九州大学 研究者情報
発表一覧
飯山 和弘(いいやま かずひろ) データ更新日:2019.06.05

准教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物資源学講座


学会発表等
1. 今村桃華・Htet Wai Wai Kyaw・矢野和孝・松元 賢・土屋健一・飯山和弘・ 堀田光生・古屋成人, 剪葉接種法によるRalstonia solanacearumのショウガに対する病原性検定の試み, 平成30年度日本植物病理学会九州部会 第69回講演会, 2019.03.
2. 菊原賢次・飯山和弘・ 松元 賢・古屋成人, 福岡県におけるナシ黒星病菌のDMI剤感受性と耐性菌に対する有効薬剤, 平成30年度日本植物病理学会九州部会 第69回講演会, 2019.03.
3. 小垰 晶・大迫佳奈・飯山和弘・古屋成人・ 松元 賢, ハマタマボウキから分離された植物病原菌類の特異的PCR法による簡易診断, 平成30年度日本植物病理学会九州部会 第69回講演会, 2019.03.
4. Le Dinh, T・大迫佳奈・Myo Zaw・ 飯山和弘・古屋成人・ 松元 賢, アスパラガス属植物から分離したPhmopsis asparati の遺伝的多様性に関する研究, 平成30年度日本植物病理学会九州部会 第69回講演会, 2019.03.
5. 大迫佳奈・Myo Zaw・ 飯山和弘・古屋成人・ 松元 賢, アスパラガス属野生種のハマタマボウキの斑点性病斑から分離されたAlternaria属菌について, 平成30年度日本植物病理学会九州部会 第69回講演会, 2018.11.
6. 谷 沙世・飯山和弘・ 土屋健一・古屋成人, 各種植物から分離されたPseudomonas cichoriiにおけるD-酒石酸利用性に関与する遺伝子領域の解析, 平成30年度日本植物病理学会九州部会 第69回講演会, 2018.11.
7. 谷 沙世・飯山和弘・入江沙織・ 菅 康弘・黒瀬大介・澤田宏之・ 土屋健一・古屋成人, 各種植物から分離された Pseudomonas cichorii の系統解析, 平成30年度日本植物病理学会, 2018.03.
8. 菊原賢次・飯山和弘・松元 賢・ 古屋成人, 福岡県における DMI 剤低感受性ナシ 黒星病菌に対する各種薬剤の防除効果, 平成30年度日本植物病理学会, 2018.03.
9. Kyaw, H.W.W., Tsuchiya, K., Matsumoto, M., Kurose, D., Iiyama, K., Horita, M., and Furuya, N., Properties of potato strains of Ralstonia solanacearum in Myanmar, 平成30年度日本植物病理学会, 2018.03.
10. 満原万友佳・後藤高弘 ・今村友哉・土屋健一・飯山和弘・古屋成人, 焼酎粕加工液を用いたナス科植物青枯病の防除法について, 第95回九州病害虫研究会研究発表会, 2018.02.
11. Htet Wai Wai Kyaw, Masaru Matsumoto, Kazuhiro Iiyama, Mitsuo Horita, Daisuke Kurose, Kenichi Tsuchiya, Naruto Furuya, Characterization of Ralstonia solanacearum strains causing bacterial wilt of solanaceous crops in Myanmar, AFELiSA 2017 International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2017 (The 14th International Joint Symposium between Japan and Korea), 2017.11.
12. 土屋健一, Htet Wai Wai Kyaw, 黒瀬大介, 中村友香, 森田泰彰, 矢野和孝, 安次富厚, 大城 篤, 堀田光生, 松元 賢, 飯山和弘, 古屋成人, 九州で発生したショウガ科植物青枯病と病原細菌の系統解析, 平成29年度日本植物病理学会九州部会 第68回講演会および第41回シンポジウム, 2017.11.
13. 菊原賢次, 飯山和弘, 松元 賢, 古屋成人, 福岡県で採取されたナシ黒星病菌におけるDMI剤感受性の低下, 平成29年度日本植物病理学会九州部会 第68回講演会および第41回シンポジウム, 2017.11.
14. 東 経行, 飯山和弘, 伊藤孝弥, 奥野健太郎, 土屋健一, 古屋成人, 九州のゴルフ場においてクリーピングベントグラスに発生したPantoea ananatisによる褐変病, 平成29年度日本植物病理学会九州部会 第68回講演会および第41回シンポジウム, 2017.11.
15. 谷 沙世, 入江沙織, 大貫正俊, 佐藤豊三, 松元 賢, 飯山和弘, 黒瀬大介, 土屋健一, 古屋成人, Pseudomonas cichorii によるツルマメ 褐斑細菌病(新称), 平成29年度日本植物病理学会, 2017.04.
16. 大迫佳奈, Thao L.D., Myo Z., 飯山和弘, 尾崎行生, 古屋成人, 松元 賢, アスパラガス属野生種の一種であるハ マタマボウキから分離された Neopestalotiopsis clavispora による新病 害について, 平成29年度日本植物病理学会, 2017.04.
17. Kyaw, H.W.W., Matsumoto, M., Kurose, D., Iiyama, K., Horita, M., Tsuchiya, K., Furuya, N., Genetic diversity of Myanmar strains of Ralstonia solanacearum, 平成29年度日本植物病理学会, 2017.04.
18. 平 詠里加, 李 在萬, 日下部宜宏, 青木智佐, 飯山和弘, Serratia liquefaciens リポ多糖変異株のカイコに対する病原性, 平成28年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会, 2016.03.
19. Erika Taira, Kazuhiro Iiyama, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki, Lipopolysaccharide contributes to the virulence of Serratia liquefaciens against Bombyx mori, The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology (APSERI 2015), 2015.04.
20. Shota Fukui, Chisa Yasunaga-Aoki, Takashi Matsuyama, Kazuhiro Iiyama, Study on in vitro excystation of Farinocystis sp. isolated from the West Indian sweet potato weevil, Euscepes postfasciatus, The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology (APSERI 2015), 2015.04.
21. Shota Fukui, Chisa Yasunaga-Aoki, Takashi Matsuyama, Kazuhiro Iiyama, Study on intestinal factors affecting excystation of Farinocystis sp. in the West Indian sweet potato weevil, Euscepes postfasciatus, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, Collaboratively Organized by Kyushu Branch of Japanese Society of Sericultural Science, Japan and College of Agriculture and Life Sciences, Kyungpook National Univer, 2015.04.
22. Erika Taira, Kazuhiro Iiyama, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki, Sensitivity to oxidative stress in lipopolysaccharide mutants of Serratia liquefaciens, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, Collaboratively Organized by Kyushu Branch of Japanese Society of Sericultural Science, Japan and College of Agriculture and Life Sciences, Kyungpook National Univer, 2015.04.
23. Erika Taira, Kazuhiro Iiyama, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki, Virulence of Serratia liquefaciens against Bombix mori, International Symposium on Agriculture, Forestry, Environment and Life Sciences in Asia, 2014, 2014.10, Serratia spp. are Gram-negative bacteria of the family Enterobacteriaceae. Serratia spp. are ubiquitous environmental bacteria, and they infect a wide range of species from animals to plants. Unfortunately, Serratia spp. have been reported to kill useful insects, such as the silkworm, Bombyx mori, and the honeybee, Apis mellifera. Therefore, in order to protect these useful insects from diseases caused by Serratia spp., it is important to elucidate their pathogeneses. In our previous work, S. liquefaciens isolated from an antlion larva was highly virulent against the silkworm. Since the virulence of S. liquefaciens remains poorly understood, a comprehensive analysis using transposon-induced mutants was carried out to investigate its virulence against the silkworm in the present study. Firstly, a transposon insertion library of S. liquefaciens FK01 was constructed. Subsequently, 1,200 transconjugants were injected into the hemocoel of silkworm larvae. Then, four transposon mutants showing a reduced virulence were screened. Southern blot analysis confirmed the insertion of transposons at single sites in the transconjugants. Sequences flanking both sides of the transposons indicated that they were inserted into the lipopolysaccharide (LPS) biosynthesis genes in these transconjugants. These results suggest that LPS markedly contributes to the virulence of S. liquefaciens against the silkworm. The role of LPS in the virulence of S. liquefaciens against the silkworm remains to be determined..
24. 平 詠里加, 飯山和弘, 李 在萬, 日下部宜宏, 青木智佐, Serratia liquefaciens のリポ多糖生合成変異株はカイコに対する病原力が低下する, 昆虫病理研究会, 2014.09.
25. 福井翔太, 青木智佐, 松山隆志, 飯山和弘, イモゾウムシ病原性原虫Farinocystis sp. オーシストの脱嚢条件の検討, 昆虫病理研究会, 2014.09.
26. 平 詠里加, 大垰勝寛, 飯山 和弘, 青木 智佐, 李 在萬, 日下部 宜宏, In vivo スクリーニングによるSerratia liquefaciens のカイコに対する病原力因子の探索(2), 平成26年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会, 2014.03.
27. 福井翔太, 青木 智佐, 松山隆志, 飯山 和弘, 日下部 宜宏, イモゾウムシ病原性Farinocystis sp. のオーシスト脱嚢に関する研究, 2013年度ゾウムシ研究会, 2013.12.
28. Oumi Nishi, Kazuhiro Iiyama, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Comparative virulence analysis of entomopathogenic fungus Metarhizium spp. in different ambient temperature conditions., International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2013, 2013.11.
29. 大垰勝寛, 飯山 和弘, 李 在萬, 日下部 宜宏, 青木 智佐, Pseudomonas aeruginosa hasAP 遺伝子変異株のカイコに対する病原力, 第5回 昆虫ポストゲノム研究会2013, 2013.10.
30. 大垰勝寛, 飯山 和弘, 李 在萬, 日下部 宜宏, 青木 智佐, 緑膿菌Pseudomonas aeruginosa タンパク質分泌機構変異株のカイコBombyx mori に対する病原力, 平成25年度第69回日本蚕糸学会九州支部研究発表会 昆虫機能・利用学術講演会, 2013.10.
31. 平 詠里加, 飯山 和弘, 青木 智佐, LEE JAE MAN, 日下部 宜宏, In vivo スクリーニングによるSerratia liquefaciens のカイコに対する病原力因子の探索, 平成25年度第69回日本蚕糸学会九州支部研究発表会 昆虫機能・利用学術講演会, 2013.10.
32. 河野康亮, 飯山 和弘, LEE JAE MAN, 日下部 宜宏, 清水 進, 青木 智佐, Serratia liquefaciens の組換えプロテアーゼがカイコに及ぼす影響について, 平成25年度第69回日本蚕糸学会九州支部研究発表会 昆虫機能・利用学術講演会, 2013.10.
33. 福井翔太, 青木 智佐, 松山隆志, 飯山 和弘, 日下部 宜宏, イモゾウムシ病原性原虫Farinocystis sp. の人工脱嚢法, 平成25年度第69回日本蚕糸学会九州支部研究発表会 昆虫機能・利用学術講演会, 2013.10.
34. 飯山 和弘, 浅野眞一郎, LEE JAE MAN, 日下部 宜宏, 青木 智佐, ハウスキーピング遺伝子および複製開始領域に基づくPaenibacillus属細菌の系統解析, 平成25年度第69回日本蚕糸学会九州支部研究発表会 昆虫機能・利用学術講演会, 2013.10.
35. 西 大海, 飯山 和弘, 青木 智佐, 清水 進, エンマコオロギから分離されたMetarhizium属糸状菌の系統解析と病原性比較, 第57回日本応用動物昆虫学会, 2013.03.
36. 新井博之, 飯山 和弘, 石井正治, 五十嵐泰夫, 緑膿菌のカイコへの病原性に対する一酸化窒素解毒酵素の役割, 日本農芸化学会2013年度大会, 2013.03.
37. 新見はるか, 鶴田幸成, 青木 智佐, 松山隆志, 飯山 和弘, 清水 進, イモゾウムシ病原性原虫の病理学および疫学的研究, 2012年度ゾウムシ研究会, 2012.11.
38. 福島 舞・飯山和弘・李 在萬・山下 隼・門 宏明・古江増隆・辻 学・日下部宜宏, カイコ BES を用いたヒト β-defensin (DEFB)-1, 2, 3 と LL37の生産 (2), 日本蚕糸学会第66回東北支部・第68回中部支部・第64回東海支部・第78回関西支部・第68回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2012.11.
39. 大垰勝寛・飯山和弘・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 緑膿菌Pseudomonas aeruginosaのタンパク質分泌機構変異株の作出と病原力の評価2, 日本蚕糸学会第66回東北支部・第68回中部支部・第64回東海支部・第78回関西支部・第68回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2012.11.
40. 新見はるか・鶴田幸成・青木智佐・松山隆志・飯山和弘・清水 進, イモゾウムシ病原性Farinocystis 様原虫の宿主範囲の調査, 日本蚕糸学会第66回東北支部・第68回中部支部・第64回東海支部・第78回関西支部・第68回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2012.11.
41. Oumi Nishi, Kazuhiro Iiyama, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Cold activity of the entomopathogenic fungus Metarhizium spp. isolated from soil in Japan., International Simposium on Agriculture, Food, Environmental and Life Science in Asia 2012, 2012.11.
42. 新見はるか・鶴田幸成・青木智佐・松山隆志・飯山和弘・清水 進, イモゾウムシFarinocystis 様原虫の疫学的研究-2, 第10回昆虫病理研究会シンポジウム, 2012.09.
43. 西 大海・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium 糸状菌の昆虫と生息環境に対する適応進化, 第10回昆虫病理研究会シンポジウム, 2012.09.
44. 河野康亮・飯山和弘・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 大腸菌発現系を用いた組換えセラリシン様メタロプロテアーゼの発現および精製 (2), 第10回昆虫病理研究会シンポジウム, 2012.09.
45. 飯山和弘・浅野眞一郎・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 乳化病菌 Paenibacillus popilliae の病原性に関する一考察, 第10回昆虫病理研究会シンポジウム, 2012.09.
46. Masahiro Otao, Kazuhiro Iiyama, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Virulence of the protein secretion system- deficient mutants of Pseudomonasaeruginosa to the silkworm, Bombyx mori., ICE2012 XXIV International Congress of Entomology, 2012.08.
47. Kosuke Kawano, Kazuhiro Iiyama, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Overexpression and purification of the recombinant serralysin-like metalloproteases in Escherichia coli., ICE2012 XXIV International Congress of Entomology, 2012.08.
48. Mai Fukushima, Kazuhiro Iiyama, Jae-Man Lee, Jun Yamashita, Hiroaki Mon, Masutaka Furue, Gaku Tsuji, Takahiro Kusakabe, Production of human beta defensin (DEFB) -1, 2, 3 and LL37 using baculovirus expression system., ICE2012 XXIV International Congress of Entomology, 2012.08.
49. Oumi Nishi, Kazuhiro Iiyama, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Host-dependent lineage diversification of Scarabaeidae-specific pathogen Metarhizium majus., 2012 International Congress on Invertebrate Pathology and Microbial Control and 45th Annual Meeting of the Society for Invertebrate Pathology, 2012.08.
50. 新見はるか・鶴田幸成・青木智佐・松山隆志・飯山和弘・清水 進, イモゾウムシ病原性Farinocystis様原虫の宿主範囲の調査, 第56回日本応用動物昆虫学会, 2012.03.
51. 西 大海・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium majus のシロテンハナムグリ病原性系統はタイワンカブトムシ由来の系統とは独立の系統である, 第56回日本応用動物昆虫学会, 2012.03.
52. 福島 舞・飯山和弘・李 在萬・山下 隼・古江増隆・辻 学・日下部宜宏, カイコBESによるヒトDEFB1, 2, 3とLL37の発現とDEFB2が菌の生存率に与える影響, 平成24年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 ー日本蚕糸学会第82回大会ー, 2012.03.
53. 大垰勝寛・飯山和弘・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 緑膿菌Pseudomonas aeruginosa のタンパク質分泌機構変異株の作出と病原力の評価, 平成24年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 ー日本蚕糸学会第82回大会ー, 2012.03.
54. 河野康亮・飯山和弘・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 大腸菌発現系を用いた組換えセラリシン様メタロプロテアーゼの発現および精製, 平成24年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 ー日本蚕糸学会第82回大会ー, 2012.03.
55. Mai Fukushima, Kazuhiro Iiyama, Jae Man Lee, Jun Yamashita, Hiroaki Mon, Masutaka Furue, Gaku Tsuji, Takahiro Kusakabe, Production of human antimicrobial peptides using baculovirus expression system and evaluation of its activity., 第34回日本分子生物学会年会, 2011.12.
56. Oumi Nishi, Kazuhiro Iiyama, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Pathogenicity of Metarhizium majus (Deuteromycotina; Hyphomycetes) to Scarabaeidae insect larvae., The 8th International AFAS Joint Symposium between Japan and Korea, Yonago, 2011.11.
57. 河野康亮・飯山和弘・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 組換えセラリシン様メタロプロテアーゼの発現,精製の試み, 日本蚕糸学会第65回東北支部・第62回関東支部・第77回関西支部・第67回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2011.11.
58. 田原彰子・飯山和弘・青木智佐・清水 進, ミカンキジラミ寄生菌の性状, 日本蚕糸学会第65回東北支部・第62回関東支部・第77回関西支部・第67回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2011.11.
59. 新見はるか・松山隆志・飯山和弘・青木智佐・清水 進, PCRを用いたイモゾウムシ病原性Farinocystis様原虫の検出-2, 日本蚕糸学会第65回東北支部・第62回関東支部・第77回関西支部・第67回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2011.11.
60. 大垰勝寛・飯山和弘・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 緑膿菌Pseudomonas aeruginosaのタンパク質分泌機構変異株の作出, 日本蚕糸学会第65回東北支部・第62回関東支部・第77回関西支部・第67回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2011.11.
61. 飯山和弘・千枝結香・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 緑膿菌Pseudomonas aeruginosaのエクソトキシンA変異株はカイコに慢性感染する., 2011年 昆虫ポストゲノム研究会 福岡, 2011.09.
62. Oumi Nishi, Kazuhiro Iiyama, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Phylogenetic and pathogenic divergence within Metarhizium majus lineage., International Conference on Invertebrate Pathology and Microbial Control, OECD Symposium on Disease in Aquatic Crustaceans & 44th Annual Meeting of the Society for Invertebrate Pathology, 2011.08.
63. 新見はるか・鶴田幸成・青木智佐・原口 大・飯山和弘・清水 進, イモゾウムシ病原性原虫の宿主個体内における感染増殖様式, 第55回日本応用動物昆虫学会大会, 2011.03.
64. 西 大海・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium 属糸状菌の系統解析と病原性比較, 第55回日本応用動物昆虫学会大会, 2011.03.
65. 甲斐原布紗子・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Serratia liquefaciens FK01セラリシン様メタロプロテアーゼ変異株のカイコに対する病原力の解析, 日本蚕糸学会第64回東北支部・第66回中部支部・第62回東海支部・第76回関西支部・第66回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2010.11.
66. 西 大海・飯山和弘・青木智佐・清水 進, シロアリを用いた釣り出し法による昆虫病原性糸状菌の土壌からの分離, 日本蚕糸学会第64回東北支部・第66回中部支部・第62回東海支部・第76回関西支部・第66回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2010.11.
67. 新見はるか・鶴田幸成・青木智佐・原口 大・飯山和弘・清水 進, イモゾウムシ病原性原虫の宿主幼虫個体への接種と増殖, 日本蚕糸学会第64回東北支部・第66回中部支部・第62回東海支部・第76回関西支部・第66回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2010.11.
68. 福島 舞・山下 隼・飯山和弘・李 在萬・日下部宜宏, カイコBESを用いたヒト抗菌タンパク質の生産, 日本蚕糸学会第64回東北支部・第66回中部支部・第62回東海支部・第76回関西支部・第66回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2010.11.
69. 藤永小百合・堀下美穂・飯山和弘・青木智佐・清水 進, トウモロコシからの昆虫病原性糸状菌の分離, 日本蚕糸学会第64回東北支部・第66回中部支部・第62回東海支部・第76回関西支部・第66回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2010.11.
70. 飯山和弘・浅野眞一郎・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, Paenibacillus popilliae var. popilliae Mameおよび var. popilliae Sakura のカタラーゼ, 平成22年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 日本蚕糸学会第80回記念大会, 2010.04.
71. 甲斐原布紗子・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Serratia liquefaciens FK01のメタロプロテアーゼ遺伝子変異株の作出, 平成22年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 日本蚕糸学会第80回記念大会, 2010.04.
72. 西 大海・飯山和弘・青木智佐・清水 進, 日本の土壌から分離されたMetarhizium 属糸状菌のEF-1α遺伝子による系統解析, 第54回日本応用動物昆虫学会大会, 2010.03.
73. Oumi Nishi, Kazuhiro Iiyama, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Isolation of entomopathogenic fungus Metarhizium anisopliae from soil by bait method with termite. , TRG 7, 2010 Pacific Rim Termite Research Group, 2010.03.
74. 飯山和弘・浅野眞一郎・李在 萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, Paenibacillus popilliae var. popilliae Mameのカタラーゼ, 第71回昆虫病理研究会, 2009.11.
75. 堀下美穂・飯山和弘・青木智佐・清水 進, トウモロコシからの昆虫病原性糸状菌の分離の試み, 日本蚕糸学会第75回関西支部第・65回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2009.11.
76. 西 大海・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium 属糸状菌の系統解析とその生態分布, 日本蚕糸学会第75回関西支部第・65回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2009.11.
77. 甲斐原布紗子・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Serratia liquefaciens の殺虫機構に関する研究, 日本蚕糸学会第75回関西支部第・65回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2009.11.
78. 西 大海・飯山和弘・青木智佐・清水 進, 九州の土壌から分離したMetarhizium 属糸状菌の系統解析と形態的特徴, 第53回日本応用動物昆虫学会大会, 2009.03.
79. 泉 麻紀子・光延仁志・門 宏明・飯山和弘・軸屋博之・河口 豊・日下部宜宏, カイコヒストンの翻訳後修飾の解析, 平成21年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 日本蚕糸学会79回大会, 2009.03.
80. 大谷俊次・飯山和弘・青木智佐・清水 進, イエシロアリにおける昆虫病原性糸状菌分生子の水平伝播 , 日本蚕糸学会第64回九州支部・第74回関西支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2008.11.
81. 森田千尋・原口 大・飯山和弘・青木智佐・清水 進, PCRを用いたイモゾウムシFarinocystis 樣原虫の検出, 日本蚕糸学会第64回九州支部・第74回関西支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2008.11.
82. 柳川 綾・横張文男・飯山和弘・青木智佐・清水 進, イエシロアリの昆虫病原性糸状菌に対する防御機構, 日本蚕糸学会第64回九州支部・第74回関西支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2008.11.
83. 笹栗頌子・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium 属糸状菌のカイコに対する病原性に関する研究, 日本蚕糸学会第64回九州支部・第74回関西支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2008.11.
84. 西 大海・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium 属糸状菌の系統と地理的分布に関する研究, 日本蚕糸学会第64回九州支部・第74回関西支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2008.11.
85. 飯山和弘・千枝結香・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, カイコおよびほ乳類に対する病原力因子の共通点そして相違点, 第8回昆虫病理研究会シンポジウム・第14回BT研究会合同大会, 2008.09.
86. 飯山和弘・千枝結香・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 緑膿菌のDNA修復機構とカイコに対する病原力との関連について, 平成20年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会~日本蚕糸学会第78回大会~, 2008.03.
87. Yuuka Chieda, Kazuhiro Iiyama, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Effect of exotoxin A gene inactivation on the virulence of Pseudomonas aeruginosa toward Bombyx mori., Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology 2008 Nagoya (APSERI 2008 NAGOYA), 2008.03.
88. 柳川 綾・横張文男・飯山和弘・青木智佐・清水 進, イエシロアリの生体防御機構におけるグルーミング行動(3), 第52回日本応用動物昆虫学会大会, 2008.03.
89. 笹栗頌子・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium 属糸状菌のカイコに対する病原性に関する研究, 第52回日本応用動物昆虫学会大会, 2008.03.
90. 大谷俊次・飯山和弘・青木智佐・清水 進, イエシロアリにおける昆虫病原性糸状菌の水平伝播, 第52回日本応用動物昆虫学会大会, 2008.03.
91. 森田千尋・青木智佐・原口 大・岩田典子・小濱継雄・飯山和弘・清水 進, イモゾウムシから分離されたFarinocystis様原虫オオシストのスポロゾイト脱嚢法, 第52回日本応用動物昆虫学会大会, 2008.03.
92. 飯山和弘・千枝結香・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 緑膿菌ホスホリパーゼCはカイコ感染時に病原力因子として作用しない, 日本蚕糸学会第73回関西支部・第63回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2007.11.
93. 森田千尋・青木智佐・鶴田幸成・原口 大・飯山和弘・清水 進, イモゾウムシ病原性原虫の生活環, 日本蚕糸学会第73回関西支部・第63回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2007.11.
94. 柳川 綾・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium anisopliae に対するイエシロアリの体液性免疫に関する知見, 日本蚕糸学会第73回関西支部・第63回九州支部合同大会 昆虫機能・利用学術講演会, 2007.11.
95. 柳川 綾・横張文男・飯山和弘・青木智佐・清水 進, 3種昆虫病原性糸状菌分生子のイエシロアリ職蟻への付着様式, 第19回日本環境動物昆虫学会年次大会, 2007.10.
96. Aya Yanagawa, Fumio Yokohari, Kazuhiro Iiyama, Chisa Aoki and Susumu Shimizu, Recognition system in grooming behavior against entomopathogenic fungi of the termite, Coptotermes formosanus Shiraki., 4th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology -from Biomolecules to Ecosystems an Interactive Chemical Message for our future, 2007.09.
97. Yuuka Chieda, Kazuhiro Iiyama, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Exotoxin A is an important virulence factor of Pseudomonas aeruginosa against Bombyx mori., 6th Asia-Pacific Congress of Entomology, Insects 2007, 2007.08.
98. Kazuhiro Iiyama, Yuuka Chieda, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Virulence of the phospholipase C mutants of Pseudomonas aeruginosa against Bombyx mori., 6th Asia-Pacific Congress of Entomology, Insects 2007, 2007.08.
99. 飯山和弘・千枝結香・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 緑膿菌Pseudomonas aeruginosa PAO1のホスホリパーゼC変異株のカイコに対する病原力, 平成19年度日本蚕糸学会第77回大会〜蚕糸・昆虫機能学術講演会〜, 2007.04.
100. 森田千尋・青木智佐・鶴田幸成・原口 大・小濱継雄・飯山和弘・清水 進, イモゾウムシから分離された原虫について, 日本応用動物昆虫学会第51回大会, 2007.03.
101. Le Son Ha・飯山和弘・青木智佐・清水 進, 固形培地によるPaecilomyces sp. 分生子の生産, 日本応用動物昆虫学会第51回大会, 2007.03.
102. 柳川 綾・横張文男・飯山和弘・青木智佐・清水 進, イエシロアリの生体防御機構におけるグルーミング行動(2), 日本応用動物昆虫学会第51回大会, 2007.03.
103. 千枝結香・飯山和弘・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, Pseudomonas aeruginosa uvrC 変異株のカイコにおける病原力 (3), 日本蚕糸学会 第62回九州支部・第72回関西支部合同大会 昆虫機能・利用学術会議, 2006.11.
104. 飯山和弘・千枝結香・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 緑膿菌スーパーオキシドジスムターゼ変異株の病原力 カイコ体液中での増殖, 日本蚕糸学会 第62回九州支部・第72回関西支部合同大会 昆虫機能・利用学術会議, 2006.11.
105. 森田千尋・青木智佐・原口 大・飯山和弘・清水 進, イモゾウムシから分離された原虫について, 日本蚕糸学会 第62回九州支部・第72回関西支部合同大会 昆虫機能・利用学術会議, 2006.11.
106. 柳川 綾・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium anisopliaeに対するイエシロアリの生体防御, 日本蚕糸学会 第62回九州支部・第72回関西支部合同大会 昆虫機能・利用学術会議, 2006.11.
107. Kazuhiro Iiyama, Yuuka Chieda, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki and Susumu Shimizu, Bombyx mori as a model host for Pseudomonas aeruginosa infection, Asia-Pacific Congress of Sericulture & Insect Biotechnology (APSERI 2006), 2006.10.
108. Yuuka Chieda, Kazuhioro Iiyama, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki and Susumu Shimizu, uvrC is necessary for Pseudomonas aeruginosa PAO1 to be highly virulent in Bombyx mori, Asia-Pacific Congress of Sericulture & Insect Biotechnology (APSERI 2006), 2006.10.
109. 飯山和弘・千枝結香・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 日和見感染細菌Pseudomonas aeruginosa のほ乳類および昆虫感染機構の共通点と相違点, 第7回昆虫病理研究会シンポジウム・第12回BT研究会, 2006.09.
110. 千枝結香・飯山和弘・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, Pseudomonas aeruginosaピオシアニン非産生株のカイコにおける病原力, 第7回昆虫病理研究会シンポジウム・第12回BT研究会, 2006.09.
111. 飯山和弘・千枝結香・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, 緑膿菌スーパーオキシドジスムターゼ変異株を用いた宿主ー病原間相互作用の解析, 平成18年度日本蚕糸学会第76回大会〜蚕糸・昆虫機能学術講演会〜, 2006.03.
112. 千枝結香・飯山和弘・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, Pseudomonas aeruginosa uvrC 変異株のカイコにおける病原力 (2), 平成18年度日本蚕糸学会第76回大会〜蚕糸・昆虫機能学術講演会〜, 2006.03.
113. 江上郁夫・飯山和弘・張平波・青木智佐・清水 進, アリジゴク共生細菌の産生する殺虫活性物質に関する研究, 平成18年度日本蚕糸学会第76回大会〜蚕糸・昆虫機能学術講演会〜, 2006.03.
114. 柳川 綾・横張文男・飯山和弘・青木智佐・清水 進, イエシロアリの生体防御機構におけるグルーミング行動, 日本応用動物昆虫学会第50回大会, 2006.03.
115. Ikuo Egami, Kazuhiro Iiyama, Chisa Yasunaga-Aoki and Susumu Shimizu, Pathogenicity of gacA mutant of Pseudomonas aeruginosa PA01 in the silkworm, Bombyx mori, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, Insects, Nature, and Humans, 2005.10.
116. Kazuhiro Iiyama, Yuuka Chieda, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki and Susumu Shimizu, Fe-superoxide dismutase is more important than Mn-superoxide dismutase in the infection process of Pseudomonas aeruginosa to the silkworm, Bombyx mori, Core silkworm research institution of Japan and China, Kyushu University of Japan & Southwest University of China, Symposium of 2005, 2005.10.
117. Yuuka Chieda, Kazuhiro Iiyama, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki and Susumu Shimizu, Pathogenicity of gacA mutant of Pseudomonas aeruginosa PA01 in the silkworm, Bombyx mori, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, Insects, Nature, and Humans, 2005.10.
118. Kazuhiro Iiyama, Yuuka Chieda, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki and Susumu Shimizu, The superoxide dismutases are required for the full virulence of Pseudomonas aeruginosa to silkworm, Bombyx mori, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, Insects, Nature, and Humans, 2005.10.
119. 千枝結香・飯山和弘・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, Pseudomonas aeruginosa gacAのカイコに対する病原性 (4), 蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会〜, 2005.03.
120. 飯山和弘・千枝結香・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, カイコ感染時における緑膿菌スーパーオキシドジスムターゼの役割, 蚕糸・昆虫機能学術講演会〜平成17年度日本蚕糸学会第75回大会〜, 2005.03.
121. 長谷川啓一・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium 属糸状菌の系統解析に関する研究, 日本蚕糸学会第60回九州支部・第70回関西支部合同研究発表会, 2004.11.
122. 猪野直美・小瀬川英一・立松謙一郎・廣川昌彦・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Paecilomyces 属糸状菌の各種蚕品種に対する病原力, 日本蚕糸学会第60回九州支部・第70回関西支部合同研究発表会, 2004.11.
123. 千枝結香・飯山和弘・青木智佐・李在萬・日下部宜宏・清水 進, Pseudomonas aeruginosa gacA 変異株のカイコに対する病原性 (3), 日本蚕糸学会第60回九州支部・第70回関西支部合同研究発表会, 2004.11.
124. 江上郁夫・飯山和弘・千枝結香・猪野直美・長谷川啓一・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, アリジゴク共生細菌の産生する殺虫活性因子に関する研究, 日本蚕糸学会第60回九州支部・第70回関西支部合同研究発表会, 2004.11.
125. 飯山和弘・千枝結香・青木智佐・早坂昭二・清水 進, カイコ微粒子病病原Nosema bombycis NIS 001のリボソームDNA領域の解析, 日本蚕糸学会第60回九州支部・第70回関西支部合同研究発表会, 2004.11.
126. 猪野直美・小瀬川英一・立松謙一郎・廣川昌彦・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Beauveria 属糸状菌の各種蚕品種に対する病原力, 日本蚕糸学会第74回学術講演会, 2004.03.
127. 長谷川啓一・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium 属糸状菌の系統解析, 第48回日本応用動物昆虫学会大会, 2004.03.
128. 江上郁夫・飯山和弘・青木智佐・清水 進, ウスバカゲロウ幼虫共生細菌のシャペロニンGroELに関する研究, 日本蚕糸学会第74回学術講演会, 2004.03.
129. 柳川 綾・飯山和弘・青木智佐・清水 進, 各種昆虫病原性糸状菌のイエシロアリに対する病原性, 第48回日本応用動物昆虫学会大会, 2004.03.
130. 長谷川啓一・飯山和弘・青木智佐・清水 進, Metarhizium属糸状菌のリボゾームDNA塩基配列に基づく系統解析, 日本蚕糸学会 第69回関西支部・第59回九州支部合同研究発表会, 2003.10.
131. 千枝結香・飯山和弘・青木智佐・李在萬・日下部宜宏・清水 進, Pseudomonas aeruginosa gacA変異株のカイコに対する病原性, 日本蚕糸学会 第69回関西支部・第59回九州支部合同研究発表会, 2003.10.
132. 柳川 綾・飯山和弘・青木智佐・清水 進, 各種昆虫病原性糸状菌のイエシロアリに対する病原性, 日本蚕糸学会 第69回関西支部・第59回九州支部合同研究発表会, 2003.10.
133. 猪野直美・小瀬川英一・広川昌彦・立松謙一郎・飯山和弘・青木智佐・清水 進, 病原性糸状菌に対するカイコの抵抗性および感受性品種の検索, 日本蚕糸学会 第69回関西支部・第59回九州支部合同研究発表会, 2003.10.
134. 千枝結香・飯山和弘・青木智佐・李在萬・日下部宜宏・清水 進, Pseudomonas aeruginosa gacA 変異株のカイコに対する病原性, 日本蚕糸学会第73回学術講演会, 2003.03.
135. 岩瀬亮三郎・飯山和弘・青木智佐・清水 進, 昆虫病原性糸状菌 Metarhizium anisopliae 分生子の昆虫クチクラへの付着と病原力, 日本蚕糸学会第73回学術講演会, 2003.03.
136. 伊藤孝敏・飯山和弘・青木智佐・清水 進, 数種昆虫病原性糸状菌のモモアカアブラムシに対する病原力, 第47回日本応用動物昆虫学会大会, 2003.03.
137. 飯山和弘・青木智佐・橋口美保子・清水 進・早坂昭二, Nosema bombycis Naegeli のリボゾームRNA遺伝子領域の解析および多様性について, 日本蚕糸学会 第68回関西支部・平成14年度九州支部合同研究発表会, 2002.10.
138. 橋口美保子・青木智佐・飯山和弘・清水 進・富丸英博, 昆虫病原性微胞子虫TB-2M-H1株およびTB-2L-H1株のSSUrRNA遺伝子に関する研究, 日本蚕糸学会 第68回関西支部・平成14年度九州支部合同研究発表会, 2002.10.
139. 青木智佐・橋口美保子・飯山和弘・清水 進・富丸英博, 昆虫病原性微胞子虫TB-2M-H1株の超微形態, 第57回 日本蚕糸学会九州支部研究発表会並びに学術講演会, 2001.11.
140. 橋口美保子・青木智佐・飯山和弘・清水 進・富丸英博, 昆虫病原性微胞子虫TB-2株のSSUrDNA遺伝子のRFLP解析および塩基配列の決定, 第57回 日本蚕糸学会九州支部研究発表会並びに学術講演会, 2001.11.
141. 飯山和弘・青木智佐・橋口美保子・清水 進・早坂昭二, 微胞子虫胞子全タンパク質および胞子表面抗原タンパク質の多様性について, 第57回 日本蚕糸学会九州支部研究発表会並びに学術講演会, 2001.11.
142. 飯山和弘・青木智佐・橋口美保子・寺元理恵・河原畑 勇・早坂昭二, 微胞子虫(Nosema bombycis)胞子表面抗原タンパクの精製⑴, 第56回 日本蚕糸学会九州支部研究発表会並びに学術講演会, 2000.11.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」