九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
黒澤 靖(くろさわ きよし) データ更新日:2017.03.09



大学院(学府)担当

その他の教育研究施設名

役職名

熱帯農学研究センター長


ホームページ
http://bbs1.agr.kyushu-u.ac.jp/tropic/
所属研究センターの沿革,活動内容,各教員の所属部門と研究テーマ,出版物などが示されている. .
取得学位
農学博士
専門分野
地水環境保全学
活動概要
研究活動
1999年にJICA専門家(ハノイ農業大学強化計画に派遣)となり,2001年に同専門家より九州大学熱帯農学研究センターに復帰した.以来,ベトナムの農業における地水環境問題を中心に研究を行い,特に,(1)紅河デルタ農村の水質汚染と,(2)ベトナム北部山地の土壌侵食の各問題を研究対象としてきた.
上記(1)では,地表水・地下水のヒ素及びアンモニウム態窒素の各濃度を長期モニタリングし,ヒ素・アンモニウム態窒素による水質汚染の度合いや,この水質汚染に農地への大量の化学肥料投与がどう影響しているかを明らかにする.上記(2)は,近年丘陵斜面が農地として開発されるに伴い,その発生の増加が懸念されるものである.これに関しては,現地にプロット試験地を設けて,斜面の土壌侵食量と諸要因の影響について研究している.
 農村の水質汚染については,2006年からバングラデシュ,2008年からカンボジアも研究対象にしている.ここでも,ヒ素・アンモニウム態窒素による地表水・地下水の水質汚染の度合いや,この汚染に化学肥料投与がどう影響するかを明らかにし,さらにベトナムとバングラデシュ,カンボジアでは,それらの結果が相互にどう違うかについても比較研究を行う.

教育活動
2006年1月より,大学院比較社会文化学府・国際社会文化専攻・地球環境保全講座に所属している.本講座において,「地水環境保全学」,「調査研究方法論」,「環境関連3講座合同総合演習」の各講義及び演習を担当している.

その他
1999-2001 JICA専門家,ハノイ農業大学強化計画に派遣(専門分野:土地水資源管理学)

九大関連コンテンツ