九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
島岡 隆行(しまおか たかゆき) データ更新日:2019.06.24

教授 /  工学研究院 環境社会部門 水・資源循環システム学


従事しているプロジェクト研究
東アジア環境研究機構
2007.04~2015.03, 代表者:有川節夫, 九州大学, 九州大学(日本)
九州大学内の環境研究に取り組む優れた研究者を全学より集め、テーマごとに複数のチームを結成して、中国や韓国等東アジアの主要大学・研究機関、および日本の企業等と環境問題に関する共同研究などの国際の産学官連携を進めるプロジェクトである。.
循環型社会形成推進のための循環資源リサーチコア
2002.04~2012.03, 代表者:島岡隆行, 国立大学法人九州大学, 国立大学法人九州大学
 本リサーチコアは、循環型社会形成を促進させるための技術,情報,施設,及びその社会的枠組みを提供,整備するとともに,「循環資源」のリサイクルに関する新たな研究拠点の構築を目標とするものである。そのため、技術開発部門、技術評価部門、社会連携・技術普及部門の3部門の連携により、異なる専門分野であっても強力なパートナーシップを有し,かつそれぞれが同時進行で研究を進めることができる研究組織を構築し、研究成果の実用化をスムーズに進めるシステム整備を充実させることを目指している。.
焼却残渣の脱塩促進と資源化のための環境持続型技術の開発
2005.07~2007.03, 代表者:島岡隆行, 国立大学法人九州大学, 財)福岡県環境保全公社リサイクル総合研究センター,国立大学法人九州大学,福岡県保健環境研究所,(株)麻生,電源開発(株),栗田工業(株),共栄環境開発(株)
 焼却残渣のセメント原料としての利用を目的とし、焼却残渣に通常1〜15%程度含まれる塩素を安価で効率的に除去する方法を検討した結果、焼却残渣に微生物を有する廃棄物由来のコンポスト(脱塩促進剤)を混合後、熟成させ、自然降雨等により洗浄させることによって、難溶性塩素を溶解させることに成功し、焼却残渣中の塩素含有量が0.02%程度まで低減可能であることが室内試験により立証された。
本研究開発は、この技術シーズをフィールド試験によって実証し、焼却残渣の資源循環基地R/L(新しい概念を有する循環資源化施設:Recyclable Landfill)を中心とした焼却残渣のリサイクルシステムを構築することを目的とする。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Shuo Yang, Amirhomayoun Saffarzadeh, Takayuki Shimaoka, The existence of Cl in municipal solid waste incineration bottom ash and the dechlorination effect, Journal of Hazardous Materials, Volume 267, pp.214-220, 2014.02.
2. Xiong SHI, Takayuki Shimaoka, Teppei Komiya, Jinhui LI, Proper Design of Leachate Collection Pipe in Semi-aerobic Landfill by Two Dimensional Simulation, Advanced Materials Research Vol. 878 (2014), pp.308-314
, 2014.01.
3. Chuanfu Wu, Takayuki Shimaoka, Hirofumi Nakayama, Teppei Komiya, Xiaoli Chai, Yongxia Hao, Influence of aeration modes on leachate characteristic of landfills that adopt the aerobic–anaerobic landfill method, Waste Management, Volume 34, Issue 1, pp.101-111, 2014.01.
4. Mitali NAG, Takayuki Shimaoka, Teppei Komiya, Influence of Intermittent Aeration on GHGs Abatement and Leachate Quality in Aerobic-Anaerobic Landfill Method, Proceedings of International Symposium on Earth Science and Technology 2013, pp.228-233, 2013.12.
5. Hiroki Kitamura, Takaya Sawada, Fumitake Takahashi, Takayuki Shimaoka, Morphological Surface Conversions of Municipal Solid Waste Incineration Fly Ash after Moistening, Proceedings of the 4th China-Japan Joint Conference for the Community Formation on Material Recycling and Solid Waste Management, pp.80-82, 2013.11.
6. Takayuki Shimaoka, Amirhomayoun Saffarzadeh, Formation of Secondary Fe-Rich Products in Landfilled MSWI Bottom Ash as a Result of Natural Weathering, Proceedings of the 4th China-Japan Joint Conference for the Community Formation on Material Recycling and Solid Waste Management, pp.72-75
, 2013.11.
7. Hirofumi Nakayama, Asiyanthi T. Lando, Takayuki Shimaoka, Estimation of Methane Emissions in a Landfill by Using Surface Scanning Method, Proceedings of the 4th China-Japan Joint Conference for the Community Formation on Material Recycling and Solid Waste Management, pp.44-47, 2013.11.
8. Tetsuya Miyahara, Hirofumi Nakayama, Takayuki Shimaoka, Hroaki Takayama, Shuichi Yamashita, Yuichi Ueda, Tomoakai Hachimura, Shuichi Nagaoka, Low-Altitude Remote sensing for Monitoring of Surface Temperature and Moisture Content in a Landfill Site, Proceedings of the 7th International Symposium on the East Asian Environmental Problems, pp.168-174, 2013.11.
9. Asiyanthi Tabran Lando, Hirofumi Nakayama, Takayuki Shimaoka, Estimation of Spatial Variation of Methane Emission in a Landfill, Proceedings of the 7th International Symposium on the East Asian Environmental Problems, pp.116-120, 2013.11.
10. 中島 貴弘, 斉藤 栄一, 弘末 文紀, 坂本 守, 島岡 隆行, 除染可燃物焼却に伴う高濃度汚染焼却残渣の減容固化技術, 日本原子力学会秋の大会予稿集2013
, (CD-ROM), 2013.08.
11. Hirofumi Nakayama, Takayuki Shimaoka, Kiyoshi Omine, Maryono, Plubcharoensuk Patsaraporn, Orawan Siriratpiriya, Solid Waste Management in Bangkok at 2011 Thailand Floods, Journal of Disaster Research, Vol.8, No.3, pp.1-9, 2013.05.
12. Haixia Zhang, Takayuki Shimaoka, Formation of Humic Substances in weathered MSWI Bottom Ash, The Scientific World Journal, pp.1-5
, 2013.04.
13. Kandula P.K. Jayakody, Takayuki Shimaoka, Teppei Komiya, Modelling of Biodegradation Induced MSW Landfill Settlement, Proceedings of Conference on Sri Lanka - Japan Collaborative Research 2013, p.44
, 2013.03.
14. Takayuki Shimaoka, Chuanfu Wu, Kandula P.K.Jayakody, Hirofumi Nakayama, Influence of Aeration Modes on the Biodegradation of Solid Waste in a Landfill Adopting the Aerobic-Anaerobic Method, Proceedings of Conference on Sri Lanka - Japan Collaborative Research 2013, p.51, 2013.03.
15. Asiyanthi Tabran Lando, Hirofumi Nakayama, Takayuki Shimaoka, Monitoring of Methane Concentration in Indonesia Landfill Sites, Proceedings of the 1st IWWG-ARB Symposium, 2013.03.
16. Chuanfu Wu, Takayuki Shimaoka, Hirofumi Nakayama, Teppei Komiya, Xiaoli Chai, Yongxia Hao, Influence of Aeration Modes on the Characteristic of Leachate from Landfill Adopting Aerobic-Anaerobic Landfill Method, Proceedings of the 1st IWWG-ARB Symposium, 2013.03.
17. Maryono Maryono, Takayuki Shimaoka, Hirofumi Nakayama, Evaluation of Disaster Resilience on Waste Management in Developing Countries, Proceedings of the 12th Expert Meeting on Solid Waste Management in Asia and Pacific Island (SWAPI), 2013.03.
18. Irwan Ridwan Rahim, Takayuki Shimaoka, Hirofumi Nakayama, Development of life cycle replacement cost methods to estimate the environmental cost of Municipal Solid Waste management in developing countries, Proceedings of the 12th Expert Meeting on Solid Waste Management in Asia and Pacific Island (SWAPI), 2013.03.
19. Fumitake Takahashi, Takayuki Shimaoka, The Weathering Of Municipal Solid Waste Incineration Bottom Ash Evaluated By Some Weathering Indices For Natural Rock, Waste management, Volume 32, pp.2294-2305, 2012.12.
20. 島岡 隆行, 中山 裕文, 勝見 武, 上田 滋夫, 平井 貴雄, 弘中 淳市, 遮水シートの現地調査と耐久性評価方法, ジオシンセティックス論文集, pp.55-60, 2012.11.
21. 島岡 隆行, 埋立地における都市ごみ消却灰の風化に伴う二次生成物と重金属の挙動, 廃棄物資源循環学会誌, Vol.23, No.5,pp.401-407, 2012.11.
22. Hirofumi Nakayama, Hirofumi Nakayama, Teppei Komiya, Xiaoli Chai, MODELING OF LANDFILL GAS EMISSION THROUGH VEGETATION, Proceedings of the 6th International Symposium on the East Asian, pp.38-48, 2012.11.
23. Kandula.P.K.Jayakody, Takayuki Shimaoka, Teppei Komiya, Municipal solid waste landfill settlement model considering microbial kinetics in biodegradation, 土木学会論文集G, Vol.68, No.7, pp.Ⅲ-121-129, 2012.11.
24. Irwan Ridwan RAHIM, Hirofumi Nakayama, Takayuki Shimaoka, Cost Analysis of Municipal Solid Waste Management in Major Indonesian Cities, Journal of Japan Society of Civil Engineering, Ser.G(Environmental Research, Vol. 68,No.6II-79-89, 2012.10.
25. Irwan Ridwan RAHIM, Hirofumi Nakayama, Takayuki Shimaoka, Economic Incentives in an Effort to Reduce Greenhouse Gas Emissions from Municipal Solid Waste Sector: Case Study in Major Indonesian Cities, Proceedings of The 7th Asian Pacific Landfill Symposium 2012, OMS 5-51-57, 2012.10.
26. 高橋麻由, 中山 裕文, 小宮 哲平, 島岡 隆行, 廃棄物埋立地における埋立ガス放出量に及ぼす植物の影響に関する研究, 土木学会論文集G, Vol.68, No.6, pp.II-139-146, 2012.10.
27. Takayuki Shimaoka, Atmospheric mercury emissions from waste combustions measured by continuous monitoring devices, Journal of the Air & Waste Management Association, Vol.62(5), pp.1-10, 2012.04.
28. Hirofumi Nakayama, Daisuke Tsuchida, Takayuki Shimaoka, Estimation of cost reduction and increase for the final disposal associated with the categorization of inert waste landfills in Japan, Waste Management & Research, Vol.30(2), pp.190-199, 2012.02.
29. Takayuki Shimaoka, 熱画像検査による遮水シート接合部合否判定のための伝熱シミュレーション, Geosynthetics Engineering Journal, Vol26, pp.145-150, 2011.12.
30. Takayuki Shimaoka, Water Retention Dynamics in Simulated Landfill Under Settlement, 土木学会論文集G(環境), Vol.67, No.7, pp.Ⅲ_783-Ⅲ_787, 2011.11.
31. 島岡 隆行, pH依存性試験に供した一般廃棄物焼却飛灰の鉛の化学形態変化と溶出性, 土木学会論文集G(環境)
, Vol.67, No.7, pp.Ⅲ_517-Ⅲ_523, 2011.11.
32. Takayuki Shimaoka, Title Cost Analysis of Municipal Solid Waste in Several Indonesian's Major Cities, The 10th International Symposium on the East Asian Environmental Problems, pp.47-53, 2011.11.
33. T. Hirai, T. Shimaoka, K. Sato, K. Miyawaki, M. Hanashima, N. Yasufuku, Long term characteristics of landfilled solid waste composed of bottom ash and incombustible solid waste, Sardinia 00, 8th International Landfill Symposium, The Sustanaible Landfill Vol.Ⅰ, 445-452, 2001.10.
34. C.N.Musselman, T. Shimaoka, R. Yanase, M. A. Sills, Assesing the behavior and fate of mercury in a municipal waste combustor ash landfill, Sardinia 00, 8th International Landfill Symposium, The Sustanaible Landfill Vol.Ⅰ, 627-636, 2001.10.
35. 松村耕平,吉田信夫,島岡隆行,宮脇健太郎,花嶋正孝, 一般廃棄物焼却灰の力学特性に及ぼす地盤環境の影響, 第4回環境地盤工学シンポジウム発表論文集, 55-58, 2001.05.
36. 佐藤研一,島岡隆行,吉田信夫,井上秀治,大上年彦, 気泡混合処理した廃棄物熱処理残渣の力学特性, 第4回環境地盤工学シンポジウム発表論文集, 59-62, 2001.05.
37. 島岡隆行,花嶋正孝,平尾孝典,矢代武基,福田貞夫, 物理選別処理した都市ごみ焼却灰の下層路盤材への有効利用, 第4回環境地盤工学シンポジウム発表論文集, 79-82, 2001.05.
38. T. Shimaoka, Y. Matsufuji, M. Hanashima, Characteristic and Mechanism of semi-aerobic Landfill on Stabilization on Stabilization of Solid Waste, Intercontinental Landfill Research Symposium, 2000.12.
39. T. Shimaoka, Y. Matsufuji, M. Hanashima, Mechnism of Self - Stabilization of Semi - Aerobic Landfill, Proceeding of 5th Annual Landfill Symposium, 171-184, 2000.06.
40. K. Miyawaki, T. Shimaoka, M. Hanashima, T. Shinohara, M. NIshigaki, The Mechanism of Lead (Pb) Leachaing from Incinerator Fly Ash in Monodisposal Landfill, Pegamon, Waste Management Series, Vol.1, Waste Materials in Construction, Science and Engineering of Recycling for Environmental Protection, 588-594, 2000.05.
41. T. Shimaoka, K. Miyawaki, M. Hanashima, T. Yoshida, T. Uchida, Heavy Metal Elution Characteristics from Municipal Solid Waste Scrubber Residue by a Certrifugation Method, Pegamon, Waste Management Series, Vol.1, Waste Materials in Construction, Science and Engineering of Recycling for Environmental Protection, 595-603, 2000.05.
42. L.Andreas, H.Ecke, T.Shimaoka, A.Lagerkvist, Chacterizing Landfill Phases at Full-Scale with the Aid of Test Cells, Sardinia 99,7th International Landfill Symposiumc, Landfill Processes and Waste Pre-Treatment, Vol.1, 145-152, 1999.10.
43. T.Shimaoka, K.Miyawaki, M.Hanashima, T.Yoshida, I.Ito, T.Uchida, Insolubility of Pb in Fly Ash Using the Exhaust Gas from Incineration Plant, Sardinia 99,7th International Landfill Symposium, Landfill Processes and Waste Pre-Treatment, Vol.1, 565-572, 1999.10.
44. M.Hanashima, T.Shimaoka, T.Kobayashi, K.Ushikoshi, H.Suzuki, K.Katsura, A.Toji,D.Kojima, Treatment of High Salinity Leachate by Reverse Osmosis and Development of Concentrate Treatment, Sardinia 99,7th International Landfill Symposium, Leachate, Gas, Operation and Health Effects in Landfills, Vol. 2, 367-374, 1999.10.
45. 島岡隆行,竹崎聡,大山武志,花嶋正孝,平井貴雄,水田邦憲, 埋立廃棄物のごみ圧に関する基礎的研究, 廃棄物学会論文誌,Vol.10,No.3, 123-132, 1999.05.
46. 宮脇健太郎,島岡隆行,花嶋正孝, 埋立廃棄物の安定化に及ぼす即日覆土材の影響, 環境工学研究論文集,Vol.35, 1 ‐10, 1998.11.
47. 長谷川雅宏,添田政司,大和竹史,島岡隆行,江本幸雄, 焼却飛灰のポーラスコンクリートへの有効利用に関する実験的研究, コンクリートと資源の有効利用,土木学会,コンクリート技術シリーズ29, Ⅱ-43-Ⅱ-48, 1998.11.
48. 島岡隆行,於久弘治,宮脇健太郎,花嶋正孝,堀好弘,松本克美,古川清治,内田敏仁, 廃棄物埋立地における薬剤処理飛灰の有害重金属安定性に関する研究, 廃棄物学会論文誌,Vol.9,No.6, 264-273, 1998.10.
49. T.Shimaoka,K.Miyawaki,M.Hanashima,T.Yoshida,I.Ito,T.Uchida, Insolubility of Hazardous Heavy Metals in Wet Fly Ashes of Municipal Solid Waste, SWANA's Wastecon 1998, 419-431, 1998.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 島岡隆行, 循環型社会に求められる循環資源化の開発, 岡山大学21COEプログラム「循環型社会への戦略的廃棄物マネジメント」環境立国戦略における循環型社会の構築シンポジウム, 2007.11.
特許出願・取得
特許出願件数  13件
特許登録件数  13件
学会活動
所属学会名
環境放射能除染学会
日本リモ−トセンシング学会 正会員
廃棄物資源循環学会 正会員
(社)日本土壌肥料学会 正会員
Solid Waste Association of North America(SWANA)
日本環境工学教授協会
エネルギ−資源学会 正会員
日本粘土学会 正会員
エントロピー学会 会員
The International Society for the Environmental and Technical Implications of Construction with Alternative Materials (ISCOWA)
(社)日本土木学会 正会員
エントロピー学会 会員
(社)全国都市清掃会議 特別会員
(社)日本土壌肥料学会 正会員
(社)日本水環境学会 正会員
廃棄物学会 正会員
国際ジオシンセティックス学会
The International Solid Waste Association(ISWA)
(社)地盤工学会 正会員
Solid Waste Association of North America(SWANA)
日本粘土学会 正会員
エネルギ−資源学会 正会員
日本リモ−トセンシング学会 正会員
国際地盤工学会 正会員
環境科学会 正会員
日本環境工学教授協会
日本腐植物質学会 正会員
学協会役員等への就任
2018.06~2020.05, NPO法人廃棄物地盤工学研究会, 理事長.
2017.03~2020.03, 環境・遮水リモートセンシング研究会, 会長.
2017.04~2018.03, 国際ジオシンセティクス学会日本支部, ジオメンブレン技術委員会 委員長.
2017.07~2020.06, (一財)九州環境管理協会, 理事.
2017.07~2018.06, (公社)土木学会, 総務部門環境賞選考委員会委員長役.
2016.09~2017.03, (一社)廃棄物資源循環学会, バイオマス資源循環システム検討タスクチーム委員.
2016.06~2019.06, (公社)地盤工学会, TC221国内専門委員会 委員.
2017.02~2017.03, (公社)地盤工学会九州支部, 平成28年度地盤工学会九州支部 学生賞審査員.
2016.04~2017.03, 国際ジオシンセティクス学会日本支部, ジオメンブレン技術委員会 委員長.
2016.04~2017.03, 環境・遮水リモートセンシング研究会, 会長.
2016.10~2018.09, NPO法人エコ・テクル , 理事.
2018.04~2020.03, NPO法人環境創造研究機構, 九州環境技術創造道場 運営委員.
2016.04~2017.03, NPO法人環境創造研究機構, 理事.
2015.10~2017.03, (一財)九州環境管理協会, 経営委員.
2016.04~2017.06, (一財)九州環境管理協会.
2016.08~2018.03, NPO法人 廃棄物地盤工学研究会, 理事長.
2016.06~2017.06, (公社)地盤工学会, ISO国内委員会 TC221国内専門委員会委員.
2018.06~2021.06, (一社)廃棄物資源循環学会, 理事.
2016.08~2018.08, (公社)土木学会西部支部, 平成29年度全国大会実行委員会 相談役.
2016.07~2017.08, (公社)土木学会西部支部, 土木学会西部支部表彰候補者選考委員会 委員長.
2016.06~2018.06, (公社)土木学会, 技術推進機構運営会議担当理事.
2016.06~2018.06, (公社)土木学会, 技術評価制度検討委員会委員.
2016.06~2018.06, (公社)土木学会, 表彰委員会委員.
2016.06~2016.06, (公社)土木学会, 環境賞選考委員会副委員長.
2016.06~2018.06, (公社)土木学会, 土木学会フェロー審査委員会委員.
2016.06~2018.06, (公社)土木学会, 副会長.
2016.06~2018.05, (公社)土木学会西部支部, 商議員.
2015.04~2016.03, 国際ジオシンセティクス学会日本支部, ジオメンブレン技術委員会 委員長.
2016.04~2018.03, (一社)日本経営協会, ビジネスショウ&エコフェア実行委員会 副委員長.
2013.04~2015.03, (一社)廃棄物資源循環学会九州支部, 理事.
2014.04~2016.03, (一社)廃棄物資源循環学会九州支部, 支部長.
2014.04~2016.03, (一社)廃棄物資源循環学会, 理事.
2014.05~2016.05, (一社)廃棄物資源循環学会, 副会長.
2014.04~2016.03, NPO法人廃棄物地盤工学研究会, 理事.
2013.04~2015.03, (公社)土木学会 環境工学委員会, 委員兼幹事.
2012.04~2014.03, NPO廃棄物地盤工学研究会, 理事.
2014.10~2016.09, NPO法人エコ・テクル, 理事.
2012.10~2014.09, NPO法人エコ・テクル, 理事.
2013.06~2015.06, (一財)九州環境管理協会, 理事.
2011.06~2013.05, (一財)九州環境管理協会, 理事.
2012.04~2014.03, NPO法人環境創造研究機構(ECO), 理事.
2013.01~2013.03, (公社)地盤工学会, 平成24年度地盤工学会九州支部 学生賞審査員.
2013.01~2013.03, (公社)地盤工学会, 平成24年度地盤工学会九州支部 学生賞審査員.
2012.06~2013.06, (公社)土木学会, 環境賞選考委員会委員.
2012.04~2013.03, (公社)地盤工学会, アカデミックロードマップと発展史・人物史 第8小委員会(地盤環境)委員.
2012.05~2014.05, (一社)廃棄物資源循環学会, 理事.
2012.06~2014.05, (公社)土木学会, 調査研究部門環境工学委員会 環境中間技術検討小委員会委員.
2011.06~2012.05, 日本材料学会, 日本材料学会技術評価委員会 委員長.
2010.04~2012.03, (一社)廃棄物資源循環学会 九州支部, 副支部長.
2010.04~2012.03, (一社)廃棄物資源循環学会 九州支部, 理事.
2010.04~2012.03, (一社)廃棄物資源循環学会, 理事.
2010.01~2011.03, (社)地盤工学会 九州支部, 学生賞審査員.
2009.06~2010.03, (社)地盤工学会, TC221国内専門委員会 WG4主査.
2009.05~2011.05, (社)土木学会西部支部, 商議委員.
2009.09~2011.05, (社)土木学会, 役員候補者選考委員会委員.
2008.06~2010.03, (一社)廃棄物資源循環学会 九州支部, 理事.
2008.05~2010.05, (一社)廃棄物資源循環学会, 理事.
2007.04~2008.03, (社)地盤工学会九州支部.
2006.06~2007.03, (社)地盤工学会九州支部.
2005.05~2007.05, (社)土木学会西部支部, 幹事.
2004.07~2006.03, 廃棄物学会.
2004.04~2006.03, 日本環境工学教授協会.
2004.04~2006.03, 日本環境工学教授協会, 幹事.
2004.04~2005.03, IGS日本支部.
2003.08~2004.03, (社)地盤工学会.
2003.08~2004.04, 日本技術者教育認定機構.
2002.07~2004.05, 廃棄物学会.
2002.08~2004.03, (社)地盤工学会.
2003.03~2003.11, (社)土木学会.
2002.06~2003.05, (社)土木学会.
2001.09~2003.05, (社)土木学会西部支部.
2002.11~2003.05, 日本技術者教育認定機構.
2002.10~2003.03, (社)土木学会.
2001.09~2003.09, (社)土木学会.
2001.09~2003.09, (社)土木学会.
2000.06~2003.03, (社)地盤工学会.
2001.12~2002.03, 福岡大学資源循環環境制御システム研究.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.08~2018.08.01, The 9th China-Japan Joint Conference for on Material Recycling and Solid Waste Managemant, 座長.
2018.10~2018.10, ISWA 2018, 座長.
2019.01~2019.01.01, 第40回全国都市清掃研究・事例発表会, 座長.
2018.02.03~2018.02.03, 循環型社会システム工学研究センター平成29年度公開講座「災害大国日本の資源循環と環境問題, 担当.
2018.01.17~2018.01.17, 平成29年度中小廃棄物処理施設における廃棄物エネルギー回収方策等に係る検討調査委託業務の説明会, 座長.
2017.07.19~2017.07.21, 第6回環境放射能除染研究発表会, 座長.
2016.12.10~2016.12.10, 平成28年度NPO法人廃棄物地盤工学研究会特別セミナー, パネルディスカッションコーディネーター.
2016.12.06~2016.12.06, 土木学会 第53回環境工学研究フォーラム, 座長(Chairmanship).
2016.06.11~2016.06.11, 平成28年度NPO法人廃棄物地盤工学研究会セミナー「熊本地震による被災状況と災害廃棄物の発生・処理状況に関する報告会」, パネルディスカッションコーディネーター.
2015.12.16~2016.03.31, (一社)廃棄物資源循環学会バイオマス資源循環システム検討タスクチーム, 座長(Chairmanship).
2015.09.16~2015.09.18, 土木学会平成27年度全国大会 第70回年年次講演会, 座長(Chairmanship).
2015.06.10~2015.06.12, The ninth International Conference on the Environmental and Technical Implications of Construction with Alternative Materials “WASCON 2015”, 座長(Chairmanship).
2014.09.14~2014.09.17, 第25回廃棄物資源循環学会研究発表会, 座長(Chairmanship).
2014.08~2015.06, 第21回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会 実行委員長, 実行委員長.
2014.07.14~2014.07.16, The 5th China-Japan Joint Conference for the Community Formation on Material Recycling and Solid Waste Management, 座長(Chairmanship).
2014.04.28~2014.04.30, Eurasia Waste Management Symposium 2014, 座長(Chairmanship).
2013.11.02~2013.11.04, 第24回廃棄物資源循環学会研究発表会, 座長(Chairmanship).
2013.03.30~2013.04.01, The Conference on Sri Lanka - Japan Collaborative Research 2013, 座長(Chairmanship).
2013.03.29~2013.04.01, The Conference on Sri Lanka - Japan Collaborative Research 2013, 座長(Chairmanship).
2012.01.30~2012.01.30, アジア環境交流フォーラム, 司会(Moderator).
2010.11.04~2010.11.06, 第21回廃棄物資源循環学会研究発表会, 座長(Chairmanship).
2009.09.17~2009.09.19, 第20回廃棄物資源循環学会研究発表会, 座長(Chairmanship).
2009.09.02~2009.09.04, 平成21年度土木学会全国大会年次学術講演会, 座長(Chairmanship).
2008.10.21~2008.10.24, The 5th ASIAN Symposium on Programming Languages and Systems, 座長(Chairmanship).
2008.10.01~2008.10.03, Second International Conference on Accelerated Carbonation for Environmental and Materials Enginnering, 座長(Chairmanship).
2008.09.10~2008.09.12, 平成20年度土木学会全国大会年次学術講演会, 座長(Chairmanship).
2008.01~2008.01, 第29回全国都市清掃研究・事例発表会, 座長(Chairmanship).
2007.11~2007.11, 第18回廃棄物学会研究発表会, 座長(Chairmanship).
2007.09~2007.09, 平成19年度土木学会全国大会年次学術講演会, 座長(Chairmanship).
2007.02~2007.02, 第28回全国都市清掃研究・事例発表会, 座長(Chairmanship).
2006.10~2006.10, 第34回環境システム研究論文発表会, 座長(Chairmanship).
2006.06~2006.06, First International Conference on Accelerated Carbonation for Environmental and Materials Enginnering, 座長(Chairmanship).
2005.10~2005.10, 1st International Conference on Pollution Control and Resource Reuse for a better Tomorrow and Sustainable Economy, 座長(Chairmanship).
2005.10~2005.10, 第16回廃棄物学会研究発表会, 座長(Chairmanship).
2005.01~2005.01, 第26回全国都市清掃研究・事例発表会, 座長(Chairmanship).
2004.10~2004.10, 第32回環境システム研究論文発表会, 座長(Chairmanship).
2004.02~2004.02, 第25回全国都市清掃研究・事例発表会, 座長(Chairmanship).
2003.10~2003.10, 第14回廃棄物学会研究発表会, 座長(Chairmanship).
2003.10~2003.10, 第31回環境システム研究論文発表会, 座長(Chairmanship).
2003.09~2003.09, 平成15年度土木学会全国大会, 座長(Chairmanship).
2016.12.06~2016.12.06, 第53回環境工学研究フォーラム, 座長.
2015.06.10~2015.06.12, The ninth International Conference on the Environmental and Technical Implications of Construction with Alternative Materials “WASCON 2015” , 座長.
2015.09.16~2015.09.16, 土木学会平成27年度全国大会 第70回年年次講演会, 座長.
2015.09.02~2015.09.04, 第26回廃棄物資源循環学会研究発表会, 実行委員会 委員長.
2014.12.09~2014.12.10, The 8h International Symposium on the East Asian Environmental Problem (EAEP2014), 主催.
2014.07.14~2014.07.16, The 5th China-Japan Joint Conference for the Community Formation on Material Recycling and Solid Waste Management, ,主催.
2013.11.02~2013.11.05, 第24回廃棄物資源循環学会研究発表会, 座長.
2013.03.29~2013.04.01, The Conference on Sri Lanka - Japan Collaborative Research 2013, 諮問委員会委員.
2013.03.29~2013.04.01, The Conference on Sri Lanka - Japan Collaborative Research 2013, 座長.
2012.01.30~2013.01.30, アジア環境交流フォーラム,  パネルディスカッション司会.
2009.09.02~2009.09.04, 平成21年度土木学会全国大会, 実行委員会委員.
2008.10.01~2008.10.03, 2nd International Conference on Accelerated Carbonation for Environmental and Materials Engineering, Scientific Organization Committee.
2008.10~2008.10, アジア・太平洋埋立国際会議札幌準備委員会2008, 運営委員会.
2008.08.26~2008.08.28, Sino-Japan International Syimposium on the East Asian Environmental Problems, Advisory Board.
2001.10~2001.10, 平成13年度土木学会全国大会, 実行委員会.
2004.10~2004.10, アジア・太平洋埋立国際会議北九州2004, 運営委員会.
2005.10~2005.10, 1st International Conference on Pollution Control and Resource Reuse for a better Tomorrow and Sustainable Economy, International Advisory Committee.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2013.04~2015.03, 土木学会論文集, 国内, 調査研究部門環境工学委員会 論文集小委員会 委員.
2008.07~2009.05, (社)土木学会, 国内, 環境賞選考委員会委員.
2008.12~2010.05, (社)土木学会, 国内, 編集委員.
2006.07~2008.05, 廃棄物学会, 国内, 編集委員.
2004.07~2006.03, 廃棄物学会, 国内, 編集委員.
2004.04~2004.03, (社)地盤工学会九州支部, 国内, 学生賞(優良学生賞)審査員.
2002.09~2003.05, (社)土木学会, 国内, 論文賞選考委員会 主査.
2001.08~2003.05, (社)土木学会, 国内, 論文賞選考委員会 委員.
2001.09~2003.05, (社)土木学会西部支部, 国内, 西部支部表彰候補者選考委員会.
2001.09~2003.09, (社)土木学会, 国内, 表彰委員会環境賞予備審査委員会.
2001.09~2003.09, (社)土木学会, 国内, 環境賞選考委員会 委員.
1996.05~2007.03, 廃棄物学会, 国内, 編集委員.
2001.04~2002.03, (社)土木学会, 国内, 環境システム委員会論文審査小委員会 委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度
2017年度    
2008年度      
2007年度 18  27 
2006年度 16 
2005年度 11 
2004年度 16 
2003年度 14  22 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
GEE2019, Sweden, 2019.05~2019.06.
ISWA 2018, Malaysia, 2018.10~2018.10.
ニューハンプシャー大学, UnitedStatesofAmerica, 2018.09~2018.10.
The 10th ICLRS, Sweden, 2018.06~2018.06.
Sardinia2017, Italy, 2017.09~2017.10.
ISWA World Congress & WASCON2017, UnitedStatesofAmerica, 2017.09~2017.09.
The 8th China-Japan joint Conference on Material Recycling and Waste Management, China, 2017.09~2017.09.
韓国廃棄物資源循環学会の春の年会, Korea, 2017.05~2017.05.
GEE-2017, Korea, 2017.05~2017.05.
中国科学院大学(UCAS)とのMOU締結準備, China, 2017.04~2017.04.
IGSアジア地域会議, India, 2016.11~2016.11.
ICWMT11, China, 2016.10~2016.10.
The 1st International Conference on Geomatics and Planning, Indonesia, 2016.08~2016.08.
The 7th RMUTP International Conference on Science, Thailand, 2016.06~2016.06.
大学院外国人特別選抜試験, Nepal, 2016.01~2016.01.
土木学会学第16回途上国の環境問題を見て考える全国学生ツアー, Nepal, 2015.02~2015.03.
The 2nd 3R Internatinal Conference on Material Cycles and Waste management, Korea, 2015.05~2015.05.
WASCON2015, Spain, 2015.06~2015.06.
日中廃棄物専門家会合, China, 2015.08~2015.08.
Sardinia2015, Italy, 2015.10~2015.10.
中国/北京技科大学, China, 2015.12~2015.12.
平成26年度 東アジアプロジェクト演習事前調査 , Bangladesh, 2014.03~2014.03.
中国/上海 老港廃棄物処分場現地実験, China, 2014.03~2014.03.
Eurasia Waste Management Symposium 2014, Turkey, 2014.04~2014.05.
中国/青島理工大学, China, 2014.06~2014.06.
中国/上海 老港廃棄物処分場現地実験, China, 2014.08~2014.08.
東アジア環境ストラデジスト育成プログラム「東アジア環境プロジェクト演習」, Bangladesh, 2014.08~2014.07.
アメリカ/テネシー大学・ニューハンプシャー大学, UnitedStatesofAmerica, 2014.10~2014.10.
中国/上海 老港廃棄物処分場現地実験, China, 2014.11~2014.11.
トルコ国 一般廃棄物処理施設視察, Turkey, 2013.02~2013.02.
中国/上海 老港廃棄物処分場現地実験, China, 2013.03~2013.03.
平成25年度 東アジアプロジェクト演習予備調査, Nepal, 2013.03~2013.03.
SLJCR2013, SriLanka, 2013.03~2013.04.
中国/上海 老港廃棄物処分場現地実験, China, 2013.07~2013.07.
東アジアプロジェクト演習 海外演習, Nepal, 2013.07~2013.08.
Sardinia2013, Italy, 2013.09~2013.10.
中日廃棄物処理と資源循環に関する専門家会議, China, 2013.11~2013.11.
SEED-Netプロジェクト, Vietnam, 2013.12~2013.12.
平成26年度 東アジアプロジェクト演習予備調査, Bangladesh, 2013.12~2013.12.
水害廃棄物 現地視察, Thailand, 2012.01~2012.01.
現地調査, Indonesia, 2012.02~2012.02.
ベトナム工科大学,ベトナム建築大学, Vietnam, 2012.03~2012.04.
福州大学, China, 2012.05~2012.05.
ルレア工科大学, Sweden, 2012.05~2012.05.
WASCON2012, Sweden, 2012.05~2012.06.
現地実験, China, 2012.09~2012.09.
7th ICWMT, China, 2012.09~2012.09.
東アジア ストラデジスト海外演習, Vietnam, 2012.12~2012.12.
APLAS2012, Indonesia, 2012.10~2012.10.
現地調査, Indonesia, 2012.12~2012.12.
ASTMワークショップ, Armenia, 2011.02~2011.02.
学術交流, Armenia, 2011.02~2011.02.
九州大学・ニューハンプシャー大学交流プログラムワークショップ, Armenia, 2011.02~2011.02.
同済大学, China, 2011.05~2011.05.
JICAスリランカ事務所,自治体都市局,モラツワ大学,コロンボ市 下水処理場、廃棄物処理施設, SriLanka, 2011.07~2011.07.
JICAスリランカ事務所,自治体都市局,モラツワ大学,コロンボ市 下水処理場、廃棄物処理施設, SriLanka, 2011.08~2011.09.
デュースブルグ‐エッセン大学・最終処分場,太陽光・風力発電, Germany, 2011.09~2011.10.
Sardinia2011, Italy, 2011.10~2011.10.
現地実験現況調査, China, 2011.10~2011.10.
日本学術振興会日中科学フォーラム, China, 2011.11~2011.11.
2nd Regional Conference on Global Environment, Vietnam, 2010.03~2010.03.
EAEP2010開催に関する打合せ, China, 2010.03~2010.03.
9Th International Conference on Geosynthetics,Brazil, Brazil, 2010.05~2010.05.
現地実験現況調査, China, 2010.06~2010.06.
現地実験現況調査, China, 2010.07~2010.07.
現地実験現況調査, China, 2010.08~2010.08.
第7回日本-中国「廃棄物、排熱等によるエネルギーリサイクル技術ワークショップ」, China, 2010.09~2010.09.
EAEP2010, China, 2010.09~2010.09.
日中廃棄物対策会議, China, 2010.09~2010.09.
Final sink 2010, Australia, 2010.09~2010.09.
現地実験現況調査, China, 2010.10~2010.10.
学術交流(JENESYSプログラム), Thailand, 2010.11~2010.11.
ニューハンプシャー州立大学との学術交流協定締結, UnitedStatesofAmerica, 2009.03~2009.03.
四川大地震災害地調査, China, 2009.04~2009.04.
WASCON2009, France, 2009.06~2009.06.
東アジア環境研究機構における同済大学との共同研究, China, 2009.06~2009.06.
東アジア環境研究機構における同済大学との共同研究, China, 2009.07~2009.07.
東アジア環境研究機構における同済大学との共同研究, China, 2009.08~2009.08.
UNHとの共同研究に関する打合せ, UnitedStatesofAmerica, 2009.08~2009.08.
アメリカ・ニューハンプシャー州フランクリン埋立地調査, UnitedStatesofAmerica, 2009.09~2009.09.
NEDOに関する研究, China, 2009.10~2009.10.
The 4th International Conference on Waste Management and Technology, China, 2009.11~2009.11.
NEDOに関する研究, China, 2009.12~2009.12.
ニューハンプシャー州立大学, UnitedStatesofAmerica, 2008.06~2008.06.
ニューオリンズ災害調査, UnitedStatesofAmerica, 2008.08~2008.08.
ACEME08: second international conference on. Accelerated Carbonation for Environmental and Materials Engineering, Italy, 2008.10~2008.10.
東アジア環境問題国際シンポジウム, China, 2008.08~2008.08.
Global Waste Management Symposium, UnitedStatesofAmerica, 2008.09~2008.09.
The 5th Intercontinental Landfill research Symposium, UnitedStatesofAmerica, 2008.09~2008.09.
Accelerated Carbonation for Environmental and Materials Engineering, Italy, 2008.09~2008.09.
同済大学, China, 2007.05~2007.05.
イラン環境省ならびにイラン国立自然災害研究所, Iran, 2007.09~2007.09.
Sardinia 2007, 環境関連施設訪問・調査, Italy, 2007.10~2007.10.
同済大学, China, 2007.10~2007.10.
東ケープ州廃棄物管理能力向上プロジェクト, SouthAfrica, 2006.03~2006.03.
wascon2006, Serbia and Montenegro, 2006.05~2006.06.
The 1st International Conference Accelerated Carbonation for Environmental and Materials Engineering, UnitedKingdom, 2006.06~2006.06.
APLAS 2006, China, 2006.11~2006.11.
Eastern Forum for Science and Technolog, China, 2006.12~2006.12.
The Twentieth International Conference on Solid Waste Technology andManagement, UnitedStatesofAmerica, 2005.04~2005.04.
JICAタイ事務所及び環境関連施設, Thailand, 2005.06~2005.06.
同済大学趙教授訪問, 上海市老港埋立地調査, China, 2005.09~2005.09.
Sardinia 2005, 環境関連施設訪問・調査, Italy, 2005.10~2005.10.
1st International Conference on Pollution Control and Resource Reuse for a better Tomorrow and Sustainable Economy, China, 2005.10~2005.10.
エッセン大学, レートマン社の廃棄物処理施設(Lippewerk工場), Germany, 2004.01~2004.01.
Workshop(New Hampshire大学主催), UnitedStatesofAmerica, 2004.02~2004.02.
MINTEQA2特別セミナー, カリフォルニア・リバーサイド大学Jirka Simunek教授訪問, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 2004.05~2004.05.
ハルビン市・大連市埋立場・焼却場, ハルビン工科大学, China, 2004.06~2005.01.
Geo Asia 2004, Korea, 2004.06~2004.06.
フランクリン埋立地, ニューハンプシャー大学, UnitedStatesofAmerica, 2004.07~2004.07.
上海市老港埋立地, 上海環境保護局, 同済大学・南昌大学, China, 2004.08~2004.08.
台北県焼却残渣再利用国際研究討論会, Taiwan, 2004.09~2004.09.
ドイツ・ノルウェーの最終処分場, フランス・リール商工会議所, Germany, Norway, France, 2004.10~2004.10.
グリニッヂ大学MEDWAY校, ダンディー大学, UnitedKingdom, 2003.03~2003.03.
WASCON 2003, Spain, 2003.06~2003.06.
全南大学, Korea, 2003.06~2003.06.
廃棄物処理実態調査, 同済大学, China, 2003.08~2003.08.
サルディニア 2003, エッセン大学, MBT施設, AGR, Italy, Germany, 2003.10~2003.10.
廃棄物処理実態調査, China, 2002.03~2002.03.
韓国廃棄物学会主催シンポジウム, Korea, 2002.05~2002.05.
グリニッヂ大学MEDWAY校, ニューハンプシャー大学, Switzerland, UnitedKingdom, UnitedStatesofAmerica, 2002.08~2002.09.
同済大学, China, 2002.10~2002.10.
University of New Hampshire, UnitedStatesofAmerica, 1999.08~2000.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.12~2019.11, 1ヶ月以上, China, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2017.04~2017.12, 1ヶ月以上, China.
2017.04~2018.03, 1ヶ月以上, Bangladesh.
2017.04~2018.06, 1ヶ月以上, India.
2014.01~2014.02, 2週間以上1ヶ月未満, Tsinghua University, China.
2013.07~2013.07, 2週間未満, Wageningen University, Netherlands.
2013.04~2014.09, 1ヶ月以上, ハサヌディン大学, Indonesia.
2012.01~2012.02, 2週間以上1ヶ月未満, ルレオ工科大学, Sweden, 日本学術振興会.
2009.10~2010.04, 1ヶ月以上, Department of Environmental Quality /Ministry of Environment, , 民間・財団.
2009.09~2010.04, 1ヶ月以上, Department of Environmental Quality /Ministry of Environment, コートジボアール.
2009.09~2011.03, 1ヶ月以上, Department of Geology, Faculty of Science, Tarbiat Moallem University, Iran.
2007.06~2007.08, 1ヶ月以上, イラン国立災害研究所 環境災害部, Iran, 文部科学省.
2006.10~2008.12, 1ヶ月以上, China, 私費.
2005.06~2006.03, 1ヶ月以上, 同済大学, China, 私費.
2004.01~2004.01, 2週間未満, University of New Hampshire, RMRC, UnitedStatesofAmerica, 21世紀COE.
2003.12~2003.12, 2週間未満, University of New Hampshire, RMRC, Turkey, 21世紀COE.
2003.07~2003.07, 2週間未満, University of New Hampshire, RMRC, UnitedStatesofAmerica, .
受賞
日本オープンイノベーション大賞 専攻委員会選定優良事例, 内閣府, 2019.03.
熊本地震の災害廃棄物処理に関する支援活動に対する感謝状, 環境大臣, 2016.10.
平成26年 環境大臣表彰 廃棄物・浄化槽研究開発功労者, (一財)日本環境衛生センター, 2014.10.
建築物環境衛生管理事業功労者表彰, (財)ビル管理教育センター, 2011.01.
感謝状, (財)廃棄物研究財団, 2009.06.
論文賞, 一般社団法人 廃棄物学会資源循環学会, 2010.03.
廃棄物学会 論文賞, 廃棄物学会, 1997.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 都市ごみ焼却灰中の金属アルミニウムからの水素ガス発生特性の解明とエネルギー回収.
2007年度~2009年度, 基盤研究(B), 代表, 埋立地における都市ごみ焼却残渣の地球化学的風化現象と重金属の長期挙動の解明.
2004年度~2005年度, 基盤研究(B), 代表, ごみ埋立地における焼却灰中有機物と重金属のインタラクションに関する研究.
2002年度~2003年度, 基盤研究(B), 代表, 一般廃棄物焼却灰の循環資源化をめざした化学・鉱物学的安定化に関する研究.
2003年度~2004年度, 基盤研究(B), 分担, 20-30年で安定化する持続可能型埋立最終処分場に関する研究.
2004年度~2005年度, 基盤研究(C), 分担, 廃家電リサイクルに伴い発生する再利用不能な残渣の環境負荷定量化.
2003年度~2005年度, 基盤研究(B), 代表, アジアメガシティの大規模処分場環境モニタリングシステム構築のための現地調査.
2002年度~2003年度, 萌芽研究, 代表, 日本及びアジア途上国における廃棄物処分場の広域環境モニタリング手法の開発.
2001年度~2002年度, 基盤研究(B), 分担, 都市ゴミ焼却灰の地盤工学的処理システムの構築.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2017年度~2019年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 代表, 震災からの迅速復旧のためのレジリエントな最終処分場の実用化.
2014年度~2016年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 代表, 巨大地震に耐えうる環境安全で堅牢な最終処分場の新技術開発に関する研究.
2013年度~2015年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 分担, プラスチック等が混入した弾性廃棄物地盤の力学及び環境特性に関する研究.
2012年度~2013年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 代表, 放射性セシウムを含有する焼却残渣の性状把握と効率的かつ安全な処分技術.
2010年度~2012年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 分担, 不法投棄現場の堆積廃棄物の斜面安定性評価.
2009年度~2011年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 代表, 完了を迎えた廃棄物処理の安全保障のための有害物質長期動態シミュレーターの開発.
2007年度~2008年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 分担, ライフサイクル環境負荷評価を完結さえるための最終処分場環境会計に関する研究.
2004年度~2006年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 代表, 焼却・溶融残渣の有効利用における鉱物学的・土壌生成学的安定化に関する研究.
2001年度~2003年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 代表, 埋立処分場削減を目的とした廃棄物処理残さの土木資材化と環境負荷低減化技術.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2012年度~2014年度, 二国間交流, 代表, 嫌気好機埋立工法による温室効果ガス削減と汚染制御技術に関する研究.
2009年度~2010年度, 二国間交流, 代表, 日米における二酸化炭素吸収・固定源としての焼却残渣埋立地の実態と評価.
2004年度~2007年度, 21世紀COEプログラム, 分担, 循環型住空間システムの構築.
2003年度~2005年度, 二国間交流, 分担, 廃棄物処分場跡地の有効利用のための地盤工学的実証研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2009年度~2010年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 中国メガシティにおけるセメント工場を活用した循環型廃棄物処理技術の展開のための研究協力~焼却残渣の高効率塩素除去技術の開発支援~.
2005年度~2006年度, 地域新生コンソーシアム研究開発事業(九州経済産業局), 代表, 焼却残渣の脱塩促進と資源化のための環境持続型技術の開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.08~2019.03, 代表, 海面埋立による廃棄物処理に関する早期安定化処分技術の調査研究.
2018.11~2018.03, 代表, 廃棄物処分場の早期安定化技術に関する共同研究.
2018.10~2019.09, 代表, 土壌溶媒洗浄技術の高度化に関する共同研究.
2017.08~2018.03, 代表, 海面埋立による廃棄物処理に関する早期安定化処分技術の調査研究.
2018.04~2019.03, 代表, 一般廃棄物溶融飛灰の安定化に関する研究.
2017.09~2018.03, 代表, 廃棄物処分場の早期安定化技術に関する共同研究.
2016.12~2017.03, 代表, 一般廃棄物溶融飛灰に関する最終処分最適化研究.
2016.12~2017.03, 代表, 海面埋立による廃棄物処理に関する早期安定化処分技術の調査研究.
2016.04~2017.03, 代表, 除染廃棄物仮置場におけるキャッピングシートの破損部および破損危険部検出手法開発.
2016.04~2017.03, 代表, ドローンとリモートセンシング技術を用いた廃棄物処理施設に関する維持管理システムの開発.
2016.04~2017.03, 代表, 焼却主灰資源化のための脱塩技術の開発.
2015.04~2016.04, 代表, ドローンによる除染廃棄物等仮置場の維持管理に関する研究.
2015.10~2016.03, 代表, 海面埋立による廃棄物処理に関する技術と処分実態の調査研究.
2015.08~2016.03, 代表, 持続社会構築に向けた廃棄物焼却残渣の有効利用研究会.
2014.11~2015.03, 代表, 海面埋め立てによる廃棄物処理に関する技術と処分実態の調査研究.
2014.07~2015.02, 代表, 熱画像解析によるキャッピングの施工及び維持管理手法に関する実験的研究.
2013.11~2014.02, 代表, 海面埋立による廃棄物処理に関する技術と処分実態の調査研究.
2014.01~2014.02, 代表, 熱画像解析によるキャッピングの施工及び維持管理手法に関する研究.
2013.04~2013.06, 代表, 廃棄物焼却残渣の適正利用に関する研究 .
2012.04~2013.03, 代表, 燃焼による焼却灰中の塩素低減技術の研究.
2012.02~2012.06, 代表, 重金属不溶化処理した飛灰中の重金属形態の解明.
2011.08~2012.03, 代表, 燃焼による焼却灰中の塩素低減技術の研究.
2011.04~2012.03, 代表, 平成23年度重金属位置固定化に関する制御技術の開発.
2010.04~2011.02, 代表, 平成22年度重金属現位置固定化に関する制御技術の開発委託業務.
2008.05~2009.03, 代表, 環境保全対策調査(埋立廃棄物の安定化に及ぼす水位変動の影響調査).
2008.04~2008.12, 代表, 焼却残渣の脱塩促進と資源化のための研究会.
2007.12~2008.02, 代表, 都市における土石系資源循環の環境効率性評価手法に関する調査研究業務.
2007.11~2008.02, 代表, 平成19年度 埋立処分場の安定化とその評価に関する検討業務.
2007.11~2008.03, 代表, 環境保全対策調査(埋立廃棄物の安定化に及ぼす水位変動の影響調査).
2007.11~2008.03, 代表, 環境保全対策調査(土壌の浄化機能を利用した内水水質浄化法調査).
2007.07~2008.03, 代表, AC-Ⅱ追跡調査.
2007.04~2008.03, 代表, 焼却残渣の脱塩促進と資源化のための研究会.
2007.01~2007.03, 代表, 都市ごみ焼却残渣の資源化技術の開発.
2007.01~2007.03, 代表, 鉱物系資源循環システムづくりからみた都市インフラのアセットマネジメント手法に関する調査研究業務.
2006.09~2007.02, 代表, 平成18年度 埋立処分場の安定化とその評価に関する検討業務.
2006.08~2007.03, 代表, 土壌の浄化機能を利用した内水水質浄化法調査.
2006.06~2007.03, 代表, 海面埋立石炭灰の有効利用に関する研究.
2006.04~2007.03, 代表, 焼却残渣の脱塩促進と資源化のための環境持続型技術の開発.
2005.11~2006.02, 代表, 平成17年度 埋立処分場の安定化とその評価に関する検討業務.
2005.11~2006.03, 代表, 土壌の浄化機能を利用した内水水質浄化法調査.
2005.10~2006.03, 代表, 石炭灰リサイクル品の環境安全性評価に関する研究.
2005.10~2006.03, 代表, 焼却残渣の脱塩促進と資源化のための環境持続型技術の開発.
2005.07~2006.03, 代表, 海面石炭灰を利用したリサイクル資材の用途開発に関する研究.
2005.01~2005.03, 代表, 平成16年度 埋立処分場の安定化とその評価に関する検討業務.
2004.12~2005.03, 代表, 埋立前処理による安定化手法に関する実験研究.
2004.11~2005.03, 代表, 既埋立焼却残渣のセメント原料化における不溶性塩分の挙動解明.
2004.09~2005.03, 代表, 焼却残渣の炭酸化処理による無害化.
2004.08~2004.11, 代表, 廃棄物最終処分場に関する調査研究.
2003.12~2004.03, 代表, 埋立前処理による安定化手法に関する実験研究.
2003.09~2004.02, 代表, 衛生監視システム実証試験における画像解析の改善策検討委託業務.
2003.09~2004.03, 代表, 焼却灰のセメント原料化のための脱塩技術の開発.
2003.07~2003.11, 代表, 廃棄物最終処分場に関する調査研究.
2003.01~2003.02, 代表, 脱塩促進機能を有するRecycle Landfill技術の研究.
2002.12~2003.02, 代表, 実埋立廃棄物中の塩素化合形態と塩素容脱特性の解明.
2002.12~2003.03, 代表, 廃棄物の投入方法に関する現地実験研究.
2002.11~2003.02, 代表, 中分解能光学センサによる不法投棄個所の検知能力向上の検討委託業務.
2002.10~2003.03, 代表, ポゾテックRの溶出機構の解明.
2002.09~2003.02, 代表, 焼却灰埋立における有害物質の安定化挙動に関する研究委託業務.
2002.07~2002.09, 代表, 廃棄物最終処分場に関する調査研究.
2002.03~2002.03, 代表, 廃棄物の投入方法に関する現地実験研究.
2002.02~2002.03, 代表, 都市ごみ焼却残渣からの脱塩素促進技術の開発に関する研究.
2002.01~2002.03, 代表, 焼却灰埋立における有害物質の安定化指標に関する開発.
2002.01~2002.03, 代表, ポゾテックRの溶出機構の解明.
2001.11~2002.02, 代表, 衛星熱赤外センサによる不法投棄箇所の識別能力の評価と検出確実性の検証.
2001.09~2001.09, 代表, 廃棄物最終処分場に関する調査研究.
寄附金の受入状況
2018年度, NPO廃棄物地盤工学研究会, 廃棄物の地盤・路盤への適用に関する研究.
2018年度, 環境・遮水管理リモートセンシング研究会, ジオメンブレンの安定性に関する研究.
2018年度, (株)タクマ, 都市ごみ焼却灰からの水素ガス発生機構に関する研究.
2018年度, 日立造船(株), 生活ごみ焼却のトータルシステムの構築の関する基礎的研究.
2018年度, 前田建設工業株式会社, 石灰倍のアスファルト舗装の有効利用に関する実証実験.
2018年度, ㈱鴻池組, 工学研究院に関する学術研究及び教育助成の為.
2018年度, 五洋建設, 工学研究院に関する学術研究及び教育助成の為.
2017年度, 五洋建設㈱, 廃棄物焼却残渣の適正利用に関する研究.
2017年度, パシフィックコンサルタント㈱, 不適正埋立地のキャンピングシートの設計と確認のための試験.
2017年度, (株)タクマ, 都市ごみ焼却灰からの水素ガス発生機構に関する研究.
2017年度, 前田建設工業(株), フライアッシュのアスファルト舗装の有効利用に関する実証実験.
2017年度, 日立造船(株), 生活ごみ焼却のトータルシステムの構築の関する基礎的研究.
2017年度, 栗田工業(株), セメント原料化のための焼却灰中不溶性塩素の分解手法の開発.
2017年度, (株)水資源環境研究所, 埋立焼却残渣からの水素ガス発生機構に関する研究.
2016年度, NPO廃棄物地盤工学研究会, 廃棄物の地盤・路盤への適用に関する研究.
2016年度, 環境・遮水管理リモートセンシング研究会, ジオメンブレンの安定性に関する研究.
2016年度, ㈱タクマ, 都市ごみ焼却灰からの水素ガス発生機構に関する研究.
2016年度, 応用地質㈱, 埋立焼却残渣からの水素ガス発生機構に関する研究.
2016年度, (一社)九州地域づくり協会, ドローンを用いた災害廃棄物発生量の迅速かつ正確な計手法.
2016年度, 五洋建設㈱, 廃棄物焼却残渣の適正利用に関する研究.
2016年度, 前田建設工業㈱, フライアッシュのアスファルト舗装の有効利用に関する実証実験.
2016年度, 日立造船㈱, 生活ごみ焼却のトータルシステムの構築の関する基礎的研究.
2016年度, パシフィックコンサルタンツ㈱, 不適正埋立地のキャンピングシートの設計と確認のための試験.
2015年度, (一財)みなと総合研究財団, 管理型海面埋立処分場の早期安定化及び利用高度化技術に関する研究.
2015年度, ㈱タクマ, 都市ごみ焼却灰からの水素ガス発生機構に関する研究.
2015年度, 五洋建設㈱, 廃棄物焼却残渣の適正利用に関する研究.
2015年度, 応用地質㈱, 埋立焼却残渣からの水素ガス回収可能性調査研究.
2015年度, 環境・遮水管理リモートセンシング研究会, ジオメンブレンの安定性に関する研究.
2015年度, NPO廃棄物地盤工学研究会, 廃棄物の地盤・路盤への適用に関する研究.
2014年度, NPO廃棄物地盤工学研究会, 廃棄物の地盤・路盤への適用に関する研究 .
2014年度, 環境・遮水管理リモートセンシング研究会, ジオメンブレンの安定性に関する研究.
2014年度, 五洋建設㈱, 廃棄物焼却残渣の適正利用に関する研究 .
2014年度, ㈱タクマ, 燃焼による焼却灰中の塩素低減技術の研究.
2014年度, 中央開発㈱, 海面埋立地における適正管理・安定化促進に関する研究.
2014年度, (一財)みなと総合研究財団, 管理型海面埋立処分場の早期安定化及び利用高度化技術に関する研究.
2013年度, 五洋建設㈱, 廃棄物焼却残渣の適正利用に関する研究 .
2013年度, ㈱安藤・間, 高濃度放射能汚染焼却灰の減容固化技術に関する研究.
2013年度, ㈱タクマ, 燃焼による焼却灰中の塩素低減技術の研究.
2013年度, (財)日本環境衛生センター
, 廃棄物の適正処分に関する研究.
2013年度, NPO廃棄物地盤工学研究会, 廃棄物の地盤・路盤への適用に関する研究.
2013年度, 環境・遮水管理リモートセンシング研究会, ジオメンブレンの安定性に関する研究.
2012年度, 環境・遮水管理リモートセンシング研究会 , ジオメンブレンの安定性に関する研究 .
2012年度, NPO廃棄物地盤工学研究会, 廃棄物の地盤・路盤への適用に関する研究 .
2012年度, ㈱間組, 高濃度放射能汚染焼却灰の減容固化技術に関する研究.
2012年度, 中央開発㈱, 海面埋立地における適正管理・安定化促進に関する研究.
2012年度, 五洋建設㈱, 廃棄物焼却残渣の適正利用に関する研究.
2011年度, NPO廃棄物地盤工学研究会, 廃棄物の地盤・路盤への適用に関する研究 .
2011年度, 環境・遮水管理リモートセンシング研究会 , ジオメンブレンの安定化に関する研究.
2011年度, 前田・山崎・富高特定JV前田建設工業㈱, 遮水工の施工管理技術の開発.
2011年度, (一財)日本環境衛生センター, 廃棄物の適正処分に関する研究.
2011年度, 中央開発㈱, 海面埋立地における集水暗渠の合理的な設計手法に関する研究.
2011年度, ㈱間組, 焼却残渣の有効利用技術の開発.
2011年度, 五洋建設㈱, 適正な海面埋立地に関する研究.
2011年度, 住友重機械エンバイロメント㈱, 木質焼却残渣中の塩素の挙動に関する研究.
2010年度, ㈱柏木興産, フライアッシュのコンクリート二次製品への有効利用に関する研究.
2010年度, 中央開発㈱, 海面埋立地における適正管理・安定化促進に関する研究.
2010年度, 環境・遮水管理リモートセンシング研究会, ジオメンブレンの安定性に関する研究.
2010年度, NPO廃棄物地盤工学研究会, 廃棄物の地盤・路盤への適用に関する研究.
2010年度, 五洋建設㈱, 廃棄物焼却残渣の適正利用に関する研究.
2009年度, 栗田工業株式会社, 焼却灰中のカドミウムの不溶化に関する研究.
2009年度, クボタ環境サービス(株), 焼却残渣での難溶性塩素の鉱物学的形態に関する研究.
2009年度, ㈱間組, 石炭灰中の有害元素の不溶化処理に関する研究.
2009年度, (財)国際環境技術移転研究センター, アビジャン市でのインフォーマルセクターからの有害性廃棄物
管理に関する研究
.
2009年度, 五洋建設(株), 海面埋立地における革新的埋立工法の適用性に関する研究.
2009年度, CP研究会, キャッピングによる雨水浸透数値解析.
2008年度, 中央開発㈱, 埋立廃棄物の安定化に及ぼす水位変動の影響に関する研究
.
2008年度, ㈱エコアッシュ, 石炭灰中の有害元素の不溶化処理に関する研究
.
2008年度, (有)名島産業, N-ライトのCO2 storage capacity(CSC)評価に関する研究
.
2008年度, 五洋建設㈱, 埋立廃棄物の安定化に及ぼす水位変動の影響に関する研究
.
2008年度, ㈱間組, 石炭灰中の有害元素の不溶化処理に関する研究
.
2008年度, CP研究会, キャッピングによる雨水浸透数値解析
.
2008年度, 栗田工業㈱, リン酸による廃棄物中のフッ素不溶化形態の同定と機構解析
.
2008年度, 太平洋セメント㈱, 焼却残渣の脱塩促進と資源化のための環境持続型技術の開発.
学内資金・基金等への採択状況
2004年度~2006年度, 若手研究者研究支援費, 代表,  .

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」