九州大学 研究者情報
著書一覧
田中 敬二(たなか けいじ) データ更新日:2018.05.29

教授 /  工学研究院 応用化学部門 応用精密化学


著書
1. 田中敬二、中嶋 健, 物性II:高分子ナノ物性, 2017.05.
2. 川口 大輔, 田中 敬二, 表面・界面技術ハンドブック(第2編 第2章 第4節 第7項 異種固体界面における分子鎖ダイナミクス), 株式会社エヌ・ティー・エス, 2016.04.
3. 田中 敬二, 春藤 淳臣, 動的粘弾性チャートの解釈事例集 (第2章 第4節 光ピンセットに基づく局所領域の動的粘弾性測定), (株)技術情報教会, 2016.01.
4. 春藤 淳臣, 田中 敬二, 自己組織化マテリアルのフロンティア (第4章 第3節 超分子ヒドロゲルの物性とそのメゾスコピックな空間不均一性), フロンティア出版, 2015.12.
5. 織田 ゆか里, 平井 智康, 松野 寿生, 田中 敬二, 元素ブロック高分子-有機‐無機ハイブリッド材料の新概念- (第7章 第2節 元素ブロックによる高分子界面の階層的ダイナミクス制御), シーエムシー出版, 2015.12.
6. 織田 ゆか里, 田中 敬二, 水溶性高分子の最新動向 (第3章 第9節 界面構造制御に向けた高分子材料設計), シーエムシー出版, 2015.11.
7. 犬束 学, 田中 敬二, 産業応用を目指した無機・有機新材料創製のための構造解析技術 (第1章 第4節 中性子反射率による構造解析), シーエムシー出版, 2015.08.
8. Tomoyasu Hirai, Yukari Oda, PENALOZA DAVID JR PENULIAR, Daisuke Kawaguchi, Keiji Tanaka, Anionic Polymerization - Principles, Practice, Strength, Consequences and Applications (Control of Surface Structure and Dynamics of Polymers Based on Precision Synthesis), Springer, pp. 861-880, 2015.07.
9. 田中 敬二, 松野 寿生, ウェットプロセスによる精密薄膜コーティング技術(第5節 光学多重反射測定に基づく高分子薄膜の膨潤挙動評価), (株)技術情報教会, 2014.08.
10. 田中 敬二, 高分子の構造と物性(第7章 高分子の固体物性), 講談社, 2013.05.
11. 川口 大輔, 田中 敬二, 高分子ナノテクノロジーハンドブック ~最新ポリマーABC技術を中心として~(第4編 第2章 第2節 ナノ熱物性), 株式会社エヌ・ティー・エス, 2014.03.
12. 春藤 淳臣, 田中 敬二, ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発(第3章 第1節 温度制御型光ピンセットに基づく超分子ヒドロゲルの局所物性解析法), 技術情報教会, 2013.12.
13. Yoshihisa Fujii, Hiroshi Morita, Atsushi Takahara, Keiji Tanaka, Mobility Gradient of Polystyrene in Films Supported on Solid Substrates(Adv. Polym. Sci. 252:Glass Transition, Dynamics and Heterogeneity of Polymer Thin Films), Springer, 2013.01.
14. 田中敬二、長村利彦, 15章 異種固体におけるガラス転移温度,高分子表面・界面分析法の新展開、西岡利勝監修

, シーエムシー出版, pp. 203-214 , 2009.02.
15. 高原 淳、古賀智之、田中敬二、梶山千里, III編 高分子加工の基礎研究、2.走査フォース顕微鏡による高分子のナノ構造・物性解析”、Plastics Age Encyclopedia, プラスチックエージ, pp. 92-100
, 2006.10.
16. 田中敬二, ファイバー スーパーバイオミメティックス〜近未来創造テクノロジー〜(第5編 生体を越えるものづくり、第3章 ナノファイバー解析の必須技術、第1節 2 ナノ力学物性), NTS, pp. 972-974, 2006.10.
17. 田中敬二, 機能物質の集積膜と応用展開(20章 表面の高分子鎖ダイナミクス評価), シーエムシー出版, pp.187-195, 2006.06.
18. 田中敬二, 基礎高分子科学(第5章 高分子の物性、5-5 表面物性), 東京化学同人, pp. 271-276 , 2006.07.
19. 田中敬二, 分子の構造と物性測定ラボガイド(第3部-17 走査プローブ顕微鏡), 講談社サイエンティフィク, 2006.01.
20. 赤堀敬一、村瀬浩貴、田中敬二、高原 淳、梶山千里, Plastics Age Encyclopedia(評価技術の進歩-表面レオロジー), プラスチックエージ, pp.115-123, 2006.01.
21. 田中敬二、高原 淳, レオロジーデータハンドブック(1-1-4-a 表面・界面粘弾性), 丸善, pp.37-46, 2005.01.
22. 田中敬二、長村利彦, デンドリティック高分子(第3編 4章 表面), NTS, pp.459-476, 2005.01.
23. 田中敬二, 高分子辞典(第3版), 朝倉書店, pp.249,344,439,440,515-517,572,573, 2005.01.
24. K.Tanaka, A.Takahara, T.Kajiyama, Applications of Scanned Probe Microscopy to Polymers(Chap. 17: Evaluation of Surface Composition in Miscible Polymer Blends by Lateral Force Microscopy), Oxford University Press, pp.239-247, 2005.01.
25. 梶山千里、高原 淳、田中敬二, 表面・界面工学体系 上巻 基礎編(第1章 総論-表面・界面とは、第2節 表面とバルク), フジ・テクノシステム, pp.5-7, 2005.01.
26. 梶山千里、高原 淳、田中敬二, 表面・界面工学体系 上巻 基礎編(第1章 総論-表面・界面とは、第1節 表面と界面), フジ・テクノシステム, pp.1-4, 2005.01.
27. T.Kajiyama, K.Tanaka, A.Takahara, Contemporary Topics in Advanced Polymer Science and Technology(Surface Thermal Molecular Motion and Glass Transition Temperature of Polymeric Solids), Peking University Press, pp.27-42, 2004.01.
28. 泉 隆夫、成田量一、田中敬二、高原 淳、梶山千里, 精密高分子技術ハンドブック(3章6.高分子表面の接着性へ及ぼすプレアニリング処理の効果), シーエムシー出版, pp.187-196, 2004.01.
29. 赤堀敬一、村瀬浩貴、田中敬二、高原 淳、梶山千里, 精密高分子技術ハンドブック(3章5.高分子固体表面における熱・力学物性の評価とその制御), シーエムシー出版, pp.177-186, 2004.01.
30. 疋田真也、中村哲也、田中敬二、高原 淳、梶山千里, 精密高分子技術ハンドブック(3章4.表面ナノ凝集構造制御による撥水・撥油表面の構築), シーエムシー出版, pp.168-176, 2004.01.
31. 田中敬二、川口大輔、高原 淳、梶山千里, 精密高分子技術ハンドブック(3章3.高分子混合物における化学組成制御), シーエムシー出版, pp.155-167, 2004.01.
32. 田中敬二、梶山千里, ナノファイバーテクノロジーを用いた高度産業発掘戦略(第8章 ナノ計測、4.ナノ力学物性), シーエムシー出版, pp.200-211, 2004.01.
33. 高原 淳、田中敬二、梶山千里, 表面解析・改質の化学(第1部、5.走査フォース顕微鏡), 日刊工業新聞社, pp.43-50, 2004.01.
34. K.Tanaka, H.Yu, Biocatalysis in Polymer Science(Chap. 4: Polymer-Modulated, Diffusion-Controlled Enzyme Kinetics on Monolayers), Oxford University Press, pp.57-64, 2002.01.
35. A. Takahara, X. Jiang, N. Satomi, K. Tanaka, T. Kajiyama, Interfacial Aspects of Multicomponent Polymer Materials (Interfacial Characteristics of Amorphous Polystyrene and Binary Polymer Blend Thin Films Based on Scanning Force Microscopy), Plenum Press, 1997.01.
36. T. Kajiyama, K. Tanaka, S.-R. Ge, A. Takahara, Surface Science of Crystalline Polymers(Scanning Force Microscopic Study of Surface Morphology and Surface Mechanical Properties of Polymeric Solids), Kodansha Scientific Ltd., 1996.01.
37. W.-K.Lee, J.-S.Yoon, K.Tanaka, S.-R.Ge, S.-C.Ha, A.Takahara, T.Kajiyama, High Polymers and Textiles:Science & Engineering(Influence of Surface Thermal Molecular Motion on Frictional Force of Amorphous Polymer Blends on the Basis of Frictional Force Microscopic Measurement, Union Media Press, pp.299-303, 1995.01.
38. K.Tanaka, A.Takahara, T.Kajiyama, High Polymers and Textiles:Science & Engineering(Surface Dynamic Viscoelasticity of Polymeric Films on the Basis of Scanning Viscoelasticity Microscopy), Union Media Press, pp.379-382, 1995.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」