九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中島 英治(なかしま ひではる) データ更新日:2019.08.22

教授 /  総合理工学研究院 物質科学部門 固体材料物性工学


主な研究テーマ
結晶性材料の高温変形機構
キーワード:高温変形、クリープ
1982.04.
耐熱鋼の高温強度と組織の相関
キーワード:耐熱鋼、高温、強度
1996.04.
結晶性材料の組織と粒界構造
キーワード:高分解能電子顕微鏡、SEM-OIM
1994.04.
結晶性および非晶質材料の力学的性質
キーワード:力学的性質
1982.04.
従事しているプロジェクト研究
「界面」を通じた、構造材料における未解決課題克服のための技術構築
2014.04~2019.03, 代表者:津﨑兼彰, 九州大学, 内閣府.
窒素を有効利用した次世代超耐熱フェライト鋼の実用化総合研究
2015.10~2020.03, 代表者:中島英治, 九州大学, 科学技術振興機構.
研究業績
主要著書
1. 丸山公一、中島英治, 高温強度の材料科学, 内田老鶴圃, 1997.04.
主要原著論文
1. Yusuke Shimada, Satoshi Hata, Ken ichi Ikeda, Hideharu Nakashima, Akiyoshi Matsumoto, Kazumasa Togano, Hiroaki Kumakura, Infiltration behavior of molten Mg and its influence on microstructural evolution in SiC-doped MgB2 wires prepared by internal Mg diffusion process, Journal of Alloys and Compounds, 10.1016/j.jallcom.2018.01.012, 740, 305-311, 2018.04, [URL].
2. Ken Ichi Ikeda, Takuya Takashita, Ryutaro Akiyoshi, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Kazuhiro Yamada, Kenji Kaneko, Effects of scandium and zirconium addition on recrystallization behavior of AlMgSi alloy, Materials Transactions, 10.2320/matertrans.L-M2018802, 59, 4, 590-597, 2018.01, [URL].
3. Masayuki Takano, Keiji Kuroda, Kohei Hase, Shuuto Tanaka, Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Hideharu Nakashima, Effect of Bi or Sb addition on high temperature deformation behavior in Sn-Cu-Ni solder alloys, Nippon Kinzoku Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Metals, 10.2320/jinstmet.J2017025, 81, 11, 502-509, 2017.09, [URL].
4. Takanori Ito, Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Hideharu Nakashima, Minoru Nishida, Mitsuharu Yonemura, Microstructure and creep property in polycrystalline Ni-based alloy with intergranular intermetallics, Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan, 10.2355/tetsutohagane.TETSU-2016-107, 103, 7, 434-442, 2017.07, [URL].
5. Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Hideharu Nakashima, Mitsuharu Yonemura, Evaluation of local creep strain in face-centred cubic heatresistant alloys using electron backscattered diffraction analysis, ISIJ International, 10.2355/isijinternational.ISIJINT-2016-712, 57, 5, 851-856, 2017.05, [URL].
6. Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Hideharu Nakashima, Deformation microstructure and fracture behavior in creep-exposed Alloy 617, Materials Transactions, 10.2320/matertrans.M2016407, 58, 3, 442-449, 2017.03, [URL].
7. Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Hideharu Nakashima, Development of high-chromium ferritic heat-resistant steels with high-nitrogen addition, Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan, 10.2355/tetsutohagane.TETSU-2016-057, 103, 1, 64-72, 2017.01, [URL].
8. Masayuki Takano, Keiji Kuroda, Kohei Hase, Shuuto Tanaka, Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Hideharu Nakashima, Effect of Cu and Ni addition on high temperature deformation behavior in Sn-Cu-Ni solder alloys, Nippon Kinzoku Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Metals, 10.2320/jinstmet.J2016069, 81, 7, 337-344, 2017.01, [URL].
9. Wan song Li, Hong ye Gao, Hideharu Nakashima, Satoshi Hata, Wen huai Tian, In-situ EBSD study of deformation behavior of retained austenite in a low-carbon quenching and partitioning steel via uniaxial tensile tests, Materials Characterization, 10.1016/j.matchar.2016.06.020, 118, 431-437, 2016.08, [URL], 先進炭素鋼を変形させた際の微細組織変化を電子顕微鏡内のその場観察により明らかにした。.
10. Wan song Li, Hong ye Gao, Hideharu Nakashima, Satoshi Hata, Wen huai Tian, Microstructural evolution and mechanical properties of a low-carbon quenching and partitioning steel after partial and full austenitization, International Journal of Minerals, Metallurgy and Materials, 10.1007/s12613-016-1306-0, 23, 8, 906-919, 2016.08, [URL].
11. Jun jie SHEN, Ken ichi IKEDA, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Primary-transient creep and anelastic backflow of pure copper deformed at low temperatures and ultra-low strain rates, Transactions of Nonferrous Metals Society of China, 10.1016/S1003-6326(16)64285-1, 26, 7, 1729-1735, 2016.07, [URL].
12. Daisuke Hirakami, Toshiyuki Manabe, Kohsaku Ushioda, Kei Noguchi, Kenichi Takai, Yoshinori Hata, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Effect of aging treatment on hydrogen embrittlement of drawn pearlitic steel wire, ISIJ International, 10.2355/isijinternational.ISIJINT-2015-735, 56, 5, 893-898, 2016.05, [URL].
13. Nobuo Nakada, Ken Ichi Ikeda, Hiroshi Shuto, Tatsuo Yokoi, Toshihiro Tsuchiyma, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Setsuo Takaki, Quantification of large deformation with punching in dual phase steel and change of its' microstructure - Part II
Local strain mapping of dual phase steel by a combination technique of electron backscatter diffraction and digital image correlation methods, Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan, 10.2355/tetsutohagane.TETSU-2015-086, 102, 5, 253-259, 2016.05, [URL].
14. M. Mitsuhara, S. Yamasaki, M. Miake, H. Nakashima, M. Nishida, J. Kusumoto, A. Kanaya, Creep strengthening by lath boundaries in 9Cr ferritic heat-resistant steel, Philosophical Magazine Letters, 96, 2, 76-83, 2016.03.
15. 秋吉竜太郎、池田賢一、波多聰、中島英治、笠間丈史、高田健、高橋淳、潮田浩作、金子賢治, Al-0.62 mass% Mg-0.32 mass% Si合金の引張変形特性に及ぼす時効析出形態の影響, 日本金属学会誌, 79.0, 5.0, 273-279, 2015.05.
16. S. Yamasaki, M. Mitsuhara, K. Ikeda, S. Hata, H. Nakashima, 3D visualization of dislocation arrangement using scanning electron microscope serial sectioning method, Scripta Materialia, 101.0, 80-83, 2015.05.
17. 池田賢一、宮田幸昌、吉原隆浩、高田尚記、中島英治, 6111アルミニウム合金のリジング特性に及ぼす加工熱処理の影響とCube方位粒形成過程, 軽金属, 64.0, 8.0, 353-360, 2014.08, Al–Mg–Si alloys are suitable materials for automotive body application because of a good formability, a good corrosion resistance and a satisfactory strengthening. However, it is well known that when some kinds of Al–Mg–Si alloy sheets are stretched along the transverse direction, rope-like profiles (ridging/roping) parallel to the rolling direction develop on the surface. The purpose of this study is to clarify the ridging development in Al–Mg–Si alloy (6111 aluminum alloy). The effect of thermo-mechanical treatment on ridging development was investigated by 3D profile microscope and SEM/EBSD method. Rope-like profiles tended to develop remarkably in the hot-rolled and intermediate-annealed sheets. In highly ridging developed sample, there were many bands of cube-oriented grains (cube bands). Therefore, in this study, the cube-oriented grain formation process was also investigated by SEM/
EBSD and TEM observation. Microstructure observations revealed that cube-oriented grains formed during the hot rolling process could remain due to rod-like precipitates in grain. And then, these cube-oriented grains were grown along the rolling direction during the intermediate annealing. Crystal orientation analysis shows the stored energy of the cube-oriented grains in the cold rolled sheet was lower than that of other-oriented grains. Therefore, we concluded that cube bands are preferentially formed during solutionized treatment..
18. Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Ken-ichi Ikeda, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Low-Stress Creep Deformation in Long-Term Aged Ferritic Heat-Resistant Steel, Materials Transactions, Vol.55, pp.842-849, 2014.05.
19. 山﨑 重人, 光原 昌寿, 池田 賢一, 波多 聰, 中島 英治, コイルばねクリープ試験法により評価した高Crフェライト系耐熱鋼の低応力クリープ変形, 鉄と鋼, Vol.100, pp.688-695, 2014.05.
20. Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Ken-ichi Ikeda, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Mitsuharu Yonemura, Evaluation of creep strain in austenitic heat-resistant steel by local crystallographic orientation analysis, Proceedings of 6th International 'HIDA' Conference (HIDA-6), S9-3, 2013.12.
21. GAO HONGYE, Ken-ichi Ikeda, Tatsuya Morikawa, Kenji Higashida, Hideharu Nakashima, Microstructures of Long-Period Stacking Ordered Phase of Mg-Zn-Y Alloy, MATERIALS TRANSACTIONS, 10.2320/matertrans.MI201219, 54, 5, 632-635, 2013.05.
22. Junjie Shen, Ken-ichi Ikeda, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, “Abnormal transient creep” in fine-grained Al-5356 alloy observed at low strain rates by high-resolution strain measurement, Transactions of Nonferrous Metals Society of China, DOI: 10.1016/S1003-6326(13)62585-6, 23, 1209-1214, 2013.03.
23. Junjie Shen, Ken-ichi Ikeda, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, A new deformation region and how low do you go? – “intrinsic deformation limit”, Materials Science Forum, 747-748, 559-563, 2013.02.
24. Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Ken-ichi Ikeda, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Creep behavior at ultra-low strain rate in 9% Cr steel studied by helical spring creep test, Proceedings of the 12th International Conference on Creep and Fracture of Engineering Materials and Structures (Creep2012), B33, 2012.10.
25. Ken-ichi Ikeda, Sota Goto, Tomoaki Shibata, Motoki Takasuga, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Hiroyuki Omura, High temperature deformation behavior of die-cast Mg-Al-Ca-Sn alloys, Proceedings of the 12th International Conference on Creep and Fracture of Engineering Materials and Structures (Creep2012), C43, 2012.10.
26. Shigeto Yamasaki, Masatoshi Mitsuhara, Ken-ichi Ikeda, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Low stress creep deformation behavior of ferritic heat-resistant steel subjected to long-term aging, New Methods of Damage and Failure Analysis of Structural Parts, 468-472, 2012.09.
27. Ken-ichi Ikeda, Ryutaro Akiyoshi, Takuya Takashita, Masatoshi Mitsuhara, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Kazuhiro Yamada, Kenji Kaneko, Precipitation morphology in Al-Mg-Si-Sc-Zr hot-rolled sheet, Proc. of 13th International Conference on Aluminum Alloys (ICAA13), 1181-1185, 2012.06.
28. Ryutaro Akiyoshi, Ken-ichi Ikeda, Mitsuhara Masatoshi, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Ken Takata, Makoto Saga, Kohsaku Ushioda, Kenji Kaneko, Masao Kikuchi, Precipitation morphology and tensile properties of Al-0.62Mg-0.32Si alloy aged at low temperature, Proc. of 13th International Conference on Aluminum Alloys (ICAA13), 1229-1234, 2012.06.
29. R.Akiyoshi, T.Takashita, K.Ikeda, S.Hata, H.Nakashima, Effect of scandium and zirconium addition on recrystallization behavior of Al-Mg-Si alloy, Proc. 13th Cross Straits Symp. Mater. Ener. Environ. Sci., 203-204, 2011.11.
30. Y.Kamiyama, S.Yamasaki, M.Mitsuhara, K.Ikeda, S.Hata, H.Nakashima, M.Yonemura, Creep property and microstructure of heat-resistant austenitic steels strengthened by intermetallic compounds, Proc. 13th Cross Straits Symp. Mater. Ener. Environ. Sci., 189-190, 2011.11.
31. S.Yamasaki, R.Imamura, M.Mitsuhara, K.Ikeda, S.Hata, H.Nakashima, H.Watanabe, A.Kanaya, Assessment of creep degradation in ferritic heat-resistant steel by electron diffraction, Proc. 13th Cross Straits Symp. Mater. Ener. Environ. Sci., 53-54, 2011.11.
32. J.Shen, K.Ikeda, S.Hata, H.Nakashima, Creep Mechanisms in a Fine-Grained Al-5356 Alloy at Low Stress and High Temperature, Mater. Trans., 52, 10, 1890-1898, 2011.10.
33. J.Shen, K.Ikeda, S.Hata, H.Nakashima, Transient Creep in High-Purity Aluminum at Ultra-Low Strain Rate and Room Temperature by Constant Stress and Changing-Stress Experiments, Mater. Trans., 52, 10, 1885-1889, 2011.10.
34. J.Shen, S.Yamasaki, K.Ikeda, S.Hata, H.Nakashima, Low-Temperature Creep at Ultra-Low Strain Rates in Pure Aluminum Studied by a Helicoid Spring Specimen Technique, Mater. Trans., 52, 7, 1381-1387, 2011.07.
35. 光原昌寿、原田絵梨香、山﨑重人、池田賢一、波多聰、中島英治、大塚智史、皆藤威二, 酸化物分散強化9Crフェライト系耐熱鋼の3次元組織と高温強度, 可視化情報学会誌, 31, 122, 98-103, 2011.07.
36. J.Shen, K.Ikeda, S.Hata, H.Nakashima, Creep behavior in a fine-grained Al-5356 alloy at low stress and intermediate temperature, 九州大学総理工報告, 33, 1, 1-6, 2011.06.
37. 波多聰、光原昌寿、田中將己、宮崎裕也、池田賢一、金子賢治、中島英治、東田賢二、松村晶, 電子線トモグラフィーによる格子欠陥の3次元可視化, まてりあ,, 49(6)(2010), 274-279, 2010.06, 本論文では、結晶性材料に電子線トモグラフィー法を適用して、材料の強度などをつかさどる格子欠陥を3次元的に可視化する手法ならびに観察結果を示している。.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. H. Nakashima, M. Mitsuhara, Materials for the sustainable development, International Conference on Sustainable Innovation, ICoSI 2019, 2019.07.
2. W. Li, S. Yamasaki, M. Mitsuhara, H. Nakashima, In-situ EBSD characterization of deformation behavior of primary alpha phase in Ti-6Al-4V, The 14th World Conference on Titanium,, 2019.06.
3. 伊藤孝矩, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 西田稔, 米村光治, 金属間化合物により粒界被覆した多結晶Ni基耐熱合金の微細組織とクリープ特性, 鉄鋼協会, 2019.03.
4. 中島英治、山﨑重人、光原昌寿、惣島雅樹, 長周期積層構造を有するMg基金属間化合物の圧縮変形挙動, 新学術領域「ミルフィーユ構造の材料科学」平成30年度年次報告会, 2019.03.
5. 光原昌寿、山﨑重人、中島英治、惣島雅樹, Mg基LPSO相に生じるキンクの前駆現象, 新学術領域「ミルフィーユ構造の材料科学」平成30年度年次報告会, 2019.03.
6. 須貝和人、寺田大将、山﨑重人、光原昌寿、中島英治、楠井潤、安達充, Al-10Si-0.3Mg合金のレーザー積層造形材における積層位置と力学特性の関係, 軽金属学会, 2018.11.
7. 遊佐昌太郎、寺田大将、山﨑重人、光原昌寿、中島英治、楠井潤、安達充, Mnを添加したAl-Si-Mg合金粉末を用いたレーザー積層造形体の力学特性, 軽金属学会, 2018.11.
8. 寺田大将、高橋亮成、遊佐昌太郎、山﨑重人、光原昌寿、中島英治、楠井潤、安達充, Mn添加Al-Si-系合金粉末のレーザー積層造形体における力学特性のSi濃度依存性, 軽金属学会, 2018.11.
9. 光原昌寿、山﨑重人、波多聰, 中島英治, 金属材料における転位の3次元観察技術, 日本顕微鏡学会第61回シンポジウム, 2018.11.
10. 光原昌寿、山﨑重人、波多聰、中島英治, 金属材料における転位の3次元観察技術, 日本顕微鏡学会第61回シンポジウム「顕微鏡による格子欠陥解析の最前線」, 2018.11.
11. 中島英治, 内部応力と有効応力, 日本鉄鋼協会 高温材料の高強度化 第2回研究会, 2018.10.
12. 中島英治, 結晶性材料の高温変形, 平成30年度 日本金属学会/日本鉄鋼協会 九州支部 秋季講演会/耐熱材料/高温強度の最前線, 2018.10.
13. 荒金遼河・山﨑重人・光原昌寿・中島英治, 澤田浩太・木村一弘, 焼きならし処理のみを施したGr.91鋼における静的時効中のM23C6炭化物成長挙動, 日本鉄鋼協会176回秋季講演大会, 2018.09.
14. 佐々木王城・山﨑重人・光原昌寿・中島英治,澤田浩太,久布白圭司, 高Crフェライト系耐熱鋼溶接熱影響部再現組織への前焼き戻し処理の影響, 日本鉄鋼協会176回秋季講演大会, 2018.09.
15. 中島英治、光原昌寿, 格子回転を伴うキンク変形による特異な組織, 日本金属学会2018年秋期(第163回)講演大会, 2018.09.
16. 岩﨑眞澄・山﨑重人・光原昌寿・中島英治・西田稔, 殿塚一希, 金属表面に形成する潤滑油膜に対する結晶方位と結晶粒径の影響, 日本鉄鋼協会176回秋季講演大会, 2018.09.
17. 當山守人, 中島英治, 光原昌寿, ラスマルテンサイト鋼のクリープ変形挙動に与える転位密度の影響, 日本鉄鋼協会176回秋季講演大会, 2018.09.
18. 光原昌寿、山﨑重人、中島英治, 窒素添加新規フェライト系耐熱鋼の組織とクリープ特性, 日本鉄鋼協会176回秋季講演大会, 2018.09.
19. 古賀鈴,山﨑重人,光原昌寿,中島英治, 秋吉竜太朗,木村申平, 2元系アルミニウム固溶体合金のセレーション挙動, 高温変形の組織ダイナミクス研究会 「平成 30 年度 夏の学校」, 2018.09.
20. 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, フェライト系耐熱鋼のクリープ強度に及ぼす Wと Co 添加の影響, 高温変形の組織ダイナミクス研究会 「平成 30 年度 夏の学校」, 2018.09.
21. 當山守人、山﨑重人、光原昌寿、中島英治, 高ひずみ分解能単軸クリープ試験による極低ひずみ速度変形挙動の評価, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 軽金属学会九州支部 平成31年度合同学術講演会, 2018.06.
22. 加藤由輝、山﨑重人、光原昌寿、中島英治, ラスマルテンサイト鋼のクリープ変形挙動に及ぼす転位密度の影響, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 軽金属学会九州支部 平成30年度合同学術講演会, 2018.06.
23. 光原昌寿、山﨑重人、百武優佑、中島英治, ニッケル基耐熱合金における析出粒子と転位の相互作用, 日本顕微鏡学会第74回学術講演会, 2018.05.
24. 古賀鈴, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 秋吉竜太郎, 徳田健二, 有賀康博, 定負荷速度引張試験により測定した2元系アルミニウム固溶体合金のセレーション挙動, 軽金属学会 第134 回春期大会, 2018.05.
25. 山﨑重人, 耐熱合金のクリープ変形の測定と定量的組織観察, 日本金属学会 第1回若手研究グループ研究会「多様な先端観察・測定法を用いた組織の定量と力学特性解析への適用」, 2018.04.
26. 奥平有, 山﨑重人,光原昌寿,中島英治,西田稔, 楠井潤, 安達充, レーザー積層法により作製した耐熱アルミニウム合金への遷移元素添加, 日本金属学会 春期(第162回)講演大会, 2018.03.
27. 奥平有, 山﨑重人,光原昌寿,中島英治,西田稔, 楠井潤, 安達充, 電子ビーム積層法およびレーザー積層法により作製したAC8A合金の高温強度特性, 日本金属学会 春期(第162回)講演大会, 2018.03.
28. S. Yamasaki, Relationship between Creep Deformation and Microstructure of Heat-Resistant Alloys, MJIIT MICROSCOPY LABORATORY WORKSHOP SERIES-2 , 2018.03.
29. 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 齊藤大蔵, 吉岡洋明, 長時間時効した“Hastelloy X”合金の組織とクリープ変形挙動(第二報), 平成29年度 3月期 耐熱金属材料第123委員会, 2018.03.
30. 中島英治, 耐熱金属材料の高温強度, 平成29年度 日本金属学会北海道支部 本多光太郎記念講演会, 2018.01.
31. 吉田歩夢, 本田佳暉, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 後藤裕明, 津田圭一, マイクロシェブロンノッチ曲げ試験法とSEM/FIBトモグラフィーを組み合わせた亀裂進展経路の3次元解析, 第59回 日本顕微鏡学会 九州支部集会・学術講演会, 2017.12.
32. 村田純教, 中島英治, 世界情勢と最新研究動向(耐熱鋼), 日本学術振興会耐熱金属材料第123委員会設立60周年記念国際シンポジウム , 2017.11.
33. 中島英治, 高窒素フェライト綱の創製と高温強度, 平成30年度 日本金属学会中国四国支部 第129回金属物性研究会, 2017.10.
34. 中島英治, 高窒素フェライト鋼の創製と高温強度, 平成29年度 日本金属学会東海支部 本多光太郎記念講演会, 2017.09.
35. 山﨑重人, 當山守人, 堀翔太郎, 光原昌寿, 中島英治, 窒素添加マルテンサイト耐熱鋼のクリープ変形挙動, 高温変形の組織ダイナミクス研究会「平成29年度夏の学校」, 2017.09.
36. 百武優佑, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 多結晶Ni基耐熱合金のクリープ変形中に生じる転位とγ'析出物の相互作用, 高温変形の組織ダイナミクス研究会「平成29年度夏の学校」, 2017.09.
37. 古賀鈴, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 秋吉竜太郎, 高木康夫 徳田健二, 定負荷速度引張試験により測定したAl合金とNi合金のセレーション挙動, 高温変形の組織ダイナミクス研究会「平成29年度夏の学校」, 2017.09.
38. 堀翔太郎, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 木村一弘, Laves相により強化されたフェライト単相耐熱鋼のクリープ変形挙動と微細組織, 日本鉄鋼協会 第174 回秋季講演大会, 2017.09.
39. 本田佳暉, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 後藤裕明, 津田圭一, WC-Co 超硬合金の残留応力解析, 日本金属学会 秋期(第161回)講演大会, 2017.09.
40. 徳永隼人, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 塚本元気, 國枝知徳, Al 添加α-Ti 合金における双晶界面の高分解能観察, 日本金属学会 秋期(第161回)講演大会, 2017.09.
41. 奥平有, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 西田稔, 安達充, 栗田健也, 永田佳彦, 小岩井修二, 金属積層工法を用いたAC8A アルミニウム合金の高温強度特性, 日本金属学会 秋期(第161回)講演大会, 2017.09.
42. S. Yamasaki, M. Mitsuhara and H. Nakashima, Development of new ferritic heat-resistant steel with high nitrogen and tungsten addition, IU-MRS (International union of Materials Research Society) 2017, 2017.08.
43. 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 齊藤大蔵, 吉岡洋明, 長時間時効したHastelloy X合金の組織とクリープ変形挙動, 平成29年度 7月期 耐熱金属材料第123委員会, 2017.07.
44. 山﨑重人、今村祐輔、光原昌寿、中島英治, 窒素含有マルテンサイト鋼のクリープ変形挙動, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 軽金属学会九州支部 共催 平成29年度 合同学術講演大会, 2017.06.
45. 徳永隼人, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 塚本元気, 國枝知徳, チタンの双晶発生に及ぼす固溶元素の影響, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 軽金属学会九州支部 共催 平成29年度 合同学術講演大会, 2017.06.
46. 岩﨑眞澄, 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 西田稔, 堀井基弘, 戸高義一, HPT加工をした純鉄の摩擦特性と微細組織, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 軽金属学会九州支部 共催 平成29年度 合同学術講演大会, 2017.06.
47. 中島英治, 結晶性材料の高温における強度と組織変化, 日本金属学会 春期(第160回)講演大会, 2017.03.
48. 安部亮介、山﨑重人、光原昌寿、中島英治, 窒素により組織制御した高Cr, Wフェライト系耐熱鋼の微細組織とクリープ強度, 日本鉄鋼協会第171回春季講演大会, 2016.03.
49. 田中嵩人、中島英治, 純スズとその合金の変形挙動と微細組織, 日本金属学会2016年(第158回)春期講演大会, 2016.03.
50. 中島英治, 先進耐熱鋼のクリープ変形, 平成28年度 日本鉄鋼協会/日本金属学会 九州支部 春季講演大会, 2016.03.
51. S. Yamasaki, M. Mitsuhara, S. Hata, H. Nakashima, Multi-dimensional Quantification of Dislocation Substructure by SEM Electron Channeling Contrast Imaging Method, The 2nd East-Asia Microscopy Conference, EAMC2, 2015.11.
52. Ken-ichi Ikeda, Rie Nishio, Hongye Gao, Satoshi Hata, Hideharu Nakashima, Seiji Miura, Deformation Behavior of LPSO Phase in Mg-Zn-Y Alloy by Four-Point Bending Test using a Thin Sheet, The 10th International Conference on Magnesium Alloys and Their Applications (Mg2015), 2015.10.
53. 山﨑重人, 光原昌寿, 中島英治, 木村一弘, 高窒素含有フェライト系耐熱鋼のクリープ強度と微細組織, 日本鉄鋼協会 第170回秋季講演大会, 2015.09.
54. 中島英治, 山﨑重人, 光原昌寿, 次世代火力ボイラ用材料を想定した高窒素含有フェライト系耐熱鋼の開発, 日本鉄鋼協会 第170回秋季講演大会, 2015.09.
55. 光原昌寿, 山﨑重人, 中島英治, 加圧型溶解法による高窒素含有フェライト系耐熱鋼の作製, 日本鉄鋼協会 第170回秋季講演大会, 2015.09.
56. 大野俊樹、池田賢一、波多聰、中島英治, 六方晶チタンの引張挙動に及ぼす Al, Cu添加の効果, 日本鉄鋼協会 第170回秋季講演大会, 2015.09.
57. 羽田佳哲、波多聰、中島英治、平上大輔, 伸線加工を施したパーライト鋼の低温熱処理による微細組織変化, 日本鉄鋼協会 第170回秋季講演大会, 2015.09.
58. 山﨑重人, 光原昌寿, 波多聰, 中島英治, SEM-ECCI法による耐熱合金の転位組織定量化, 日本金属学会 高温変形の組織ダイナミクス研究会「平成27年度夏の学校」および超塑性研究会第158回研究会, 2015.08.
59. S. Yamasaki, M. Mitsuhara, S. Hata, H. Nakashima, Change in major creep reinforcer of ferritic heat-resistant steel depending on applied stress, Advanced High-Temperature Materials Technology for Sustainable and Reliable Power Engineering, 123HiMAT-2015, 2015.07.
60. M. Mitsuhara, S. Akada, S. Yamasaki, H. Nakashima, M. Nishida, Y. Hasegawa, Microstructural evolution of welded joint during creep in high Cr ferritic heat-resistant steel, Advanced High-Temperature Materials Technology for Sustainable and Reliable Power Engineering, 123HiMAT-2015, 2015.07.
61. S. Yamasaki, M. Mitsuhara, K. Ikeda, S. Hata, H. Nakashima, Transition of creep mechanism and reinforcing microstructure in grade P92 ferritic heat-resistant steel, 13th International Conference on Creep and Fracture of Engineering Materials and Structures, CREEP2015, 2015.06.
62. M. Mitsuhara, M. Miake, S. Yamasaki, M. Nishida, J. Kusumoto, A. Kanaya, Lath boundary strengthening mechanism in high Cr ferritic heat-resistant steel, 13th International Conference on Creep and Fracture of Engineering Materials and Structures, CREEP2015, 2015.06.
63. 綱分拓海、山﨑重人、光原昌寿、波多聰、中島英治, Ni基合金Alloy617のクリープ変形における組織変化の局所性, 日本鉄鋼協会第169回春季講演大会, 2015.03.
64. 西尾理恵、池田賢一、高紅叶、波多聰、中島英治, Mg-Zn-Y系合金の薄片4点曲げ試験によるキンク変形の評価, 日本金属学会2015年(第156回)春期講演大会, 2015.03.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本金属学会
日本鉄鋼協会
軽金属学会
日本顕微鏡学会
学協会役員等への就任
2018.04~2019.03, 日本金属学会九州支部, 副会長.
2017.04~2018.03, 日本金属学会, 会長.
2015.04~2017.03, 軽金属学会, 九州支部長.
2015.04~2017.03, (社)日本金属学会, 副会長.
2011.05, (社)軽金属学会, 理事.
2011.01, (社)日本金属学会, 理事.
2009.04~2010.03, 九州大学出版会, 理事.
2009.05~2009.05, 軽金属学会.
2009.04~2010.03, 日本金属学会, 評議員.
2008.06~2009.05, 日新奨学会, 選考委員.
2008.03~2010.03, 日本鉄鋼協会, 評議員.
2007.05, 日本顕微鏡学会, 評議員.
1995.04~1997.03, 日本金属学会, 分科会委員.
1995.04~2003.12, 日本鉄鋼協会, 分科会委員.
1995.04~2003.12, 軽金属学会 九州センター, 幹事.
1999.04~2001.03, 日本金属学会, 編集委員.
2002.04~2003.12, 日本金属学会, 幹事.
2002.04~2003.12, 日本金属学会, 欧文誌編集委員.
2003.09, 日本学術振興会, .
2005.04, 軽金属学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.05.26~2018.05.27, 軽金属学会 第134回春期大会, 副実行委員長.
2016.06.11~2016.06.11, 平成28年度日本金属学会九州支部学術講演会, 実行委員長.
2015.09.16~2015.09.18, 日本金属学会 秋期(第157回)講演大会, 副実行委員長.
2012.03.28~2012.03.30, 日本金属学会2012年春季(第151回)大会, 座長(Chairmanship).
2010.03.28~2010.03.30, 日本鉄鋼協会, 副座長.
2009.09.15~2009.09.17, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2009.03.28~2009.03.30, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
2008.09, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
2007.09, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
2007.03, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2006.07, 日本原子力学会, 座長(Chairmanship).
2006.03, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
2005.09, 日本セラミックス協会, 座長(Chairmanship).
2005.09, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
2005.09, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2005.03, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2004.10, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2004.09, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
2004.03, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2004.03, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
2003.11, 軽金属学会, 座長(Chairmanship).
2003.10, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2003.10, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
2007.05, 国際鉄鋼科学シンポジウム(IS3), 実行委員.
2007.04, 日本鉄鋼協会「加工硬化と組織」研究会 東田研究会, 幹事.
2007.04, 特定領域「巨大ひずみが開拓する高密度格子欠陥新材料」研究会, 委員.
2007.04, 日本材料学会高温強度部門委員会, WG委員.
2007.02, 日本原子力機構「炉心財材料特性評価wG」, WG委員.
2006.11, 国際鉄鋼科学シンポジウム(IS3), 実行委員.
2006.11, 日本原子力開発機構 「大学との研究協力実施委員会」, 委員.
2006.10, 日本鉄鋼協会自主フォーラム「鉄鋼材料の結晶界面制御と特性」研究会, 委員.
2006.10, 「超強加工の材料科学」研究会(梅本研究会), 幹事.
2006.09, 計算工学による組織と特性予測技術, 幹事.
2006.08, 特定領域「巨大ひずみが開拓する高密度格子欠陥新材料」研究会, 委員.
2006.08, 「超強加工の材料科学」研究会(梅本研究会), 幹事.
2006.07, 日本学術振興会「耐熱金属材料第123」委員会, 幹事.
2006.07, 日本原子力学会「材料」夏期セミナー, WG委員.
2006.06, 日本鉄鋼協会「降伏強度と組織」研究会.
2006.05, 日本学術振興会「加工プロセスによる材料新機能発現176」委員会, 委員.
2006.05, 日本鉄鋼協会「計算工学による組織と特性予測技術」研究会.
2005.05, 「超強加工の材料科学」研究会(梅本研究会), 幹事.
2005.04, 耐熱金属材料第123委員会, 幹事.
2005.01, 耐熱鋼・耐熱合金フォーラム・土井ファーラム.
2004.04, 鉄鋼協会自主フォーラム, シンポジウム発起人および世話人.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2008.04, 日本鉄鋼協会, 国内, 編集委員.
2002.04~2008.03, 日本金属学会欧文誌, 国際, 編集委員.
2002.04~2008.03, 日本金属学会報, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2003年度 13        13 
2002年度 10      11 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
バージニア工科大, 2013.09.
パリ大, France, 2013.05.
デンマーク工科大, Denmark, 2013.03.
インド工科大, India, 2013.02.
チュラロンコン大, Thailand, 2013.01.
上海交通大, China, 2012.12.
ウェールズ大学, UnitedKingdom, 1994.04~1994.10.
スタンフォード大学, UnitedStatesofAmerica, 1994.10~1994.11.
外国人研究者等の受入れ状況
2008.01~2008.03, 1ヶ月以上, Materials Science Division Bhabha Atomic Research Centre Trombay, India.
受賞
第56回 谷川・ハリス賞, 日本金属学会, 2017.03.
平成27年度軽金属論文賞, 軽金属学会, 2015.11.
第16回日本金属学会学術功労賞, 日本金属学会, 2015.03.
まてりあ賞(まてりあ論文賞), 社団法人 日本金属学会, 2011.11.
優秀ポスター賞(装置部門), 社団法人 日本顕微鏡学会, 2011.05.
第34回日本セラミックス協会学術写真賞 優秀賞, 日本セラミックス協会, 2009.03.
金属組織写真優秀賞(A部門), 日本金属学会, 2009.03.
金属組織写真奨励賞(B部門), 日本金属学会, 2009.03.
第11回日本金属学会優秀ポスター賞, 日本金属学会, 2008.09.
2008 International Metallographic Contest: First Place, International Metallographic Society, 2008.08.
金属組織写真優秀賞(A部門), 日本金属学会, 2008.03.
金属組織写真奨励賞(B部門), 日本金属学会, 2008.03.
功績賞, 日本金属学会, 2005.03.
西山記念賞, 日本鉄鋼協会, 2002.03.
論文賞, 軽金属学会, 2001.11.
ジェフリース賞, 日本金属学会, 1998.03.
論文賞, 日本金属学会, 1996.09.
論文賞, 日本金属学会, 1994.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2022年度, 新学術領域研究, 分担, ミルフィーユ構造の材料科学(研究に関する総括).
2018年度~2022年度, 新学術領域研究, 分担, 異分野融合によるキンク形成・強化の理論構築.
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 代表, 高温における亜粒界強化機構の解明.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 代表, 金属材料の極低ひずみ速度クリープ挙動とその微視的機構の解明.
2011年度~2015年度, 新学術領域研究, 分担, 数理形態学と階層構造科学の融合による積層構造体の力学特性発現機構の解明.
2011年度~2015年度, 新学術領域研究, 分担, シンクロ型LPSO構造の材料科学-次世代軽量構造材料への革新的展開-.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, 準安定平衡を利用したSiC結晶成長機構.
2008年度~2009年度, 基盤研究(B), 分担, Ti-Ni形状記憶合金における未解明な現象の解析と新機能の創出.
2007年度~2009年度, 基盤研究(B), 代表, 耐熱構造材料の極低ひずみ速度試験法の開発と余寿命評価.
2006年度~2008年度, 特定領域研究, 分担, 高密度格子欠陥構造・組織の原子レベル多面解析.
2004年度~2006年度, 基盤研究(B), 代表, マルテンサイト系耐熱鋼のクリープ余寿命評価法の開発.
2003年度~2004年度, 基盤研究(B), 分担, 無機機能材料表面の残留応力評価法の開発と機能設計.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」