九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
金子 たかね(かねこ たかね) データ更新日:2019.06.05

助教 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学


主な研究テーマ
スンクスの排卵と受精に関する研究
キーワード:スンクス, 先体反応, 受精, 精子, 卵丘−卵複合体
2000.04.
小型哺乳類における生殖細胞の分化機構に関する研究
キーワード:発生生物学, 精子, 生殖細胞, 分化, 精子形成
2002.10.
研究業績
主要著書
1. 金子たかね, スンクスの生物学, 学会出版センター, Ⅵ-5 スンクスの受精 P310-318, 2011.02.
主要原著論文
1. Kaneko, T., Minohara, T., Shima, S., Yoshida, K., Fukuda, A., Iwamori, N., Inai, T. and Iida, H.,, A membrane protein, TMCO5A, has a close relationship with manchette microtubules in rat spermatids during spermiogenesis, Molecular Reproduction and Development, 10.1002/mrd.23108, 86, 3, 330-341, 2019.03, [URL], We isolated the transmembrane and coiled-coil domains 5A (Tmco5A) gene using polymerase chain reaction-based subtraction technique and showed that Tmco5A was predominantly expressed in rat testes starting at 4 weeks of postnatal development. When expressed in COS7 cells, TMCO5A was found to be distributed in the endoplasmic reticulum-nuclear membrane (ER-NM) of cells as a membrane-associated protein, while TMCO5AΔC lacking the transmembrane region (TM) mislocalized and diffused throughout the cytoplasm. The result suggested that TM is responsible for the retention of TMCO5A at the ER-NM. Immunocytochemical and immunoblotting analyses indicated that TMCO5A was localized along the posterior part of the nuclei in both round and elongated rat spermatids but disappeared from epididymal spermatozoa. Double immunolabeling of isolated spermatids with the anti-TMCO5A and the anti-β tubulin antibodies showed that TMCO5A was always found to be closely associated with developing manchette microtubules but did not completely colocalize with them. On the other hand, we found that almost all TMCO5A colocalized with SUN4, a linker of nucleoskeleton and cytoskeleton complex protein present at the posterior part of spermatid nuclei. These data suggested that TMCO5A is located closer to the nuclei than the manchette microtubules. It is likely that TMCO5A, in association with manchette microtubules, is involved in the process of spermiogenesis..
2. Yusuke Sato, Hideaki Ohtsubo, Naohiro Nihei, Takane Kaneko, Yoriko Sato, Shin Ichi Adachi, Shinji Kondo, Mako Nakamura, Wataru Mizunoya, Hiroshi Iida, Ryuichi Tatsumi, Cristina Rada, Fumiaki Yoshizawa, Apobec2 deficiency causes mitochondrial defects and mitophagy in skeletal muscle, FASEB Journal, 10.1096/fj.201700493R, 32, 3, 1428-1439, 2018.03, [URL], Apobec2 is a member of the activation-induced deaminase/apolipoprotein B mRNA editing enzyme catalytic polypeptide cytidine deaminase family expressed in differentiated skeletal and cardiac muscle. We previously reported that Apobec2 deficiency in mice leads to a shift in muscle fiber type, myopathy, and diminished muscle mass. However, the mechanisms ofmyopathy caused by Apobec2 deficiency and its physiologic functions are unclear. Here we show that, although Apobec2 localizes to the sarcomeric Z-lines in mouse tissue and cultured myotubes, the sarcomeric structure is not affected in Apobec2-deficient muscle. In contrast, electron microscopy reveals enlarged mitochondria and mitochondria engulfed by autophagic vacuoles, suggesting that Apobec2 deficiency causes mitochondrial defects leading to increased mitophagy in skeletal muscle. Indeed, Apobec2 deficiency results in increased reactive oxygen species generation and depolarized mitochondria, leading to mitophagy as a defensive response. Furthermore, the exercise capacity of Apobec2-/- mice is impaired, implying Apobec2 deficiency results in ongoing muscle dysfunction. The presence of rimmed vacuoles in myofibers from 10-mo-old mice suggests that the chronic muscle damage impairs normal autophagy. We conclude that Apobec2 deficiency causes mitochondrial defects that increase muscle mitophagy, leading to myopathy and atrophy. Our findings demonstrate that Apobec2 is required for mitochondrial homeostasis to maintain normal skeletal muscle function..
3. Kaneko, T., Toshimori, K. and Iida H., Subcellular localization of MS4A13 isoform 2 in mouse spermatozoa., Reproduction, doi: 10.1530/REP-17-0477, 154, 6, 843-857, 2017.12, To identify upregulated genes during the development of spermatozoa, we performed PCR-selected subtraction analysis of testes RNA
samples from 10-day-old and 12-week-old shrews. A transcript, highly homologous to two mouse transcripts, Ms4a13-1 and Ms4a13-
2, was differentially regulated. Ms4a13-2, but not Ms4a13-1, was shown to be primarily expressed in mouse testes in an agedependent
manner. Ms4a13-2 cDNA contains an open-reading frame of 522 nucleotides, encoding a protein of 174 amino acids, with
predicted molecular mass, 19,345 Da. MS4A13-2 protein was expressed along the periphery of nuclei of round and elongated
spermatids (steps 3–16) in adult mouse testes, and in the equatorial region of the heads of fresh mature mouse spermatozoa. In
addition, MS4A13-2 was found to localize to the outer acrosomal membrane in the equatorial region of heads in fresh spermatozoa.
In acrosome-reacted spermatozoa, the MS4A13-2 expression extended to the entire sperm head including the postacrosomal region
and acrosomal cap. MS4A family proteins are known to facilitate intracellular protein–protein interactions as ion channel/adaptor
proteins by oligomerization, and have important regulatory roles in cellular growth, survival and activation. We report that the MS4A
family member, MS4A13-2, may form oligomers in sperm membranes, which may be involved in an interaction with the zona
pellucida or cumulus during fertilization..
4. Shotaro Nishimura, Miyu Yamashita, Takane Kaneko, Fuminori Kawabata, Shoji Tabata, Cytokeratin-positive folliculo-stellate cells in chicken adenohypophysis, Animal Science Journal, 10.1111/asj.12866, 88, 11, 1835-1841, 2017.11, [URL], Folliculo-stellate (FS) cells are non-endocrine cells found in the adenohypophysis and are identified in many animals by the S100 protein marker. Although keratin is another FS marker in several animals, there is no information on localization of keratin in the avian adenohypophysis. In this study, localization of cytokeratin in chicken adenohypophyseal cells was investigated immunohistochemically. Basic cytokeratin (bCK)-positive cells were arranged radially in the cell cords with their cytoplasmic processes reaching the basal lamina. The cell bodies encircled a follicle in the center of the cell cord. Furthermore, the bCK-positive cells were also S100B-positive. Growth hormone, prolactin, adrenocorticotrophic hormone, and luteinizing hormone β-subunit did not co-localize with the bCK-positive cells. In addition, the bCK-positive cells had a laminin-positive area in their cytoplasm. Transmission electron microscopy observed agranular cells equipped with several microvilli that encircled a follicle. These results indicate that bCK-positive cells in the chicken adenohypophysis may be a predominant FS cell population and produce laminin. It is suggested that they function as sustentacular cells to sustain the adjacent endocrine cells and the structure of the cell cords in the chicken adenohypophysis..
5. Airi Yamaguchi, Takane Kaneko, hiroshi iida, Molecular Cloning and Subcellular Localization of Tektin2-Binding Protein1 (Ccdc 172) in Rat Spermatozoa., Journal of Histochemistry and Cytochemistry, 62, 4, 286-297, 2014.04.
6. Takiguchi, H., Murayama, E., Kaneko, T., Kurio, H., Toshimori, K. and Iida, H. , Characterization and subcellular localization of Tektin 3 in rat spermatozoa., Molecular Reproduction and Development, 78, 611-620, 2011.08.
7. Kurio, H., Hatsuda, H., Murayama, E., Kaneko, T. and Iida, H., Identification of CEACAM6 as an intermediate filament-associated protein expressed in Sertoli cells of rat testis., Biology of Reproduction, 85, 924-933, 2011.06.
8. Kaneko, T., Iwamoto, S., Murayama, E., Kurio, H., Inai, T., Oda, S. and Iida, H. , Immunolocalization of Spetex-1 at the connecting piece in spermatozoa of the musk shrew (Suncus murinus)., Zoological Science, 28, 6, 444-452, 2011.06.
9. Shimasaki, S., Yamamoto, E., Murayama, E., Kurio, H., Kaneko, T., Shibata, Y., Inai, T. and Iida, H. , Subcellular Localization of Tektin2 in Rat Sperm Flagellum., Zoological Science, 27, 755-761, 2010.09.
10. Kaneko, T., Murayama, E., Kurio, H., Yamaguchi, A. and Iida, H. , Characterization of Spetex-1, a new component of satellite fibrils associated with outer dense fibers in the middle piece of rodent sperm flagella. , Molecular Reproduction and Development, 77, 363-372, 2010.04.
11. Yano, R., Matsuyama, T., Kaneko, T., Kurio, H., Murayama, E., Toshimori, K. and Iida, H. , Bactericidal/permeability - increasing protein (BPI) is associated with the acrosome region of rodent epididymal spermatozoa. , Journal of Andrology, 31, 201-214, 2010.03.
12. 飯田弘・栗尾仁之・金子たかね, 哺乳類精子鞭毛の機能分子形態学, 顕微鏡別冊, 44:117-120, 2009.07.
13. 毛利孝之・金子たかね, 見直される哺乳類の系統分類, 西日本畜産学会報, 51:5-12, 2008.09.
14. Kurio, H., Murayama, E., Kaneko, T., Shibata, Y., Inai, T. and Iida, H., Intron 
retention generates a novel isoform of CEACAM6 that possibly acts as 
an adhesion molecule at ectoplasmic specialization between spermatids 
and sertoli cells in rat testis., Biology of Reproduction, 79:1062-1073., 2008.08.
15. Murayama, E., Yamamoto, E., Kaneko, T., Shibata, Y., Inai, T. and Iida, H., Tektin5, a new TEKTIN family member, is a component of the middle piece of flagella in rat spermatozoa., Molecular Reproduction and Development, 75:650–658, 2008.04.
16. Murayama, E., Katoh, M., Kanebayashi, A., Kaneko, T., Shibata, Y., Inai, T. and Iida, H. , Germ cell-less like 2 protein is a new component of outer dense fibers in rat sperm flagella. , Reproduction, 134:749-756, 2007.12.
17. 金子たかね,飯田弘, スンクスの生殖,とくに精子にみられるユニークな先体反応, アニテックス, 19(4):25-29, 2007.07.
18. Kaneko, T., Mori, T. and Ishijima, S., Digital image analysis of the flagellar beat of activated and hyperactivated Suncus spermatozoa., Molecular Reproduction and Development, 74:478-485, 2007.01.
19. Doiguchi, M., Kaneko, T., Urasoko, A., Nishitani, H. and Iida, H., Identification of a heat shock protein Hsp40, DjB1, as an acrosome- and a tail-associated component in rodent spermatozoa., Molecular Reproduction and Development, 74:223-232, 2007.01.
20. Iida, H., Noda, M., Kaneko, T., Doiguchi, M. and Mori, T., Identification of rab12 as a vesicle-associated small GTPase highly expressed in Sertoli cells of rat testis., Molecular Reproduction and Development, 10.1002/mrd.20294, 71, 2, 178-185, 71:178-185, 2005.05.
21. Iwamoto, Y., Kaneko, T., Ichinose, J., Mori, T., Shibata, Y., Toshimori, K. and Iida, H., Molecular cloning of rat Spetex-2 family genes mapped on chromosome 15p16, encoding a 23-kilodalton protein associated with the plasma membranes of haploid spermatids., Biology of Reproduction, 10.1095/biolreprod.104.032516, 72, 2, 284-292, 72:284-292, 2005.02.
22. Iida, H., Yamashita, H., Doiguchi, M. and Kaneko, T., Molecular cloning of rat spergen-3, a spermatogenic cell-specific gene-3, encoding a novel 75 kDa protein bearing EF-hand motifs., Journal of Andrology, 25, 6, 885-892, 25:885-892, 2004.11.
23. Iida, H., Ichinose, J., Kaneko, T., Mori, T. and Shibata Y., Complementary DNA cloning of rat Spetex-1, a spermatid-expressing gene-1, encoding a 63 kDa cytoplasmic protein of elongate spermatids., Molecular Reproduction and Development, 10.1002/mrd.20101, 68, 4, 385-393, 68:385-393, 2004.08.
24. Kaneko, T., Iida, H., Bedford, J. M., Oda, S. and Mori, T., Mating-induced cumulus-oocyte maturation in the shrew, Suncus murinus., Reproduction, 10.1530/rep.0.1260817, 126, 6, 817-826, 126:817-826, 2003.12.
25. Iida, H., Mori, T., Kaneko, T., Urasoko, A., Yamada, F. and Shibata, Y., Disturbed spermatogenesis in mice prenatally exposed to an endocrine disruptor, Bisphenol A., Mammal Study, 27: 73-82, 2002.05.
26. Kaneko, T., Iida, H., Bedford, J. M. and Mori, T., Spermatozoa of the shrew, Suncus murinus, undergo the acrosome reaction and then selectively kill cells in penetrating the cumulus oophorus., Biology of Reproduction, 10.1095/biolreprod65.2.544, 65, 2, 544-553, 65: 544-553, 2001.05.
27. Iida, H., Kaneko, T., Tanaka, S. and Mori, T., Association of the developing acrosome with multiple small Golgi units, the Golgi satellites, in spermatids of the musk shrew, Suncus murinus., Journal of Reproduction and Fertility, 10.1530/reprod/119.1.49, 119, 1, 49-58, 119: 49-58, 2000.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 金子たかね,砂野弘樹,佐々木友徳,藤田郁人,吉浦有祐,岩森巨樹,飯田弘, ラット精子におけるCCDC176の局在解析, 第72回日本動物学会九州支部大会, 2019.06.
2. 金子たかね, マウスの受精におけるMS4A13の機能解析, 第2回九州大学女性研究者 ダイバーシティシンポジウム, 2019.03.
3. 金子たかね,年森清隆,吉浦有祐,佐々木友徳,飯田弘, マウスの受精におけるMS4A13の機能解析, 日本動物学会第89回大会, 2018.09.
4. 飯田弘,金子たかね,吉田香央里,餅田泉,岩森巨樹, 膜蛋白質TMCO2とTMCO5A のラット精子細 胞における局在と精子形成への関与, 日本顕微鏡学会第74回学術講演会, 2018.05.
5. 金子たかね,年森清隆,吉浦有祐,佐々木友徳,飯田弘, 精子頭部に局在するMS4A13の受精における機能解析, 日本顕微鏡学会第74回学術講演会, 2018.05.
6. 飯田弘,金子たかね,吉田香央里,餅田泉,岩森巨樹, 膜蛋白質TMCO2 とTMCO5A のラット精子細胞における局在と精子形成への関与, 第71回日本動物学会九州支部大会, 2018.05.
7. 金子 たかね, 年森 清隆, 飯田 弘, 精子頭部に局在するMS4A13の受精における機能解析, 日本動物学会 中国四国地区・九州地区合同研修会, 2017.09.
8. 金子 たかね, 飯田 弘, マウス精子頭部に局在する4回膜貫通型タンパク質MS4A13の解析, 第70回日本動物学会九州支部大会, 2017.05.
9. 金子 たかね, スンクスの生殖に関する研究, 第11回スンクス研究会(第122回 日本解剖学会総会・全国学術集会 研究集会・懇話会8), 2017.03,  我々が現在までに行ってきたスンクスの生殖に関する研究により、本種には他の実験動物では報告のない多くの興味ある特徴が認められた。スンクス精子は巨大なうちわ状のアクロゾームをもち、外側粗大線維 No.5および6が非常に大きく、その周辺の衛星線維が発達しているため、非対称的な鞭毛振動を行った。また、多くの哺乳類の受精時にほとんど分散している卵丘細胞層が、本種を含めたトガリネズミ科の動物では、受精時にもヒアルロニダーゼに感受性のないコンパクトなボールとして維持されていた。多くの哺乳類においては、受精に先立って起こる先体反応は卵管または透明帯の外側で誘起されるとされている。しかし、スンクス精子においては、卵丘外周へのアクロゾーム領域の接着で先体反応が誘発されることが明らかとなった。
 本研究では、スンクスの生殖の特徴を明らかにするため、マウスやラットの精子で発現するいくつかの分子について、スンクスのオルソログ遺伝子をクローニングし、他の哺乳類遺伝子と比較するとともに、精子における分子局在を観察した。
 その結果、ラット精子の頚部および中片に局在するSpetex-1は、スンクスでは精子頚部のセグメントカラムにのみ限局することが明らかとなった。また繊維性タンパク質であるTektinファミリーも、マウスやラットでの局在と異なり、Tektin1は精子の頚部および鞭毛、Tektin2は精子のアクロゾーム、頚部および鞭毛、Tektin3は精子のアクロゾームおよび頚部で検出された。これらの結果から、これらの分子はスンクス精子の巨大な頭部の支持や、その頭部と鞭毛の接合および運動機能に働くこと、さらに先体反応にも関わる可能性が示唆された。これらの精子分子の動物種間における局在の多様性は、哺乳類動物種における精子構造の相違に関係し、それが哺乳類の動物種特有の精子鞭毛運動、さらには種特異的な受精様式の違いに深く関与していると考えられる。
.
10. 山下 未侑   , 西村 正太郎, 金子 たかね, 川端二功, 田畑 正志, Folliculo-stellate cells produce a basal lamina component in the chicken adenohypophysis., 17th AAAP ANIMAL SCIENCE CONGRESS, 2016.08.
11. 金子 たかね, 飯田 弘, マウス精子における4回膜貫通型タンパク質Ms4a13の局在解析, 日本動物学会第85回大会, 2014.09.
12. 福田 敦子, 金子 たかね, 飯田 弘, 哺乳類生殖細胞に局在するTmco5Aの解析, 日本動物学会第85回大会, 2014.09.
13. 福田敦子, 金子 たかね, 飯田 弘, 哺乳類生殖細胞に局在するTmco5Aの解析, 第67回日本動物学会九州支部大会, 2014.05.
14. 金子 たかね, 飯田 弘, マウスにおける4回膜貫通型タンパク質Ms4a13の局在解析, 第67回日本動物学会九州支部大会, 2014.05.
15. 吉松彩希, 金子 たかね, 飯田 弘, スンクス精子におけるTektin2およびTektin3の局在解析, 日本動物学会第84回大会, 2013.09.
16. 城ヶ原貴通, 井上直子, 坂田一郎, 宮戸真美, 宮戸健二, 金子 たかね, 飯田 弘, 織田銑一, 易勤, 山本靖彦, 尾崎紀之, 黒木陽子, 野口英樹, 豊田敦, 藤山秋佐夫, 坂井貴文, スンクスゲノム解析プロジェクトの始動, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013.09.
17. 荒木敦之, 金子 たかね, 飯田 弘, 生殖細胞の分化に伴うセリン合成酵素(PHGDH)発現の推移について, 第66回日本動物学会九州支部大会, 2013.05.
18. Sato, Y., Ohtsubo, H., Kaneko, T., Mizunoya, W., Nakamura, M., Tatsumi, R., Iida, H., Ikeuchi, Y., Yoshizawa, F., Sugahara, K., Neuberger, M. S. and Rada, C., APOBEC2 Deficiency Causes Increased Autophagy and Abnormal Mitochondria in Skeletal Muscle., 2012 FASEB Summer Research Conference on “Skeletal Muscle Satellite & Stem Cells”, 2012.08.
19. 老木紗予子・金子たかね・飯田弘, 哺乳類精子におけるTektin1の発現・局在解析, 日本動物学会第83回大会, 2012.09.
20. Kurio, H., Murayama, E., Kaneko, T. and Iida, H., Ectopic Expression of CEACAM6 and CEACAM6-L in Rat Seminiferous Epithelium., The 8-th International AFSF Joint Symposium between Japan and Korea, 2011.11.
21. 山口愛理・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛に局在するTektin2結合タンパク質Tektin2-BP1について, 日本動物学会第82回大会, 2010.09.
22. 栗尾仁之・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精巣精上皮におけるCEACAM6とCEACAM6-Lの異所的発現, 日本動物学会第82回大会, 2010.09.
23. 村山絵美・栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛の構成成分Tektin5と相互作用する分子について, 日本動物学会第82回大会, 2010.09.
24. 栗尾仁之・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精巣セルトリ細胞の中間径フィラメントに結合するCEACAM6 の解析, 第64回日本動物学会九州支部大会, 2011.05.
25. 山口愛理・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛に局在するTektin2結合タンパク質について, 第64回日本動物学会九州支部大会, 2011.05.
26. 村山絵美・栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるTektin5結合蛋白質について, 第64回日本動物学会九州支部大会, 2011.05.
27. 栗尾仁之・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精細管精上皮におけるCeacam6とCeacam6-Lの異所的発現, 日本顕微鏡学会第67回学術講演会, 2011.05.
28. 佐伯遼平・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛に局在するタンパク質Splunc3の研究, 第52回日本顕微鏡学会 九州支部総会・学術講演会, 2010.12.
29. 劉哿・金子たかね・飯田弘, ラット精子におけるHRAS-like suppressor family, member 5 (Hrasls 5)の局在解析, 第52回日本顕微鏡学会 九州支部総会・学術講演会, 2010.12.
30. 島崎明佳・村山絵美・金子たかね・飯田弘, 哺乳類精子におけるTektin2の局在と分子ネットワーク解析, 第52回日本顕微鏡学会 九州支部総会・学術講演会, 2010.12.
31. 瀧口裕恵・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるTektin3の局在解析, 第52回日本顕微鏡学会 九州支部総会・学術講演会, 2010.12.
32. 佐伯遼平・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛に局在するタンパク質Splunc3の研究, 日本動物学会第81回大会, 2010.09.
33. 劉哿・金子たかね・飯田弘, ラット精子におけるHRAS-like suppressor family member 5 (Hrasls 5)の局在, 日本動物学会第81回大会, 2010.09.
34. 金子たかね・村山絵美・栗尾仁之・飯田弘, 哺乳類精子の鞭毛骨格タンパク質Spetex-1の局在解析, 日本動物学会第81回大会, 2010.09.
35. 瀧口裕恵・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるTektin3の局在解析, 日本動物学会第81回大会, 2010.09.
36. H. Iida, T. Kaneko, H. Kurio, E. Murayama. , Bactericidal/permeability- increasing protein (BPI) is associated with the acrosome region of rodent epididymal spermatozoa. , 11th International Symposium on Spermatology., 2010.06.
37. H. Kurio, E. Murayama, T. Kaneko, H. Iida. , Ectopic expression of Ceacam6 and Ceacam6-L in rat seminiferous epithelium., 11th International Symposium on Spermatology., 2010.06.
38. T. Kaneko, E. Murayama, H. Kurio, H. Iida., Molecular localization of Spetex-1 in mammalian spermatozoa. , 11th International Symposium on Spermatology., 2010.06.
39. 劉哿・金子たかね・飯田弘, ラット精子におけるHRAS-like suppressor family, member 5 (Hrasls)の局在, 第63回日本動物学会九州支部大会, 2010.05.
40. 瀧口裕恵・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるTektin3の局在解析, 第63回日本動物学会九州支部大会, 2010.05.
41. 金子たかね・村山絵美・栗尾仁之・飯田弘, 哺乳類の精子鞭毛骨格タンパク質Spetex-1の局在解析, 第63回日本動物学会九州支部大会, 2010.05.
42. 村山絵美・栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるGcl-2結合蛋白質の局在, 第51回日本顕微鏡学会 九州支部総会・学術講演会, 2009.12.
43. 金子たかね・村山絵美・栗尾仁之・飯田弘, 哺乳類精子の鞭毛骨格タンパク質Spetex-1の局在解析, 第51回日本顕微鏡学会 九州支部総会・学術講演会, 2009.12.
44. 岩本静花・金子たかね・飯田弘, 食虫目スンクスの精子における鞭毛構成成分Spetex-1の局在解析., 日本動物学会第80回大会, 2009.09.
45. 島崎明佳・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるTektin2およびTektin2結合タンパク質の細胞内局在, 日本動物学会第80回大会, 2009.09.
46. 村山絵美・栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるGcl-2結合蛋白質の局在, 日本動物学会第80回大会, 2009.09.
47. 金子たかね・村山絵美・栗尾仁之・飯田弘, 齧歯類精子鞭毛における骨格タンパク質の分子ネットワーク, 日本動物学会第80回大会, 2009.09.
48. 島崎明佳・村山絵美・栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるTektin2およびTektin2結合タンパク質の細胞内局在, 日本発生生物学会第42回大会, 2009.05.
49. 島崎明佳・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるTektin2結合蛋白質の同定と局在, 第62回日本動物学会九州支部大会, 2009.05.
50. 村山絵美・栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるGcl-2結合蛋白質の局在, 第62回日本動物学会九州支部大会, 2009.05.
51. 岩本静花・金子たかね・飯田弘, 食虫目スンクスにおける精子鞭毛構成成分Spetex-1の解析, 第62回日本動物学会九州支部大会, 2009.05.
52. 林田幸子・村山絵美・栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, 半数体精子細胞に発現するNu3の局在について, 日本動物学会第79回大会, 2008.09.
53. 瓦田一彦・村山絵美・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛のミトコンドリアに局在する新規分子Tarmについて, 日本動物学会第79回大会, 2008.09.
54. 栗尾仁之・村山絵美・金子たかね・飯田弘, セルトリ−精子細胞間の新規接着分子Ceacam6-Lの発現と局在, 日本動物学会第79回大会, 2008.09.
55. 小田恭平・村山絵美・栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, ラット及びスンクスの精子先体に局在する新規分子Ex2について, 日本動物学会第79回大会, 2008.09.
56. 栗尾仁之・村山絵美・金子たかね・飯田弘, Intron retention generates a novel isoform of Ceacam6 that acts as an adhesion molecule at ectoplasmic specialization between Sertoli cells and spermatids in rat testis. , 日本発生生物学会第41回大会, 2008.05.
57. 金子たかね・村山絵美・栗尾仁之・飯田弘, 哺乳類精子鞭毛における分子骨格タンパク質Spetex-1とTektin4の解析, 日本顕微鏡学会第64回学術講演会, 2008.05.
58. 小田恭平・金子たかね・飯田弘, 精子先体に局在する新規分子Ex2について, 第61回日本動物学会九州支部大会, 2008.05.
59. 林田幸子・金子たかね・飯田弘, 半数体精子細胞に発現するNu3の局在について, 第61回日本動物学会九州支部大会, 2008.05.
60. 栗尾仁之・村山絵美・金子たかね・飯田弘, Intron retentionによるCeacam6新規isoformはセルトリ-精子細胞間接着因子として働く, 第61回日本動物学会九州支部大会, 2008.05.
61. 村山絵美・山本悦子・栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, ラット精子鞭毛におけるTektin2およびTektin2結合蛋白質の局在, 第61回日本動物学会九州支部大会, 2008.05.
62. 金子たかね, スンクスの受精に関する研究, 第113回日本解剖学会・全国学術集会 研究集会・懇話会7 第3回スンクス研究会, 2008.03.
63. 矢野里枝子・飯田弘・金子たかね, 精巣上体から分泌される抗菌タンパク質BPIの局在について, 日本動物学会第78回大会, 2007.09.
64. 栗尾仁之・金子たかね・飯田弘, ラット精巣に発現する新規Immunoglobulin Superfamily遺伝子のクローニング, 日本動物学会第78回大会, 2007.09.
65. 飯田弘・村山絵美・金子たかね, ラット精子鞭毛の外側緻密線維皮質部に局在するgcl-2タンパク質について, 日本動物学会第78回大会, 2007.09.
66. 村山絵美・山本悦子・金子たかね・飯田弘, 精巣特異的に発現する新規分子Tektin5の精巣における局在について, 日本動物学会第78回大会, 2007.09.
67. 山本悦子・村山絵美・金子たかね・飯田弘, 半数体生殖細胞に特異的に発現するTektin2の精子鞭毛における分子局在, 日本動物学会第78回大会, 2007.09.
68. 金子たかね・瓦田一彦・佐田純一・飯田弘, 精子鞭毛における分子骨格タンパク質Spetex-1とTektin4の解析, 日本動物学会第78回大会, 2007.09.
69. 飯田弘・矢野里枝子・金子たかね・栗尾仁之, Characterization of BPI associated with the acrosomal region of epididymal spermatozoa.
, 日本発生生物学会第40回大会, 2007.05.
70. 金子たかね・瓦田一彦・佐田純一・飯田弘, Spetex-1, a component of satellite fibrils in rodent sperm flagella, interacts with Tektin 4.
, 日本発生生物学会第40回大会, 2007.05.
71. 金子たかね・瓦田一彦・栗尾仁之・佐田純一・飯田弘, 精子鞭毛の分子骨格タンパク質Spetex-1とTektin4の解析, 第60回日本動物学会九州支部大会, 2007.05.
72. 飯田弘・金子たかね・村山絵美・山本悦子, 哺乳類精子鞭毛におけるSpetex-1 の分子局在, 日本解剖学会 第62回九州支部学術集会, 2006.10.
73. 金子たかね・石島純夫・毛利孝之, 哺乳類精子の頚部と中片上部の比較検討, 日本動物学会第77回大会, 2006.09.
74. 飯田弘・土井口真康・金子たかね・瓦田一彦・栗尾仁之・佐田純一・矢野里枝子, 熱ショック蛋白質Hsp40/Dnaj-1は齧歯類精子のアクロゾーム領域と鞭毛に局在する, 日本動物学会第77回大会, 2006.09.
75. Iida, H., Kaneko, T., Identification of Spetex-1 and Tektin 4 as outer dense fiber-associated molecules in flagella of rodent spermatozoa., 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006.06.
76. 金子たかね・飯田弘, Molecular localization of Spetex-1 in the middle piece of flagellum in rodent spermatozoa., 日本発生生物学会第39回大会, 2006.06.
77. 飯田弘・金子たかね, Tektin4 is located on outer dense fibers, not associated with axonemal tubulins of flagella in rodent spermatozoa., 日本発生生物学会第39回大会, 2006.06.
78. 金子たかね・毛利孝之・森田哲夫・織田銑一, 日本産食虫目の精子と精子形成に関する特異性, 日本動物学会第76回大会, 2005.10.
79. 野田真里子・金子たかね・毛利孝之・飯田弘, 低分子量GTPase Rab12の細胞内局在と過発現の影響, 日本動物学会第76回大会, 2005.10.
80. Toyofuku, H., Takahashi, T., Morita, T., Tsuchiya, K., Kaneko, T., Mori, T. and Oda, S., DAILY TORPOR IN HOUSE MUSK SHREW, Suncus murinus, The 9th International Mammalogical Congress, 2005.07.
81. 岩本由華・金子たかね・毛利孝之・飯田弘, ラット精子細胞形質膜に局在するSpetex-2 familyの分子クローニング, 日本動物学会第75回大会, 2004.09.
82. 野田真里子・金子たかね・毛利孝之・飯田弘, 低分子GTPase Rab12の細胞内局在と過発現の影響, 日本動物学会第75回大会, 2004.09.
83. 飯田弘・金子たかね, ラット半数体精子細胞に発現する新奇遺伝子spetex-1のcDNAクローニングとプロファイル解析, 日本発生生物学会第37回大会, 2004.06.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 飯田弘・金子たかね・河野史典・福井翔子・簑原大介・山口愛理・老木紗予子・尾立佳織・肥山恵理奈・前田明徳・荒木敦之・野口翔平・藤沙織, 伊都キャンパス動物図鑑, 2012.12
伊都キャンパス動物調査により確認された動物の図鑑。.
2. 飯田弘・金子たかね・河野史典・栗秋慎太郎・福井翔子・簑原大介・山口愛理・老木紗予子・尾立佳織・肥山恵理奈・前田明徳, 伊都キャンパス動物図鑑のHP掲載, 2012.04
平成19年度から22年度までの伊都キャンパス動物調査により確認された動物の図鑑を九州大学HPに掲載。, [URL].
3. 飯田弘・金子たかね・河野史典・栗秋慎太郎・福井翔子・簑原大介・山口愛理・老木紗予子・尾立佳織・肥山恵理奈・前田明徳, 伊都キャンパス動物図鑑, 2011.12
平成19年度から22年度までの伊都キャンパス動物調査により確認された動物の図鑑。.
4. 飯田弘・金子たかね, 九州大学総合研究博物館:動物医動物標本データベース:翼手類, 2008.12
九州大学農学研究院動物学講座に所蔵される翼手類標本のデータベース。, [URL].
5. 飯田弘・金子たかね, 九州大学総合研究博物館:動物医動物標本データベース:食虫類・ツパイ標本、齧歯類標本, 2007.10
九州大学農学研究院動物学講座に所蔵される食虫類・ツパイ標本、齧歯類標本のデータベース。, [URL].
6. 毛利孝之・飯田弘・金子たかね, 九州大学総合研究博物館:動物医動物標本データベース:翼手類標本、鳥類標本、両生類標本、爬虫類標本, 2007.06
九州大学農学研究院動物学講座に所蔵される翼手類、鳥類、両生類、爬虫類標本のデータベース。, [URL].
学会活動
所属学会名
日本顕微鏡学会
日本動物学会
学協会役員等への就任
2018.07~2020.06, 日本動物学会, 支部委員.
2018.10~2019.09, 日本動物学会, 運営委員.
2017.10~2018.09, 日本動物学会, 運営委員.
2016.07~2017.09, 日本動物学会, 運営委員.
2016.07~2018.06, 日本動物学会, 支部委員.
2015.03~2016.09, 日本動物学会, 運営委員.
2014.07~2016.06, 日本動物学会, 支部委員.
2012.07~2014.06, 日本動物学会, 庶務幹事.
2012.07~2014.06, 日本動物学会, 支部委員.
2011.01~2011.03, 日本動物学会, 会計.
2011.03~2012.06, 日本動物学会, 庶務幹事.
2011.01~2012.06, 日本動物学会, 支部委員.
2008.01~2008.12, 日本動物学会, 会計.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.05.29~2018.05.31, 第74回 日本顕微鏡学会学術講演会, 座長.
2011.08.20~2011.08.21, 第1回 九州地区動物学談話会, 世話人.
2010.12.04~2010.12.04, 第52回 日本顕微鏡学会 九州支部総会・学術講演会, 世話人.
2008.09.05~2008.09.07, 日本動物学会第79回全国大会, 準備委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2003.02~2004.02, 1ヶ月以上, 慶南大学校自然科学大学生命科学部, Korea, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2010年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, テクチンを中心とした哺乳類精子鞭毛の分子構造解析.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2006年度~2006年度, 風戸研究奨励金, 代表, 抗菌性分泌タンパク質BPIが関与することが期待される精巣上体頭部における精子成熟メカニズムの解析.
2004年度~2004年度, 笹川科学研究助成金, 代表, 一般哺乳類とは異なる受精様式を示す食虫類スンクス精子のアクロゾームタンパク質の分析.
2004年度~2004年度, 公益信託成茂動物科学振興基金, 代表, 食虫類スンクスの特異的な受精機構に関する研究.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2018年度, 平成30年度「出産・育児復帰者支援」, 代表, 精子頭部に局在するTSPAN13の受精における機能解析.
2018年度~2018年度, 研究補助者雇用支援(短期), 代表, (育児・介護支援).
2017年度~2017年度, 平成29年度「出産・育児復帰者支援」, 代表, 哺乳類精子タンパク質CCDC74およびCCDC176の受精における機能解析.
2017年度~2017年度, 研究補助者雇用支援(短期), 代表, (育児・介護支援).
2016年度~2016年度, 平成28年度「出産・育児復帰者支援」, 代表, 哺乳類精子頭部膜タンパク質MS4A13の受精における機能解析.
2016年度~2016年度, 研究補助者雇用支援(短期), 代表, (育児・介護支援).
2006年度~2006年度, 農学研究院若手教員支援事業 環境科学系, 分担, 大都市周辺生態圏・河川領域における環境科学研究創成のための次世代研究者ネットワークの構築.
2004年度~2004年度, 農学研究院若手助手支援プロジェクト, 代表, 食虫類スンクスの精子遺伝子解析からみた哺乳類受精機構の多様性.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」