九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
近藤 哲男(こんどう てつお) データ更新日:2019.04.03

教授 /  農学研究院 環境農学部門 サスティナブル資源科学講座


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
アメリカNSF(National Science Foundation)やNational Energy Labへの研究費申請書の審査員をおこなったり、その評価をおこなった。また、中国・武漢大学の客員教授として、大学の一般職員や学生を対象とした講演会で、グリーンサステイナブル科学の重要性とその認識を持つように啓蒙する講演や講義を行った。
新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2018.10, 南日本新聞, 2018年10月に2回に亘って鹿児島県工業技術センターで開催された、該当研究者が開発したACC法(水中カウンターコリジョン法)による竹セルロースナノファイバーの幅広い展開や用途開拓に繋げるための講座-「竹セルロースナノファイバー活用実践講座」の模様と、産学官連携でのセルロースナノファイバーの普及について掲載された。
掲載日:2018年10月26日.

2018.10, NHK鹿児島放送局, 2018年10月11日~12日 鹿児島県工業技術センターで開催された、該当研究者が開発したACC法(水中カウンターコリジョン法)による竹セルロースナノファイバーの幅広い展開や用途開拓に繋げるための講座-「竹セルロースナノファイバー活用実践講座」の模様と該当研究者の大学での研究開発内容が放映された。
放映日:2018年10月12日-ニュースシブ5時.

2017.03, 化学工業日報社, セルロースナノファイバー(CNF)に関する技術・製品を集めた「CNF展示会~セルロースナノファイバーの最前線~」が開催され(2018年3月22日~23日大阪)該当研究者と共同研究先(中越パルプ工業㈱)他が第一線の研究者として講演した記事が、2018年3月23日付本紙に掲載された。
.

2017.01, NHK名古屋放送センター, 超絶 凄ワザ!「夢かなえますSP 汚れがすぐ落ちる! 究極のまな板編」にて(1/14放映)
「汚れがすぐ落ちるまな板が欲しい」という中学生からの依頼に、洗剤もタワシも使わず水だけで瞬時に汚れが落ちる木製のまな板を作製し、ACC-ナノセルロースの魅力を発信した。.

2017.01, 朝日新聞, 該当研究者と共同研究先(中越パルプ工業㈱)が行っているセルロースナノファイバーに関する記事が、2017年1月4日付本紙に掲載された。
「竹で新素材 軽くて丈夫」-生産本格化 放置竹林活用も-.

2016.07, KCVコミュニケーションズ(大分日田市、ケーブルテレビ), 講演会(2016.6.2)収録の放映-放映日7/30~8/5
講演題目「セルロースナノファイバーを学ぶ」
木材由来のナノ材料に関する現状と今後の展開、林業分野への影響や展望等についての講演
主催:NPO法人 日本の杉桧を守る会.

2016.05, 日刊工業新聞, 該当研究者と共同研究先(中越パルプ工業㈱)が行っているセルロースナノファイバーに関する記事が、2016年5月5日付本紙に掲載された。
「究極の紙、CNF量産へ」-PP複合材を開発.

2015.08, 日本経済新聞, 該当研究者と共同研究先(中越パルプ工業㈱)が行っているセルロースナノファイバーに関する記事が、2015年8月14日付本紙に掲載された。
「植物から新素材 量産へ」.

2010.05, 日本経済新聞, 該当研究者が行っている直物繊維の産業利用についての記事が2010年5月10日付本紙に掲載された。.

2006.07, ニュートン, 該当研究者が行っているナタデココからの安全、安心なナノ材料創製についての紹介記事が本誌に掲載された。.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2018.11, 「九州大学学術研究都市」セミナーin東京2018(2018年11月28日)での講演
題目:「水だけでナノ微細化させる水中カウンターコリジョン(ACC)法により製造されるセルロースナノファイバーの産学連携実用化展開」, 公益財団法人九州大学学術研究都市推進機構, ハイアットリージェンシー東京.

2018.11, セルロースナノファイバー分野における知財活用推進セミナー(2018年11月26日)での講演
題目:「九州の竹を新素材へ」, 九州経済産業局, TKPガーデンシティ博多.

2018.11, 『技術情報交流懇話会 第59回金曜会』(2018年11月2日開催)
題目:水中カウンターコリジョン(ACC)法:どんな利点のあるセルロースナノファイバー製造法?, 一般社団法人日本粉体工業技術協会, 博多エクセルホテル東急.

2018.10, 竹セルロースナノファイバー活用実践講座(2018年10月11日~10月12日、10月18日~10月19日)/竹ACC-CNFを使用した木材への表面処理、接着剤への添加による接着力強化、オイルとの乳化、樹脂との複合材料作成等, 九州経済産業局、鹿児島県、薩摩川内市、九州大学大学院農学研究院バイオマテリアルデザイン研究室, 鹿児島県工業技術センター.

2018.06, ACC-セルロースナノファイバー公設試セミナー(2018年6月27日~6月28日), 九州経済産業局、九州大学大学院農学研究院バイオマテリアルデザイン研究室, 九州大学箱崎キャンパス(農学3号館).

2018.05, 第3回CNF実践講座(2018年5月16日~5月17日、5月24日~5月25日)/ACC法で製造されたCNFとエマルション形成他, 九州経済産業局、九州大学大学院農学研究院バイオマテリアルデザイン研究室, 九州大学箱崎キャンパス(農学3号館).

2018.04, 薩摩川内市竹バイオマス産業都市技術アドバイザー, 鹿児島県薩摩川内市 竹バイオマス産業都市協議会.

2018.02, 平成29年度第2回CNF実践講座(2018年2月22日~2月23日、2月27日~2月28日)/ACC法で製造されたCNFと樹脂の混合ならびにナノコンポジット製造実習, 九州経済産業局、九州大学大学院農学研究院バイオマテリアルデザイン研究室, 九州大学箱崎キャンパス(農学3号館).

2017.07, 平成29年度第1回CNF実践講座(2017年7月20日~7月21日、8月9日~8月10日)/基礎講座(木材・竹パルプからのACC-ナノセルロースの調製他), 九州経済産業局、九州大学大学院農学研究院バイオマテリアルデザイン研究室, 九州大学箱崎キャンパス(農学3号館).

2015.07, 薩摩川内市竹バイオマス産業都市技術アドバイザー, 鹿児島県薩摩川内市 竹バイオマス産業都市協議会.

2015.07, 薩摩川内市竹バイオマス産業都市協議会の試作や研究開発等に係る技術面でのアドバイス等(委嘱期間:平成27年7月~平成33年3月末), 鹿児島県薩摩川内市 竹バイオマス産業都市協議会.

2011.12, 「未来を創る―九州大学農学部―」 九州大学農学部教員と高校生との交流, 九州大学農学部, 天神イムズ地下2F イムズプラザ.

2008.10, モノづくりフェア2008/食料と競合しない植物資源からのバイオマスエネルギー開発最前線, 日刊工業新聞社, マリンメッセ福岡.

初等・中等教育への貢献状況
2013.06, 福岡市立梅林中学校体験学習プログラム, 福岡市立梅林中学校.

2012.06, 福岡市立梅林中学校体験学習プログラム, 福岡市立梅林中学校.

2011.10, 島根県立浜田高校理数科体験実習プログラム, 島根県立浜田高校.

2010.07, 西南学院高等学校への出前授業, 西南学院高等学校.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2015.04, 附属イノベーティブバイオアーキテクチャーセンター委員会委員.

2016.04~2018.03, 演習林審議会委員.

2016.07~2017.03, 分子微生物学・バイオマス資源化学コース長.

2016.04~2017.03, 生物材料機能学分野長.

2015.04~2016.03, 生物産業創成専攻長.

2015.04~2016.03, 機能デザインコース長.

2015.04~2016.03, 分子微生物学・バイオマス資源化学コース長.

2013.04~2015.03, 未来化学創造センター委員会委員.

2013.04~2017.03, 百年史編集委員会委員.

2013.04~2014.03, 農学研究院テニュアトラック制教員中間評価委員会及びテニュア審査委員会委員.

2013.04~2014.03, 農学研究院同窓会連携委員会委員.

2013.04~2014.03, 分子微生物学・バイオマス資源化学コース長.

2012.04~2014.03, 財務委員会委員.

2012.04~2014.03, 生物材料機能学分野長.

2012.04~2014.03, サスティナブル資源科学講座長.

2012.04~2014.03, 農学研究院等安全・衛生部会委員.

2012.04~2014.03, 自己点検・評価委員会委員.

2012.04~2014.03, 農学研究院短期集中型研究支援制度評価委員会委員.

2012.04~2014.03, 研究戦略委員会委員.

2011.04~2013.03, センター群協議会委員.

2011.04~2014.03, バイオアーキテクチャーセンター長.

2010.04, 九州大学農学部演習林報告編集委員.

2010.04~2015.03, バイオアーキテクチャーセンター委員会委員.

2010.04~2013.03, 中央分析センター委員会委員.

2010.04~2011.03, 生物材料機能学分野長.

2010.04~2012.03, 学務委員.

2010.04~2012.03, 熱帯農学研究センター委員会(兼任教員).

2009.04~2010.03, 建物委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」