九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
青木 俊之(あおき としゆき) データ更新日:2018.06.19

教授 /  総合理工学研究院 環境理工学部門 流動熱工学講座


大学院(学府)担当

学部担当



電子メール
ホームページ
http://mac507.ence.kyushu-u.ac.jp/
エネルギー流体科学研究室 .
電話番号
092-583-7589
FAX番号
092-583-7589
取得学位
工学博士
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
圧縮性流体力学、流体音響学
外国での教育研究期間(通算)
01ヶ年06ヶ月
活動概要
 本教員は、人類が直面している地球環境問題とエネルギー問題に取り組み、エコテクノロジーの創造とその分野の人材育成を目的として1998年に創設された環境エネルギー工学専攻において、地球環境保全の観点に立った、エネルギーの高効率利用の促進及び新エネルギーシステムの開発を目的とした、圧縮性流体力学に関連する高度の教育研究を行っています。本教官所属の研究室では、機械工学およびエネルギー工学系学科などの卒業生を受け入れ、大学院生の超音速流体力学や衝撃波工学に関する専門的学識を高め、環境エネルギー工学の観点から近接分野への理解も深める総合的並びに学際的大学院教育研究を行っています。また兼坦教官として、工学部エネルギー科学科における学部教育にも携わり、積極的にエネルギー・環境問題に挑戦する技術者・研究者を育成しています。
 研究分野としては、以下のテーマを現在遂行中です。
1. 高速鉄道トンネル内の波動に起因する流体騒音
2. 伝播する衝撃波の反射・回折現象
3. 超音速ジェットにおける衝撃波連成空力騒音
4. 高速列車より発生する空力騒音の低減に関する研究
5. 超音速MHD発電機内のプラズマ流れの流動特性
6. 超低周波騒音の低減装置の開発に関する研究

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」