九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
大嶋 雄治(おおしま ゆうじ) データ更新日:2016.05.18

教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 動物・海洋生物資源学


大学院(学府)担当

生物資源環境科学府 資源生物科学専攻 動物・海洋生物資源学

学部担当



電子メール
ホームページ
http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/mes/
水産生物環境学研究室のホームページ .
取得学位
魚貝類の薬物代謝酵素活性を指標とする水域汚染の判定
専門分野
水産化学 環境学 水生生態毒性学
活動概要
 現在,私たちは万を超える化学物質を日常的に使い生活している。快適で効率的な生活は化学物質によって支えられていると言っても過言ではない。また,使用された後の化学物質の運命を考えることは皆無である。しかし,使い終わったPCBs等化学物質は,分解しながらも環境中に流出して,川に入り海に到達して底質に蓄積し続けている。当然,そこに生息する水生生物は低濃度ではあるが複数の化学物質に暴露されているのが現実である。また,水圏からも直接化学物質が流出している。船舶・漁網防汚剤(トリブチルスズ, TBT)等も海水中に拡散して,沿岸水,底質および生物を汚染している。船舶および流出事故により石油成分も流出している。さらに,外国等他の地域で使用された化学物質が海流や降雨によって拡散,移動してくる。よって,沿岸域に生息する生物は低濃度ではあるが多数の化学物質に暴露され続けており,水産生物の再生産を考える上で避けることができない課題である。
 よって私は、人間活動、特に化学物質の低濃度複合汚染が水生生物に与える影響の評価と解明に関する研究・教育を行っている。現在、化学物質の複合毒性機構の解明とその評価、魚の行動に及ぼす影響を、分子レベルから、細胞、個体、生態系までを視野に入れて研究している。また、トリブチルスズ(TBT)と結合し排泄されるTBT結合タンパク(TBT-bp)がリポカリンタンパク質であることを発見し、水生生物における本タンパク質の機能および分子進化に関する研究を進めている。加えて、赤潮の発生と機構の解明。外来魚類の遺伝子による判別等にも取り組んでいる。
 また、その過程で企業との協同研究、特許の取得、社会貢献、研究内容のHPやMailingListによる情報発信も心がけている。

九大関連コンテンツ