九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
磯辺 篤彦(いそべ あつひこ) データ更新日:2019.01.26



主な研究テーマ
黄海・東シナ海といった陸棚域、あるいは瀬戸内海のような沿岸海洋の海洋力学過程に関する研究。縁辺海や沿岸海洋で成立する大気海洋相互作用の研究。漂流漂着ゴミの輸送過程で,最近はマイクロプラスチックの輸送過程や形成過程。研究内容の詳細は、研究室のウェブサイトをご覧になってください。http://mepl1.riam.kyushu-u.ac.jp/
キーワード:沿岸陸棚域の海洋循環、大気海洋相互作用、海洋プラスチックゴミ、マイクロプラスチック
2006.04.
従事しているプロジェクト研究
海洋プラスチックごみに係る動態・環境影響の体系的解明と計測手法の高度化に係る研究
2018.04~2021.03, 代表者:磯辺篤彦.
沿岸から大洋を漂流するマイクロプラスチックスの動態解明と環境リスク評価
2015.06~2018.03, 代表者:磯辺篤彦, 応用力学研究所, 応用力学研究所
沿岸から大洋を漂流するマイクロプラスチックスの動態解明と環境リスク評価を行う.
Effects of Marine Debris Caused by the Great Tsunami of 2011
2014.04~2016.04, 代表者:Hideaki Maki, NIES (JPN), Fisheries and Oceans Canada Pacific Biological Station (Canada), NOAA (USA), PICES
3.11震災漂着物による北米西海岸への外来生物種の移入問題.
縁辺海の海洋構造に励起される大気海洋相互作用と海洋生態系への影響
2011.06~2015.03, 代表者:磯辺篤彦, 九州大学応用力学研究所, 九州大学
東シナ海からオホーツク海に及ぶ東アジア縁辺海には、黒潮や対馬暖流等に伴う顕著な水温勾配(海洋前線)、数十km規模の海洋渦に伴う複雑な水温分布、さらには海氷までもが存在する。こうした多様で複雑な海洋条件下で、1000km規模の温帯低気圧や100km規模の小低気圧等の大気擾乱が発達・変質してゆく過程をトレースし、更に変質した大気擾乱が海洋構造に影響する「大気‐縁辺海相互作用環」の検出を試みる。
そこで、衛星・現場観測データの解析や高解像度の領域海洋モデルや大気モデルの数値実験を駆使して、以下のような事例研究を海域毎に積み重ねる。科研・新学術領域の計画研究プロジェクトである。.
市民と研究者が協働する海岸漂着ゴミ予報実験
2007.05~2010.03, 代表者:磯辺篤彦, 九大総理工, 九大・東大・国総研・産総研・JEAN
市民調査研究グループによる海岸漂着ゴミの海岸調査、海洋研究者による数値モデリング、短波海洋レーダー観測、空撮による洋上ゴミモニタリング開発技術の開発研究を行う。進行状況は
http://kaimen3.esst.kyushu-u.ac.jp/isobe/gomi/
で逐次更新.
黒潮変動予測実験
1998.04~2003.03, 代表者:今脇資郎, 九州大学応用力学研究所, 科学技術振興事業団
人工衛星による海洋観測、現場での黒潮の流量測定、海洋データの同化、海洋数値モデルなどを利用して、日本南岸での黒潮の流軸位置や流量の変動予測を行う。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Atsuhiko Isobe, Sinsuke Iwasaki, Keiichi Uchida, and Tadashi Tokai, Abundance of non-conservative microplastics in the upper ocean from 1957-2066, Nature Communications, 10.1038/s41467-019-08316-9, 10, 417, 2019.01.
2. Young Kyoung Song, Sang Hee Hong, Soeun Eo, Mi Jang, Gi Myung Han, Atsuhiko Isobe, Won Joon Shim, Horizontal and Vertical Distribution of Microplastics in Korean Coastal Waters, Environmental Science & Technology, 10.1021/acs.est.8b04032, 52, 21, 12188-12197, 2018.11, [URL].
3. Iwanaka, Y., and A. Isobe, Tidally induced instability processes suppressing rive plume spread in a nonrotating and nonhydrostatic regime, Journal of Geophysical Research -Oceans, 123, 3545-3562, 2018.06.
4. Zhao Ning, Iwasaki, S, M. Yamamoto, and A. Isobe, Modulation of Extratropical Cyclones by Previous Cyclones via the Sea Surface Temperature Anomaly over the Sea of Japan in Winter, Journal of Geophysical Research -Atmospheres, 123, 6312-6320, 2018.06.
5. Kako, S., A. Isobe, T. Kataoka, K. Yufu, S. Sugizono, C. Plybon, and T. A. Murphy, Sequential webcam monitoring and modeling of marine debris abundance, Marine Pollution Bulletin, in press, 2018.06.
6. Tomoya Kataoka, Cathryn Clarke Murray, Atsuhiko Isobe, Quantification of marine macro-debris abundance around Vancouver Island, Canada, based on archived aerial photographs processed by projective transformation, Marine Pollution Bulletin, 10.1016/j.marpolbul.2017.08.060, 132, 44-51, 2018.07, [URL].
7. Shinsuke Iwasaki, Atsuhiko Isobe, Shin'ichiro Kako, Keiichi Uchida, Tadashi Tokai, Fate of microplastics and mesoplastics carried by surface currents and wind waves -A numerical model approach in the Sea of Japan, Marine Pollution Bulletin, 10.1016/j.marpolbul.2017.05.057, 121, 1-2, 85-96, 2017.01, [URL].
8. Miyao, Y. and A. Isobe, An attempt to visualize coastal oceanic features using an infrared camera suspended by a balloon, Journal of The Remote Sensing Society of Japan, 37, 112-123, 2017.06.
9. Atsuhiko Isobe, Kaori Uchiyama-Matsumoto, Keiichi Uchida, Tadashi Tokai, Microplastics in the Southern Ocean, Marine Pollution Bulletin, 10.1016/j.marpolbul.2016.09.037, 114, 1, 623-626, 2017.10, [URL], 東京海洋大学の練習船で調査を行い、世界で初めて南極海で浮遊マイクロプラスチックを発見した。.
10. Atsuhiko Isobe, Percentage of microbeads in pelagic microplastics within Japanese coastal waters, Marine Pollution Bulletin, 10.1016/j.marpolbul.2016.06.030, 110, 1, 432-437, 2016.09, [URL].
11. Atsuhiko Isobe, Keiichi Uchida, Tadashi Tokai, Shinsuke Iwasaki, East Asian seas: A hot spot of pelagic microplastics, MARINE POLLUTION BULLETIN, 10.1016/j.marpolbul.2015.10.042, 101, 2, 618-623, 2015.12.
12. Atsuhiko Isobe, K. Kubo, Y. Tamura, S. Kako, E. Nakashima, N. Fujii, Selective transport of microplastics and mesoplastics by drifting in coastal waters, Marine Pollution Bulletin, 89, 324-330, 2014.11.
13. Atsuhiko Isobe, S. Kako, S. Iwasaki, Synoptic scale atmospheric motions modulated by spring phytoplankton bloom in the Sea of Japan, Journal of Climate, 27, 7587-7602, 2014.10.
14. Kenki Kasamo, Atsuhiko Isobe, S. Minobe, A. Manda, H. Nakamura, K. Ogata, H. Nishikawa, Y. Tachibana, S. Kako, Transient and local weakening of surface winds observed above the Kuroshio front in the winter East China Sea, Journal of Geophysical Research -Atmospheres, doi:10.1002/2013JD020610, 119, 1277-1291, 2014.05.
15. Yasuyuki Miyao, Atsuhiko Isobe, S. Kako, An application of low-altitude remote sensing using a vessel-towed balloon for monitoring jellyfish patchiness in coastal waters, Journal of The Remote Sensing Society of Japan, 34, 2, 113-120, 2014.04.
16. Shin'ichiro Kako, Atsuhiko Isobe, T. Kataoka, H. Hinata, A decadal prediction of the quantity of plastic marine debris littered on beaches of the East Asian marginal seas, Marine Pollution Bulletin, 81, 174-184, 2014.04.
17. Shinsuke Iwasaki, Atsuhiko Isobe, Shin'ichiro Kako, Atmosphere-ocean coupled process along coastal areas of the Yellow and East China Seas in winter, Journal of Climate, 27, 1, 155-167, 2014.01.
18. Etsuko Nakashima, Atsuhiko Isobe, Shin'ichiro kako, T. Itai, S. Takahashi, Quantification of toxic metals derived from macroplastic litter on Ookushi beach, Japan, Environmental Science & Technology, DOI: 10.1021/es301362g, 46, 10099-10105, 2012.10.
19. Atsuhiko Isobe, Shin'ichiro Kako, A role of the Yellow and East China Seas in the development of extratropical cyclones in winter, Journal of Climate, doi: http://dx.doi.org/10.1175/JCLI-D-11-00391.1, 25, 8328-8340, 2012.08.
20. Atsuhiko Isobe, Shin'ichiro Kako, X. Guo, H. Takeoka, Ensemble numerical forecasts of the sporadic Kuroshio-water intrusion (kyucho) into shelf and coastal waters, Ocean Dynamics, 62, 633-644, 2012.07.
21. Shin'ichiro Kako, Atsuhiko Isobe, Sinya Magome, Low altitude remote-sensing method to monitor marine and beach litter of various colors using a balloon equipped with a digital camera, Marine Pollution Bulletin, 64, 1156-1162, 2012.06.
22. Shin'ichiro Kako, Atsuhiko Isobe, M. Kubota, High-resolution ASCAT wind vector data set gridded by applying an optimum interpolation method to the global ocean, Journal of Geophysical Research -Atmospheres, doi:10.1029/2010JD015484, 116, D23107, 2011.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 加古真一郎・磯辺篤彦, ASCAT衛星風全球格子データセット, 2014.05
ACSAT衛星観測海上風データを1/4度格子の全球データで公開中。NetCDF。科研新学術領域研究プロジェクト「縁辺海の海洋構造に励起される大気海洋相互作用と海洋生態系への影響」(計画研究代表・磯辺)の成果物, [URL].
2. 中島悦子・磯辺篤彦, 漂流プラスチックゴミに含有される有害重金属調査結果, 2014.05
本データベースは、環境省総合推進費採択課題「H22-24:B1007:海ゴミによる化学汚染物質輸送の実態解明とリスク低減に向けた戦略的環境教育の展開」(代表:愛媛大学沿岸環境科学研究センター 磯辺篤彦 教授(当時))の成果として作成されました。研究期間中に日本全国の海岸から収集した、漂着プラスチックゴミに含まれる有害重金属を、Hand-held X-ray fluorescence analyzerを用いて検出したものです。
, [URL].
学会活動
所属学会名
American Geophysical Union
American Meteorological Scociety
沿岸海洋研究会
日本海洋学会
日本気象学会
学協会役員等への就任
2018.04~2021.03, 沿岸海洋研究会, 副会長.
2010.04~2017.03, 日本海洋学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.09.26~2015.09.29, 日本海洋学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2007.05~2007.05, JECSS, 座長(Chairmanship).
2007.09~2007.09, 日本海洋学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2007.03~2007.03, 日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2006.07~2006.07, western pacific geophysical meeting, 座長(Chairmanship).
2006.03~2006.03, 日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2004.08~2004.08, Weatern Pacific Geophysical Meeting, 座長(Chairmanship).
2004.09~2004.09, 日本海洋学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2004.03~2004.03, 日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2002.10~2002.10, 日本海洋学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2002.11~2008.09, Journal of Oceanography, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度 10  11 
2014年度 10      11 
2013年度 13      15 
2012年度     10 
2011年度    
2010年度 13      14 
2009年度 10    12 
2008年度 10        10 
2007年度 12      13 
2006年度 15      17 
2005年度    
2004年度    
2003年度
2002年度 10 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Woods Hole Oceanographic Institution, UnitedStatesofAmerica, 2004.12~2005.09.
受賞
平成30年度環境大臣賞環境保全功労者表彰, 環境省, 2018.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, サーモグラフィ搭載の船舶曳航式バルーン空撮でみた沿岸海洋の新世界.
2010年度~2014年度, 新学術領域研究, 代表, 縁辺海の海洋構造に励起される大気海洋相互作用と海洋生態系への影響.
2009年度~2012年度, 基盤研究(A), 代表, 急潮予報システムの構築と生態影響評価への戦略的運用.
2003年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, 黒潮前線渦に伴う運動量と海水の交換過程とその定量的評価.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2020年度, 環境省環境総合研究推進費SII, 代表, 海洋プラスチックごみに係る動態・環境影響の体系的解明と計測手法の高度化に係る研究
.
2015年度~2017年度, 環境省環境研究総合推進費, 代表, 沿岸から大洋を漂流するマイクロプラスチックスの動態解明と環境リスク評価.
2013年度~2013年度, 大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関する研究助成 , 代表, 大阪湾における海況長期変動の数値的研究 ~10年規模変動の検証と将来予測~ .
2010年度~2012年度, 環境省・環境研究総合推進費, 代表, 海ゴミによる化学汚染物質輸送の実態解明とリスク低減に向けた戦略的環境教育の展開.
2007年度~2009年度, 環境省・地球環境研究総合推進費, 代表, 市民と研究者が協働する東シナ海における海岸漂着ゴミ予報実験.
2007年度~2007年度, 鹿島学術振興財団研究助成, 代表, 高精度高潮予報のためのハイブリッド型数値海洋モデルの提案.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2014.12~2015.03, 代表, PICES2011年東日本大震災に起因して洋上に流出した漂流物によ り北米大陸西岸における海洋環境への影響プロジェクト:ウェブカメラによるモ ニタリング.
2014.06~2015.02, 代表, 海表面を浮遊するマイクロプラスチックに係る調査:採取したマイクロプラスチックの分析及び整理.
2007.07~2008.03, 代表, 博多湾東部海域流況シミュレーション.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」