ステンレス鋼の使用と溶接継手の導入が期待されている.窒素は材料強度と耐水素脆化特性を向上させる重要な元素であるが,溶接熱によって窒素放出または窒素の存在状態変化が生じることが懸念される.本事業は,大きく分けて以下の3つの研究開発項目からなり,これらの研究開発成果を活用することで高圧水素ガス配管への高窒素高強度ステンレス鋼溶接継手導入を目指す.① 高窒素高強度ステンレス鋼配管の溶接技術開発,② 溶接金属の金属組織評価,③ 溶接部の水素脆化評価.
NEDO 水素利用技術研究開発事業/FCV及び水素供給インフラの国内規制適正化、国際基準調和等に関する研究開発/FCV及び水素ステーション関連機器向け使用可能鋼材の拡大及び複合容器の基準整備等に関する研究開発/水素ステーション用既存金属材料の鋼種拡大に関する研究開発
2013.04~2018.02, 代表者:中野和久, 一般財団法人 石油エネルギー技術センター
・汎用材の水素環境下での利用に関する研究開発を行い、データベース構築及び技術基準の整備に資する資料を作成する。
・超高圧、広温度範囲の材料設計のための検討を行ない、データベース構築及び技術基準の整備に資する資料を作成する。
.
WPI  九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
2010.12, 代表者:ペトロス・ソフロニス, 日本
人類の持続的発展のために低炭素社会・水素社会への早期移行を目指して,広範な技術の開発・確立を行う..
水素先端科学基礎研究事業
2006.04~2012.03, 代表者:村上敬宜, NEDO(日本)
水素を安全・簡便に利用するための指針を産業界に提供し、基盤整備を行う..
九州大学-日立グループ包括提携 高圧水素環境下における材料問題の検討(2)
2006.10~2008.03, 代表者:近藤 良之, 九州大学
水素ガス環境下の疲労強度について研究を行った..
福岡水素戦略会議 研究助成
2005.10, 代表者:近藤良之, 九州大学(日本)
高圧水素ガス環境で使用される機械部品について,耐水素疲労設計法を構築する..
NEDO水素社会構築共通基盤整備事業
2003.04, 代表者:野口博司, JRCM(日本)
水素社会の基盤構築のため,水素による金属材料劣化を調査し,部品の安全性を確立する.水素環境中で使用される材料に対する標準,例示基準作成..
21世紀COE 水素利用機械システムの統合技術
2002.04, 代表者:村上敬宜, 九州大学大学院 工学研究院
研究教育拠点形成のために,「統合技術会議」と呼ばれる会議を設置する.その統括下に「安全評価技術」「水素利用技術」「水素供給技術」に関わる3つの流動・融合型コラボラトリー(コラボ)を設け,他分野や産業界,また海外からの研究参加を積極的に導入するプロジェクト研究と統合技術教育を行う..
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. 久保田 祐信, 片岡 俊介, 髙﨑 大裕, 近藤 良之, A Quantitative Approach to Evaluate Fretting Fatigue Limit Using a Pre-Cracked Specimen, Tribology International, 108, 48-56, 2017.04.
2. 久保田 祐信, 薦田 亮介, Jader Furtado, Fretting fatigue in hydrogen and the effect of oxygen impurity, Proc. the Asian Conference on Experimental Mechanics 2016 (ACEM 2016), 2016.11.
3. 久保田 祐信, 薦田 亮介, 水素雰囲気におけるフレッチング疲労 , トライボロジスト, 60, 10, 651-657, 2015.10.
4. 河上紘大, 副島孝, 久保田 祐信, 高圧水素中における無酸素銅加工硬化材の疲労特性, 銅と銅合金, 52, 1, 245-250, 2013.08.
5. 松本 拓哉, 伊藤賀久岳, 平林 佐那, 久保田 祐信, 松岡 三郎, 0.7MPa 水素ガス中における炭素鋼鋼板SM490B の弾塑性破壊靭性に及ぼす変位速度の影響, 日本機械学会論文集(A 編), 79, 804, 1210-1225, 2013.08.
6. 薦田亮介, 久保田 祐信, 近藤 良之, Jader Furtado, 水素ガス中フレッティング疲労における疲労強度低下の基本的機構(凝着部に発生する微小き裂の発生条件に及ぼす水素の影響), 79, 801, 536-545, 2013.05.
7. 久保田祐信,佐久間亨,山口純一郎,近藤良之, オーステナイト系ステンレス鋼の切欠き材の高サイクル疲労強度に及ぼす過大応力と水素の影響, 日本機械学会論文集(A 編), 77, 782, 1747-1759, 2012.10.
8. Kanetaka MIYAZAWA, Masato MIWA, Akihiro TASHIRO, Tatsuro AOKI Masanobu KUBOTA and Yoshiyuki KONDO, Improvement of Torsional Fretting Fatigue Strength of Splined Shaft Used for Car Air Conditioning Compressors by Hybrid Joint, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 5, 12, 753-764, 2011.12.
9. 久保田 祐信,田中 康宏,桑田 喬平,近藤 良之, SUS304の水素ガス中フレッティング疲労における疲労限度低下機構, 材料, 59, 6, 439-446, 2010.06.
10. Masanobu Kubota, Tsuyoshi Nishimura, Yoshiyuki Kondo, Effect of hydrogen concetration on fretting fatigue strength, Journal of solid mechanics and material engineering, 4, 6, 816-829, 2010.06.
11. Masanobu KUBOTA, Shunsuke KATAOKA and Yoshiyuki KONDO, Effect of Stress Relief Groove on Fretting Fatigue Strength and Index for the Selection of Optimal Groove Shape, International Journal of fatigue, 31, 3, 439-446, 2010.05.
12. Masanobu KUBOTA, kenj HIRAKAWA, The effect of rubber contact on the fretting fatiguestrength of railway wheel tire, Tribology International, 42, 9, 1352-1359, 2010.05.
13. Masanobu KUBOTA, Yasuhiro TANAKA, Kyohei KUWADA and Yoshiyuki KONDO, Hydrogen Gas Effect on Fretting Fatigue Properties of Materials Used in Hydrogen Utilization Machines, Tribology International, 42, 9, 1352-1359, 2010.05.
14. Masanobu Kubota, Kenji Hirakawa, The effect of rubber contact on the fretting fatigue strength of railway wheel tire, Tribology International, Vol. 42, pp.1389-1398, 2009.09.
15. Masanobu Kubota, Yasuhiro Tanaka, Yoshiyuki Kondo, The effect of hydrogen gas environment on fretting fatigue strength of materials used for hydrogen utilization machines, Tribology International, Vol. 42, pp. 1352-1359, 2009.09.
16. Masanobu KUBOTA, Yasuhiro TANAKA and Yoshiyuki.KONDO, Fretting Fatigue Strength of SCM435H Steel and SUH660 Heat Resistant Steel in Hydrogen Gas Environment, Tribotest, Vol. 14, pp.177-191, 2008.09.
17. Masanobu KUBOTA, Yasuhiro TANAKA, Kyouhei KUWADA and Yoshiyuki KONDO, Mechanism of Reduction of Fretting Fatigue Limit in Hydrogen Gas Environment, Proceedings of the 3rd International Conference on Material and Processing, Distributed by CD-ROM, 2008.09.
18. Masanobu KUBOTA, Shunsuke KATAOKA and Yoshiyuki KONDO, Effect of Stress Relief Groove on Fretting Fatigue Strength and Index for the Selection of Optimal Groove Shape, International Journal of Fatigue, Vol. 31, pp.436-446, 2008.07.
19. 久保田 祐信,田中 康博,近藤 良之, SCM435H及びSUH660のフレッティング疲労特性に及ぼす水素ガス環境の影響, 日本機械学会論文集, Vol.73, No. 736, 1382-1387, 2007.12.
20. Shunsuke Kataoka, Chu Sakae, Masanobu Kubota, Yoshiyuki Kondo, Effect of Stress Relief Groove Shape on Fretting Fatigue Strength, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 2007, pp.856-859, 2007.11.
21. Masanobu Kubota, Shunsuke Kataoka, Yoshiyuki Kondo, Evaluation of optimal shape of stress relief groove for the improvement of fretting fatigue strength , Proceedings of ATEM07, Distributed by CD-ROM, 2007.09.
22. Kenji HIRAKAWA, Masanobu KUBOTA, The effect of rubber contact on the fretting fatigue strength of railway wheel tire, Proceedings of 5th International Symposium on Fretting Fatigue, Session 8, No. 4, 2007.04.
23. M. Kubota, N. Noyama, C. Sakae and Y. Kondo, Fretting in Hydrogen gas, Tribology international, 39/10, pp.1241-1247, 2006.10.
24. 久保田祐信,納山尚樹,笛田宗広,栄 中,近藤良之, フレッティング疲労に及ぼす水素ガス環境の影響, 材料, 第54巻第12号,pp. 1231-1236, 2005.12.
25. Masanobu KUBOTA, Sotaro NIHO, Chu SAKAE and Yoshiyuki KONDO, Effect of Under Stress on Fretting Fatigue Crack Initiation of Press-Fitted Axle, JSME International Journal, 46, 3, 297-302, Vol. 46, No. 3, pp.297-302, 2003.07.
26. Masanobu KUBOTA, Hidenori ODANAKA, Chu SAKAE, Yoshihiro OHKOMORI, and Yoshiyuki KONDO, The Analysis of Fretting Fatigue Failure in Backup Roll and its Prevention, ASTM STP 1425, 1425, 434-445, pp. 434-445, 2003.03.
27. Masanobu Kubota, Sotaro Niho, Chu Sakae and Yoshiyuki Kondo, Effect of Under Stress on Fretting Fatigue Crack Initiation of Press-Fitted Axle, Proc. of JSME/ASME International Conference on Materials and Processing 2002, 46, 3, 297-302, Proc. of JSME/ASME International Conference on Materials and Processing 2002, 2002.10.
28. Masanobu KUBOTA, Kentaro TSUTSUI, Taizo MAKINO, Kenji HIRAKAWA, The Effect of the Contact Conditions and Surface Treatments on the Fretting Fatigue Strength of Medium Carbon Steel, ASTM STP 1367, 1367, 477-490, 2000.01.
29. M. Kubota, T. Ochi, A. Ishii and R. Shibata, Crack Propagation Properties on HIP-Treated Cast Aluminum Alloys, Material Science and Research International, 4, 3, 193-199, Vol. 4, No. 3, pp. 193-199, 1998.09.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 久保田 祐信, 接触界面力学とフレッティング疲労強度評価, 日本機械学会 講習会「締結・接合部の設計の実際と今後の展開」, 2008.12.
2. 久保田 祐信, 水素利用機器材料の水素ガス環境中フレッティング疲労強度, 圧力技術 Vol.46, No.4, 2008.07.
3. 久保田 祐信, 接触界面力学とフレッティング疲労強度評価, 日本機械学会 講習会「締結・接合部の設計の実際と今後の展開」, 2007.11.
4. 久保田 祐信, フレッティングと疲労, 熱処理技術協会, 2007.09.
主要学会発表等
1. 久保田 祐信, MACADRE ARNAUD PAUL ALAIN, Hydrogen Compatibility of Ultra-Fine Grain Austenitic Stainless Steel, International Colloquium on Environmentally Preferred Advanced Generation Grid evolution global summit "HYDROGEN" (ICEPAG2017), 2017.03.29.
2. 久保田 祐信, 薦田 亮介, Jader Furtado, Fretting fatigue in hydrogen and the effect of oxygen impurity, The 15th Asian Coference on Experimental Mechanics (ACEM2016), 2016.11.15.
3. 髙﨑 大裕, 久保田 祐信, 薦田 亮介, 吉田 修一, 奥 洋介, 牧野 泰三, 杉野 正明, Effect of Contact Pressure on Fretting Fatigue Failure of Oil-Well Pipe Material
, The 15th Asian Coference on Experimental Mechanics (ACEM2016), 2016.11.15.
4. 久保田 祐信, Akihide Nagao, University of Illinois at Urbana Champaign, Harvard University, University of Illinois at Urbana Champaign, University of Thessaly, Sandia National Laboratories, Livermore, SOFRONIS PETROS, Constitutive equations of hydrogen-enhanced plasticity for quantitative understanding of the mechanisms of hydrogen-assisted fracture, 2016 International Hydrogen Conference, 2016.09.14.
5. 久保田 祐信, 薦田 亮介, Jader Furtado, The effect of oxygen impurities on fretting fatigue of austenitic stainless steel in hydrogen gas, 2016 International Hydrogen Conference, 2016.09.12.
6. 久保田 祐信, 片岡 俊介, 近藤 良之, A quantitative approach to evaluate fretting fatigue limit using a pre-cracked specimen, 8th International Symposium on Fretting Fatigue (ISFF8), 2016.04.18.
7. 久保田 祐信, Fretting Fatigue in Hydrogen and the Effect of Impurity Addition to Hydrogen on Fretting Fatigue Properties, 3rd World Cngress on Petrochemistry and Chemical Engineering (Petrochemistry 2015), 2015.12.02.
8. 久保田 祐信, 森 功一, MACADRE ARNAUD PAUL ALAIN, Study on Hydrogen Compatibility in Fatigue of Ultra-Fine Grain Austenitic Stainless Steel, European Congress and Exhibition on Advanced Mterials and Processes 20415 (EUROMAT 2015), 2015.09.23.
9. 久保田 祐信, 薦田 亮介, Jader Furtado, Basic Study on The Effect of Hydrogen on Fretting Fatigue, Society of Tribologists and Lubrication Engineers (STLE), 2014 Annual Meeting at Disney Contemporary Resort, 2014.05.20.
10. 久保田 祐信, Jader Furtado, 薦田 亮介, 水素中フレッティング疲労に及ぼす諸因子の影響, 日本材料学会 第316回疲労部門委員会(破壊力学部門委員会 合同部門委員会) , 2014.05.16.
11. 久保田 祐信, Jader Furtado, 薦田 亮介, 吉開 巨都, Fretting fatigue properties under the effect of hydrogen and the mechanisms that cause the reduction in fretting fatigue strength, Joint HYDROGENIUS & I²CNER International Workshop on Hydrogen-Materials Interactions, 2014.01.31.
12. 久保田 祐信, High-cycle fatigue properties of work-hardened copper in 10MPa hydrogen gas, Joint HYDROGENIUS & I²CNER International Workshop on Hydrogen-Materials Interactions, 2014.01.31.
13. 森功一, 久保田 祐信, MACADRE ARNAUD PAUL ALAIN, 超微細粒オーステナイト系ステンレス鋼の疲労特性と水素の影響, 日本機械学会2013 年度年次大会, 2013.09.10.
14. Jader Furtado, 薦田亮介, 久保田 祐信, Fretting fatigue properties under the effect of hydrogen and the mechanisms that cause the reduction in fretting fatigue strength, 13th International Conference on Fracture (ICF-13), 2013.06.19.
15. 宮澤金敬, 三輪昌人, 近藤 良之, 久保田 祐信, DEVELOPMENT OF THE HYBRID JOINT AND TORSIONAL FRETTING FATIGUE STRENGTH IMPROVEMENT IN THE POWER TRANSMISSION SHAFT, Seventh International Symposium on Fretting Fatigue, 2013.04.10.
16. 久保田 祐信, 薦田亮介, 足立裕太郎, 近藤 良之, Jader Furtado, EFFECT OF HYDROGEN AND IMPURITIES ON FRETTING FATIGUE PROPERTIES
, Seventh International Symposium on Fretting Fatigue, 2013.04.09.
17. 薦田亮介, 久保田 祐信, 近藤 良之, Jader Furtado, THE MECHANISM CAUSING REDUCTION IN FRETTING FATIGUE STRENGTH DUE TO HYDROGEN, Seventh International Symposium on Fretting Fatigue, 2013.04.09.
18. Ryosuke Komoda, Yoshiyuki Kondo, Masanobu Kubota, Study on the reduction mechanism of fretting fatigue strength in hydrogen gas, Joint HYDROGENIUS and I2CNER International Workshop on Hydrogen-Materials Interactions, 2012.02.02.
19. Masanobu Kubota, Yoshiyuki Kondo, Saburo Matsuoka & Yukitaka Murakami , Effect of Hydrogen on Fatigue Crack Initiation, Small Crack Growth and Long Crack Growth, Joint HYDROGENIUS and I2CNER International Workshop on Hydrogen-Materials Interactions, 2012.02.02.
20. 足立 裕太郎,近藤 良之,久保田 祐信, 水素用高圧バルブの繰返し開閉による損傷に関する研究, 日本機械学会材料力学部門 M&M2011カンファレンス, 2011.07.17.
21. 久保田 祐信,佐久間 亨,山口 純一郎,近藤 良之, オーステナイト系ステンレス鋼切欠き材の高サイクル疲労強度に及ぼす過大応力と水素の影響と疲労限度低下の予測
, 日本機械学会材料力学部門 M&M2011カンファレンス, 2011.07.17.
22. 瀬尾 明光,久保田 祐信,近藤 良之, 切欠き底の微小き裂の挙動に及ぼす切欠き半径と応力比の影響, 日本機械学会材料力学部門 M&M2011カンファレンス, 2011.07.16.
23. Kanetaka MIYAZAWA and Masato MIWA, Akihiro TASHIRO, Tatsuro AOKI, Manobu Kubota and Yoshiyuki Kondo , INPROVEMENT OF TORSIONAL FRETTING FATIGUE STRENGTH OF SPLINED SHAFT USED FOR CAR AIR CONDITIONING COMPRESSORS BY HYBRID JOINT, the JSME/ASME 2011 International Conference on Materials and Processing (ICM&P2011), 2011.06.15.
24. Koshiro Mizobe, Yuki Shiraishi, Manobu Kubota and Yoshiyuki Kondo , EFFECT OF HYDROGEN ON FRETTING FATIGUE STRENGTH OF SUS304 AND SUS316L AUSTENITIC STAINLESS STEELS, the JSME/ASME 2011 International Conference on Materials and Processing (ICM&P2011), 2011.06.15.
25. 石崎敬之,久保田祐信,近藤良之, 炭素鋼の高サイクル疲労特性におよぼす10MPa水素ガス環境の影響, 日本材料学会 第60期学術講演会, 2011.05.26.
26. 溝部 浩志郎,久保田 祐信,近藤 良之, オーステナイト系ステンレス鋼SUS316Lのフレッティング疲労強度に及ぼす水素の影響, 機械学会九州支部 第64期総会・講演会, 2011.03.17.
27. 青木 辰郎, 宮澤 金敬, 三輪 昌人, 近藤 良之, 久保田 祐信, スプライン軸の疲労強度向上に対する圧入併用の効果, 日本機械学会第18回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2010), 2010.11.27.
28. 白石 悠貴,久保田 祐信,近藤 良之, オーステナイト系ステンレス鋼のフレッティング疲労に及ぼす水素の影響, 日本機械学会第18回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2010), 2010.11.27.
29. 宮澤 金敬,三輪 昌人,田代 晃浩,近藤 良之,久保田 祐信 , ハイブリッド締結によるスプライン軸のフレッティング疲労強度向上, 日本機械学会2010年度年次大会, 2010.09.07.
30. Masanobu Kubota, Yasuhiro Tanaka, Kyohei Kuwada, Yoshiyuki Kondo, Mechanism of fretting fatigue limit reduction in hydrogen gas in SUS304
, The 6th International Symposium on Fretting Fatigue, 2010.04.20.
31. Masanobu Kubota, Toru Sakuma, Junichiro Yamaguchi, Yoshiyuki Kondo, Effect of Hydrogen Absorption on the Fatigue Strength Reduction caused by Multiple Overloads in Notched Component , JSME M&M Symposium for Young Researchers, 2010.03.03.
32. Masanobu Kubota, Tsuyoshi Nishimura, Yoshiyuki Kondo, EFFECT OF HYDROGEN CONCENTRATION ON FRETTING FATIGUE STRENGTH
, Asian Pacific Conference for Materials and Mechanics 2009, 2009.11.14.
33. 久保田祐信,田中康博,桑田喬平,近藤良之, SUS304鋼の水素ガス中におけるフレッティング疲労限度低下機構の検討, 日本機械学会 第17回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2009), 2009.11.06.
34. 坂本惇司,近藤良之,久保田祐信, フレッティング疲労強度向上のための応力逃がし溝形状の最適化, 日本機械学会 2009年度年次大会, 2009.09.15.
35. 佐久間亨,久保田祐信,近藤良之, 過大荷重による疲労強度低下に及ぼす水素の影響, 日本材料学会 第58期学術講演会, 2009.05.23.
36. Masanobu Kubota, Yasuhiro Tanaka, Kyohei Kuwada, yoshiyuki Kondo, Mechanism of Reduction of Fretting Fatigue Limit in Hydrogen Gas Environmet, 3rd International Conference on Material and Processing ICM&P2008, 2008.10.08.
37. 久保田 祐信, 接触界面力学とフレッティング疲労強度評価, 日本機械学会 機械材料・材料加工部門 講習会 締結・接合部の設計の実際と今後の展開, 2007.11.29.
38. 久保田 祐信,近藤 良之, 水素利用機器用材料の水素ガス環境中フレッティング疲労強度, 日本鉄鋼協会・第154回秋季講演大会, 2007.09.20.
39. Masanobu Kubota , Shunsuke Kataoka, Yoshiyuki Kondo, Evaluation of optimal shape of stress relief groove for the improvement of fretting fatigue strength
, International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007 ―(ATEM'07), 2007.09.14.
40. 久保田 祐信, フレッティングと疲労, 熱処理技術セミナー, 2007.09.13.
41. 久保田 祐信, フレッティング疲労強度と設計技術, 日本機械学会 2007年度年次大会, 2007.09.10.
42. 久保田 祐信,近藤 良之, 水素利用機器用材料の水素ガス環境中フレッティング疲労強度, 日本鉄鋼協会 第154回秋期講演大会 討論会「水素エネルギー関連構造材料の特性評価と研究開発の現状」, 2007.09.
43. 久保田 祐信, フレッティングと疲労, 平成19年度 第2回熱処理技術セミナー, 2007.09.
44. Masanobu Kubota, Shunsuke Kataoka, Yoshiyuki Kondo, Evaluation of optimal shape of stress relief groove for the improvement of fretting fatigue strength
, International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007, ATEM07, 2007.09.
45. 久保田 祐信, フレッティング疲労強度と設計技術, 日本機械学会2007年度年次大会ワークショップ「締結・接合部の事故例と教訓」, 2007.09.
46. Kenji Hirakawa, Masanobu Kubota, The effect of rubber contact on the fretting fatigue strength of railway wheel tyre
, 5th International symposium on Fretting Fatigue, 2007.04.
47. Masanobu Kubota, Yasuhiro Tanaka, Kyohei Kuwada and Yoshiyuki Kondo, Effect of Hydrogen Gas Environment and its Mechanism on Fretting Fatigue Strength of Materials for Hydrogen Utilization Machines, 5th International Symposium on Fretting Fatigue, 2007.04.
48. 田中 康博,久保田 祐信,近藤 良之, 機械構造用材料のフレッティング疲労強度に及ぼす水素ガス環境の影響とその機構解明の検討, 日本機械学会九州支部第60期総会・講演会, 2007.03.
49. 久保田 祐信, 電気配線用微細銅線の疲労強度評価, 日本材料学会 マイクロマテリアル部門委員会, 2006.12.
50. M. Kubota , N. Noyama , C. Sakae , Y. Kondo, Fretting fatigue strength in hydrogen gas environment, Fatigue 2006, 2006.05.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本工学教育協会
九州工学教育協会
日本鉄道技術協会(2007退会)
軽金属学会(2007退会)
日本材料学会
日本機械学会
学協会役員等への就任
2016.09~2018.08, 産業技術総合研究所, 応力発光技術コンソーシアム 委員.
2016.04~2018.03, 日本材料学会, 理事.
2015.05~2016.09, 日本機械学会, 年次大会 実行委員.
2014.03~2014.03, 日本材料学会, 平成26年度役員推薦委員会 委員.
2017.03~2018.02, 日本機械学会 機械材料・材料加工部門, 運営委員.
2016.03~2017.02, 日本機械学会 機械材料・材料加工部門, 第1技術委員会(年次大会担当) 委員長.
2015.03~2016.02, 日本機械学会 機械材料・材料加工部門, 第1技術委員会(年次大会担当) 副委員長.
2013.08~2014.03, 日本機械学会, JSME新学術誌アソシエイトエディタ.
2014.02~2014.03, 日本材料学会, 第63期役員候補推薦委員会委員.
2013.03~2013.03, 日本材料学会, 平成25年度役員推薦委員会.
2012.04~2014.03, 日本溶接協会, 中立委員.
2013.04~2014.03, 日本材料学会九州支部, 常議員.
2013.04~2014.03, 日本材料学会九州支部, 幹事.
2012.04~2013.03, 日本機械学会, 編集委員(journal of Solid Mechanics and Materials Engineering).
2012.04~2013.03, 日本材料学会九州支部, 常議員.
2012.04~2013.03, 日本材料学会九州支部, 幹事.
2012.03~2012.03, 日本材料学会, 平成24年度役員推薦委員会.
2011.04~2012.03, 日本機械学会, 材料力学部門 第3技術委員会.
2011.04~2013.03, 日本材料学会, 代議員.
2011.04~2012.03, 日本機械学会, 機械材料・材料加工部門 第7技術委員会(ジャーナル関係)委員.
2011.04~2012.03, 日本機械学会, 編集委員.
2010.04~2012.03, 日本材料学会九州支部, 幹事.
2009.05~2010.03, 日本材料学会 疲労部門委員会・信頼性工学部門委員会 金属材料疲労信頼性データ集積評価委員会, 委員.
2009.05~2010.11, 日本機械学会, 幹事.
2009.03~2009.03, 日本材料学会, 平成20年度論文賞受賞候補業績審査委員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会 材料力学部門, 第4技術委員.
2009.04~2011.03, 日本機械学会, 会誌編集委員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 論文校閲委員.
2009.04~2010.03, 日本材料学会九州支部, 常議員.
2008.12~2010.03, 日本材料学会九州支部, 評議員.
2008.12~2009.03, 日本材料学会九州支部, 功労賞選考委員.
2008.03~2008.09, 日本機械学会, 日本機械学会基準S015 フレッティング疲労試験方法 改正原案作成委員会 委員.
2008.04~2009.03, 日本機械学会, 論文校閲委員.
2008.04~2009.03, 日本材料学会九州支部, 幹事.
学会・研究会における座長等
2016.12.16~2016.12.16, 日本材料学会 疲労部門委員会 第328回疲労部門委員会研究討論会(Study on Hydrogen-Induced Degradation of Materials Strength, Computational and Experimental Approaches), オーガナイザー.
2016.12.09~2016.12.10, 日本材料学会九州支部 第3回学術講演会(A会場 第3セッション), 座長.
2015.12.21~2015.12.21, 福岡水素エネルギー戦略会議 平成27年度  高圧水素下における機械要素研究分科会, 座長.
2015.09.16~2015.09.16, 日本機械学会 2015年度年次大会 機械材料・材料加工部門一般セッション(5), 座長.
2015.05.22~2015.05.24, 日本材料学会 第64期通常総会・学術講演会 一般セッション「建築材料」, 座長.
2015.03.13~2015.03.13, 日本機械学会九州支部 第68期総会講演会 材料力学(2), 座長.
2014.12.16~2014.12.16, 福岡水素エネルギー戦略会議 平成26年度  高圧水素下における機械要素研究分科会, 座長.
2014.03.12~2014.03.13, 日本機械学会 九州支部 第67期総会・講演会, 座長.
2014.03.02~2014.03.07, 11th International Fatigue Congress (Fatigue 2014) : Damage Evaluation and Fatigue Design, 座長.
2013.11.29~2013.11.29, 福岡水素エネルギー戦略会議 平成25年度  高圧水素下における機械要素研究分科会, 座長.
2013.10.11~2013.10.14, 日本機械学会 材料力学部門 M&M2013材料力学カンファレンス (OS-17 締結・接合のプロセスと接合部・界面の信頼性), 座長.
2013.09.27~2013.09.28, 日本機械学会九州支部 鹿児島講演会(OS3 構造材料の環境強度と劣化・損傷Ⅱ), 座長.
2013.05.17~2013.05.19, 日本材料学会 第62期通常総会・講演会(一般セッション 金属Ⅱ), 座長.
2013.03.13~2013.03.13, 日本機械学会 九州支部第66期講演会, 座長.
2012.02.22~2012.02.22, 福岡水素エネルギー戦略会議 平成24年度  高圧水素下における機械要素研究分科会, 座長.
2012.01.20~2012.01.20, 福岡水素エネルギー戦略会議 平成23年度第4回研究分科会 ~ 高圧水素下における機械要素研究分科会 / 高圧水素貯蔵・輸送研究分科会 ~, 座長.
2011.11.05~2011.11.05, 日本材料学会九州支部 特別講演会 Professor Eifler, 司会.
2011.10.13~2011.10.13, I2CNER 8th Institute Interest Seminer Series, 座長.
2011.09.19~2011.09.21, International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2011 (ATEM11), 座長.
2011.07.16~2011.07.18, 日本機械学会材料力学部門 材料力学カンファレンス2011(M&M2011) GS4, 座長.
2011.07.16~2011.07.18, 日本機械学会材料力学部門 材料力学カンファレンス2011(M&M2011) OS8-3, 座長.
2011.07.16~2011.07.18, 日本機械学会材料力学部門 材料力学カンファレンス2011(M&M2011) OS8-1, 座長.
2011.03.17~2011.03.17, 日本機械学会九州支部第64期総会・講演会, 座長.
2011.03.16~2011.03.16, 日本機械学会九州支部第65期総会・講演会, 座長.
2010.09.05~2010.09.08, 日本機械学会2010度年次大会, 座長.
2010.03.02~2010.03.03, JSME M&M Symposium for Young Researchers, 座長.
2009.11.13~2009.11.16, Asian Pacific Conference for Materials and Mechanics 2009, 座長.
2009.09.16~2009.09.18, 日本機械学会 材料力学部門 材料力学カンファレンスM&M2008, 座長.
2009.08.03~2009.08.07, 日本機械学会 2008年度年次大会, 座長.
2009.03.18~2009.03.18, 日本機械学会九州支部 第62期講演会, 座長.
2008.05.23~2008.05.24, 日本材料学会 第57期学術講演会, 座長.
2008.03.19~2008.03.19, 日本機械学会九州支部 第61期講演会, 座長.
2007.10.20~2007.10.20, 日本機械学会 九州支部・中国四国支部合同 沖縄講演会, 座長.
2007.09, 日本機械学会2007年度年次大会 OS J-09-2 締結・接合部の力学・プロセスと信頼性(接着・接合,溶接), 座長.
2007.04, 5th International Symposium on Fretting Fatigue, 座長.
2007.03, 日本機械学会九州支部第60期総会・講演会, 座長.
2006.12, 締結・接合・接着部のCAE用モデリング及び評価技術の構築」分科会,日本機械学会,材料加工部門,フレッティング 第一回ワーキンググループ, 司会.
2006.03, 日本機械学会 九州支部 第59期総会講演会, 座長.
2005.09, 日本機械学会 2005年度年次大会, 座長.
2005.03, 日本機械学会九州支部 第58期講演会, 座長.
2004.09, 日本機械学会 2004年度年次大会, 座長.
2004.09, 日本機械学会 2004年年次大会, 座長.
2004.05, 日本材料学会 第53期学術講演会, 座長.
2004.03, 日本機械学会 九州支部 第57期講演会, 座長.
2002.10, JSME/ASME International Conference on Materials and Processing 2002, 座長.
2001.08, 日本機械学会 2001年度年次大会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会 2016年度年次大会, 機械材料・材料加工部門 第1技術委員会(年次大会担当) 委員長.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会 2016年度年次大会, 機械材料・材料加工部門 第1技術委員会(年次大会担当) 副委員長.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会 2016年度年次大会, 実行委員.
2016.04.17~2016.04.20, 8th International Symposium on Fretting Fatigue, International committee.
2012.04.08~2012.04.11, 7th International Symposium on Fretting Fatigue, International committee.
2015.03.05~2015.08.13, Fourth Asian Symposium on Materials and Processing (ASMP2015), Scientific and Program Committee.
2011.07.15~2011.07.18, 日本機械学会 M&M2011材料力学カンファレンス, 実行委員,産学連携フォーラム担当,セッションオーガナイザー3件.
2011.06.13~2011.06.17, the 4th JSME/ASME 2011 International Conference on Materials and Processing (ICM&P), Session organizer, session chair.
2010.10.09~2010.10.11, 日本機械学会 M&M2010材料力学カンファレンス, セッション・オーガナイザー.
2010.09.05~2010.09.08, 日本機械学会 2010年度年次大会, セッション・オーガナイザー.
2010.04.19~2010.04.21, 6th International Symposium on Fretting Fatigue, International committee.
2010.03.02~2010.03.03, 2010 M&M International Symposium for Young Researcher, Local Organizing Committee.
2007.04.21~2007.04.23, 5the International Symposium on Fretting Fatigue, International comitee, Japan.
2006.12, 締結・接合・接着部のCAE用モデリング及び評価技術の構築」分科会,日本機械学会材料加工部門,フレッティング 第一回ワーキンググループ, 主催者.
2005.11, 日本機械学会 M&M2005材料力学カンファレンス, 実行委員.
2005.09, 日本機械学会 2005年度年次大会, セッション・オーガナイザー S21 金属材料の疲労特性と破壊機構.
2004.05, 4 th International Sympsium on Fretting Fatigue, International Committee, Japan and Australia.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2009.04~2011.03, 日本機械学会誌, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度   13 
2015年度   14 
2014年度     10 
2013年度    
2011年度 10      11 
2010年度
2009年度   16 
2008年度 14 
2007年度
2006年度
2002年度
2001年度
1999年度
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
博物館展示(椎木講堂オープニング展示), 高圧水素用パッキン「ハイドロブロッカー」, 2014.03.
博物館展示(椎木講堂オープニング展示), 世界最軽量 炭素繊維複合プラスチック製 自動車空調用コンプレッサー, 2014.03.
機関ニュースレター, Fuse News, 2014.06.
機関情報誌, Hello! I2CNER Vol.11 Using Next-Generation Hydrogen Energy Safely and Comfortably
, 2015.04.
ポスター, 福岡水素エネルギー戦略会議総会ポスターセッション「水素ガス中フレッティング疲労の疲労限度低下メカニズムにおける接触面間の凝着の寄与の解明」, 2011.07.
ポスター展示, FC EXPO2011(東京ビックサイト):福岡水素エネルギー戦略会議の実用化研究開発助成により実施している「弾性変形シール形金属パッキンの実用化開発研究」についてポスター発表, 2011.03.
パネル, 水素エネルギー先端技術展:耐水素疲労設計法構築のための部品・部材の強度評価, 2010.10.
ポスター, 水素エネルギー先端技術展:SUS304鋼の水素ガス中フレッティング疲労における疲労限度低下機構と水素量の影響, 2009.10.
パネル, 水素エネルギー先端技術展:耐水素疲労設計法構築のための部品・部材の強度評価, 2009.10.
パネル展示, 水素エネルギー先端技術展2008, 2008.10.
パネル展示, 福岡水素エネルギー社会近未来展2007「耐水素性疲労設計法の構築」, 2007.10.
パネル展示, 福岡水素展, 2006.11.
受賞
平成23年度 技術賞, 日本材料学会, 2012.05.
日本機械学会 機械材料・材料加工部門 一般表彰 優秀講演論文賞, 日本機械学会 機械材料・材料加工部門, 2010.09.
日本材料学会論文賞, 日本材料学会, 2008.05.
日本機械学会賞(論文), 日本機械学会, 2007.04.
学術奨励賞, 日本材料学会, 2006.05.
優秀研究発表賞, 日本材料学会, 2005.03.
Young Researcher Award, The 4th International Symposium on the 21st Century COE Program Nagaoka University of Technology & The 5th International Symposium on Eco-Materials Processing & Design, 2004.01.
優秀講演論文賞, 日本機械学会 機械材料・加工部門, 2001.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, 部品接触部の水素による疲労限度低下の下限予測手法の確立.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 多量に水素侵入した水素利用機器材料のフレッティング疲労強度低下予測法の確立.
2005年度~2007年度, 萌芽研究, 分担, ストライエーションが観察されない疲労破面の応力推定法.
2005年度~2006年度, 奨励研究(B), 代表, 水素環境中の疲労き裂進展挙動に及ぼす温度上昇による拡散係数増加の影響.
2002年度~2003年度, 奨励研究(A), 代表, 電子機器微細配線の高サイクル疲労強度評価と耐久性向上に関する研究.
2000年度~2001年度, 奨励研究(A), 代表, 水浸法によるはめ合い内部のフレッチング疲労き裂進展挙動の観察と進展性評価.
2000年度~2002年度, 基盤研究(A), 分担, 高速鉄道車軸・車輪の信頼性・耐久性向上技術の開発に向けての総合的研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2000年度~2002年度, 日韓科学協力事業共同研究, 分担, 最新超音波探傷法と破壊力学に基づいた航空機用Ti合金の微小疲労き裂予知モデルの開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2014年度~2016年度, 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)水素利用技術研究開発事業/水素ステーション安全基盤整備に関する研究開発事業, 分担, 高圧水素ガス用高窒素高強度ステンレス鋼配管の溶接継手に関する研究開発.
2016年度~2016年度, 福岡水素戦略会議 研究助成(調査枠), 分担, 液体水素用金属シールの実用化に向けた開発課題の抽出と性能向上に関する研究開発.
2010年度~2012年度, 福岡水素エネルギー戦略会議 研究開発支援事業, 分担, 弾性変形シール形ステンレス金属パッキンの実用化研究開発.
2005年度~2009年度, 福岡水素戦略会議, 分担, 水素利用機械の耐水素性疲労設計法の構築.
1999年度~1999年度, 分担, 衝撃波を用いたコンクリート構造物の非接触非破壊検査法の開発とその自動化に関する研究.
1998年度~2002年度, 運輸施設整備事業団, 分担, 高速化時代における鉄道車軸の安全性確保と耐久性向上に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.10~2017.09, 共同研究, 長野計器株式会社, 代表, 異種材溶接継ぎ手の強度特性に及ぼす水素の影響.
2016.06~2017.05, 共同研究, 新日鉄住金株式会社, 代表, フレッティング疲労特性と微小疲労き裂進展特性に基づく疲労強度評価法の開発.
2015.06~2016.05, 共同研究, 新日鉄住金株式会社, 代表, フレッティング疲労特性および微小疲労き裂進展特性に基づく疲労性能評価法の開発.
2014.12~2017.11, 共同研究, エアリキード・ラボラトリーズ, 代表, 鉄鋼材料の水素脆化抑制に及ぼすガス不純物の影響.
2014.06~2015.05, 共同研究, 新日鉄住金株式会社, 代表, フレッティング疲労特性および微小疲労き裂進展特性に基づく疲労性能評価法の開発.
2014.04~2015.03, 長野計器株式会社, 代表, 140MPa水素用圧力トランスミッタの強度信頼性確保に関する共同研究.
2014.04~2015.03, 共同研究, サンデン, 分担, 連続炭素繊維シート補強した樹脂材のクリープ強度に及ぼす射出成形因子の影響の基礎研究.
2013.10~2014.03, 共同研究, Air Liquide, 代表, Materials Compatibility with Hydrogen at High Pressure and Related Testing Methods.
2013.06~2014.05, 共同研究, 新日鉄住金株式会社, 代表, 鉄道輪軸用材料の微小疲労き裂進展特性評価.
2013.04~2014.03, 共同研究, サンデン, 分担, 連続炭素繊維シート補強した樹脂材のクリープ強度に及ぼす射出成形因子の影響の基礎研究.
2012.04~2013.03, 共同研究, サンデン株式会社, 代表, CFRP材における動力伝達軸受け部のフレッチング疲労強度に及ぼす環境影響について.
2012.04~2013.03, 共同研究, 住友金属工業株式会社, 代表, 車輪転動疲労評価モデルに関する研究.
2011.04~2012.03, 共同研究, 住友金属工業株式会社, 代表, 車輪転動疲労評価モデルに関する研究.
2011.04~2012.03, 共同研究, サンデン株式会社, 代表, コンプレッサーシャフトハイブリッド結合におけるねじりフレッチング疲労強度研究.
2010.04~2011.03, 共同研究, 住友金属工業株式会社, 代表, 車輪転動疲労評価モデルに関する研究.
2009.09~2010.03, 共同研究, 住友金属工業株式会社, 代表, 車輪転動疲労評価モデルに関する研究.
2008.04~2009.04, 共同研究, サンデン, 分担, 動力伝達部におけるフレッティング疲労強度の適用研究.
2006.11~2008.03, 共同研究, 日立, 分担, 高圧水素環境下における材料問題の検討.
寄附金の受入状況
2014年度, OSG財団, 超微細粒オーステナイト鋼の機械加工による微視組織特性の変化と機械加工層が疲労強度に及ぼす影響の解明.
2014年度, 日本鉄鋼協会, 超微細粒オーステナイト鋼の疲労特性評価と結晶粒微細化強化機構に基づく高疲労強度の発現機構解明.
2013年度, Air Liquide, Air Liquide 寄付講座.
2010年度, Air Liquide (France) and Air Liquide Japan, Air Liquide 寄付講座.
2009年度, 日立プラントテクノロジー, 奨学寄付金.
2008年度, 日本伸銅協会, 水素利用機器への適合性評価のための銅系材料の水素ガス環境中フレッティング摩耗試験.
2007年度, 日本伸銅協会, 水素利用機器への適合性評価のための銅系材料の水素ガス環境中フレッティング摩耗試験.
学内資金・基金等への採択状況
2013年度~2013年度, 九州大学・水素エネルギー国際研究センター「産学官地域連携による水素社会実証研究」, 代表, 高圧水素容器材料の水素脆化による急速破壊評価とその防止に関する研究.
2012年度~2012年度, 九州大学・水素エネルギー国際研究センター「産学官地域連携による水素社会実証研究」, 代表, 水素利用機器用材料種の拡大のための高圧水素中・高サイクル疲労データの取得と水素の影響機構の解明.
2011年度~2011年度, 九州大学・水素エネルギー国際研究センター「産学官地域連携による水素社会実証研究」, 分担, 水素ガス中フレッティング疲労の疲労限度低下メカニズムにおける接触面間の凝着の寄与の解明.
2010年度~2010年度, 平成22年度 水素エネルギー国際研究センター特別経費「産学官地域連携による水素社会実証研究」海外調査旅費
, 代表, SUS304における水素ガス中フレッティング疲労強度低下機構.
2010年度~2010年度, 九州大学・水素エネルギー国際研究センター「水素社会実証研究」, 分担, 水素用高圧バルブ漏洩の原因究明と対策.
2010年度~2010年度, 組織的な若手研究者等海外派遣プログラム, 代表, 切欠き部材における過大応力の繰返しによる疲労強度低下に及ぼす水素吸蔵の影響.
2008年度~2008年度, 21COE・国際会議参加旅費, 代表, 5th International Symposium on Fretting Fatigueへの参加・渡航費用.

九大関連コンテンツ