九州大学 研究者情報
発表一覧
古屋 成人(ふるや なると) データ更新日:2019.10.08

教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学講座


学会発表等
1. 菊原 賢次、飯山 和弘、松元 雅宇、古屋 成人, 福岡県におけるナシ黒星病菌のDMI剤感受性と耐性菌に対する有効薬剤, 日本植物病理学会, 2019.03.
2. Thao Le Dinh, 大迫 佳奈、Zaw Myo, 飯山和弘、古屋 成人、松元 賢, アスパラガス属植物から分離したPhomopsis asparagiの遺伝的多様性に関する研究, 日本植物病理学会, 2019.03.
3. 小垰 晶、大迫 佳奈、飯山 和弘、古屋 成人、松元 賢, ハマタマボウキから分離されあ植物病原菌類の特異的PCR法による簡易診断, 日本植物病理学会, 2019.03.
4. 今村桃華、Htet Wai Wai Kyaw、矢野和孝、松元 賢、土屋健一、飯山和弘、堀田光生、古屋成人, 剪葉接種法によるRalstonia solanacearumのショウガに対する病原性検定の試み, 日本植物病理学会, 2019.03.
5. 谷 沙世、飯山和弘、土屋健一、古屋成人, 各種植物から分離されたPseudomonas cichorii におけるD-酒石酸利用性に関与する遺伝子領域の解析, 日本植物病理学会九州部会, 2018.11.
6. 大迫佳奈、Myo Zaw,飯山和弘、古屋成人、松元 賢, アスパラガス属野生種のハマタマボウキの斑点性病斑から分離されたAltanaria属菌について, 日本植物病理学会九州部会, 2018.11.
7. Kenji Kikuhara, Kazuhiro Iiyama, Masaru Matsumoto, Naruto Furuya, Field evaluation of fungicides for control of Japanese pear rust with DMI fungicide resistance in Fukuoka Prefecture, Japan, AFELiSA 2018 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences in Asia, 2018, 2018.11.
8. #谷 沙世、飯山和弘、#入江沙織、@菅 康弘、@黒瀬大介、@澤田宏之、土屋健一、古屋成人, 各種植物から分離されたPseudomonas cichorii の系統解析, 平成30年度日本植物病理学会大会, 2018.03.
9. #菊原 賢次, 飯山 和弘 , 松元 賢, 古屋 成人, 福岡県におけるDMI剤低感受性ナシ黒星病菌に対する各種薬剤の防除効果, 平成30年度日本植物病理学会大会, 2018.03.
10. Kyaw, H. W. W., Tsuchiya, K., Matsumoto, M., Kurose, D, Iiyama, K., Horita, M., and Furuya, N, Properties of potato strains of Ralstonia solanacearum in Myanmar, 平成30年度日本植物病理学会大会, 2018.03.
11. 満原万友佳・後藤高弘1・今村友哉・土屋健一・飯山和弘・古屋成人, 焼酎粕加工液を用いたナス科植物青枯病の防除法について, 九州病害虫研究会, 2018.02.
12. 菊原賢次・飯山和弘・松元賢・古屋成人, 福岡県で採取されたナシ黒星病菌におけるDMI剤感受性の低下, 日本植物病理学会九州部会, 2017.11.
13. Htet Wai Wai Kyaw, Masaru Matsumoto , Kazuhiro Iiyama, Mitsuo Horita, Kenichi Tsuchiya, and Naruto Furuya, Characterization of Ralstonia solanacearum strains causing bacterial wilt of solanaceous crops in Myanmar., AFELiSA 2017 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences in Asia, 2017, 2017.11.
14. 土屋健一・Htet Wai Wai Kyaw・黒瀬大介・中村友香1・森田泰彰・矢野和孝・安次富厚・大城 篤・堀田光生・松元 賢・飯山和弘・古屋成人, 九州で発生したショウガ科植物青枯病と病原細菌の系統解析, 日本植物病理学会, 2017.08.
15. 谷 沙世, 入江 沙織, 大貫正俊, 佐藤豊三, 松元 賢, 飯山和弘, 黒瀬大介, 土屋健一, 古屋 成人, Pseudomonas cichorii によるツルマメ褐斑細菌病(新称), 日本植物病理学会, 2017.04.
16. Kyaw, H. W. W., Matsumoto Masaru, Kurose D, Kazuhiro Iiyama, Horita, M, Tsuchiya, K, Furuya Naruto, Genetic diversity of Myanmar strains of Ralstonia solanacearum , PSJ Annual Meeting 2017, 2017.04.
17. 大迫佳奈, Thao LD, Myo Z, 飯山和弘, 尾崎 行生, 古屋 成人, 松元 賢, アスパラガス属野生種の一種であるハマタマボウキから分離されたNeopestalotiopsis clavisporaによる新病害について, 日本植物病理学会, 2017.04.
18. 東 経行・飯山和弘・伊藤孝弥・奥野健太郎・土屋健一・古屋成人, 九州のゴルフ場においてクリーピングベントグラスに発生したPantoea ananatisによる褐変病, 日本植物病理学会九州部会, 2017.02.
19. 入江沙織, 古屋 成人, 松岡 健, 大貫正俊, 佐藤豊三, 黒瀬大介, 土屋健一, Xanthomonas axonopodis pv. glycinesによるツルマメ葉焼病(新称), 日本植物病理学会九州部会, 2016.11.
20. 今村友哉, 古屋 成人, 黒瀬大介, 高原令央, 土屋健一, 接ぎ木部位に定着する内生細菌のPCR-DGGE解析と青枯病に対する発病抑制効果, 日本植物病理学会, 2016.03.
21. 黒瀬 大介, 古屋 成人, Alex J Brook, Corin F Pratt, 髙木 正見, 対馬 誠也, 土屋健一, Robert A Tanner, Harry C Evans, 英国における外来性侵入雑草の伝統的生物的防除効果発現のための内生糸状菌の感染状況について, 日本植物病理学会, 2016.03.
22. 野見山孝司, 石岡 厳, 関口博之, 森 伸介, 富岡啓介, 岡崎秀樹, 古屋 成人, 土屋健一, 竹原利明, アルミ蒸着袋を用いた還元土壌消毒の評価法の開発, 日本植物病理学会, 2016.03.
23. 八坂亮祐, Charith Raj Adkar-Purushothama, Sein San Aye, Tin Aye Aye Naing, 古屋 成人, 李 世訪, 大島一里, カブモザイクウイルスの南アジアから東アジアへと続く拡散経路とその時期について, 日本植物病理学会, 2016.03.
24. 入江沙織, 古屋 成人, 松岡 健, 大貫正俊, 佐藤豊三, 黒瀬大介, 土屋 健一, ツルマメに発生する細菌病の探索, 日本植物病理学会九州部会, 2015.11.
25. 小田裕太, 竹下 稔, 吉岡博文, 古屋 成人, 土屋 健一, 混合感染における植物ウイルス間の局部干渉に関する解析, 日本植物病理学会, 2015.03.
26. 今村友哉, 古屋 成人, 黒瀬大介, 髙原令央, 石田絵理子, 竹下 稔, 土屋 健一, 内生細菌による生物的防除法開発を目的とした接木トマト植物茎内細菌相のDGGE解析, 日本植物病理学会, 2015.03.
27. 髙原令央, 古屋 成人, 石田絵里子, 今村友哉, 竹下 稔, 土屋 健一, 接木トマト茎内から分離された内生細菌による青枯病の発病抑制機構の解析, 日本植物病理学会, 2015.03.
28. 黒瀬 大介, 鈴井孝仁, 市川和規, 三澤知央, 生坂 厳, Hoan H. Long, 古屋 成人, 土屋 健一, 対馬誠也, 佐藤豊三, 日本産Stemphylium属菌の分子解析とシュッコンアスター斑点病、ニラ褐色葉枯病およびアスパラガス斑点病の病原同定, 日本植物病理学会九州部会, 2014.11.
29. Maneechoa, P., Minoru Takeshita, Furuya Naruto, Kenichi TSUCHIYA, comparative analyses on virus accumulation and activity of RNA silencing suppressor of Cucumber mosaic virus-ml in Nicotiana benthamiana, The Phytopathological Society of Japan, 2014.11.
30. 菅, 堀田光生, 古屋 成人, 土屋 健一, 日本産ジャガイモ青枯病細菌の系統と病原性, 日本植物病理学会 植物細菌病談話会, 2014.10.
31. Manecechoat P., Minoru Takeshita, Kuroda A, Uenoyama M, Nakatsukasa M, Furuya Naruto, Kenichi TSUCHIYA, Involvement of the 2b gene o the mild strain of Cucumber mosaic virus (CMV-ml) in the attenuated virulence , The Phytopathological Society of Japan, 2014.06.
32. Htet Wai Wai K, Seint San A., Furuya Naruto, Horita M., Kurose D., Matsumoto Masaru, Minoru Takeshita, Kenichi TSUCHIYA, Genetic diversity of Ralstoni solanacearum strains in Myanmar, The phytopathological society of Japna, 2014.06.
33. 兵頭紋佳, 竹下 稔, 古屋 成人, 土屋 健一, アシルベンゾラルSメチル(ASM)による宿主抵抗性誘導下でのキュウリモザイクウイルス(CMV)の感染動態の解析, 日本植物病理学会, 2014.06.
34. 小田裕太, 竹下 稔, 高橋英樹, 古屋 成人, 土屋 健一, 混合感染における植物ウイルス間の相互作用に関する分子機構の解析, 日本植物病理学会, 2014.06.
35. 石田絵理子, 古屋 成人, 城野隆宏, 今村友哉, 髙原令央, 黒瀬大介, 竹下 稔, 土屋 健一, 接木トマト茎内に生息する培養可能な内生細菌群集構造の解析, 日本植物病理学会, 2014.06.
36. 今村友哉, 古屋 成人, 黒瀬大介, 髙原令央, 石田絵理子, 竹下 稔, 土屋 健一, PCR-DGGE法による接木トマト植物茎内細菌相の解析手法の検討, 日本植物病理学会, 2014.06.
37. 髙原令央, 古屋 成人, 石田絵理子, 今村友哉, 吉本翔二, 竹下 稔, 土屋 健一, 接木トマト茎内から分離された内生細菌の生物的防除素材の選抜, 日本植物病理学会, 2014.06.
38. Furuya Naruto, Kyaw, H.W., Minoru Takeshita, Kenichi TSUCHIYA, Characterization of Ralstonia solanacearum srains from Myanmar, Phytopathological Society of Japan, 2013.11.
39. 古屋 成人, 柳屋佑樹, 土屋 健一, 竹下 稔, 軟腐症状を呈するホオズキから分離されたErwinia属細菌2系統の分類学的位置づけ, 日本植物病理学会九州部会, 2013.11.
40. Phoowanarth Maneechoat, Atsuko Kuroda, Misa Uenoyama, Maki Nakatsukasa, Minoru Takeshita, Furuya Naruto, Kenichi TSUCHIYA, Biological and molecular characterization of a mild strain of Cucumber mosaic virus, AFELiSA 2013 , 2013.11.
41. Hiroshi Inoue, Minoru Yamauchi, Minoru Takeshita, Furuya Naruto, Kenichi TSUCHIYA, Toshiaki Takehara, Kazuyuki HIrayae, The influence of the kind of iron powder, coating ratio and drying following coating on control of bacterial seedling blight disease and `bakanbae` disease of rice, AFELiSA 2013 , 2013.11.
42. Htet Wai Wai Kyaw, Furuya Naruto, Minoru Takeshita, Kenichi TSUCHIYA, Identification and characterization of Ralstonia solanacearum isolates from different hosts at various geographical regions in Myanmar, AFELiSA 2013 , 2013.11.
43. Kenichi TSUCHIYA, Htet Wai Wai Kyew, KUROSE Daisuke, WAKI Takamitsu, HORITA Mitsuo, Minoru Takeshita, Furuya Naruto, The current occurrence of ginger bacterial wilt in Japan,2013 KSPP International Conference , 2013 KSPP International Conference , 2013.10.
44. 吉本翔ニ, 古屋 成人, 城野隆宏, Hoang Hoa Long, 竹下 稔, 土屋 健一, 熱帯原産の野生ナス科植物から分離された内生細菌によるタバコ立枯病発病抑制機構の解析, 日本植物病理学会, 2013.03.
45. 兵頭紋佳, 竹下 稔, 泊 賢吾, 奥田 充, 増田 税, 古屋 成人, 土屋 健一, アシルベンゾラルSメチル(ASM)によるキュウリモザイクウイルス(CMV)の感染低減に関する研究, 日本食部病理学会, 2013.03.
46. 菅 康弘, 梅北瑞綾, 堀田光生, 古屋 成人, 土屋 健一, 九州のキクから分離された青枯病菌の系統, 日本植物病理学会, 2013.03.
47. 城野隆宏, 古屋 成人, 松隈弓子, 吉本翔ニ, 竹下 稔, Hoang Hoa Long, 土屋 健一, トマト接木苗から分離された内生細菌による青枯病の生物的防除の作用機構の解析, 日本植物病理学会, 2013.03.
48. 竹下 稔, 河野亜希子, 松浦 明, 泊 賢吾, 奥田 充, 古屋 成人, 土屋 健一, Cucurbit chlorotic yellows virus の感染低減を目的としたハウス栽培メロンへのASM処理について, 九州病害虫研究会第85回研究発表会, 2013.02.
49. 黒瀬 大介, 古屋 成人, Evans, H.C., 對馬誠也, 土屋 健一, イタドリの伝統的生物的防除開発を目的とした北部九州のイタドリ群落における内生糸状菌相の解析, 第85回九州病害虫研究会, 2013.02.
50. 菅 康弘・堀田光生・古屋成人・土屋健一, 本邦産ジャガイモ青枯病菌Ralstonia solanacearumの各種植物に対する病原性の差異, 日本植物病理学会九州部会, 2012.11.
51. 田辺尚子・古屋成人・丹羽理恵子・吉田重信・對馬誠也・土屋健一, イネ葉鞘上に生息する優占細菌の生物的防除素材としての性状解析, 日本植物病理学会九州部会, 2012.11.
52. 吉本翔ニ・古屋成人・城野隆宏・Hoang Hoa Long ・竹下稔・黒瀬大介・土屋健一, 熱帯原産の野生ナス科植物から分離された内生細菌の性状解析, 日本植物病理学会九州部会, 2012.11.
53. 柳屋佑樹・古屋成人・黒瀬大介・稲田 稔・山口 純一郎・竹下 稔・土屋健一, 軟腐症状を呈するホオズキから分離されたErwinia属細菌について, 日本植物病理学会九州部会, 2012.11.
54. 古屋 成人, 黒瀬 大介, Djeddour, D.H, Evans, H.C, 対馬 誠也, 土屋 健一, The potential of a leaf-spot fungus, Mycosphaerella polygoni-cuspidati, for biological control of Japanese knotweed. FFTC-TUA, FFTC-TUA International Symposium, 2012.10.
55. Minoru Takeshita, Emiko Koizumi, Makiko Noguchi, Naruto Furuya, TSUCHIYA Kenichi, Infection dynamics and interference under the synergism between Cucumber mosaic virus and Turnip mosaic virus, IS-MPMI 2012 XV International Congress, 2012.07.
56. 井上博喜・竹原利明・山内稔・宮川久義・竹下稔・古屋成人・平八重一之・土屋健一, イネ種子の鉄コーティング処理による病害抑制とその機構, 日本土壌微生物学会, 2012.06.
57. 菅 康弘・小川哲治・堀田光生・古屋成人・土屋健一, 暖地二期作ジャガイモ栽培への緑肥導入が青枯病の発生におよぼす影響, 日本土壌微生物学会, 2012.06, 菅 康弘・小川哲治・堀田光生・古屋成人・土屋健一.
58. 井上博喜, 竹原利明, 山内 稔, 宮川久義, 竹下 稔, 古屋 成人, 平八重一之, 土屋 健一, 鉄コーテイングイネ種子の浸種液中における活性酸素種の発生とばか苗病菌およびいもち病菌分生子への影響, 日本植物病理学会, 2012.03.
59. 松隈弓子, 岩本有紀子, 古屋 成人, 橋本好弘, 染谷信孝, 竹下 稔, 土屋 健一, 生物的防除素材細菌Pseudomonas fluorescens LRB3W1株に対する特異抗体の作製と検出への利用, 日本植物病理学会, 2012.03.
60. 城野 隆宏・古屋 成人 ・松隈 弓子 ・竹下 稔・Long H Hoang ・黒瀬 大介・土屋 健一, トマト青枯病の生物的防除素材としての内生細菌の選抜, 平成24年度日本植物病理学会大会, 2012.03.
61. 黒瀬大介・Hoang Hoa Long・松本 優*・竹下 稔・古屋成人・佐藤豊三・土屋健一, タバコの種子発芽を阻害する糸状菌の同定, 平成24年度日本植物病理学会大会, 2012.03.
62. Atsuko Kuroda, Misa Uenoyama, Maki Nakatsukasa, Minoru Takeshita, Naruto Furuya, and Kenichi Tsuchiya, Molecular biological characterization and evaluation for cross-protective ability of an isolate of Cucumber mosaic virus, 2nd Korea-Japan Joint Symposium, 2012.03.
63. Takahiro Shirono, Naruto Furuya, Yumiko Matsuguma, Minoru Takeshita, Hoa Long Hoang and Kenichi Tsuchiya, Properties of endophytic bacteria isolated from tomato as biocontrol agents, 2nd Korea-Japan Joint Symposium, 2012.03.
64. Naoko Tanabe, Yuki Ueya, Sayuri Shiratsuchi, Mitsuaki Yoshida, Naruto Furuya, Rieko Niwa, Sigenobu Yoshida, Seiya Tsushima and Kenichi Tsuchiya, Bacterial community structure on leaf sheath of wheat and their characterization as biocontrol agents, 2nd Korea-Japan Joint Symposium , 2012.03.
65. Yumiko Matsuguma, Yoshihiro Hashimoto, Nobutaka Someya, Naruto Furuya, MInoru Takeshita, Kenichi Tsuchiya, Production and application of specific antiserum for detection of a biological control agent, Pseudomonas fluorescens LRB3W1, in tomato plant, 2nd Korea-Japan Joint Symposium, 2012.03.
66. Hiroyoshi Inoue, Toshiaki Takehara, Minoru Yamauchi, Hisayoshi Miyagawa, Minoru Takeshita, Naruto Furuya, Kazuyuki Hirayae, Kenichi Tsuchiya, Occurrence of reactive oxygen species in soaking solution of iron-coating rice seeds and its effects on conidia of Gibberella fujikuroi and Magnaporthe grisea, 2nd Korea-Japan Joint Symposium, 2012.03.
67. Daisuke Kurose, Naruto Furuya, Tetsuya Saeki, Djeddour, D.H., Evans, H.C., Tsushima, S. and Tsuchiya, K., Potential for classical biological control of invasive weed, Japanese knotweed, using Mycosphaerella polygoni-cuspidati, 2nd Korea-Japan Joint Symposium, 2012.03.
68. Minoru Takeshita, Yuka Matsuo, Masashi Suzuki, Chikara Masuta, Naruto Furuya, Kenichi Tsuchiya, Characterization of a defective RNA 3 from Cucumber mosaic virus on helper virus infection dynamics, 2nd Korea-Japan Joint Symposium, 2012.03.
69. Hiromi Watanabe, Naruto Furuya, Long Hoa Hoang, Takahiro Goto, Atsushi Yoshimura, Kenichi Tsuchiya, Influence of genetic background and genotype of bacterial blight resistance gene Xa7 on multiplication and movement of Xanthomonas oryzae pv. oryzae, 2nd Korea-Japan Joint Symposium, 2012.03.
70. Takahiro Goto, Tadayuki Matsumoto, Naruto Furuya, Atsushi Yoshimura, Kenichi Tsuchiya, Molecular mapping of a dominant resistance gene to rice bacterial blight in near-isogenic line IR-BB 11, 2nd Korea-Japan Joint Symposium, 2012.03.
71. 黒田敦子・上野山美沙・中司麻紀・竹下 稔・古屋成人・土屋健一, キュウリモザイクウイルス弱毒株の諸性質ならびに干渉効果能, 日本植物病理学会九州部会, 2011.11.
72. 城野隆宏・古屋成人・松隈弓子・Hoang Hoa Long・竹下 稔・土屋健一, トマト接木苗から分離された内生細菌の多様性と生物的防除素材菌の選抜 , 日本植物病理学会九州部会, 2011.11.
73. 田辺尚子・植屋由希・白土小百合・吉田満明・古屋成人・丹羽理恵子・吉田重信・對馬誠也・土屋健一, コムギ葉鞘に生息する細菌の群集構造と性状解析, 日本植物病理学会九州部会, 2011.11.
74. Hoang, H., 古屋 成人, 吉本翔ニ, 竹下 稔, 土屋 健一, The nature of induced resistance by an endophytic Pseudomonas sp. to bacterial wilt of tobacco, 日本植物病理学会九州部会, 2011.11.
75. 竹下稔・小泉恵美子・野口眞季子・末田香恵・志村華子・石川典子・松浦英幸・大島一里・夏秋知英・桑田茂・古屋成人・土屋健一・増田税, キュウリモザイクウイルスとカブモザイクウイルスの移行に関する相互作用
, 日本植物細胞分子生物学会, 2011.09.
76. Hoang Hoa Long, Naruto Furuya, Minoru Takeshita, and Kenichi Tsuchiya , Molecular mechanisms of biocontrol of tobacco bacterial wilt using endophytic bacteria, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, 2011.09.
77. Rieko Niwa, Shigenobu Yoshida, Naruto Furuya, Kenichi Tsuchiya and Seiya Tsushima., Dynamics of bacterial population on the surface of rice and wheat plant during the growing seasons, 国際会議IUMS2011, 2011.09.
78. Hoang H. Long, 古屋 成人, 竹下 稔, 土屋 健一, Biocontrol of bacterial wilt of tobacco caused by Ralstonia solanacearum using plant growth promoting endophytic bacteria, 日本植物病理学会, 2011.08.
79. 竹下 稔, 奥田 充, 奥田しおり, 古屋 成人, 土屋 健一, アシベンゾラルSメチルによるPR1a 遺伝子発現誘導とウリ類退緑黄化ウイルスの感染低減, 日本植物病理学会, 2011.08.
80. Yasuhiro Suga, Mitsuo Horita, Atsushi Ooshiro, Naruto Furuya and Kenichi Tsuchiya, Genetical, biological and pathological characters of Japanese potato strains of Ralstonia solanacearum
, 2011 APS-IPPC Joint Annual Meeting, 2011.08.
81. Matsuguma, Y., Lay Lay, N. , Hoang, H. L., Takeshita, M., Someya, N., Furuya, N., Hashimoto, Y., and Tsuchiya, K., Detection and population dynamic analysis of a biological control agent Pseudomonas fluorescens LRB3W1 in tomato plants from the ‘Live coating seed’, 2011 APS-IPPC Joint Annual Meeting, 2011.08.
82. Watanabe, H., Furuya, N., Hoang, H, L., Goto, T., Yoshimura, A. and Tsuchiya, K., Influence of genetic background of bacterial blight resistance gene Xa7 on population and movement of Xanthomonas oryzae pv. oryzae, 2011 APS-IPPC Joint Meeting, 2011.08.
83. Hoang Hoa Long, Naruto Furuya, Minoru Takeshita and Kenichi Tsuchiya , Biocontrol of bacterial wilt of tobacco via induced resistance by endophytic bacteria , 2011 APS-IPPC Joint Meeting, 2011.08.
84. Furuya, N., Saeki, T., Kurose, D., Evans, H.C., Tsushima, S., Tsuchiya, K. , Species-specific detection of Mycosphaerella spp. as classical biological control agents for Fallopia japonica (Japanese knotweed) by PCR assay, 2011 APS-IPPC Joint Meeting, 2011.08.
85. Kurose, D., Furuya, N., Djeddour, D.H., Evans, H.C., Tsushima, S., Tsuchiya, K. , Evaluation of Mycosphaerella polygoni-cuspidati for classical biological control of Japanese knotweed (Fallopia japonica), 2011 APS-IPPC Joint Meeting, 2011.08.
86. Tsuchiya, K., Kurose, D., Shaw, R.H., Djeddour, D.H., Evans, H.C., Tsushima, S., Furuya, N. , Survey and screening of classical biological control agents for Japanese knotweed (Fallopia japonica), 2011 APS-IPPC Joint Meeting, 2011.08.
87. 城野隆宏・古屋成人・松隈弓子・竹下 稔・Hoang Hoa Long・黒瀬大介*・土屋健一, トマト接木苗から分離された内生細菌の生物的防除素材としての性状解析, 平成23年度日本植物病理学会大会, 2011.03.
88. 田辺尚子・古屋成人・吉田満明・江藤圭介・吉田重信・對島誠也・土屋健一, イネ葉鞘上に生息する細菌の群集構造と生物的防除素材の探索, 平成23年度日本植物病理学会, 2011.03.
89. 佐伯哲哉・黒瀬大介・古屋成人・Shaw, R.H.・Djeddour, D.H.・Evans, H.C. ・對馬誠也*・土屋健一, 生物的防除素材菌としてのイタドリ関連Mycosphaerella属菌のPCRによる特異的検出, 平成23年度日本植物病理学会, 2011.03.
90. 竹下稔・奥田充・奥田しおり・古屋成人・土屋健一, アシベンゾラルSメチルによるPR1a遺伝子発現誘導とウリ類退緑黄化ウイルスの感染低減, 平成23年度日本植物病理学会, 2011.03.
91. 田辺尚子・古屋成人・吉田満明・江藤圭介・吉田重信*・對島誠也*・土屋健一, イネ葉鞘上に生息する細菌の群集構造と生物的防除素材の探索, 日本植物病理学会, 2011.03.
92. Long, H.H., Furuya, N., Takeshita, M., and Tsuchiya, K., Biocontrol of Bacterial Wilt of Tobacco Caused by Ralstonia solanacearum using Plant Growth Promoting Endophytic Bacteria., 日本植物病理学会, 2011.03.
93. D.Kurose, N. Furuya, S. Tsushima, K. Tsuchiya, H. C. Evans, Endophytic fungi isolated from leaves of Fallopia japonica in Japan and their interactions with plant pathogens, 9th International Mycological Congress, 2010.08.
94. Tsuchiya, K, Miyahira, N., Takushi, T., Kawano, S., Furuya, N., Bacterial Shoot Blight of Mango(Mangifera indica L.) Caused by Erwinia chrysanthemi
, The 12th International Conference Plant Pathogenic Bacteria (ICPPB), 2010.06.
95. Matsuguma, Y., Furuya, N., Kurose, D., Hashimoto, Y., Tsuchiya, K., Application of serological methods for detection and population dynamic analysis of biological control agents in plants from ‘Live coating seed’, The 12th International Conference Plant Pathogenic Bacteria (ICPPB), 2010.06.
96. Furuya, N., Kinoshita, K., Nishi, N., Kurose, D. and Tsuchiya, K, Bacterial canker of mango in Japan caused by yellow-pigmented strain of Xanthomonas campestris pv. mangiferaeindicae,, The 12th International Conference Plant Pathogenic Bacteria (ICPPB),, 2010.06.
97. 土屋健一,亀崎友加,松隈弓子,對馬誠也, 古屋成人, Genomovarを異にするBurkholderia cepacia complex系統の血清型別について, 土壌微生物学会, 2010.05.
98. 松隈弓子、古屋成人、橋本好弘、土屋健一, 血清学的手法を用いた生物農薬素材微生物の動態解析, 土壌微生物学会, 2010.05.
99. 渡邉弘美・後藤高弘・古屋成人・黒瀬大介・吉村 淳・土屋健一, 異なる遺伝的背景がイネ白葉枯病抵抗性遺伝子Xa7の機能発現とXanthomonas oryzae pv. oryzaeの増殖・移行に及ぼす影響について, 日本植物病理学会, 2010.04.
100. Hoang, LH., Furuya, N., Kurose, D., Baldwin, IT., Tsuchiya, K., Multitasking bacterial endophytes : potential biocontrol agents of bacterial wilt of solanaceous plants, 日本植物病理学会, 2010.04.
101. 松隈弓子、古屋成人、黒瀬大介、橋本好弘、土屋健一, ライブコート種子処理したイネ植物体からのTrichoderma asperellum SKT-1の血清学的検出, 日本植物病理学会, 2010.04.
102. 黒瀬大介, 古屋成人, 松元 賢、Shaw,R.H., Djeddour, D.H., Evans, H.C.、對馬誠也、土屋健一, 生物的防除素材としてのイタドリ斑点病菌の感染・発病における環境要因, 日本植物病理学会, 2010.04.
103. 丹羽理恵子・吉田重信・古屋成人・土屋健一・對馬誠也, イネ表面に存在する全細菌数計測法, 日本農芸化学学会, 2010.04.
104. 丹羽理恵子・吉田重信・古屋成人・土屋健一・對馬誠也, イネおよびムギの生育期間における葉面細菌数の推移, 日本微生物生態学会, 2009.11.
105. D. Kurose, N. Furuya, M. Matsumoto, H.D. Djeddour, C.H Evans and K. Tsuchiya , Classical Biological Control of Japanese Knotweed (Fallopia japonica) Using Phytopathogenic Fungi. , The 6th International Joint symposium between Japan and Korea, 2009.11.
106. Minoru Takeshita, Yuka Matsuo, Naruto Furuya, Kenichi Tsuchiya, Molecular characterization of a defective RNA from Cucumber mosaic virus, The 6th International Joint Symposium between Japan and Korea, 2009.11.
107. 木下かほり・古屋成人・西 菜穂子・黒瀬大介・土屋健一, 枝枯れ症状を呈するマンゴーから分離されたXanthomonas属細菌について, 日本植物病理学会, 2009.11.
108. 松隈弓子・古屋成人・橋本好弘・土屋健一, ライブコート処理ハクサイ種子からのVariovorax paradoxus CGF4526 の血清学的検出, 日本植物病理学会九州部会, 2009.11.
109. 竹下 稔,松尾由香,古屋成人,土屋健一, 黄斑系CMV由来の欠損RNA3の派生と維持宿主について, 日本植物病理学会九州部会, 2009.11.
110. 松隈弓子・古屋成人・橋本好弘・土屋健一, ライブコート処理種子からの微生物農薬素材細菌の血清学的検出, 日本土壌微生物学会, 2009.06.
111. 吉田満明・植屋由希・永田裕子・古屋成人・吉田重信・對島誠也・土屋健一, イネ葉鞘に生息する細菌の群集構造と性状解析, 日本植物病理学会, 2009.03.
112. 植屋由希・吉田満明・古屋成人・吉田重信*・對馬誠也・土屋健一, コムギ葉鞘における生息細菌密度とアシル化ホモセリンラクトン類生産・分解能の解析, 日本植物病理学会, 2009.03.
113. 黒瀬大介・古屋成人・松元 賢・井上優子・Evans, H.C.・Cannon, P. F.・土屋健一, イタドリ斑点病罹病葉から見出されたMycosphaerella shimabarensis(新種)について, 日本植物病理学会, 2009.03.
114. Seo ,S.T., Lee, S.H., Kim, K.H., Shin, S.C., Furuya, N., Tsuchiya, K., First report of bacterial canker of walnut caused by pseudomonas sp. in Korea, 日本植物病理学会, 2009.03.
115. 黒瀬大介・古屋成人・松元 賢・井上優子・Evans, H.C.・Cannon, P. F.・土屋健一, イタドリ斑点病罹病葉から見出されたMycosphaerella shimabarensis(新種)について, 日本植物病理学会, 2009.03.
116. 吉田満明・植屋由希・永田裕子・古屋成人・對島誠也・土屋健一, イネ葉鞘における細菌相の解析, 日本植物病理学会, 2008.11.
117. M. Takeshita, E. Hirano, M. Noguchi, K. Sueda, N. Suehiro, T. Natsuaki, C. Masuta, K. Ohshima, N. Furuya, K. Tsuchiya and Y. Takanami , Spatial analysis for mixed infections of differenty labelled cucumber mosaic virus and turnip mosaic virus vecters, ICPP, 2008.08.
118. N. Furuya, S. Taura, B.T. Thuy, P.H. Ton, N.V. Hoan, T. Goto, A. Yoshimura and K. Tsuchiya, Pathogenic races of Xanthomonas oryzae pv. oryzae strains from northern Vietnam, ICPP, 2008.08.
119. D. Kurose, N. Furuya, Y. Inoue, R.H. Shaw, D.H. Djeddour, H.C. Evans, M. Matsumoto, M. Takagi and K. Tsuchiya, Potential for biological control of Japanease knotweed in Europe using phytopathogenic fungi, ICPP, 2008.08.
120. K. Tsuchiya, S. Sugisawa, N. Someya, T. Yoshida, H. Sawada, M.T. Noguchi and N. Furuya, PCR-based chracterization of antibiotics production Pseudomonas fluorescens isolates as potential biological agents, ICPP, 2008.08.
121. Kurose, D., Furuya, N., Inoue, Y., Shaw, R.H., Djeddour, D.H., Evans, H.C., Matsumoto, M., Takagi, M., Tsuchiya, K., Potential for biological control of Japanese knotweed in Europe using phytopathogenic fungi, International congress of plant pathology, 2008.08.
122. 黒瀬大介,井上優子,古屋成人,松元 賢,Djeddour, D.H.,Evans, H.C.,土屋健一 , イタドリ葉内に生息する糸状菌相の解析, 日本微生物資源学会, 2008.07.
123. 黒瀬大介・古屋成人・松元 賢・井上優子・Shaw, R.H.・Djeddour, D.H.・Evans, H.C.・高木正見・土屋健一 , 植物病原菌を用いたヨーロッパにおけるイタドリの生物的防除 (Ⅵ)生物的防除素材として有望なイタドリ斑点病(新称)
, 日本植物病理学会, 2008.04.
124. 井上優子・黒瀬大介・松元 賢・古屋成人・Shaw, R.H.・Djeddour, D.H.・Evans, H.C.・高木正見・土屋健一 , 植物病原菌を用いたヨーロッパにおけるイタドリの生物的防除 (Ⅶ)日本と英国のイタドリ葉における内生菌相の比較解析
, 日本植物病理学会, 2008.04.
125. 井上優子・黒瀬大介・松元 賢・古屋成人・Shaw, R.H.*・Djeddour, D.*・Evans, H.C.*・高木正見・土屋健一, 植物病原菌を用いたヨーロッパにおけるイタドリの生物的防除 (Ⅴ)イタドリ葉における内生菌相の解析並びに内生菌と発病との関係, 平成19年度日本植物病理学会九州部会, 2007.11.
126. 森 智洋・竹下 稔・山崎修一・久保田健嗣・奥田 充・吉松英明・古屋成人,土屋健一, 大分県で発生したP1, 2, 3型のPepper mild mottle virusの特徴, 平成19年度日本植物病理学会九州部会, 2007.11.
127. 長井奈緒子・竹下 稔・奥田 充・松浦昌平・古屋 成人・土屋健一, 日本で分離されたChrysanthemum stem necrosis virus (CSNV)のRNA依存RNA複製酵素遺伝子の部分配列の解析と宿主範囲試験, 平成19年度日本植物病理学会九州部会, 2007.11.
128. 黒瀬大介・古屋成人・松元賢・井上優子・Shaw, R.H., Djeddour, D.H., Evans, H.C.・高木正見, 植物病原菌を用いたヨーロッパにおけるイタドリの生物的防除 (Ⅳ)さび病菌並びに斑点病菌の生物的防除素材としての評価と内生菌の斑点病に及ぼす影響 , 日本植物病理学会, 2007.04.
129. Furuya, N., Taura, S., Thuy, B.T., Ton, P.H., Hoan, N.V., Goto, T., Yoshimura, A., Pathogenic diversity and geographical distribution of pathogenic races of Xanthomonas oryzae pv. oryzae in northern part of Vietnam, 2006.11.
130. K. Tsuchiya, N. Furuya, S. Tsushima, K. Ishikawa, M. T. Noguchi, T. Yoshida , N. Someya, H. Sawada, PCR-based genomovar identification and characterization of Burkholderia cepacia complex strains isolated from diverse agro-ecosystem (2006) , ICPPB, 2006.08.
131. 黒瀬大介・古屋成人・Shaw, R.H.*・Djeddour, D.H*・Evans, H.C.*・高木正見, 植物病原菌を用いたヨーロッパにおけるイタドリの生物的防除 (III)イタドリに病原性を示す3種糸状菌の生活環
, 日本植物病理学会, 2006.03.
132. 黒瀬大介・古屋成人, 植物病原糸状菌によるイタドリの生物的防除, 2005.11.
133. 黒瀬大介・古屋成人・Shaw, R.H.*・Djeddour, D.*・Evans, H.C.*・竹下 稔・高浪洋一・高木正見, 植物病原菌を用いたヨーロッパにおけるイタドリの生物的防除 (II)イタドリ葉内から分離される糸状菌と斑点病との関係
, 日本植物病理学会, 2005.03.
134. 松山宣明・大小原眞希子・眞鍋佳世・古屋成人・陶山一雄・根岸寛光・Wong, B., 迅速抽出ーTLC法で得られる脂質クロマトグラムによるAgrobacteriumおよびRhizobium属  菌の比較, 日本植物病理学会, 2004.03.
135. Long, H.H., Furuya, N., Yamamoto, I.*, Takeshita. M. and Takanami, Y., 内生細菌によるタバコ立枯病の生物的防除, 日本植物病理学会, 2004.03.
136. 増野陽公・田代暢哉・井手洋一・岩井 久・竹下 稔・古屋成人・高浪洋一, Citrus tristeza virus(CTV)の遺伝的多様性(2):佐賀県で採取したウンシュウミカン5試料について, 日本植物病理学会, 2004.03.
137. 長沢まゆみ・竹下 稔・鈴木 匡*・古屋成人・髙浪洋一, 植物ウイルスの干渉効果の機構に関する研究:Cucumber mosaic virusとPeanut stunt virusの感染・増殖における競合, 日本植物病理学会, 2004.03.
138. 竹下 稔・長沢まゆみ・鈴木 匡・増田 税・桑田 茂・古屋成人・髙浪洋一, キュウリモザイクウイルスの宿主特異性に関する研究(Ⅶ)ダイコンにおけるCMVの突然変異体解析, 日本植物病理学会, 2004.03.
139. 後藤高弘・古屋成人・田浦 悟*・Bui Trong Thuy**・Phan Hun Ton**・吉村 淳・竹下 稔, 北部ベトナムにおけるイネ白葉枯病菌のレース分布, 日本植物病理学会, 2004.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」