九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐々木 一成(ササキ カズナリ) データ更新日:2018.03.19

教授 /  工学研究院 機械工学部門 水素利用工学


主な研究テーマ
高温型燃料電池(SOFC)材料に関する研究
キーワード:燃料電池、固体酸化物形、電極材料、耐久性、被毒
1989.09.
固体高分子形燃料電池(PEFC)用の電極触媒材料の開発
キーワード:燃料電池、固体高分子形、電極触媒、電極担体、炭素ナノ材料, 導電性酸化物
1999.10.
水素エネルギー工学体系の構築
キーワード:水素エネルギー、燃料電池、固体イオニクス
1995.04.
ナノ構造へテロ界面を利用した新しい無機材料設計
キーワード:コロイド法、ナノサイズ効果, 界面効果
1995.04.
機能性セラミックス中の電子・イオン欠陥の定量的制御
キーワード:欠陥化学、化学熱力学、導電材料
1995.04.
従事しているプロジェクト研究
固体酸化物形燃料電池システム要素技術開発
2005.09~2013.02, 代表者:佐々木一成, 九州大学, (独)NEDO技術開発機構
固体酸化物形燃料電池の化学的劣化解析と加速試験法開発.
固体高分子形燃料電池ナノネットワーク構造電極触媒の材料設計指針の確立
2008.04~2012.03, 代表者:佐々木一成, 九州大学
革新的な高性能高耐久性の固体高分子形燃料電池の開発を目指して、当研究室オリジナルの研究成果である酸化物半導体や炭素ナノ繊維に担持した電極触媒を出発材料として、電気化学的安定性および形状安定性を付与した理想的なナノネットワーク構造を有する電極触媒材料を開発するとともに、その電子・イオン・ガス輸送パス設計と高耐久化に向けた材料設計指針を確立する。.
特定領域研究 「高温ナノイオニクスを基盤とするヘテロ界面制御フロンティア」
2005.04~2007.03, 代表者:佐々木一成, 九州大学, 文部科学省
固体高分子形燃料電池の電極触媒超微粒子におけるナノ電気化学.
固体高分子形燃料電池要素技術開発等事業
2000.12~2005.03, 代表者:佐々木一成, 九州大学, (独)NEDO技術開発機構
ナノ構造無機電極触媒の開発.
戦略的創造研究推進事業
2002.10~2007.03, 代表者:持田勲, 九州大学, (独)科学技術振興機構
表面最適化炭素ナノ繊維の新規環境触媒機能 
ナノ炭素材料を担体とした燃料電池電極触媒における触媒機能.
戦略的創造研究推進事業
2002.10~2007.03, 代表者:寺岡靖剛, 九州大学, (独)科学技術振興機構
ナノ構造制御ペロブスカイト触媒システムの構築 
固体酸化物形燃料電池用ペロブスカイトカソード材料の研究.
科学研究費補助金・基盤研究B
2003.04~2005.03, 代表者:佐々木一成, 日本学術振興会
フレキシブルな燃料電池実現のための微細構造制御電極材料の創製.
九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(Cタイプ)
2002.04~2004.03, 代表者:佐々木一成, 九州大学
次世代のソフトエネルギ−に関する最先端教育プログラムの構築.
民間等との共同研究
2003.04~2009.03, 代表者:佐々木一成, 九州電力
固体酸化物形燃料電池の発電特性に関する研究.
民間等との共同研究B
2001.04~2003.03, 代表者:佐々木一成, 九州電力
固体酸化物形燃料電池発電特性への燃料不純物の影響評価.
即効型産業技術研究助成事業
2000.03~2001.03, 代表者:佐々木一成, 新エネルギー・産業技術総合開発機構
ゼロエミッションエネルギーシステムの中核となるバイオマス・
リサイクル資源を高効率に利用可能な燃料電池の開発.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Y. Kawasoe, S. Tanaka, T. Kuroki, H. Kusaba, K. Ito, Y. Teraoka, and K. Sasaki, Preparation and Electrochemical Activities of Pt–Ti Alloy PEFC Electrocatalysts, J. Electrochem. Soc., 154[9] B969-B975 (2007), 2007.07.
2. K. Sasaki, K. Susuki, A. Iyoshi, M. Uchimura, N. Imamura, H. Kusaba, Y. Teraoka, H. Fuchino, K. Tsujimoto, Y. Uchida, N. Jingo, H2S Poisoning of Solid Oxide Fuel Cells, J. Electrochem. Soc., Vol.153, No.11, A2023-A2029, 2006.11.
3. Y. Shiratori, Y. Teraoka, K. Sasaki, Ni1-x-yMgxAlyO-ScSZ anodes for solid oxide fuel cells, Solid State Ionics, Vol.177, No.15-16, 1371-1380, 2006.06.
4. K. Sasaki, K. Watanabe, K. Shiosaki, K. Susuki, and Y. Teraoka, Multi-fuel Capability of Solid Oxide Fuel Cells, JOURNAL OF ELECTROCERAMICS, 10.1007/s10832-004-5174-z, 13, 1-3, 669-675, 13 (1-3): 669-675 2004, 2004.11.
5. K. Sasaki, K. Shinya, S. Tanaka, Y. Kawazoe, T. Kuroki, K. Takata, H. Kusaba, and Y. Teraoka, Nanostructured PEFC Electrode Catalysts Prepared via In-situ Colloidal Impregnation, Mater. Res. Soc. Symp. Proc., 835, 241-246, Vol. 835, 241-46 (2004)., 2004.11.
6. K. Sasaki, K. Watanabe, and Y. Teraoka, Direct-alcohol SOFCs: Current-voltage characteristics and fuel gas compositions, JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY, 10.1149/1.1756884, 151, 7, A965-A970, 151 (7): A965-A970 2004, 2004.07.
7. K. Sasaki and Y. Teraoka, Equilibria in fuel cell gases - II. The C-H-O ternary diagrams, JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY, 10.1149/1.1577338, 150, 7, A885-A888, 150 (7): A885-A888 JUL 2003, 2003.07.
8. K. Sasaki and Y. Teraoka, Equilibria in fuel cell gases - I. Equilibrium compositions and reforming conditions, JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY, 10.1149/1.1577337, 150, 7, A878-A884, 150 (7): A878-A884 JUL 2003, 2003.07.
9. K. Sasaki and J. Maier, Chemical surface exchange of oxygen on Y2O3-stabilized ZrO2, SOLID STATE IONICS, 161 (1-2): 145-154 JUL 2003, 2003.06.
10. K. Sasaki, Y. Hori, R. Kikuchi, K. Eguchi, A. Ueno, H. Takeuchi, M. Aizawa, K. Tsujimoto, H. Tajiri, H, Nishikawa, Y. Uchida, Current-voltage characteristics and impedance analysis of solid oxide fuel cells for mixed H-2 and CO gases, JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY, 10.1149/1.1435357, 149, 3, A227-A233, 149 (3): A227-A233 MAR 2002, 2002.03.
11. K. Sasaki, H. Kojo, Y. Hori, R. Kikuchi, K. Eguchi, Direct-alcohol/hydrocarbon SOFCs: Comparison of power generation characteristics for various fuels, ELECTROCHEMISTRY, 70, 1, 18-22, 70 (1): 18-22 JAN 2002, 2002.01.
12. K. Sasaki and J. Maier, Re-analysis of defect equilibria and transport parameters in Y2O3-stabilized ZrO2 using EPR and optical relaxation, SOLID STATE IONICS, 134 (3-4): 303-321 OCT 2000, 2000.10.
13. K. Sasaki and J. Maier, In situ EPR studies of chemical diffusion in oxides, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 2 (13): 3055-3061 2000, 2000.01.
14. K. Sasaki and J. Maier, Low-temperature defect chemistry of oxides. II. Analytical relations, JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 10.1063/1.371542, 86, 10, 5434-5443, 86 (10): 5434-5443 NOV 15 1999, 1999.11.
15. K. Sasaki and J. Maier, Low-temperature defect chemistry of oxides. I. General aspects and numerical calculations, JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 10.1063/1.371541, 86, 10, 5422-5433, 86 (10): 5422-5433 NOV 15 1999, 1999.11.
16. K. Sasaki and J. Maier, Low temperature defect chemistry of oxides, JOURNAL OF THE EUROPEAN CERAMIC SOCIETY, 19 (6-7): 741-745 1999, 1999.06.
17. K. Sasaki, J. Claus, and J, Maier, Defect chemistry of oxides in partially frozen-in states: case studies for ZrO2(Y2O3), SrZrO3(Y2O3), and SrTiO3, SOLID STATE IONICS, 121 (1-4): 51-60 JUN 1999, 1999.06.
18. K. Sasaki and L. J. Gauckler, Microstructure-property relations of solid oxide fuel cells. Microstructural design of cathodes and current collectors, DENKI KAGAKU, 64 (6): 654-661 JUN 1996, 1996.06.
19. K. Sasaki, J. P. Wurth, R. Gschwend, M. Godickemeier, and L. J. Gauckler, Microstructure-property relations of solid oxide fuel cell cathodes and current collectors - Cathodic polarization and ohmic resistance, JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY, 143 (2): 530-543 FEB 1996, 1996.02.
20. L. J. Gauckler and K. Sasaki, Ionic and Electronic Conductivities of Homogeneous and Heterogeneous Materials in the System ZrO2-In2O3, SOLID STATE IONICS, 75: 203-210 JAN 1995, 1995.01.
21. K. Sasaki, H. P. Seifert, and L. J. Gauckler, Electronic Conductivity in In2O3 Solid Solutions with ZrO2, JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY, 141 (10): 2759-2768 OCT 1994, 1994.10.
22. K. Sasaki, P. Bohac, and L. J. Gauckler, Phase Equilibria in the System ZrO2-InO1.5, JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY, 76 (3): 689-698 MAR 1993, 1993.03.
23. T. Yano, K. Sasaki, T. Maruyama, T. Iseki, M. Ito, and S. Onose, A Step-heating Dilatometry Method to Measure the Change in Length due to Annealing of a SiC Temperature Monitor, NUCLEAR TECHNOLOGY, 93 (3): 412-415 MAR 1991, 1991.03.
24. K. Sasaki, T. Yano, T. Maruyama, and T. Iseki, Helium Release and Microstructure of Neutron-iraddiated SiC Ceramics, JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS, 179: 407-410 Part A, MAR-APR 1991, 1991.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
水素エネルギー協会
日本機械学会
Electrochemical Society
International Society on Solid State Ionics
Materials Research Society
Europea Fuel Cell Forum
電気化学会
電池技術委員会
日本セラミックス協会
燃料電池開発情報センター
触媒学会
SOFC研究会
学協会役員等への就任
2017.02~2018.02, 電気化学会九州支部, 支部幹事.
2015.01~2016.01, 電気化学会九州支部, 幹事.
2011.01, 固体イオニクス学会, 幹事.
2008.04~2010.03, 水素エネルギー協会, 評議員.
2010.04~2018.03, 水素エネルギー協会, 理事.
2006.04~2008.03, 水素エネルギー協会, 評議員.
2006.01~2006.12, 電気化学会九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.07.05~2016.07.08, 12th EUROPEAN SOFC & SOE FORUM 2016, 座長(Chairmanship).
2016.03.24~2016.03.27, 日本化学会第96春季年会(2016) アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) 燃料電池・エネルギーキャリア・水素社会, オーガナイザー.
2015.10.11~2015.10.15, 228th ECS Meeting, 座長(Chairmanship).
2015.07.26~2015.07.31, The ECS Conference on Electrochemical Energy Conversion & Storage with SOFCXIV, International Conference Convening in Glasgow, 座長(Chairmanship).
2014.03.15~2014.03.17, 電気化学会第82回大会, 座長(Chairmanship).
2015.03.26~2015.03.29, 日本化学会第95春季年会(2015) アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) 資源・次世代エネルギーと環境, オーガナイザー.
2014.03.29~2014.03.31, 電気化学会第81回大会, 座長(Chairmanship).
2014.03.27~2014.03.30, 日本化学会第94春季年会(2014) アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) 燃料電池・水素エネルギー技術, オーガナイザー.
2013.10.27~2013.11.01, 224th ECS Meeting, 座長(Chairmanship).
2013.03.29~2013.03.31, 電気化学会第80回大会, 座長(Chairmanship).
2013.03.22~2013.03.25, 日本化学会第93春季年会(2013) アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) 燃料電池・水素エネルギー技術, オーガナイザー.
2012.11.14~2012.11.16, 第53回電池討論会, 実行委員.
2012.10.14~2012.10.17, 第2回CSJ化学フェスタ2012, オーガナイザー(セッション:化学蓄エネの最先端技術動向―再生可能エネルギーの高効率利用に向けて―).
2012.03.29~2012.03.31, 電気化学会第79回大会, 座長(Chairmanship).
2012.03.25~2012.03.28, 日本化学会第92春季年会(2012) アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) 燃料電池・水素エネルギー技術, オーガナイザー.
2012.02.02~2012.02.02, Fuel Cell and Hydrogen Production Symposium, International Hydrogen Energy Development Forum, 座長(Chairmanship).
2011.11.11~2011.11.11, 水素エネルギー先端技術展2011 燃料電池・水素エネルギー専門技術セミナー, 座長(Chairmanship).
2011.10.17~2011.10.20, 第52回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2011.09.11~2011.09.16, The 62nd Meeting of the International Society of Electrochemistry, 座長(Chairmanship).
2011.07.03~2011.07.08, 18th International Conference on Solid State Ionics, 座長(Chairmanship).
2011.05.01~2011.05.06, 219th ECS Meeting, 座長(Chairmanship).
2007.03.01~2010.03.31, 電気化学会, 座長(Chairmanship).
2006.11.01~2010.03.31, 電池討論会, 座長(Chairmanship).
2005.11.01~2005.11.01, 電池討論会, 座長(Chairmanship).
2005.10.01~2005.10.01, 工業物理化学講習会(電気化学会九州支部主催), 座長(Chairmanship).
2005.07.01~2005.07.01, International Conference on Solid State Ionics, 座長(Chairmanship).
2005.05.01~2005.05.01, 燃料電池シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2005.05.01~2005.05.01, International Symposium on Solid Oxide Fuel Cells, 座長(Chairmanship).
2005.04.01~2005.04.01, 電気化学会, 座長(Chairmanship).
2005.03.01~2010.03.31, 燃料電池要素研究分科会, 座長(Chairmanship).
2004.12.01~2010.03.31, SOFC研究発表会, 座長(Chairmanship).
2013.01.28~2013.01.28, 水素先端世界フォーラム2013 Fuel Cell and Hydrogen Production Symposium: “Alternative Materials and Devices”, 主催.
2011.02.02~2011.02.02, 水素先端世界フォーラム2012 Fuel Cell and Hydrogen Production Symposium, 主催.
2011.02.03~2011.02.03, 水素先端世界フォーラム2011 Fuel Cell Symposium, 主催.
2006.07, European Fuel Cell Forum, International Advisory Board Member.
2006.11.01~2006.11.01, 固体イオニクス討論会, 実行委員会委員.
2006.10.01~2006.10.01, 水素エネルギー協会 定例研究会, 企画.
2003.11.01~2003.11.01, 電池討論会, 実行委員会 委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2006年度
2005年度 12 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ドイツ・マックスプランク固体研究所(MPI、客員研究員), Germany, 1995.04~1999.09.
スイス連邦工科大学(ETH、助手および博士研究員), Switzerland, 1990.10~1995.03.
スイス連邦工科大学(ETH、交換留学生), Switzerland, 1989.10~1990.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2011.04~2011.10, Université Pierre et Marie Curie, France.
2011.04~2011.10, Swiss Federal Institute of Technology (ETH), Zürich, Switzerland.
2009.07~2009.08, 2週間以上1ヶ月未満, Ho Chi Minh City University of Technology, Vietnam, 政府関係機関.
2009.01~2009.02, 2週間以上1ヶ月未満, Ho Chi Minh City University of Technology, Vietnam, 政府関係機関.
2006.01~2006.09, 1ヶ月以上, Korean Institute of Science and Technology, Korea, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
研究活動表彰, 九州大学, 2016.11.
研究活動表彰, 九州大学, 2015.11.
Poster Award, 20th International Conference on Solid State Ionics, 20th International Conference on Solid State Ionics, 2015.06.
研究活動表彰, 九州大学, 2014.11.
Poster Award, 8th ECNP International Conference on Nanostructured Polymers and Nanocomposites, European Center for Nanostructured Polymers (ECNP), 2014.09.
研究活動表彰, 九州大学, 2013.11.
研究活動表彰, 九州大学, 2012.11.
電気化学会第77回ポスター賞, 電気化学会, 2010.03.
Christian Friedrich SCHOENBEIN Medal (Contribution to Science Medal), European Fuel Cell Forum, 2008.07.
総長顕彰, 九州大学, 2008.05.
総長顕彰, 九州大学, 2007.05.
電気化学会第74回大会ポスター賞, 電気化学会, 2007.03.
Ribbon Award, Materials Research Society, 2005.03.
第一回電子セラミックス研究奨励賞, 日本セラミックス協会, 1998.10.
研究資金
寄附金の受入状況
2004年度, (財)加藤科学振興会, 研究助成.
2004年度, (財)旭硝子財団, 自然科学系研究助成.
2003年度, (財)旭硝子財団, 自然科学系研究助成.

九大関連コンテンツ