九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
望岡 典隆(もちおか のりたか) データ更新日:2019.06.16

准教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 動物・海洋生物資源学


主な研究テーマ
インドー西部太平洋域におけるウナギ目魚類レプトケパルス仔魚の形態、分類、成長、分布に関する研究
キーワード:インド洋、西部太平洋、ウナギ目、レプトケパルス、初期生活史
1982.04.
マアナゴの生活史の解明
キーワード:マアナゴ、レプトケパルス、産卵場、接岸回遊、産卵回遊、初期生活史
2000.10.
ニホンウナギ Anguilla japonica の生活史の解明
キーワード:ウナギ、レプトケパルス、産卵場、初期生活史、接岸回遊、河川内生態、産卵回遊
1986.08.
フグ類の種同定と初期生活史に関する研究
キーワード:トラフグ属、サバフグ属、mtDNA, 種同定、初期生活史
2003.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 望岡典隆, 内田恵太郎スケッチ原図, 2007.05
水産増殖学分野(旧水産第二講座)の初代教授である内田恵太郎が、旧朝鮮総督府水産試験場技師時代に採集した淡水魚の生活史シリーズ標本をはじめ、九州各地およびインド太平洋外域採集した膨大な稚仔魚標本のスケッチ原図。, [URL].
2. 望岡典隆, 内田恵太郎魚類標本コレクション, 2006.05
水産増殖学分野(旧水産第二講座)の初代教授である内田恵太郎が、旧朝鮮総督府水産試験場技師時代に採集した淡水魚の生活史シリーズ標本をはじめ、九州各地およびインド太平洋外域採集した膨大な稚仔魚標本。, [URL].
学会活動
所属学会名
日本魚類学会
日本水産学会
日本水産増殖学会
水産海洋学会
日本水産育種研究会
World Aquaculture Society
学協会役員等への就任
2014.04~2017.03, 日本水産学会, 幹事.
2015.04~2021.03, 日本水産海洋学会, 評議員.
2014.04~2018.03, 日本水産学会, 運営委員.
2010.04~2021.03, 日本水産増殖学会, 評議員.
2008.03~2013.03, 日本水産学会, 幹事.
2008.01~2009.12, 日本魚類学会, 幹事.
2008.01~2017.03, 日本魚類学会, 評議員.
2002.09~2011.12, 日本魚類学会, 運営委員.
2001.04~2003.03, 日本水産学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.03.26~2018.03.29, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2016.09.08~2016.09.11, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2014.09.19~2013.09.22, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2013.03.26~2013.03.30, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2012.09.14~2012.09.17, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2010.09.22~2009.09.25, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2010.03.26~2009.03.30, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2010.09.30~2010.10.03, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2008.09.20~2008.09.23, 日本魚類学会, 座長(Chairmanship).
2009.03.27~2009.03.31, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2004.07~2004.07, ウナギの資源と保全, 座長(Chairmanship).
2014.09.22~2014.09.22, 魚類の初期生活史研究の最前線, 企画責任者.
2004.07, ウナギの資源と保全, 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.03~2018.12, 魚類学の百科事典 (丸善), 国内, 編集委員.
2001.10~2011.12, Ichtyological Research, 国際, 編集委員.
2001.10~2011.12, 日本魚類学会誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度    
2017年度    
2016年度    
2015年度    
2014年度    
2013年度    
2012年度    
2011年度    
2010年度 12      17 
2009年度     10 
2008年度 10        10 
2007年度      
2006年度    
2006年度    
2005年度    
2004年度      
2003年度    
受賞
論文賞, 日本水産学会, 2014.03.
論文賞, 日本水産学会, 2013.03.
論文賞, 日本水産学会, 2012.03.
論文賞, 日本水産学会, 2011.03.
研究資金
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2017年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, フグ処理者の認定手法の標準化に関する研究.
2014年度~2015年度, 環境省 ニホンウナギ保全方策検討委託業務, 分担, 河川におけるウナギの生息環境実地調査.
2008年度~2011年度, 農林水産技術会議, 分担, ウナギの種苗生産技術の開発 「変態開始の内的・外的因子の解明による人為的変態誘導法の開発」.
2008年度~2011年度, 農林水産技術会議, 代表, ウナギの種苗生産技術の開発 「天然ウナギの成熟特性の解明」.
2006年度~2007年度, 農林水産技術会議, 分担, ウナギ及びイセエビの種苗生産技術の開発 .
2008年度~2011年度, 農林水産技術会議, 分担, ウナギの種苗生産技術の開発 「変態開始の内的・外的因子の解明による人為的変態誘導法の開発」.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」