九州大学 研究者情報
論文一覧
中野 博昭(なかの ひろあき) データ更新日:2019.12.05

教授 /  工学研究院 材料工学部門 材料反応工学


原著論文
1. 福元健太,大上悟,菊池義治,赤松慎也,高須登実男, 中野博昭, アルカリジンケート浴からの亜鉛の電析挙動とその微細構造に及ぼす有機添加剤の影響, 日本金属学会誌, 第83巻, 第11号, 399~406頁, 2019.11.
2. 福田圭祐 柏裕樹 大上 悟 高須登実男 中野博昭, ワット浴からの低熱膨張型Fe—Niインバー合金の電析挙動と微細構造に及ぼす添加剤の影響, 鉄と鋼, Vol.105, No.10 (2019)pp.988-997, 2019.10.
3. 今谷祐貴,大上悟,小林亜暢,高橋武寛,後藤靖人,中野博昭, 電析Zn鋼板のZnとFeの結晶方位関係に及ぼす鋼板表面性状の影響, 日本金属学会誌, 第83巻, 第10号, 363~371頁 , 2019.10.
4. Keisuke Fukuda, Yuki Kashiwa, Satoshi Oue, Tomio Takasu, Hiroaki Nakano, Effects of Electrolysis Conditions on the Formation of Electrodeposited Invar Fe-Ni Alloys with Low Thermal Expansion, ISIJ int., Vol. 59, No. 9 (2019) pp.1632-1641, 2019.09.
5. Yuki Kashiwa, Nobuaki Nagano, Tomio Takasu, Shigeo Kobayashi, Keisuke Fukuda, Hiroaki Nakano, Effects of Electrolyte Composition and Additives on the Formation of Invar Fe-Ni Alloys with Low Thermal Expansion Electrodeposited from Sulfate Bath, ISIJ int., Vol. 59, No. 3 (2019) pp.514-523, 2019.03.
6. Yosuke Hara, Daiki Ueda, Satoshi Oue and Hiroaki Nakano , The Effects of Additives on the Electrodeposition of a Zn-Zr Oxide Composite from Dispersed Particle-Free Solution, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.60, No.2(2019) pp.297-305, 2019.02.
7. Kai Jiang , Hiroaki Nakano , Satoshi Oue , Tatsuya Morikawa , Wenhuai Tian , In situ backscattered electron imaging study of the effect of annealing on the deformation behaviors of Ni electroformed from additive-free and saccharin-containing sulfamate solutions, International Journal of Minerals, Metallurgy and Materials, Vol. 26 (2019) pp.114–123 , 2019.01.
8. Bungo Kubo, Satoshi Oue, Takashi Futaba, Akinobu Kobayashi, Yasuto Goto, Hiroaki Nakano, Effect of Surface Textures of Iron substrate on the Crystal Orientation Relationship between Electrodeposited Zinc and Iron, ISIJ int., Vol. 59, No. 1 (2019) pp.144-151, 2019.01.
9. 福田圭祐 柏裕樹 大上 悟 高須登実男 中野博昭, 低熱膨張型電析Fe−Niインバー合金の形成に及ぼす電解条件の影響, 鉄と鋼, Vol.105, No.1 (2019)pp.55-63, 2019.01.
10. Yoichiro YAMANAKA, Junichi KITAGAWA, Katsumi KOJIMA and Hiroaki NAKANO , Effect of crystal structural changes of PET in can-making process on properties of film laminated steel for containers
, ISIJ int., Vol. 58, No. 12(2018) pp.2330-2337, 2018.12.
11. Honami Kawano, Satoshi Oue, Takashi Futaba, Akinobu Kobayashi, Yasuto Goto, Hiroaki Nakano, Effect of Surface Textures of Steel Sheets on the Crystal Orientation of Electrodeposited Zinc, ISIJ int., vol.58, No.11(2018) pp.2117-2124, 2018.11.
12. Kousuke Fuchi, Satoshi Oue, Yoshiharu Kikuchi, Shinya Akamatsu, Yuki Kashiwa and Hiroaki Nakano, Electrodeposition Behavior of Zn-Polyethyleneimine Composite from Sulfate Solution and Its Micro Structure, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.59, No.11(2018) pp.1767-1776, 2018.11.
13. 柏裕樹 長野暢明 高須登実男 小林繁夫 福田圭祐 中野博昭, 硫酸塩浴からの低熱膨張型電析Fe—Niインバー合金の形成に及ぼす液組成と添加剤の影響, 鉄と鋼, Vol.104, No.10 (2018)pp.593-601, 2018.10.
14. 原 洋輔,植田大樹,大上 悟,中野博昭, 分散粒子を含まない非懸濁溶液からのZn−Zr酸化物複合電析に及ぼす添加剤の影響, 日本金属学会誌, 第82巻 第9号, 366 ~374頁 (2018年9月), 2018.09.
15. 山中洋一郎,北川淳一,小島克己,中野博昭, 容器用ラミネート鋼板の特性に及ぼす缶成形工程におけるPET結晶構造変化の影響, 鉄と鋼, Vol.104, No.8 (2018)pp.444-452, 2018.08.
16. 渕 浩輔,大上悟,菊池義治,赤松慎也,柏裕樹,中野博昭, 硫酸塩浴からの亜鉛—ポリエチレンイミン複合電析挙動とその微細構造, 日本金属学会誌, 第82巻 第8号 281~288頁 (2018年8月), 2018.08.
17. 山中洋一郎,北川淳一,小島克己,中野博昭, 湿熱処理下における容器用PETラミネート鋼板のオリゴマー析出現象, 表面技術, 69巻, 7号(2018) pp.302-113, 2018.07.
18. 久保文吾 大上悟 二葉 敬士 小林亜暢 後藤靖人 中野博昭, 電析亜鉛と下地鉄の面方位関係に及ぼす鉄表面性状の影響, 鉄と鋼, Vol.104, No.6 (2018)pp.322-330, 2018.06.
19. Kai Jiang , Hiroaki Nakano , Satoshi Oue , Tatsuya Morikawa , Zhipeng Li, Wenhuai Tian, Interrupted in situ EBSD study of texture evolution and mechanism of surface grains in electroformed Ni after annealing with an initially duplex〈100〉 + 〈111〉fiber texture during uniaxial tensile deformation, Materials Characterization, Vol.141 (2018) pp.238–247 , 2018.05.
20. 河野ほなみ 大上悟 二葉 敬士 小林亜暢 後藤靖人 中野博昭 , 電析亜鉛の結晶配向性に及ぼす鋼板表面性状の影響, 鉄と鋼, Vol.104, No.4 (2018)pp.227-234, 2018.05.
21. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Hisaaki Fukushima, ELECTRODEPOSITION OF Zn-V2O4 and Zn-Al2O3 COMPOSITES FROM SOLUTIONS WITHOUT DISPERSED PARTICLES, Proc. of The 11th International Conference on Zinc and Zinc Alloy Coated Steel Sheet (Galvatech’17)
, pp.861-868, 2017.11.
22. Atsuhiro Suzuki, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi and Hiroaki Nakano, Effects of Additives on the Surface Roughness and Throwing Power of Copper Deposited from Electrorefining Solutions, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.58, No.11, pp.1538-1545, 2017.11.
23. 渡健太 金子祐輔 大上悟 大原秀樹 竹田賢二 中野博昭, 銅電解精製におけるアノードの不動態化に及ぼす液組成の影響, Journal of MMIJ, vol.133, No.10, pp.250-255, 2017.10.
24. Keisuke Kashida , Satoshi Oue , and Hiroaki Nakano, Effect of Chloride Ions in Electrowinning Solutions on Zinc Deposition Behavior and Crystal Texture, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.58, No.10, pp.1418-1426, 2017.10.
25. 徳重晃大 森康平 大上悟 松島寛 鈴木一成 中野博昭, リサイクルした低品位銅をアノードに用いた銅電解精製におけるアノードの不動態化挙動, Journal of MMIJ, vol.133, No.7, pp.165-172, 2017.07.
26. 鈴木 敦博 大上 悟 小林繁夫 中野博昭, 電解精製浴からの電析銅の表面粗度および均一電着性に及ぼす添加剤の相乗効果, 日本金属学会誌, 第81巻 第7号 358~365頁, 2017.07.
27. Akinori Nakamura, Satoshi Oue, Hiroki Koga , and Hiroaki Nakano, Formation Behavior of Phosphoric Acid-based Chemical Conversion Films Containing Alkaline Earth Metals on Magnesium Alloy, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.58, No.7, pp.1007-1013, 2017.07.
28. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Hisaaki Fukushima and Shigeo Kobayashi, Effect of Chloride Ions on Deposition Behavior and Morphology of Zinc in Electrowinning , Proc. of European Metallurgical Conference 2017 (EMC2017), pp.1695-1709, 2017.06, 電解採取液からのZn電析挙動と結晶組織に及ぼす塩化物イオンの影響を明らかにするために,Zn電析の部分分極曲線, 電流効率,交流インピーダンス, 電析Znの形態,結晶配向性を調査した。塩化物イオンが共存するとZn電析の部分分極曲線は明らかに復極し,その復極の程度は,塩化物イオン濃度が300 mg/Lから6000 mg/Lへと増加するに伴い増加した。Zn電析の交換電流密度は,塩化物イオンの濃度増加に伴い,増加しており,塩化物イオンは,Zn電析の電荷移動過程を促進することが分かった。交流インピーダンスより求めたZn電析の分極抵抗は,塩化物イオン濃度を増加すると濃度に応じて減少した。一方,二重層容量は,塩化物イオンを300〜1200 mg/L添加すると大きく増加したが,その濃度を3000〜6000 mg/Lへと増加すると逆に低下し無添加の場合の値に近づいた。一方,水素発生の部分分極曲線は,塩化物イオンを共存させてもほとんど変化しなかった。その結果,Zn電析の電流効率は,塩化物イオンを添加することにより,Zn膜厚2.4μmの電析初期で5〜7%程度,500 A/m2で6時間電析時で1.7%程度増加した。塩化物イオンを300〜1200 mg/L添加すると,{0001}Zn面へ優先配向し,塩化物イオンを3000 mg/L以上にすると,{0001}Zn面への優先配向が消失し無配向分散型の状態に近くなった。塩化物イオンを300〜1200 mg/L添加すると{0001}面への配向が大きく増加したのは塩化物イオンによりZnの電析過電圧が減少したためと考えられる。電析Znの表面には,水素ガスの発生痕と考えられる球状の凹部が見られ,この球状の凹部は,塩化物イオンの濃度が高くなる程,大きくなった。電析Znの板状結晶のサイズは,塩化物イオンの濃度の増加に伴い減少した。塩化物イオンが陰極面に特異吸着することにより,Zn結晶の核形成速度を促進している可能性がある。.
29. Yuki Sato , Satoshi Oue , Shinichi Heguri , and Hiroaki Nakano, Effect of Dissolved Impurities on the Lightness and Surface Morphology of Nickel Deposits from Chloride Electrowinning Solutions, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.58, No.4, pp.606-612, 2017.04.
30. 中村章紀, 大上 悟, 古賀弘毅, 中野 博昭, マグネシウム合金へのアルカリ土類金属を含むリン酸系化成処理皮膜の形成挙動, 日本金属学会誌, 第80巻 第11号 684~690頁, 2016.11.
31. H. Nakano, S. Oue, H. Fukushima, S. Kobayashi, SYNERGISTIC EFFECT OF ADDITIVE ON COPPER DEPOSITION FROM ELECTROREFINING SOLUTIONS, Proc. of Copper 2016 conference, pp.2052-2063, 2016.11.
32. H. Matsushima, H. Yatsuhashi, S. Kato, H. Nakano, S. Oue, Passivation prevention of anode, a low purity crude copper, in copper electrorefining, Proc. of Copper 2016 conference, pp.2025-2036, 2016.11.
33. Hiroaki Nakano, Keich Hayashi, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Effects of Electrolysis Conditions on the Morphologies and Corrosion Resistances of Polyaniline Films Formed on Fe by Electropolymerization, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.57, No.8(2016) pp.1319-1326, 2016.08.
34. 佐藤佑樹, 大上 悟, 平郡伸一, 中野 博昭, 塩化物系電解採取浴からの電析Niの明度,表面性状に及ぼす浴中不純物の影響, 日本金属学会誌, 第80巻 第8号539~545頁, 2016.08.
35. Shinichiro HAYATA, Satoshi Oue, Takehiro TAKAHASHI , Hiroaki Nakano, Effect of Annealing Duration on the Structure and Hardness of Electrodeposited Ni–W Alloys, ISIJ, vol.56, No.7(2016) pp.1248-1255, 2016.07.
36. Hiroaki NAKANO, Yosuke Hara, Satoshi OUE, Shigeo Kobayashi, Electrodeposition of Zn−Zr Oxide Composite from Dispersed-Particle-Free Solution, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.57, No.7(2016) pp.1165-1170, 2016.07, Zn2+,Zrイオンを含む硫酸塩水溶液からZn−Zr酸化物の複合電析を行い,その電析挙動と得られた電析膜の構造,分極特性を調査した結果,以下のことが明らかとなった。電析膜のZr含有率は, pH 2の溶液からの方がpH 1の溶液からより高く, また, 電流密度が高くなるほど一旦減少したが, 更に電流密度が高くなると増加した。これらの条件下でZr含有率が増加したのは陰極界面での水素発生量が増加し,Zrイオンが加水分解し易くなったためと考えられる。Zrイオン添加溶液では, その加水分解により形成されるZr酸化物の皮膜抵抗によりZn電析が大きく分極した。微小Sb電極法により電析時の陰極界面のpHを測定したところ,pHはZrO2生成の臨界pHに近い 2.2前後となっていることが分かった。SEM, EDXよりZrはZn板状結晶の板面上および板状結晶と板状結晶の隙間部に粒状の酸化物として共析することが分かった。3 mass% NaCl水溶液中における分極曲線より, Zn−1.1 mass% Zr酸化物の腐食電位は純Znより貴となり, また, 腐食電流密度は純Znより低下することが分かった。.
37. Shinichiro HAYATA, Satoshi Oue, Takehiro TAKAHASHI , Hiroaki Nakano, Effect of Initial Ni Plating on the Structure and Hardness of Electrodeposited Ni–W Alloys with and without Annealing, ISIJ, vol.56, No.6(2016) pp.1048-1056, 2016.06, Ni−W合金電析膜の熱処理前後の構造と硬度に及ぼす下地Niめっきの影響を調査した結果,以下のことが明らかとなった。下地Niめっきの有り無しに関わらず何れの電流密度で得られた電析膜とも熱処理後はNi4WおよびNiWの析出物が見られた。下地Niめっきが無い場合,Fe素地近傍で粗大な析出物が多数発生したが,Niめっき有りでは,微細な析出物が生じた。下地Niめっきが無い場合,熱処理により電析物中のNiがFe素地側に拡散しFe素地近傍でW含有率が増加するのに対して,下地にNiめっきを行なった場合は,NiめっきよりNi-W合金中にNiが拡散しNi-W合金中のW含有率が低下した。また,熱処理前の電析膜中のW含有率は,下地Niめっき有りの方が無しの場合より低かった。下地Niめっきを行なうと,電析膜のW含有率が低下し, 熱処理時に下地Niめっきから電析膜へNiが拡散するため,粗大なW化合物の析出が抑制されたと考えられる。Ni-W合金電析膜の熱処理後の硬度は,Ni4WおよびNiWの析出物が均一で10nm以下と微細となる条件下で高くなった。.
38. 中野 博昭, 林啓一, 大上 悟, 小林繁夫, 鉄上でのポリアニリン電解重合膜の形態,耐食性に及ぼす電解条件の影響, 日本金属学会誌, 第80巻 第2号 157~164頁, 2016.02.
39. 中野 博昭, 原洋輔, 大上 悟, 小林繁夫, 分散粒子を含まない溶液からのZn−Zr酸化物複合電析, 日本金属学会誌, 第80巻 第2号 151~156頁, 2016.02.
40. 早田慎一朗, 大上 悟, 高橋武寛, 中野 博昭, Ni-W合金電析膜の熱処理前後の構造と硬度に及ぼす下地Niめっきの影響, 鉄と鋼, Vol.101, No.11 (2015)pp590-597, 2015.11.
41. 早田慎一朗, 大上 悟, 高橋武寛, 中野 博昭, Ni−W合金電析膜の構造と硬度に及ぼす熱処理時間の影響, 鉄と鋼, Vol.101, No.11 (2015)pp598-604, 2015.11.
42. Hiroaki NAKANO, Shingo Arakawa, Satoshi OUE, Shigeo Kobayashi, Electrodeposition Behavior of Zn–Fe Alloy from Zincate Solution Containing Triethanolamine, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.56, No.10(2015) pp.1664-1669, 2015.10, Fe2+の錯化剤としてトリエタノールアミンを添加したジンケート浴からのZn-Fe合金電析挙動について調査した。電析物のFe含有率は電流密度により大きく変化した。20 A·m-2以下ではFe含有率は90 mass%前後であり,正常型共析となるのに対して,100 A·m-2以上ではZnが優先析出する変則型共析となった。Fe含有率が大きく変化する電流密度は,全分極曲線の電位が急激にZnの平衡電位より卑な領域に移行する電流密度と一致した。Fe析出およびH2発生の部分分極曲線は,変則型共析となる高電流密度域では,Znイオンが存在すると大きく分極しており,Znイオンに起因する電析抑制剤が陰極界面に形成されると考えられる。低電流密度域での正常型共析において電流効率はゼロ近傍ではなく,また,変則型共析においてもFe含有率は組成参照線近傍にあり,変則性は弱く,硫酸塩浴からの電析とは異なる挙動を示した。正常型共析となる低電流密度域では,Znのunderpotential depositionが生じた。TEMによる構造解析により,低電流密度域においても安定な金属間化合物Fe5Zn21が形成されることが分かった。このFe5Zn21の形成により電析物のZnの活量係数がかなり小さくなっていることが推察される。.
43. H. Nakano, I. J. Son, S. Oue, Z. Horita, Effect of equal channel angular pressing on the pitting corrosion resistance of aluminum alloys, International Workshop on Giant Straining Process for Advanced Materials in 2015, pp.60-61, 2015.09.
44. Ryo Takahashi, Yuki Sato, Satoshi OUE, Shinichi Heguri, Hiroaki NAKANO, Effect of Electrolysis Condition on the Lightness and Surface Morphology of Ni Deposit from Chloride Electro-winning Solutions, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.56, No.8(2015) pp.1199-1206, 2015.08, 電析Niの明度,表面性状に及ぼす電流密度,pHの影響を明らかにするため,塩化物浴から定電流電解法により電流密度100~500 A/m2,通電量7.2×105 C/m2,浴温60℃において無撹拌下でNi電析を行い,高周波グロー放電発光分析法,三次元走査電子顕微鏡により電析物表層の組成および構造を解析した。電析Niの明度L値は,pHが高くなるほど小さくなり, 電流密度300A/m2で最小となった。電析物表層の酸化物濃度は,pHが高くなる程,また,電流密度300A/m2で高くなっており,電析Ni表層の酸化物が明度低下の一因になっていると考えられる。一方,電析Niの表層は,数μmサイズの多角錐状の微細結晶とそれらが集合した丘状結晶の大小二つの構成単位から成っている。この大小二つの異なる構造単位を分離するため,電析物の最表層から深さ方向において電析物を切断し各切断面における電析物の数と電析物の面積率を解析したところ,明度と表面構造の間には相関関係が存在することが判明した。以上のことから電析Niの明度は,表層の酸化物および微細構造の両者に依存していると考えられる。.
45. H. Nakano, H. Yamashita, S. Oue, H. Fukushima, N. Sogabe, Synergistic Effect of Gelatin and Sb on Deposition Behavior and Texture of Zn in Electrowinning , Proceedings of PbZn 2015 International Symposium, Vol.2, pp.739-753, 2015.06.
46. Shinichiro HAYATA, Satoshi Oue, Hiroaki Nakano, Takehiro TAKAHASHI , Effect of Annealing on the Structure and Hardness of Electrodeposited Ni–W Alloys
, ISIJ, vol.55, No.5(2015) pp.1083-1090, 2015.05, クエン酸を含む酸性溶液においてNi-W合金電析を行い,熱処理前後における電析物の構造と硬度を調査した結果,以下のことが明らかとなった。熱処理前においては,電析部のW含有率が40.7%までは,Vegardの法則にしたがって,Wの固溶量の増加とともにNiの格子定数は直線的に増加しており,Wは過飽和に固溶した。電析物のW含有率が37.1%以下では,電場方向に特定な面が配向する電場配向繊維組織型となり,表面では板状結晶のエッジが露出した形態となった。電析物のW含有率が40.7%以上になると,電析物は断面が層状となり,表面は微細な粒状結晶のみとなり平滑になった。一方,熱処理後は,W含有率が32.6, 37.1%の電析物には,Ni4Wが析出し,W含有率が40.7〜45.3%の電析物には,Ni4Wに加えてNiWが微細な状態で全面に析出した。熱処理前においては,電析物の硬度はW含有率の増加に伴い上昇しており,W含有率40.7%で特に大きく上昇し,W含有率40.7%以上では電流密度の変化にかかわらずほぼ一定であった。熱処理後は何れの合金組成においても硬度は増加した。増加の程度は,W含有率40.7%以上で特に大きくなった。.
47. 中野 博昭, 荒川真吾, 大上 悟, 小林繁夫, トリエタノールアミンを含むジンケート浴からのZn-Fe合金電析挙動, 日本金属学会誌, 第79巻 第5号 243~248頁, 2015.05.
48. 中村紘樹, 大上 悟, 曽我部信義, 中野 博昭, 電解採取液からの初期の亜鉛電析挙動と結晶形態に及ぼす塩化物イオンの影響, Journal of MMIJ, vol.131, No.5(2015) pp.164-169, 2015.05.
49. 古賀弘毅, 中村章紀, 大上 悟, 中野 博昭, マグネシウム合金上でのアルカリ土類金属成分を含む化成皮膜の形成挙動とその構造, 表面技術, 66巻, 3号(2015) pp.108-113, 2015.03.
50. 中野 博昭, 非懸濁水溶液からの複合電析, 防錆管理, Vol.59, No.2, pp54-60, 2015.02.
51. 吉見直人, 三好達也, 山下正明, 中野 博昭, 黒色薄膜有機被覆鋼板の皮膜特性に及ぼす黒色アゾ系金属錯塩染料の影響, 表面技術, 66巻, 2号(2015) pp.65-69, 2015.02.
52. 小森務, 鹿毛勇, 三田尾眞司, 中野 博昭, 高飛来塩分環境下で長期暴露した耐候性鋼の腐食挙動に及ぼすさび安定化補助処理および鋼種類の影響, 材料と環境, Vol.64, No.12 (2014)pp575-582, 2014.12.
53. 髙橋崚, 佐藤佑樹, 大上 悟, 平郡伸一, 中野 博昭, 塩化物系電解採取浴からの電析Niの明度,表面性状に及ぼす電解条件の影響, 日本金属学会誌, 第78巻 第12号 427~433頁, 2014.12.
54. 山下浩充, 大上 悟, 曽我部信義, 中野 博昭, 微量のアンチモンを含む電解採取浴からの亜鉛の電析挙動と結晶組織に及ぼすゼラチンの影響, Journal of MMIJ, vol.130, No.12(2014) pp.541-547, 2014.12.
55. 早田慎一朗, 大上 悟, 中野 博昭, 高橋武寛, Ni-W合金電析膜の構造と硬度に及ぼす熱処理の影響, 鉄と鋼, Vol.100, No.11 (2014)pp1391-1397, 2014.11.
56. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Yasunori ANNOURA, Takaaki NAGAI , Naoto OHO , Hisaaki FUKUSHIMA, Electrodeposition of Zn–V Oxide Composites from a Strongly Agitated Solution without Dispersed Particles, ISIJ, vol.54, No.8(2014) pp.1906-1912, 2014.08, Zn2+,VO2+を含む硫酸塩水溶液から高流速撹拌下において,Zn-V酸化物複合電析を行い,その電析挙動と得られた電析膜の構造,分極特性を調査した結果,以下のことが明らかとなった。電析膜のV含有率は,何れの流速においても電流密度が高くなるほど一旦減少したが,更に電流密度が高くなると増加した。流速が速くなるほど,電析膜のV含有率と電流密度の関係を示す曲線が高電流密度側にシフトした。電解液を撹拌すると電析膜のV含有率は低下したが,V酸化物の分布はより均一となった。また,電析膜断面のEDX点分析より, V酸化物は電析膜の表面に濃縮していることが分かった。微小Sb電極法により電析時の陰極界面のpHを測定したところ,V2O4生成の臨界pHに近い pH4前後となっていることが分かった。3%NaCl水溶液中における電析膜の分極曲線より,Zn-V酸化物の腐食電位は,液の流速にかかわらずV含有率により変化し,V含有率が2mass%以下の領域ではV酸化物が共析することにより貴な方に移行することが分かった。V含有率が4mass%以下の領域では,V含有率が増加するほど電析膜の腐食電流密度は低下した。電解液を撹拌して得られた電析膜は静止液からの場合に比べその腐食電流密度が小さくなる傾向が見られた。.
57. Hiroaki Nakano, Takashi URA, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Effect of Preadsorption of Organic Additives on the Appearance and Morphology of Electrogalvanized Steel Sheets, ISIJ, vol.54, No.7(2014) pp.1653-1660, 2014.07, 電析Znの明度,結晶形態に及ぼす有機添加剤予備吸着の影響について調査した。予備吸着させた有機添加剤は,Zn電析に対して分極効果のあるもの(PEG,ゼラチン,SDBAC)と分極効果のないもの(サッカリン,ラウリル硫酸ナトリウム)に分類された。電析Znの板状結晶は,有機添加剤の種類にかかわらず予備吸着によりサイズが明らかに小さくなった。これは,有機添加剤の予備吸着により電析過電圧が増加し,且つ/またはZn/鋼板のエピタキシーが低下するためと考えられる。電析Znの{0001}面への配向は,分極効果のあるPEG,ゼラチンの予備吸着により大きく低下し,分極効果のないサッカリン,ラウリル硫酸ナトリウムの予備吸着では,若干減少した。電析Znの表面粗さは,SDBAC以外の有機添加剤を予備吸着すると,小さくなった。これは,予備吸着によりZn板状結晶のサイズが小さくなるためと考えられる。電析Znの明度はSDBAC以外の有機添加剤を予備吸着すると,予備吸着なしの場合より高くなった。SDBACを予備吸着するとZnの析出が不均一となり,表面粗さが増加し,明度が低下した。.
58. Hiroaki Nakano, Syota KATAOKA, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Coloration by Zinc–Nickel Composite Films Electrodeposited from a Chloride Solution, ISIJ, vol.54, No.7(2014) pp.1661-1666, 2014.07.
59. 山下浩充, 大上 悟, 中野 博昭, 曽我部信義, 電解採取浴からの亜鉛の電析挙動と結晶組織に及ぼすゼラチンとアンチモンの相乗効果, Journal of MMIJ, vol.130, No.4(2014) pp.125-131, 2014.04.
60. 中野 博昭, 大上 悟, 案浦康徳, 永井啓明, 大穂元人, 福島 久哲, 分散粒子を含まない溶液からの高流速撹拌下におけるZn-V酸化物複合電析, 鉄 と 鋼, 100巻,3号, pp.376-382, 2014.03.
61. 中野 博昭, 浦高志, 大上 悟, 小林繁夫, 電気亜鉛めっき鋼板の外観,結晶形態に及ぼす有機添加剤予備吸着の影響, 鉄 と 鋼, 99巻,12号, pp.700-708, 2013.12.
62. 中野 博昭, 片岡翔太, 大上 悟, 小林繁夫, 塩化物浴からのZn-Ni複合電析による色彩の発現, 鉄 と 鋼, 99巻,12号, pp.709-715, 2013.12.
63. 小森務, 谷本亘, 京野一章, 中野 博昭, 鉄さび形成に及ぼす共存さび種の影響, 材料と環境, 62巻,12号, pp.495-500, 2013.12.
64. 中野 博昭, 山口拓人, 山田遥平, 大上悟, 孫 仁俊, 堀田 善治, 古賀弘毅, Al-Fe合金の耐孔食性に及ぼす巨大ひずみ加工HPT処理の影響, 日本金属学会誌, 第77巻 第11号 489~496頁 , 2013.11.
65. Hiroaki Nakano, Shitoku Shibata, Shingo Arakawa, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Electrodeposition Behavior of Zn–Co Alloys from an Alkaline Zincate Solution Containing Triethanolamine, ISIJ, vol.53, No.10, pp.1863-1868, 2013.10.
66. Hiroaki Nakano, Shingo Arakawa, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Electrodeposition Behavior of Zn–Ni alloys from an Alkaline Zincate Solution Containing Ethylenediamine, ISIJ, vol.53, No.10, pp.1869-1875, 2013.10, Ni2+の錯化剤としてエチレンジアミンを添加したジンケート浴からZn-Ni合金電析を行い,トリエタノールアミンを添加した浴からの電析挙動と比較した。トリエタノールアミンを添加した浴では,低電流密度域では貴なNiが優先析出する正常型共析となり,電流密度が増加すると卑なZnが優先析出する変則型共析となるのに対して,エチレンジアミンを添加した浴では,高電流密度域では変則型共析となったが,低電流密度域でも合金組成は組成参照線の近くにあり,変則型共析に近い挙動を示した。エチレンジアミンを添加した場合は,より広い電流密度域においてNi電析,H2発生が抑制されており,Znイオンに起因する電析抑制剤が陰極界面に形成されると考えられる。合金電析の電流効率の電流密度依存性は,エチレンジアミンを添加した方が小さかった。トリエタノールアミンを添加した浴では,見掛け上Znのunderpotential depositionが生じているが,エチレンジアミンを添加した場合は,低電流密度域においてもZnイオン共存によりNi電析が抑制されるので,Znのunderpotential depositionは生じなかった。Zn-Ni合金の均一電着性は,エチレンジアミンを添加した方がトリエタノールアミンを添加した場合より良好であった。.
67. Hiroaki NAKANO, Hiroto YAMAGUCHI, Yohei YAMADA, Satoshi OUE, In-Joon SON, Zenji HORITA, Effects of High-Pressure Torsion on the Pitting Corrosion Resistance of Aluminum-Iron Alloys, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.54, No.9(2013) pp.1642-1649, 2013.09.
68. 中野 博昭, 荒川真吾, 大上 悟, 小林繁夫, エチレンジアミンを含むアルカリジンケート浴からのZn-Ni合金電析挙動, 鉄 と 鋼, 99巻,6号, pp.425-431, 2013.06.
69. Hiroaki NAKANO, Satoshi Oue, Hisaaki FUKUSHIMA, Shigeo KOBAYASHI, Nobuyoshi SOGABE, Evaluation of harmful effects of impurities in Zn electrowinning solution using cyclic voltammetry, Proc. of European Metallurgical Conference 2013 (EMC2013), pp.559-571, 2013.06, Feをそれぞれ0.5%,2%,5%含有させた3種のAl-Fe合金の耐孔食性におよぼすHPT処理による結晶粒微細化の影響をNa2SO4 0.1 mol・dm-3 とNaCl 8.46 mmol・dm-3 を含む298Kの水溶液中での分極曲線,表面解析により調べた。Al-Fe合金の孔食電位は何れのFe含有率においてもHPT処理を施した方が明らかに貴に移行しており,HPT処理により耐孔食性が改善されることが分かった。HPT処理によるAl-Fe合金の孔食性改善の効果はFe含有率が0.5%と2%では大きかったが,Fe5%では小さくなった。Al-Fe合金にはFe-Al系の金属間化合物が晶出しており,孔食はその析出物の周辺で発生した。特にFe含有率が5%のAl-Fe合金においては数十μmサイズの大きな晶出物があり,その周辺で激しく孔食が進行した。腐食電位の経時変化,腐食反応の分極抵抗の結果より,HPT処理を行なうとAl酸化膜の形成速度が早くなることが予想された。これらの結果からHPTによりAl-Fe合金の耐孔食性が改善されるのは, Al酸化膜の形成速度が増加するためと考えられる。.
70. 中野 博昭, 柴田至徳, 荒川真吾, 大上 悟, 小林繁夫, トリエタノールアミンを含むアルカリジンケート浴からのZn-Co合金電析挙動, 鉄 と 鋼, 99巻,5号, pp.346-351, 2013.05.
71. Hiroaki Nakano, Shingo Arakawa, Yuya Takada, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Electrodeposition Behavior of a Zn­Ni Alloy in an Alkaline Zincate Solution, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.53, No.11(2012) pp.1946-1951, 2012.11, Ni2+の錯化剤としてトリエタノールアミンを添加したジンケート浴から定電流電解法により電流密度10~500 A/m2,通電量5×104 C/m2,浴温35℃において無撹拌下でZn-Ni合金電析を行った。低電流密度域では貴なNiが優先析出する正常型共析となり,電流密度が増加すると卑なZnが優先析出する変則型共析となった。変則型共析となる高電流密度域では,Ni電析,H2発生が抑制されており,Znイオンに起因する電析抑制剤が陰極界面に形成されると考えられる。正常型共析となる低電流密度域では,見掛け上Znのunderpotential depositionが生じた。Zn-Ni合金電析において,安定な金属間化合物Ni5Zn21が形成されており,電析物のZnの活量係数がかなり小さくなっていることが考えられる。.
72. 中野 博昭, 大上 悟, 成清久純, 福島 久哲, 曽我部信義, 仁科一彦, 亜鉛電解採取におけるゼラチンの分解に及ぼす各種因子の影響, Journal of MMIJ, vol.128, No.10, 11(2012) pp.584-589, 2012.10.
73. 中野 博昭, 大上 悟, 西野友朗, 福島 久哲, 小林繁夫, 電解精製浴からの銅電析初期の表面形態および結晶組織に及ぼす添加剤の相乗効果, Journal of MMIJ, vol.128, No.10, 11(2012) pp.590-595, 2012.10.
74. 中野 博昭, 荒川真吾, 高田裕也, 大上 悟, 小林繁夫, アルカリジンケート浴からのZn-Ni合金電析挙動, 日本金属学会誌, 第76巻 第7号 443~448頁 (2012年7月), 2012.07.
75. Injoon SON, Hiroaki NAKANO, Satoshi Oue, Shigeo KOBAYASHI, Hisaaki FUKUSHIMA, Zenji Horita, Effect of Equal Channel Angular Pressing on Pitting Corrosion of Pure Aluminum, International Journal of Corrosion, Volume 2012, Article ID 450854, (2012) pp.1-9, 2012.06, Ni電析膜は靭性,耐食性,耐摩耗性に優れているため,電鋳膜として各種金型,モールド,染色用スクリーンなどに幅広く使用されている。電析Niの硬度は有機系添加剤により増加した。添加剤による硬度の増加は,添加剤の共析および結晶粒子径の減少によるものと考えられるがその詳細については不明な点が多い。本研究では,スルファミン酸浴,ワット浴からのNi電析膜の硬度に及ぼす有機系添加剤の影響を添加剤によるC, Sの共析および結晶組織の観点から調査した。有機添加剤としては,直鎖状高分子で化学的に安定であるポリエチレングリコール(以下PEGと称す),電着応力減少剤として代表的なサッカリンを用いた。.
76. Hiroaki NAKANO, Satoshi OUE, Seiji TAGUCHI, Shigeo KOBAYASHI, Zenji HORITA, Stress-Corrosion Cracking Property of Aluminum–Magnesium Alloy Processed by Equal-Channel Angular Pressing, International Journal of Corrosion, Volume 2012, Article ID 543212, (2012) pp.1-8, 2012.05, Ni電析膜は靭性,耐食性,耐摩耗性に優れているため,電鋳膜として各種金型,モールド,染色用スクリーンなどに幅広く使用されている。電析Niの硬度は有機系添加剤により増加した。添加剤による硬度の増加は,添加剤の共析および結晶粒子径の減少によるものと考えられるがその詳細については不明な点が多い。本研究では,スルファミン酸浴,ワット浴からのNi電析膜の硬度に及ぼす有機系添加剤の影響を添加剤によるC, Sの共析および結晶組織の観点から調査した。有機添加剤としては,直鎖状高分子で化学的に安定であるポリエチレングリコール(以下PEGと称す),電着応力減少剤として代表的なサッカリンを用いた。.
77. Shingo Arakawa, Satoshi Oue, Hiroaki Nakano, Shigeo Kobayashi, Structure of Deposits Obtained from Urea-Based Melt Bath Containing Co and La, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.53, No.4(2012) pp.770-772, 2012.04, Co, Laを含む尿素系溶融体浴において,定電流電解法により電流密度10〜40 mA/m2,通電量10 C/cm2,浴温403 Kにおいて無撹拌で電析を行い,電析物の構造を調査した。Coは,電流密度10 mA/cm2では金属状態で析出したが,電流密度が30, 40mA/cm2と高くなると主に酸化物の状態で電析物に取り込まれていることが分かった。一方,Laは,何れの電流密度においても酸化物の状態でCoと共析していた。電析物は粒状の形態を呈しており,電流密度が高くなると析出物のサイズが不均一となり,局部的に大きな塊状となった。.
78. 中野博昭 大上 悟 藤原正和 岩上礼幸 福島久哲 仁科一彦 曽我部信義, 電解採取液からの亜鉛電析挙動と表面性状に及ぼすα-ニトロソ-β-ナフトールの影響, Journal of MMIJ, vol.128, No.1(2012) pp.33-39, 2012.01.
79. Hiroaki Nakano, Hideaki Tsuji, Satoshi Oue, Hisaaki Fukushima, Feng Yang and Wenhuai Tian, Effect of organic additives on the hardness of Ni electrodeposited from sulfamate and Watt’s solutions, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.52, No.11(2011) pp.2077-2082, 2011.11, Ni電析膜は靭性,耐食性,耐摩耗性に優れているため,電鋳膜として各種金型,モールド,染色用スクリーンなどに幅広く使用されている。電析Niの硬度は有機系添加剤により増加した。添加剤による硬度の増加は,添加剤の共析および結晶粒子径の減少によるものと考えられるがその詳細については不明な点が多い。本研究では,スルファミン酸浴,ワット浴からのNi電析膜の硬度に及ぼす有機系添加剤の影響を添加剤によるC, Sの共析および結晶組織の観点から調査した。有機添加剤としては,直鎖状高分子で化学的に安定であるポリエチレングリコール(以下PEGと称す),電着応力減少剤として代表的なサッカリンを用いた。.
80. 中野博昭 大上 悟 津山裕史 福島久哲 小林繁夫 富岡賢一, 電解精製浴からの電析銅の表面形態および結晶組織に及ぼす添加剤の相乗効果, Journal of MMIJ, vol.127, No.10,11(2011) pp.662-666, 2011.10.
81. 中野博昭 辻 英昭  大上 悟  福島久哲 楊 峰  田 文懐, スルファミン酸浴およびワット浴からの 電析 Ni の硬度に及ぼす有機添加剤の影響, 日本金属学会誌, 第75巻 第7号 406~411頁, 2011.07.
82. 中野博昭 大上 悟 梁井広太郎 福島久哲 仁科一彦 曽我部信義, サイクリックボルタンメトリーによる亜鉛電解採取液の不純物の悪影響評価, Journal of MMIJ, vol.127, No.6,7(2011) pp.267-271, 2011.06.
83. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Daisuke Yoshihara , Hisaaki Fukushima, Yoshifumi Saka, Shigeru Sawada and Yasuhiro Hattori, Sn–Cu Alloy Electrodeposition and its Connecting Reliability for Automotive Connectors, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.52, No.6(2011) pp.1237-1243, 2011.06, 今後の自動車用コネクターとしては,ハイブリッド車に代表されるようにモーターに大電流が必要とされるため,耐熱性に優れていることが重要となる。そこで,本研究では母材のCu電極にCu-Sn系の安定な金属間化合物を合金電析により形成させ母材のCuとSnの拡散を抑制することを検討した。本研究では環境問題の観点から硫酸塩浴からの合金電析を検討した。平滑剤としてクレゾールスルホン酸,ベンザルアセトン,アルキルポリエチレンオキシド非イオン界面活性剤を添加した硫酸塩浴を用いてSn-Cuの合金電析挙動を調べた。次に,平滑なSn-Cu合金電析膜が得られる条件にて,端子用のCu電極に電析を行ない,熱処理後あるいは摩耗後に電気的接続性を評価した。.
84. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Hisaaki Fukushima, Shigeo Kobayashi and Kazuhiko Nishina, Effect of PEG on Dissolution of Zn Deposited from Impurity-Containing Solutions, Proc. of European Metallurgical Conference 2011 (EMC2011), pp.985-998, 2011.06.
85. 碇 陽介 本村 和也 小林繁夫 中野博昭 神田勝美, ジンケート浴からのZn-Ni合金電析挙動, 表面技術, 62巻, 2号,pp.138-140, 2011.02.
86. 中野博昭 大上 悟 吉原大介 福島久哲 坂 喜文 澤田 滋 服部康弘, 自動車接点材料用の Sn-Cu 合金電析とその電気的接続性, 日本金属学会誌, 第75巻,第1号 ,61~68頁, 2011.01.
87. 楊 峰,田 文懐,中野博昭,辻 英昭,大上 悟,福島久哲, スルファミン酸浴とワット浴からの電析 Ni の 組織・硬度に及ぼす電流密度と有機添加剤の影響, 日本金属学会誌, 第74巻,第11号, 724~732頁, 2010.11.
88. 中野博昭,大上 悟,濱口裕介,小林繁夫,福島 久哲 , 電気亜鉛めっき鋼板の外観,結晶形態に及ぼすポリエチレングリコール予備吸着の影響, 鉄 と 鋼, 96巻,6号, pp.371-377, 2010.06.
89. H. Nakano, S. Oue , H. Fukushima, S. Kobayashi and K. Tomioka, Synergistic Effects of Thiourea, Polymer Additives and Chloride Ions on Copper Electrorefining, Copper 2010 conference, pp.1531-1544, 2010.06.
90. 中野博昭 大上 悟 福島久哲, 硫酸塩水溶液からのZn-活性金属酸化物の複合電析, 防錆管理, Vol.54, No.5, pp161-168, 2010.05.
91. Feng Yang, Wenhuai Tian, Hiroaki Nakano, Hideaki Tsuji, Satoshi Oue and Hisaaki Fukushima, Effect of current density and organic additives on the texture and hardness of Ni electrodeposited from sulfamate and Watt’s solutions, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.51, No.5, pp.948-956, 2010.05.
92. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Masaaki Uranaka, Masataka Masuda, Hisaaki Fukushima, Yoshifumi Saka, Shigeru Sawada and Yasuhiro Hattori, Electrodeposition of Sn–Ag Alloys and Evaluation of Connection Reliability for Automotive Connectors, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.51, No.4, pp.712-719, 2010.04.
93. Hiroaki Nakano, In-Joon Son, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Hisaaki Fukushima and Zenji Horita , Effect of Equal Channel Angular Pressing on the Pitting Corrosion Resistance on the Aluminum Alloys with/without Anodization, Material Science Forum, Vols.638-642, pp1989-1994, 2010.01.
94. 孫 仁俊, 中野博昭,大上 悟,小林繁夫,福島久哲,堀田善治, Al-Cu合金の耐孔食性に及ぼす強歪み加工ECAP処理の影響, 表面技術, vol.61, No.1, pp.50-57, 2010.01.
95. H. NAKANO, I.J. SON, S. OUE, S. KOBAYASHI, H. FUKUSHIMA and Z. HORITA, Pitting Corrosion Resistance of Aluminum Alloys Processed by Equal-Channel Angular Pressing, The 11th International Symposium on Materials Science and Engineering between Chonbuk National University and Kyushu University, pp.19-24, 2009.11.
96. H. NAKANO, S. OUE, Y. HAMAGUCHI, S. KOBAYASHI, H. FUKUSHIMA, Effect of Preadsorption of Polyethylene Glycol on the Appearance and Morphology of Electrogalvanized Steel Sheets , ISIJ, vol.49, No.11, pp.1769-1775, 2009.11.
97. H. NAKANO, S. OUE, H. KUBOYAMA, H. FUKUSHIMA and Y. HAYASHIBE, Synergistic effect of Polymer additives and Chloride Ions and the degradation of Polymer Additives in Copper Electrorefining, Third International Conference on Processing Materials for Properties (PMP-III), pp.65-70, 2009.09.
98. Hiroaki Nakano, In-Joon Son, Hideki Ohara, Satoshi Oue, Katsuaki Nakamura and Hisaaki Fukushima, Effect of Continuous Rotation Evolutional Control on the Pitting Corrosion Resistance of Anodized Aluminum-Magnesium Alloy, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.50, No.8, pp.1985-1991, 2009.08.
99. 中野博昭 大上 悟 浦中将明 増田正孝 福島久哲 坂 喜文 澤田 滋 服部康弘, 自動車接点材料用のSn-Ag合金電析とその電気的接続性, 日本金属学会誌, vol.73, No.8, pp.622-629, 2009.08.
100. In-Joon SON, Hiroaki NAKANO, Satoshi OUE, Shigeo KOBAYASHI, Hisaaki FUKUSHIMA, Zenji HORITA, Effect of equal-channel angular pressing on pitting corrosion resistance of anodized aluminum-copper alloy, Transactions of Nonferrous Metals Society of China, vol.19, pp.904-908, 2009.08.
101. Hiroaki NAKANO, Effects of plating factors on morphology and appearance of electrogalvanized steel sheets, Transactions of Nonferrous Metals Society of China, vol.19, pp.835-841, 2009.08.
102. H. NAKANO, I.J. SON, S. OUE, S. KOBAYASHI, H. FUKUSHIMA and Z. HORITA, Effect of Equal Channel Angular Pressing on the Pitting Corrosion Resistance on the Aluminum Alloys with/without Anodization , International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials (THERMEC’2009), P.323, 2009.08.
103. Satoshi Oue, Hiroaki Nakano, Daisuke Kurai, Hisaaki Fukushima, Katsuaki Nakamura and Masataka Masuda, Effect of Continuous Rotation Evolutional Control on the Surface Color of Anodized Al−Mg Alloys, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.50, No.7, pp.1792-1797, 2009.07.
104. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Hisaaki Fukushima, Shigeo Kobayashi and Kazuhiko Nishina, Degradation of Polymer Additives during Long-Term Zn Electrowinning , European Metallurgical Conference 2009 (EMC2009), pp1097-1110, 2009.06.
105. 中野博昭  孫 仁俊 大原秀樹 大上 悟 中村克昭 福島久哲, 陽極酸化Al-Mg合金の耐孔食性に及ぼす連続ねじり加工の影響, 日本金属学会誌, vol.73, No.5, pp.394-400, 2009.05.
106. 久保山宏 中野博昭 大上 悟 福島久哲 小林繁夫, 銅の電解精製におけるチオ尿素添加の影響, Journal of MMIJ, vol.125, No.2, pp.62-67, 2009.02.
107. Satoshi Oue , Hiroaki Nakano, Shigeo Kobayashi and Hisaaki Fukushima, Structure and Codeposition Behavior of Ni-W Alloys Electrodeposited from Ammoniacal Citrate Solutions , Journal of The Electrochemical Society, vol.156, No.1, pp.D17-D22, 2009.01.
108. 中野博昭 大上 悟 藤本 敦 久保山宏 福島久哲 林部 豊, 銅電解精製における高分子添加剤の経時劣化の評価, Journal of MMIJ, vol.124, No.10,11, pp. 626-631, 2008.11.
109. In-Joon Son, Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Hisaaki Fukushima and Zenji Horita, Pitting Corrosion Resistance of Anodized Aluminum-Copper Alloy Processed by Severe Plastic Deformation, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.49, No.11, pp.2648-2655, 2008.11.
110. In-Joon Son, Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Hisaaki Fukushima and Zenji Horita, Effect of Annealing on the Pitting Corrosion Resistance of Anodized Aluminum-Magnesium Alloy Processed by Severe Plastic Deformation, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.49, No.11, pp.2656-2663, 2008.11.
111. 大上 悟 中野博昭 倉井大輔 福島久哲 中村克昭 増田正孝, 陽極酸化Al-Mg合金の電解着色後の色調に及ぼす連続ねじり加工の影響, 日本金属学会誌, 第72巻第9号 739~744頁, 2008.09.
112. In-Joon Son, Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Hisaaki Fukushima and Zenji Horita, Pitting Corrosion Resistance of Anodized Aluminum-Copper and Aluminum-Magnesium Alloys Processed by Equal-Channel Angular Pressing, 11th International Conference on Aluminum Alloys (ICAA 11), pp2066-2072, 2008.09.
113. 中野博昭 大上 悟 清水誠一郎 久保山宏 福島久哲 林部 豊, 亜鉛電解採取における高分子添加剤の経時劣化, Journal of MMIJ, vol.124, No.9, pp.583-588, 2008.09, Znの連続電解におけるゼラチンの分子量の経時変化およびゼラチン,PEGの添加効果の経時変化を調べ以下の結果を得た。Znの連続電解を行った場合,ゼラチン,PEG添加によるZn電析電位の分極は時間の経過とともに減少した。分極に対する添加剤の効果は,分子量に大きく依存し,またPEGの方がゼラチンより長く持続した。一方,電解液中のゼラチンの分子量は電解時間の経過と共に低分子量域に移行していることが実証された。.
114. 中野博昭 孫 仁俊 大原秀樹 大上悟 中村克昭 福島久哲, 連続ねじり加工を行ったAl-Mg合金の耐孔食性, 表面技術, 59巻, 6号,pp.395-400 , 2008.06.
115. 孫 仁俊 中野博昭 大上 悟 小林繁夫 福島久哲 堀田善治, 強ひずみ加工を施したAl-Cu合金の陽極酸化膜の耐孔食性, 日本金属学会誌, 第72巻第5号 353~359頁, 2008.05.
116. Hiroaki NAKANO, Satoshi OUE, Shoichi TANIGUCHI, Shigeo KOBAYASHI, Hisaaki FUKUSHIMA , Effects of Small Amounts of Molybdenum, Tungsten, or Tin Additives on the Morphology and Orientation of
Electrodeposited Zinc, ISIJ, Vol.48, No.5, pp.634-639, 2008.05.
117. Hiroaki NAKANO, Satoshi OUE, Daisuke KOZAKI, Shigeo KOBAYASHI and Hisaaki FUKUSHIMA, Electrodeposition of Composites of Zinc with Vanadium Oxide from Sulfate Solutions, ISIJ, Vol.48, No.4, pp.506-511, 2008.04.
118. 福島久哲 中野博昭  , 合金めっきの立場から見た亜鉛電解採取における不純物効果, Journal of MMIJ, vol.124, No.3, pp.159-165, 2008.03.
119. 中野博昭 大上 悟 野口智子 福島久哲 小林繁夫, 亜鉛電解採取における電析亜鉛の再溶解挙動に及ぼす不純物の相乗作用, Journal of MMIJ, vol.124, No.3, pp.179-183, 2008.03.
120. 孫 仁俊, 中野博昭,大上 悟,小林繁夫,福島久哲,堀田善治 , 強ひずみ加工を施したAl-Mg合金の陽極酸化後の耐孔食性に及ぼす熱処理の影響, 日本金属学会誌, 第72巻, 第1号, 27~34頁, 2008.01.
121. 中野博昭 大上悟 谷口祥一 小林繁夫 福島久哲 , 電析Znの結晶形態,配向性に及ぼす浴中へのMo, W, Snの微量添加の影響, 鉄と鋼, Vol.93, No.12, pp763-768, 2007.12.
122. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Hisaaki Fukushima, Shigeo Kobayashi, EFFECTS OF SMALL AMOUNTS OF VARIOUS INORGANIC ADDITIVES ON THE MORPHOLOGY AND APPEARANCE OF ZINC ELECTRODEPOSITED ON STEEL SHEETS, The 7th International Conference on Zinc and Zinc Alloy Coated Steel Sheet (Galvatech’07), pp.207-212, 2007.11.
123. 中野博昭 大上悟 神崎大輔 小林繁夫 福島久哲 , 硫酸塩水溶液からのZn-V酸化物複合電析, 鉄と鋼, Vol.93, No.11, pp703-708, 2007.11.
124. H. Nakano, S. Oue and H. Fukushima, S. Kobayashi and Y. Abe, CODEPOSITION BEHAVIOR OF IMPURITIES IN COPPER ELECTROWINNING FROM CUPROUS CHLORIDE SOLUTION, Copper 2007 conference, pp507-518, 2007.08.
125. H. Kuboyama, H. Nakano, S. Oue and H. Fukushima and S. Kobayashi, SYNERGISTIC EFFECT OF POLYMER ADDITIVES AND CHLORIDE IONS ON COPPER , Copper 2007 conference, pp495-506, 2007.08.
126. Hiroaki NAKANO, Satoshi OUE, Shoji HISANO, Shigeo KOBAYASHI and Hisaaki FUKUSHIMA  , Codeposition Behavior of Impurities During Electrogalvanization in Sulfate Baths in the Presence of Fe Ions, ISIJ, Vol.47, No.7, pp.1029-1033, 2007.07.
127. 中野博昭 大上 悟 萩本雅久 福島久哲 小林繁夫, 不純物を含有した亜鉛電解採取浴における電析亜鉛の再溶解挙動に及ぼすポリエチレングリコール添加の影響, Journal of MMIJ, vol.123, No.6,7, pp.351-356, 2007.06.
128. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Hisaaki Fukushima and Shigeo Kobayashi , Effect of polymer additives on zinc electrowinning, European metallurgical Conference 2007, pp1535-1547, 2007.06.
129. In-Joon Son, Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Hisaaki Fukushima and Zenji Horita , Effect of Annealing on the Pitting Corrosion Resistance of Anodized Aluminum-Magnesium Alloy Processed by Equal Channel Angular Pressing, International Corrosion Engineering Conference, pp.1-6, 2007.06.
130. 中野博昭 大上 悟 青屋健吾 久保山宏 福島久哲 小林繁夫, 銅の電解精製における高分子添加剤と塩化物イオンの相乗効果, Journal of MMIJ, vol.123, No.4,5  pp.165-170, 2007.04.
131. 中野博昭 大上 悟 山口陽介 前田かおり 木村申平 福島久哲 安部吉史, 塩化物系Ⅰ価銅浴からのCu電析における不純物の共析挙動, Journal of MMIJ, vol.123, No.1  pp.33-38, 2007.01.
132. 中野博昭 福島久哲, 硫酸塩浴からの鉄族金属合金の変則型電析機構, 三島光産技報, No.28, pp17-23,, 2007.01.
133. In-Joon Son, Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Hisaaki Fukushima and Zenji Horita, Pitting Corrosion Resistance of Anodized Aluminum Alloy Processed by Severe Plastic Deformation, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.48, No.1 pp.21-28, 2007.01.
134. 中野博昭 大上悟 久野彰士 小林繁夫 福島久哲 , Feイオン共存下での電気Znめっきにおける不純物の共析挙動, 鉄と鋼, No.1  pp39-43, 2007.01.
135. H. Fukushima and H. Nakano , MECHANISM OF ANOMALOUS ELECTRODEPOSITION OF IRON-GROUP METAL ALLOYS FROM SULFATE SOLUTIONS, Electrochemistry and Thermodynamics on Materials Processing for Sustainable Production: Masuko Symposium,, pp.481-492, 2006.11.
136. 大上 悟 中野博昭 黒田亮 小林繁夫 福島久哲 , TEM-EDXによる電析Ni-Sn合金の微細構造観察, 日本金属学会誌, 70巻, 10号 pp501-506, 2006.10.
137. Hiroshi KUBOYAMA, Hiroaki NAKANO, Satoshi OUE, Hisaaki FUKUSHIMA, Masataka MASUDA and Shunichi HASHIMOTO   , Structure and Polarization Properties of Zn-Nb Films Formed on Steel Sheet by Sputtering, ISIJ,, Vol.46, No.8 pp.1205-1209, 2006.08.
138. 中野博昭, 大上悟, 三木俊幸, 小林繁夫, 福島久哲  , 鋼板上での電析Znの結晶形態に及ぼすポリエチレングリコール添加の影響, 鉄と鋼, Vol.92, No.8 pp501-506, 2006.08.
139. 孫 仁俊, 中野博昭,大上 悟,小林繁夫,福島久哲,堀田善治 , 強ひずみ加工を施したアルミニウム合金の陽極酸化後の耐孔食性, 日本金属学会誌, 70巻, 7号 pp.534-540 , 2006.07.
140. Satoshi Oue, Hiroaki Nakano, Ryo Kuroda, Shigeo Kobayashi and Hisaaki Fukushima , TEM-EDX Observations of the Microstructure of Electrodeposited Ni-Sn Alloys, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.47, No.6(2006) pp.1550-1554, 2006.06.
141. 中野博昭,福島久哲, 硫酸塩浴からの異常型合金電析の機構, 硫酸と工業, 第6号,pp.92-99,, 2006.06.
142. In-Joon Son, Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Hisaaki Fukushima and Zenji Horita, Pitting Corrosion Resistance of Ultrafine-Grained Aluminum Processed by Severe Plastic Deformation, MATERIALS TRANSACTIONS, vol.47, No.4 pp.1163-1169 , 2006.04.
143. H. Nakano, S. Oue, T. Miki, S. Kobayashi and H. Fukushima, Effect of Polyethylene Glycol on the morphology of Zn electrodeposited on steel sheet, ISIJ, Vol. 46, No. 1, pp.pp106-110, 2006.01.
144. 久保山宏,中野博昭,大上悟,福島久哲,増田正孝,橋本俊一, スパッタリング法により鋼板上に形成されたZn-Nb膜の構造と分極特性, 鉄と鋼, Vol.92, No.1, pp16-20, 2006.01.
145. 福島久哲,中野博昭, 電解採取と電気合金めっきにおける亜鉛の電析過程と鉄族金属の変則的挙動, 金属, 第75巻,第11号,pp.1125-1130, 2005.11.
146. H. Nakano, S. Oue and H. Fukushima and T. Ohgai, CLASSIFICATION OF IMPURITIES IN ZINC ELECTROLYSIS, Proc. of The 7th International Symposium on Materials Science and Engineering between Chonbuk
National University and Kyushu University
, pp.1-15, 2005.11.
147. H. Nakano, S. Oue and H. Fukushima and T. Ohgai, IMPURITY EFFECT IN ZINC ELECTROLYSIS: CLASSIFICATION OF IMPURITIES AND THEIR SYNERGISTIC EFFECT, Proceedings of Lead & Zinc 2005 International Symposium, pp.1061-1075, 2005.10.
148. 孫 仁俊, 中野博昭, 大上 悟, 小林繁夫, 福島久哲, 堀田善治, 強加工により結晶粒を微細化したアルミニウムの耐孔食性, 日本金属学会誌, 69巻, 10号, pp.892-898 , 2005.10.
149. In-Joon Son, Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi, Hisaaki Fukushima and Zenji Horita, Effect of Equal-Channel Angular Pressing on the Pitting Corrosion Resistance of Al Alloy, Proceedings of NanoSPD 3, 503-504, 487-492, pp.493-498, 2005.09.
150. 中野博昭,桑原裕樹,大上 悟,小林繁夫,福島久哲, 尹 正模, 定電流電解重合によるZn上へのポリ2-ビニルピリジン膜の形成, 日本金属学会誌, 69巻, 8号, pp.780-786, 2005.08.
151. 中野博昭,大上 悟,見汐大樹,西畑義則,福島久哲,津留 豊, 電析膜の密着性の定量的評価方法の検討—スルファミン酸浴からのNi電析膜の密着性—, 表面技術, 56巻, 7号(2005)pp. 421-426, 2005.07.
152. 中野博昭,松野昌幸,大上 悟,矢野正明,小林繁夫,福島久哲, 硫酸塩浴からの変則型Fe-Ni合金電析の機構, 日本金属学会誌, 69巻, 7号, pp.548-554 , 2005.07.
153. Hiroaki Nakano, Yuki Kuwahara, Satoshi Oue, Shigeo Kobayashi , Hisaaki Fukushima and J. M. Yoon, Formation of Poly(2-vinylpyridine) Films on Zn by Galvanostatic Electropolymerization, MATERIALS TRANSACTIONS, 10.2320/matertrans.46.281, 46, 2, 281-286, vol.46, No.2(2005) pp.281-286 , 2005.02.
154. 中野博昭,大上 悟,小林繁夫,福島久哲,久保田 昭,田代康典, スルファミン酸Ni浴からのNi電析膜の特性に及ぼす陽極酸化物の影響, 三島光産技報, 26号, pp.30-37 , 2005.01.
155. Hiroaki Nakano, Masayuki Matsuno, Satoshi Oue, Masaaki Yano, Shigeo Kobayashi and Hisaaki Fukushima, Mechanism of Anomalous Type Electrodeposition of Fe-Ni Alloys from Sulfate Solutions, MATERIALS TRANSACTIONS, 10.2320/matertrans.45.3130, 45, 11, 3130-3135, vol.45, No.11, pp.3130-3135 , 2004.11.
156. 中野博昭,大上 悟,小林繁夫,福島久哲,荒賀邦康,奥村和生,茂博雄, 第4級アンモニウム塩を含む水溶液からのめっき用Mg含有Znの電析, 鉄と鋼, 90巻, 10号, pp.801-806 , 2004.10.
157. 中野博昭,大上 悟,河野俊輔,矢野雅之,小林繁夫,津留壽昭,福島久哲, Fe-Ni合金の変則型電析機構の検討, 表面技術, 55巻, 6号, pp. 428-433, 2004.06.
158. Hiroaki Nakano, Satoshi Oue, Hisaakii Fukushima, TetsuyaAkiyama and Roland Kammel, Effects of Plating Factors on the Crystal Orientation and the Morphology of Zn Electrodeposited on the Steel Sheet, Proceedings of Kammel's HYDROMETALLURGY, pp.210-219, 2004.05.
159. Hiroaki Nakano, Hisaakii Fukushima, Tetsuya Akiyama and Roland Kammel, Effects of Plating Factors on the Morphology of Zn Electrodeposited on the Steel Sheet, Metall, 58, 7-8, 452-458, vol.58, No.5, pp.722-728 , 2004.05.
160. 中野博昭, 亜鉛電解採取と亜鉛電気めっき, 表面技術, 第55巻, 第2号, pp.133-134, 2004.02.
161. 中野博昭,大上 悟,野口智子,秋山徹也,福島久哲, 亜鉛電析の臨界電流密度に及ぼす不純物の相乗作用, 資源と素材, Vol.120 No.1 pp.-, 2004.01.
162. H. Nakano S. Oue H. Fukushima T. Ohgai and T. Akiyama, Effects of polymer additives on copper electrorefining, Proc. of Copper 2003-Cobre 2003 conference Chile December, Vol. No. pp.583-593, 2003.12.
163. 大上 悟,中野博昭,福島久哲,小林繁夫,秋山徹也, 電析Ni-Sn合金の微細構造, 日本金属学会会報まてりあ, Vol.42 No.12 pp.-, 2003.12.
164. 中野博昭,大上 悟,大貝 猛,泉 孝平,秋山徹也,福島久哲, 銅電解精製における高分子添加剤の影響, 資源と素材, Vol.119 No.11 pp.663-667, 2003.11.
165. 中野博昭,大上 悟,尾崎祐介,秋山徹也,福島久哲, 銅電解精製における高分子添加剤の経時劣化, 資源と素材, Vol.119 No.9 pp.569-572, 2003.09.
166. 中野博昭,大上悟,吉永文隆,秋山徹也,福島久哲, 直鎖状高分子を含む硫酸塩浴からのZn-Cr合金の電析挙動, 表面技術, Vol.54 No.8 pp.523-527, 2003.08.
167. 中野博昭,大上 悟,小林繁夫,秋山徹也,福島久哲,久保田 昭,井上 正, スルファミン酸Ni浴におけるスルファミン酸イオンの陽極酸化とNi電析に及ぼす影響, 表面技術, Vol.54 No.8 pp.533-538, 2003.08.
168. 中野博昭,小林繁夫,秋山徹也,津留壽昭,福島久哲, 非水溶媒浴を用いた亜鉛系合金の電析機構の検証, 鉄と鋼, Vol.89 No.1 pp.64-70, 2003.01.
169. 大上悟,中野博昭,小林繁夫,秋山徹也,福島久哲,奥村和生, 第4級アンモニウム塩を含む非懸濁溶液からのZn-Al2O3分散めっき, 表面技術, Vol.53 No.12 pp.920-925, 2002.12.
170. 李 相弼,中野博昭,大上悟,秋山徹也,福島久哲,尹 正模, Zn板上への2ビニルピリジン電解重合膜の形成に及ぼす電解因子の影響, 鉄と鋼, Vol.88 No.9 pp.513-519, 2002.09.
171. 中野博昭,福島久哲, 電気Znめっき鋼板のZn結晶形態制御, 鉄と鋼, 88巻, 5号, pp.236-242, 2002.05.
172. Hiroaki Nakano Kenji Nakahara Syunsuke Kawano Satoshi Oue Tetsuya Akiyama and Hisaaki Fukushima, Effect of electrolysis factors on crystal orientation and morphology of electrodeposited cobalt, Journal of Applied Electrochemistry, 10.1023/A:1014219106152, 32, 1, 43-48, Vol.32 No.1 pp.43-48, 2002.01.
173. H. Nakano T. Ohgai H. Fukushima T. Akiyama R. Kammel, Factors determining the critical current density for zinc deposition in sulfate solutions, METALL, 55, 11, 676-681, Vol.55 No. pp.676-681, 2001.11.
174. H. Nakano H. Fukushima and T. Akiyama, Morphology Control of Zn Electrodeposited on Steel Sheet from Sulfate Bath, Proc. of The 3rd International Symposium on Materials Science and Engineering between Chonbuk National University and Kyushu University, Vol. No. pp.1-10, 2001.10.
175. 河野俊輔,大貝 猛,加来久幸,中野博昭,津留壽昭,秋山徹也 福島久哲, 磁歪式力学センサ用Fe-Ni合金薄膜の電析挙動と磁気特性, 九州大学工学集報, Vol.74 No.5 pp.521-528, 2001.05.
176. 原 賢治,河野俊輔,中野博昭,大貝 猛,加来久幸,秋山徹也 福島久哲, 塩化物浴からのCo-P電析膜の磁気特性に及ぼすめっき因子の影響, 表面技術, Vol.52 No.5 pp.418-423, 2001.05.
177. 福島久哲,中野博昭, 硫酸塩浴からの亜鉛および亜鉛合金の電析機構, 表面科学, 22巻, 2号, pp.107-112, 2001.02.
178. Shunsuke Kawano Takeshi Ohgai Shigeo Kobayashi Hiroaki Nakano Toshiaki Tsuru Tetsuya Akiyama Hiaaki Fukushima and Kenji Hara, Anomalous Codeposition Behavior of Fe-Ni and Zn-Ni Alloys from Methanol Baths, Proceedings of The Second International Conference on Processing Materials for Properties, 769-772, Vol. No. pp.769-772, 2000.11.
179. 中野博昭,福島久哲, 電析Znの結晶形態制御, 表面技術, 52巻,1号, pp.108-109, 2001.01.
180. Kenji Hara Shinji Yamashita Hisayuki Kaku Michiaki Ikeda Shunsuke Kawano Takeshi Ohgai Tetsuya Akiyama Hiroaki Nakano and Hisaaki Fukushima, Magnetic Properties of Electrodeposited Ni-Fe Alloy Films, Proceedings of The Second International Conference on Processing Materials for Properties, Vol. No. pp.239-242, 2000.11.
181. 中野博昭,大上悟,岩井正敏,秋山徹也,福島久哲, 電気Znめっき鋼板の白色度,光沢度に及ぼす浴中への微量無機物添加の影響, 鉄と鋼, Vol.86 No.9 pp.584-590, 2000.09.
182. 矢野正明,福島久哲,中野博昭,秋山徹也, Zn-Ni合金電析挙動に及ぼすPbの影響, 鉄と鋼, Vol.86 No.3 pp.176-180, 2000.03.
183. 久保田昭,田代康則,山崎和彦,中野博昭,大上 悟,小林繁夫,秋山徹也,福島久哲, アンモニア性クエン酸塩浴からの鉄族金属-Wめっきの電析挙動とその皮膜特性, 鉄と鋼, Vol.86 No.2 pp.116-122, 2000.02.
184. 久保田昭,高田正人,中尾友則,中野博昭,大上 悟,秋山徹也,福島久哲,小野寺龍太, スルファミン酸浴からのNi電気めっき皮膜の低サイクル疲労特性に及ぼすS共析の影響, 鉄と鋼, Vol.86 No.1 pp.38-44, 2000.01.
185. 中野博昭,荒賀邦康,岩井正敏,三木賢二, 鋼板への電気Znめっき皮膜の結晶形態・配向性に及ぼす硫酸塩めっき浴中に含有される微量無機添加物の影響, 鉄と鋼, Vol.85 No.11 pp.806-813, 1999.11.
186. Kazuo OKUMURA Hiroaki NAKANO Hiroaki TSUBAKINO and Tadashige, Development of Thin Organic Coated Steel Sheets for One-Coat Finish Electropaint, Proceedings of The 3rd Pacific Coating Forum, Vol. No. pp.151-154, 1999.10.
187. 久保田昭,坪田康彦,中野博昭,大上 悟,小林繁夫,秋山徹也,福島久哲, スルファミン酸浴からの連鋳鋳型用Co-Niめっきの電析挙動とその摩耗特性, 鉄と鋼, Vol.85 No.10 pp.728-734, 1999.10.
188. 中野博昭,岩谷二朗,岩井正敏, ケイ酸系潤滑皮膜を塗布した自動車用合金化溶融亜鉛めっき鋼板の諸特性, 鉄と鋼, Vol.85 No.5 pp.399-404, 1999.05.
189. 中野博昭,奥村和生,椿野啓明,中元忠繁,三木賢二, 有機樹脂被覆鋼板の電着塗膜析出挙動に及ぼす樹脂被膜の影響, 鉄と鋼, Vol.85 No.4 pp.319-324, 1999.04.
190. 中野博昭,浦井正章,岩井正敏, Zn系合金めっき鋼板の耐チッピング性に及ぼす上層Fe-Znめっきの影響, 鉄と鋼, Vol.85 No.1 pp.39-44, 1999.01.
191. 中野博昭,秋山徹也 福島久哲, 鉄族金属共存下におけるZnのUnderpotential Deposition, 表面技術, Vol.49 No.11 pp.1209-1214, 1998.11.
192. Hiroshi IRIE Takayuki YAMAMOTO Hiroaki NAKANO and Masafumi SHIMIZU, Characteristics of Prephosphated Galvannealed Steel Sheet, Proceedings of The 4th International Conference on Zinc and Zinc Alloy Coated Steel Sheet (Galvatechユ98), Vol. No. pp.614-619, 1998.09.
193. Masatoshi IWAI Takashi SAITO Hiroaki NAKANO and Takayoshi TANAKA, Weathering Test Results of Pre-painted Galvanized Steel Sheets for a Five Year Period, Proceedings of The 4th International Conference on Zinc and Zinc Alloy Coated Steel Sheet (Galvatechユ98), Vol. No. pp.427-432, 1998.09.
194. 中野博昭,荒賀邦康,岩井正敏,川福純司, 電気Znめっき皮膜の結晶形態に及ぼすNiプレめっきおよび浴中有機添加物の影響, 鉄と鋼, Vol.84 No.5 pp.339-344, 1998.05.
195. 中野博昭,荒賀邦康,岩井正敏,川福純司, 電気Znめっき皮膜の結晶形態,配向性に及ぼす電解条件の影響, 鉄と鋼, Vol.83 No.12 pp.785-790, 1997.12.
196. H.KAWAGUCHI A.TANAKA S SUDO and H.NAKANO, STONE CHIPPING RESISTANCE OF COATED STEEL SHEETS, Proceedings of The 3rd International Conference on Zinc and Zinc Alloy Coated Steel Sheet (Galvatechユ95), Vol. No. pp.605-609, 1995.09.
197. 中野博昭,荒賀邦康,岩井正敏,川福純司, 電気亜鉛めっき皮膜の結晶形態に及ぼす鋼板面方位の影響, 鉄と鋼, Vol.83 No.10 pp.635-640, 1997.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」