九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中島 邦彦(なかしま くにひこ) データ更新日:2017.05.25

教授 /  工学研究院 材料工学部門 材料反応工学


主な研究テーマ
固-液、気-液共存スラグの粘度に関する研究
キーワード:固-液共存スラグ、粘度
2015.04.
溶融酸化物の物性(粘度、密度、表面張力、結晶化等)に関する研究
キーワード:溶融酸化物の物性(粘度、密度、表面張力、結晶化 など)
2003.04.
ガラス・セラミックスー金属傾斜機能材料の開発
キーワード:ガラス,セラミックス、金属,傾斜機能材料
2006.04.
超高温セラミックスの作製とそのセラミックスの接合に関する研究
キーワード:超高温セラミックス、液相拡散接合
2010.04.
電気容量法による酸化物融体の結晶化挙動の定量化
キーワード:酸化物融体、結晶化、電気容量
2010.04.
固-液共存スラグの粘度に関する研究
キーワード:固-液共存スラグ、粘度
2010.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei SUKENAGA, Pierre FLORIAN,, Koji KANEHASHI, Hiroyuki SHIBATA, Dominique MASSIOT, Oxygen Speciation in Multicomponent Silicate Glasses Using Through Bond Double Resonance NMR Spectroscopy, The Journal of Physical Chemistry Letters , 8, 2274-2279, 2017.03.
2. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Laura ESPOSITO, Toshio YONEIMA, 林 浩一, Joining of UHTC Composites using Metallic Interlayer, Conference Proceedings of the Society for Experimental Mechanics Seriesl, 10, 99-106, 2017.01.
3. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Yusuke HARADA, Crystallinity of Supercooled Oxide Melts Quantified by Electrical Capacitance Measurements, ISIJ International , 57, 1, 23-30, 2017.01.
4. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Toshio YONEIMA, Kotaro FUKUSHIMA, Effect of Sulfur on the Sintering of Nickel Particles, Materials Transactions , 57, 8, 1374-1377, 2016.08.
5. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Evaluation of Crystallization Behavior of Calcium Silicate Based Slags, The Eleventh Korea-Japan Workshop on Science and technology in Ironmaking and Steelmaking, 29-32, 2016.08.
6. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, 林 海龍, アルミナー炭素基板の高炉系スラグに対する濡れ性および評価, 69-71, 2016.11.
7. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, 川上雄太郎, ZrB2-Ni系インサート材を用いたZrB2コンポジットの接合, 63-65, 2016.11.
8. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Yusuke HARADA, Quantitative Analysis for Crystallinity of Supercooled Slag Characterized by Electrical Capacitance Measurement, 10th International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts, 2016.05.
9. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Koji Kanehashi, Structural Role of Alkali Cations in Calcium Aluminosilicate Glasses as Examined Using Oxygen-17 Solid-State Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy, 47B, 3, 2016.03.
10. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Tomoyuki HIGO, Surface Tension of CaO-SiO2-Al2O3-MgO Melts, Proceedings of Asia Steel International Conference 2015, 416-417, 2015.10.
11. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Tomoyuki HIGO, Effect of CaO/SiO2 Ratio on Surface Tension of CaO–SiO2–Al2O3– MgO Melts, 55, 6, 1299-1304, 2015.06.
12. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Yusuke HARADA, Quantitative Analysis for Crystallinity of Super-cooled Silicate Melt Characterized by Electrical Capacitance Measurement, Proceedings of Asia Steel International Conference 2015, 406-407, 2015.05.
13. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Kosuke YASUTAKE, Sohei SUKENAGA, Wettability of Graphite Substrates Against Molten CaO-SiO2-Al2O3-MgO Slags, Proceeding of ICSTI, 7th International Congress on the Science and Technology of Ironmaking, AISTech2015, 734-738, 2015.05.
14. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Laura ESPOSITO, Andreas M. GLAESER, 金属融体の拡散および反応を用いた超高温セラミックスの接合, 49, 12, 1062-1065, 2014.12.
15. 中島邦彦, 齊藤敬高, 助永壮平, 桐原史明, カルシウムシリケートスラグ中への固体石灰の溶解速度に及ぼす第三成分(アルミナ、マグネシアまたはフッ化カルシウム)の影響, 100, 11, 1361-1370, 2013.11.
16. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Yusuke HARADA, Kakeru KUSADA, Sohei SUKENAGA, Hideaki YAMAMURA, Yoshiyuki UESHIMA, Toshiaki MIZOGUCHI, Effects of Agitation and Morphology of Primary Crystalline Phase on Crystallization Behavior of CaO–SiO2–CaF2 Supercooled Melts, 54, 9, 2071, 2014.09.
17. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Kenta YAMASHITA, Michitaka MATSUO, Sohei SUKENAGA, Rheological Behavior and Empirical Model of Simulated Foaming Slag, 54, 9, 2064, 2014.09.
18. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Tomoyuki HIGO, Sohei SUKENAGA, Experimental Evaluation and Empirical Modeling of the Rheological Behavior of Dual-phase Fluids, 3, 349-358, 2014.06.
19. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Tomoyuki HIGO, Koji KANEHASHI, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Effect of Potassium Oxide Addition on Viscosity of Calcium Aluminosilicate Melts at 1673–1873 K, 54, 9, 2039, 2014.09.
20. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Laura ESPOSITO, Diletta SCITI, Laura SILVESTRONI, Cesare MELANDRI, Stefano GUICCIARDI, Andreas M. GLAESER, Transient Liquid Phase Bonding of HfC-based Ceramics, 49, 49[2], 654-664, 2014.02.
21. 中島邦彦, 齊藤敬高, 稲富陽介, 助永壮平, 大杉武史, 酸化鉄を含むアルカリ土類シリケートスラグの粘度に及ぼす酸素分圧の影響, 129, 5, 203-207, 2013.05.
22. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Daiji NAKATA, Sohei SUKENAGA, Viscosity of Rare-Earth Containing Magnesium Silicate Molten Glasses, submitted, 2013.02.
23. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Kenji FUJIMOTO, Daiji NAKATA, Sohei SUKENAGA, Tomoyasu ICHIKI, Viscosity Measurement of RE-Mg-Si-O-N (RE=Y, Gd, Nd and La) Melts and 29Si MAS-NMR Study of Glasses, in press, 2013.02.
24. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Tomoyuki HIGO, Takeshi OHSUGI, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Effect of K2O Addition on the Viscosity of CaO-SiO2-Al2O3-K2O Melt, 77, 5, 2283, 2013.05.
25. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei Sukenaga, Yosuke INATOMI, Yoshiaki GONDA, Takeshi OHSUGI, Effect of Oxidation State of Iron Ions on the Viscosity of Alkali Silicate Melts, 53, 2, 185-190, 2013.04.
26. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei Sukenaga, Kakeru KUSAD, Yoshio OHTA, Effect of Agitation on Crystallization Behavior of CaO–SiO2–R2O (R = Li, Na, or K) System Characterized by Electrical Capacitance Measurement, 52, 12, 2123-2129, 2012.12.
27. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Yoshinori YAMAOKA, Andreas M. GLAESER, Diletta SCITI, Laura SILVESTRONI, Laura ESPOSITO, Advances in Transient-Liquid-Phase Bonding of Ultra-high Temperature ZrC Ceramics, 31, 4-5, 501-511, 2012.11.
28. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei Sukenaga, Kakeru KUSAD, Capacitance Measurement of Molten Calcium Silicate under Shear Stress Field, 31, 4-5, 459-463, 2012.11.
29. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Kenji Kaneko, Hadi Razavi KHOSROSHAHI, Xin LIU, Effect of Nano-sized particles on the Mechanical properties of Y2O3, 44-47, 2012.10.
30. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Hiroyuki IKEDA, Yoshinori YAMAOKA, Andreas M. GLAESER, Wettability and Transient Liquid Phase Bonding of Hafnium Diboride Composite with Ni-Nb Alloys, 47, 24, 8454-8463, 2012.10.
31. NAKASHIMA Kunihiko, Kenji Kaneko, Noritaka Saito, Hadi Razavi KHOSROSHAHI, Hiroyuki IKEDA, Koichi Hayashi, Kazuhiro Yamada, Effect of Cation Doping on Mechanical Properties of Yttria Prepared by an Optimized Two-Step Sintering Process, 95, 10, 3263-3269, 2012.10.
32. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei Sukenaga, Yoshinori YAMAOKA, Tetsuya SEIKE, Low-Temperature Sintering of Silicon Nitride Ceramics Using Oxynitride Sintering Aid, 128, 7, 487-491, 2012.07.
33. Tomoyuki KATAYAMA, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO, Hajime KAGATA and Kunihiko NAKASHIMA, Fabrication of Al2O3-W Functionally Graded Materials by Slipcasting Method, Materials Science and Engineering, 202023, 1-4, 2011, 2011.11.
34. Shinichiro HARUKI, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Viscosity Estimation of Spherical Particles Dispersed Suspension, High Temperature Materials and Process, 30, 4, pp.405-410, 2011.09.
35. Yoshikazu TOMIOKA, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, , Phase Separation Behavior and Coloring of Coating Glasses for Sanitary Ware, Materials Science and Engineering, 18, 1-4, 2011, 2011.06.
36. Sohei SUKENAGA, Shinichiro HARUKI, Yoshitaka NOMOTO, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, , Density and Surface Tension of CaO-SiO2-Al2O3-R2O(R=Li, Na, K) Melts, ISIJ International, 51, 8, 1285-1289, 51, [8], 1285-1289, 2011, 2011.08.
37. 中島邦彦,齊藤敬高,助永壮平, 酸化鉄含有スラグの粘度, Journal of MMIJpp.115-121, 127, [3] , pp.115-121, 2011.03.
38. Sohei SUKENAGA, Tetsuya NAGAHISA, Koji KANEHASHI, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, , Reconsideration on Al Coordination in CaO-SiO2-Al2O3-(R2O or RO) Glasses by Using High Field Solid-State 27Al NMR Spectroscopy, ISIJ International, 51, 2, 333-335, 51, [2], 333-335, 2011, 2011.02.
39. Sohei SUKENAGA, Yoshiaki GONDA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Viscosity of Iron Oxide Containing Slag, 7th Japan-Korea Workshop on Science and Technology of Ironmaking and Steelmaking, pp.104-113, 2011.01.
40. 齊藤敬高,中島邦彦,助永壮平,草田 翔, 電気容量測定による酸化物融体の結晶化挙動検出, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料,19委-12525,pp.1-10., 2011.01.
41. 齊藤敬高,Sung M. HONG,中島邦彦,Andreas M. GLAESER, 液相拡散を用いたセラミックスの接合, 高温学会誌 特集号「材料界面の諸問題とその応用」, 37, [1], pp.10-16, 2011.01.
42. 一木智康,日野隆博,宮本聖司,古川幸太郎,齊藤敬高,中島邦彦, 衛生陶器上の釉薬—ガラス二層構造に及ぼすガラス組成の影響, Journal of MMIJ, 第126号, pp.691-696, 2010.12.
43. Noritaka SAITO, Kakeru KUSADA, Sohei SUKENAGA and Kunihiko NAKASHIMA, Effect of Shear Stress on Crystallization Behavior of CaO-SiO2-R2O (R=Li, Na, or K) melts, Proceedings of the 2nd International Symposium on Thermal Design and Thermophysical Property for Electronics and Energy, pp.134-136, 2010.12.
44. Noritaka SAITO, Kakeru KUSADA, Sohei SUKENAGA and Kunihiko NAKASHIMA, Effect of Shear Stress on Crystallization Behavior of Molten Calcium Silicates, Proceedings of 8th Japan-Brazil Symposium on Dust Processing-Energy-Environment in Metallurgical Industries, pp.154-158, 2010.11.
45. 春木慎一郎,徳永博文,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, M2O-TeO2 (M=Li, Na and K)系融体の密度と表面張力, 日本金属学会誌, 第74巻, pp.629-634, 2010.10.
46. Takeshi TAKAKI, keiko KUROSAWA, Hadi RAZAVI, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO, Kenji KANEKO, Kunihiko NAKASHIMA and Taisei HIRAAKI, Electrolytic Synthesis of Al-Doped ZnO Nanopowders with Low Electrical Resistivity, Journal of the American Ceramics Society, Vol.93, pp.3088-3091, 2010.10.
47. Shinichiro HARUKI, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Viscosity Evaluation of Solid Phase Containing Slag, Proceedings of International Organized Session High Temperature Processes, Thermodynamics and kinetics for environmentally harmonious refining processes with high speed and efficiency, Current Advances in Materials and Processes, pp.823-826, 2010.09.
48. Hadi RAZAVI, Kazuhiro YAMADA, Tomoyuki KATAYAMA, Noritaka SAITO, Kunihiko NAKASHIMA and Kenji KANEKO
, Fabrication and Characterization of Mo-SiO2 Composite, Proceedings of 17th International Microscopy Congress, M9.23, 2010.09.
49. Takeshi TAKAKI, Keiko KUROSAWA, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO, Hadi RAZAVI, Kenji KANEKO and Kunihiko NAKASHIMA
, Electrolytic synthesis of Al-doped ZnO powders with low electrical resistivity, Proceedings of 17th International Microscopy Congress, M9.23, 2010.09.
50. 助永壮平,永久哲也,権田義明,齊藤敬高,中島潤二,中島邦彦, 酸化鉄含有多元系スラグの粘度, 鉄と鋼, Vol.93, pp.2257-2263, 2010.08.
51. Noritaka SAITO, Shin-ya NISHIMURA, Michio KAWANO, Shin-ichi ARAKI, Sohei SUKENAGA, Kunihiko NAKASHIMA and Toshikazu YASUKOUCHI, Fabrication of Nitrogen Containing Cordierite Ceramics, Journal of the American Ceramics Society, Vol.93, pp.2257-2263, 2010.08.
52. 徳永博文,春木慎一郎,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, M2O-TeO2 (M=Li, Na and K)系融体の粘度と屈折率, 日本金属学会誌, 第74巻, pp.331-336, 2010.05.
53. 山岡由宗,荒木慎一,助永壮平,齊藤敬高,安河内利一,中島邦彦, 窒素含有コーディエライトセラミックスの作製, Journal of MMIJ, Vol.50(2010), pp.195-199., 2010年02月, 2010.02.
54. Sohei SUKENAGA, Yoshiaki GONDA, Shinji YOSHIMURA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Viscosity Measurement of Calcium Ferrite Based Slags during Structural Relxation Process, ISIJ International, Vol.50(2010), pp.195-199., 2010年02月, 2010.02.
55. Sohei SUKENAGA, Yoshiaki GONDA, Shinji YOSHIMURA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Effect of Thermal History on the Viscosity of Calcium Ferrite Based Melts, Proceedings of the 11th International Symposium on Materials Science and Engineering between Chonbuk National University and Kyushu University, 第95巻,pp.807-812,2009年12月, 2009.11.
56. 助永壮平,春木慎一郎,山岡由宗,齊藤敬高,中島邦彦, 回転円筒法によるマルチフェイズフラックスの粘性評価, 鉄と鋼, 第95巻,pp.807-812,2009年12月, 2009.10.
57. Shinji YOSHIMURA, Keiko KUROSAWA, Yoshiaki GONDA, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Penetration Behavior of Calcium Ferrite Melts into Hematite Substrate, SIJ International, Vol.49, pp.687-692, May, 2009, 2009.05.
58. 齊藤敬高,吉村慎二,春木慎一郎,山岡由宗,助永壮平,中島邦彦, CaO-SiO2-R2O (R=Li, Na and K)系マルチフェイズフラックスの粘性評価, 鉄と鋼 , 95 [3] pp.282-288, 2009.03.
59. 助永壮平,山岡由宗,齊藤敬高,中島邦彦,難波政雄, 溶融スラグに対する廃棄物溶融炉用耐火物の耐食性向上技術の開発, 三井造船技報, 第196号,pp.19-24, 2009.02.
60. Sohei SUKENAGA, Yoshinori YAMAOKA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Viscosity and Structure of Quaternary Aluminosilicate Melts, The 8th International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts, pp.195-204, 2009.01.
61. Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO, Junji NAKASHIMA and Kunihiko NAKASHIMA, Viscosity of Steel-making Slag Containing Iron Oxide, The 4th International Congress on the Science and Technology of Steelmaking, 2008.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, セラミックスの溶融金属に対する濡れ性, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料, 2016.10.
2. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永壮平, 高炉融着・滴下帯における高温融体の物理的性質, 日本学術振興会 製鋼第54委員会 第186回研究会資料, 2015.07.
3. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 電気容量測定による過冷却酸化物融体の結晶化率定量化, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料, 2015.01.
4. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, Andreas M. GLAESER, Laura ESPOSITO
, 金属融体の拡散および反応を用いた超高温セラミックスの接合, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料, 2014.12.
5. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 山下健太, 松尾充高, 気/液共存流体の粘度測定, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料, 2013.05.
6. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 金橋康二, アルカリ土類およびアルカリ金属酸化物を含むアルミノシリケートスラグの構造に関する再考, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料, 2013.01.
7. 春木慎一郎,濱田佳苗,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, サスペンションの粘性評価と粘度推算式の検討, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料, 2012.01.
8. 坂本浩一,杉村朋子,出浦哲史,齊藤敬高,助永壮平,中島邦彦, CaO-Al2O3-MgO系介在物の結晶化挙動に及ぼすLi2O添加の影響, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料, 2011.10.
9. 助永壮平,金橋康二,齊藤敬高,中島邦彦, アルミノシリケートスラグの構造解析と粘度に関する考察, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料, 2011.05.
10. 中島邦彦,齊藤敬高,助永壮平, 酸化鉄含有スラグの粘度, Journal of MMIJ, 2011.03.
11. 齊藤敬高,中島邦彦,助永壮平
, 電気容量測定による酸化物融体の結晶化挙動検出, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会資料, 2011.01.
12. 齊藤敬高,Sung M. HONG,中島邦彦,Andreas M. GLAESER
, 液相拡散を用いたセラミックスの接合, 高温学会誌 特集号「材料界面の諸問題とその応用」, 2011.01.
13. 中島邦彦,齊藤敬高,助永壮平
, 高温酸化物融体の粘度, 日本結晶成長学会誌「特集 結晶成長を支える高温熱物性計測技術の進展」, 2010.07.
14. 中島邦彦,助永壮平,黒澤慶子,吉村慎二,齊藤敬高
, カルシウムフェライト系融体のヘマタイト焼結体への浸透挙動, 日本学術振興会製銑第54委員会 第176回研究会資料, 2010.06.
15. 中島邦彦, 溶融スラグの粘度—最近の研究—, ふぇらむ, 2010.03.
16. 中島邦彦,齊藤敬高,助永壮平, 高温酸化物融体の粘度, 日本結晶成長学会誌「特集 結晶成長を支える高温熱物性計測技術の進展」, 2010.02.
17. 助永壮平,権田義明,吉村慎二,齊藤敬高,中島邦彦, カルシウムフェライト系融体の構造緩和過程における粘度測定, 日本学術振興会 製銑第54委員会 第174回研究会資料, 2009.06.
18. 助永壮平,永久哲也,権田義明,齊藤敬高,中島潤二,中島邦彦, 酸化鉄含有多元系スラグの粘度, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会, 2009.05.
19. 助永壮平,春木慎一郎,齊藤敬高,中島邦彦, 回転円筒法によるマルチフェイズフラックスの粘性評価, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会, 2009.01.
20. 中島邦彦,齊藤敬高,助永壮平, 固液共存フラックスの熱的非平衡下におけるレオロジー特性, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会, 2008.05.
21. 助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 四元系アルミノシリケート融体の粘度と構造, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会, 2007.06.
主要学会発表等
1. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 原田祐亮, シリケート系酸化物融体のインピーダンス測定, 日本鉄鋼協会 第173回春季講演大会, 2017.03.16.
2. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 原田祐亮, アルカリシリケート系融体のインピーダンス測定, 資源・素材学会, 2017.03.29.
3. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 川上雄太郎, ZzrB2-Ni系インサート材を用いたほう化物系UHTCコンポジットの接合および評価, 資源・素材学会, 2017.03.29.
4. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Nan Yang, The Effect of MgO on Wetting Behavior of Calcium Ferrite Against Hematite Substrate, The 6th Australia-China-Japan Joint Symposium on Iron and Steelmaking, 2016.11.24.
5. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 林 海龍, アルミナー炭素基板の高炉系スラグに対する濡れ性および界面反応, 第37回 日本熱物性シンポジウム, 2016.11.28.
6. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 川上雄太郎, ZrB2-Ni系インサート材を用いたZrB2コンポジットの接合, 第37回 日本熱物性シンポジウム, 2016.11.28.
7. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Wetting Behavior and Joining of UHTC Boridw Composite, The 11th Asian Thermophysical Properties Conference, 2016.10.05.
8. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Higo Tomoyuki, Viscosity Measurement and Structural Analyses of Cesium Oxide Containing Ferro-silicate Based Slags, The 11th Asian Thermophysical Properties Conference , 2016.10.04.
9. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 原田祐亮, 助永壮平, 草田 翔, 山村英明, 上島良之, 溝口利明, CaO-SiO2-CaF2系スラグの結晶化挙動に及ぼす撹拌の影響, 資源・素材学会, 2016.09.14.
10. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Evaluation of Crystallization Behavior of Calcium Silicate Based Slags, The Eleventh Korea-Japan Workshop on Science and Technology in Ironmaking and Steelmaking, 2016.08.05.
11. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Laura ESPOSITO, Joining of UHTC Borides utilizing Interfacial Reaction against Metallic Interlayer, The 6th International Congress on Ceramics, 2016.08.23.
12. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Laura ESPOSITO, Toshio YONEIMA, 林 浩一, Joining of UHTC Composites using Metallic Interlayer, Conference of the Society for Experimental Mechanics Series, 2016.06.07.
13. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Yusuke HARADA, Quantitative Analysis for Crystallinity of Supercooled Slag Characterized by Electrical Capacitance Measurement, 10th International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts, 2016.05.25.
14. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, 古田遼平, カルシウムフェライト系融体の酸化鉄基板への拡散と界面反応, The Energy, Materials, and Nanotechnology (EMN) Meeting on Ceramics 2016, 2016.03.24.
15. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Laura ESPOSITO, Joining of UHTC Boride using Metallic Interlayer, The Energy, Materials, and Nanotechnology (EMN) Meeting on Ceramics 2016, 2016.01.26.
16. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Viscosity of Alkali and Alkaline-earth Aluminosilicate Liquids, Eighth French Research Organizations -Tohoku University Joint Workshop on Frontier Materials (Frontier 2015), 2015.11.30.
17. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Tomoyuki HIGO, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Surface Tension of CaO-SiO2-Al2O3-MgO Melts, Asia Steel International Conference 2015, 2015.10.07.
18. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Yusuke HARADA, Quantitative Analysis for Crystallinity of Super-cooled Silicate Melt Characterized by Electrical Capacitance Measurement, Asia Steel International Conference 2015, 2015.10.07.
19. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Koji KANEHASHI, Pierre FLORIAN, Dominique MASSIOT, Detailed Chemical Environment of Sodium Atoms in a Calcium Aluminosilicate Glass by Variety of 17O Solid-state NMR Technique, International Commission on Glass Annual Meeting Bangkok 2015, 2015.09.22.
20. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Yang Nan, Xing-Min Guo, Influence of Magnesia Addition on Crystalline Phase in CaO-Fe2O3 Melt Crystallization, 日本鉄鋼協会 第170回秋季講演大会予告セッション「高温融体の物性・構造と熱力学」, 2015.09.17.
21. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, 本田皓, Niを用いたホウ化物系超高温耐熱セラミックスの液相拡散接合, 日本鉄鋼協会 第170回秋季講演大会予告セッション「高温融体の物性・構造と熱力学」, 2015.09.17.
22. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Sohei SUKENAGA, Rheological Behavior and Empirical Model of Simulated Foaming Slag, 日本鉄鋼協会 第170回秋季講演大会国際セッション, 2015.09.17.
23. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Koji KANEHASHI, Structural Role of Alkali Cations in Calcium Aluminosilicate Glass by 17O solid-state Nuclear Magnetic Resonance (NMR) Sspectroscop, Challenges and Transformative Solutions to Sustainable Steelmaking and Casting for Environment-Friendly Metallurgical Innovation (CTSSC EMI Symposium), 2015.09.03.
24. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Tomoyuki HIGO, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Viscous Behavior of Ca-K Aluminosilicate Melts from Temperatures close to their Glass Transition to above their Liquidus, 7th French-Japanese joint workshop on Frontier Materials (Frontier 2014), 2014.12.08.
25. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Yusuke HARADA, Effect of Agitation on Crystallization and Rheological Behavior of Super-cooled Calcium Silicate Based Melts Characterized by Electrical Capacitance Measurement, 19th Symposium on Thermophysical Properties, 2015.06.24.
26. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka SAITO, 坂口祥也, 花尾方史
, CaO-SiO2-CaF2-Al2O3 系過冷却フラックスの粘性および結晶化挙動同時評価, 第35回日本熱物性シンポジウム, 2014.11.23.
27. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Kei NISHIMURA, Kou HONDA, Cesare MELANDRI, Laura ESPOSITO, Joining of ZrB2-MoSi2 Composite using Metallic Interlayer, 8th International Conference on High Temperature Capillarity, 2015.05.18.
28. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka SAITO, 肥後智幸, 大杉武史, Cs2O-SiO2-Fe2O3 系スラグの粘度および 構造解析, 第35回日本熱物性シンポジウム, 2014.11.23.
29. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Kosuke YASUTAKE, Sohei SUKENAGA, Wettability of Graphite Substrates Against Molten CaO-SiO2-Al2O3-MgO Slags, ICSTI, 7th International Congress on the Science and Technology of Ironmaking, AISTech2015, 2015.05.06.
30. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka SAITO, 田畑晃人, 谷雅弘, 上島良之, 瀬々昌文
, フッ素含有モールドフラックスの窒素溶解度, 日本鉄鋼協会 第168回秋季講演大会予告セッション「高温融体の界面現象」, 2014.09.25.
31. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Kei NISHIMURA, Laura ESPOSITO, Cesare MELANDRI, Joining of UHTC Boride Composites using Metallic Interlayers, Ultra-high Temperature Ceramics: Materials For Extreme Environment Applications III, 2015.04.14.
32. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka SAITO, 肥後智幸, 助永壮平, 柴田浩幸, 及川格, 高村仁, フッ化物を含有するカルシウムアルミノシリケート融体の粘度, 日本鉄鋼協会 第168回秋季講演大会予告セッション「高温融体の界面現象」, 2014.09.25.
33. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Kou HONDA, Laura ESPOSITO, Cesare MELANDRI, Effect of Ni-Nb Interlayer Thickness on Mechanical Property of HfB2 Composite Joints, Ultra-high Temperature Ceramics: Materials For Extreme Environment Applications III, 2015.04.14.
34. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka SAITO, 安武晃佑, Sohei SUKENAGA, 各種炭素基板のCaO-SiO2-Al2O3-MgO系スラグに対する濡れ性および界面反応, 日本鉄鋼協会 第168回秋季講演大会予告セッション「高温融体の界面現象」, 2014.09.25.
35. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka SAITO, 肥後智幸, 大杉武史, SiO2-FexO-Cs2O系融体の粘度および構造, 資源・素材2014秋季大会, 2014.09.15.
36. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka SAITO, 安武晃佑, Sohei SUKENAGA, 炭素基板のCaO-SiO2-Al2O3-MgO系融体に対する濡れ性および界面反応, 資源・素材2014秋季大会, 2014.09.15.
37. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Hideaki YAMAMURA, Yoshiyuki UESHIMA, Toshiaki MIZOGUCH, Effects of Agitation on Crystallization Behavior of CaO–SiO2–CaF2 Supercooled Melts, The 5th Australia-China-Japan Joint Symposium on Iron and Steelmaking, 2014.10.20.
38. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Tomoyuki HIGO, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Koji KANEHASHI, Additive Effect of K2O on Viscosity and Structure of CaO-SiO2-Al2O3 Melt, 0th European Conference on Thermophysical Properties (ECTP 2014), 2014.08.31.
39. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Laura ESPOSITO, Laura SILVESTRONI, Diletta SCITI, Stefano GUICCIARDI, Andreas M. GLAESER, Joining of UHTC Diborides using Metallic Interlayers, CIMTEC2014, 13th International Ceramics Congress, 2014.06.09.
40. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Laura ESPOSITO, Laura SILVESTRONI, Diletta SCITI, Stefano GUICCIARDI, Andreas M. GLAESER, Joining of Ultra High Temperature Ceramics Using Metallic Interlayers, The 4th International Symposium on SiAlONs and Non-Oxides, 2014.05.26.
41. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Tomoyuki HIGO, Sohei SUKENAGA, Experimental Evaluation and Empirical Modeling of the Rheological Behavior of Dual-phase Fluids, Shechtman International Symposium, 2nd International Symposium on Advanced Sustainable Iron and Steel Making, 2014.06.29.
42. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Kei Nishimura, Andreas M. GLAESER, Joining of Zr-based UHTC Composite with Reactive Metals, The 10th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology, 2013.06.05.
43. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Hiroyuki IKEDA, Andreas M. GLAESER, Transient Liquid Phase Bonding and Wettability of HfB2-MoSi2 Composites with Nb based Alloy, The 10th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology, 2013.06.05.
44. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Laura ESPOSITO, Diletta SCITI, Laura SILVESTRONI, Cesare MELANDRI, Stefano GUICCIARDI, Andreas M. GLAESER, Transient-liquid-phase bonding of HfC-based ceramics, 13th International Conference and Exhibition of the European Ceramic Society, 2013.06.25.
45. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Tomoyuki HIGO,, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Effect of K2O Addition on the Viscosity of CaO-SiO2-Al2O3 Melt, Goldschmidt conference, 2013.08.27.
46. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Sohei SUKENAGA, Crystallization and Rheological Behavior of Calcium Silicate Melts under Shear Stress, 10th Asian Thermophysical Properties Conference (ATPC2013), 2013.09.29.
47. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Tomoyuki HIGO, Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Koji KANEHASHI, Viscosity of CaO-SiO2-Al2O3-K2O Melts and Solid State NMR Study of Glasses, Sixth French Research Organizations -Tohoku University Joint Workshop on Frontier Materials (Frontier 2013), 2013.12.03.
48. 中島邦彦, 齊藤敬高, 渕上太一, 安武晃佑, 助永壮平, 柴田浩幸, CaO-SiO2-Al2O3-MgO系融体と炭素基板との濡れ性, 日本鉄鋼協会 第167回春季講演大会討論会「 低炭素高炉操業のための固気液の流れと物性制御」, 2014.03.22.
49. 中島邦彦, 齊藤敬高, 肥後智幸, 大杉武史, Cs2O-SiO2-Fe2O3系スラグの粘度および構造解析, 日本鉄鋼協会 第167回春季講演大会予告セッション「高温融体の物理化学的性質」, 2014.03.22.
50. 中島邦彦, 齊藤敬高, 草田翔, 助永壮平, 太田能生, Effect of agitation on crystallization behavior of CaO–SiO2–R2O (R = Li, Na, or K) system characterized by electrical capacitance measurement, 日本鉄鋼協会 第167回春季講演大会予告セッション「高温融体の物理化学的性質」, 2014.03.22.
51. 中島邦彦, 齊藤敬高, 原田祐亮, 坂口祥也, 山村英明, 上島良之, 溝口利明, 過冷却酸化物融体の粘性および結晶化挙動同時評価, 日本鉄鋼協会 第167回春季講演大会予告セッション「高温融体の物理化学的性質」, 2014.03.22.
52. 中島邦彦, 齊藤敬高, 原田祐亮, 電気容量測定による過冷却酸化物融体の結晶化率定量化, 日本鉄鋼協会 第167回春季講演大会予告セッション「高温融体の物理化学的性質」, 2014.03.22.
53. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Kenta YAMASHIMA, Sohei SUKENAGA, EViscosity Evaluation of Slag Foam, 8th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics , 2013.11.04.
54. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 倉田皓至, 幸田和也, スリップキャスティング法による Al2O3-W 系傾斜機能材料の作製, 資源・素材2013春季大会, 2013.03.29.
55. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 西村啓, 林浩一, 高反応性金属を用いたホウ化ジルコニウムの接合, 資源・素材2013春季大会, 2013.03.29.
56. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 金子 賢治, ハディラザヴィ, 大串将巧, Y2O3へのZrO2添加による機械的特性の改善, 日本金属学会 2013春期(第152回)大会, 2013.03.27.
57. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 春木慎一郎, 利根俊輔, CaO分散スラグによる溶鋼脱硫, 日本鉄鋼協会 第165回春季講演大会予告セッション「高温材料の物理化学とその材料創成プロセスへの応用」, 2013.03.28.
58. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 草田翔, 原田祐亮, 溝口利明, CaO-SiO2-CaF2系過冷却融体の結晶化挙動に及ぼす撹拌の影響, 日本鉄鋼協会 第165回春季講演大会予告セッション「高温材料の物理化学とその材料創成プロセスへの応用」, 2013.03.28.
59. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 春木慎一郎, 山下健太, 松尾充高, フォーミングスラグの粘性挙動, 日本鉄鋼協会 第165回春季講演大会予告セッション「高温材料の物理化学とその材料創成プロセスへの応用」, 2013.03.28.
60. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 金橋康二, アルカリ土類およびアルカリ金属酸化物を含むアルミノシリケートスラグの構造に関する再考, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会, 2013.01.18.
61. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei Sukenaga, Pierre FLORIAN, Dominique MASSIOT, Cation Micro-segregation in Alkali and Alkaline-earth Aluminosilicate Glasses, 日本鉄鋼協会高温プロセス部会高温物性値フォーラム 平成24年度第2回 高温物性値フォーラム研究会, 2012.12.12.
62. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Effect of Agitation on Crystallization of Calcium Silicate Based Slags, The 4th Australia-China-Japan Joint Symposium on Iron and Steelmaking , 2012.11.04.
63. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei Sukenaga, Shinichiro HARUKI, Yusuke RINE, Desulphurisation of Molten Steel by CaO Particles Dispersed Slag, ICS2012 5th International Congress on the Science and Technology of Steelmaking 2012, 2012.10.02.
64. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei Sukenaga, Kakeru KUSADA, Effect of Shear Stress on Crystallization Behavior of Calcium Silicate based Melts, ICS2012 5th International Congress on the Science and Technology of Steelmaking 2012, 2012.10.02.
65. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 渕上太一, CaO-SiO2-Al2O3-MgO系スラグによるグラファイトの濡れ性, 日本鉄鋼協会 第16回秋季講演大会討論会「低炭素高炉を目指した炉内の固気液の流れと反応制御の展開」, 2012.09.17.
66. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 銅製錬のための酸化物スラグ融体の粘性挙動, 資源・素材2012秋季大会, 2012.09.12.
67. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Sohei Sukenaga, Kakeru KUSADA, Stirring Effect on Crystallization Behavior of Molten Calcium Silicates Characterized by Electrical Capacitance Measurement, The 8th Japan-Korea Workshop on Science and Technology of Ironmaking and Steelmaking, 2012.09.03.
68. NAKASHIMA Kunihiko, Noritaka Saito, Kenji Kaneko, Hadi Razavi KHOSROSHAHI, Optimization of Two-step Sintering Schedule for Y2O3 Ceramics, IFAMST-8 8th International Forum on Advanced Materials Science and Technology, 2012.08.03.
69. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 春木慎一郎, Effect of Aggregation Degree of Dispersed Particle on Viscosity of Suspension, IFAMST-8 8th International Forum on Advanced Materials Science and Technology, 2012.08.02.
70. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 草田 翔, 太田 能生, 北山 幹人, Effect of Shear Stress on Crystallization and Rheological Behavior of Molten Calcium Silicates, IFAMST-8 8th International Forum on Advanced Materials Science and Technology, 2012.08.02.
71. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 金子 賢治, Hadi Razavi KHOSROSHAHI, 大串将巧, Y2O3基複合材料の作製および機械的特性, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 平成24年度共催合同学術講演会, 2012.06.09.
72. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 春木慎一郎, 利根俊輔, 固体CaO分散スラグによる脱硫挙動, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 平成24年度共催合同学術講演会, 2012.06.09.
73. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 助永 壮平, 春木慎一郎, 山下健太, 気液共存流体の常温における粘度測定, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 平成24年度共催合同学術講演会, 2012.06.09.
74. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, Sung M. HONG, Andreas M. Glaeser, 液相拡散を用いたセラミックスの接合, 日本高温学会 平成24年度春季学術総合講演会, 2012.05.30.
75. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 池田拓之, HfB2 基板の Ni-Nb 合金に対する濡れ性および接合, 資源・素材学会九州支部 平成24年度春季例会, 2012.05.25.
76. 中島 邦彦, 齊藤 敬高, 西村啓, 低融点ガラスの組成設計と物性評価, 資源・素材学会九州支部 平成24年度春季例会, 2012.05.25.
77. Noritaka SAITO, Kakeru KUSADA, Sohei SUKENAGA, and Kunihiko NAKASHIMA, “Effect of Shear Stress on Crystallization Behavior of Mold Flux for Continuous Casting”, TMS2012 141st Annual Meeting & Exhibition, 3rd International Symposium on High Temperature Metallurgical Processing, 2012.03.
78. 倉田皓至,加賀田元,齊藤敬高,中島邦彦, SiO2-W FGMの傾斜組成に及ぼすW表面性状の影響, 資源・素材2012春季大会, 2012.03.27.
79. 山岡由宗,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, ホウ化ハフニウムの結晶粒径に及ぼすジルコニアの影響, 資源・素材2012春季大会, 2012.03.27.
80. 春木慎一郎,濱田佳苗,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, サスペンジョンの粘性に体する粒子の凝集度の影響, 日本鉄鋼協会 第163回春季講演大会, 2012.03.30.
81. 稲冨陽介,権田義明,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 酸化鉄含有シリケートスラグの粘度に及ぼすFe2+/Fe3+の影響, 平成23年度第3回高温物性値フォーラム〜高温融体の物理化学的性質−高温プロセス技術開発のために−〜, 2011.12.14.
82. 春木慎一郎,濱田佳苗,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 凝集粒子分散スラグの粘性評価, 平成23年度第3回高温物性値フォーラム〜高温融体の物理化学的性質−高温プロセス技術開発のために−〜, 2011.12.14.
83. 助永壮平,永久哲也,齊藤敬高,中島邦彦, CaO-SiO2-Al2O3-R2O系スラグの構造情報に基づいた粘度推算式の最適化, 平成23年度第3回高温物性値フォーラム〜高温融体の物理化学的性質−高温プロセス技術開発のために−〜, 2011.12.14.
84. 阿部洋平,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 炭化ケイ素基板の溶融金属に対する濡れ性評価, 日本金属学会 2011秋期(第149回)大会, 2011.11.07.
85. 齊藤敬高,助永壮平,中島邦彦, 両性酸化物を含む酸化物融体の粘性挙動, 2011.10.18.
86. 池田拓之, Hadi Razavi KHOSROSHAHI,齊藤敬高,金子賢治,中島邦彦, Y2O3セラミックスの高強度化に及ぼす添加物の影響, 資源・素材2011秋季大会, 2011.09.26.
87. 稲冨陽介,権田義明,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 酸化鉄含有シリケートスラグの粘度に及ぼすFe2+/Fe3+の影響, 日本鉄鋼協会 第162回秋季講演大会予告セッション「高温融体の物理化学的性質−高温プロセス技術開発のために」, 2011.09.21.
88. 春木慎一郎,濱田佳苗,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 凝集粒子分散スラグの粘性評価, 日本鉄鋼協会 第162回秋季講演大会予告セッション「高温融体の物理化学的性質−高温プロセス技術開発のために」, 2011.09.21.
89. 助永壮平,永久哲也,齊藤敬高,中島邦彦,金橋康二, CaO-SiO2-Al2O3-R2O系スラグの構造情報に基づいた粘度推算式の最適化, 日本鉄鋼協会 第162回秋季講演大会予告セッション「高温融体の物理化学的性質−高温プロセス技術開発のために」, 2011.09.21.
90. Noritaka SAITO, Kakeru KUSADA, Sohei SUKENAGA and Kunihiko NAKASHIMA, Effect of Agitation on Crystallisation Behavior of Calcium Silicate Melts, International Conference on the Chemistry of Glasses and Glass-Forming Melts, Lomonosov2011, 2011.09.07.
91. Sohei SUKENAGA, Yoshiaki GONDA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Effect of Oxygen Partial Pressure on the Viscosity of Iron Oxide Containing Alkali Slicate Melts, International Conference on the Chemistry of Glasses and Glass-Forming Melts, Lomonosov2011, 2011.09.05.
92. Hadi Razavi KHOSROSHAHI, Hiroyuki IKEDA, Noritaka SAITO, Kenji KANEKO, Sohei SUKENAGA, and Kunihiko NAKASHIMA, Mechanical Properties and Microstructural Analysis of Y2O3 Based Ceramics, 12th International Conference and Exhibition of the European Ceramic Society, 2011.06.22.
93. Noritaka SAITO, Kakeru KUSADA, Sohei SUKENAGA, and Kunihiko NAKASHIMA, Novel Detection Method for Crystallization Behavior of Molten Calcium Silicates, 12th International Conference and Exhibition of the European Ceramic Society, 2011.06.21.
94. 春木慎一郎,濱田佳苗,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, サスペンションの粘性に対する分散粒子の凝集の影響, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 平成23年度共催合同学術講演会, 2011.06.11.
95. Hadi Razavi KHOSROSHAHI,池田拓之,齊藤敬高,金子賢治,中島邦彦, Y2O3 セラミックスの作製および微構造解析, 日本金属学会九州支部 日本鉄鋼協会九州支部 平成23年度共催合同学術講演会, 2011.06.11.
96. 池田拓之,Hadi Razavi KHOSROSHAHI,齊藤敬高,中島邦彦, Y2O3 セラミックスの高強度化に及ぼすドーパントおよび焼結条件の影響, 資源・素材学会九州支部 平成23年度春季例会, 2011.06.03.
97. 稲富陽介,権田義明,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, アルカリフェロシリケートスラグの粘度に及ぼすFe2+/Fe3+の影響, 資源・素材学会九州支部 平成23年度春季例会, 2011.06.03.
98. 中島邦彦,助永壮平,春木慎一郎,野本祥貴,齊藤敬高, CaO-SiO2-Al2O3系スラグの密度・表面張力に及ぼすアルカリ酸化物添加の影響, 2011.06.03.
99. 助永壮平,永久哲也,金橋康二,齊藤敬高,中島邦彦, アルミノシリケート融体の構造解析と粘度に関する考察, 2011.05.24.
100. 助永壮平,永久哲也,齊藤敬高,中島邦彦,金橋康二, CaO-SiO2-Al2O3-R2O系スラグの構造情報に基づいた粘度推算式の最適化, 日本鉄鋼協会 第161回春季講演大会予告セッション「産業界のニーズに応えるための高温熱物性研究の展開・体系化」, 2011.03.27.
101. 稲富陽介,権田義明,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 酸化鉄含有シリケートスラグの粘度に及ぼす酸素分圧の影響, 2011.03.09.
102. 池田拓之,Hadi RAZAVI KHOROSHAHI,齊藤敬高,中島邦彦, Y2O3セラミックスの高強度化に及ぼす添加物の影響, 2011.03.09.
103. Sohei SUKENAGA, Yoshiaki GONDA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA
, Viscosity of Iron Oxides Containing Slags, The 7th Japan/Korea Workshop on Science and Technology of Ironmaking and Steelmaking, 2011.02.07.
104. 齊藤敬高,中島邦彦,助永壮平,草田 翔, 電気容量測定による酸化物融体の結晶化挙動検出, 2011.01.24.
105. Noritaka SAITO, Kakeru KUSADA, Sohei SUKENAGA and Kunihiko NAKASHIMA
, Effect of Shear Stress on Crystallization Behavior of CaO-SiO2-R2O (R=Li, Na, or K) melts, 2nd International Symposium on Thermal Design and Thermophysical Property for Electronics and Energy, 2010.12.
106. 助永壮平,権田義明,齊藤敬高,中島邦彦, 酸化鉄含有スラグの粘度, 第31回日本熱物性シンポジウム, 2010.11.17.
107. Noritaka SAITO, Kakeru KUSADA, Sohei SUKENAGA and Kunihiko NAKASHIMA
, Effect of Shear Stress on Crystallization Behavior of Molten Calcium Silicates, 8th Japan-Brazil Symposium on Dust Processing-Energy-Environment in Metallurgical Industries, 2010.11.02.
108. Shinichiro HARUKI, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA
, Viscosity Evaluation of Solid Phase Containing Slag, International Organized Session High Temperature Processes, Thermodynamics and kinetics for environmentally harmonious refining processes with high speed and efficiency, Current Advances in Materials and Processes, 2010.09.
109. Hadi RAZAVI, Kazuhiro YAMADA, Tomoyuki KATAYAMA, Noritaka SAITO, Kunihiko NAKASHIMA and Kenji KANEKO, Fabrication and Characterization of Mo-SiO2 Composite, 17th International Microscopy Congress, 2010.09.22.
110. Takeshi TAKAKI, Keiko KUROSAWA, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO, Hadi RAZAVI, Kenji KANEKO and Kunihiko NAKASHIMA
, Electrolytic synthesis of Al-doped ZnO powders with low electrical resistivity, 17th International Microscopy Congress, 2010.09.22.
111. 片山智之,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, Al2O3-W 系傾斜機能材料の作製および評価, 資源・素材2010春季大会, 2010.03.30.
112. 劉欣,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 二段階焼結法によるイットリアセラミックスの緻密化, 資源・素材2010春季大会, 2010.03.30.
113. 助永壮平,権田義明,齊藤敬高,中島邦彦, 酸化鉄を含むシリケート融体の粘度に及ぼす酸素分圧の影響, 日本鉄鋼協会 第159回春季講演大会, 2010.03.29.
114. 中島邦彦,永久哲也,助永壮平,齊藤敬高,高橋貴文,金橋康二, シリケート系融体の粘度, 日本鉄鋼協会 第159回春季講演大会, 2010.03.29.
115. 春木慎一郎,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 球状粒子分散サスペンションの粘性評価, 平成22年度第1回材料プロセス談話会, 2010.03.05.
116. 富岡慶一,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦,日野隆博,一木智康, 衛生陶器用コーティングガラスの分相制御, 平成22年度第1回材料プロセス談話会, 2010.03.05.
117. Shinichiro HARUKI, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Viscosity Evaluation of Spherical Particles Dispersed Suspension, The 7th Japan/Korea International Symposium on Resources Recycling and Materials Science, 2009.12.16.
118. Yoshinori YAMAOKA, Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Low-temperature Sintering of Silicon Nitride Ceramics using an Oxynitride Sintering Aid, The 7th Japan/Korea International Symposium on Resources Recycling and Materials Science, 2009.12.16.
119. Sohei SUKENAGA, Yoshiaki GONDA, Shinji YOSHIMURA, Noritaka SAITO and Nakashima KUNIHIKO, Effect of Thermal History on the Viscosity of Calcium Ferrite Based Melts, 日本金属学会 2009年秋期大会, 2009.11.05.
120. 才宮彰太,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 高純度・アルミナ微粉末の作成および評価, 日本金属学会 2009年秋期大会, 2009.09.16.
121. 黒澤慶子,高木健,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦,, 超微粒子導電性酸化亜鉛の作製および評価, 日本金属学会 2009年秋期大会, 2009.09.15.
122. 春木慎一郎,田堀裕子,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦,, 球状粒子分散系サスペンションの粘性評価, 日本鉄鋼協会 第158回秋季講演大会, 2009.09.17.
123. 宮本聖司, 一木智康,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 宮本聖司, 衛生陶器の高耐久性コーティングを目指したガラスの組成設計, 日本鉄鋼協会 第158回秋季講演大会, 2009.09.16.
124. 権田義明,永久哲也,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, , アルカリフェロシリケート融体の粘度測定, 日本鉄鋼協会 第158回秋季講演大会, 2009.09.16.
125. 助永壮平,権田義明,吉村慎二,齊藤敬高,中島邦彦, カルシウムフェライト系融体の構造緩和過程における粘度変化, 日本学術振興会 製銑第54委員会 第174回研究会, 2009.06.18.
126. 助永壮平,永久哲也,権田義明,齊藤敬高,中島潤二,中島邦彦, 酸化鉄含有多元系スラグの粘度, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会, 2009.05.12.
127. 助永壮平,春木慎一郎,齊藤敬高,中島邦彦, 高炉系スラグの物性値測定, 日本鉄鋼協会 第157回春季講演大会討論会, 2009.03.29.
128. 永久哲也,権田義明,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 製鋼スラグの粘度に及ぼす酸化鉄添加の影響, 日本鉄鋼協会 第157回春季講演大会, 2009.03.30.
129. 助永壮平,春木慎一郎,齊藤敬高,中島邦彦, 回転円筒法によるマルチフェイズフラックスの粘性評価, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会, 2009.01.29.
130. Sohei SUKENAGA, Yoshinori YAMAOKA, Noritaka SAITO and Kunihiko NAKASHIMA, Viscosity and Structure of Quaternary Aluminosilicate Melts, The 8th International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts, 2009.01.20.
131. Sohei SUKENAGA, Noritaka SAITO, Junji NAKASHIMA and Kunihiko NAKASHIMA, Viscosity of Steel-making Slag Containing Iron Oxide, The 4th International Congress on the Science and Technology of Steelmaking, 2008.10.07.
132. 助永壮平,吉村慎二,権田義明,齊藤敬高,中島邦彦, カルシウムフェライト系融体の物性値測定, 平成20年度資源・素材関係学協会合同秋季大会, 2008.10.09.
133. 島邦彦,助永壮平,齊藤敬高,黒澤慶子,吉村慎二, カルシウムフェライト系融体のヘマタイト焼結体への浸透挙動と界面反応, 日本鉄鋼協会 第156回春季講演大会討論会, 2008.09.24.
134. 助永壮平,吉村慎二,春木慎一郎,齊藤敬高,中島邦彦, カルシウムシリケート系マルチフェイズフラックスの粘性評価, 日本鉄鋼協会 第156回春季講演大会討論会「モールドフラックスにおける諸問題」, 2008.09.25.
135. 助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦,吉村慎二,春木慎一郎, マルチフェイズフラックスの粘性評価, 日本鉄鋼協会 第156回春季講演大会討論会「マルチフェーズフラックスを利用した新精錬プロセス技術の新展開」, 2008.09.24.
136. 桐原史明,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 固体CaOのCaO-SiO2系スラグ中への溶解速度, 日本鉄鋼協会 第156回春季講演大会, 2008.09.23.
137. 細野優維,岩松映里,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, 封着用低融点ガラスの開発, 日本金属学会 2008秋期(第143回)大会, 2008.09.23.
138. 中島邦彦,齊藤敬高,助永壮平, 固液共存フラックスの熱的非平衡下におけるレオロジー特性, 日本学術振興会 製鋼第19委員会 反応プロセス研究会, 2008.05.22.
139. 権田義明,助永壮平,齊藤敬高,中島邦彦, カルシウムフェライト系融体の粘度測定, 日本鉄鋼協会 第155回春季講演大会, 2008.03.27.
140. 助永壮平,吉村慎二,齊藤敬高,中島邦彦, CaO-SiO2系マルチフェイズフラックスの粘性評価, 日本鉄鋼協会 第155回春季講演大会, 2008.03.27.
141. 助永壮平,齊藤敬高,中島潤二,中島邦彦, 酸化鉄を含む製鋼スラグの粘度に及ぼす気相中酸素分圧の影響, 日本鉄鋼協会 第155回春季講演大会, 2008.03.27.
142. Kunihiko NAKASHIMA, Noritaka SAITO, Kenji KANEKO, Ayumu UMEMOTO and Koichi HAYASHI, , Fabrication of Mo-SiO2 Functionally Graded Materials by Slip-casting Method, International Conference on Mining, Materials, and Petroleum Engineering: The Frontiers of Technology, 2007.05.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 該当なし, 該当なし.
2. 該当なし, 該当なし.
3. 該当なし, 該当なし.
4. 該当なし, 該当なし.
5. 該当なし, 該当なし.
6. 該当なし, 該当なし.
7. 該当なし, 該当なし, 2009.04.
8. 該当なし, 該当なし, 2009.04.
特許出願・取得
特許出願件数  5件
特許登録件数  1件
その他の優れた研究業績
2016.04, 鉄鋼製錬およびガラス、セラミックスの分野を専門としたプロセスおよび材料設計の研究を行っている。鉄鋼製錬関係では、スラグの高温物性値(粘度、表面張力、密度)の測定と構造解析を中心に研究を行っており、日本鉄鋼協会を中心に研究成果を報告している。ガラス、セラミックス関係では、ガラスの構造解析、セラミックスと金属の濡れ性と界面反応、金属とガラスおよびセラミックスとの傾斜機能材料の開発を行っており、資源資材学会やアメリカセラミックス協会に研究成果を報告している。.
2013.04, 鉄鋼製錬およびガラス、セラミックスの分野を専門としたプロセスおよび材料設計の研究を行っている。鉄鋼製錬関係では、スラグの高温物性値(粘度、表面張力、密度)の測定と構造解析を中心に研究を行っており、日本鉄鋼協会を中心に研究成果を報告している。ガラス、セラミックス関係では、ガラスの構造解析、セラミックスと金属の濡れ性と界面反応、金属とガラスおよびセラミックスとの傾斜機能材料の開発を行っており、資源資材学会やアメリカセラミックス協会に研究成果を報告している。.
2010.04, 鉄鋼製錬およびガラス、セラミックスの分野を専門としたプロセスおよび材料設計の研究を行っている。鉄鋼製錬関係では、スラグの高温物性値(粘度、表面張力、密度)の測定と構造解析を中心に研究を行っており、日本鉄鋼協会を中心に研究成果を報告している。ガラス、セラミックス関係では、ガラスの構造解析、セラミックスと金属の濡れ性と界面反応、金属とガラスおよびセラミックスとの傾斜機能材料の開発を行っており、資源資材学会やアメリカセラミックス協会に研究成果を報告している。.
2009.04, 鉄鋼製錬およびガラス、セラミックスの分野を専門としたプロセスおよび材料設計の研究を行っている。鉄鋼製錬関係では、スラグの高温物性値(粘度、表面張力、密度)の測定と構造解析を中心に研究を行っており、日本鉄鋼協会を中心に研究成果を報告している。ガラス、セラミックス関係では、ガラスの構造解析、セラミックスと金属の濡れ性と界面反応、金属とガラスおよびセラミックスとの傾斜機能材料の開発を行っており、資源資材学会やアメリカセラミックス協会に研究成果を報告している。.
学会活動
所属学会名
アメリカ セラミックス協会
資源・素材学会
日本金属学会
日本鉄鋼協会
日本鉄鋼協会
日本金属学会
資源・素材学会
アメリカ セラミックス協会
日本鉄鋼協会
日本金属学会
日本セラミックス協会
資源・素材学会
アメリカ セラミックス協会
アメリカ セラミックス協会
資源・素材学会
日本セラミックス協会
日本鉄鋼協会
日本金属学会
学協会役員等への就任
2016.04~2017.05, 日本学術振興会第19委員会, 運営委員.
2008.04~2017.03, 日本鉄鋼協会・日本金属学会九州支部, 評議員.
2016.04~2017.05, 日本鉄鋼協会 高温プロセス部会, 副部会長.
2015.04~2019.03, 日本鉄鋼協会, 論文編集委員会副委員長.
2016.04~2018.03, 日本鉄鋼協会, 理事.
2016.04~2018.03, 日本金属学会, 代議員.
2015.04~2017.03, 日本金属学会, 代議員.
2015.04~2017.03, 日本鉄鋼協会, 論文編集委員会副委員長.
2010.04~2016.05, 日本鉄鋼協会 高温プロセス部会, 運営委員.
2008.04~2016.03, 日本鉄鋼協会・日本金属学会九州支部, 評議員.
2014.04, 日本鉄鋼協会 物性値フォーラム, 代表幹事.
2013.04, 日本鉄鋼協会・日本金属学会九州支部 材料プロセス談話会, 幹事.
2011.04~2012.03, 資源・素材学会, 理事.
2011.04~2012.03, 資源•素材学会九州支部, 支部長.
学会・研究会における座長等
2016.03.23~2016.03.25, 日本鉄鋼協会 第171回春季講演大会予告セッション「高温冶金のための融体物性研究の進展」, 座長.
2013.04.15~2013.04.16, The ISIJ-VDEh-Jernkontoret Joint Symposium, 座長.
2010.05~2010.05.24, 該当なし.
2009.01.20~2009.05.18, The 8th International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts, 座長.
2008.10.07~2009.05.18, The 4th International Congress on the Science and Technology of Steelmaking, 座長.
2004.09, 日本鉄鋼協会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.03.23, 該当なし.
2016.03.23~2016.03.25, 日本鉄鋼協会, 予告セッション企画・世話人・座長.
2014.09.24~2014.09.26, 日本鉄鋼協会, 予告セッション企画・世話人・座長.
2014.03.21~2014.03.23, 日本鉄鋼協会, 予告セッション企画・世話人・座長.
2013.04.15~2013.04.16, The ISIJ-VDEh-Jernkontoret Joint Sympojium, 座長.
2013.04.15~2013.04.16, The ISIJ-VDEh-Jernkontoret Joint Sympojium, 組織委員.
2011.02.06~2011.02.08, The 7th Japan-Korea Workshop on Science and Technology of Ironmaking and Seelmaking, 座長.
2004.09, 日本鉄鋼協会, 討論会 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.04~2017.03, ISIJ International、鉄と鋼, 編集副委員長.
2015.04~2017.03, ISIJ International、鉄と鋼, 編集副委員長.
2011.04~2015.03, ISIJ International, 編集幹事.
2011.04, ISIJ International, 編集委員.
2011.04, 日本鉄鋼協会, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2015年度    
2014年度      
2013年度    
2012年度  
2011年度      
2010年度    
2009年度    
2008年度   11    13 
2007年度  
2006年度
2004年度 15 
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, スタッフ、研究テーマと内容の紹介, 2008.04.
ホームページ, スタッフ、研究テーマと内容の紹介, 2008.04.
ホームページ, スタッフ、研究テーマと内容の紹介, 2008.04.
ホームページ, 研究テーマと内容の紹介, 2008.04.
ホームページ, スタッフ、および研究テーマと内容の紹介, 2008.04.
ホームページ, 研究テーマと簡単な内容の紹介, 2008.04.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
メルボルン(国際会議), Australia, 2016.11~2016.11.
シカゴ(国際会議), サンフランシスコ(U.C.Berkrey), United States of America, 2015.05~2015.05.
ニューデリー, India, 2014.07~2014.07.
済州島, Korea, 2012.09~2012.09.
マンチェスター, United Kingdom, 2012.09~2012.09.
北京国際コンベンションセンター, China, 2012.05~2012.05.
オリンピッックパークホテル, Korea, 2011.05~2011.05.
Windsor Barra Convention Center, Brazil, 2010.09~2010.09.
モンゴル科学技術大学, Mongolia, 2009.09~2009.09.
U.C.Berkeley, United States of America, 2008.07~2008.08.
プーケット, Thailand, 2007.05~2007.05.
U.C.Berkeley, United States of America, 2003.01~2003.01.
ニューサウスウェールズ大学, Australia, 2004.07~2004.07.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.05~2017.05, .
2013.06~2013.10, UC Berkeley, United States of America, 日本学術振興会.
2013.08~2013.08, ISTEC-KU, Italy, 日本学術振興会.
2012.07~2012.08, University of Science & Technology Beijing, China, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2006.05~2006.06, カリフォルニア大学 バークレー校, United States of America, 学内資金.
受賞
澤村論文賞, 日本鉄鋼協会, 2017.03.
澤村論文賞, 日本鉄鋼協会, 2013.03.
山岡賞, 日本鉄鋼協会, 2012.03.
山岡賞, 日本鉄鋼協会, 2010.03.
山崎賞(論文賞), 日本素材物性学会, 2008.06.
学術記念賞(西山記念賞), 社団法人 日本鉄鋼協会, 2003.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2005年度~2006年度, 基盤研究(B), 代表, 高温融体物性からの窒化ケイ素の液相焼結プロセスの解明.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 放電灯用金属(W)−酸化物(SiO2, Al2O3)傾斜機能材料の開発.
2004年度~2005年度, 代表, 高温融体物性からの窒化ケイ素の液相焼結プロセスの解明.
2003年度~2004年度, 代表, 窒素及び炭素含有高強度低熱膨張セラミックスの開発に関する研究.
1999年度~2001年度, 代表, 酸化物融体中への窒素及び炭素の溶解機構に関する研究.
1998年度~1999年度, 分担, クロム鉱石の溶融還元機構.
1997年度~1998年度, 代表, 異なる窒素源による酸化物融体中への窒素の溶解機構に関する研究.
1995年度~1996年度, 分担, 高温材料への適用のためのセラミックスの低温接合に関する研究.
1991年度~1991年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 酸化物系溶体の相分離に関する研究.
1994年度~1995年度, 代表, PTLP法によるセラミックスの接合に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2017年度, 該当なし, 代表, 該当なし.
2015年度~2017年度, 該当なし, 代表, スラグの結晶化.
2003年度~2005年度, 科学技術振興調整費 (文部科学省), 代表, 光源用SiO2ガラス-金属傾斜機能材料の開発.
2002年度~2003年度, 代表, ごみ焼却残渣の溶融処理と生成スラグの物性値に関する研究.
1996年度~1997年度, 代表, 連続鋳造用フラックスの粘度の測定.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.04~2017.03, 共同研究, 神戸製鋼所(株), 代表, スラグの結晶化挙動に関する研究.
2016.04~2017.03, 共同研究, (株)IHI, 代表, ガラスの組成設計.
2016.04~2017.03, 共同研究, 新日鐵住金(株), 代表, スラグの粘度および結晶化挙動の解明.
2015.04~2016.03, 共同研究, (株)IHI, 代表, ガラスの組成設計.
2015.04~2016.03, 共同研究, 新日鐵住金(株), 代表, スラグの粘度および結晶化挙動の解明.
2015.04~2016.03, 受託研究, 神戸製鋼所(株), 代表, スラグの結晶化挙動に関する研究.
2013.04~2014.03, 共同研究, メルテックス(株), 代表, 導電性酸化亜鉛の特性評価.
2013.04~2014.03, 共同研究, 新日鐵住金(株), 代表, スラグの粘度および結晶化挙動の解明.
2012.04~2013.03, 受託研究, (株)平昭, 代表, 導電性酸化亜鉛粉末の作製.
2012.04~2013.03, 受託研究, 日本鋳鍛鋼株式会社, 代表, 還元スラグの結晶化挙動.
2012.04~2013.03, 受託研究, (株)神戸製鋼所, 代表, SiO2系酸化物の構造および結晶化挙動.
2012.04~2013.03, 共同研究, 新日本製鐵株式会社, 代表, 改質スラグの粘性測定.
2011.04~2012.04, 受託研究, (株)日本鋳鍛鋼, 代表, スラグの有効利用に関する研究.
2011.04~2012.03, 共同研究, (株)神戸製鋼所, 代表, スラグの粘度および結晶化に関する研究.
2011.04~2012.03, 共同研究, (株)新日本製鐵, 代表, スラグの粘度に関する研究.
2011.04~2012.03, 受託研究, (株)平昭, 代表, 導電性酸化亜鉛粉末の作製とその粉末の焼結および焼結体のスパッタ特性に関する研究.
2008.11~2009.03, 受託研究, 新日本製鐵株式会社, 代表, 低FeO濃度スラグの粘度測定.
寄附金の受入状況
2016年度, 昭栄化学工業(株), 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2016年度, TOTO(株), 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2016年度, 鉄鋼リサーチセンター, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2015年度, 鉄鋼リサーチセンター, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2013年度, 三井金属鉱業(株), 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2013年度, 鉄鋼スラグ協会, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2013年度, TOTO(株), 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2013年度, 昭栄化学工業(株), 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2012年度, (株)超高温材料研究センター, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2012年度, 鐵鋼スラグ協会, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2012年度, (株)昭栄化学工業, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2012年度, (株)新日本製鐵(鉄鋼リサーチセンターから), 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2012年度, (株)日鐵テクノリサーチ, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2011年度, (株)超高温材料研究センター, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2011年度, (株)TOTO, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2011年度, (株)昭栄化学工業, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2011年度, (株)住友金属工業, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2010年度, TOTO株式会社, 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2011年度, (株)新日本製鐵(鉄鋼リサーチセンターから), 工学研究院研究資金(材料工学部門).
2008年度, 社団法人日本鉄鋼協会, 工学研究院研究資金/複合層焼結に関する研究.
2008年度, 社団法人日本鉄鋼協会, 工学研究院研究資金/マルチフェイズフラックスの粘度測定.

九大関連コンテンツ