九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
藤野 茂(ふじの しげる) データ更新日:2018.09.01



主な研究テーマ
フォトニクス、エレクトロニクス、バイオ分野に用いられる新規機能性シリカガラスの実用化研究
キーワード:機能性ガラス
2012.04.
高分子-無機ナノコンポジット・メソポーラス材料の製造プロセスと高機能化に関する研究
キーワード:シリカ、メソポーラス、成形加工、機能性
2006.08.
微小液滴融液のマイクロレオロジー計測(粘度、表面張力)技術の開発
キーワード:ガラス、融体、密度、表面張力、粘度
2004.04.
新規透明焼結シリカガラスの低温作製法とその光学的応用に関する研究
キーワード:焼結、石英ガラス、透明性、屈折率
2001.04.
金属合金上におけるガラス機能性薄膜の作製と接合特性
キーワード:ガラス、コーティング、接合
2001.03~2010.03.
酸化物、フッ化物ガラスの屈折率、誘電率特性
キーワード:誘電率、誘電損失、周波数依存性、高誘電率
2002.09~2010.03.
酸化物、フッ化物カラスの屈折率波長分散特性
キーワード:Oxide,Fluoride,Refractive index
1994.04~2003.12.
従事しているプロジェクト研究
多様な形状と機能性を有するシリカガラス製品を低コストで製造する技術の事業化
2017.08~2020.03, 代表者:藤野 茂, 九州大学, 国立研究開発法人化学技術振興機構.
常温で成形・量産可能な機能性メソポーラスシリカの新規作製法の開発とその応用
2015.04~2016.03, 代表者:藤野茂, 九州大学産学連携センター, 日本鉱業振興会.
戦略的基盤技術高度化支援事業 「熱可塑性フッ素樹脂に熱伝導性フィラーを高密度・高充填したパワーエレクトロニクス機器用高耐熱性放熱シートの開発」
2013.09~2016.03.
九州の成長戦略に基づく事業創出推進事業、機械工業振興チャレンジ研究調査、研究課題名:「機械切削加工可能な石英ガラス素材を用いた複雑構造特殊光学セルへの展開」 九州経済産業局
2013.08~2014.03.
九州経済産業局「平成24年度九州の成長戦略に基づく事業創出推進事業研究」 研究課題名:「機械切削加工可能な石英ガラス素材を用いた複雑構造特殊光学セルへの展開」
2012.07~2013.03, 代表者:藤野茂, 九州大学, 九州大学、産業総合技術研究所、企業1社.
新規非接触法による高温ガラス融体評価技術の開発
2007.12~2010.11, 代表者:藤野茂, 九州大学.
研究業績
主要著書
1. 藤野茂, ガラスの加工技術と製品応用、シリカガラス, 株式会社情報機構, pp.3-9, 2009.01.
2. 藤野茂、稲葉誠二, ガラスの加工技術と製品応用、ガラスの機械的、熱的性質, 株式会社情報機構, pp.529-539, 2009.01.
3. 藤野茂(分担執筆), ”ガラス融液の粘度”、ガラスの百科事典、朝倉書店606-607(2007)., 朝倉書店, 2007.07.
4. E. Saiz, A. P. Tomsia, S. Fujino and J. M. Gomez-Vega, Ceramic Transactions, 138, Advances in Joining of Ceramics, American ceramic society, Graded Coatings for Metallic Implant Alloys.p.159-172, 2003.09.
主要原著論文
1. 藤野茂, 切削不要・微細成形が可能な高機能石英ガラス , 第86回レーザー加工学会講演論文集, 167-170, 2017.12.
2. S.Fujino, H.Ikeda, Room temperature imprint using crack-free monolithic SiO2-PVA nanocomposite for fabricating micro-hole array on silica glass, Journal of Nanomaterials, 2015.10.
3. H.Ikeda, T.Murata, S.Fujino, Luminescent sintered silica glass prepared by adsorbing Pr ions into mesoporous SiO2-PVA nanocomposite, Journal of Composite Materials, 1, 7, 2015.09.
4. H.Ikeda, T.Murata, S.Fujino, Photoluminescence characteristics of sintered silica glass doped with Cu ions using mesoporous SiO2-PVA nanocomposite, Materials Chemistry and Physics, 162, 431-435, 2015.06.
5. H. Ikeda, T.Murata, S.Fujino, Fabrication and photoluminescence of monolithic silica glass doped with alumina nanoparticles using SiO2-PVA nanocomposite, Journal of Ceramic Society of Japan, 123, 1439, 2015.06.
6. H.Ikeda, T.Murata, S.Fujino, Preparation and photoluminescence of monolithic silica glassdoped with Tb3+ ions using SiO2-PVA nanocomposite, 36, 7, 2014.05.
7. H.Ikeda, S.Fujino, Composition and pH dependence on aggregation of SiO2–PVA suspension for the synthesis of porous SiO2–PVA nanocomposite, Volume 21, Issue 6, 1143-1149, 2014.01.
8. Chawon Hwang, Bong Ki Ryu, Shigeru Fujino, Surface Tension of Bi2O3-B2O3-SiO2 Glass Melts, Processing, Properties, and Applications of Glass and Optical Materials: Ceramic Transactions, 231, , 167-171, 2012.08.
9. Chawon Hwang, Bong KiRyu, Shigeru Fujino, Surface tension of bismuth borosilicate melts, Thermochimica Acta, 531, 70-74, 2012.03.
10. H.Ikeda, S.Fujino and T.Kajiwara, Fabrication of micropatterns on silica glass by a room-temperature imprinting method, Journal of American Ceramic Society, 2011.05.
11. S. Fujino, S. Inaba, T.Kajiwara and K.Sakai, Non-contact measurement of the viscosity of a B2O3 melt using electric field tweezers, Journal of the Society of Rheology, 39, 49-54, 2011.04.
12. H.Ikeda, S.Fujino and T.Kajiwara, Preparation of SiO2–PVA nanocomposite and monolithic transparent silica glass by sintering, Journal of Ceramic Society of Japan, 119, 1385, 65-69, 2011.01.
13. Y. Arikawa, K. Yamanoi,T.Nagai,K.Watanabe,M.Kouno,K.Sakai, T. Nakazato, T. Shimizu,M.R.Cadatal,E.S.Estacio, N. Sarukura,M. Nakai,T.Norimatsu,H. Azechi,T. Murata,S. Fujino, H. Yoshida,N.Izumi,N. Satoh, and H. Kan, Light output enhanced fast response and low afterglow 6Li glass scintillator as potential down-scattered neutron diagnostics for inertial confinement fusion, REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 81, 1, 1-3, 2010.09.
14. Y.Arikawa,T.Murata, S.Fujino, H.Yoshida, K.Yamanoi,T.Nakazato, T.Shimizu, N.Sarukura, M.Nakai, T.Norimatsu, H.Azechi, K.Kamada, Y.Usuki, T.Suyama,A.Yoshikawa, N.Sato, H.Kan, A Scattered-Neutron Detector For Areal Density Measurement, Journal of Physics:Confrence Series, 244, 32041 - 32044, 2010.09.
15. Hideki YOSHIDA, Shigeru FUJINO and Toshihisa KAJIWARA, Afterglow luminance property of phosphorescent phosphor, Journal of Ceramic Society of Japan, 118, 1381, in printing, 2010.08.
16. Y. Arikawa, K. Yamanoi,T. Nakazato,E. S. Estacio,T. Shimizu,N. Sarukura,M. Nakai,H. Hosoda,T.Norimatsu,Y. Hironaka,H. Azechi,N. Izumi, T. Murata,S. Fujino, H. Yoshida,K. Kamada,Y. Usuki,T. Suyama,A. Yoshikawa,N. Satoh, and H. Kan, Down-scattered neutron imaging detector for areal density measurement
of inertial confinement fusion, REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 81, in printing, 2010.07.
17. Hideki YOSHIDA, Hisao ABE, Toshitsugu TAGURI, Fumihiko OHASHI, Shigeru FUJINO and Toshihisa KAJIWARA, Antimicrobial effect of porcelain glaze with silver-clay antimicrobial
agent, Jouurnal of Ceramic Society of Japan, 118, 1379, 571-574, 2010.07.
18. S. Inaba, S. Fujino and K.Sakai, Non-contact measurement of the viscosity of a soda-lime-silica melt using electric field tweezers, Physics and Chemistry of the Glasses, 51, 6, 304-308, 2010.06.
19. T.Murata, S.Fujino, H.Yoshida, Y.Arikawa,T.Nakazato, T.Shimizu, N.Sarukura, M.Nakai, T.Norimatsu, H.Azechi, K.Kamada, Y.Usuki, T.Suyama,A.Yoshikawa, N.Sato, H.Kan, Custom-Designed Fast-Response Praseodymium-Doped Lithium 6 Fluoro-Oxide Glass Scintillator With Enhanced Cross-Section for Scattered Neutron Originated From Inertial Confinement Fusion, Nuclear Science, IEEE Transactions on, 57, 3, 1426 - 1429, 2010.06.
20. Seiji INABA and Shigeru FUJINO, Empirical Equation for Calculating the Density of Oxide Glasses, Journal of American Ceramic Society, 2010.01.
21. 藤野茂, 酸化物融液の分相挙動と高温UVラマンスペクトルその場観察による構造解析, New Glass, 24, 4, 27-30, 2009.12.
22. Hiroshi IKEDA, Shigeru.FUJINO and Toshihisa KAJIWARA, Preparation of Transparent Silica Glass by Sintering SiO2 Nano Particles and its Optical Properties, The 22nd International Symposium on Chemical Engineering, PF-32, 2009.12.
23. Hiroshi IKEDA, Shigeru.FUJINO and Toshihisa KAJIWARA, Preparation and Optical Properties Of Tellurite Glass Thin Films by Sol-Gel Method, The 3rd International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences, 324-328, 2009.11.
24. Yasunobu ARIKAWA, Kohei YAMANOI, Tomoharu NAKAZATO, Elmer Surat ESTACIO, Toshihiko SHIMIZU, Nobuhiko SARUKURA, Mitsuo NAKAI, Takayoshi NORIMATSU, Hiroshi AZECHI, Takahiro MURATA, Shigeru FUJINO, Hideki YOSHIDA, Kei KAMADA, Yoshiyuki USUKI, Toshihisa SUYAMA, Akira YOSHIKAWA, Nakahiro SATO, Hirofumi KAN, Pr3+-doped Fluoro-Oxide Lithium Glass as Scintillator for Nuclear Fusion Diagnostics, Review of Scientific Instruments , 80, 13504-113504, 2009.05.
25. Seiji INABA, Hirofumi TOKUNAGA, Chawon Hwang, Shigeru FUJINO, Shigeru FUJINO,Seiji INABA, Hirofumi TOKUNAGA, Chawon Hwang, Physics and Chemistry of Glasses, 50, 3, 153-155, 2009.05.
26. Hiroshi IKEDA, Shigeru.FUJINO and Toshihisa KAJIWARA, Preparetion and Characterization of BaO-TeO2 Thin Films Obtained from Tellurium(VI) Alkoxide by Sol-Gel Method, Journal of American Ceramic Society, 92, 11, 2619-2622, 2009.05.
27. R.Komatsu,Y.Shiro,Y.Fujiwara and S.Fujino, Growth and Ultraviolet Transparency of Nanosized-Scatter-Free Lithium Tetraborate Single Crystals by the Czochalski Method, Japanese Journal of Appled Physics, Vol.47,No.11,pp.8502-8505, 2008.11.
28. Y. IRIE, H. MIZUMOTO, S. FUJINO, T. KAJIWARA, Reconstruction of Cartilage Tissue Using Scaffold-Free Organoid Culture Technique, Journal of Bioscience and Bioengineering Vol.105 ,No.5, pp.450-453, 2008.05.
29. 藤野茂,國川晃太郎,梶原稔尚, 粉末焼結法による高純度透明シリカガラスの作製と真空紫外透過特性, 粉体および粉末治金, 2008.03.
30. R. KOMATSU, Y.SHIRO, and S.FUJINO, Growth of Scatter Center-Free Li2B4O7 Single Crystal by CZ Method with Dry Air Flow, JSPS 150th Committee on Acoustic Wave Device Technology, 100th Memorial Tecnical Meeting, pp.3, 2006.12.
31. T.KOMIYA, S.FUJINO and M.KUWABARA, Material Dispersion of Oxide and Fluoroaluminate Glasses, The 6th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology,Glass and optical materials, The American Ceramic Society, 2006.08.
32. 小松隆一、福田真行、藤野茂, 高品質LiKB4O7単結晶の育成とその真空紫外透過特性、-サブミクロン散乱体フリーホウ酸塩結晶の育成条件-, 超音波, Vol.18,No.6,pp.29-33, 2006.06.
33. Y.SHIRO, R.KOMATSU, K. IKEDA and S. FUJINO, Growth and Optical Properties of MgO:Li2B4O7 Single Crystals from the Melt including MgO, Transaction of the Materials Research Society of Japan, Vol.31, No.2, pp.299-302, 2006.04.
34. S.FUJINO and M. KUWABARA, Dielectric Properties of Phosphate Glasses in the Region from 1 to 10 GHz, Key Engineering Materials, Vol.320,pp. 209-212, 2006, 2006.01.
35. 徳永博文、藤野茂, Co-Cr系合金上へのハイドロキシアパタイト分散ガラスコーティング, 日本金属学会誌, 69巻,第8号, p.684-690., 2005.08.
36. S. Fujino, H. Tokunaga, S. Hata, E. Saiz, and A. P. Tomsia, Graded glass coating for Co-Cr implant alloys, Journal of Materials Science, 10.1007/s10853-005-1982-z, 40, 9-10, 2499-2503, Vol.40,No.9,p.2499-2504, 2005.04.
37. S. Fujino C. Hwang and K. Morinaga, Surface tension of PbO-B2O3 and Bi2O3-B2O3 glass melts, Journal of Materials Science, 10.1007/s10853-005-1934-7, 40, 9-10, 2207-2212, Vol.40,No.9,p.2207-2212, 2005.04.
38. C. Hwang, S. Fujino and K. Morinaga, Density of Bi2O3-B2O3 glass melts, Journal of the American Ceramic Society, 87, 9, 1677-1682, 87[9] (2004), p.1677-1682., 2004.09.
39. C.Hwang, S.Fujino and K.Morinaga, Surface tension of Bi2O3-B2O3 glass melts, Journal of the Japan Ceramic Society, Vol.112[5],p.1200-1205., 2004.05.
40. S.Fujino, H.Tokunaga, E. Saiz, and A. P. Tomsia, Fabrication and characterization of Bioactive glass coating on Co-Cr implant alloys, Materials Transaction, 10.2320/matertrans.45.1147, 45, 4, 1147-1151, Vol.45, No.4, p.1147-1151., 2004.04.
41. S.Fujino, C.Hwang and K.Morinaga, Density, surface tension, and viscosity of PbO-B2O3-SiO2 glass melts, Journal of the American Ceramic Society, 87, 1, 10-16, Vol. 87, No. 1, p.10-16., 2004.01.
42. E. Saiz, A. P. Tomsia, S. Fujino and J. M. Gomez-Vega,, Graded Coatings for Metallic Implant Alloys, Ceramic Transactions, 138, Advances in Joining of Ceramics, p.159-172, 2003.12.
43. S. Lopez-Esteban, E. Saiz, S. Fujino,. Oku, K. Suganuma and A. P. Tomsia, Bioactive glass coatings for orthopedic metallic implants, Journal of the European Ceramic Society, 10.1016/S0955-2219(03)00303-0, 23, 15, 2921-2930, Vol. 23, Issue,15, (2003) pp.2921-2930, 2003.08.
44. S.Toyoda, S.Fujino, and K.Morinaga, Density, surface tension, and viscosity of 50RO-50P2O5(R:Mg,Ca,Sr,Ba, and Zn) glass melts, Journal of Non-crystalline Solids, 10.1016/S0022-3093(03)00174-1, 321, 3, 169-174, 321[3] (2003)pp.169-174., 2003.03.
45. S.Fujino,C.Hwang and K.Morinaga,, Density, surface tension, and viscosity of XZnO-(50-X)BaO-50P2O5 glass melts, Shigen to sozai, (Journal of the mining and materials processing institute of Japan), Vol.119 (2003) pp.423-426, 2003.03.
46. S.Fujino, K.Morinaga, E. Saiz, and A. P. Tomsia, Bioactive glass coating on Co-Cr implant alloys, Glass Science and Technology, 75, 221-226, 75巻,C2,pp. 221-226, 2002.09.
47. 森永健次,藤野茂, レーザー材料として見たフッ化物ガラス-真空紫外領域における透過率,屈折率-, レーザー研究, Vol.30,No.6,pp.297-302., 2002.06.
48. Yong-Taeg O, S.Fujino and K.Morinaga, Fabrication of transparent silica glass by powder sintering, Science and Technology of Advanced Materials, Vol.3,[4]pp.297-301., 2002.04.
49. K. Morinaga and S. Fujino, Preparation and properties of SnO-SnCl2-P2O5 glass, Journal of Non-Crystalline Solids, 10.1016/S0022-3093(01)00334-9, 282, 1, 118-124, Vol. 282,pp.118-124, 2001.02.
50. S. Fujino, M. Muller and K. Morinaga, Vacuum ultraviolet transmission of aluminum fluoroberyllate glasses, SPIE, 10.1117/12.405300, 4102, 324-331, Vol.4102,pp. 324-331., 2000.06.
51. K.Morinaga, T.Torikai, K.Nakagawa, and S.Fujino, Fabrication of fine a-alumina powders by thermal decomposition of ammonium aluminum carbonate hydroxide(AACH), Acta materialia, 10.1016/S1359-6454(00)00265-2, 48, 18-19, 4735-4741, 48巻、(2000)pp.4735-4741., 2000.05.
52. S.Inaba, S. Fujino, and K.Morinaga, Young's Modulus and Compositional Parameters of Oxide Glasses, J.American Ceramic Society, 82, 12, 3501-3507, Vol. 82, No. 12 pp.3501-3507, 1999.12.
53. 呉龍澤,藤野茂,森永健次, アルミナ焼結体の透光性に及ぼす結晶粒径の影響, 資源と素材, 第115巻,pp.471-474., 1999.06.
54. S.Fujino, Y.Kishikawa and K.Morinaga,, Refractive Index Dispersion and Ultraviolet Transmission of Oxide and Fluoride Glasses, Glass science and technology, 49-54, 71C,pp.49-54., 1999.01.
55. 久保田克典,升田裕久,藤野茂,森永健次,, PbO-B2O3-SiO2系融体の密度,表面張力,粘度, ournal of the Ceramic Society of Japan, 第106巻,第9号,pp.909-913, 1998.09.
56. S.Fujino, and K.Morinaga, Material Dispersions and its compositional parameter of Oxide Glasses, Journal of Non-Crystalline Solids, 10.1016/S0022-3093(97)90130-7, 222, 316-320, Vol.222,pp.316-320., 1997.07.
57. S.Fujino, H.Takebe, K.Morinaga,D.Hewak, and D.N.Payne, Refractive index dispersion of gallium lanthanum sulfide and oxysulfide glasses, Journal of Non-Crystalline Solids, 10.1016/S0022-3093(98)00737-6, 239, 1-3, 187-191, Vol. 239,pp.187-191., 1998.05.
58. 藤野茂,井尻英幸,清水史幸,森永健次, ファイバー化のためのガラスの広域粘度測定, 日本金属学会誌, 第62巻,pp.106-110., 1998.07.
59. 藤野茂,森永健次, BaO-B2O3-SiO2,PbO-SiO2,PbO-B2O3系ガラスのポリシング速度, Journal of the Ceramic Society of Japan, 第105巻,第1号,pp.48-51., 1997.01.
60. S.Fujino, H.Takebe, and K.Morinaga, Measurements of Refractive Indexes and Factors Affecting Dispersion in Oxide Glasses, Journal of the American Ceramic Society, 10.1111/j.1151-2916.1995.tb08466.x, 78, 5, 1179-1184, Vol.78, No 5,pp.1179-1184., 1995.05.
61. 藤野茂,武部博倫,森永健次, 重金属ガリウム酸塩ガラスの光学特性に及ぼすPbO,Bi2O3及びTl2Oの置換効果, Journal of the Ceramic Society of Japan, 第103巻,第4号,pp.340-345., 1995.04.
62. 三戸貴之,藤野茂,武部博倫,森永健次, ホウ酸塩ガラスの高屈折率低分散性に及ぼす高原子価イオンの添加効果, Journal of the Ceramic Society of Japan, 第102巻,第12号,pp.1163-1167., 1994.12.
63. H.Takebe, S.Fujino, and K.Morinaga, Refractive-Index Dispersion of Tellurite Glasses in the Region from 0.40 to 1.71
micrometer, Journal of the American Ceramic Society, 10.1111/j.1151-2916.1994.tb04621.x, 77, 9, 2455-2457, Vol .77, No.9,pp.2455-2457., 1994.09.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 藤野 茂, 石英ガラスの低コスト製造法を開発, CERAMICS JAPAN 50 No.5, p.424 , 2015.05.
2. 藤野 茂, 塊状メソポーラスシリカと機能性シリカガラスの開発, 工業材料Vol.62,No.1,72-73, 2014.01.
3. 藤野 茂, 先端機能性ガラスの開発と応用, KITEC2014,No.269,6-8., 2014.03.
4. 藤野 茂, 稲葉誠二, 酒井啓司, 電場ピックアップ法による高温ガラス融体の非接 触粘度測定, New Glass Vol.28,No2,37-40, 2013.01.
5. 稲葉誠二、藤野茂, ガラスの機械的性質, New Glass,Vol.23,No.4,pp.46-52, 2008.12.
6. 藤野茂、稲葉誠二, ガラスの熱的性質, New Glass,Vol.23,No.3,pp.61-67, 2008.09.
7. 藤野茂, 粉末焼結法による透明石英ガラスの作製, (社)ニューガラスフォーラム, Vol.20, No.1,p.p 19-24., 2005.01.
8. 藤野茂,徳永博文, Co-Cr系合金上へのハイドロキシアパタイト分散ガラスコーティング, Boundary, Vol.20, No.10,p.p 6-9., 2004.10.
9. 藤野茂,本村孝二,森永健次, Co-Cr系合金上への生体活性ガラスコーティング, Boundary, Vol.19,No.9,pp.26-30., 2003.09.
10. S.Fujino and K.Morinaga, Silicate glass coatings on Co-Cr implant alloys, Annual Reports of HVEM Laboratory Kyushu University, pp.5-6., 2003.03.
11. 森永健次、藤野茂, 高温領域におけるガラスの表面張力の評価技術, ニューガラス、Vol. 17,No.1, 2002.01.
主要学会発表等
1. 藤野 茂, シリカナノ粒子を用いた機能性透明シリカガラスの作製と物性, ニューガラスフォーラム, 2016.03.
2. 藤野 茂, シリカ/PVAナノコンポジット材料の作製とその機能性発現, 日本複合材料学会西部支部講演会, 2015.05.
3. 松山明史, 吉田壮志, 藤野 茂, メソポーラスシリカ材料を用いた透明焼結石英ガラスの製法に関する研究, 日本セラミックス協会九州支部, 2014.11.
4. 藤野茂, 粉末焼結技術を利用した光・電子機能性透明ガラスの開発, 粉体粉末冶金協会, 2011.03.
5. 藤野茂, レーザ分光法を用いた高温領域における液滴の粘性と構造, 日本レオロジー学会 ナノレオロジー研究会, 2011.03.
6. 藤野茂, 微細加工・発光・導電性を有する透明シリカガラスの開発と応用, 関西TLO技術情報クラブ例会, 2011.02.
7. 藤野茂, 有機/無機ナノコンポジットを用いた微細加工・発光透明シリカガラスの作製, 日本材料学会第3回ナノ材料部門委員会, 2011.02.
8. 藤野茂, レーザー分光法を用いた非晶質高温融体の物性と構造, 応用物理学会, 2010.09.
9. 藤野茂、稲葉誠二、酒井啓司, 電場ピックアップ法を用いた新しい高温融体の粘度測定, 資源素材学会秋季大会, 2010.09.
10. 山田利佳、池田 弘、藤野 茂、梶原 稔尚, 遷移金属ドープ新規透明蛍光体の開発に関する研究, 化学工学会秋季大会, 2010.09.
11. S.Fujino,S.Inaba,T.Kajiwara,K.Sakai, Electric field tweezers for viscosity measurement of glass melts, 5th Pacific Rim Conference on Rheology, 2010.08.
12. S.Fujino,H.Ikeda,T.Kajiwara, Preparation of transparent silica glass by sintering silica nano particles and its application for photonics, 5th Pacific Rim Conference on Rheology, 2010.08.
13. Shigeru Fujino,Seiji Inaba,Keiji Sakai, Electric field tweezers for viscosity measurement of soda lime silicate melt, 10th ESG Conference together with 84th Annual Meeting of the DGG, 2010.06.
14. 吉田英樹、阿部久雄、田栗利紹、大橋文彦、藤野茂、梶原稔尚, 銀ー粘土系抗菌剤を添加した陶磁器釉薬の抗菌効果, 日本セラミックス協会2010年年会, 2010.03.
15. 國川晃太郎、藤野茂、梶原稔尚, 高温・高真空雰囲気下におけるシリカガラスの結晶化挙動, 化学工学会第75年会, 2010.03.
16. 吉田英樹、藤野茂、梶原稔尚, 燐光材料-ガラス複合体の作製とその残高輝度特性, 化学工学会第75年会, 2010.03.
17. 藤野茂、池田弘、梶原稔尚, 新しい光機能性透明シリカガラスの製造法, 化学工学会第75年会, 2010.03.
18. 三宅広訓、藤野茂、梶原稔尚, 室温インプリント法によるシリカガラスの微細構造形成, 第12回化学工学会学生発表会, 2010.03.
19. 山田利佳、藤野茂、梶原稔尚, 新規透明シリカガラス蛍光体の作製および発行特性評価, 第12回化学工学会学生発表会, 2010.03.
20. 藤野茂, 粉末焼結法による透明シリカガラスの開発と光学部品への応用, nano tech 2010国際ナノテクノロジー総合展・技術会議, 2010.02.
21. 吉田英樹、藤野茂、梶原稔尚, 陶磁器練土の可塑性制御とその指標について, 粉体工学会「西日本談話会」, 2009.12.
22. 藤野茂, 新しい機能性透明シリカガラス材料の製造技術とその応用, NEDO光集積講座, 2009.12.
23. Hiroshi Ikeda, Shigeru Fujino, Toshihisa Kajiwara, Preparation of transparent silica glass by sintering SiO2 nano particles and its optical properies, The 22nd International Symposium on Chemical Engineering, 2009.12.
24. 池田弘、藤野茂、梶原稔尚, シリカガラスへの微細構造形成技術, 第17回プラスチック成形加工学会秋季大会(成形加工シンポジア'09) , 2009.11.
25. Hiroshi Ikeda, Shigeru Fujino, Toshihisa Kajiwara, Preparation and Optical Properties Of Tellurite Glass Thin Films by Sol-Gel Method, The Third International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences, 2009.11.
26. 末光準,名嘉山祥也,藤野茂,梶原稔尚, 高分子二層フィルムの動的粘弾性評価と界面すべりに関する研究, プラスチック成形加工学会, 2009.10.
27. 國川晃太郎、藤野茂、梶原稔尚, 粉末焼結法を用いた透明シリカガラス製造プロセスの解明, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 2009.10.
28. 村田貴広、藤野茂、吉田英樹、有川安信、中里智治、清水俊彦、猿倉信彦、中井光男、乗松孝好、疇地宏、鎌田圭、薄善行、須山敏尚、吉川彰、佐藤仲弘、管博文, 慣性核融合燃料面密度計測のための散乱中性子検出用Pr3+ドープガラスシンチレーターの開発, 第50回ガラスおよびフォトニクス材料討論会, 2009.10.
29. 池田弘、藤野茂、梶原稔尚, シリカガラスの低温製造プロセスおよび室温インプリントによる微細構造形成, 第50回ガラスおよびフォトニクス材料討論会, 2009.10.
30. 堀尾裕貴、藤野茂、梶原稔尚, 酸化物融液の分相挙動と高温UVラマンスペクトルその場観察による構造解析, 第50回ガラスおよびフォトニクス材料討論会, 2009.10.
31. 藤野茂, ガラスの熱的・機械的性質, 2009ニューガラス大学院基礎課程, 2009.10.
32. 末光準、名嘉山祥也、藤野茂、梶原稔尚, 高分子二層フィルムの動的粘弾性評価と界面すべりに関する研究, 第57回レオロジー討論会, 2009.10.
33. 堀尾裕貴,藤野茂,梶原稔尚, 酸化物融液の分相挙動と高温UVラマンスペクトルその場観察による構造解析, 化学工学会 第41回秋季大会, 2009.09.
34. 藤野茂, 新しい機能性プリンタブル透明シリカガラスの開発, イノベーション・ジャパン2009-大学見本市, 2009.09.
35. T. Murata, S. Fujino, H. Yoshida, Y. Arikawa, T. Nakazato T. Shimizu, N. Sarukura, M. Nakai T. Norimatsu H. Azechid, K. Kamada, Y. Usuki, T. Suyama, A. Yoshikawa, N Satoh? and F. Kan, Pr3+ doped lithium fluoro-oxide glass as new scintillator material for nuclear fusion diagnostics, IEEE-10th International Conference on Inorganic Scintillators and their Applications (SCINT 2009), 2009.06.
36. 藤野茂,國川晃太郎,梶原稔尚, 形状付与性を有する透明シリカガラスフィルムの作製とマイクロインプリント化, 化学工学会, 2009.03.
37. 池田弘,藤野茂,梶原稔尚, AuドープPVA-SiO2ナノ粒子複合材料の調製と物性評価, 化学工学会, 2009.03.
38. 國川晃太郎,藤野茂,梶原稔尚, 透明焼結シリカガラス製造のための水分の影響ならびに構造解析, 化学工学会, 2009.03.
39. 藤野茂, ガラス製造と高温融体物性との関わり, 第4回ガラス技術シンポジウム, 2008.11.
40. 稲葉誠二,藤野茂,名嘉山祥也,梶原稔尚, 超音波パルス法を用いた酸化物ガラスのデバイ温度と比熱の関係, 超音波研究会, 2008.10.
41. 藤野茂, ガラスの熱的、機械的性質, 2008ニューガラス大学院基礎課程, 2008.10.
42. 藤野茂,國川晃太郎,名嘉山祥也,梶原稔尚, 透明焼結シリカガラス製造のための高温UVラマン分光その場観察, 化学工学会 第40回秋季大会, 2008.09.
43. 藤野茂,國川晃太郎,梶原稔尚, 高温UVラマン分光その場観察法を用いたシリカガラス透明焼結機構の解明, 日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム, 2008.09.
44. 國川晃太郎,藤野茂,梶原稔尚, 形状付与性を有する透明シリカガラスフィルムの作製およびマイクロインプリント化, 日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム, 2008.09.
45. 藤野茂, 粉末焼結法による高純度透明石英ガラスの作製と光学部品への応用, NEDO技術開発機構 平成20年度第4回研究成果報告会, 2008.09.
46. 國川晃太郎,名嘉山祥也,藤野茂,梶原稔尚, 高温UVラマンその場分光法を利用したシリカガラスフィルム焼結機構の解明, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
47. S.Fujino, K.Kunikawa and T.Kajiwara, Fabrication of transparent silica glass film by extrusion and its application for micro-imprinting, 7th International Workshop on Interfaces: Rowland Morrell Cannon Memorial Workshop New Materials via interfacial control., 2008.06.
48. 藤野茂,國川晃太郎,梶原稔尚, 高温UVラマンその場分光法によるシリカガラス焼結機構の解明, 日本金属学会・日本鉄鋼協会九州支部合同学術講演会, 2008.06.
49. Kotarou Kunikawa , Shigeru Fujino , Toshihisa Kajiwara, Fabrication of transparent micro-imprinted silica glass film by excrusion, Science and Technology for Advanced Ceramics), 2008.06.
50. 國川晃太郎,藤野茂,梶原稔尚, 高温UVラマン分光その場観察法を用いたシリカガラス透明焼結機構の解明, 平成20年度資源素材学会春季例会, 2008.05.
51. 藤野茂, 透明シリカガラスフィルムの成形加工と光物性, プラスチック成形加工学会 押出成形専門委員会, 2008.01.
52. 藤野 茂,國川晃太郎,名嘉山祥也,梶原稔尚, 透明シリカガラスフィルムの作製とラマン構造解析, 粉体工学会『西日本談話会』, 2007.12.
53. 藤野茂, 粉末焼結法を用いたインプリンティング透明シリカガラスフィルムの作製, 粉体粉末冶金協会秋季大会, 2007.11.
54. 藤野茂、國川晃太郎、名嘉山祥也、梶原稔尚, 透明石英ガラスフィルムの作製と転写性, プラスチック成形加工学会秋季大会, 2007.11.
55. 藤野茂, ガラスの熱的、機械的性質, ニューガラス大学院, 2007.10.
56. 藤野 茂、國川 晃太郎、梶原 稔尚, UVラマン分光法を用いたシリカガラス焼結過程におけるその場観察, 日本セラミックス協会第20回秋季シンポジウム, 2007.09.
57. 大塚春彦,松尾雄二,名嘉山祥也,藤野茂,梶原稔尚, 多層フィルム成形におけるダイ内の三次元流動解析手法の開発, 化学関連支部合同支部九州大会, 2007.07.
58. 佐藤健太,名嘉山祥也,藤野茂,梶原稔尚, ポリマーブレンドの相分離構造とレオロジー特性の数値シミュレーションによる予測, 化学関連支部合同支部九州大会, 2007.07.
59. 早稲田哲也,藤野茂,土井貴之,岡田重人,山木準一, Li電池用Li-Fe-P三元系ガラス正極の電池特性, 化学関連支部合同支部九州大会, 2007.07.
60. 藤野茂, 粉末焼結法により作製した透明石英ガラスの光学特性, 社団法人 粉体粉末冶金協会春季大会, 2007.06.
61. 梶原稔尚,藤野茂,名嘉山祥也,谷殿真実,影本真也,富山秀樹,石川健, 二軸スクリュ押出機に対する数値シミュレーション技術と評価手法の開発, プラスチック成形加工学会, 2007.06.
62. 藤野茂, 酸化物ガラスのGHz帯における誘電率および損失特性, The 17th Meeting on Glasses for Photonics, 2007.01.
63. 藤野茂, 粉末焼結法により作製した透明石英ガラスの真空紫外透過特性, 平成18年度日本セラミックス協会九州支部秋季合同研究発表会, 2006.12.
64. R. Komatsu, Y.Shiro, Y.Fujiwara and S. Fujino, Growth of Scatter Center-Free Li2B4O7 Single Crystal by CZ Method with Dry Air Flow, JSPS 150th Committee on Acoustic Wave Device Technology, 100th Memorial Tecnical Meeting,, 2006.12.
65. 藤野茂, ホウ酸塩ガラス融体の密度、粘度、表面張力と組成依存性, ニューガラスフォーラム, 2006.11.
66. 藤野茂, バイタリウム合金上へのガラスコーティングとハイドロキシアパタイト形成能, 第38回九大生体材料・力学研究会, 2006.09.
67. 藤野 茂, 金属インプラント上へのガラスコーティングと生体機能性, 生体工学リサーチコア、第6回研究交流会 九州大学P&P Aタイプ「ナノ・マイクロ・マクロ生体医工学研究教育拠点の形成」, 2006.08.
68. Shigeru Fujino, FABRICATION OF SINTERED SILICA GLASS AND ITS OPTICAL PROPERTIES, 8th International Otto Schott Colloquium, 2006.07.
特許出願・取得
特許出願件数  20件
特許登録件数  4件
その他の優れた研究業績
2007.12, 旭硝子株式会社リサーチコラボレーション制度において、多くの応募者数より、研究課題(代表)として採択され(採択数1件)、2年間の研究が認められた。本公募型事業は国内初の試みであり、本件の採択については日経産業新聞に取り上げられた。
更に、継続研究課題に採択され、3年間の研究プロジェクトへ発展した。.
2006.10, NEDO 産業技術研究助成事業において、継続研究課題に代表として採択され、更に2年間の研究が認められた。本学では2件の採択がなされ、その内の1件に採択された。.
2003.10, NEDO 産業技術研究助成事業において、研究課題に代表として採択され、3年間の研究が認められた。その成果は論文のみならず、化学工業日報にも取り上げられた。.
1995.05, American Ceramic Society Data Depository Serviveに屈折率データベースを提供した(ACSD-222).
2004.01, American Ceramic Society Data Depository Serviveに融体物性データベースを提供した(ACD-399).
学会活動
所属学会名
日本レオロジー学会
粉体粉末冶金協会
プラスチック成形加工学会
化学工学会
日本セラミックス協会
日本金属学会
資源素材学会
American Ceramic Society
学協会役員等への就任
2011.04, ニューガラスフォーラム, 特別会員.
2016.04, ニューガラスフォーラム科学技術研究会, 主査.
2012.04, 日本レオロジー学会ナノレオロジー研究会, 幹事.
2010.04~2012.03, 化学工学会粒子・流体プロセス部会ミキシング技術分科会, 幹事.
2008.07~2010.03, プラスチック成形加工学会, 運営委員.
2007.04, 資源素材学会, 常議員.
2006.11, プラスチック成形加工学会, 運営委員.
2006.08, 化学工学会粒子・流体プロセス部会九州地区ミキシング技術分科会, 運営委員.
2003.04~2004.03, 日本セラミックス協会ガラス部会, ガラス部会若手セミナー担当役員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2013.07.29~2010.07.30, 第58回音波と物性討論会、超音波研究会7月研究会、ナノレオロジー研究会, 座長(Chairmanship).
2012.10.25~2012.10.26, 第53回ガラスおよびフォトニクス材料討論会, 座長(Chairmanship).
2010.08.01~2010.08.06, 5th Pacific Rim Conference on Rheology, 座長(Chairmanship).
2010.07.22~2010.07.23, 第55回音波と物性討論会、超音波研究会10月研究会、ナノレオロジー研究会, 座長(Chairmanship).
2009.11.06~2009.11.07, 第17回プラスチック成形加工学会秋季大会(成形加工シンポジア'09) , 審査委員.
2009.11.02~2009.11.03, The Third International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences, 座長(Chairmanship).
2009.10.22~2009.10.23, 第54回音波と物性討論会、超音波研究会10月研究会、ナノレオロジー研究会, 座長(Chairmanship).
2009.10.30~2009.10.31, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 座長(Chairmanship).
2009.10.08~2009.10.08, 化学工学会ミキシング分科会, 座長(Chairmanship).
2009.09.16~2009.09.18, 化学工学会 第41回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2009.07.11~2009.07.11, 第46回化学関連支部合同九州大会, 審査委員.
2008.10.30~2008.10.31, 超音波研究会, 座長(Chairmanship).
2008.09.24~2008.09.26, 化学工学会 第40回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2008.06.07~2008.06.07, 平成20年度 合同学術講演大会 (日本金属学会九州支部・日本鉄鋼協会九州支部 共催), 座長(Chairmanship).
2008.01~2008.01, 化学工学会ミキシング分科会, 座長(Chairmanship).
2008.03~2008.03, 第41回九大生体材料・力学研究会, 座長(Chairmanship).
2007.09~2007.09, 化学工学会ミキシング分科会, 座長(Chairmanship).
2007.06~2007.06, 粉体粉末冶金学会, 座長(Chairmanship).
2005.06, 平成17年度日本金属学会九州支部, 座長(Chairmanship).
2005.05, 平成17年度資源素材学会九州支部, 座長(Chairmanship).
2005.03, 日本セラミックス協会2004年年会, 座長(Chairmanship).
2004.09~2004.09, XX International Congress on Glass, 座長(Chairmanship).
2003.11~2003.11, 第44回ガラスおよびフォト二クス材料討論会, 座長(Chairmanship).
2004.03~2004.03, 日本セラミックス協会2004年年会, 座長(Chairmanship).
2000.03~2000.03, 日本セラミックス協会2000年年会, 座長(Chairmanship).
2010.09.13~2010.09.15, 資源素材学会, 実行委員.
2010.07.30~2010.07.30, 化学工学会ミキシング技術分科会九州地区ミキシングサロン, 幹事.
2010.03.06~2010.03.06, 化学工学会学生発表会, 実行委員.
2009.11, プラスチック成形加工学会秋季大会, 実行委員.
2008.01, 化学工学会ミキシング技術分科会九州地区ミキシングサロン, 幹事.
2007.11, プラスチック成形加工学会秋季大会, 実行委員.
2007.09, 化学工学会 粒子・流体プロセス部会 ミキシング技術分科会夏期セミナー, 幹事.
2007.01, 化学工学会ミキシング技術分科会九州地区ミキシングサロン, 幹事.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度    
2014年度    
2013年度    
2011年度    
2012年度    
2010年度      
2009年度   10 
2008年度     10 
2007年度     10 
2006年度  
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
釜山大学, Korea, 2009.10~2009.10.
Lawrence Berkeley National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2009.04~2009.04.
釜山大学, Korea, 2009.03~2009.03.
University of Santiago, Spain, 2008.06~2008.06.
ローレンスバークレー国立研究所, UnitedStatesofAmerica, 2007.03~2007.03.
Lawrence Berkeley National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2006.03~2006.03.
ローレンスバークレー国立研究所, コーニングガラス会社, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 2003.10~2003.10.
オットーショット国立研究所, Germany, 2002.07~2002.07.
韓国電力株式会社, Korea, 2001.09~2001.09.
ローレンスバークレー国立研究所, サンデイエゴコンベンショナルセンター, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 2000.08~2000.08.
フリードリッヒシラー大学, Germany, 1997.08~1997.09.
リーハイ大学, ローレンスバークレー国立研究所, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 1996.05~1997.05.
清華大学, China, 1995.09~1995.10.
受賞
第8回PM研究促進展奨励賞, 日本粉末冶金工業会, 2010.11.
九州大学研究・産学連携活動賞, 九州大学, 2008.05.
九州大学研究・産学連携活動賞, 九州大学, 2007.05.
第29回資源・素材学会奨励賞, 社団法人 資源・素材学会, 2004.03.
Corning research grant award, Corning Japan, 1998.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 光硬化法による3次元シリカガラス構造の省エネルギー製造プロセスに関する研究.
2014年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 新規機能性シリカガラスの省エネルギー型製造プロセスの開発.
2012年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, ナノ空間を利用した機能性プリンタブル透明シリカガラスの開発.
2001年度~2002年度, 若手研究(B), 代表, 光機能リン酸塩ガラスの密度,粘度,表面張力.
1998年度~2000年度, 基盤研究(A), 分担, ガラス,スラグ中の微細異相析出の形態制御に関する研究.
1998年度~1999年度, 奨励研究(A), 代表, 酸化物ガラスのヤング率と熱伝導率.
1996年度~1987年度, 特別研究員奨励費, 代表, 酸化物ガラスの屈折率波長分散性と真空紫外・赤外反射スペクトルに関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2019年度, 大学発ベンチャー創出推進のための事業 (文部科学省), 代表, 多様な形状と機能性を有するシリカガラス製品を低コストで製造する技術の事業化.
2015年度~2016年度, 日本鉱業振興会試験研究助成, 代表, 常温で成形・量産可能な機能性メソポーラスシリカの新規作製法の開発とその応用.
2013年度~2016年度, 平成25年度戦略的基盤技術高度化支援事業 , 「熱可塑性フッ素樹脂に熱伝導性フィラーを高密度・高充填したパワーエレクト ロニクス機器用高耐熱性放熱シートの開発」 .
2013年度~2014年度, 九州の成長戦略に基づく事業創出推進事業、機械工業振興チャレンジ研究調査、 九州経済産業局 , 「石英ガラス製無痛針成形用メス金型の製造技術の開発」
.
2013年度~2014年度, フジクラ財団研究助成, 光・電子デバイス創製のための機能性メノポーラスシリカ材料の開発
.
2013年度~2014年度, 旭硝子財団研究助成 , 超微細加工技術が容易な機能性シリカガラスの開発
.
2012年度~2013年度, 九州経済産業局「平成24年度九州の成長戦略に基づく事業創出推進事業研究」 , 代表, 機械切削加工可能な石英ガラス素材を用いた複雑構造特殊光学セル への展開.
2010年度~2010年度, , 代表, 耐熱性・成形加工性に優れた新規透明シリカ蛍光体の開発.
2010年度~2010年度, , 代表, 省エネルギー型ソフトリソグラフィ技術を用いたナノ構造体と光機能性.
2009年度~2009年度, 国公私立大コンソーシアム・福岡, 分担, 光エネルギーによる貴金属の回収とそれを用いた光機能セラミックスの製造.
2009年度~2009年度, JSTシーズ発掘試験A, 代表, 高温融液における非平衡・準安定相その場構造解析装置の開発.
2007年度~2010年度, , 代表, 新規非接触法による高温ガラス融体評価技術の開発.
2006年度~2006年度, 地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発プログラム , 代表, 高誘電率・低損失特性を有する新規ガラスセラミックス材料の開発
.
2006年度~2008年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 粉末焼結法による高純度透明石英ガラスの作製と光学部品への応用(継続課題).
2004年度~2004年度, (財)日本板硝子材料工学助成会「研究助成金」, 代表, Bi2O3-B2O3-SiO2ガラス融体の密度、表面張力、粘度に関する研究.
2003年度~2006年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 粉末焼結法による高純度透明石英ガラスの作製と光学部品への応用.
2003年度~2003年度, 財 吉田学術教育振興会「学術奨励金」, 代表, 人工股関節・歯根用生体活性ガラスコーティングに関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2013.08~2014.03, 代表, 生体埋入型バイオ燃料電池に関する基礎的研究.
2012.07~2013.03, 代表, 機械切削加工可能な石英ガラス素材を用いた複雑構造特殊光学セル への展開.
2012.04~2014.03, 代表, SiO2ナノシリカコンポジット材への導電体塗布に関する共同研究.
2012.04~2013.03, 代表, 光・電子機能性透明ガラス材料の開発.
2012.04~2013.03, 代表, バイオセンサーのための有機ー無機ハイブリッド材料の作製
Preparation of organic-inorganichybrid materials for biosensor.
2011.04~2012.03, 代表, 有機-無機ハイブリッド材料の製造プロセスに関する研究

.
2010.04~2012.03, 代表, Development of transparent optoelectronics materials with nano periodic structures.
2010.04~2011.03, 代表, Fabrication and properties of transparent silica glass with nano periodic structures.
2010.04~2011.03, 代表, 有機-無機ハイブリッド材料の製造プロセスに関する研究

.
2006.08~2008.07, 分担, 多層流れにおける粘弾性解析.
寄附金の受入状況
2017年度, 昭栄化学工業株式会社, グローバルイノベーションセンターにおける学術研究のため.
2014年度, イムラアイシン株式会社, 産学連携センターにおける学術研究のため.
2012年度, オハラクォーツ, 産学連携センターにおける学術研究のため.
学内資金・基金等への採択状況
2005年度~2005年度, 九州大学大学院総合理工学府奨励研究, 代表, テラヘルツ領域におけるガラス・セラミックスの誘電率分散特性に及ぼす振動モードの測定とその解明.
2002年度~2002年度, 九州大学大学院総合理工学府奨励研究, 代表, 生体活性ガラスコーティングに関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」