九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
平島 明法(ひらしま あきのり) データ更新日:2019.04.15

准教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 生物機能分子化学講座


教育活動概要
農学部2-3年生に有機化学の講議を行った(1997-1999)。

農学部応用生物科学コース2年生に有機化学Iの講議を行った(1999-2000)。

農学部応用生物科学コース3年生に有機化学IIの講議を行っている(2000- )。

農学部応用生物科学コース3年生に科学英語Iの講議を行った(2000年)。

農学部応用生物科学コース3年生に学生実験の指導をしている。

農学部応用生物科学コース4年生に卒業論文作成の指導をしている。

生物資源環境科学府生物資源開発管理学専攻の大学院生に生物有機化学の講議を行っている。

生物資源環境科学府生物資源開発管理学専攻植物保護防疫学講座農業薬剤化学分野の大学院生に修士論文作成の指導をしている。

2002年特別コースM2に Fundamentals and topics in agricultural sciences III (FT-III) の講議をした。

1998年、2003年、2006年、大学院共通特論「先端有機化学」の講議を行った。
担当授業科目
2018年度・前期, 生物解析・機器分析法.

2018年度・前期, 生物機能分子化学プロジェクト演習.

2018年度・前期, 生物有機化学特論.

2018年度・前期, 農薬化学.

2018年度・前期, 科学英語II.

2018年度・前期, 有機化学II.

2018年度・後期, 学術英語3・個別テーマ.

2018年度・通年, 生物機能分子化学特別講究.

2018年度・通年, 生物機能分子化学特別演習.

2018年度・前期, 応用生命化学発展実験.

2018年度・後期, 応用生命化学実験.

2018年度・前期, 生物機能分子化学特別研究第一.

2018年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第二.

2017年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第二.

2017年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第一.

2017年度・後期, 応用生命化学実験.

2017年度・前期, 応用生命化学発展実験.

2017年度・通年, 生物機能分子化学特別演習.

2017年度・通年, 生物機能分子化学特別講究.

2017年度・後期, 学術英語3・個別テーマ.

2017年度・前期, 有機化学II.

2017年度・前期, 科学英語II.

2017年度・前期, 農薬化学.

2017年度・前期, 天然物化学特論.

2017年度・後期, 生物有機化学特論.

2017年度・前期, 生物機能分子化学プロジェクト演習.

2017年度・後期, 生物解析・機器分析法.

2015年度・通年, 生物機能分子化学特別講究.

2016年度・通年, 生物機能分子化学特別講究.

2015年度・通年, 生物機能分子化学特別演習.

2016年度・通年, 生物機能分子化学特別演習.

2016年度・後期, 生物解析・機器分析法.

2016年度・前期, 生物機能分子化学プロジェクト演習.

2016年度・後期, 生物有機化学特論.

2016年度・前期, 天然物化学特論.

2016年度・前期, 農薬化学.

2016年度・前期, 科学英語II.

2016年度・前期, 有機化学II.

2016年度・後期, 学術英語3・個別テーマ.

2016年度・後期, 応用生命化学発展実験.

2016年度・前期, 応用生命化学実験.

2016年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第一.

2016年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第二.

2016年度・通年, 農学入門(II).

2014年度・後期, 応用生命化学発展実験.

2015年度・後期, 応用生命化学発展実験.

2015年度・前期, 有機化学II.

2015年度・後期, 科学英語I.

2015年度・前期, 科学英語II.

2015年度・前期, 農薬化学.

2015年度・前期, 応用生命化学実験.

2015年度・前期, 天然物化学特論.

2015年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第二.

2015年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第一.

2015年度・後期, 生物有機化学特論.

2015年度・前期, 生物機能分子化学プロジェクト演習.

2015年度・後期, 生物解析・機器分析法.

2015年度・後期, 課題協学科目B.

2015年度・通年, 有機合成化学共通特論(先端有機化学).

2014年度・後期, 生物解析・機器分析法.

2014年度・後期, 生物有機化学特論.

2014年度・前期, 生物機能分子化学プロジェクト演習.

2014年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第一.

2014年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第二.

2014年度・前期, 天然物化学特論.

2014年度・前期, 応用生命化学実験.

2013年度・後期, 応用生命化学発展実験.

2014年度・前期, 農薬化学.

2014年度・前期, 科学英語II.

2014年度・後期, 科学英語I.

2014年度・前期, 有機化学II.

2013年度・前期, 天然物化学特論.

2014年度・後期, 課題協学科目B.

2013年度・後期, 科学英語I.

2013年度・前期, 応用生命化学実験.

2013年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第二.

2012年度・後期, 科学英語I.

2013年度・前期, 有機化学II.

2013年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第一.

2013年度・前期, 生物機能分子化学プロジェクト演習.

2013年度・前期, 科学英語II.

2013年度・通年, 卒業研究.

2013年度・前期, 農薬学.

2013年度・後期, 生物有機化学特論.

2013年度・後期, 生物解析・機器分析法.

2012年度・後期, 生物有機化学特論.

2012年度・前期, 農薬学.

2012年度・前期, 有機化学II.

2012年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第一.

2012年度・前期, 生物機能分子化学プロジェクト演習.

2012年度・後期, 応用生命化学発展実験.

2012年度・通年, 卒業研究.

2012年度・前期, 科学英語II.

2012年度・後期, 生物解析・機器分析法.

2011年度・後期, 分析化学実験.

2011年度・前期, 科学英語II.

2011年度・通年, 卒業研究.

2011年度・後期, 有機化学実験 .

2012年度・前期, 天然物化学特論.

2012年度・通年, 農学部コース概要科目 応用生物科学概要.

2006年度・後期, 工場見学.

2011年度・前期, 天然物化学特論.

2011年度・前期, 生物機能分子化学プロジェクト演習.

2012年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第二.

2011年度・通年, 生物機能分子化学特別研究第一.

2010年度・通年, 生物機能分子化学プロジェクト演習.

2010年度・後期, 有機化学実験.

2010年度・前期, 科学英語Ⅱ .

2010年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第一 .

2010年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第二 .

2010年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第一 .

2010年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第二.

2010年度・通年, 卒業研究 .

2010年度・通年, 農業薬剤化学講究 .

2010年度・通年, 植物保護防疫学講究演習 .

2010年度・後期, 生物有機化学.

2010年度・前期, 有機化学II.

2011年度・前期, 農薬学.

2011年度・前期, 有機化学 II .

2011年度・前期, 生物有機化学特論.

2011年度・前期, Molecular Bioscience.

2010年度・前期, 天然物化学特論.

2010年度・前期, Applied Genetics and Pest Management.

2009年度・前期, Applied Genetics and Pest Management.

2009年度・通年, 植物保護防疫学講究演習.

2009年度・通年, 農業薬剤化学講究.

2009年度・通年, 卒業研究.

2009年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第二.

2009年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第一.

2009年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第二.

2009年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第一.

2009年度・通年, 科学英語Ⅱ.

2009年度・後期, 有機化学実験.

2009年度・後期, 生物有機化学.

2009年度・前期, 有機化学II.

2010年度・前期, コアセミナー.

2010年度・前期, 農薬学.

2008年度・通年, 植物保護防疫学講究演習.

2008年度・通年, 農業薬剤化学講究.

2008年度・通年, 卒業研究.

2008年度・後期, 生物有機化学.

2009年度・前期, 分子細胞生物学-理論と実際-.

2008年度・前期, 有機化学II.

2009年度・前期, 生物資源開発管理学特論.

2008年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第二.

2008年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第一.

2008年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第二.

2008年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第一.

2008年度・通年, 科学英語Ⅱ.

2008年度・後期, 有機化学実験.

2007年度・前期, 有機化学II.

2008年度・前期, 生物資源開発管理学特論.

2007年度・後期, 生物有機化学.

2007年度・後期, 有機化学実験.

2008年度・前期, 分子細胞生物学-理論と実際-.

2006年度・後期, 有機化学実験.

2006年度・後期, 生物有機化学.

2006年度・前期, 有機化学II.

2006年度・前期, The Applied Genetics and Pest Management II.

2006年度・前期, 有機合成化学共通特論「先端有機化学」.

2006年度・後期, 科学英語I.

2004年度・前期, The Applied genetics and pest management II.

2004年度・後期, 生物有機化学.

2004年度・前期, 有機化学II.

2003年度・前期, 大学院共通特論「先端有機化学」.

2003年度・前期, 有機化学II.

2003年度・後期, 生物有機化学.

2003年度・後期, 有機化学実験.

2003年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第一.

2003年度・前期, 科学英語II.

2003年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第ニ.

2002年度・前期, 有機化学II.

2002年度・後期, 生物有機化学.

2002年度・後期, 有機化学実験.

2002年度・後期, Fundamentals and topics in agricultural sciences III (FT-III).

2002年度・前期, 科学英語II.

2002年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第一 .

2002年度・通年, 農薬化学及び有機合成演習第ニ .

2002年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第一.

2002年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第ニ.

2003年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第一.

1999年度・後期, 科学英語I.

2003年度・通年, 植物保護防疫学特別研究第ニ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.05, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2019.03, 全学, 参加, 3ポリシーの見直し指針について.

2019.03, 全学, 参加, 学部・研究科等の枠を超えた学位プログラムに関するFD.

2019.03, 全学, 参加, M2B学習支援システム講習会.

2019.02, 全学, 参加, Internationalization of Kyushu University: How Would You Change It ?.

2019.02, 全学, 参加, 大学教育の質向上にむけて.

2019.01, 全学, 参加, 九州大学バリアフリーシンポジウムシリーズ 「九大バリアフリースタンダードが社会を創る」.

2018.12, 全学, 参加, リベラルサイエンス教育開発FD「九州大学におけるデータサイエンス教育研究の取組」.

2018.01, 全学, 参加, これからの授業外学習支援を考える ―九州大学附属図書館の活動事例を通して―.

2018.12, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2018.12, 部局, 参加, 大学を強くする~大学経営改革.

2018.10, 全学, 参加, 高等教育グローバル化時代の学生の研究倫理教育ー学問的誠実性は如何に教えることができるか.

2018.01, 全学, 参加, 2017年度九州大学留学生センター教員FD会.

2018.05, 全学, 参加, LIFEーinformative pension system.

2018.03, 全学, 参加, 理系大学院・学部の教育改革を先進事例に学ぶ.

2018.03, 全学, 参加, 著作権法第35条改正間近!?大学では何が起こるのか?.

2018.01, 全学, 参加, Setting Up International Collaborations.

2018.09, 全学, 参加, M2B学習支援システム講習会.

2018.10, 全学, 参加, 高等教育グローバル化時代の学生の研究倫理教育ー学問的誠実性は如何に教えることができるか.

2018.07, 全学, 参加, 新入試QUBE説明会.

2018.05, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2018.03, 部局, 参加, m2b(ミツバ)システムの授業への活用.

2017.11, 部局, 参加, 産学官共同研究における費用負担と営業秘密の管理について.

2017.12, 全学, 参加, 自殺防止メンタルヘルス研修会.

2017.12, 全学, 参加, 大学生の学習時間はなぜ短いのか.

2017.12, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2017.09, 部局, 参加, 研究分析ツール「SciVal」及び研究者プロファイリングツール「Pure」に関する説明会(応用編).

2017.09, 全学, 参加, M2B(みつば)学習支援システム講習会.

2017.09, 全学, 参加, IDE大学セミナー.

2017.07, 部局, 参加, 「奨学金プログラム」について.

2017.06, 部局, 参加, 「トビタテ!留学JAPAN」について.

2017.06, 全学, 参加, 教育の質向上支援プログラム成果発表会.

2017.05, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2017.03, 全学, 参加, これからの基幹教育を考える.

2017.03, 全学, 参加, M2Bシステム講習会.

2017.02, 部局, 参加, 科研費「特設分野研究」について.

2016.12, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2016.11, 全学, 参加, 自殺防止メンタルヘルス研修会.

2016.11, 部局, 参加, 国際法務室による安全保障輸出管理等リスクマネジメント業務について.

2016.08, 全学, 参加, 「海外派遣・研修における危機管理」を考える.

2016.08, 全学, 参加, 大学入試改革 ~円滑な高大接続を目指して~.

2016.09, 全学, 参加, M2B学習支援システム講習会(実践演習).

2016.06, 全学, 参加, 教育の質向上支援プログラム成果発表会.

2016.07, 部局, 参加, 本学における障害者支援について.

2016.05, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2016.02, 部局, 参加, 企業との共同研究における研究成果のデザイン.

2016.02, 全学, 参加, M2B学習支援システム講習会.

2015.11, 部局, 参加, 韓国のサバティカルの実情について.

2015.11, 全学, 参加, 自殺防止メンタルヘルス 研修会.

2015.09, 部局, 参加, ハラスメントの実際と対応.

2015.07, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2015.11, 全学, 参加, メンタルヘルス講習会.

2015.08, 全学, 参加, IDE大学セミナー.

2015.07, 全学, 参加, EEP成果報告会.

2015.03, 全学, 参加, 男女共同参画推進室FD「大学×リーダー×ダイバーシティ」.

2015.02, 部局, 参加, 『帰国子女』の現状と課題~グローバル人材獲得の ための入試戦略に向けて.

2015.03, 全学, 参加, H27年度課題協学科目.

2015.03, 全学, 参加, 障害学生支援におけるバリアフリー ―合理的配慮をめぐって―.

2014.12, 全学, 参加, 教育の質向上支援プログラム成果発表会.

2014.11, 全学, 参加, 自殺予防の基礎と実際~危機にある学生にどのように対応するか~.

2014.09, 部局, 参加, 新GPA制度について.

2014.09, 全学, 参加, 大学マネジメントの最前線 ―活力ある教学組織とは?―.

2014.07, 部局, 参加, ハラスメント防止の要点, グローバル人材育成推進事業-教員の英語スキルアッププログラムについて-.

2014.05, 部局, 参加, 特許セミナー       ~ 大学における研究成果を知的財産として活用するために~.

2014.05, 部局, 参加, 大学における研究成果を知的財産として活用するために留意すべき事項の紹介.

2013.11, 部局, 参加, 平成25年度博士課程教育リーディングプログラム「持続可能な社会を 開く決断科学大学院プログラム」について.

2013.11, 全学, 参加, 学生の自殺予防に資する全学講演会.

2013.08, 全学, 参加, IDE大学セミナー.

2013.07, 部局, 参加, 基幹教育と基幹教育カリキュラム.

2013.06, 全学, 参加, 教育の質向上支援プログラム成果発表会 「教育・学習の更なる『しかけ』」.

2013.02, 全学, 参加, 学生がよい方向に変化する時 ~大学全体で学生の主体性を高め心の活性化を促す~.

2012.12, 部局, 参加, 外国人教員から学ぶ「留学生への教授法」.

2012.12, 部局, 参加, 近年の学生像の変化と大学における対応について.

2012.11, 部局, 参加, JSPSグローバル人材育成推進事業(特色型) ”国際的視野を持ったアグリバイオリーダーの育成” 事業について -九大で農学を英語で学び、海外でアグリバイオを学ぶ-.

2012.06, 全学, 参加, 教育・学習を次のステップへ.

2012.03, 部局, 参加, 教育情報システムの整備方針等に係る説明会.

2012.03, 全学, 参加, 心の危機の予防と連携―われわれ教職員にできること.

2012.03, 部局, 参加, 農学部国際コースの専攻教育が始まります!.

2011.10, 部局, 参加, 留学生の異文化適応について.

2011.09, 部局, 参加, 競争的資金を活用した大学改革―若手研究者・女性研究者支援の推進―.

2011.09, 全学, 参加, 平成23年度 第3回全学FD(IDE大学セミナー) 学生支援の新たな展開ー学生サービスを越えてー.

2011.08, 部局, 参加, 科研費獲得に向けて.

2011.07, 部局, 参加, こころが不調になった学生の理解と接し方 −メンタルヘルスの基礎知識−.

2011.06, 部局, 参加, GPA制度について.

2011.05, 部局, 参加, アクティブラーニングについて.

2011.03, 部局, 参加, 平成22年よりスタートした新プログラムの年度報告.

2010.09, 部局, 参加, G30 農学部国際コースについて−カリキュラムの実施、履修要項、学生のサポート    .

2010.09, 全学, 参加, 学生の自殺予防ー教職員にできること.

2010.07, 部局, 参加, 農学研究院サバティカル(特別研究期間)の運用について.

2010.06, 部局, 参加, 農学研究院における情報セキュリティについて.

2010.04, 部局, 参加, 学府再編に伴うカリキュラムの改正について.

2010.01, 部局, 参加, 全学シラバス利用法について.

2010.01, 全学, 参加, 学習成果達成のための教育プログラム開発.

2009.11, 部局, 参加, 国際基督教大学におけるサバティカル制度の歴史と現状及び教員の研究発展への寄与.

2009.10, 部局, 参加, ハラスメント対策について.

2009.09, 部局, 参加, 動物実験における麻薬・向精神約等の使用について.

2009.08, 部局, 参加, 農学研究院部門組織再編の基本方針等について.

2009.09, 全学, 参加, 体験活動を通じた学習成果の達成について.

2009.06, 部局, 参加, 農学研究院の国際化に向けた取り組み〜アジア農学教育のプラットフォーム形成〜.

2009.04, 部局, 参加, GPA制度について.

2009.03, 部局, 参加, 英語による授業の質の向上を目指して.

2009.01, 全学, 参加, 教育GPを通じた教育改革.

2008.12, 部局, 参加, 生物資源環境科学府の組織再編.

2008.09, 全学, 参加, 学生の修学情報の管理・活用を通じた教育実践.

2008.06, 部局, 参加, 「セクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント及び男女共同参画」について.

2008.05, 部局, 参加, 「九州大学の教育研究と学生生活に関する大学院学生アンケート」の分析について.

2008.04, 部局, 参加, 農学系に係る研究の活性化について.

2008.01, 全学, 参加, 教育GPを通じた教育改革.

2007.12, 部局, 参加, 学習指導法(ファシリテーション)について.

2007.09, 部局, 参加, 安全管理について.

2007.09, 全学, 参加, 認証評価で見出された九州大学の教育課題と今後の対応.

2007.06, 部局, 参加, 学生指導について.

2006.12, 部局, 参加, 農学研究院BSCについて.

2006.12, 部局, 参加, 英語による特別コースについて.

2006.10, 部局, 参加, 教職員のメンタルヘルスケアについて.

2006.09, 部局, 参加, 味の素における生産革命の展開.

2006.07, 部局, 参加, 安全管理について/e-ラーニングについて.

2006.06, 部局, 参加, 法人化後の九州大学農学研究院の目指すべき方向性.

2006.05, 部局, 参加, 学生指導について.

2006.03, 部局, 参加, GPA制度について.

2005.12, 全学, 参加, 教育効果の向上を目指したTAの在り方.

2005.07, 部局, 参加, 法人評価と認証評価を踏まえた部局内自己評価の在り方について.

2005.09, 全学, 参加, FD講演会(九大医学保険学科).

2005.05, 部局, 参加, 学生指導について.

学生のクラス指導等
2008年度, 学部, 平成20年度農学部35組クラス指導教員.

2002年度, 学部, 2001年入学農学部24組.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」