九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
守田 幸路(もりた こうじ) データ更新日:2018.06.11

教授 /  工学研究院 エネルギー量子工学部門 核エネルギーシステム学


大学院(学府)担当

工学府 エネルギー量子工学専攻 核エネルギーシステム学

学部担当



電子メール
ホームページ
http://www.qpn.kyushu-u.ac.jp/lab6/
エネルギー量子工学部門・原子力エネルギーシステムグループ .
就職実績-民間機関等
就職実績有, 核燃料サイクル開発機構(旧 動力炉核燃料開発事業団)1989年4月〜1998年10月
取得学位
博士(工学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
原子力工学
外国での教育研究期間(通算)
01ヶ年03ヶ月
活動概要
核分裂エネルギー源としての原子力プラントの安全性を確保し、向上させることは、安全で環境負荷の小さいエネルギー利用を推進し、原子力の社会的受容性を高める上で重要な課題である。特に、高速増殖炉をはじめとする次世代の核分裂エネルギーシステムを安全で信頼性の高いものにするためには、燃料集合体や熱交換器の設計、事故時の安全性評価において、熱や物質の発生・変換・輸送に関する現象を精度良く予測する必要がある。このため、原子炉の過酷事故(シビアアクシデント)や受動的安全性を高めた次世代原子炉を対象とした「核分裂エネルギーシステムにおける熱流動現象」 についての研究、教育および社会活動を行っている。

九大関連コンテンツ