九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
松元 賢(まつもと まさる) データ更新日:2018.06.11



主な研究テーマ
浄水汚泥を利用した高機能土壌の開発に関する研究
キーワード:浄水汚泥 紙質 リサイクル
2016.05~2018.03.
日本在来種を利用した新規アスパラガス病害抵抗性品種の育種
キーワード:ハマタマボウキ、アスパラガス、茎枯病菌
2015.06~2018.03.
製紙スラッジの低温発酵メカニズムの解明とリサイクル技術の開発
キーワード:製紙スラッジ、低温発酵、非焼却系
2014.04~2016.03.
ツバキ花腐菌核病菌の我が国での発生状況と耐病性ツバキ品種の開発
キーワード:ツバキ花腐菌核病菌
2013.05~2014.05.
イネ科作物病害のブレークスルー現象の解明に関する研究
キーワード:稲作病害
2012.04~2013.03.
PSI製紙スラッジの非焼却系リサイクル技術の確立
キーワード:製紙スラッジ 非焼却系
2012.03~2014.12.
植物由来の抗菌活性物質の探索および利用に関する研究
キーワード:植物農薬 抗菌成分
2012.04~2013.03.
インドシナ半島におけるイネ紋枯病原因菌の系統進化に関する研究
キーワード:イネ紋枯病原因菌
2010.04~2011.03.
香草植物・香辛料を利用した難土壌植物病害の防除法開発
キーワード:土壌病害 生物防除 抗菌植物
2010.04~2012.03.
リゾクトニア属菌の系統進化に関する研究
キーワード:系統分類 発生生態
2008.04~2009.10.
ベイトトラップ法を応用した土壌病原菌類の迅速検出・早期診断法の開発
キーワード:土壌病原菌
2008.04~2009.03.
「健康な土」を微生物で定義するための微生物生態学的研究
キーワード:健康な土 微生物 生態学
2006.04~2007.03.
植物ベイトトラップ法を応用した化学診断法の開発
キーワード:微生物 土壌 診断 化学分析
2006.04~2007.03.
植物ベイティングによるリゾクトニア属菌の迅速分離および簡易同定
香草植物に寄生する腐生性菌類の病原機構の解明
香草植物の殺菌・制菌作用を利用した土壌病害の防除
キーワード:香草植物
2004.03.
菌体脂肪酸分析による植物病原菌類の迅速同定および化学分類
PCR-TGGE法によるリゾクトニア属菌の土壌からの直接検出
キーワード:菌体脂肪酸分析
2000.03~2004.03.
分子生物学的手法によるリゾクトニア属菌の分子同定および系統解析
脂肪酸分析に基づくリゾクトニア属菌の早期診断システムの開発
キーワード:分子解析
1998.04~2000.03.
従事しているプロジェクト研究
浄水汚泥を利用した高機能土壌培土作成に関する研究会
2016.05~2018.03, 代表者:松元 賢, 九州大学熱帯農学研究センター, 福岡県リサイクル総合研究事業化センター(日本).
アスパラガス品種育成プロジェクト
2015.06~2018.03, 代表者:浦上敦子, (独)農業・食品産業技術総合研究所, 日本
アスパラガスの茎枯病は、西南暖地の露地産地を壊滅状態に追い込んだ難防除病害である。しかし、アスパラガス種内には抵抗性がなく、薬剤防除を中心に総合的な防除対策を講じているが不十分である。そこでこれらの問題を解決するため、申請者らが作出した茎枯病抵抗性を持つ野生種との雑種後代を利用して、アスパラガスの抵抗性系統を育成するとともに、抵抗性マーカーを検索し短期育種技術を開発する。.
PSI製紙スラッジのリサイクル資源としての利用プロジェクト
2012.04~2015.03, 代表者:福岡県リサイクルセンター, 福岡県, コトブキ製紙
大石物産
九州大学農学部
九州大学熱帯農学研究センター
PSI製紙スラッジは現在焼却により廃棄されているが、二酸化炭素排出削減等のエコロジーの観点から、非燃焼系リサイクルシステムの確立が望まれる。本研究プロジェクトはPSI製紙スラッジを利用した農業利用のための商品開発プロジェクトである。.
東南アジアにおけるヒ素遊離に影響する土壌微生物の関係解明プロジェクト
2010.12~2011.12, 代表者:アジアヒ素ネットワーク, アジアヒ素ネットワーク, アジアヒ素ネットワーク(日本).
土壌病害のモデリングに関する研究プロジェクト
2011.05~2011.05, 代表者:松元賢, 九州大学.
南方系リゾクトニア菌類の系統進化学的研究
2010.01~2014.01, 代表者:C. S. Mulli, Insituite of Microoraganism Research (IMR), British
リゾクトニ菌類の腐生性から寄生性への進化の過程を分子遺伝学的手法により解析する.
熱帯複合農業地域における水媒型環境負荷メカニズムの解明
2008.04~2010.03, 代表者:福田信二, 九州大学.
イタドリの生物的防除に関する研究
2006.04~2010.12, 代表者:高木正見, 九州大学農学研究院, イギリス
イタドリの生物的防除.
インドシナ半島における難防除土壌病害の生物的防除法の開発
2001.03~2004.03, 代表者:緒方一夫, 九州大学熱帯農学研究センター, 日本
香草植物を適用した土壌中における病原体の菌種および菌密度と病害発生との関連性について調査している。具体的には,香草植物の付着阻害効果を組織学的観察(研究計画1と関連)より明らかにし,抗菌・殺菌物質の土壌病原体に及ぼす影響を分子生物学的手法(研究計画3と関連)より明確にする予定である。.
ベトナム北部地域における多発性植物病害の遺伝子診断技術開発
2000.10~2001.03, 代表者:松元 賢, 九州大学熱帯農学研究センター, 日本
ベトナム北部はインドシナ半島を代表する農作物栽培地帯であり,防除困難な作物病害の多発地域である。そのため,土壌病原体の分類や検出に関する研究をベースとして,直接PCR法やPCR-TGGE法による多発性植物病害の迅速検出および早期診断を可能にする遺伝子診断技術の開発を行った。.
研究業績
主要原著論文
1. Seok-Gon PARK and Masaru Matsumoto, A Study on the Effects of Light Conditions on the Longevity and Characteristics of Daphniphyllum macropodum Leaves, J. Fac. Agr. Kyushu Univ., 63, 1, 15-19, 2018.01.
2. S. G. Park, M. Matsumoto, A study of the leaf phenology and thermonastic leaf movement of Daphniphyllum macropodum., Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University, 2, 329-335, 2017.11.
3. M. H. Yi, S. G. Park, M. Matsumoto, Comparison of the Composition, Population Density, and Diversity of the Soil Seed Bank and Standing Vegetation in Deciduous and Coniferous Forests in Korea, JOURNAL OF THE FACULTY OF AGRICULTURE KYUSHU UNIVERSITY, 62, 2, 323-328, 2017.09.
4. Takeuchi, Y., E. Kakizoe, R. Yoritomi, M. Iwato, A. Kanno, T. Ikeuchi, M. Mori, K. Murakami, A. Uragami, M. Matsumoto, J. Masuda, K. Sakai, Y. Ozaki, Features in stem blight resistance confirmed in interspecific hybrids of Asparagus officinalis L. and A. kiusianus Makino., Hort. J., 10.2503/hortj.OKD-104, 87, 2, 200-205, 2018.01.
5. M. Zaw, T. A. A. Naing, M. Matsumoto., First report of stem blight of asparagus caused by Phomopsis asparagi in Myanmar., New Disease Reports., 2017.06.
6. H. W. W. Kyaw, K. Tsuchiya, M. Matsumoto, K. Iiyama, S. S. Aye, M. Zaw, D. Kurose, M. Horita, N. Furuya, Genetic diversity of Ralstonia solanacearum strains causing bacterial wilt of solanaceous crops in Myanmar, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, 10.1007/s10327-017-0720-0, 83, 4, 216-225, 2017.07.
7. M. Abdelrahman, N. Suzumura, M. Mitoma, S. Matsuo, T. Ikeuchi, M. Mori, K. Murakami, Y. Ozaki, M. Matsumoto, A. Uragami, A. Kanno, Comparative de novo transcriptome profiles in Asparagus officinalis and A. kiusianus during the early stage of Phomopsis asparagi infection, SCIENTIFIC REPORTS, 10.1038/s41598-017-02566-7, 7, 1-14, 2017.06.
8. M. Zaw, S. S. Aye, M. Matsumoto, Genetic characteristics of Pyricularia grisea and their pathotypes in Myanmar, Bulletin of Institute of Tropical Agriculture, Kyushu University, 10.3390/i. jerphl3111091, 39, 103-111, 2016.12.
9. Matsumoto Masaru, Ha Viet Cuong, GENETIC CHARACTERIZATION OF THE RICE SHEATH BLIGHT PATHOGEN RHIZOCTONIA SOLANI AG1-IA IN NORTH VIETNAM BY REP-PCR AND SEQUENCE ANALYSIS, Journal of Plant Pathology, 96, 2, 377-380, 2014.01, Representative isolates of Rhizoctonia solani AG1-IA
associated with rice sheath blight obtained from North
Vietnam were characterized using rep-PCR fingerprinting
and ITS-5.8S rDNA sequencing. For rep-PCR assays primers
ERIC2 and BOXA1R were used. Sequences of these
isolates were aligned with other known R. solani sequences
from the GenBank. Rep-PCR analysis revealed that two
genotypes (Rep-Vet1 and Rep-Vet2) were present based
on the fingerprinting dendrograms having the similarity
coefficient score at 75% differentiation. The two clonal
populations were scattered and had different geographical
localizations in North Vietnam..
10. Matsumoto Masaru, Myo Zaw, Seint San Aye, Modification of plant bait technique for direct diagnosis for Rhizoctonia rice pathogens from Myanmar paddy field soils, Archives of Phytopathology and Plant Protection, .org/10.1080/03235408.2016.1140562, 2016.01, [URL], A modified baiting technique was conducted for selective isolation, fungal DNA
diagnosis and fungal cell lipid assay derived from Myanmar isolates of Rhizoctonia
spp., causal agents of rice sheath diseases by trapping selective plant stem segments.
Bait plant materials of rice, mat rush and cotton were successfully used to isolate R.
solani AG1-IA, R. oryzae and R. oryzae-sativae. Moreover, the three plant materials
were also effectively used to detect genomic DNA derived from all Rhizoctonia spp.
obtained from Myanmar. Rice segment was the most successful materials for
detection of fungal cell lipids including palmitic, stearic and linoleic acids. The
results of this experiment demonstrate that bait plant materials of rice, mat rush and
cotton were the best useful tools for not only direct isolation, but also fungal DNA
diagnosis and cell lipid assay of Myanmar soil environmental conditions.
11. M. Iwato, M. Kozawa, Y. Takeuchi, M. Matsumoto, M. Inada, Y. Ozaki, H. Okubo, Stem blight resistance of Asparagus kiusianus and its hybrid with A. officinalis., 28, 4, 202-207, 2014.12.
12. Yiping Xie, Matsumoto Masaru, Kiyoshi Kurosawa, Physicochemical Properties of Plant Growing Medium Comprising Water Treatment Residuals Amended with Composted Park, 4, 1, 80-86, 2014.09, The physicochemical properties were measured formedium comprising water treatment residuals
(WTR) amended with composted bark (two different volume ratios of WTR to composted bark) one
month after creation, in orderto determine its suitability for plant growing purposes. Compared to the
WTR alone, the WTR + bark medium exhibited similar neutral pH and a redox potential (Eh)
indicating aerobic conditions, higher electrical conductivity (EC), cation exchange capacity (CEC),
and total carbon (C) and nitrogen (N) concentrations, and lower phosphate (P) absorption
coefficients and available manganese (Mn) concentrations. Comparing to the theoretical baseline
medium immediately after creation, the WTR + bark medium, after a one-month incubation,
exhibited a decline in available Mn, total C, and total N concentrations and an increase in CEC and
P-absorption coefficients. These changes may be attributable not only to the introduction of
composted bark but, also, to the increase in aerobicmicrobial activityor some factor by incubation..
13. Matsumoto Masaru, Distribution analysis of population structures for Rhizoctonia solani AG-1 IA in Japanese paddy field, using rep-PCR assay., Archives of Phytopathology and Plant Protection, 47, 1082-1088, 2014.03.
14. M. Matsumoto, Aye S. S., Phenotypic variation of Rhizoctonia oryzae in sheath disease of rice in Myanmar., Archives of Phytopathology and Plant Protection, 47, 789-784, 2014.01.
15. Seint San Aye, Matsumoto Masaru, Characterisation of antagonistic soil microbes against Rhizoctonia spp. and Sclerotium hydrophilum., Archives of Phytopathology and Plant Protection, 10.1080/03235408.2012.729421, 45, 2465-2473, 2012.10.
16. Seint San Aye, Masaru Matsumoto, Pathogenicity and symptom expressions of Rhizoctonia solani, R. oryzae and R. oryzae-sativae to
some commercial cultivars of rice in Myanmar, Archives of Phytopathology and Plant Protection, 10.1080/03235408.2012.720461, 45, 1991-1996, 2012.06.
17. Aye S. S. and Matsumoto M., Effect of some plant extracts on Rhizoctonia spp. and Sclerotium
hydrophilum
, Journal of Medicinal Plants Research, 16, 2, 3571-3577, 2011.09.
18. Matsumoto M. and Aye S. S., Chemotaxonomic characterization of fungal genera, causal pathogens of rice seedling diseases, using fatty acid analysis., Bull. Inst. Trop. Agr., Kyushu Univ., 34, 1, 77-91, 2011.12.
19. Aye S. S. and Matsumoto M., Genetic diversity of the causal agents of rice sheath diseases in Myanmar and the grouping of Rhizoctonia solani from some rice growing countries., Bull. Inst. Trop. Agr., Kyushu Univ., 34, 1, 1-14, 2011.12.
20. S. S. Aye, M. Matsumoto., Phylogenetic repationships of causal agents of sheath diseases of rice in Myanmar. , Archive of Phytopathology and Plant Protection., 44, 1, 67–77, 2011.01.
21. Ha Viet Cuong, Nguyen Viet Hai, Vu Trieu Ma and Masaru Matsumoto, Rice dwarf disease in North Vietnam in 2009 is caused by southern rice black-streaked dwarf virus (SRBSDV), Institute of Tropical Agriculture, Kyushu University, 32, 85-92, 2009.12.
22. Matsumoto Masaru, Genetic characterization by rep- PCR of Myanmar isolates of Rhizoctonia spp., causal agents of rice sheath disease, Journal of Plant Pathology , 92, 257-262, 2010.01.
23. S. S. Aye, Y. Y. Myint, T. Lwin, and M. Matsumoto., First report of Rhizoctonia oryzae, causal agent of bordered sheath spot of rice in Myanmar., Plant pathology, 59, 412-412, 2010.01.
24. S. S. Aye, Y. Y. Myint, T. Lwin, and M. Matsumoto, Rhizoctonia oryzae-sativae, causal agent of aggregate sheath spot disease of rice in Myanmar, Plant pathology, 58, 1173-1173, 2009.12.
25. S. S. Aye, Y. Y. Myint YY, T. Lwin, and M. Matsumoto, Stem rot of rice caused by Sclerotium hydrophilum isolated in Myanmar., Plant Pathology,, 58, 712-712, 2009.10.
26. Seint S A, S. Fukuda and M. Matsumoto, Chemotaxonomic characterization of rice seedling blight complex using fatty acid methyl ester (FAME) profiles., Mycoscience, 49:373–378, 2008.12.
27. S. S. Aye, Y. Y. Myint, T. Lwin and M. Matsumoto, Isolation, Identification and Preservation of Rhizoctonia spp. from sheath spot diseases of Rice from Myanmar, Bull. Inst. Trop. Agr. Kyushu Univ, 31: 31-38, 2008.12.
28. Matsumoto M, Chemotaxonomic characterization of fungal genera, causal pathogens of rice seedling diseases, using fatty acid analysis, The 4th Internal Joint Sympodium between Japan and Korea, 65-80, 2007.11.
29. Kurose, D.,Furuya N., Matsumoto M., Inoue Y., Shaw R. H., Djeddour D H., Evans H C, and Takagi M, Biological control of Japanese Knotweed in Europe using Phytopathologenic Fungi (IV) Evaluation of Rust and Leafspot Fungi as Biological Control Agents and Effect of Endopytic Fungi on Leafspot Disease Occurrence in Fallopisa japonica, Jpn J. Phytopathol, 262, 2007.08.
30. M. Matsumoto, T, Yoshida, Characterization of isolates of binucleate Rhizoctonia spp. associated with strawberry black root complex using fatty acid methyl ester (FAME) profiles. , J. General Plant Pathology, 72:5 318-322, 2006.11.
31. Matsumoto M, Seint S A, K Ogata, Characterization of Rhizoctonia-like ecdophytes from wormwood (Artemisia capillaries) roots using whole-cellular fatty acid analysis., Bull. Inst. Trop. Agr. Kyushu Univ. , 2006.10.
32. M. Matsumoto, Comparison of two fatty acid analysis protocols to characterize and differentiate Fusarium oxysporum f. sp. lycopersici and F. oxysporum f. sp. radicis-lycopersici., Mycoscience, 47 190-197, 2006.07.
33. M. Matsumoto, Comparison of fatty acid methyl ester of Fusarium spp. obtained from field soils using plant baits technique., Bul. Inst. Trop. Agr. Kyushu Univ. , 28:33-40, 2005.10.
34. M. Matsumoto, Analysis of whole cellular fatty acids and anastomosis relationships of binucleate Rhizoctonia spp. associated with Ceratobasidium cornigerum, Mycoscience, 46: 319-324, 2005.09.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 松元賢, 植物ベイティング法を応用した土壌診断法の開発, 科研費報告書, 2007.03.
主要学会発表等
1. Ahmed Minhaz, Masaru Matsumoto, Kiyoshi Kurosawa, Assessment of heavy metal pollution in irrigation water, soils and vegetables in central zone of Bangladesh., International Forum on Arsenic Contamination of Groundwater in Asia, 2017.10.
2. Kanno, A., M. Abdelrahman, N. Suzumura, M. Mitoma, S. Matsuo, T. Ikeuchi, M. Mori, K. Murakami, Y. Ozaki, Matsumoto Masaru, A. Uragami, Comparative analysis of de novo transcriptome profiling of Asparagus officinalis and A. kiusianus during the early phase of Phomopsis asparagi infection, XIVth International Asparagus Symposium, 2017.09.
3. Myo Zaw, Seint San Aye, Le Dinh Thao and Masaru Matsumoto, Plant Growth Promotion of Trichoderma virens on Some Vegetables and Its Disease Suppression on Fusarium Wilt of Tomato., AFELiSA 2017 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences in Asia, 2017.11.
4. Thao Le Dinh, Myo Zaw, Yukio Ozaki, Masaru Matsumoto, Genetic diversity and pathogenicity of Phomopsis asparagi obtained from Asparagus kiusianus and A. officinalis in Kyushu island., AFELiSA 2017 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences in Asia, 2017.11.
5. Htet Wai Wai Kyaw, Masaru Matsumoto , Kazuhiro Iiyama, Mitsuo Horita, Kenichi Tsuchiya, and Naruto Furuya, Characterization of Ralstonia solanacearum strains causing bacterial wilt of solanaceous crops in Myanmar., AFELiSA 2017 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences in Asia, 2017.11.
6. 竹内 陽子, 柿添 絵美香, 岩戸 美由紀, 増田 順一郎, 菅野 明, 池内 隆夫, 森 充隆, 村上 恭子, 松元 賢, 浦上 敦子, 松石 貴裕, 冨吉 啓太, 尾崎 行生, dCAPS法によるアスパラガスとハマタマボウキの葉緑体DNA多型の検出, 平成29年度園芸学会春季大会, 2017.03.
7. 山根 南, Thao, L. D., 池内 隆夫, 森 充隆, 村上 恭子, 浦上 敦子, 菅野 明, 尾崎 行生, 古屋 成人, 松元 賢, Phomopsis属菌の病斑形成と酵素活性との関連性, 平成29年度日本植物病理学会大会, 2017.04.
8. 大迫佳奈, Thao LD, Myo Z, 飯山和弘, 尾崎 行生, 古屋 成人, 松元 賢, アスパラガス属野生種の一種であるハマタマボウキから分離されたNeopestalotiopsis clavisporaによる新病害について, 平成29年度日本植物病理学会大会, 2017.04.
9. Myo Z., Seint S. A., Matsumoto M., Morphology and genetic characterization of Phomopsis asparagi, causal organism of stem blight of asparagus in Myanmar., PSJ Annual Meeting 2017, 2017.04.
10. Thao L. D., Ikeuchi T., Mori M., Murakami K., Kanno A., Uragami A., Ozaki Y., Matsumoto M., Molecular phylogenetic analysis and taxonomy of the genus Diaporthe (Phomopsis) from Asparagus kiusianus, PSJ Annual Meeting 2017, 2017.04.
11. Kyaw, H. W. W., Matsumoto Masaru, Kurose D, Kazuhiro Iiyama, Horita, M, Tsuchiya, K, Furuya Naruto,, Genetic diversity of Myanmar strains of Ralstonia solanacearum, PSJ Annual Meeting 2017, 2017.04.
12. 谷 沙世, 入江 沙織, 大貫正俊, 佐藤豊三, 松元 賢, 飯山和弘, 黒瀬大介, 土屋健一, 古屋 成人, Pseudomonas cichorii によるツルマメ褐斑細菌病(新称), 日本植物病理学会大会, 2017.04.
13. 菊原賢次, 飯山和弘, 松元賢, 古屋成人, 福岡県で採取されたナシ黒星病菌におけるDMI剤感受性の低下, 第68回講演会および第41回シンポジウム, 2017.11.
14. 土屋健一,Htet Wai Wai Kyaw,黒瀬大介,中村友香,森田泰彰,矢野和孝,安次富厚,大城 篤,堀田光生,松元 賢,飯山和弘,古屋成人, 九州で発生したショウガ科植物青枯病と病原細菌の系統解析, 第68回講演会および第41回シンポジウム, 2017.11.
15. 彭素, ミョーゾー, 松元 賢, 製紙スラッジから分離されたセルロース分解糸状菌の性状解析とその特性について, 日本熱帯農業学会, 2016.10.
16. 竹内 陽子, 柿添 絵美香, 岩戸 美由紀, 増田 順一郎, 菅野 明, 池内 隆夫, 森 充隆, 村上 恭子, 松元 賢, 浦上 敦子, 松石 貴裕, 冨吉 啓太, 尾崎 行生, dCAPS法によるアスパラガスとハマタマボウキの葉緑体DNA多型の検出, 平成29年度園芸学会春季大会, 2017.03.
17. 中楯 知沙, 浦上 敦子, 菅野 明, 池内 隆夫, 増田 順一郎, 柿添 絵美香, 松元 賢, 松石 貴裕, 冨吉 啓太, 尾崎 行生, ABA阻害剤処理によるアスパラガス近縁種ハマタマボウキの種子発芽促進, 平成28年度園芸学会春季大会, 2016.03.
18. 池内 隆夫, 尾崎 行生, 松元 賢, 菅野 明, 浦上 敦子, アスパラガスとハマタマボウキとの種間交雑後代における生育特性, 平成28年度園芸学会春季大会, 2016.03.
19. 頼富 亮典, 中楯 知沙, 松元 賢, 園田 高広, 松石貴裕, 冨吉啓太, 尾崎 行生, ハマタマボウキに認められる茎枯病抵抗性について, 平成27年度園芸学会春季大会, 2015.03, [目的]アスパラガス(Asparagus officinalis L.)は北海道から九州まで広く栽培されている野菜である.西南暖地においては春季の萌芽が早いというメリットがあるが,露地栽培を行うと茎枯病などの病害が多発するため,一般にはビニールハウスでの雨よけ栽培が行われている.岩戸(2011,2013)は,アスパラガスとハマタマボウキ(A. kiusianus)の茎枯病抵抗性を比較し,ハマタマボウキはアスパラガスよりも強い病害抵抗性を持つこと,両者の種間雑種個体の中にもハマタマボウキと同程度の病害抵抗性を示す個体が含まれることを明らかにしている.しかしながら,ハマタマボウキがアスパラガスと比較して強い茎枯病抵抗性をもつ原因については明らかにされていない.そこで本研究では,ハマタマボウキが示す茎枯病抵抗性の詳細を明らかにするため,ハマタマボウキとアスパラガスの地上茎に茎枯病菌を接種し,その動態を比較した..
20. 松元 賢, ムハマド シャミム ウディン, 黒澤 靖, 土壌中のヒ素の溶出に関与する微生物の分離と同定―バングラデシュのヒ素汚染地において, 第19回ヒ素シンポジウム, 2013.11.
21. 尾崎 行生, 岩戸美由紀, 前田 智雄, 松元 賢, 大久保 敬, アスパラガス、ハマタマボウキおよびそれらの雑種個体に含まれるプロトディオシン, 平成25年度園芸学会秋季大会, 2013.09.
22. Yoritomi, R, M. Iwato, A. Kanno, M. Matsumoto, Y. Ozaki, Production of stem blight resistant asparagus hybrids through interspecific hybridization, XIIIth International Asparagus Symposium, 2013.10.
23. Zaw M, Aye T T, Aye S S, Matsumoto M, Pathotypic and Genetic Characterization of isolates of Pyricularia grisea, Causal Organism of Rice
Blast Disease, in Myanmar., Annual Meeting of the Phytopathological Society of Japan., 2013.03.
24. 岩戸美由紀, 松元 賢, 小佐々雅子, 竹内陽子, 稲田稔, 尾崎 行生, 大久保 敬, アスパラガス(Asparagus officinalis)×ハマタマボウキ(A. kiusianus)種間雑種の茎枯病抵抗性, 日本園芸学会, 2012.09.
25. Masaru Matsumoto, Seint San Aye, Antagonistic soil microbes against Rhizoctonia spp. and Sclerotium hydrophilum., Journal of Phytopathological Society of Japan, 2012.03.
26. Matsumoto Masaru, Aye S. S. and Matsumoto M., 日本植物病理学会九州部会, 2011.11.
27. Matsumoto M., Uddin S. and Kurosawa K., Isolation and Identification of Microorganisms in the Peat Sediments of An Arsenic Contaminated
Area in Bangladesh., 16th Asian As forum 2011, 2011.11.
28. Aye S. S., Zaw M. and Matsumoto M., Antagonistic soil microbes against Rhizoctonia spp. and Sclerotium hydrophilum., 日本植物病理学会大会, 2012.03.
29. Aye S. S and Matsumoto M, Effect of plant extracts on Rhizoctonia spp. and Sclerotium hydrophilum., The 8th International AFAS Joint Symposium between Japan and Korea., 2011.11.
30. Aye S. S. and Matsumoto M, Responses of Rhizoctonia and Sclerotium hydrophilum to the plant extract., APS-IPPC Joint Meeting American Society of phytopathology, 2011.08.
31. Aye S. S. and Matsumoto M, Responses of Rhizoctonia and Sclerotium hydrophilum to the plant extract., APS-IPPC, 2011.08.
32. 岩戸美由紀・松元賢・小佐々雅子・竹内陽子・稲田稔・尾崎行生・大久保敬, ハマタマボウキ(Asparagus kiusianus Makino)の茎枯病抵抗性とアスパラガス(A. officinalis L.)との雑種作出, 平成23年度園芸学会秋季大会, 2011.09.
33. Masaru Matsumoto・Ha Viet Cuong・Seint San Aye, 転換畑におけるイネ紋枯病菌の病原性および菌群性状解析, 日本植物病理学会, 2010.03.
34. 松元 賢 , クオン ハ ヴィエト , 福田 信二 , セイン サン エ, 植物病原菌類における菌体脂肪酸分析法の再検討 : (2) 直接的病害診断における菌体脂肪酸分析法の利用可能性に関する検討, 日本植物病理学会, 2008.04.
35. 松元 賢, rep-PCR法によるイネ紋枯病菌の個体群解析 (1)クローン個体群の選抜および隣接水田における分布解析, 日本植物病理学会, 2006.04.
36. 松元賢,伊藤悠・古屋成人・高浪洋一, 植物ベイトトラップ法を応用したRhizoctonia属菌の土壌からの簡易検出, 日本植物病理学会, 2005.10.
37. 松元 賢, イチゴ根腐症状の病斑より分離したリゾクトニア属菌の脂肪酸分析による性状比較, 日本植物病理学会, 2005.03.
その他の優れた研究業績
2017.06, アスパラガス茎枯病の抵抗性に関与する遺伝子群を特定
日本固有種ハマタマボウキを用いた世界初の茎枯病抵抗性品種育成が期待される.
学会活動
所属学会名
日本土壌微生物学会
日本熱帯農業学会
植物微生物生態学会
日本土壌微生物学会
日本植物微生物学会
日本植物病理学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.11.07~2017.11.09, AFELiSA 2017 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences, 座長.
2016.03.21~2017.03.23, 日本植物病理学会大会, 座長(Chairmanship).
2014.10.04~2014.10.05, 日本熱帯農業学会第116回講演会, 座長(Chairmanship).
2013.11.16~2013.11.16, 平成25年度日本植物病理学会九州部会, 座長(Chairmanship).
2012.11.23~2012.11.24, 日本植物病理学会九州部会, 座長(Chairmanship).
2012.03.28~2012.03.30, 日本植物病理学会大会, 座長(Chairmanship).
2011.11.09~2011.11.10, 日本植物病理学会大会, 座長(Chairmanship).
2010.11.10~2010.11.10, 日本植物病理学会九州部会, 座長(Chairmanship).
2010.03.26~2010.03.27, 日本植物病理学会大会, 座長(Chairmanship).
2009.10.30~2009.10.30, 日本植物病理学会 九州部会, 座長(Chairmanship).
2008.04.23~2008.04.25, 日本植物病理学会, 座長(Chairmanship).
2006.04, 日本植物病理学会, 座長(Chairmanship).
2005.10, 日本植物病理学会, 座長(Chairmanship).
2004.03, 日本植物病理学会全国大会, 座長(Chairmanship).
2003.09, 日本植物病理学会九州部会, 座長(Chairmanship).
2003.06, 日本土壌微生物学会全国大会, 座長(Chairmanship).
2014.10.03~2014.10.05, 日本熱帯農業学会第116回講演会, 日本熱帯農業学会 第116回講演会運営委員会.
2012.11.20~2012.11.22, 日本植物病理学会九州部会幹事, 学会幹事.
2012.03.28~2012.03.30, 日本植物病理学会大会幹事, 大会幹事.
2012.03.29~2012.03.31, 日本植物病理学会大会実行委員, H24日本植物病理学会大会の実行.
2009.06.03~2009.06.05, 日本土壌微生物学会大会, 大会実行委員.
2009.07.14~2009.07.16, JSPSイネハイブリッドの科学, 運営委員.
2008.11.14~2008.11.16, JSPSイネハイブリッドの科学, 運営委員.
2007.11, ハイブリッドイネの科学, シンポジウム運営委員.
2004.03, 日本植物病理学会全国大会, 大会実行委員.
2003.06, 日本土壌微生物学会, 大会実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2012.03~2016.03, Journal of general plant pathology, 国際, 編集委員.
2012.03~2016.03, 日本植物病理学会報, 国内, 編集委員.
1998.04~2018.03, 九州大学熱帯農学研究センター 紀要, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 12 
2016年度
2015年度
2014年度 11 
2013年度 13  17 
2012年度 15  17 
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度      
2000年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ハノイ農業大学, Vietnam, 2015.11~2015.11.
タイバック農林大学, Vietnam, 2014.09~2014.09.
イエジン農業大学, Myanmar, 2013.11~2013.11.
イエジン大学, ミャンマー農林水産試験場, Myanmar, Myanmar, 2012.10~2012.10.
忠南大学, Korea, 2012.11~2012.11.
ハワイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2011.08~2011.08.
バングラデシュ農業大学, Bangladesh, 2010.12~2010.12.
台湾大学, Taiwan, 2010.06~2010.06.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2009.10~2009.10.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2009.06~2009.06.
台湾大学, ハノイ農業大学, マレーシア大学, Taiwan, Vietnam, Malaysia, 2009.02~2009.03.
国際イネ研究所, Philippines, 2008.10~2008.10.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2008.06~2008.06.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2008.02~2008.02.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2007.11~2007.11.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2007.06~2007.06.
ホーチミン大学, Vietnam, 2007.01~2007.01.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2006.10~2006.10.
イエジン大学, Myanmar, 2006.02~2006.02.
メルボルン大学, Australia, 2005.02~2005.03.
ローマ大学, Italy, 2003.12~2003.12.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2002.02~2002.03.
ハノイ農業大学, Vietnam, 1999.03~1999.06.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.04~2017.10, 1ヶ月以上, 九州大学大学院 比較社会文化学府博士課程修了, China, .
2016.08~2017.08, 1ヶ月以上, 韓国・国立順天大学山林資源•造園学部, Korea, .
2010.10~2010.11, 2週間未満, Indonesia National Education Organizms, Indonesia.
2010.09~2010.09, 2週間未満, PPGV, Vietnam.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, アスパラガス属固有種ハマタマボウキの罹病現象の究明と保護対策の確立.
2016年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, アジア大河デルタの地層中における高濃度窒素の形成・流動と地下水ヒ素汚染の解析.
2011年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 高温障害による土壌病害の激発化プロセスの究明と克服シーズの創出.
2004年度~2006年度, 若手研究(A), 代表, 植物ベイティングを応用した土壌病害診断法の開発.
2007年度~2009年度, 基盤研究(C), 分担, 難防除外来性侵入雑草の生物的防除基盤の確立.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2019年度, 公益財団法人カシオ科学振興財団, 分担, 水産養殖池における水温成層逆転現象と水産病害の実態把握に関する研究.
2018年度~2019年度, 福岡県リサイクル総合研究事業化センター研究会, 代表, リサイクル資材と微生物を活用した土壌改良材の開発研究会.
2016年度~2018年度, 福岡県リサイクル総合研究事業化センター 研究会, 代表, 浄水汚泥を利用した農業用高機能資材の開発に関する研究会.
2017年度~2019年度, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業, 分担, ショウガ科作物産地を維持するための青枯病対策技術の開発.
2015年度~2017年度, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業, 分担, 日本固有の野生種を利用したアスパラガス茎枯病抵抗性系統育成と選抜マーカーの開発.
2016年度~2018年度, 福岡県リサイクル総合研究事業化センター, 代表, 浄水汚泥を利用した農業用高機能資材の開発に関する研究会.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2012.03~2015.03, 分担, PSI製紙スラッジの非燃焼系リサイクル技術の開発.
2010.10~2011.02, 代表, リゾクトニア属菌の簡易診断に関する分子技術基盤の構築.
2009.12~2009.12, 代表, リゾクトニア菌株の分譲.
2009.08~2009.08, 代表, リゾクトニ属菌の菌株分譲.
学内資金・基金等への採択状況
2013年度~2015年度, 平成25年度農学研究院若手教員支援事業, 分担, 稲作農家の高度な技能習熟と収益改善を実現する営支援システム開発 .
2007年度~2009年度, 九州大学教育研究プログラム(P&P), 分担, 熱帯複合農業地域における水媒型環境負荷メカニズムの解明.
2000年度, 農学研究院長裁量経費, 代表, ヴィエトナム北部地域における多発性植物病害の遺伝子診断技術開発.
2001年度~2003年度, 九州大学教育研究プログラム・県境拠点形成プロジェクト教育研究, 分担, ヴィエトナム・タイ・ラオスにおける生物資源生産に関わる高等教育研究の比較分析.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」