九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
久米 篤(くめ あつし) データ更新日:2018.11.05

教授 /  農学研究院 環境農学部門 サスティナブル資源科学講座


大学院(学府)担当

生物資源環境科学府 環境農学専攻 サスティナブル資源科学講座

学部担当



電子メール
ホームページ
就職実績-他大学
就職実績有, 2000年4月~2003年12月 九州大学大学院農学研究院 助手
2004年1月~2006年3月 富山大学理学部 助教授
2006年4月~2007年3月 富山大学大学院理工学研究部 助教授
2007年4月~2008年3月 富山大学大学院理工学研究部 准教授
就職実績-民間機関等
就職実績有, 科学技術振興事業団 CREST研究員
取得学位
博士(理学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
植物生理生態学・生物環境物理学
ORCID(Open Researcher and Contributor ID)
0000-0002-0048-5680
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
植物の生育環境におけるストレス要因の評価と,それに対する植物の生理学的な適応の歴史的な関係について研究を進めています.人間活動が生態系に及ぼしている影響を定量的に評価することは非常に重要であると考えています.地球環境変動や広域大気汚染,植生利用の変化などの影響評価に関する研究を,生理生態学・生物環境物理学・森林水文学など分野横断的に手法を取り入れてすすめています.また,陸域生態系に及ぼす物理的な基本パラメータの影響評価にも注力しています.
 今までこんなテーマで研究を行ってきました. 
* 多雪地でヒメアオキやユキツバキはどのように生育しているのか
* 北極の大規模氷河後退地では,どんな生態系ができるのか
* 大気汚染や林床植物との競争がどのような仕組みでアカマツの成長を減少させるのか
* 土壌呼吸特性の温度馴化
* 過去の林床の光環境を推定する方法の開発
* ブナ科樹木の水通導システムの解析(放射孔材)

 現在は,
* 気候変動が本州中部山岳地域の生態系に及ぼしている影響
* 大陸からのオゾンやSOx,黄砂などの越境物質が日本の生態系に及ぼしている影響
* 屋久島の森林動態の解析
* 水や栄養塩の葉面吸収
* 衛星リモセンにかかわる地上光学センサーの開発(GCOM-C)
* 日射スペクトルの精密測定と生態学的な意義
* 重力の生物影響評価の実験系構築(Space Moss)
* 水たまり水文学
などのテーマについて研究を進めています.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」