九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
立花 宏文(たちばな ひろふみ) データ更新日:2019.06.10

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 食料化学工学


主な研究テーマ
筋萎縮阻害食品因子、抗疲労・ストレス食品因子、抗メタボ食品因子、血管病予防食品因子などに関する研究
キーワード:筋萎縮阻害食品因子、抗疲労・ストレス食品因子、抗メタボ食品因子、血管病予防食品因子、べにふうき、サンルージュ
2009.04~2013.03.
フードケミカルバイオロジー
キーワード:フードケミカルバイオロジー 標的分子
2006.05~2011.05.
機能性食品成分の生体内ターゲット分子の同定とその作用機構に関する研究
キーワード:標的分子、共役リノール酸、トコトリエノール、アントシアニン、大豆イソフラボン、緑茶カテキン、シグナリング、機能性
1998.04.
機能性食品因子感知機構の分子疫学的解析
キーワード:標的分子、緑茶カテキン、シグナリング、機能性
2010.04.
生活習慣病関連遺伝子の同定とその応用
キーワード:アレルギー、肥満、糖尿病、抗疲労・ストレス、がん予防、アディポネクチン、脂肪合成
1997.04.
食品中の抗アレルギー成分の探索とその利用
キーワード:メチル化カテキン、ストリクチニン、IgE、高親和性IgE受容体、PGG、IL-4、IL-13、STAT6, 脂質ラフト
1998.04.
機能性抗体分子の創製
キーワード:抗体酵素、プロテアーゼ、抗原
1997.04.
従事しているプロジェクト研究
食を通じた健康システムの確立による健康寿命の延伸への貢献
2018.06~2022.03, 代表者:山本万里, 九州大学, 内閣府(日本).
PET薬剤の小型シンプル自動合成装置の開発
2016.09~2020.03, 代表者:田中浩士, 九州大学, JST(日本).
健康長寿地域住民の食品因子感知力に基づいた食品摂取パターンの評価
2014.09~2017.03, 代表者:立花宏文, 九州大学.
個人に適した効果的な摂取条件等を特定する手法の開発及び摂取条件等を普及するためのモデル体制の構築(茶)
2013.04~2014.03, 農林水産省(日本).
脂質代謝改善効果を持つ高カテキン緑茶及びその加工品の開発
2013.04~2016.03, 代表者:大阪医科大学, 農林水産省(日本).
タンニン類に着目したリンゴ・茶の生体調節作用の医学的検証と高含有品種育成など活用に関する研究開発
2011.04~2014.03, 農林水産省(日本).
分子疫学とケミカルバイオロジーを駆動力とする食品因子感知システムの解明
2010.04~2014.03, 代表者:立花宏文, 九州大学, 九州大学.
抗疲労・ストレス茶成分の作用機構の解明とその分子的基盤の確立
2009.10~2011.03, 代表者:立花宏文, 九州大学, 農林水産省(日本)
安全で科学的根拠の明らかな新規抗疲労・ストレス高アントシアニン茶品種の育成、それを用いた飲食品素材の開発・提供を行い、疲労・ストレス症状の軽減、疲労・ストレスから起こる生活習慣病の予防、茶産地の活性化・新興化、新食品産業の振興化をはかることを目的とする。.
「掛川スタディ」緑茶のもつ生活習慣病改善効果の検証と効果的な摂取を可能にする新食品の開発
2010.04~2012.03, 代表者:栗山進一, 東北大学, 農林水産省(日本).
緑茶カテキン受容体を介したカテキンの機能性発現とシグナリングの統合解析
2006.04~2010.03, 代表者:立花宏文, 九州大学.
安全で信頼性、機能性が高い食品・農産物供給のための評価・管理技術の開発
2006.04~2007.03, 代表者:津志田藤二郎, 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, 農林水産省.
抗アレルギー作用を有する茶葉成分の検索とその機能解明
2001.10, 代表者:立花宏文, 九州大学, 生物系特定産業技術推進機構
生物系特定産業技術推進機構
「新事業創出開発事業」の採択課題として、茶成分中の抗アレルギー因子を利用し、抗アレルギー食品の創製を目的としたプロジェクト。.
健全な食生活構築のための食品の機能性及び安全性に関する総合研究
2001.10, 九州大学, 独)食品総合研究所
健全な食生活構築のための食品の機能性及び安全性に関する総合研究において「食品の分子細胞学的基盤に基づいた抗アレルギー性評価とその機能解析」をテーマとした研究。具体的には炎症増悪因子であるサイトカインMIFの産生や活性を抑制する食品成分の探索とその作用機構の解明を行っている。.
茶成分中における食品アレルギー反応抑制因子の探索
1997.10~2001.03, 代表者:立花宏文, 九州大学, 生物系特定産業技術推進機構
生物系特定産業技術推進機構
「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」の採択課題として、茶成分中の抗アレルギー因子を同定し、その作用メカニズムを明らかにすることを目的としたプロジェクト。.
研究業績
主要著書
1. 和才昌史、立花宏文, 高機能茶サンルージュのアルツハイマー病予防効果 アルツハイマー病発症メカニズムと新規診断法・創薬・治療開発, エヌ・ティー・エス出版, 356-361, 2018.04.
2. 立花宏文, 食品機能性成分の吸収・代謝・作用機序
緑茶カテキン
, シーエムシー出版, 285-292, 2018.04.
3. 立花宏文, 分子栄養学
4章 遺伝子の発現とその制御

, 講談社サイエンティフィック, 42 -53, 2018.06.
4. 山下修矢、立花宏文, フラボノイドの抗アレルギー作用
内外美容成分―食べる化粧品の素材研究
, シーエムシー出版, 157-168, 2018.06.
5. 藤村由紀、林宜蒨、吉本孝憲、立花宏文, 機能性食品開発のための初期評価試験プロトコール集
第12章 抗炎症・抗アレルギー作用
, シーエムシー出版, 188-207, 2018.06.
6. 山下修矢、立花宏文, 非栄養素の分子栄養学
第7章 食品因子センシングの調節による食品因子の機能性増強
, 建帛社, 108-122, 2017.05.
7. Tachibana, H., Green tea polyphenol EGCG sensing receptor
Health Benefits of Green Tea: An Evidence-based Approach
, CABI International, 89-100, 2017.10.
8. Hirofumi Tachibana, 山田脩平, 緑茶カテキンのマイクロRNA発現調節作用、ポリフェノール:機能性成分研究開発の最新動向
, シーエムシー出版, 254-259, 2016.08.
9. Fujimura Y, Hirofumi Tachibana, Metabolomics of Green Tea, GENOMICS, PROTEOMICS AND METABOLOMICS IN NUTRACEUTICALS & FUNCTIONAL FOODS (2nd Ed), Ed by Debasis Bagchi, Anand Swaroop, Manashi Bagchi

, John Wiley & Sons, pp397-406 (2015), 2015.09.
10. Hirofumi Tachibana, Scientific Evidence for the Health Benefits of Green Tea, Japan Tea Central Public Interest Incorporated Association, pp45-57; pp111-117, 2015.09.
11. 立花 宏文, 食品因子による栄養機能制御, 建帛社, pp1-11; pp253-271; pp273-276, 2015.05.
12. 立花 宏文, Yoshinori Fujimura, 食物アレルギーの現状とリスク低減化食品素材の開発「マスト細胞・好塩基球を用いた脱顆粒抑制試験」
, シーエムシー出版, pp144-148, 2015.01.
13. 立花 宏文, 新版茶の機能—ヒト試験から分かった新たな役割,緑茶カテキン感知レセプター, 農村漁村文化協会, pp58-66, 2013.09.
14. 立花 宏文, ニュートリゲノミクスを基盤としたバイオマーカーの開発-未病診断とテーラーメイド食品開発に向けて-, シーエムシー出版, pp97-104, 2014.09.
15. Maeda-Yamamoto, M., Hirofumi Tachibana, Sameshima, Y., Kuriyama, S., Tea in Health and Disease Prevention, Taylor & Trancis, 115-125
, 2012.12.
16. Byun, E-H., Hirofumi Tachibana, Tea in Health and Disease Prevention, Taylor & Trancis, 1239-1248
, 2012.12.
17. 立花宏文, 機能性食品の作用と安全性百科, 上野川修一、清水俊雄、清水誠、鈴木英毅、武田英二編, 丸善出版, 2012.07.
18. 立花宏文, Green Tea Polyphenols: Nutraceuticals of Modern Life, Taylor & Trancis, 2011.10.
19. Fujimura, Y., and Tachibana, H., Molecular basis for the anti-cancer activity of EGCG in vivo: Molecular-targeting prevention of cancer by green tea catechin., Green Tea and Health Research
, Nova Publishers , 257-299, 2009.05.
20. Tachibana, H., Food Factors for Health Promotion, Forum Nutr. , Vol. 61, 156-169, 2009.05.
21. 立花宏文, 栄養学研究の最前線, 93-107 , 2008.04.
22. Tachibana H, Research Focus on Natural products and the Body's Immune and Inflammatory , Nova Publisher, 169-187 , 2007.12.
23. 立花宏文, ガン予防食品開発の新展開
緑茶カテキンエピガロカテキンガレート
, シーエムシー出版, 227-237, 2005.04.
24. 立花宏文, 食品学
嗜好食品
, 建白社, 189-206, 2005.04.
25. 立花宏文, 抗アレルギー食品開発ハンドブック
抗アレルギー食品開発のターゲット
, サイエンスフォーラム, 67-82, 2005.05.
26. 立花宏文, 食品成分のはたらき, 朝倉書店, 2004.05.
27. 立花宏文, 生物機能の新展開-人類の生存をかけて-, 日本食品出版, 2000.06.
28. 立花宏文, 動物細胞工学ハンドブック, 朝倉書店, 200-201、247-248, 2000.06.
29. 立花宏文, 茶の機能, 学会出版センター, 250-255, 2002.03.
30. 立花宏文, 生物機能の進歩I, アイピーシー, 79-116, 2002.05.
主要原著論文
1. Akira Iwamoto, Yuichi Inoue, Hirofumi Tachibana, Hiroharu Kawahara, Alkali-soluble pectin suppresses IgE production in human myeloma cell line in vitro, Cytotechnology, 10.1007/s10616-019-00306-5, 71, 2, 573-581, 71(2), 573-58, 2019.04.
2. Jaehoon Bae, Motofumi Kumazoe, Yoshinori Fujimura, and Hirofumi Tachibana, Diallyl disulfide potentiates anti-obesity effect of green tea in high-fat/high-sucrose diet-induced obesity, J. Nutr. Biochem., 64, 152-161, 64, 152-161, 2019.02.
3. Masafumi Wasai, Haruna Nonaka, Motoki Murata, Ryo Kitamura, Yuka Sato, and Hirofumi Tachibana, Long-term dietary supplementation with the green tea cultivar Sunrouge prevents age-related cognitive decline in the senescence-accelerated mouse Prone8, Biosci. Biotechnol. Biochem., 10.1080/09168451.2018.1530093, 83, 339-347, 83, 339-347, 2018.10.
4. Masafumi Wasai, Yoshinori Fujimura, Haruna Nonaka, Ryo Kitamura, Motoki Murata, and Hirofumi Tachibana, Postprandial glycaemia-lowering effect of a green tea cultivar Sunrouge and cultivar-specific metabolic profiling for determining bioactivity-related ingredients, Sci. Rep., 10.1038/s41598-018-34316-8, 8, 16041, 8:16041, 2018.10.
5. Yoshito Abe, Naoki Odawara, Nantanat Aeimhirunkailas, Hinako Shibata, Naoki Fujisaki, Hirofumi Tachibana, Tadashi Ueda, Inhibition of amyloid fibril formation in the variable domain of 6 light chain mutant Wil caused by the interaction between its unfolded state and epigallocatechin-3-O-gallate, Biochim Biophys Acta Gen. Subj., 10.1016/j.bbagen.2018.08.006., 1862, 2570-2578, 1862, 2570-2578, 2018.08.
6. Masahiro Miyawaki, Hiroyuki Sano, Hisashi Imbe, Reiko Fujisawa, Keiji Tanimoto, Jungo Terasaki, Mari Maeda-Yamamoto, Hirofumi Tachibana, Akihisa Imagawa, Toshiaki Hanafusa, O-Methylated catechins from "Benifuuki" green tea reduce serum levels of lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 ligands containing apolipoprotein B: a double-blind placebo-controlled randomized trial, Nutrients, 10.3390/nu10070924, 10, 924, 10, 924, 2018.07.
7. Shuya Yamashita, Asami Hirashima, I-Chian Lin, Jaehoon Bae, Kanami Nakahara, Motoki Murata, Shuhei Yamada, Motofumi Kumazoe, Ren Yoshitomi, Mai Kadomatsu, Yuka Sato, Ayaka Nezu, Ai Hikita, Konatsu Fujino, Kyosuke Murata, Mari Maeda-Yamamoto and Hirofumi Tachibana, Saturated fatty acid inhibits anti-obesity effect of green tea., Sci. Rep., 10.1038/s41598-018-28338-5, 8, 10023, 8:10023, 2018.07.
8. Mari Maeda-Yamamoto , Mie Nishimura, Nobuyoshi Kitaichi, Atsushi Nesumi, Manami Monobe, Sachiko Nomura, Yukihiko Horie, Hirofumi Tachibana, Jun Nishihira, A randomized, placebo-controlled study on the safety and efficacy of daily ingestion of green tea (Camellia sinensis L.) cv. “Yabukita” and “Sunrouge” on eyestrain and blood pressure in healthy adults, Nutrients, 2018, 10, 569; , 10.3390/nu10050569, 2018.02.
9. Hisashi Ohseto, Mami Ishikuro,Masahiro Kikuya,Taku Obara, Yuko Igarashi, Satomi Takahashi, Michiko Shigihara,Chizuru Yamanaka, Masako Miyashita, Satoshi Mizuno, Masato Nagai, Hiroko Matsubara, Yuki Sato, Hirohito Metoki, Hirofumi Tachibana, Mari Maeda-Yamamoto, and Shinichi Kuriyama , Relationships among personality traits, metabolic syndrome, and metabolic syndrome scores: the Kakegawa cohort study., J. Psychosomatic Res., 107, 20-25 (2018), doi.org/10.1016/j.jpsychores.2018.01.013, 2018.02.
10. Masaomi Nimata, Hideki Okada, Kei Kurihara, Tsukasa Sugimoto, Tsutomu Honjoh, Kazuhiko Kuroda, Takeo Yano, Hirofumi Tachibana, and Masahiro Shoji , A harmonized immunoassay with liquid chromatograph-mass spectrometry analysis in egg allergen determination., Anal. Bioanal. Chem., 410, 325-335 (2018), 10.1007/s00216-017-0721-z., 2018.02.
11. Motofumi Kumazoe, Mai Yamashita, Yuki Nakamura, Kanako Takamatsu, Jaehoon Bae, Shuya Yamashita, Shuhei Yamada, Hiroaki Onda, Takashi Nojiri, Kenji Kangawa, and Hirofumi Tachibana, Green tea polyphenol EGCG upregulates Tollip expression by suppressing Elf-1 expression., J. Immunol., 199, 3261-3269 (2017), 10.4049/jimmunol.1601822., 2017.07.
12. Jaehoon Bae, Motofumi Kumazoe, Shuya Yamashita, Hirofumi Tachibana, Hydrogen sulphide donors selectively potentiate a green tea polyphenol EGCG-induced apoptosis of multiple myeloma cells., Sci. Rep., 7, 6665 (2017), 10.1038/s41598-017-06879-5, 2017.07.
13. Masafumi Wasai, Nobuaki Urata, Yuji Fujii, Akiyoshi Kawaoka, Hirofumi Tachibana, Suguru Fujiwara, Katsuhisa Sakano, Mayumi Hayashi, Shukuko Ebihara, Effect of Sunrouge on the postprandial blood glucose level., Jpn. Pharmacol. Ther., 45, 105-111(2017), 2017.07.
14. Won, YS., Kumazoe, M., Takamatsu, K., Shinoda, Y., Sonoda, S., Okada, K., Okamoto, T., Tachibana, H., Green tea cultivar 'Benifuuki' potentiates split vaccine-induced immunoglobulin A production, J. Nat. Med., 71, 68-75(2017), 10.1007/s11418-016-1028-7, 2017.07.
15. Motofumi Kumazoe, Mika Takai, Shun Hiroi, Chieri Takeuchi, Mai Kadomatsu, Takashi Nojiri, Hiroaki Onda, Jaehoon, B., Yuhui Huang, Takamatsu, K., Shuya Yamashita, Kenji Kangawa, Hirofumi Tachibana, The FOXO3/PGC-1β signaling axis is essential for cancer stem cell properties of pancreatic ductal adenocarcinoma., J. Biol. Chem., doi:10.1074/jbc.M116.772111, 10.1074/jbc.M116.772111, 2017.05.
16. Yoshinori Fujimura, Chihiro Kawano, Ayaka Maeda-Murayama, Asako Nakamura, Kanako Takamatsu, Akiko Koike-Miki, Daichi Yukihira, Eisuke Hayakawa, Takanori Ishii, Hirofumi Tachibana, Hiroyuki Wariishi, Daisuke Miura, A Chemometrics-driven Strategy for the Bioactivity Evaluation of Complex Multicomponent Systems and the Effective Selection of Bioactivity-predictive Chemical Combinations., Sci. Rep., 7, 2257 (2017), 2017.04.
17. Motofumi Kumazoe, Takai, M., Jaehoon, B., Yuhui Huang, Takamatsu, K., Won, YS., Hiroi,S., Shuya Yamashita, Shuhei Yamada, Murata, M., Tsukamoto, S., Hirofumi Tachibana, FOXO3 is essential for CD44 expression in pancreatic cancer cells.
, Oncogene, doi:10.1038/onc.2016.426, 2017.03.
18. Motofumi Kumazoe, Yuki Nakamura, Mai Yamashita, Takashi Suzuki, Takamatsu, K., Yuhui Huang, Jaehoon, B., Shuya Yamashita, Murata, M., Shuhei Yamada, Yuki Shinoda, Wataru Yamaguchi, Yui Toyoda, Hirofumi Tachibana, Green Tea Polyphenol Epigallocatechin-3-gallate Suppresses Toll-like Receptor 4 Expression via Upregulation of E3 Ubiquitin-protein Ligase RNF216., J. Biol. Chem., 292, 4077-4088 (2017), 2017.03.
19. Motofumi Kumazoe, Mika Takai, Shun Hiroi, Chieri Takeuchi, Kanako Takamatsu, Yuhui Huang, Jaehoon, B., Shuya Yamashita, Shuhei Yamada, Maasa Yamanouchi, Takashi Nojiri, Hiroaki Onda, Kenji Kangawa, Takashi Takahashi, Hiroshi Tanaka, Hirofumi Tachibana, PDE3 inhibitor and EGCG combination treatment suppress cancer stem cell properties in pancreatic ductal adenocarcinoma., Sci. Rep., 7, 1917 (2017), 2017.03.
20. Yuhui Huang, Mami Sumida,, Motofumi Kumazoe, Kaori Sugihara, Yumi Suemasu, Shuhei Yamada, Shuya Yamashita, Jyunichi Miyakawa, Takashi Takahashi, Hiroshi Tanaka, Fujimura Y, Hirofumi Tachibana, Oligomer formation of a tea polyphenol, EGCG on its sensing molecule the 67-kDa laminin receptor., Chemical Communication, 53, 1941-1944 (2017)
.
, 34, 2017.02.
21. Tsukamoto, S., Kumazoe, M., Huang, Y., Yamada, S., Lesnick, C., Kay, E.N., Shanafelt, D.T., Hirofumi Tachibana, SphK1 inhibitor potentiates the anti-cancer effect of EGCG on leukaemia cells
, Br. J. Haematol., in press, 2016.08.
22. Yamashita, M., Kumazoe, K., Nakamura, N., Won, YS., Bae, J., Yamashita, S., Hirofumi Tachibana, The Combination of Green Tea Extract and Eriodictyol Inhibited High-Fat/High-Sucrose Diet-Induced Cholesterol Upregulation Accompanied by Suppression of Cholester, J.Nutr.Sci.Vit., 62, 249-256 (2016), 2016.08.
23. Hamagami, H., Kumazoe, K., Yamaguchi,Y., Fuse,S., Hirofumi Tachibana, Tanaka, H., 6-Azido-6-deoxy-L-idose as a hetero-bifunctional spacer for the synthesis of zido-containing chemical probes.
, Chemistry - Eur. J., 22, 12884-12890 (2016)., 2016.08.
24. Shiraishi, N., Kumazoe, K., Fuse,S., Hirofumi Tachibana, Tanaka, H., The synthesis of trans-flavan-3-ol gallates by regioselective oxidative etherification and their cytotoxicity mediated by 67LR., Chemistry - Eur. J.,22, 13050-13053 (2016).
, 2016.08.
25. Kim, YH., Won, Y., Xue, Y., Kumazoe, K., Yamashita, S., Hara, A., Takagaki, A., Goto,K., Nanjo,F., Hirofumi Tachibana, Green Tea Catechin Metabolites Derived from Intestinal Bacteria Exert Immunoregulatory Effects on CD4+ T Cell and Natural Killer Cell Activity, J. Agri. Food Chem., 64, 3591-3597 (2016), 34, 1162-1168, 2016.07.
26. Imbe, H., Sano, H., Miyawaki, M., Fujisawa, R., Miyasato, M., Nakatsuji, M., Haseda, F., Tanimoto, K., Hanafusa, T., Terasaki, J., Hirofumi Tachibana, Maeda-Yamamoto, M., "Benifuuki" Green Tea, Containing O-methylated EGCG, Reduces Serum Low-Density Lipoprotein Cholesterol and Lectin-Like Oxidized Low-Density Lipoprotein Receptor-1 Ligands Containing Apolipoprotein B: A Double-Blind, Placebo-Controlled Randomized Trial, J. Fuct. Foods 25, 25-37 (2016), 2016.07.
27. Motoki Murata, Haruna Nonaka, Satomi Komatsu, Kumazoe, K., Megumi Goto, Mai Morozumi, Shuhei Yamada, I-Chian Lin, Yamashita, S., Hirofumi Tachibana, Delphinidin prevents muscle atrophy and upregulates miR-23a expression., J. Agri. Food Chem., 65, 45-50 (2017)., 34, 1162-1168, 2016.07.
28. Lin, IC., Yamashita, S., Murata, M., Kumazoe, M., Hirofumi Tachibana, Equol suppresses inflammatory response and bone erosion due to rheumatoid arthritis in mice.

, J. Nutr. Biochem., 32, 101-106 (2016), 6, 19225, 2016.05.
29. Hatasa, Y, Chikazawa, M., Furuhashi, M., Nakashima, F., Shibata, T., Kondo, T., Akagawa, M., Tanaka, H., Hirofumi Tachibana, Uchida, K., Oxidative Deamination of Serum Albumins by (-)-Epigallocatechin-3-O-gallate: Potential Mechanism for the Formation of Innate Antigens by Antioxidants, PLoS ONE, 11(4), e0153002 (2016), 2016.05.
30. Yamada, S., Tsukamoto1, S., Huang, Y., Makio, A, Kumazoe, K., Yamashita, S., Hirofumi Tachibana, Epigallocatechin-3-O-gallate up-regulates microRNA-let-7b expression by activating 67-kDa laminin receptor signaling in melanoma cells
, Scientific Reports, 6, 19225 , 2016.01.
31. Yamada, S., Baba, K, Makio, A, Kumazoe, K., Huang, Y., Yamashita, S., Lin, IC., Bae, J., Murata, M., Yamada, S., Hirofumi Tachibana, γ-Tocotrienol upregulates aryl hydrocarbon receptor expression and enhances the anticancer effect of baicalein., Biochem. Biophys. Res. Commun., 473, 801-807(2016)., 6, 19225, 2016.01.
32. Tsukamoto, S., Huang, Y., Kumazoe, M., Kim, YH., Yamashita, S., Murata, M., Suzuki, T., Ueda, N., Yoshinori Fujimura, Lesnick, C., Kay, E.N., Shanafelt, D.T., Hirofumi Tachibana, Sphingosine kinase-1 protects B-cell neoplasm and myeloid leukemia from apoptosis driven by cancer specific inhibition of RTKs., Mol. Cancer Theraputic., doi:10.1158/1535-7163.MCT-15-0185, 2015.08.
33. Kumazoe, M., Yoshinori Fujimura, Shiori HIdaka, Kim, YH., Tsukamoto, S., Kanako Murayama, Mika Takai, Huang, Y., Yamashita, S., Daisuke Miura, Mari Maeda-Yamamoto, Hirofumi Tachibana, Metabolic profiling-based data-mining for an effective chemical combination to induce apoptosis of cancer cells., Sci. Rep., 5, 9474, 2015.03.
34. Kim, YH., Yamashita, S., Kumazoe, M., Huang, Y., Shiori HIdaka, Nakahara, K., Won, YS., Murata, M., Lin, I., Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, Pentagalloylglucose increases a population of T regulatory cells and inhibits IgE production in ovalbumin-sensitized mouse, Int. Immunopharmacol., 26, 30-36, 2015.03.
35. Tsukamoto, S., Huang, Y., Umeda , D., Yamashita, S., Kumazoe, M., Murata, M., Kim, YH., Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, 67kDa-laminin receptor-dependent PP2A activation elicits melanoma-specific antitumor activity overcoming drug resistance., J. Biol. Chem., 10.1074/jbc.M114.604983, 2014.12.
36. Kim, Y.H., Shuya Yamashita, Kumazoe, M., Yuhui Huang, Motoki Murata, Won, YS., Yamada, K., Ninomiya,Y., Tachibana H., IL-4 receptor α in non-lipid rafts is the target molecule of strictinin in inhibiting STAT6 activation, Biochem. Biophys. Res. Commun., 450, 824-830, 2014.09.
37. Kumazoe, M., Tsukamoto, S., Lesnick, C, Kay, N. E., Koji Yamada, Shanafelt T. D., Hirofumi Tachibana, Vardenafil, a clinically available phosphodiesterase inhibitor, potentiates the killing effect of EGCG on CLL cells., Br. J. Haematol. , 10.1111/bjh.13135, 2014.09.
38. Kim, YH., Yoshinori Fujimura, Masako Sasaki, Yang, X., Daichi Yukihira, Daisuke Miura, Unno, Y., Ogata, K., Hiroyuki Wariishi, Nakajima, H., Yamashita, S., Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, Kanami Nakahara, Murata, M., Lin,I., In situ label-free visualization of orally dosed strictinin within mouse kidney by MALDI-MS imaging., J. Agri. Food Chem., 62, 9279-9285, 2014.09.
39. Takashi Suzuki, Shuya Yamashita, Yukari Tsurudome, Motofumi Kumazoe, Huang, Y., Kanami Nakahara, Yuki Shinoda, Wataru Yamaguchi, Mari Maeda-Yamamoto, Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, Green Tea Extract Containing a Highly Absorbent Catechin Prevents Diet-Induced Lipid Metabolism Disorder., Scientific. Reports, 10.1038/srep02749, 3, 2749, 2013.09.
40. Kim, YH., Yoshinori Fujimura, Nagao, T, Takatoki Hagihara, Masako Sasaki, Daichi Yukihira, Daisuke Miura, HIroshi Tanaka, Saito, D., Hiroyuki Wariishi, Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, In situ label-free imaging for visualizing biotransformation of bioactive polyphenol., Scientific Reports, 10.1038/srep02805, 3, 2805, 2013.09.
41. Kim, Y.H., Nakayama, K., Yoshimoto, M., Tanino, S., Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, 1,2,3,4,6-penta-O-galloyl-β-D-glucose from tannic acid inhibits antigen-specific IgE production by inhibiting  germline transcription induced by STAT6 activation. , FEBS Open Bio, 10.1016/j.fob.2013.07.008, 2013.08.
42. Kumazoe, M., Kim, Y-H., Tsukamoto, S., Huang, Y., Nakahara, K., Bae, JH., Takai, M., Suemasu, Y., Motoki Murata, Sugihara, K., 山下 修矢, Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, Phosphodiesterase 5 inhibitor acts as a potent agent sensitizing acute myeloid leukemia cells to 67-kDa laminin receptor-dependent apoptosis.
, FEBS Letter, org/10.1016/j.febslet.2013.07.041, 2013.08.
43. Kumazoe, M., Sugihara, K., Tsukamoto, S., Huang, Y., Tsurudome, Y., Suzuki, T., Suemasu, Y., Yamashita, S., Kim, Y-H., Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, 67-kDa laminin receptor increases cGMP to induce cancer-selective apoptosis., J.Clin.Invest., 123, 787-799, 2013.02.
44. Tsukamoto, S., Yamashita, S., Kim, Y.H., Kumazoe, M., Huang, Y., Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, Oxygen partial pressure modulates 67-kDa laminin receptor expression, leading to altered activity of the green tea polyphenol, EGCG., FEBS Lett., 586, 3441-3447, 2012.08.
45. Yamashita, S., Yano, S., Tsukamoto, S., Kumazoe, M., Kim, Y-H., Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, Isoflavones suppress the expression of the FcεRI high-affinity IgE receptor independently of estrogen receptor., J. Agric. Food Chem., 60, 8, 8379-8385, 2012.08.
46. Fujimura, Y., Sumida, M. Sugihara, K., Tsukamoto, S., Yamada, K., and Tachibana, H. , Green Tea Polyphenol EGCG Sensing Motif on the 67-kDa Laminin Receptor., PLoS ONE, e37942, 7(5) (2012)., 2012.05.
47. Tsukamoto, S., Hirotsu, K., Kumazoe, M., Goto, Y., Sugihara, K., Suda, T., Tsurudome, Y., Suzuki, T., Yamashita, S., Kim, Y., Huang, Y., Yamada, K., and Tachibana, H. , Green tea polyphenol EGCG induces lipid raft clustering and apoptotic cell death by activating protein kinase Cδ and acid sphingomyelinase through 67-kDa laminin receptor in multiple myeloma cells., Biochem. J., 443, 525-534, 2012.02.
48. Fujimura, Y., Kurihara, K., Ida, M., Kosaka, R., Miura, D., Wariishi, H., Maeda-Yamamoto, M., Nesumi, A., Saito, T., Kanda, T., Yamada, K., and Tachibana, H., Metabolomics-Driven Nutraceutical Evaluation of Diverse Green Tea Cultivars, PLoS ONE, 585, e23426, 6(8), 2011.05.
49. Byun, E.-H., Omura, T., Yamada, K., and Tachibana, H. , Green tea polyphenol epigallocatechin-3-gallate inhibites TLR2 signaling induced by peptidoglycan through the polyphenol sensing molecule 67-kDa laminin receptor., FEBS Lett., 585, 814-820, 2011.03.
50. Lee JH., Kishikawa M., Kumazoe M., Yamada K., and Tachibana H., Vitamin A enhances antitumor effect of a green tea polyphenol on melanoma by upregulating the polyphenol sensing molecule 67-kDa Laminin Receptor., PLoS ONE, 5, 6, e11051, 2010.06.
51. Byun E-H., Fujimura Y., Yamada K., and Tachibana H., TLR 4 signaling inhibitory pathway induced by green tea polyphenol epigallocatechin-3-gallate through 67-kDa laminin receptor., J. Immunol., 185, 33-45, 2010.06.
52. Yamashita, S., Yamashita, T., Yamada, K., and Tachibana, H., Flavones suppress type I IL-4 receptor signaling by down-regulating the expression of common gamma chain., FEBS Lett., 587, 775-779, 2010.03.
53. Fujimura, Y., Umeda, D., Yamada, K., and Tachibana, H., The impact of the 67 kDa laminin receptor on both cell-surface binding and anti-allergic action of tea catechins, Arch. Biochem. Biophys. , 476 (2), 133-138, 2008.07.
54. Umeda, D., Yano, S., Yamada, K., and Tachibana, H., Involvement of 67-kDa laminin receptor-mediated myosin phosphatase activation in antiproliferative effect of epigallocatechin-3-O-gallate at a physiological concentration on Caco-2 colon cancer cells, Biochem. Biophys. Res. Commun., 371, 172-176, 2008.06.
55. Umeda, D., Yano, S., Yamada, K., and Tachibana, H., Green tea polyphenol epigallocatechin-3-gallate signaling pathway through 67-kDa laminin receptor, J. Biol. Chem., 283, 3050-3058, 2008.02.
56. Fujimura, Y., Umeda, D., Yano, S., Maeda-Yamamoto, M., Yamada, K., and Tachibana, H., The 67kDa laminin receptor as a primary determinant of anti-allergic effects of O-methylated EGCG, Biochem. Biophys. Res. Commun., 364, 79-85, 2007.10.
57. Yano, S., Umeda, D., Yamashita, T., Ninomiya, Y., Sumida,M., Fujimura, Y., Yamada, K., and Tachibana, H., Dietary flavones suppress IgE and Th2 cytokines in OVA-immunized BALB/c mice, Eur J. Nutr., 46, 5, 257-263, 2007.05.
58. Ikeda, Y., Murakami, M., Fujimura, Y., Tachibana, H., Yamada, K., Hirano, K., Masuda, D., Ohigashi, H., The aggregated ursolic acid, a natural triterpenoid, induces interleukin-1β release in murine peritoneal macrophages: A role of CD36, J. Immunol., 178, 4854-4864, 2007.04.
59. Yano, S., Fujimura, Y., Umeda, D., Miyase, T., Yamada, K, and Tachibana,H. , Relationship between biological activities of methylated derivatives of EGCG and their cell surface binding activities, J. Agric. Food Chem., 55, 17, 7144-7148, 2007.03.
60. Fujimura,Y., Yamada, K., and Tachibana, H., The involvement of the 67 kDa laminin receptor-mediated modulation of cytoskeleton in the degranulation inhibition induced by epigallocatechin-3-O-gallate, Biochem. Biophys. Res. Commun., 348, 524-531 , 2006.11.
61. Fujimura,Y., Yamada, K., and Tachibana, H., A lipid raft-associated 67 kDa laminin receptor mediates suppressive effect of epigallocatechin-3-O-gallate on FcεRI expression , Biochem. Biophys. Res. Commun., 10.1016/j.bbrc.2005.08.146, 336, 2, 674-681, 348, 524-531 , 2005.08.
62. Nakaya, M., Tachibana, H., and Yamada, K., Isoflavone genestein and daizein up-regulate LPS-inducible oxide synthase activity through estrogen receptor pathway in RAW264.7 cells, Biochem. Pharmacol., 10.1016/j.bcp.2005.10.002, 71, 1-2, 108-114, 71, 108-114 , 2005.06.
63. Umeda, D., Tachibana, H, and Yamada, K., Epigallocatechin-3-O-gallate disrupts stress fibers and the contractile ring by reducing myosin regulatory light chain phosphorylation mediated through the target molecule 67kDa laminin receptor, Biochem. Biophys. Res. Commun., 10.1016/j.bbrc.2005.05.108, 333, 2, 628-635, 336, 674-681 , 2005.06.
64. Yamasaki, M, Miyamoto, Y, Chujo, H, Nishiyama, K, Tachibana,H, Yamada, K, Trans10,cis12-conjugated linoleic acid induces mitochondria-related apoptosis and lysosomal destabilizationinrat hepatoma cells , Biochim Biophys Acta, 10.1016/j.bbalip.2005.05.010, 1735, 3, 176-184, 1735, 176-184 , 2005.02.
65. Tachibana, H., Koga, K., Fujimura, Y., and Yamada, K., A receptor for green tea polyphenol EGCG, Nature Struc. Mol. Biol., 10.1038/nsmb743, 11, 4, 380-381, 11, 380-381, 2004.04.
66. Maeda-Yamamoto, M., Inagaki, N., Kitaura, J., Chikumoto, T., Kawahara, H., Kawakami,Y., Sano, M., Miyase, T., Tachibana, H., Nagai, H., and Kawakami, T., O-methylated catechins from tea leaves inhibit multiple protein kinases in mast cells, J. Immunol.,, 172, 7, 4486-4492, 172, 4486-4492, 2004.04.
67. Fujimura, Y., Tachibana, H., and Yamada, K., Lipid raft-associated catechin suppresses the FceRI expression by inhibiting phosphorylation of the extracellular signal-regulated kinase1/2, FEBS Lett., 10.1016/S0014-5793(03)01432-7, 556, 1-3, 204-210, 556, 204-210, 2004.01.
68. Yamasaki, M., Ikeda, A., Oji, M., Tanaka, Y., Hirao, A., Kasai, M., Iwata, T., Tachibana, H., and Yamada, K., Modulation of body fat and serum leptin levels by dietary conjugated  linoleic acid in Sprague-Dawley rats fed various fat level diets., Nutrition, 10.1016/S0899-9007(02)00842-0, 19, 1, 30-35, 19, 30-35, 2003.01.
69. Yamasaki, M., Chujo, H., Hirao, A., Koyanagi, N., Okamoto, T., Tojo, N., Oishi, A., Iwata, T., Yamauchi-Sato, Y., Yamamoto, T., Tsutsumi , K., Tachibana, H., and Yamada, K., Immunoglobulin and cytokine production from spleen lymphocytes is modulated in C57BL/6J mice by dietary cis-9, trans-11 and trans-10, cis-12 conjugated linoleic acid., J. Nutr., 133, 3, 784-788, 133, 784-788, 2003.01.
70. Tachibana, H., Haruta, H., Ueda, K., Chiwata, T. and Yamada, K., Induction of light chain replacement in human plasma cells by caffeine independent from enhancement of RAG proteins expression and germ-line transcription., J. Biol. Chem., 10.1074/jbc.275.8.5927, 275, 8, 5927-5933, 275, 5927-5933, 2000.08.
71. Tachibana, H., Haruta, H. and Yamada, K., Light Chain Shifting: Identification of a human plasma cell line actively undergoing light chain replacement., Blood, 93, 1, 198-207, 93, 198-207, 1999.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 立花宏文, 食の機能実行分子のサイエンス 食品ポリフェノールセンシングと生体調節
, 実験医学, 2019.03.
2. 藤村由紀、立花宏文, 緑茶ポリフェノールの機能性を切り開くメタボリック・プロファイリング技術, バイオサイエンスとインダストリー, 2018.08.
3. 熊添基文、立花宏文, 茶カテキンの活性発現機序に基づいた新たながん治療戦略, バイオサイエンスとインダストリー, 2018.07.
4. 立花宏文, 緑茶カテキンの生理作用発現メカニズム, 月刊アグリバイオ, 2018.07.
5. Yoshinori Fujimura, Daisuke Miura, and Hirofumi Tachibana, A Phytochemical-Sensing Strategy Based on Mass Spectrometry Imaging and Metabolic Profiling for Understanding the Functionality of the Medicinal Herb Green Tea, Molecules. 22(10). pii: E1621., 10.3390/molecules22101621., 2017.07.
6. 立花 宏文, 緑茶カテキンの機能性発現のしくみとその活用, 明日の食品産業、2017年 7・8月号、34-39, 2017.07.
7. 立花 宏文, 食品因子センシングのしくみとその調節, 内分泌・糖尿病・代謝内科、45, 74-78, 2017.12.
8. 立花 宏文, 緑茶カテキンが機能性を発現するしくみとその活用, ソフト・ドリンク技術資料,180, 65-83, 2016.12.
9. 熊添基文, 立花 宏文, 緑茶カテキンセンシング機構とその応用展開-カテキンパワーの引き出し方-, 化学と生物、54, 698-700, 2016.10.
10. 立花 宏文, 緑茶カテキンを感知するしくみを知り、活かす、イノベーションへと繋がる 食品と医学を巡るサイエンス, 実験医学、2730-2733, 2016.10.
11. 藤村 由紀, 立花 宏文, カテキンシグナリングならびにイメージングの基礎
, 化学と生物, 2016.09.
12. 山田脩平, 立花 宏文, ポリフェノールの生理作用を担う機能性RNA, 日本ポリフェノール学会誌, 2016.05.
13. 立花 宏文, 緑茶ポリフェノールの機能性発現メカニズム, 機能性食品と薬理栄養、9(6), 354-359(2016), 2016.02.
14. Motofumi Kumazoe, 立花 宏文, Anti-cancer effect of EGCG and its mechanisms, Functional Foods in Health and Disease, 6(1), 70-78 (2016), 2015.07.
15. Yoshinori Fujimura, Daisuke Miura, 割石 博之, 立花 宏文, 緑茶ポリフェノールの生体内代謝の二次元可視化
, ビタミン、90, 26-29 (2016), 2015.07.
16. Yoshinori Fujimura, 立花 宏文, Daisuke Miura, 割石 博之, MALDI-MSイメージング法の食品機能性研究への応用~生理活性ポリフェノールの生体内代謝の二次元可視化~, J. Mass Spectrom. Soc. Jpn., 63(6), 149-152 (2015), 2015.07.
17. 立花 宏文, Daisuke Miura, Yoshinori Fujimura, MALDI-MSイメージングによる緑茶カテキンの動物組織内分布解析, BIO INDUSTRY, 2014.07.
18. 立花 宏文, 緑茶カテキンによって誘導される新たな骨髄腫細胞の細胞死誘導経路, 血液内科, 2015.02.
19. 立花 宏文, 食品と疾病-カテキン,緑茶カテキン関知レセプターと抗がん作用,抗アレルギー作用との関わり
, Functional Food, 2014.02.
20. 立花 宏文, Cellular sensing system for green tea polyphenol epigallocatechin gallate, AGgri-Bioscience Monographs, 2014.07.
21. 立花 宏文, 緑茶カテキンを感知するしくみ, ILSI JAPAN, 2014.02.
22. 立花 宏文, 機能性食品と疾病予防, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 2012.04.
23. 立花宏文, 緑茶カテキンの感知システムを基盤とする生理機能増強法, バイオサイエンスとインダストリー、70(2), 108-114 (2012), 2012.02.
24. 立花宏文, Green tea polyphenol sensing, The Proceedings of the Japan Academy, Series B, 2011.03.
25. 山下修矢、山田耕路、立花宏文, 脂溶性食品成分フラボン類の抗アレルギー作用, オレオサイエンス, 2009.08.
26. 立花宏文, 緑茶カテキンの受容体とシグナリング, 生化学, 2009.04.
27. 藤村由紀、立花宏文, 植物性食品成分の生体応答の分子機構, 化学と生物, 2009.02.
28. 立花宏文, 緑茶カテキン受容体67LRを介したカテキンの機能性発現機構, 日本薬理学雑誌, 2008.05.
29. 立花宏文, 食品科学の新しい視点, 学術月報, 2006.05.
30. 立花宏文, 緑茶カテキン受容体の発見 , 化学と生物, 2006.07.
31. 立花宏文, 変わり身の巧みな抗体軽鎖, 化学と生物, 1997.06.
32. 春田洋孝、立花宏文, B細胞を舞台にした抗体の離婚再婚劇, バイオサイエンスとインダストリー, 1997.06.
33. Tachibana, H., Murakami, H., Trends in Glycoscience and Glycotechnology, バイオサイエンスとインダストリー, 1994.06.
34. 立花宏文、村上浩紀, ガン特異的ヒト型モノクローナル抗体-副作用のない抗ガン剤の開発, 治療, 1993.06.
35. 立花宏文、村上浩紀, 抗原認識における抗体糖鎖の機能およびその修飾, バイオサイエンスとインダストリー, 1993.06.
主要学会発表等
1. 黄宇慧, 塚本俊太郎, 山田脩平, 熊添基文, Hirofumi Tachibana, スフィンゴシンキナーゼ阻害による緑茶カテキンEGCGのがん特異的アポトーシス誘導活性の増強
黄宇慧、塚本俊太郎、山田脩平、熊添基文、山田耕路、立花宏文, 第68回日本栄養・食糧学会, 2014.05.
2. Hirofumi Tachibana, 緑茶カテキン感知力の分子的基盤とその疫学的検証, 第68回日本栄養・食糧学会, 2014.05.
3. Hiroshi Tanaka, Motofumi Kumazoe, Yosuke Tanimoto, Yumi Suemasu, Yuhui Huang, Koji Yamada, Hirofumi Tachibana, Takashi Takahashi, Synthesis of a fluorescent labeled EGCG as a cancer tracer, 20TH INTERNATIONAL CONGRESS OF NUTRITION. GRANADA 2013, 2013.09.
4. Hirofumi Tachibana, Motoki Murata, Reia Kosaka, Kana Kurihara, Atsushi Nesumi, Mari Maeda-Yamamoto, Koji Yamada, Green Tea Extract Suppresses Disuse Muscle Atrophy in Mice, 20TH INTERNATIONAL CONGRESS OF NUTRITION. GRANADA 2013, 2013.09.
5. 熊添基文, 立花 宏文, 67-kDa laminin receptor and cGMP induced cancer-selective apoptosis, 6th International Conference on cGMP generators, effectors and therapeutic implications , 2013.06.
6. Yoshinori Fujimura, Daisuke Miura, Hiroyuki Wariishi, Yoon Hee Kim, Takatoki Hagihara, Masako Sasaki, Daichi Yukihira, Tatsuhiko Nagao, Shinichi Yamaguchi, 山田 耕路, 立花 宏文, A novel strategy for in situ label-free imaging of bioactive polyphenol, 61st ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics, 2013.05.
7. Yoshinori Fujimura, Daisuke Miura, Hiroyuki Wariishi, 立花 宏文, ポリフェノール代謝動態の可視化に向けた非標識分子イメージング法の開発, 2013年度P450、UGT、SULT研究会, 2013.05.
8. Yoshinori Fujimura, Daisuke Miura, Hiroyuki Wariishi, 立花 宏文, 低分子食品成分の組織内空間分布の非標識可視化戦略, 日本栄養・食糧学会大会, 2013.05.
9. Yoshiyuki Miyazaki, Masaji Nakamizo, Tetsuya Shibasaki, Tomomi Kirino, Yuzu Saito, Kazuhiro Kawahara, Ken Otsuka, 山田 耕路, 立花 宏文, Daisuke Tachikawa, Protective effects of orally administered fucoidan mix on immunosuppression by an experimental cancer chemotherapy., Imuunology 2013 AAI Annual meating, 2013.05.
10. 立花 宏文, 緑茶カテキンのケミカルバイオロジー, 日本農芸化学会, 2013.03.
11. 藤村 由紀, 三浦 大典, 割石 博之, 立花 宏文, 組織内微小領域における機能性食品因子の時空間分解可視化, 日本農芸化学会, 2013.03.
12. 立花 宏文, 食品因子感知システムに基づいた食品の機能性評価, 日本農芸化学会, 2013.03.
13. 熊添基文, 末益優美, 谷本陽祐, 弘津圭祐, 田中浩士, 高橋孝志, 山田 耕路, 立花 宏文, 蛍光プローブ化緑茶カテキン EGCG を用いたがん細胞の特異的可視化, 日本農芸化学会, 2013.03.
14. 金允喜, 藤村 由紀, 萩原立春, 佐々木雅子, 行平大地, 山口歩, 斉藤和徳, 三浦 大典, 割石 博之, 山田 耕路, 立花 宏文, 質量分析イメージング法による緑茶カテキンおよびその代謝物の生体組織内布情報の非標識可視化, 日本農芸化学会, 2013.03.
15. 立花 宏文, 緑茶カテキン感知レセプターを介したEGCGの機能性発現機序, 日本茶インストラクター協会講習会, 2013.03.
16. Hirofumi Tachibana, 緑茶カテキン感知レセプターを介したEGCGの機能性発現機序, 茶学術研究会, 2013.03.
17. Hirofumi Tachibana, 緑茶成分の免疫調節作用とそのしくみ, 茶学術研究会シンポジウム, 2013.01.
18. 立花 宏文, Green tea polyphenol EGCG sensing for cancer prevention, The 6th International Niigata symposium on Diet and Health, 2012.10.
19. 立花 宏文, 緑茶カテキンの機能性発現とレドックス, 日本学術振興会レドックス・ライフイノベーション第170委員会, 2012.08.
20. 立花 宏文, 機能性食品因子を感知するしくみ, 日本栄養・食糧学会九州沖縄支部, 2012.07.
21. 立花 宏文, がん予防食品因子を感知する分子的基盤
, 日本がん予防学会, 2012.06.
22. 立花宏文 , フードファクターセンシング:機能性食品因子の生体感知システム, 日本農芸化学会大会, 2012.03.
23. Mari Maeda-Yamamoto, and Hirofumi Tachibana , Anti-allergic action of O-methylated EGCG in green tea cv. Benifuuki, International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF2011), 2011.11.
24. Shuya Yamashita, Shoko Kamachi, Koji Yamada, and Hirofumi Tachibana , Identification of A Gene Mediating the ER-Independent Effect of Equol on Cancer Cell Growth, International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF2011), 2011.11.
25. Shuntaro Tsukamoto, Motofumi Kumazoe, Takafumi Suda, Yukari Tsurudome, Takashi Suzuki, Yuhui Huang, Koji Yamada, and Hirofumi Tachibana, Apoptotic cell death pathway induced by green tea polyphenol EGCG through the polyphenol sensing molecule 67-kDa laminin receptor, International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF2011), 2011.11.
26. Yoon Hee Kim, Shuntaro Tsukamoto, Shuya Yamashita, Koji Yamada, Hirohito Metoki, Taku Obara, Masayuki Yamamoto2, Yoichi Sameshima3, Mari Maeda-Yamamoto4, Shinichi Kuriyama2, and Hirofumi Tachibana, Intake of green tea extract modulates heme oxygenase-1 gene expression and Nrf2 protein expression in peripheral blood lymphocytes from human with mild hypercholesterolemia; The Kakegawa Study, International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF2011), 2011.11.
27. Tachibana, H., Green tea polyphenol EGCG sensing, International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF2011), 2011.11.
28. Tachibana, H., Factors underlying sensitivity of cancers to green tea polyphenol EGCG, 2011 Annual Conference on Nutraceuticals, Functional Foods and Dietary Supplements, 2011.11.
29. 立花宏文, 食品の免疫調節作用とそのしくみ
, (社)鹿児島県工業倶楽部法人設立20周年記念事業シンポジウム, 2011.10.
30. 立花宏文, 隅田崇文、中原加奈美、上田直樹、宮元彩希、山下修矢、鈴木貴視、山田耕路, トコトリエノール感知関連遺伝子Hic2発現に対する食餌の影響, 日本トコトリエノール研究会, 2011.10.
31. 阿比留晶子、園田知代、山田耕路,立花宏文, 10t,12c-CLA のがん細胞増殖抑制作用を担う遺伝子p38IPの機能解析, 第2回機能性油脂懇話会, 2011.10.
32. Tachibana, H., Molecular basis for anti-allergic and anti-inflammatory actions of green tea polyphenols, Konkuk University Seminar, 2011.09.
33. Tachibana, H., Molecular basis for anti-allergic and anti-inflammatory actions of green tea polyphenols, Workshop on Fuctional Foods, 2011.09.
34. 立花宏文, Food Factor Sensing:機能性食品因子を感知するしくみ, 日本農芸化学会西日本支部、中四国支部合同大会, 2011.09.
35. 鈴木貴視、萩原立春、鶴留ゆかり、篠田有希、山口航、豊田唯、山本(前田)万里、山田耕路、立花宏文, 高脂肪高ショ糖食摂取マウスにおける緑茶抽出パウダーの摂食効果, 生物機能研究会, 2011.07.
36. 立花宏文, 緑茶カテキン感知システムに基づくEGCGのがん予防機能増強法, 日本がん予防学会, 2011.06.
37. Yoshinori Fujimura, Kana Kurihara, Megumi Ida, Reia Kosaka, Daisuke Miura, Hiroyuki Wariishi, Mari Maeda-Yamamoto, Atsushi Nesumi, Takeshi Saito, Tomomasa Kanda, Koji Yamada, and Hirofumi Tachibana, Nutraceutical evaluation of diverse green tea cultivars on the basis of metabolic profiling, 第59回米国質量分析学会(ASMS), 2011.06.
38. 立花宏文, 機能性食品の創製と炎症の制御, 日本栄養・食糧学会大会, 2011.05.
39. 立花宏文, 食品成分の免疫調節作用とその分子基盤, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養食糧学会九州沖縄支部、日本食品科学工学会西日本支部合同大会, 2009.10.
40. 立花宏文, 緑茶カテキンの標的分子研究からみえてきたこと

, 日本農芸化学会, 2009.03.
41. 立花宏文, 緑茶カテキン受容体の発見とその作用機序
, 平成20年度農研機構シンポジウム, 2008.11.
42. 立花宏文, 抗アレルギー食品成分の標的としての脂質ラフト

, 日本食品免疫学会, 2008.10.
43. 立花宏文, 分子標的抗がん剤としての緑茶カテキンEGCG

, 日本カテキン学会, 2008.08.
44. 立花宏文, 茶葉カテキンによるlipid raftの解裂とアレルギー疾患の改善

, 日本小児東洋医学会, 2008.04.
45. 立花宏文, カテキンシグナリング:緑茶カテキン受容体を介した機能性発現機構

, 日本農芸化学会大会, 2008.03.
46. 立花宏文, 緑茶カテキン受容体67LRを介したカテキンの機能性発現機構

, 日本薬理学会, 2008.03.
47. Hirofumi Tachibana, Yoshinori Fujimura, Naoto Ogawa, Mami Sumida, Sayuri Tsuruda,and Koji Yamada, Identification of EGCG binding site in the green tea polyphenol receptor 67LR

, International Conference on Food Factors for Health Promotion (ICOFF2007), 2007.11.
48. Hirofumi Tachibana, Green tea polyphenol EGCG signaling through the 67kDa laminin receptor

, 3rd International Conference on Polyphenols and Health(ICPH2007), 2007.11.
49. Hirofumi Tachibana, Yoshinori Fujimura, Yu Ninomiya, Yusuke Hasegawa, Kazuko Nakayama, Koji Yamada, Molecular basis for inhibition of IgE production by tea polyphenol strictinin

, 国際O-CHA学術会議, 2007.11.
50. 立花宏文, 緑茶カテキン受容体 67LRを介したカテキン類の機能性発現とその結合様式

, 日本カテキン学会, 2007.08.
51. 立花宏文, 緑茶カテキン受容体67LRを介したEGCGのシグナル伝達機構

, 日本栄養・食糧学会大会, 2007.05.
特許出願・取得
特許出願件数  36件
特許登録件数  5件
学会活動
所属学会名
日本ポリフェノール学会
日本フードファクター学会
日本農芸化学会
日本カテキン学会
日本生化学会
日本栄養・食糧学会
日本動物細胞工学会
フードサイエンスフォーラム
日本食品科学工学会
日本食品免疫学会
学協会役員等への就任
2017.05~2022.05, 日本農芸化学会, 日本農芸化学会創立100周年記念事業組織委員会特別委員会委員.
2017.05~2021.05, 日本農芸化学会, 理事.
2017.03, 日本農芸化学会, 広報委員会.
2016.02, 日本農芸化学会, 幹事.
2015.04~2017.03, 日本ポリフェノール学会, 評議員.
2015.04~2017.03, 日本栄養・食糧学会, 代議員.
2013.04~2015.03, 日本農芸化学会西日本支部, 評議員.
2013.04~2015.03, 日本カテキン学会, 幹事.
2011.04~2013.03, 日本栄養食糧学会, 評議員.
2010.04~2012.03, 日本食品科学工学会西日本支部, 幹事.
2011.04~2013.03, 日本農芸化学会西日本支部, 幹事.
2011.04~2012.03, 日本栄養食糧学会西日本支部, 評議員.
2010.10~2011.11, 日本フードファクター学会, 理事.
2010.04~2012.03, 日本農芸化学会, 代議員.
2008.11~2009.11, 日本フードファクター学会, 評議員.
2004.10~2010.03, 日本食品免疫学会, 幹事.
2004.04~2010.03, 日本食品科学工学会西日本支部, 評議員.
1993.04~2010.02, 日本農芸化学会西日本支部, 評議員.
1999.04~2011.03, 日本動物細胞工学会, 評議員.
2001.04~2004.03, 日本栄養・食糧学会西日本支部, 幹事.
2001.04~2002.03, 日本農芸化学会, 若手の会世話人.
2001.04~2003.03, 日本農芸化学会, 代議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.26~2019.03.26, 日本農芸化学会2019年度大会 シンポジウム「食品機能を仲介するマイクロRNA・エクソソーム研究最前線」, シンポジスト.
2018.11.17~2018.11.17, 平成30年度日本栄養・食糧学会北海道支部、東北支部合同支部大会 公開シンポジウム「食品成分および栄養素センシングと生体応答」, シンポジスト.
2018.09.19~2018.09.20, 第23回日本フードファクター学会、第12回日本ポリフェノール学会、第15回日本カテキン学会合同学術集会 シンポジウム「茶の飲用を科学する」, シンポジスト.
2018.08.19~2018.08.20, 第16回レドックス・ライフイノベーションシンポジウム, シンポジスト.
2017.03.19~2017.03.21, 日本農芸化学会2017年度大会シンポジウム「伝統的発酵食品の生理機能の新展開」, シンポジスト.
2017.09.29~2017.09.30, International Symposium on Excellent Supply Strategy in The Food Industry, シンポジスト.
2018.12.07~2018.12.07, 2017年度生命科学系学会合同年次大会フォーラム, シンポジスト.
2018.11.28~2018.11.28, AOU研究会, 基調講演.
2018.11.10~2018.11.10, 日本食品免疫学会大会シンポジウム, シンポジスト.
2018.10.28~2018.10.28, 日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, シンポジスト.
2017.09.13~2017.09.13, 日本獣医学会学術集会, シンポジスト.
2017.07.28~2017.07.28, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部2017年度合同大阪大会 , シンポジスト.
2017.05.18~2017.05.21, 日本栄養・食糧学会大会, シンポジスト.
2017.05.18~2017.05.21, 日本栄養・食糧学会大会, 座長(Chairmanship).
2016.10.26~2016.10.26, 日本カテキン学会大会, 座長(Chairmanship).
2016.05.18~2016.05.18, 第26回西日本食品産業創造展’16, 座長(Chairmanship).
2016.05.13~2016.05.14, 日本栄養・食糧学会大会, 座長(Chairmanship).
2015.12.04~2015.12.04, 第12回日本カテキン学会年次学術大会, 座長(Chairmanship).
2015.12.02~2015.12.02, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会.
2016.03.28~2016.03.28, 日本農芸化学会2016年度大会シンポジウム.
2015.05.18~2015.05.18, 第26回西日本食品産業創造展’16, 座長(Chairmanship).
2015.05.29~2015.05.29, 日本農芸化学会西日本支部例会, 座長(Chairmanship).
2014.05.31~2014.05.31, 第68回日本栄養・食糧学会大会, 座長(Chairmanship).
2014.05.22~2014.05.22, 第24回西日本食品産業創造展’14, 座長(Chairmanship).
2014.08.21~2014.08.22, 第8回レドックス・ライフイノベーション第170委員会, 座長(Chairmanship).
2014.10.16~2014.10.17, 日本食品免疫学会, 座長(Chairmanship).
2014.11.08~2014.11.09, 日本フードファクター学会, 座長(Chairmanship).
2014.03.29~2014.03.29, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2013.11.11~2013.11.11, 日本フードファクター学会, 座長(Chairmanship).
2014.01.12~2014.01.12, 九州大学食品機能デザイン研究センターシンポジウム, 座長(Chairmanship).
2013.03.25~2013.03.25, 日本農芸化学会, オーガナイザー.
2013.02.09~2013.02.09, 九州大学食品機能デザイン研究センターシンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.11.25~2012.11.26, 日本食品免疫学会シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.05.20~2012.05.21, 第22回西日本食品産業創造展’12, 座長(Chairmanship).
2012.11.12~2012.11.12, 日本トコトリエノール研究会, 座長(Chairmanship).
2012.09.12~2012.07.12, 生物機能研究会, 座長(Chairmanship).
2012.05.20~2013.03.23, 日本栄養・食糧学会, 座長(Chairmanship).
2012.03.25~2012.03.25, 日本農芸化学会大会, 座長(Chairmanship).
2011.11.25~2011.11.26, 日本食品免疫学会シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2011.11.15~2011.11.15, 2011 Annual Conference on Nutraceuticals, Functional Foods and Dietary Supplements, 座長(Chairmanship).
2011.09.17~2011.09.17, 日本農芸化学会中四国・西日本支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2011.07.02~2011.07.02, 生物機能研究会, 座長(Chairmanship).
2011.05.20~2011.05.21, 第21回西日本食品産業創造展’11, 座長(Chairmanship).
2010.11.12~2010.11.12, 日本食品免疫学会産官学交流セミナー, 座長(Chairmanship).
2010.10.28~2010.10.28, The 4th International Conference on O-CHA (Tea) Culture and Science Symposium, 座長(Chairmanship).
2010.10.04~2010.10.04, 日本フードファクター学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2010.06.02~2010.06.02, 日本食品免疫学会大会, 座長(Chairmanship).
2010.05.23~2010.05.23, 日本栄養・食糧学会大会, 座長(Chairmanship).
2010.05.20~2010.05.20, 第20回西日本食品産業創造展, 座長(Chairmanship).
2010.03.27~2010.03.30, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2010.01.18~2010.01.18, 日本食品免疫学会次世代シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2009.11.16~2009.11.17, 日本フードファクター学会, 座長(Chairmanship).
2009.11.06~2009.11.07, 日本食品免疫学会, 座長(Chairmanship).
2009.10.31~2009.11.01, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養食糧学会九州沖縄支部、日本食品科学工学会西日本支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2009.05.21~2009.03.23, 日本栄養・食糧学会大会, 座長(Chairmanship).
2009.03.28~2009.03.28, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2008.03.02~2008.03.02, 日本食品科学工学会西日本支部大会, 座長(Chairmanship).
2008.11.18~2008.11.18, フードサイエンスフォーラム, 座長(Chairmanship).
2008.10.24~2008.10.24, 日本食品免疫学会, 世話人.
2008.06.25~2008.06.25, 第18回西日本食品産業創造展’08, 座長(Chairmanship).
2008.06.14~2008.06.14, 生物機能研究会, 世話人.
2008.05.14~2008.05.14, 日本食品免疫学会, 座長(Chairmanship).
2008.05~2009.05.20, 日本栄養・食糧学会, 座長(Chairmanship).
2007.10~2008.05.20, 日本食品免疫学会, 司会(Moderator).
2007.09~2008.05.20, 日本食品科学工学会, 座長(Chairmanship).
2006.09~2007.05.20, 日本栄養食糧学会, 座長(Chairmanship).
2006.10~2006.10.20, JAACT2006, 座長(Chairmanship).
2007.03~2007.05.20, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2004.03~2004.05.20, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2003.05~2003.05.20, 日本栄養・食糧学会, 座長(Chairmanship).
2017.03.19~2017.03.19, 日本農芸化学会2017年度大会シンポジウム, シンポジスト.
2016.09.25~2016.09.25, 日本生薬学会第63回年会シンポジウム, シンポジスト.
2016.11.11~2016.11.11, 第20回植物油栄養懇話会, シンポジスト.
2016.10.02~2016.10.02, 日本農芸化学会Visionaty農芸化学100シンポジウム, シンポジスト.
2016.09.29~2016.09.29, 第16回CBSM2016, シンポジスト.
2016.07.23~2016.07.23, 日本骨代謝学会 / 日本栄養・食糧学会合同シンポジウム, シンポジスト.
2016.07.13~2016.07.13, 宮崎ブルーベリー葉シンポジウム2016, シンポジスト.
2016.06.25~2016.06.25, 日本栄養・食糧学会大会中部支部大会シンポジウム, シンポジスト.
2016.03.28~2016.03.28, 日本農芸化学会2016年度大会, シンポジスト.
2015.12.12~2015.12.12, 第13 回日本機能性食品医用学会総会シンポジウム, シンポジスト.
2015.12.04~2015.12.05, 第12回日本カテキン学会年次学術大会, 大会委員長.
2015.12.03~2015.12.04, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会, シンポジスト.
2015.05.15~2015.05.15, 12th Asian Congress of Nutrition, シンポジスト.
2014.05.15~2014.05.15, バイオインダストリー協会講演会, 特別講演者.
2014.11.22~2014.11.22, 第11回日本カテキン学会年次学術大会, 特別講演者.
2014.12.12~2014.12.13, 第12 回日本機能性食品医用学会総会シンポジウム, シンポジスト.
2014.05.30~2014.05.30, 第68回日本栄養・食糧学会シンポジウム「植物性ポリフェノール研究の最前線」, シンポジウム企画ならびにシンポジスト.
2014.03.30~2014.03.30, 第21回農芸化学会Frontiersシンポジウム, シンポジスト.
2014.08.21~2014.08.22, 第8回レドックス・ライフイノベーション第170委員会, 大会世話人.
2013.06.28~2013.06.28, 第13回抗加齢医学会総会 会長特別企画, シンポジスト.
2013.05.31~2013.05.31, 日本農芸化学会西日本支部例会特別講演 , シンポジスト.
2014.01.12~2014.01.12, 九州大学食品機能デザイン研究センターシンポジウム, オーガナイザー.
2013.02.09~2013.02.09, 九州大学食品機能デザイン研究センターシンポジウム, オーガナイザー.
2012.11.25~2012.11.26, 日本食品免疫学会産官学セミナー, オーガナイザー.
2013.03.25~2013.03.25, 日本農芸化学会大会シンポジウム, シンポジスト, オーガナイザー.
2012.03.25~2012.03.25, 日本農芸化学会大会シンポジウム, シンポジスト, オーガナイザー.
2011.11.20~2011.11.23, International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF2011), シンポジスト.
2011.11.15~2011.11.15, 2011 Annual Conference on Nutraceuticals, Functional Foods and Dietary Supplements, シンポジスト、オーガナイザー.
2011.10.06~2011.10.06, 鹿児島県工業倶楽部法人設立20周年記念事業「免疫に関わる食材シンポジウム」, シンポジスト.
2011.09.27~2011.09.27, Workshop on Fuctional Foods in Daegu Hanny University, シンポジスト.
2011.09.16~2011.09.16, 日本農芸化学会西日本支部、中四国支部合同大会 シンポジウム「化学をツールに食品機能を斬る!」, シンポジスト.
2011.06.21~2011.06.21, 日本がん予防学会シンポジウム「がん予防戦略の最前線」, シンポジスト.
2011.05.15~2011.05.15, 日本栄養・食糧学会シンポジウム 「炎症と栄養の接点を探る」, シンポジスト.
2011.03.28~2011.03.28, 日本農芸化学会大会シンポジウム 「標的分子への結合から解き明かされる食品因子の新たな生理機能性」, シンポジスト.
2010.12.17~2010.12.17, Pacifichem2010 , シンポジスト.
2010.12.03~2010.12.03, 第27回臨床フリーラジカル会議 , シンポジスト.
2010.11.06~2010.11.06, 平成22年度日本ビタミン学会市民公開講座, シンポジスト.
2010.10.03~2010.10.03, 日本小児歯科学会九州地方会シンポジウム, シンポジスト.
2010.08.06~2011.08.06, 東海大学農学部セミナー, 特別講師.
2010.06.24~2010.06.25, 日本酸化ストレス学会シンポジウム , シンポジスト.
2010.06.16~2010.06.18, International symposium on Green Tea, The 77th Annual Meeting of Korean Society of Food Science and Technology, シンポジスト.
2010.05.19~2010.05.21, 第20回西日本食品産業創造展’10, シンポジスト.
2010.03.28~2010.03.28, 日本農芸化学会大会 シンポジウム , シンポジスト.
2010.03.09~2010.03.09, 機能性食品研究の課題と研究戦略ワークショップ, シンポジスト.
2010.01.18~2010.01.18, 日本食品免疫学会次世代シンポジウム, シンポジスト.
2010.01.14~2010.01.14, 九州大学歯学部小児口腔医学特別講義, 招待講演.
2009.12.09~2009.12.09, 愛媛大学特別講演, シンポジスト.
2009.11.14~2009.11.14, 日本トコトリエノール研究会 , シンポジスト.
2009.10.30~2009.10.30, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養食糧学会九州沖縄支部、日本食品科学工学会西日本支部合同大会「食の健全性と健康長寿」 , シンポジスト.
2009.09.09~2009.09.09, 日本カテキン学会「緑茶カテキンのケミカルバイオロジー」 , 基調講演 .
2009.05.21~2009.05.21, 日本栄養・食糧学会大会ランチョンセミナー 「食品因子の機能性とその標的分子」 , 講演者.
2009.03.28~2009.03.28, 日本農芸化学会大会シンポジウム 「フードケミカルバイオロジー:食品成分の生体応答分子機構からみえてくる生命現象」 , 世話人およびシンポジスト.
2008.06.14~2008.06.14, 生物機能研究会, 世話人.
2008.11.28~2008.11.28, 平成20年度農研機構シンポジウム 「茶の新規機能を利用した茶産地活性化への展開」 , シンポジスト.
2008.10.25~2008.10.25, 平成20年度栄養情報担当者(NR)研修会, 講師.
2008.10.24~2008.10.25, 日本食品免疫学会産官学セミナー, シンポジストおよび企画幹事.
2008.08.22~2008.08.22, 日本カテキン学会, シンポジスト.
2008.06.24~2008.06.25, 第18回西日本食品産業創造展’08, 講師および企画.
2008.04~2009.05.20, 日本小児東洋医学会, シンポジスト.
2008.03~2008.05.20, 日本薬理学会年会, シンポジスト.
2008.03~2008.05.20, 日本農芸化学会大会, シンポジスト.
2008.02~2008.05.20, 宇治茶健康フォーラム, シンポジスト.
2007.11~2007.11.20, 3rd International Conference on Polyphenols and Health, シンポジスト.
2007.09~2008.05.20, 日本食品科学工学会, 若手の会代表世話人.
2007.09~2008.05.20, 日本食品科学工学会大会, 講師.
2008.07~2009.05.20, 日本カテキン学会, シンポジスト.
2007.07~2007.07.20, 国際粘膜免疫学会日本食品免疫学会合同国際シンポジウム, シンポジスト.
2007.05~2007.05.20, 日本栄養食糧学会, シンポジスト.
2007.03~2007.05.20, 日本農芸化学会, シンポジウム座長.
2006.03~2006.05.20, 日本農芸化学会, シンポジウムオーガナイザー.
2003.05~2004.05.20, 日本栄養・食糧学会大会, 実行委員.
1991.05~1991.05.20, JAACT91, 庶務.
1998.04~1998.05.20, 日本農芸化学会若手シンポジウム, 代表.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2018.10, 茶ポリフェノールの生理機能と応用展開, 国内, 編集委員長.
2015.03~2021.03, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 国内, 編集委員.
2015.03~2019.03, 食品因子による栄養機能制御, 国内, 編集委員.
2015.03~2019.03, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 国内, 編集委員.
2011.10~2020.04, Bioscience of Microbiota, Food and Health, 国内, 編集委員.
1996.04~1998.03, バイオサイエンスとインダストリー, 国内, .
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度 15  15 
2017年度 19  19 
2016年度 21  21 
2015年度 12  12 
2014年度
2013年度 11  11 
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度 10 
2006年度    
2005年度 11      14 
2004年度    
2003年度     11 
2002年度     12 
2001年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Konkuk University, Korea, 2015.11~2015.11.
Korea Atomic Energy Research Institute, Sunchon University, Japan, 2013.11~2013.11.
Konkuk University, Korea, 2014.02~2013.02.
2012 Annual Conference & Exhibition Functional Foods, Nutraceuticals, Natural Health Products and Dietary Supplements, UnitedStatesofAmerica, 2012.01~2012.07.
Konkuk University, Daegu Hanny University, Korea, 2011.07~2011.07.
Konkuk University, Korea, 2010.06~2010.06.
The 77th Annual Meeting of Korean Society of Food Science and Technology, Korea, 2010.06~2010.06.
Pacifichem2010, UnitedStatesofAmerica, 2010.12~2010.12.
Korea Atomic Energy Research Institute, Dong A University, Sunchon University, Japan, 2008.03~2008.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2019.04~2020.03, 1ヶ月以上, Korea, .
2018.10~2019.03, 1ヶ月以上, China, .
2017.10~2018.03, 1ヶ月以上, China, .
2013.02~2014.02, 1ヶ月以上, Korea, .
2012.04~2012.09, 1ヶ月以上, Korea, .
2011.04~2011.09, 1ヶ月以上, Korea, .
2007.01~2007.01, 2週間以上1ヶ月未満, Sunchon Univetsity, Korea, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2004.08~2004.09, 2週間以上1ヶ月未満, Konkuk University, Korea, .
受賞
日本栄養・食糧学会賞, 日本栄養・食糧学会, 2019.05.
平成29年度飯島藤十郎食品科学賞, 飯島藤十郎記念食品科学振興財団, 2018.04.
九州大学農学研究院賞, 九州大学農学研究院, 2018.02.
科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門), 文部科学省, 2017.04.
Hot Topics Award at Annual Meeting of JSBBA 2017, 日本農芸化学会, 2017.03.
Hot Topics Award at Annual Meeting of JSBBA 2017, 日本農芸化学会, 2017.03.
第21回安藤百福賞優秀賞, 安藤スポーツ・食文化振興財団食創会, 2017.03.
HK創造性開発賞最優秀賞, 九州大学農学部, 2017.02.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2016.11.
第一回食品免疫産業賞, 日本食品免疫学会, 2016.11.
農芸化学技術賞, 日本農芸化学会, 2016.03.
Hot Topics Award at Annual Meeting of JSBBA 2015, 日本農芸化学会, 2015.03.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2015.11.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2014.11.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2013.11.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2012.11.
O-CHAパイオニア賞学術研究大賞, 世界緑茶協会, 2012.11.
平成23年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2011.11.
日本食品免疫学会学会賞, 日本食品免疫学会, 2010.06.
HK創造性開発賞最優秀賞, 九州大学農学部, 2009.03.
農学研究院賞, 九州大学農学部, 2006.07.
日本学術振興会賞, 日本学術振興会, 2006.03.
ICOS2004 Outstanding Poster Award, 国際O-CHA学術会議2004, 2004.11.
日本農学進歩賞, 日本農学会, 2004.11.
農芸化学奨励賞, 日本農芸化学会, 1998.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2020年度, 基盤研究(A), 代表, 食品因子センシングの機能性RNAによる制御.
2010年度~2014年度, 基盤研究(S), 代表, 分子疫学とケミカルバイオロジーを駆動力とする食品因子感知システムの解明.
2010年度~2013年度, 基盤研究(A), 代表, ケミカルバイオロジーと分子疫学的解析に基づく機能性食品因子感知システムの解明.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, ニュートリメタボロミクスを切り拓く高精度質量分析システムの開発.
2006年度~2009年度, 基盤研究(A), 代表, 緑茶カテキン受容体を介したカテキンの機能性発現とシグナリングの統合解析.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 「テーラーメード型花粉症対策食設計のための基盤解析」.
2003年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, 抗体軽鎖遺伝子発現シフト現象を利用したヒト型抗体酵素創製系の確立.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2022年度, 戦略的イノベーション創造プログラム, 分担, 食を通じた健康システムの確立による健康寿命の延伸への貢献.
2014年度~2016年度, 革新的技術創造促進事業(異文野融合共同研究), 代表, 世界の健康に貢献する日本食の科学的・多面的検証「健康長寿地域住民の食品因子感知力に基づいた食品摂取パターンの評価」
.
2013年度~2015年度, 農林水産省機能性を持つ農林水産物・食品開発プロジェクト, 分担, 脂質代謝改善効果を持つ高カテキン緑茶及びその加工品の開発
.
2013年度~2013年度, 農林水産省新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業, 代表, 個人に適した効果的な摂取条件等を特定する手法の開発及び摂取条件等を普及するためのモデル体制の構築(茶)
.
2010年度~2010年度, 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品・農産物の表示の信頼性確保と機能性解析のための基盤技術の開発, 分担, 生活習慣病予防に資する茶成分の機能性評価のための分子的基盤の確立
.
2010年度~2011年度, 農林水産省新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 , 分担, 緑茶のもつ生活習慣病改善効果の検証と効果的な摂取を可能にする新食品の開発.
2008年度~2010年度, イノベーション創出基礎的研究推進事業(発展型), 代表, 抗疲労・ストレス茶成分の作用機構の解明とその分子的基盤の確立.
2007年度~2009年度, 安全で信頼性、機能性が高い食品・農産物供給のための評価・管理技術の開発, 代表, 生活習慣病予防に資する茶成分の機能性評価のための分子的基盤の確立.
2006年度~2008年度, 研究拠点形成費補助金(グローバルCOE) (文部科学省), 代表, 大豆成分の抗アレルギー性発現に関与する標的分子に関する研究.
2006年度~2007年度, , 代表, 緑茶カテキンシグナリングの解明とそれに基づいた疾病予防食の開発.
2005年度~2005年度, , 代表, 高親和性IgE受容体を標的とした抗アレルギー性大豆成分に関する研究.
2004年度~2004年度, , 代表, 高親和性IgE受容体発現を抑制する天然物の作用機構と抗アレルギー作用の検証.
2003年度~2003年度, , 代表, 高親和性IgE受容体を標的とした抗アレルギー性天然物に関する研究.
2002年度~2003年度, , 代表, 高親和性IgE受容体を標的とした抗アレルギー性大豆成分に関する研究.
2002年度~2003年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 分担, ヒト細胞を用いた次世代型高機能タンパク質生産システムの開発.
2001年度~2005年度, 生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業, 分担, 茶の抗アレルギー作用を利用した食品の開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2014.04, 代表, 「べにふうき」の免疫調節作用

.
2013.04, 代表, 高アントシアニン茶品種「サンルージュ」の機能解析
.
2013.04~2015.03, 代表, 茶カテキン代謝物の抗アレルギー活性および免疫賦活活性評価.
2012.04~2014.03, 代表, 「べにふうき」の脂質代謝改善作用のメカニズム解明
.
2013.12~2015.03, 代表, 高アントシアニン茶品種「サンルージュ」の機能解析
.
2013.12~2015.11, 代表, カテキン代謝物の機能性研究
.
2010.04~2012.09, 代表, べにふうき緑茶の機能性研究
.
2010.10~2012.09, 代表, DNAマイクロアレイによる食品機能性の新規評価手法開発
.
2010.04~2011.03, 代表, トコトリエノールの機能性研究
.
2010.06~2010.09, 代表, 血糖値上昇を抑制する植物抽出物の活性測定.
2010.04~2011.03, 代表, べにふうき」のコレステロール代謝に及ぼすメカニズム解明.
2010.10~2011.09, 代表, DNAマイクロアレイによる食品機能性の新規評価手法開発
.
2010.04~2011.03, 代表, 緑茶由来抽出物の新規作用.
2009.07~2010.06, 代表, 67kDaラミニンレセプターの機能解析.
2009.04~2010.03, 代表, 緑茶由来抽出物の新規作用.
2009.04~2010.03, 代表, DNAマイクロアレイによる食品機能性の新規評価手法開発.
2009.04~2010.03, 代表, レモングラスの機能性に関する共同研究
.
2009.04~2010.03, 代表, 生活習慣病予防に資する茶成分の機能性評価のための分子的基盤の確立.
2008.12~2009.03, 代表, カテキンの機能性研究.
2008.10~2009.09, 代表, DNAマイクロアレイによる食品機能性の新規評価手法開発.
2008.04~2009.03, 代表, 熊本県産白甘藷シモンの機能性食品素材開発研究-抗アレルギー作用.
2008.06~2009.06, 代表, 67LRの機能性研究.
2007.07~2008.03, 代表, 花粉症対策型食品素材の開発.
寄附金の受入状況
2015年度, 日本製紙, 食糧化学研究資金.
2015年度, ヴェントゥーノ, 食糧化学研究資金.
2014年度, ヴェントゥーノ, 食糧化学研究資金.
2014年度, 日本製紙, 食糧化学研究資金.
2014年度, 不二たん白質研究財団, 食糧化学研究資金.
2014年度, 日本骨髄腫財団, 食糧化学研究資金.
2013年度, 日本製紙, 食糧化学研究資金.
2013年度, 日本製紙, 食糧化学研究資金.
2013年度, 公益財団法人 飯島記念食品科学振興財団 .
2012年度, 公益財団法人 浦上食品・食文化振興財団.
2012年度, 不二製油, 不二たん白質研究振興財団.
2010年度, 不二製油, 不二たん白質研究振興財団.
2009年度, 山田養蜂場 , 食糧化学研究資金.
2008年度, HK創造性開発研究資金, HK創造性開発賞最優秀賞賞金.
2008年度, 熊本製粉, 機能性食品素材開発研究.
2008年度, 旗影会, 食品機能性研究.
2007年度, 京都府茶業会議所, 茶カテキンの抗メタボリックシンドローム作用.
2007年度, エーザイフードケミカル, トコトリエノールの機能性研究.
2006年度, 不二たん白質研究財団.
2006年度, 稲盛財団.
2005年度, 不二たん白質研究財団.
2004年度, 漢方医薬研究振興財団.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」