九州大学 研究者情報
発表一覧
宮本 敬久(みやもと たかひさ) データ更新日:2019.10.03

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 食料化学工学講座


学会発表等
1. Shen Cunkuan, Islam Md Tariqul, Masuda Yoshimitsu, Ken-ichi Honjoh, Miyamoto Takahisa, Transcriptional response of Salmonella Typhimurium to e-polylysine during initial attachment on petri-dish, 日本防菌防黴学会第46回年次大会, 2019.09.
2. 廣野未来、古田宗宜、奈須敬之、Hoang Minh Duc、Jaroenkolkit Pruet、益田時光、本城賢一、宮本敬久, 溶菌ファージおよび食品添加物によるCampylobacterの制御, 日本防菌防黴学会第46回年次大会, 2019.09.
3. 香坂拓哉、益田時光、木嶋伸行、石井孝昭、本城賢一、宮本敬久, オキシテトラサイクリン曝露による土壌中の薬剤耐性菌発現に関する研究, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第66回大会, 2019.08.
4. 李云程、守田美保、呉藤伊織、佐藤惇、園田拓三、益田時光、本城賢一、宮本敬久, サルモネラおよびリステリアに対するポリフェノール製剤と食品添加物の併用効果, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第66回大会, 2019.08.
5. 坂上和、中道璃名子、篠原由依、佐藤惇、園田拓三、益田時光、本城賢一、宮本敬久, 植物ポリフェノールによる腸管出血性大腸菌の病原性抑制機構, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第66回大会, 2019.08.
6. 緒方はるか、Noor Mohammadi Tahir、佐藤惇、園田拓三、益田時光、本城賢一、宮本敬久, Clostridium perfringensに対するカテキンおよびテアフラビンと食品添加物の抗菌作用, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第66回大会, 2019.08.
7. 川畑諄、益田時光、本城賢一、宮本敬久, リーダーレスバクテリオシン産生ファージの構築, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第66回大会, 2019.08.
8. Khin Zar Linn, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, and Takahisa Miyamoto, Antimicrobial Resistance of Campylobacter from Chicken, 第6回JASID国際開発学会西日本地区研究発表会, 2019.08.
9. Aung Ko Ko Minn,Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, and Takahisa Miyamoto, Antimicrobial Resistance of Escherichia coli Isolated from Clinical and Food Sources in Japan, Fukuoka, 第6回JASID国際開発学会西日本地区研究発表会, 2019.08.
10. Aung Ko Ko Minn, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Antimicrobial resistance of Pathogenic E.coli from clinical and food sources in Fukuoka, Japan, 第56回化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム, 2019.07.
11. Muhammad Iqbal Haris, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Evaluation of Coliform and Enterobacteriaceae as Indicator Bacteria in Foods, 第56回化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム, 2019.07.
12. Minh Duc Hoang, Minh Son Hoang, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Biocontrol of Staphylococcus aureus planktonic and biofilm cells using lytic bacteriophage, FEMS 2019 8th Congress of European Microbiologists, 2019.07.
13. Pham Thi Vinh, Yui Shinohara, Akifumi Yamada, Motokazu Naykayama, Tadahiro Ozawa, Jun Sato, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Effects of baicalein on the cytotoxicity, production and secretion of Shiga toxins of enterohaemorrhagic Escherichia coli, FEMS 2019 8th Congress of European Microbiologists, 2019.07.
14. Yoshimitsu Masuda, Shun Kawabata, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Construction of leaderless bacteriocin producing phage, FEMS 2019 8th Congress of European Microbiologists, 2019.07.
15. Apisada Kitichalermkiat, Jun Sato, Takumi Sonoda, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Effect of epigallocatechin gallate on gene expression of Staphylococcus aureus, FEMS 2019 8th Congress of European Microbiologists, 2019.07.
16. M. Zayda, A. Elbagory, K. Honjoh, A. Hammad, Y. Masuda, and T. Miyamoto, Virulence and molecular typing of methicillin-resistant (MRSA) and methicillin-susceptible (MSSA) Staphylococcus aureus isolated from bovine subclinical mastitis and Egyptian cheese samples., 2019 ADSA Annual Meeting, 2019.06.
17. 宮本敬久, 食品衛生法の改正と危害微物対策, 一般社団法人日本食品保蔵科学会第68回大会(福岡大会), 2019.06.
18. Apisada Kitichalermkiat, Jun Sato, Takumi Sonoda, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Effects of polyphenols against Staphylococcal enterotoxin production, The 21st FOOD INNOVATION ASIA CONFERENCE 2019, 2019.06.
19. 木村太喜、益田 時光、本城 賢一、宮本 敬久, 大腸菌を用いたレタス由来ガラクチノール合成酵素遺伝子の機能解析, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
20. 中道璃名子、篠原由衣、益田時光、本城賢一、宮本敬久, 腸管出血性大腸菌の病原性に対するLuteolinの影響, 日本食品衛生学会第114回学術講演会, 2018.11.
21. 坂本英莉花、益田時光、本城賢一、宮本敬久, 大腸菌の耐熱性におけるTAシステムの機能解明, 日本食品衛生学会第114回学術講演会, 2018.11.
22. 二田昂志郎、田中翔大、益田時光、本城賢一、宮本敬久, 大腸菌におけるバクテリオファージ耐性化機構の解明, 日本防菌防黴学会第45回年次大会, 2018.11.
23. 王婧、益田時光、本城賢一、宮本敬久, 細菌のバイオフィルム形成に関与するTAシステムの解明, 日本防菌防黴学会第45回年次大会, 2018.11.
24. 松本拓朗,松下香,馬場浩,中山素一,宮本敬久, 食品関連酵母のMALDI-TOF-MSによる迅速同定に関する検討, 日本防菌防黴学会第45回年次大会, 2018.11.
25. 馬場浩,松本拓朗,松下香,中山素一,宮本敬久, MALDI-TOF MSを用いた食品由来酵母の同定に関する検討, 第39回日本食品微生物学会学術総会, 2018.09.
26. 佐藤 惇、冨田あゆみ、園田拓三、中山素一、宮本敬久, 細胞膜リン脂質への作用に着目したBacillus coagulansに対するカテキン類の抗菌メカニズム解析, 第23回日本フードファクター学会学術集会、第12回日本ポリフェノール学会学術集会、第15回日本カテキン学会年次学術集会合同学術集会, 2018.09.
27. 篠原由衣、山田彬史、佐藤 惇、園田拓三、益田時光、本城賢一、宮本敬久, 植物ポリフェノールの腸管出血性大腸菌の病原性抑制効果, 第23回日本フードファクター学会学術集会、第12回日本ポリフェノール学会学術集会、第15回日本カテキン学会年次学術集会合同学術集会, 2018.09.
28. 守田美保、呉藤伊織、上山雄基、佐藤惇、園田拓三、益田時光、本城賢一、宮本敬久, テアフラビン類の抗菌作用機構に関する研究, 第23回日本フードファクター学会学術集会、第12回日本ポリフェノール学会学術集会、第15回日本カテキン学会年次学術集会合同学術集会, 2018.09.
29. Hoang Minh D., Hoang Minh S., Pang Shu Yi H., Masuda Y., Honjoh K., Miyamoto T., Isolation and application of broad-host range bacteriophages to control Salmonella Enteritidis, Salmonella Typhimurium, and Escherichia coli O157:H7 simultaneously in in vitro and food matrices, 26th International ICFMH Conference - FoodMicro 2018, 2018.09.
30. Guo Y., Ou L., Masuda Y., Honjoh K., Miyamoto T., Mechanism for improvement of thermal resistance of Salmonella under high sucrose concentration, 26th International ICFMH Conference - FoodMicro 2018, 2018.09.
31. Cui X., Hu C., Masuda Y., Honjoh K., Miyamoto T., Effects of salts on heat resistance and recovery from injury of Salmonella, 26th International ICFMH Conference - FoodMicro 2018, 2018.09.
32. Masuda Y., Sakamoto E., Futatsuishi S., Hoang M.D., Honjoh K., Miyamoto T., Role of YafQ-DInJ toxin-antitoxin system and indole synthesis by TnaA in heat tolerance of Escherichia coli, 26th International ICFMH Conference - FoodMicro 2018, 2018.09.
33. Aung Ko Ko Minn,Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, and Takahisa Miyamoto, Antimicrobial Resistance of Pathogenic E. coli from clinical and food sources in Fukuoka, Japan, 5th JASID Western Japan Research Meeting, 2018.08.
34. Aye Thida Maung, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, and Takahisa Miyamoto, Antimicrobial Resistance Profiles of Listeria monocytogenes Isolated from Chicken Meats in Fukuoka, Japan, 5th JASID Western Japan Research Meeting, 2018.08.
35. 松本拓朗, 松下香, 馬場浩, 中山素一, 宮本敬久, 食品関連酵母のMALDI-TOF-MSによる迅速同定, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
36. 木村太喜, 黒川将, 益田時光, 本城賢一, 宮本敬久, 大腸菌を用いたレタス由来ガラクチノール合成酵素遺伝子の機能解析, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
37. 李 重延, 須田千尋, 益田時光, 本城賢一, 宮本敬久, ハツカダイコン栽培段階における Listeria monocytogenesの汚染機構解明と収穫後の菌の消長について, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
38. 益田 時光, 坂本 英莉花, 本城 賢一, 宮本 敬久, 細菌の熱耐性におけるToxin-Antitoxinシステムの機能, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018.03.
39. 益田 時光, 坂本 英莉花, 本城 賢一, 宮本 敬久, 細菌の熱耐性、損傷菌発生におけるTAシステムの機能の解明, 第113回日本食品衛生学会学術講演会, 2017.11.
40. Tahir Noor Mohammadi, Jun Sato, Ayumi Tomita, Takumi Sonoda, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Mechanism for antibacterial action of epigallocatechin gallate on Clostridium perfringens, 第113回日本食品衛生学会学術講演会, 2017.11.
41. Aye Thida Maung, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Antimicrobial resistance of Listeria monocytogenes isolated from chicken meats in Fukuoka, Japan, 第113回日本食品衛生学会学術講演会, 2017.11.
42. 篠原由衣, 山田彬史, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, 植物ポリフェノールのベロ毒素活性阻害効果, 第38回日本食品微生物学会学術総会, 2017.10.
43. 田中 翔大, Hoang Minh Son, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, バクテリオファージによる生肉の腸管出血性大腸菌制御, 日本防菌防黴学会第44回年次大会, 2017.09.
44. Jaroenkolkit Pruet, 奈須 敬之, 古田 宗宜, Hoang Minh Duc, 本城 賢一, 宮本 敬久, Campylobacter特異的バクテリオファージの利用に関する研究, 日本防菌防黴学会第44回年次大会, 2017.09.
45. 呉藤 伊織, 上山 雄基, 佐藤 惇, 富田 あゆみ, 園田 拓三, 永井 智, 宮本 敬久, テアフラビン類の抗菌作用機構に関する研究, 日本防菌防黴学会第44回年次大会, 2017.09.
46. 佐藤 惇, 富田 あゆみ, 園田 拓三, 中山 素一, 宮本 敬久, 細胞表層への作用に着目したBacillus coagulansに対するカテキン類の抗菌メカニズム解析, 日本防菌防黴学会第44回年次大会, 2017.09.
47. 胡 伝琪, 郭 越, 崔 晓文, 欧 柳舒, 磯脇 千佳, 倉光 結実子, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, NaClによるサルモネラの耐熱性向上機構の解明, 日本防菌防黴学会第44回年次大会, 2017.09.
48. 本城 賢一, 須田 千尋, 城 聖実, 李 重延, 木嶋 伸行, 前田 征之, 益田 時光, 宮本 敬久, ハツカダイコン栽培段階におけるリステリアの可食部汚染機構の解明, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第64回大会, 2017.08.
49. Thaint Thinzar Shwe, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, Revalence of antimicrobial resistance and plasmid-mediated quinolone resistance gene in Salmonella isolates from chicken meat, 第4回国際開発学会JASID西日本地区研究発表会, 2017.08.
50. Aye Thida Maung, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, Antimicrobial Resistance of Listeria monocytogenes Isolated from Chicken Meats in Fukuoka, Japan, 第4回国際開発学会JASID西日本地区研究発表会, 2017.08.
51. 篠原由衣, 山田彬史, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, 植物ポリフェノールによる腸管出血性大腸菌の病原性抑制, 第54回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム, 2017.07.
52. Thaint Thinzar Shwe, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, Prevalence and antimicrobial resistance and plasmid-mediated quinolone resistance gene in Salmonella isolates from chicken, 第54回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム, 2017.07.
53. 宮本 敬久, サルモネラの耐熱性と加熱損傷回復機構について, 損傷菌セミナー2017, 2017.06.
54. Apisada Kitichalermkiat, Mao Katsuki, Ai Nonaka, Motokazu Nakayama, Kanami Shimatani, Naofumi Shigemune, Daisuke Tomiyama, Koji Yui, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Effects of Epigallocatechin Gallate on Viability and Cellular Proteins of Staphylococcus aureus, asm microbe 2017, 2017.06.
55. Xiaowen Cui, Yumiko Kuramitsu, Liushu Ou, Yue Guo, Chika Isowaki, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Study on mechanism for heat resistance of Salmonella in low moisture condition
, asm microbe 2017, 2017.06.
56. Yoshimitsu Masuda, Sae Futatsuishi, Hoang Minh Duc, Aya Nakayama, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Role of Toxin-Antitoxin System in Bacterial Heat Injury and Recovery, asm microbe 2017, 2017.06.
57. Hoang Minh Duc, Hoang Minh Son, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Use of Bacteriophage for the Removal of Salmonella Biofilm on Cabbage, asm microbe 2017, 2017.06.
58. 立石 実麗, Md Tariqul Islam, 小椋 彩, 森永 憲子, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, 食中添加物によるサルモネラのバイオフィルム形成阻害機構の解明, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017.03.
59. 益田 時光, Hoang Minh Duc, 二石 彩映, 中山 文, 本城 賢一, 宮本 敬久, 大腸菌の熱耐性におけるTAシステムの機能の解明, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017.03.
60. 宮本 敬久, 欧 柳舒, 郭 越, 磯脇 千佳, 倉光 結実子, 崔 暁文, 胡 伝琪, 益田 時光, 本城 賢一, サルモネラの耐熱性に及ぼす生育培地のNaCl濃度の影響
, 第112回日本食品衛生学会学術講演会, 2016.10.
61. 益田 時光, Hoang Minh Duc, 二石 彩映, 中山 文, 本城 賢一, 宮本 敬久, 大腸菌の熱耐性、損傷菌発生におけるTAシステムの機能の解明, 第112回日本食品衛生学会学術講演会, 2016.10.
62. 奈須 敬之, 古田 宗宜, Hoang Minh Duc, 本城 賢一, 宮本 敬久, カンピロバクター特異的バクテリオファージの分離と利用に関する研究, 日本防菌防黴学会第43回年次大会, 2016.09.
63. 山田 彬史, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, ベロ毒素活性阻害および細胞保護作用を示すポリフェノール, 日本防菌防黴学会第43回年次大会, 2016.09.
64. 益田 時光, 倉光 結実子, 欧 柳舒, 磯脇 千佳, 本城 賢一, 宮本 敬久, 低水分活性条件におけるサルモネラの熱耐性能の向上と加熱損傷及び回復機構の解明, 日本防菌防黴学会第43回年次大会, 2016.09.
65. 郭 越, 欧 柳舒, 磯脇 千佳, 倉光 結実子, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, 低水分活性食品におけるサルモネラの損傷および回復機構の解明, 日本防菌防黴学会第43回年次大会, 2016.09.
66. 森永憲子, 小椋彩, Md Tariqul Islam, 本城 賢一, 宮本 敬久, 野菜表面における食品添加物の食中毒細菌汚染低減効果, 第37回日本食品微生物学会学術総会, 2016.09.
67. 二石 彩映, 香月 真央, 中山 素一, 佐藤 淳, 園田 拓三, 宮本 敬久, EGCgの大腸菌に対する抗菌作用機構解明, 第37回日本食品微生物学会学術総会, 2016.09.
68. 黒川 将, 岡野 仁美, 川畑 彩, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, レタス (Lactuca sativa. L)由来の低温誘導性galactinol 合成酵素遺伝子のクローニング, 第34回日本植物細胞分子生物学会(上田)大会, 2016.09.
69. 本城 賢一, 林 英, 祝迫 侑里, 城 聖実, 木嶋 伸行, 前田 征之, 宮本 敬久, リーフレタス栽培段階におけるリステリアの損傷菌化と可食部汚染機構の解明, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第63回大会, 2016.08.
70. 宮本 敬久, ホン ミン ソン, ホン ミン ドク, 益田 時光, 本城 賢一, 生肉より分離した腸管出血性大腸菌特異的溶菌バクテリオファージの性状, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第63回大会, 2016.08.
71. 益田 時光, 欧 柳舒, 磯脇 千佳, 本城 賢一, 宮本 敬久, 低水分活性条件でのサルモネラの加熱損傷および回復機構の解明, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第63回大会, 2016.08.
72. Hoang Minh Son, Hoang Minh Duc, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Isolation, characterization, and application of a lytic phage active against Shiga toxin-producing Escherichia coli O157:H7 contaminated to raw beef, The Australian Society for Microbiology 2016, 2016.07.
73. Ayumi Horiuchi,, Jun Sato, Takahisa Miyamoto, Mechanism for the antibacterial action of epigallocatechin gallate (EGCg) on Bacillus subtilis, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015.12, Catechins are a class of polyphenols and have high anti-bacterial activity against various microorganisms. We report the mechanism for antibacterial activity of epigallocatechin gallate (EGCg) against Gram-positive bacteria Bacillus subtilis, which is hig.
74. Jun Sato, Ayumi Horiuchi,, Takahisa Miyamoto, Evaluation of typing methods of Bacillus coagulans strains as food spoilage bacteria, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015.12, In this study, we have evaluated and compared various typing methods, particularly matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry (MALDI-TOF MS) and repetitive-PCR (rep-PCR) for typing B. coagulans strains..
75. 山田彬史, 周 婷, 中山素一, 島谷佳奈果, 湯井幸治, 本城 賢一, 宮本 敬久, 腸管出血性大腸菌に対するカテキンおよび類縁化合物の影響, 第12回日本カテキン学会年次学術大会, 2015.12.
76. 二石彩映, 香月真央, 中山素一, 重宗尚文, 島谷佳奈果, 富山大輔, 湯井幸治, 宮本 敬久, EGCg処理した大腸菌の遺伝子発現の変化, 第12回日本カテキン学会年次学術大会, 2015.12.
77. 宮本 敬久, 山田彬史, 中山素一, 小澤忠弘, 本城 賢一, 緑茶カテキンの腸管出血性大腸菌に対する病原性低減効果, 第12回日本カテキン学会年次学術大会, 2015.12.
78. 本城 賢一, 林 英, 祝迫侑里, 城 聖美, 木嶋伸行, 宮本 敬久, 栽培土壌におけるリステリアの損傷ならびにリーフレタス可食部汚染機構の解明, 第36回日本食品微生物学会学術総会, 2015.11.
79. Apisada Kitichalermkiat, Mao Katsuki, Ai Nonaka, Motokazu Nakayama, Kanami Shimatani, Naofumi Shigemune, Daisuke Tomiyama, Koji Yui, Takahisa Miyamoto, Studies on mechanism for antibacterial action of EGCg on Staphylococcus aureus
, AFELiSA2015, 2015.11.
80. Hoang Minh Duc, Hoang Minh Son, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Isolation and characterization of bacteriophages against Extended spectrum beta lactamase (ESBL) – producing Escherichia coli
, AFELiSA2015, 2015.11.
81. Hoang Minh Son, Hoang Minh Duc, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Isolation and Characterization of Lytic Bacteriophages against Enterohaemorrhagic E. coli
, AFELiSA2015, 2015.11.
82. 上山雄基, 呉藤伊織, 香月真央, 中山素一, 重宗尚文, 三谷あさこ, 島谷佳奈果, 富山大輔, 湯井幸治, 宮本 敬久, 抗カテキンモノクローナル抗体の性質と利用, 平成27年度(公社)日本食品科学工学会西日本支部 および(公社)日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2015.10.
83. 欧柳舒, 郭越, 磯脇千佳, 本城 賢一, 宮本 敬久, 低水分活性状態で生育したサルモネラの耐熱性と加熱損傷回復機構解明, 平成27年度(公社)日本食品科学工学会西日本支部 および(公社)日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2015.10.
84. 奈須敬之, 古田宗宜, Hoang Minh Duc, 本城 賢一, 宮本 敬久, カンピロバクター特異的バクテリオファージの分離と利用に関する研究, 平成27年度(公社)日本食品科学工学会西日本支部 および(公社)日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2015.10.
85. 森永憲子, 小椋彩, Md Tariqul Islam, 本城 賢一, 宮本 敬久, 農産物の食中毒細菌汚染低減法の開発, 平成27年度(公社)日本食品科学工学会西日本支部 および(公社)日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2015.10.
86. 山田彬史, 周 婷, 中山素一, 島谷佳奈果, 小澤忠弘, 湯井幸治, 本城 賢一, 宮本 敬久, カテキンおよび類縁化合物による腸管出血性大腸菌の病原性抑制, 平成27年度(公社)日本食品科学工学会西日本支部 および(公社)日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2015.10.
87. Hoang Minh Son, Bio-control of Shiga Toxin Producing Escherichia coli (STEC) O157:H7 contaminated in raw beef by using a lytic bacteriophage, 9th Biotechnology Congress, 2015.09.
88. 山田 彬史, 周 婷, 中山 素一, 島谷 佳奈果, 小澤 忠弘, 湯井 幸治, 本城 賢一, 宮本 敬久, ポリフェノールの腸管出血性大腸菌に対する病原性阻害機構の解明, 日本防菌防黴学会第42回年次大会, 2015.09.
89. Apisada Kitichalermkiat, 香月 真央, 中山 素一, 島谷 佳奈果, 佐藤 惇, 湯井 幸治, 本城 賢一, 宮本 敬久, Study on the antibacterial mechanism of epigallocatechin gallate on Staphylococcus aureus, 日本防菌防黴学会第42回年次大会, 2015.09.
90. 東方和也, 細谷幸一, 佐藤 淳, 中山素一, 宮本 敬久, 酸性食品腐敗菌L. fructivoransの有機酸・食塩耐性の解析, 公益社団法人日本食品科学工学会第62回大会, 2015.08.
91. 佐藤 淳, 細谷幸一, 東方和也, 中山素一, 園田拓三, 蓮見基充, 宮本 敬久, 酸性調味料における酢酸耐性菌の馴化挙動の解析, 公益社団法人日本食品科学工学会第62回大会, 2015.08.
92. Fuyuki Aoyama, Takahisa Miyamoto, Development of polymerase chain reaction for rapid identification of Paenibacillus and Cohnella with high peracetic acid tolerance., IAFP 2015, 2015.07, The purpose of this study was to develop a PCR assay for rapid identification of species of genera Paenibacillus and Cohnella resistant to peracetic acid.DNAs from 49 strains of spore-forming bacteria were analyzed by the developed PCR method. PCR prod
.
93. Munenori Furuta, Takahisa Miyamoto, Characterization of Campylobacter Bacteriophages Isolated from Chicken Samples, IAFP 2015, 2015.07, The purpose of this study was to isolate and characterize bacteriophage specific to Campylobacter.The characterization of 46 C. jejuni isolates showed that they belonged to 25 RiboGroups and 24 RAPD types. On the other hand, 7 C. coli isolates were classi.
94. 佐藤 惇, 堀内あゆみ, 富山大輔, 中山素一, 湯井幸治, 宮本 敬久, 食品腐敗原因Bacillus coagulansにおける菌株識別法の評価, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015.03, 目的】Bacillus coagulansは容器包装詰加圧加熱殺菌食品におけるフラットサワー型変敗を引き起こす原因菌としてよく知られており、形成する芽胞の高い耐熱性に加え、高カテキン耐性を示すなど各種ストレス耐性を有していることから最も重要な制御対象細菌の1つである。B.coagulansは菌株間で芽胞の耐熱性が異なること等が報告されているが、様々な表現型について菌株間で詳細に比較した研究例は非常に少ない。そこで、我々はB.coagulansの各菌株を種々の菌株識別技術により分類し、制御対象菌としての重要性評価へ応用可能かどうかについて検討したので報告する。
【方法および結果】現在入手可能なB.coagulans をNBRC、DSM、日本缶詰びん詰レトルト食品協会から計14株購入し、試験に供した。菌株識別はRepetitive(Rep)-PCR とMALDI-TOF-MS、リボタイピングにより行い、これらの結果から菌株のグルーピングを行った。16SrRNA(約1500bp)とDNA gyrase (gyrB, 約1200bp)の塩基配列による系統樹解析および各種糖の資化能を指標としてグルーピング結果の確からしさを評価した。16SrRNAおよびgyrBの塩基配列から系統樹を作製した結果、試験した14株は16SrRNA遺伝子では2つ、gyrB遺伝子では3つのクラスターに大きく分類された。Rep-PCRおよびMALDI-TOF-MSによる解析の結果、遺伝子解析よりも詳細に分類され、各々10および13のグループに細分化された。各手法における同一性の指標(Similarity: Rep-PCR >95%、MALDI-TOF-MS >80%)は異なるが、Rep-PCRおよびMALDI-TOF-MSにおいてDSM2350および DSM2356の2菌株は類縁性が非常に高いことが示された。これ以外にもRep-PCRによりDSM2308およびDSM2385の2菌株とNBRC12583, 缶詰1108, 缶詰1109の3菌株の類縁性が高いことが示され、MALDI-TOF-MS解析でも同様に近縁であると判定された。両手法で類縁性が非常に高かったDSM2350, DSM2356の2菌株間で生化学性状を比較した結果、50種類の糖の資化性が完全に一致し、芽胞の耐熱性やカテキン耐性も類似していた。また、他の類縁性が高かった菌株に関しても表現型は類似していた。一方、リボタイピングでは同一性の指標(Similarity:>0.85)を満たす菌株が無く、更に、生化学的性状に基づく分類とも一致しなかった。これは、B.coagulansがリボソームDNAのITS領域に多型性を有することが原因と考えられた。
今回の結果から、B.coagulansにおいてMALDI-TOF-MSとRep-PCRの異なる原理に基づいた解析を組み合わせる事で、より正確な菌株識別と類縁性の高い菌株のグルーピングが可能であり、耐熱性やカテキン耐性等の表現型とも一致することが示された。
.
95. 宮本 敬久, 中山 素一, 小澤 忠弘, カテキンおよび類縁化合物のベロ毒素活性阻害, 第88回日本細菌学会総会, 2015.03.
96. Rui Li, Dongdong Zheng, Jie Xiao, Xiao Tan, Hongxun Wang, Zhiguo Liu, Min Zhou, Takahisa Miyamoto, OCCURANCE AND CHARACTERIZATION OF SHIGA TOXIN- PRODUCING ESCHERICHIA COLI IN FOODS IN WUHAN, CHINA , The 8th International Symposium on the East Asian Environmental Problems (EAEP2014), 2014.12.
97. Takahisa Miyamoto, Misako Shimamoto, Nozomi Kido, Tomoko Mishima, Ken-ichi Honjoh, CONTAMINATION AND SURVIVAL OF SALMONELLA ON LEAF VEGETABLE DURING CULTIVATION, The 8th International Symposium on the East Asian Environmental Problems (EAEP2014), 2014.12.
98. 祝迫 侑里, 林 英, 本城 賢一, 宮本 敬久, リステリア汚染土壌で栽培したトマトの可食部汚染の可能性について, 平成26年度 日本食品科学工学会西日本支部大会, 2014.12.
99. 徐 松傑, Hoang Minh Son, 本城 賢一, 宮本 敬久, 腸管出血性大腸菌特異的バクテリオファージの分離と利用に関する研究, 平成26年度 日本食品科学工学会西日本支部大会, 2014.12.
100. Ken-ichi Honjoh, Tomoko Mishima, Nozomi Kido, Yuri Iwaizako, Ying Lin, Takahisa Miyamoto, Studies on contamination routes of Salmonella Enteritidis and Listeria monocytogenes in vegetables , 43rd Annual Meeting United States - Japan Cooperative Program in Natural Resources Food and Agricultural Panel , 2014.10.
101. 欧 柳舒, 磯脇 千佳, 本城 賢一, 宮本 敬久, 低水分活性状態におけるサルモネラ菌の加熱損傷, 日本防菌防黴学会第41回年次大会, 2014.09.
102. Hoang Minh Son, Hoang Minh Duc, 本城 賢一, 李 睿, 宮本 敬久, New variant of subtilase cytotoxin-encoding gene (subAB2-2) in Shiga toxin producing Escherichia coli serotype O128:H2 isolated from human, 日本防菌防黴学会第41回年次大会, 2014.09.
103. 周 婷, 立木 成美, 中山 素一, 島谷 佳奈果, 小澤 忠弘, 湯井 幸治, 宮本 敬久, カテキン類およびテアフラビン類のベロ毒素活性阻害作用, 日本防菌防黴学会第41回年次大会, 2014.09.
104. 上山 雄基, 梅野 真衣, 倉八 正篤, 香月 真央, 辻 祥子, 中山 素一, 重宗 尚文, 三谷 あさこ, 徳田 一, 宮本 敬久, カテキン特異的モノクローナル抗体の作製と性質, 日本防菌防黴学会第41回年次大会, 2014.09.
105. Md Tariqul Islam, Chikako Machida, Aya Ogura, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Clarification of the mechanism of inhibiting the biofilm formation of pathogenic bacteria on fresh produce by food additives, International Union of Microbiological Societies 2014, 2014.07.
106. 宮本 敬久, 中山素一, 野中 愛, 香月 真央, 島谷果菜美, 枯草菌におけるEGCgと相互作用する菌体表層タンパク質の解析, 日本農芸化学会, 2014.03, カテキン類が各種微生物に対し高い抗菌性を示すことは良く知られているが、菌体への吸着部位等、カテキンの抗菌メカニズムについては未知な部分が多い。我々はこれまでに、細胞表層におけるカテキンの存在部位をセリウムを用いた可視化技術により解析し、EGCgが菌体の細胞表層に吸着していることを明らかにした。さらに、グラム陰性菌のEscherichia coliにおいて、EGCgは外膜タンパク質であるポリンの孔内部の塩基性アミノ酸と結合して塞ぎ、物質の取り込みを阻害することが抗菌メカニズムの一つであることを明らかとした。今回、抗菌性が強く発現するグラム陽性菌のBacillus subtilisにおいて、EGCgと結合するタンパク質の分離・同定を行い、その機能に対するEGCgの影響を検討した。
【方法および結果】EGCgで1時間処理を行ったB. subtilisの菌体破砕上清を二次元電気泳動に供した結果、EGCg未処理菌体(コントロール)とEGCg処理菌体では、二次元電気泳動のパターンが異なった。EGCg処理することで、スポット強度が減少、またはスポットが消失したタンパク質は、カテキンと相互作用し、不溶化したものと考えられた。変化が認められたスポットのタンパク質を抽出して同定した結果、EGCgと相互作用する細胞表層の候補タンパク質として、ABC transporter、PTS system transporter、 penicillin‐binding protein (PBP) が見出された。
 Oligo peptide ABC transporterとのEGCgとの相互作用を、ドッキングシュミレーションにて解析した結果、EGCgはOligo peptide ABC transporter のOpen構造における内側の塩基性アミノ酸側鎖と水素結合していることが示唆された。EGCgがOpen構造に取り込まれた後、Close構造への構造変換を阻害することで、基質であるOligo peptide の輸送を阻害していると考えられた。枯草菌のグルコース取り込みの主たる経路は、ホスホトランスフェラーゼシステム (PTS) である。このPTS system transporter とEGCgの相互作用について調べるため、グルコース取り込みに伴う酸素消費速度をDOX(ダイキン社製)を用いて測定した。その結果、EGCg処理菌体ではグルコース取り込み速度の低下が認められた。 
 以上の結果から、B.subtilisにおいて、EGCgは速やかに細胞表層の種々の膜タンパク質に吸着し、膜タンパク質の機能を阻害することで、抗菌性を発現しているものと考えられた。
.
107. 宮本 敬久, 林 英, 祝迫侑里, 島本美紗子, 本城 賢一, トマト栽培土壌中におけるリステリアの生残と損傷菌検出に関する研究, 日本食品科学工学会平成25年度西日本支部大会, 2013.10.
108. 宮本 敬久, 食の安全を考える, 日本食品科学工学会平成25年度西日本支部大会, 2013.10.
109. 辻 祥子, 張 暁光, 本城 賢一, 宮本 敬久, バイオセンサーによる食中毒病原物質の簡易迅速検出法の開発, 日本防菌防黴学会 創立40周年記念事業 第40回年次大会, 2013.09.
110. 宮本 敬久, 農産物および食品における有害微生物の汚染低減技術, 日本防菌防黴学会 創立40周年記念事業 第40回年次大会, 2013.09.
111. 立木 成美, 豊福 星洋, 木村 悦子, 中山 素一, 島谷 佳菜果, 小澤 忠弘, 湯井 幸治, 本城 賢一, 宮本 敬久, カテキンおよび類縁化合物によるベロ毒素活性の阻害, 日本防菌防黴学会 創立40周年記念事業 第40回年次大会, 2013.09.
112. Ken-ichi Honjoh, Hitomi Okano, Aya Kawabata, Ayako Shiraishi, Takahisa Miyamoto, Molecular response of Lactuca sativa L. to low temperature, 13TH ASEAN FOOD CONFERENCE 2013, 2013.09.
113. Xiaoguang Zhang, Sachiko Tsuji, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Simultaneous Detection of Escherichia coli O157:H7, Salmonella Enteritidis and Listeria monocytogenes in food by using multichannel SPR, 13TH ASEAN FOOD CONFERENCE 2013, 2013.09.
114. 磯脇 千佳, 小石 翔太, 田代 康介, 本城 賢一, 宮本 敬久, 分岐鎖アミノ酸およびグルタミン酸による細菌の加熱損傷からの回復促進効果
, 日本食品科学工学会第60回記念大会, 2013.08.
115. 小椋 彩, 町田 智佳子, Md Tariqul Islam, 本城 賢一, 宮本 敬久, ポリリジンと乳清タンパクによる野菜の二次汚染低減効果, 日本食品科学工学会第60回記念大会, 2013.08.
116. 池田 圭亮, 野中 愛, 島谷 佳奈果, 中山 素一, 本城 賢一, 宮本 敬久, 好気性芽胞形成細菌に対する脂肪酸エステル類の抗菌作用機作, 日本食品科学工学会第60回記念大会, 2013.08.
117. 香月 真央, 島谷 佳奈果, 中山 素一, 田代 康介, 本城 賢一, 宮本 敬久, 大腸菌に対するEGCgの抗菌作用機構の解明, 日本食品科学工学会第60回記念大会, 2013.08.
118. 島本 美紗子, 米田 朋樹, 城戸 希望, 三島 朋子, 本城 賢一, 宮本 敬久, 葉菜可食部を汚染したサルモネラの生残性, 日本食品科学工学会第60回記念大会, 2013.08.
119. 米田 朋樹, 三島 朋子, 城戸 希望, 本城 賢一, 宮本 敬久, トマトにおけるサルモネラの付着・生残機構の解明, 日本食品科学工学会第60回記念大会, 2013.08.
120. 白石 絢子, 桐野 愛, 町田 豪, 本城 賢一, 宮本 敬久, クロレラNTRCおよびPrx遺伝子導入による高等植物の凍結貯蔵性向上に関する基礎研究, 日本食品科学工学会第60回記念大会, 2013.08.
121. 岡野 仁美, 白石 絢子, 川畑 彩, 町田 豪, 本城 賢一, 宮本 敬久, 凍結貯蔵性付与を目的としたレタスの低温応答遺伝子解析, 日本食品科学工学会第60回記念大会, 2013.08.
122. 香月 真央, 島谷 佳奈果, 中山 素一, 本城 賢一, 宮本 敬久, 食品衛生細菌に対するカテキン類の抗菌作用機構の解明, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
123. 池田 圭亮, 野中 愛, 島谷 佳奈果, 中山 素一, 本城 賢一, 宮本 敬久, 細菌芽胞に対する脂肪酸エステルの作用機構の解明, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
124. 小椋 彩, 町田 智佳子, Md Tariqul Islam, 本城 賢一, 宮本 敬久, 食品添加物によるサルモネラ付着力低減効果, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
125. 磯脇 千佳, 小石 翔太, 田代 康介, 本城 賢一, 宮本 敬久, サルモネラの加熱損傷回復におけるアミノ酸の機能, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
126. 島本 美紗子, 米田 朋樹, 城戸 希望, 三島 朋子, 本城 賢一, 宮本 敬久, 葉菜類における栽培環境からのサルモネラ汚染, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
127. 白石 絢子, 桐野 愛, 町田 豪, 本城 賢一, 宮本 敬久, クロレラ由来葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素ならびに2-Cysペルオキシレドキシン遺伝子導入シロイヌナズナのストレス耐性, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
128. 島谷佳奈果, 中山素一, 人見 潤, 野中 愛, 倉八正篤, 池田圭亮, 宮本 敬久, 細菌芽胞に対する乳化剤の抗菌効果における脂肪酸鎖長の影響, 日本農芸化学会, 2013.03, 【目的】
Bacillus属細菌は、熱や薬剤に対する耐性の高い芽胞を形成するため加熱殺菌後も生存し、食中毒や品質の劣化の原因となる。このため芽胞の発芽・増殖の制御のため、脂肪酸エステル類が使用されているが、その抗菌作用機構は明らかにされていない。本研究では脂肪酸鎖長の異なるモノグリセリン脂肪酸エステル(MFE)およびショ糖脂肪酸エステル(SFE)を用いて,数種のバチルス属細菌芽胞に対する抗菌効果を調べたので報告する。
【方法】
Bacillus coagulans, B.cereus, B. megaterium,およびB. subtilsの芽胞を常法に従って調製した。この芽胞を種々の濃度の脂肪酸エステルを添加した50%濃度のLB培地またはTSB培地中(pH6またはpH8)で、最適温度にて48時間培養後の生菌数を、TSA培地を用いた平板塗抹法にて測定して最小生育阻止濃度(MIC)を求めた。
【結果および考察】
脂肪酸鎖長8,10,12,14,16,18のMFE(MFE8〜MFE18)およびSFE(SFE8〜SFE18)を用いて0.0000125〜0.05%の終濃度範囲で試験した結果、B.coagulansにおいて、MFEではpH6および8においてMFE12および14の効果が最も高かった。これに対して、SFEでは、pH6および8においてSFE16および18の効果が最も高かった。B.cereusにおいては、MFEではpH6および8においてMFE12の効果が最も高かった。これに対して、SFEでは、pH6ではSFE14および16の効果が高かったが、pH8ではいずれのSFEも抗菌効果を示さなかった。B.megateriumにおいては、MFEではpH6ではMFE12および14、pH8ではMFE12の効果が最も高かった。これに対して、SFEでは、pH6ではSFE14の効果が高かったが、pH8ではいずれのSFEも抗菌効果を示さなかった。B.subtilisにおいては、MFEではpH6および8においてMFE12の効果が高く、SFEでは、pH6においてSFE14、pH8においてはSFE14および16の効果が高かった。このようにMFEではpHには関係なく,試験した菌株では、脂肪酸鎖長12または14のエステルの抗菌効果が高かった。これに対して、SFEは,菌種によって効果が異なり、pHには関係なくB.coagulansでは脂肪酸鎖長16が、B.subtilisでは脂肪酸鎖長14が高い抗菌効果を示したが、pH6においてBcereusでは鎖長14および16,Bmegateriumでは鎖長14の効果が高かったが、pH8ではいずれの鎖長のSFEも試験した濃度範囲では抗菌効果は認められなかった。今後、芽胞及び栄養細胞との脂肪酸エステルの親和性と抗菌活性との関連、芽胞の表面疎水性と脂肪酸エステルの物理化学的性質の関連等を調べて抗菌作用機構の解明を試みる。
.
129. 小石翔太・磯脇千佳・本城賢一・宮本敬久, サルモネラの加熱損傷回復におけるアミノ酸の関与, 平成24年度日本食品科学工学会西日本支部大会, 2012.12.
130. 三島朋子・城戸希望・島本美紗子・米田朋樹・本城賢一・宮本敬久, 青果物の食中毒細菌汚染機構とその制御に関する研究, 平成24年度日本食品科学工学会西日本支部大会, 2012.12.
131. 町田智佳子・小椋 彩・本城賢一・宮本敬久, 食品添加物による野菜への食中毒細菌の付着阻害, 平成24年度日本食品科学工学会西日本支部大会, 2012.12.
132. Miyamoto T, Mishima T, Kido N, Nakashima S, Yamakawa M, Miyaji N, Honjoh K., Prevalence and survival of Salmonella Enteritidis in tomato fruits and soil during cultivation of tomato plants in soil contaminated with the bacteria, International Symposium on Agriculture, Food, Environmental and Life Science in Asia 2012, 2012.11.
133. Xiaoguang Zhang, Hayato Kitaoka, Sachiko Tsuji, Hiroshi Kobayashi, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Simultaneous detection of Escherichia coli O157:H7, Salmonella Enteritidis and Listeria monocytogenes in food using multichannel SPR, International Symposium on Agriculture, Food, Environmental and Life Science in Asia 2012, 2012.11.
134. 岡野仁美・川畑彩・町田豪・本城賢一・宮本敬久, レタスにおけるCBF、ICE1、GolS 遺伝子の低温誘導性に関する研究, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2012.09.
135. 中島慧子・劉佩・本城賢一・宮本敬久, 生肉のListeria monocytogenes 検査における新規real-time PCR 法の実用性について, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2012.09.
136. 井原紀・小林弘司・本城賢一・宮本敬久, ノロウイルス拭き取り検査と除染に関する基礎研究, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2012.09.
137. 野中 愛・倉八正篤・中山素一・島谷佳奈果・人見 潤・宮本敬久, EGCg 特異的な細菌菌体タンパク質の分離と同定, 日本防菌防黴学会第39回年次大会, 2012.09.
138. Xiaoguang Zhang・ Hayato Kitaoka・ Sachiko Tsuji・ Hiroshi Kobayashi・ Ken-ichi Honjoh・ Takahisa Miyamoto , Rapid and Simultaneous Detection of Food Poisoning Bacteria using multiplex SPR, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
139. 辻祥子・張暁光・北岡勇人・玉井充・小林弘司・本城賢一・宮本敬久 , SPRセンサーによる細菌検出における前処理の有効性, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
140. 米田朋樹・三島朋子・城戸希望・本城賢一・宮本敬久 , トマトにおけるサルモネラの付着・生残戦略と制御, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
141. 梅野真衣・ 倉八正篤・ 野中愛・ 中山素一・ 島谷佳奈果・ 人見潤・ 本城賢一・ 宮本敬久, カテキン類の抗菌作用機作に関する研究, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
142. 立木成美・豊福星洋・木村悦子・中山素一・重宗尚文・人見潤・徳田一・本城賢一・宮本敬久, カテキン類は腸管出血性大腸菌の毒素を阻害する, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
143. 岡野仁美・川畑彩・町田豪・本城賢一・宮本敬久 , CBF遺伝子の解析に基づくレタス(Lactuca sativa L.)の低温応答性に関する研究, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
144. 張 暁光・北岡勇人・本城賢一・宮本敬久, SPRセンサーによる食中毒細菌の一斉迅速検査, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
145. 島谷佳奈果・中山素一・重宗尚文・継国孝司・人見 潤・徳田 一・倉八正篤・野中 愛・宮本敬久, 大腸菌と黄色ブドウ球菌におけるカテキンと相互作用する菌体表層タンパク質の同定, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
146. 豊福星洋・木村悦子・立木成美・中山素一・重宗尚文・人見 潤・徳田 一・本城賢一・宮本敬久, カテキン類のベロ毒素活性阻害に関する研究, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
147. Li R, Zhai P, Dai S, Miyamoto T, Shiga-toxin producing E. coli contamination of commercially available raw meat and fresh vegetables in central china, The 5th International Symposium on the East Asian Environmental Problems, 2011.11.
148. Miyamoto T, Mishima T, Kido N, Nakashima S, Honjoh K, Salmonella contamination of leaf lettuce cultivated on a soil inoculated with the bacterium, The 5th International Symposium on the East Asian Environmental Problems, 2011.11.
149. 三島朋子・城戸希望・島本美紗子・米田朋樹・本城賢一・宮本敬久, ミニトマトにおけるサルモネラの生残性と汚染機構の解明, 第32回日本食品微生物学会学術総会, 2011.10.
150. 城戸希望・三島朋子・島本美紗子・米田朋樹・本城賢一・宮本敬久, リーフレタスにおけるサルモネラの生残性と汚染機構の解明, 第32回日本食品微生物学会学術総会, 2011.10.
151. 小石翔太・木下義將・Wen Hsu-Ming・本城賢一・宮本敬久, サルモネラの加熱損傷回復におけるPsp反応の関与, 第32回日本食品微生物学会学術総会, 2011.10.
152. 野中 愛・倉八正篤・中山素一・重宗尚文・継国孝司・人見 潤・徳田 一・本城賢一・宮本敬久, カテキン類の細菌栄養細胞に対する抗菌作用機作の解明, 第32回日本食品微生物学会学術総会, 2011.10.
153. Tomoko Mishima, Nozomi Kido, Satoko Nakashima, Narongrit Paisanvipatchapong, Ken-Ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, INVESTIGATION OF UPTAKE AND INTERNALIZATION OF SALMONELLA ENTERITIDIS IN LEAF LETTUCE CULTIVATED IN SOIL CONTAMINATED WITH THE BACTERIUM, IUMS2011 Sapporo, 2011.09.
154. Pei Liu, Hiromi Mizue, Kumiko Fujihara, Ken-Ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, CYTOPATHOGENIC STUDIES OF LISTERIA MONOCYTOGENES DERIVED FROM CLINICAL, FOOD AND ENVIRONMENTAL SAMPLES, IUMS2011 Sapporo, 2011.09.
155. Masahiro Kurahachi, Ai Nonaka, Motokazu Nakayama, Naofumi Shigemune, Takashi Tsugukuni, Jun Hitomi, Hajime Tokuda, Takahisa Miyamoto, STUDIES ON ANTIBACTERIAL ACTION OF EGCG - DAMAGE AND RECOVERY OF BACTERIA TREATED WITH EGCG AT PH 6.5 -, IUMS2011 Sapporo, 2011.09.
156. Naofumi Shigemune, Motokazu Nakayama, Takashi Tsugukuni, Jun Hitomi, Hajime Tokuda, Masahiro Kurahachi, Ai Nonaka, Takahisa Miyamoto, STUDIES ON MECHANISM FOR ANTIBACTERIAL ACTION OF CATECHINS -CELLULAR FUNCTIONS AFFECTED BY ATTACHMENT OF CATECHINS ONTO THE SURFACE OF BACTERIAL CELLS, IUMS2011 Sapporo, 2011.09.
157. Hiroshi Kobayashi, Hayato Kitaoka, Ken-Ichi Honjoh, Kiyoshi Toko, Takahisa Miyamoto, SIMULTANEOUS DETECTION OF MAJOR FOODPOISONING BACTERIA BY IMMUNOCHROMATOGRAPHY AND SURFACE PLASMON RESONANCE (SPR) BIOSENSOR, IUMS2011 Sapporo, 2011.09.
158. 徐 文ジ・中山素一・重宗尚文・継国孝司・人見 潤・徳田 一・本城賢一・宮本敬久, カテキン類の乳酸菌に対する抗菌作用機構の解明, 日本防菌防黴学会第38回年次大会, 2011.08.
159. 北岡勇人・小林弘司・本城賢一・宮本敬久, マルチチャンネルSPRセンサーによる大腸菌O157:H7, サルモネラおよびリステリアの同時検出法の開発, 日本防菌防黴学会第38回年次大会, 2011.08.
160. 玉井 充・小林弘司・本城賢一・宮本敬久, 表面プラズモン共鳴(SPR)センサによる大腸菌迅速検査法の開発, 日本防菌防黴学会第38回年次大会, 2011.08.
161. 町田智佳子・金 笑娟・大石彬靖・本城賢一・宮本敬久, 細菌の付着に対する食品添加物の併用効果, 日本防菌防黴学会第38回年次大会, 2011.08.
162. 宮本敬久, 特別講義(2)「食の安心・安全」, 第6回日本安全学教育研究会, 2011.08.
163. 金 笑娟・大石 彬靖・町田 智佳子・本城 賢一・宮本 敬久, 乳清蛋白質の食中毒細菌付着阻害機構に関する研究, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
164. 小石 翔太・木下 義將・Wen Hsu-Ming・田代 康介・本城 賢一・宮本 敬久, サルモネラの加熱損傷回復促進機構の解明, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
165. 豊福 星洋・木村 悦子・本城 賢一・宮本 敬久, 細菌毒素阻害活性物質の検索と阻害機構の解明, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
166. 中島 慧子・城戸 希望・Narongrit Paisanvipatchapong・三島 朋子・本城 賢一・宮本 敬久, レタスのサルモネラ汚染機構の解明, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
167. 野中 愛・倉八 正篤・徐 文婕・中山 素一・重宗 尚文・継国 孝司・人見 潤・徳田 一・本城 賢一・宮本 敬久, 細菌芽胞に対するカテキンの抗菌作用機構の解明, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
168. 町田 智佳子・大石 彬靖・金 笑娟・本城 賢一・宮本 敬久, 食品添加物によるサルモネラ付着阻害機構の解明, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
169. 井原 紀・小林 弘司・本城 賢一・宮本 敬久, ノロウイルスの除染法に関する研究, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
170. 三島朋子・城戸希望・Narongrit Paisanvipatchapong・本城賢一・宮本敬久, ミニトマト栽培土壌におけるサルモネラの生残性と可食部移行, 第31回日本食品微生物学会学術総会, 2010.11.
171. 城戸希望・三島朋子・Narongrit Paisanvipatchapong・中島慧子・本城賢一・宮本敬久, リーフレタス栽培土壌におけるサルモネラの生残性と可食部移行, 第31回日本食品微生物学会学術総会, 2010.11.
172. 北岡勇人・小林弘司・本城賢一・宮本敬久 , 大腸菌O157, サルモネラおよびリステリアの免疫学的同時検出における一斉培養条件の最適化, 第31回日本食品微生物学会学術総会, 2010.11.
173. 倉八正篤・目加田遥子・中山素一・重宗尚文・継国孝司・徳田 一・宮本敬久 , カテキン類の芽胞形成細菌に対する抗菌作用, 日本防菌防黴学会第37回年次大会, 2010.09.
174. 木下義將・Wen Hsu-Ming・内藤公貴・田代康介・本城賢一・宮本敬久 , サルモネラの加熱損傷回復機構の解明と応用, 日本防菌防黴学会第37回年次大会, 2010.09.
175. 大石彬靖・河岸丈太郎・下津智志・本城賢一・宮本敬久 , 食品添加物による食中毒細菌の付着阻害機構の解明, 日本防菌防黴学会第37回年次大会, 2010.09.
176. 宮本敬久, 食中毒関連の立場から  細菌性食中毒における健康危機管理と食品衛生   , 第100回日本食品衛生学会学術講演会 シンポジウム「健康危機管理と食品衛生」, 2010.09.
177. Shigemune, N., Nakayama, M., Tsugukuni, T., Tokuda, H., Yoshizawa, C., Mekada, Y., Kurahachi, M., Miyamoto, T., Mechanisms of Antibacterial Action of Catechin against Bacterial Spores, IAFP 2010, 2010.08.
178. Nakayama, M., Shigemune, N., Tsugukuni, T., Tokuda, H., Matsushita, T., Mekada, Y., Kurahachi, M., Miyamoto, T., Study on the Adsorption of Catechins over the Surface of the Bacterial Cell, IAFP 2010, 2010.08.
179. 玉井 充・小林弘司・本城賢一・宮本敬久, SPRセンサによる大腸菌検査の最適化, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
180. 北岡勇人・小林弘司・本城賢一・宮本敬久, 主要食中毒細菌の一斉増菌および同時検出法の開発, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
181. 倉八正篤・目加田遥子・徐 文婕・中山素一・徳田 一・本城賢一・宮本敬久 , カテキン類の抗菌活性およびその作用機構に関する研究, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
182. 城戸希望・三島朋子・Narongrit Paisanvipatchapong・本城賢一・宮本敬久 , 青果物のサルモネラ汚染機構の解明, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
183. 桐野 愛・町田 豪・石橋明子・本城賢一・宮本敬久 , クロレラNTRC/2-Cys Prx抗酸化系の過酸化物分解活性および本抗酸化系遺伝子導入による酵母の耐凍性に関する研究, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
184. Hoang Minh Son・木村悦子・本城賢一・宮本敬久 , Characterization of Verotoxigenic Escherichia coli isolated from raw meat, 第47回化学関連支部合同九州大会 International Meeting on Chemistry in Kitakyushu 第21回産学交流ユースフォーラム, 2010.07.
185. 川畑 彩・町田 豪・本城賢一・宮本敬久 , レタスの低温および凍結耐性を評価する遺伝子マーカーの検討, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
186. 宮本 敬久, 食品添加物による食中毒細菌の付着防止, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
187. 中山 素一、重宗 尚文、継国 孝司、徳田 一、松下 知世、目加田 遥子、倉八 正篤、宮本 敬久, カテキンの細菌細胞表面への吸着に関する新知見, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
188. 重宗 尚文、中山 素一、継国 孝司、徳田 一、吉澤 千尋、目加田 遥子、倉八 正篤、宮本 敬久, カテキンの芽胞形成細菌に対する抗菌機構, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
189. 宮本敬久, 食中毒細菌、ウイルス、毒素を早く高感度に検出する, 九州大学新技術説明会, 2010.02.
190. 町田豪、増山夏子、山田直隆、本城賢一、宮本敬久, クロレラ耐凍性誘導物質ルヌラリンにより発現誘導される遺伝子の同定, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会, 2009.10.
191. 石橋明子、本城賢一、町田豪、宮本敬久, クロレラ葉緑体局在NADPH チオレドキシン還元酵素と2-Cys 型ペルオキシレドキシン間の相互作用解析, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会, 2009.10.
192. 増山夏子、渡辺雄太、 町田豪、山田直隆、本城賢一、宮本敬久、桑野栄一, クロレラの耐凍性に及ぼすルヌラリンの影響, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会, 2009.10.
193. 財津修一・樋脇 弘・江渕寿美・小田隆弘・古田宗宜・宮本敬久, リアルタイム PCR 法によるカンピロバクター生菌検出のための試料の前処理条件について, 日本食品微生物学会 30 周年記念学術総会, 2009.10.
194. 小林弘司、高橋啓次、倉田幸治、本城賢一、宮本敬久, 表面プラズモン共鳴(Surface plasmon resonance, SPR)センサによる牛乳中の大腸菌迅速検査法の開発, 第98回日本食品衛生学会学術講演会, 2009.10.
195. 木村悦子、原田天章、Hoan Minh Son、本城賢一、宮本敬久, 食肉のベロ毒素遺伝子保有大腸菌の検出と分離, 第98回日本食品衛生学会学術講演会, 2009.10.
196. 三島朋子、城戸希望、本城賢一、宮本敬久, ミニトマト栽培土壌におけるサルモネラの消長と可食部汚染, 第98回日本食品衛生学会学術講演会, 2009.10.
197. 水江裕美、劉 佩、藤原久美子、本城賢一、宮本敬久, Listeria monocytogenesの遺伝子型と病原性に関する研究, 第98回日本食品衛生学会学術講演会, 2009.10.
198. 内島慎吾、小林弘司、本城賢一、宮本敬久, ノロウイルスの遺伝子型別と簡易・迅速検査に関する研究, 第98回日本食品衛生学会学術講演会, 2009.10.
199. Miyamoto, T., Wen, H.-M., Kinoshita, Y., Kobayashi, H., Honjoh, K., Tashiro, K., BCAA promotes recovery from Heat-Injury in Salmonella Typhimurium, UJNR Food and Agricultural Panel 38th Annual Meeting, 2009.10.
200. 宮本敬久・目加田遥子・松下知世・重宗尚文・中山素一・徳田 一, カテキン添加調味液による浅漬けの保存性向上, 日本防菌防黴学会第36 回年次大会, 2009.09.
201. 江渕寿美・財津修一・宮基良子・樋脇 弘・宮本敬久, Ethidiummonoazide,propidiummonoazide および DNase処理を併用したリアルタイムPCR法による生菌の Legionella 属菌の検出 , 日本防菌防黴学会第36 回年次大会, 2009.09.
202. 矢羽田歩、本城賢一、山本健太、宮城一菜 、比嘉淳、宮本敬久、太田英明, 沖縄産シークワシャー果実の判別方法の開発:アリル特異的PCR増幅法による検出法, 日本食品科学工学会第56回大会, 2009.09.
203. Liu, P., Fujihara, K., Mizue, H., Honjoh, K., and Miyamoto, T., Advantage of a new PCR method for detection of Listeria monocytogenes over commercially available kit, 第46回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム, 2009.07.
204. Son, H.M., Kimura, E., Harada, T., Honjoh, K., and Miyamoto, T., Monitoring and isolation of verotoxigenic Escherichia coli in raw meat, 第46回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム, 2009.07.
205. 三島朋子、山川真美、宮地夏海、本城賢一、宮本敬久, ミニトマトのサルモネラ汚染機構の解明, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
206. Phuong, P.T.L., Honjoh, K., and Miyamoto, T., Studies on control pathogens in seafood, 第46回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム, 2009.07.
207. 町田 豪, 麻生 亜由子, 山本 舞子, 本城 賢一, 宮本 敬久, タバコ由来トレハロース合成系酵素群の酵母での発現, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
208. 河岸丈太郎、大石彬靖、下津智志、本城賢一、宮本敬久, サルモネラバイオフィルム形成とその阻害に関する基礎研究, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
209. 石橋明子、町田豪、加藤枝里、佐藤純一、川崎信治、新村洋一、本城賢一、宮本敬久, クロレラ葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素が関わる抗酸化系酵素群の酵母における発現とストレス耐性, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
210. 水江裕美、劉佩、藤原久美子、本城賢一、宮本敬久, L. monocytogenesの病原性と分類に関する研究, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
211. 三島朋子、山川真美、宮地夏海、本城賢一、宮本敬久, 野菜の栽培過程におけるサルモネラ汚染機構の解明, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
212. 目加田遥子、松下知世、中山素一、重宗尚文、徳田 一、本城賢一、宮本敬久, EGCg特異的ペプチドによるEGCg定量法の開発, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
213. 木下義將、Wen Hsu-Ming、内藤公貴、田代康介、本城賢一、宮本敬久, サルモネラの加熱損傷回復時の遺伝子発現, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
214. 大石彬靖、河岸丈太郎、下津智志、本城賢一、宮本敬久, 食中毒細菌の付着制御に関する研究, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
215. 重宗尚文、松下知世、目加田遥子、継国孝司、中山素一、徳田一、本城賢一、宮本敬久, 食中毒細菌に対するカテキン類とNaClとの併用効果, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
216. 宮本敬久、目加田遥子、継国孝司、松下知世、中山素一、徳田一、重宗尚文、本城賢一, 細菌に対するEGCg結合量とカテキン感受性には相関がある, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
217. Takeshi Machida, Akiko Ishibashi, Eri Kato, Jun-ichi Sato, Shinji Kawasaki, Youichi Niimura, Ken-ichi Honjoh and Takahisa Miyamoto, Chloroplast NADPH-dependent thioredoxin reductase from Chlorella vulgaris functions as an antioxidant system with 2-Cys peroxiredoxin, The 5th International Joint Symposium between Japan and Korea, 2008.11.
218. 宮本敬久, 食品における耐熱性芽胞形成菌の生育特性と制御, 第29回日本食品微生物学会学術総会, 2008.11.
219. 江渕寿美・財津修一・樋脇弘・古田宗宜・小田隆弘・宮本敬久, マイクロバブルを応用したカンピロバクターの除菌試験, 第29回日本食品微生物学会学術総会, 2008.11.
220. Takahisa Miyamoto, Kanako Furuta, Chihiro Yoshizawa, Tomoyo Matsushita, Youko Mekada, Ken-ichi Honjoh, Motokazu Nakayama, Naofumi Shigemune, Hajime Tokuda, Effects of food additives on antibacterial activity of green tea extracts, 14th World Congress of Food Science & Technology, 2008.10.
221. Liu Pei, K. Fujihara, H. Mizue, K. Honjoh and T. Miyamoto, Studies on subtyping and pathogenicity of listeria monocytogenes, 14th World Congress of Food Science & Technology, 2008.10.
222. Kevin Webby Soli, Asako Yoshizumi, Mami Yamakawa, Masako Yamasaki, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Sterilization of fresh produce by the combined use of slighty acidic hypochlorous water and sucrose fatty acid ester, 14th World Congress of Food Science & Technology, 2008.10.
223. 石橋明子、町田豪、加藤枝里、佐藤純一、川崎信治、新村洋一、本城賢一、宮本敬久, クロレラ葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素は2-Cys Prxと共同して過酸化物分解に機能する, 日本農芸化学会西日本支部大会, 2008.09.
224. 重宗尚文・中山素一・徳田 一・目加田遥子・松下知世・吉澤千尋・宮本敬久 , カテキン類の抗菌性に関する研究5-各種食品添加物と緑茶抽出物の併用効果-
, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, 2008.09.
225. 川本大輔・若月紀代子・樋脇弘・宮本敬久 , 室内環境におけるノロウイルスの消長と除染法の研究
, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, 2008.09.
226. 樋脇弘・馬場愛・江渕寿美・古田宗宣・小田隆弘・宮本敬久 , Campylobacter jejuni/ Coliを特異的に検出するLight Upon Extension Fluorogenic Primerの作製
, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, 2008.09.
227. 樋脇弘・馬場愛・江渕寿美・古田宗宣・小田隆弘・宮本敬久 , Light Upon Extension Fluorogenic Primerを使ったリアルタイムPCRによる食品増菌液からのCampylobacter jejuni/ Coliの検出
, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, 2008.09.
228. 河岸丈太郎・下津智志・川口穣・本城賢一・宮本敬久, 食中毒細菌のバイオフィルム形成機構と阻害に関する基礎研究, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, 2008.09.
229. 原田天章・久保田順・本城賢一・宮本敬久, 食中毒細菌一斉迅速検出法の改良, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, 2008.09.
230. 目加田遥子・松下知世・吉澤千尋・本城賢一・宮本敬久・中山素一・重宗尚文・徳田 一, カテキン類の抗菌性に関する研究4-カテキン純品の抗菌活性と芽胞形成細菌に対する影響-, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, 2008.09.
231. 宮本敬久, 高品質な食品製造のための細菌検査および微生物制御技術, 「生命をはかる」研究会 第24回研究会 食の安全をはかる-, 2008.09.
232. 高橋啓次・小林弘司・倉田幸治・本城賢一・宮本敬久, 表面プラズモン共鳴 (Surface plasmon resonance, SPR) センサによる病原因子簡易迅速検出法の開発, 日本食品科学工学会第55回大会 若手の会, 2008.09.
233. 松下知世・目加田遥子・吉澤千尋・中山素一・重宗尚文・徳田 一・本城賢一・宮本敬久, カテキン類の抗菌作用機構に関する基礎研究-NaClとの併用効果の機構について, 日本食品科学工学会第55回大会 若手の会, 2008.09.
234. 山川真美・三島朋子・宮地夏海・芳住あさこ・本城賢一・宮本敬久, 微酸性次亜塩素酸水(Slightly acidic hypochlorous water, SAHW)と界面活性剤の併用効果に関する基礎研究, 日本食品科学工学会第55回大会 若手の会, 2008.09.
235. Takahisa Miyamoto, Kevin Webby Soli, Asako Yoshizumi, Mami Yamakawa, Ken-ichi Honjoh, Sterilization by slighty acidic hypochlorous water of fresh produce in combination of pretreatment with sucrose fatty acid ester under microbubble generation, UJNR Food and Agricultural Panel 37th Annual Meeting, 2008.08.
236. Ken-ichi Honjoh, Kanae Matsuura, Koutarou Nishi, Takeshi Machida, Masayoshi Iio and Takahisa Miyamoto, Stress tolerance of yeast expressing genes for taurine synthetic enzymes, XVI Congress of the Federation of European Societies of Plant Biology (FESPB 2008), 2008.08.
237. Takeshi Machida, Akiko Ishibashi, Eri Kato, Jun-ichi Sato, Shinji Kawasaki, Youichi Niimura, Ken-ichi Honjoh and Takahisa Miyamoto, Chloroplast NADPH-dependent thioredoxin reductase from Chlorella vulgaris functions as an antioxidant with 2-Cys peroxiredoxin, XVI Congress of the Federation of European Societies of Plant Biology (FESPB 2008), 2008.08.
238. Rui Li, Takaaki Harada, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Genotyping characterization of Enterohemorrhagic Escherichia coli strains isolated from human patients in Japan, 2008 Annual Scientific Meeting and Exhibition of the Australian Society for Microbiology, 2008.07.
239. Hsu-Ming Wen, Kimitaka Naito, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Clarification of the mechanism of recoveryof heat-injured Salmonella Typimurium, 2008 Annual Scientific Meeting and Exhibition of the Australian Society for Microbiology, 2008.07.
240. Naohumi Shigemune, Motokazu Nakayama, Hajime Tokuda, Kanako Furuta, Chihiro Yoshizawa, Tomoyo Matsushita, Youko Mekada, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto, Antibacterial activity of green tea extracts and catechins, and their mode of action, 2008 Annual Scientific Meeting and Exhibition of the Australian Society for Microbiology, 2008.07.
241. 町田 豪, 石橋 明子, 加藤 枝里, 佐藤 純一, 川崎 信治, 新村 洋一, 本城 賢一, 宮本 敬久, クロレラの葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素が関与する抗酸化システム
, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
242. 町田豪, 加藤枝里, 石橋明子, 大橋直人, 佐藤純一, 川崎信治, 新村洋一, 本城賢一, 宮本敬久, クロレラ低温誘導性NTR-Cは2-Cys Prxの電子供与体として機能し過酸化物分解を促進する, 日本農芸化学会, 2008.03.
243. 宮本敬久, 食中毒細菌の検出技術動向, 生物化学的測定法研究会, 2007.12.
244. Takeshi Machida, Eri Kato, Akiko Ishibashi, Naoto Ohashi, Ken-ichi Honjoh, and Takahisa Miyamoto, Molecular characterization of low-temperature-inducible NTR-C in Chlorella vulgaris, 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2007.11.
245. Takahisa Miyamoto, Kumiko Fujihara, Ken-ichi, Honjoh, Hideaki Kamikado, Takashi Tanaka, Intraspecific lineage group identification of Listeria monocytogenes based on DNA sequences of some genes and rapid detection of L. monocytogenes genetically similar to clinical isolates, Natural Resources, Food and Agriculture Panel, 36th Annual meeting, 2007.10.
246. 本城賢一,町田豪,松浦香苗,西孝太郎,宮本敬久,飯尾雅嘉, タウリン合成酵素遺伝子導入による酵母へのストレス耐性付与, 日本食品科学工学会, 2007.09.
247. 下津智志,川口穣,河岸丈太郎,本城賢一,宮本敬久, 農作物加害細菌付着防止法の開発, 日本食品科学工学会, 2007.09.
248. Takahisa Miyamoto, Rapid detection methods for food pathogens, Japan-Germany International Cooperative Project on Education and Research, 2007.09.
249. Takeshi Machida, Eri Kato, Akiko Ishibashi, Ken-ichi Honjoh and Takahisa Miyamoto, Molecular characterization of low-temperature-inducible NTR-C in Chlorella vulgaris, Japan-Germany International Cooperative Project on Education and Research, 2007.09.
250. Kevin Webby Soli, Asako Yoshizumi, Mami Yamakawa, Ken-ichi Honjoh and Takahisa Miyamoto, Disinfection of fresh lettuce by slightly acidic hypochlorous water in combination with sucrose fatty acid ester and microbubble, Japan-Germany International Cooperative Project on Education and Research, 2007.09.
251. 大橋直人,町田豪,本城賢一,宮本敬久, クロレラ葉緑体局在型 G6PDHアイソザイムの低温下における発現挙動と機能解析, 日本農芸化学会中四国西日本支部合同大会, 2007.09.
252. 古澤麻帆、林沙弥香、本城賢一、宮本敬久, B. cereus 嘔吐毒合成酵素遺伝子の発現に関する研究, 日本農芸化学会中四国西日本支部合同大会, 2007.09.
253. 下津智志、川口 穣、下八重雅明、本城賢一、宮本敬久, 食中毒細菌の付着阻害物質と阻害機構に関する研究, 日本農芸化学会中四国西日本支部合同大会, 2007.09.
254. 藤原久美子、原口敬寛、樋脇 弘、本城賢一、宮本敬久, L. monocytogenes の分類と制御に関する研究, 日本農芸化学会中四国西日本支部合同大会, 2007.09.
255. 芳住あさこ、山川真美、元松 藍、ケビン ウェービー ソリ、本城賢一、宮本敬久, 脂肪酸エステルと微酸性次亜塩素酸水を併用したレタスの殺菌, 日本防菌防黴学会, 2007.08.
256. 吉澤千尋1・古田可菜子1・松下知世1・宮本敬久1・中山素一2・重宗尚文2・徳田一2 [1九州大院・農,2花王(株)], カテキン類の抗菌性に関する研究1 - 種々のpHにおける抗菌スペクトル -, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007.08.
257. 松下知世1・古田可菜子1・宮本敬久1・中山素一2・重宗尚文2・徳田 一2 [1九州大院・農学,2花王(株)], カテキン類の抗菌性に関する研究2 - NaCl との併用効果および食品保存への応用, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007.08.
258. 重宗尚文1・中山素一1・徳田 一1・古田可菜子2・松下知世2・吉澤千尋2・宮本敬久2 [1花王(株), 2九州大院・農学], カテキン類の抗菌性に関する研究3 - 界面活性剤との併用効果 -, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007.08.
259. 宮本敬久, 食の安全確保におけるセンサー技術の利用, 【日本農芸化学会西日本部推薦】第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
260. 本城賢一,加藤枝里,町田豪,宮本敬久,飯尾雅嘉, クロレラ由来低温誘導性NADPH依存型チオレドキシン還元酵素のcDNAクローニングとその機能解析, 日本農芸化学会, 2007.03.
261. 町田豪,大橋直人,本城賢一,宮本敬久,飯尾雅嘉, クロレラ由来グルコース6-リン酸脱水素酵素アイソザイムのcDNAクローニングと低温下における挙動, 日本農芸化学会, 2007.03.
262. 佐藤純一,藤原俊之,花井美穂,町田豪,本城賢一,宮本敬久,武田晃治,中川純一,川崎信治,新村洋一, クロレラにおけるペルオキシレドキシン(Prx)関与の過酸化物分解酵素系, 日本農芸化学会, 2007.03.
263. Ken-ichi Honjoh, Takeshi Machida, Eri Kato, Hisako Murase, Masayoshi Iio, and Takahisa Miyamoto, Isolation of cDNAs for hardening specific genes from Chlorella vulgaris by using suppression subtractive hybridization, Iwate Plant Science Symposium 2006 (The Frontiers of Molecular Plant Biology -Abiotic stress responses and host-pathogen interactions-), 2006.10.
264. 加藤枝里,村瀬久子,本城賢一, 宮本敬久,飯尾雅嘉, クロレラ低温誘導性NADPH-チオレドキシン還元酵素遺伝子のクローニング, 日本農芸化学会西日本支部大会, 2006.09.
265. 麻生亜由子,山本舞子,本城賢一,宮本敬久,飯尾雅嘉, タバコのトレハロース合成系酵素遺伝子のクローニングおよび酵母での発現, 日本農芸化学会西日本支部大会, 2006.09.
266. 古田可菜子、吉澤千尋、松下知世、本城賢一、徳田 一、中山素一、重宗尚文、宮本敬久, カテキン類の抗菌作用機構に関する基礎研究, 日本農芸化学会西日本支部大会, 2006.09.
267. Kevin Webby Soli, Takashi Iseki, Ken-ichi Honjoh, Masayoshi Iio, Takahisa Miyamoto, Identification of amino acid permease genes responsible for taurine uptake in yeast, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
268. 町田豪,大橋直人,本城賢一,飯尾雅嘉,宮本敬久, クロレラg6pdh遺伝子の酵母での発現とその耐凍性獲得への関与, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
269. 大橋直人,町田豪,本城賢一,飯尾雅嘉,宮本敬久, クロレラ葉緑体局在型g6pdh遺伝子のcDNAクローニングとその発現挙動, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
270. 藤原久美子、久保田順、上門英明、田中孝、本城賢一、宮本敬久, Listeria monocytogenesの病原遺伝子塩基配列による分類と臨床株特異的検出法の開発, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
271. 芳住あさこ、元松 藍、本城賢一、宮本敬久, 微酸性次亜塩素酸水の殺菌効果に関する基礎研究, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
272. 下津智志、下八重雅明、本城賢一、宮本敬久, サルモネラの付着機構と制御に関する基礎研究, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
273. Takahisa Miyamoto, Rapid and Simple Detection Methods for Foodborne Pathogens, Korea-China-Japan International Symposium (Korean Society of Food Science and Technology ), 2006.06.
274. 樋脇 弘、馬場愛、江渕寿美、宮本敬久, 水産食品から分離されたListeria monocytogenesのPFGEパターンとREP^PCR, ERIC-PCRおよびRAPD−PCRによる遺伝子解析, 日本防菌防黴学会第33回年次大会, 2006.05.
275. 樋脇 弘、江渕寿美、馬場愛、宮本敬久, 水産食品から分離されたListeria monocytogenesのiap遺伝子のシーケンス解析とsscp-PCR法の検討, 日本防菌防黴学会第33回年次大会, 2006.05.
276. 内藤公貴,桐木円香,橋本佳和,小林弘司,本城賢一,飯尾雅嘉,宮本敬久, ahp遺伝子破壊S. Enteritidis株の作製とそのストレス応答機構の解明, 日本防菌防黴学会, 2006.05.
277. 宮本敬久, 食の安全と品質を確保する食品衛生科学研究, 平成18年度日本農芸化学会西日本支部例会, 2006.05.
278. 宮本敬久,藤原久美子,小林弘司,久保田順,樋脇弘,上門英明,本城賢一,飯尾雅嘉, Listeria monocytogenes臨床由来株特異的なSNP検出法, 日本防菌防黴学会, 2006.05.
279. 林沙弥香,宮本敬久,伊東有香,上門英明,本城賢一,飯尾雅嘉, セレウリド合成酵素遺伝子発現B. cereusの特異的検出法, 日本防菌防黴学会, 2006.05.
280. 藤木直美、中部美加、小田俊一、里山俊哉、高須一重、仲西寿男、久保田順、宮本敬久、, 食中毒細菌6種の一斉増菌とリアルタイムPCRによる同時検出, 第26回日本食品微生物学会学術総会, 2005.11.
281. 馬場 愛、樋脇 弘、宮本敬久、瓜生佳世、武田 昭, 辛子明太子製造過程におけるListeria monocytogenesの消長, 第26回日本食品微生物学会学術総会, 2005.11.
282. 宮本敬久, 食の安全に関する最近の話題と安全確保のための科学技術、, 平成17年度日本栄養食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学科委西日本支部合同大会, 2005.11.
283. Miyamoto. T, Kobayashi,H., Honjoh, K., Automated fluorescence microscopic method for counting viable bacteria in milk., UJNR 34KAI TAIKAI, 2005.11.
284. 宮本敬久、小林弘司、小野由加里、久保田 順、藤原久美子、本城賢一、上門英明、樋脇 弘、馬場 愛、Sung Sik Jang、Sangryeol Ryu, 特定遺伝子塩基配列分析によるListeria monocytogenes の遺伝学的分類, 第26回日本食品微生物学会学術総会, 2005.11.
285. Miyamoto. T, Kobayashi,H., Honjoh, K., Automated fluorescence microscopic method for counting viable bacteria in milk, Natural Resources, Food and Agriculture Panel, 34tη Annual meeting, 2005.10.
286. 下八重雅明,下津智志,本城賢一,飯尾雅嘉,宮本敬久, 食中毒細菌の農作物への付着機構の解明と付着防止法の開発, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部合同大会, 2005.09.
287. 元松藍,芳住あさこ,本城賢一,飯尾雅嘉,宮本敬久, 微酸性次亜塩素水の殺菌効果と生食用野菜の微生物制御への利用, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部合同大会, 2005.09.
288. 町田豪,大橋直人,三村綾乃,本城賢一,飯尾雅嘉,宮本敬久, クロレラ由来葉緑体局在型グルコース6ーリン酸脱水素酵素(ch-G6PDH)のcDNAクローニングおよび大腸菌での発現, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部合同大会, 2005.09.
289. 桐木円香,内藤公貴,本城賢一,飯尾雅嘉,宮本敬久, Salmonella Enteritidisの熱ストレス損傷および回復機構の解明, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部合同大会, 2005.09.
290. 樋脇弘、馬場愛、宮本敬久, LUX蛍光プライマーを使ったリアルタイムPCR法によるListeria monocytogenesの迅速検出, 日本防菌防黴学会第32回年次大会, 2005.05.
291. 宮本敬久,村田泰子,小林弘司,下八重雅明,上門英明,野田直広,丸山幸治,本城賢一,飯尾雅嘉, 自動蛍光顕微分析法による生乳中の生菌数測定, 日本防菌防黴学会第32回年次大会, 2005.05.
292. 久保田順,宮本敬久,小林弘司,本城賢一,飯尾雅嘉, 食中毒細菌5種の一斉増菌同時検出, 日本防菌防黴学会第32回年次大会, 2005.05.
293. 宮本敬久, 食中毒細菌及び毒素検出の基礎と改良, 平成16年度地域保険総合推進事業に係る専門委員会, 2005.02.
294. 宮本敬久, 食の安全についての諸問題, 「学校給食−食育−食の安全」市民セミナー, 2005.02.
295. Fratamico, P., Bagi, L., Lie, Y., Miyamoto, T., Nucleic acid methods for detection and analysis of Food-borne pathogens., the United States-Japan Cooperative Program in Natural Resources, Food and Agriculture Panel, 33rd Annual meeting, 2004.12.
296. Miyamoto. T, Kobayashi,H., Honjoh, K., Iio, M., Studies of collagen binding with immobilized Salmonella Enteritidis and inhibition with synthetic and naturally occurring food additives by SPR biosensor, the United States-Japan Cooperative Program in Natural Resources, Food and Agriculture Panel, 33rd Annual meeting, 2004.12.
297. 山本舞子、麻生亜由子、本城賢一、宮本敬久、飯尾雅嘉, タバコのトレハロース分解系および合成系酵素遺伝子群のクローニング, 日本農芸化学会, 2004.10.
298. 村瀬 久子, 加藤 枝里, 本城 賢一, 宮本 敬久, 飯尾 雅嘉, cDNAサブトラクション法によるクロレラ低温誘導性遺伝子の検索, 日本農芸化学会, 2004.10.
299. 井関 敬、Kevin Webby Soli、松浦香苗、本城賢一、宮本敬久、飯尾雅嘉, 酵母アミノ酸トランスポーター遺伝子破壊株によるタウリン取り込みに関する研究, 日本農芸化学会, 2004.10.
300. 小林弘司,宮本敬久,志水友梨,本城賢一,飯尾雅嘉, Salmonellaの付着を阻害する物質の検索, 日本農芸化学会, 2004.10.
301. 伊東有香、宮本敬久、上門英明、貞苅季代子、本城賢一、飯尾雅嘉, B. cereus 嘔吐毒産生株迅速検出法の開発, 日本農芸化学会, 2004.10.
302. 宮本敬久, 微生物検査と制御を基礎とした食品の高品質化, 食品技術シンポジウム「食品の品質保全対策」, 2004.08.
303. 宮本敬久, 細菌検査と制御を基礎とした食品の高品質化, サニタリー技術開発研究会8月例会, 2004.08.
304. T. Miyamoto, Characterization and Distribution of Bacillus cereus, The 71st annual meeting of KoSFoST, 2004.06.
305. T. Miyamoto, Overview of food-borne disease in Japan, International Symposium on Food Safety, 2004.04.
306. Takahisa Miyamoto and Masayoshi Iio, Detection of Bacillus cereus by PCR, 32nd UJNR Food and Agriculture Panel Meeting, 2003.12.
307. 村田泰子,宮本敬久,上門英明,青木史樹,野田直広,丸山幸治,飯尾雅嘉, 自動化蛍光顕微鏡装置による生乳中の生菌数迅速測定法, 日本農芸化学会, 2003.10.
308. 松浦香苗,西孝太郎,本城賢一,中尾実樹,矢野友紀,坂井隆敏,石川洋哉,松本 清,宮本敬久,飯尾雅嘉, コイ由来タウリン合成系酵素遺伝子のクローニングおよび酵母での発現-耐凍性付与の試み, 日本農芸化学会, 2003.09.
309. 橋本佳和、小林弘司、元松藍、宮本敬久、本城賢一、飯尾雅嘉, Salmonella enteritidisの加熱損傷・回復時の遺伝子の発現と機能, 日本農芸化学会, 2003.09.
310. 奥園敦子、宮本敬久、本城賢一、飯尾雅嘉, B. cereus胞子形成初期におけるpbp3およびpbp4遺伝子の転写制御, 日本農芸化学会, 2003.09.
311. HIROSHI KOBAYASHI, TAKAHISA MIYAMOTO, KEN-ICHI HONJOH, AND MASAYOSHI IIO, Identification of factors involved in the recovery of heat-injured Salmonella enteritidis, Society for General Microbiology 153rd Meeting, 2003.09.
312. T. MIYAMOTO, H. KAMIKADO, H. KOBAYASHI, K., HONJOH, M. IIO, Immunomagnetic-flow cytometric detection of staphylococcal enterotoxin B in milk, Society for General Microbiology 153rd Meeting, 2003.09.
313. 三村綾乃,本城賢一,中尾実樹,矢野友紀,宮本敬久,波多野昌二,飯尾雅嘉, ハードニング処理したクロレラ由来グルコース6-リン酸脱水素酵素(G6PDH)の精製, 日本農芸化学会, 2003.09.
314. 宮本敬久, 食品の細菌及び毒素の簡易迅速検査法, 第19回日本食品微生物学会学術セミナー, 2003.07.
315. 宮本敬久, 食中毒細菌および毒素の迅速・高感度検出法の開発-バイオセンサーを用いたアプローチ-, 日本農芸化学会平成15年度大会, 2003.04.
316. Takahisa Miyamoto, Hideaki, Kamikado, Horoshi Kobayashi, Masayoshi Iio, Immunomagnetic-flow cytometric detection of Staphylococal enterotoxin B in raw and dry milk, 31st Annual Meeting of UJNR protein panel, 2002.12.
317. 宮本敬久, 迅速・高感度な微生物検査技術, 平成14年度日本生物工学会大会 関西支部主催セミナー, 2002.10.
318. 宮本敬久,上門英明,小林弘司,本城賢一,波多野昌二,飯尾雅嘉, IMS-FCM法による黄色ブドウ球菌エンテロトキシンBの検出, 日本食品微生物学会学術講演会, 2002.09.
319. 森山祐紀子,小林弘司,宮本敬久,本城賢一,波田野昌二,飯尾雅嘉, サルモネラに対する酸化ストレスの影響, 日本農芸化学会, 2002.09.
320. 西孝太郎,本城賢一,坂井隆敏,石川洋哉,松本 清,宮本敬久,飯尾雅嘉, タウリンは酵母に対する凍結および酸化ストレスを軽減する, 日本農芸化学会, 2002.09.
321. 坂口真理,宮本敬久,本城賢一,飯尾雅嘉., B. cereus IMPDH遺伝子の胞子形成初期における転写制御, 日本農芸化学会, 2002.09.
322. 清瀬直史,奥園敦子,宮本敬久,本城賢一,飯尾雅嘉., B. cereus pbp3およびpbp4の胞子形成初期における転写制御, 日本農芸化学会, 2002.09.
323. 貞苅季代子,佐々木智恵,宮本敬久,本城賢一,飯尾雅嘉., RAPD法によるBacillus 属細菌簡易同定法の開発, 日本農芸化学会, 2002.09.
324. 佐々木智恵,貞苅季代子,宮本敬久,本城賢一,飯尾雅嘉., PCRによるB. cereus同定法の開発, 日本農芸化学会, 2002.09.
325. 小林弘司,宮本敬久,本城賢一,飯尾雅嘉., フローサイトメーターによる生菌数測定法, 日本農芸化学会, 2002.09.
326. 宮本敬久, セレウス菌嘔吐毒素の検査法, セレウス菌嘔吐毒素の検査法に関する技術研修会, 2002.07.
327. 宮本敬久, 食中毒細菌の迅速検出法, 第15回九州分析化学若手の会 春の講演会, 2002.05.
328. 宮本敬久,, 食中毒とのつきあい方, 日本食品科学工学会西日本支部, 2001.11.
329. 古屋直樹,清水英之,菅向志郎,本城賢一,宮本敬久,波多野昌二,飯尾雅嘉, クロレラ由来ω-3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子導入による植物への耐凍性付与に関する研究, 日本農芸化学会, 2001.10.
330. 菅向志郎,西孝太郎,本城賢一,丸山功,宮本敬久,波多野昌二,飯尾雅嘉, Chlorella vulgaris C-27 株の耐凍性に関与するω-3 脂肪酸不飽和化酵素遺伝子の解析, 日本農芸化学会, 2001.10.
331. 森田大介,宮本敬久,菅向志郎,本城賢一,波多野昌二,飯尾雅嘉, ノニルフェノールおよびビスフェノールA分解藻類のスクリーニング, 日本農芸化学会, 2001.10.
332. 小西友彦,宮本敬久,坂口真理,本城賢一,波多野昌二,飯尾雅嘉, B. cereus胞子形成初期におけるIMPDHの発現調節, 日本農芸化学会, 2001.10.
333. 小林弘司,宮本敬久,白尾謙典,本城賢一,波多野昌二,飯尾雅嘉, サルモネラの損傷と回復に関する研究, 日本農芸化学会, 2001.10.
334. 宮本敬久, 食中毒細菌の迅速検査法, 日本農芸化学会, 2001.05.
335. 古屋直樹,本城賢一,宮本敬久,波多野昌二,飯尾雅嘉, ω-6 fad遺伝子導入による植物への耐凍性付与に関する研究, 日本農芸化学会, 2001.03.
336. 清水英之,本城賢一,宮本敬久,波多野昌二,飯尾雅嘉, lea 遺伝子導入による植物への耐凍性付与に関する研究, 日本農芸化学会, 2001.03.
337. 米倉円佳,黒岩英子,R.S.Dubey,萩迫孝弘,本城賢一,宮本敬久,飯尾雅嘉,波多野昌二., 耐凍性獲得に関与するクロレラG6PDHの精製, 日本農芸化学会, 2001.03.
338. 篠原史訓,菅向志郎,丸山功,本城賢一,宮本敬久,波多野昌二,赤尾哲之,飯尾雅嘉, 形質転換系の開発による新規クロレラ作出の試み, 日本農芸化学会, 2000.10.
339. 徳田慎也,宮本敬久,本城賢一,波多野昌二,飯尾雅嘉, Bacillus subtilis シグマGの大腸菌による発現とSpoIIAB親和性, 日本農芸化学会, 2000.10.
340. 小西友彦,宮本敬久,本城賢一,波多野昌二,飯尾雅嘉., Bacillus cereusIMP脱水素酵素に関する研究., 日本農芸化学会, 2000.10.
341. 梅崎明子,宮本敬久,上野静香,清瀬直史,笹原亮,鋤本浩司,Md.Abu Sayed,波多野昌二,飯尾雅嘉., Bacillus cereus PBP4の塩基配列決定と大腸菌による発現, 日本農芸化学会, 2000.10.
342. 市岡菜津子,宮本敬久,佐々木智恵,本城賢一,波多野昌二,飯尾雅嘉., 大腸菌O157特異的な未知DNA領域を指標とした迅速検出法, 日本農芸化学会, 2000.10.
343. 小林弘司,宮本敬久,深松洋子,森山祐紀子,波多野昌二,飯尾雅嘉., サルモネラの損傷と増殖に関する研究., 日本農芸化学会, 2000.10.
344. 宮本敬久,市岡菜津子,佐々木智恵,本城賢一,飯尾雅嘉,波多野昌二., 大腸菌O157検出のための新規PCR法の開発, 日本食品微生物学会, 2000.10.
345. 宮本敬久, PCR法およびDNA固定化水晶振動子によるサルモネラ迅速検出法, 日本食品微生物学会, 2000.10.
346. 菅向志郎,丸山功,本城賢一,宮本敬久,岡内正典,波多野昌二,飯尾雅嘉., Chlorella vulgaris C-27株の耐凍性獲得に関与するomega-6脂肪酸不飽和化酵素遺伝子の解析, 日本水産学会., 2000.09.
347. 金 三仁,宮本敬久,小西友彦,波多野昌二,飯尾雅嘉., Bacillus cereus IMP脱水素酵素のクローニングと発現, 日本農芸化学会, 2000.04.
348. 宮本敬久,Sudsai Trevanich, 波多野昌二., 特異抗体および化学発光法による水中の大腸菌迅速検査, 日本食品微生物学会., 1999.10.
349. 清水英之、本城賢一,宮本敬久,波多野昌二., lea遺伝子導入による植物へのストレス耐性付与に関する研究, 日本農芸化学会, 1999.10.
350. 梅崎明子,鋤本浩司,本城賢一,波多野昌二,宮本敬久, Bacillus cereus PBP3の大腸菌による発現, 日本農芸化学会, 1999.10.
351. 金 三仁,宮本敬久,波多野昌二., Bacillus cereus IMP脱水素酵素遺伝子の DNA 結合性と遺伝子の塩基配列決定, 日本農芸化学会, 1999.10.
352. 吉田祐子,江藤公美,本城賢一,宮本敬久,波多野昌二, 腸管出血性大腸菌O157の生存に及ぼす凍結の影響, 日本食品科学工学会,, 1999.09.
353. 後藤豊,宗友明日香,本城賢一,宮本敬久,小野康史,波多野昌二, パン風味形成への乳酸菌の関与, 日本食品科学工学会,, 1999.09.
354. 宮本敬久,小林弘司,Sudsai Trevanich,本城賢一,波多野昌二., DNA固定化水晶振動子によるサルモネラの検出, 日本農芸化学会, 1999.04.
355. Sudsai Trevanich, 宮本敬久,市岡菜津子,岡部貴史,本城賢一,波多野昌二., GatD遺伝子を指標としたPCRによるサルモネラ迅速検査, 日本農芸化学会, 1999.04.
356. 鋤本浩司,笹原 亮,宮本敬久,波多野昌二., Bacillus cereus PBPのビオチン化β-ラクタム剤による検出と遺伝子のクローニング, 日本農芸化学会, 1998.10.
357. 金 三仁,宮本敬久,波多野昌二., Bacillus cereus ts-4 IMP脱水素酵素遺伝子のクローニング, 日本農芸化学会, 1998.10.
358. 萩迫孝弘,米倉円佳,Dubey, R.S.,本城賢一,宮本敬久,波多野昌二., Chlorella vulgarisの耐凍性獲得に関与するg6pdh遺伝子のクローニング, 日本農芸化学会, 1998.10.
359. sudsai, T., 宮本敬久,Ze, T.H., 岡部貴史,友田 諭,本城賢一,波多野昌二., RAPD法および水晶振動子によるサルモネラの簡易迅速検出, 日本農芸化学会, 1998.04.
360. 大熊明日美、倉光洋一郎、原田陽子、宮本敬久、波多野昌二, 水中の生菌数および大腸菌数迅速測定法の開発, 日本農芸化学会 西日本・関西支部合同大会およびシンポジウム 西日本支部第236回講演会 関西支部第401回講演会, 1997.10.
361. 岡部貴史、田 懐澤、Sudsai Trevanich、友田 諭、宮本敬久、波多野昌二, RAPD法によるサルモネラの迅速検出, 日本農芸化学会 西日本・関西支部合同大会およびシンポジウム 西日本支部第236回講演会 関西支部第401回講演会, 1997.10.
362. 笹原 亮、Md. Abu Sayed、鋤本浩司、宮本敬久、波多野昌二, B.cereus胞子形成誘導時のPBPの変化, 日本農芸化学会 西日本・関西支部合同大会およびシンポジウム 西日本支部第236回講演会 関西支部第401回講演会, 1997.10.
363. 宮本敬久、Md. Abu Sayed、笹原 亮、波多野昌二, Bacillus cereus の胞子形成誘導時におけるPBPの変化, 日本農芸化学会1997年度大会, 1997.04.
364. 川田志加子、田中良春、大戸時喜雄、宮本敬久、波多野昌二, 競合反応を利用した2-methylisoborneolの検出法の基礎検討, 日本化学会第71秋季年会(1996)・化学関係学協会連合協議会研究発表会・連合討論会 合同大会, 1996.10.
365. 今村 誠、宮本敬久、波多野昌二, Bacillus cereus の胞子形成誘導時におけるIMP dehydrogenaseの関与, 第16回日本食品微生物学会, 1995.12.
366. 倉光洋一郎、大熊明日美、宮本敬久、波多野昌二, 生菌数の簡易・迅速検査法の開発, 第16回日本食品微生物学会, 1995.12.
367. 川畑浩一,宮本敬久,臼井直規,波多野昌二, パン酵母に対するトレハロースの凍害防御効果, 平成7年度 第14回日本食品科学工学会西日本支部大会, 1995.10.
368. Md.Abu Sayed., Miyamoto, T., Hatano, S., Penicillin-Binding proteins essential for sporulation in Bacillus cereus., 7th Congress of the Federation of Asian and Oceanian Biochemists and Molecular Biologists, 1995.09.
369. 宮本敬久、松野 潔、今村 誠、波多野昌二, Bacillus cereus の胞子形成誘導時におけるIMP脱水素酵素の関与, 日本農芸化学会1995年度大会, 1995.08.
370. 宮本敬久、都 和美、波多野昌二, B. cereus の動物細胞空胞化因子産生に関する研究, 第14回食品微生物学会, 1993.11.
371. 松野 潔、宮本敬久、波多野昌二, B. cereus の胞子形成初期におけるDNA結合蛋白質の変化とその同定, 第14回食品微生物学会, 1993.11.
372. 宮本敬久, モノクローナル抗体によるサルモネラの簡易・迅速検査, 生物工学技術セミナー, 1993.07.
373. 宮本敬久、波多野昌二, Bacillus cereus の胞子形成阻害に関する研究, 食品微生物学会第13回学術講演会, 1992.11.
374. 宮本敬久、波多野昌二, サルモネラ検査指標としてのズルシトール1リン酸脱水素酵素の精製と性質, 日本食品衛生学会第64回学術講演会, 1992.10.
375. 田懐澤、宮本敬久、波多野昌二, ズルシトール1リン酸脱水素酵素特異的モノクローナル抗体による食品のサルモネラ検査, 日本食品衛生学会第64回学術講演会, 1992.10.
376. 山口研一郎、宮本敬久、波多野昌二, Bacillus cereus の胞子形成機構に関する研究, 日本農芸化学会西日本支部大会(第216回)およびシンポジウム, 1992.10.
377. 宮本敬久、有働元春、波多野昌二, パン酵母の凍結障害機構に関する研究, 日本農芸化学会1992年度大会, 1992.03.
378. 松野 潔、宮本敬久、波多野昌二, Bacillus cereus のDNA複製周期に依存した芽胞形成能とクロモソーム蛋白質の変化, 日本農芸化学会西日本支部大会(第212回)およびシンポジウム, 1991.09.
379. 有働元春、古賀信義、宮本敬久、波多野昌二, パン酵母の凍結損傷に関する研究, 日本食品工業学会第38回大会, 1991.03.
380. 米村圭史、宮本敬久、波多野昌二, 蛍光法によるサルモネラの迅速検査, 第11回食品微生物学会, 1990.10.
381. Miyamoto, T., Miwa, H., Hatano, S., Fluorogenic assay for rapid detection of Vibrio Parahaemolyticus in foods., IUMS Congress: Bacteriology & Mycology-Osaka, Japan-1990, 1990.09.
382. 宮本敬久、松野 潔、波多野昌二, Bacillus cereus の芽胞形成初期過程に関する研究, 日本農芸化学会1990年度大会, 1990.03.
383. 宮本敬久、波多野昌二, 腸炎ビブリオ菌迅速検査法の改良, 食品衛生微生物研究会第10回学術講演会, 1989.10.
384. 安田篤史、宮本敬久、波多野昌二, コーンスープ中の有芽胞細菌のガスクロマトグラフ法による同定, 日本食品衛生学会第56回学術講演会, 1988.11.
385. 宮本敬久、波多野昌二, 蛍光法による腸炎ビブリオ菌の迅速検査, 食品衛生微生物研究会第9回学術講演会, 1988.10.
386. 宮本敬久、波多野昌二, Bacillus subtilis FHC 402 由来の抗菌因子単独及びヘキサメタリン酸ナトリウム共存下での抗菌作用機作, 日本食品衛生学会第54回学術講演会, 1987.10.
387. 宮本敬久、波多野昌二, Bacillus subtilis FHC 402の産生する抗菌因子の物理化学的性質と抗菌性について, 日本食品衛生学会第52回学術講演会, 1986.11.
388. 宮本敬久、波多野昌二, Bacillus subtilis FHC 402の産生する抗菌活性共力物質に関する研究, 日本食品衛生学会第48回学術講演会, 1984.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」