九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
齋藤 和幸(さいとう かずゆき) データ更新日:2018.06.15

准教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学


大学院(学府)担当

学部担当



電子メール
ホームページ
電話番号
092-802-4559
FAX番号
092-802-4561
取得学位
博士(農学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
植物生産生理学
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
 サツマイモの塊根におけるデンプン合成関連酵素の活性の品種間比較を行い,塊根肥大性に優れた品種ではADP−グルコースピロホスホリラーゼ(AGPase)およびショ糖合成酵素(SuSy)の活性が高いこと,更に,根の肥大およびデンプンの蓄積と平行してこれらの酵素活性が増加することを明らかにし,AGPase及びSuSyが塊根のシンク能力を決定する重要な要因となることを示した.また,サツマイモにはソース器官で発現されるSUSとシンク器官で発現されるSUSの2種類のアイソフォームが存在し,後者のSUSは転流物質であるショ糖によって発現が誘導され,その発現はmRNAレベルで調節されていることを明らかにした.これらの結果をもとに主要酵素を対象にした遺伝子導入による収量改善に関する研究を進めている.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」