九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
小早川 義尚(こばやかわ よしたか) データ更新日:2018.07.17

教授 /  基幹教育院 自然科学実験系部門 自然科学実験系部門


主な研究テーマ
ヒドラの緑藻との共生関係についての研究
キーワード:グリ−ンヒドラ、共生、分子系統
2008.04.
ヒドラの分子系統学的研究
キーワード:ヒドラ、分子系統
2006.04.
ヒドラの有性生殖についての研究
キーワード:ヒドラ、有性生殖、特異的遺伝子発現
2008.04.
刺胞動物のパターン形成
キーワード:ヒドラ パターンフォーメーション 上皮 神経 特異的遺伝子発現
1995.01.
従事しているプロジェクト研究
ヒドラペプチドプロジェクト
1995.04~2008.05, 代表者:藤澤敏孝, 遺伝学研究所(日本)
ヒドラのペプチドについての網羅的研究.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Hitomi Kawaida, Kohki Ohba, Yuhki Koutake, Hiroshi Shimizu, Hidenori Tachida, Yoshitaka Kobayakawa, Symbiosis between hydra and chlorella: Molecular phylogenetic analysis and experimental study provide insight into its origin and evolution, http://dx.doi.org/10.1016/j.ympev.2012.11.018, 66, 906-914, 2013.02, Although many physiological studies have been reported on the symbiosis between hydra and green algae, very little information from a molecular phylogenetic aspect of symbiosis is available. In order to understand the origin and evolution of symbiosis between the two organisms, we compared the phy- logenetic relationships among symbiotic green algae with the phylogenetic relationships among host hydra strains. To do so, we reconstructed molecular phylogenetic trees of several strains of symbiotic chlorella harbored in the endodermal epithelial cells of viridissima group hydra strains and investigated their congruence with the molecular phylogenetic trees of the host hydra strains. To examine the species specificity between the host and the symbiont with respect to the genetic distance, we also tried to intro- duce chlorella strains into two aposymbiotic strains of viridissima group hydra in which symbiotic chlo- rella had been eliminated in advance. We discussed the origin and history of symbiosis between hydra and green algae based on the analysis..
2. Hitomi Kawaida, Hiroshi Shimizu, Toshitaka Fujisawa, Hidenori Tachida, Yoshitaka Kobayakawa, Molecular phylogenetic study in genus Hydra, Gene, 10.1016/j.gene.2010.08.002, 468, 30-40, 2010.08.
3. Amimoto Y., Kodama R., Kobayakawa Y., Foot formation in Hydra: A novel gene, anklet, is involved in basal disk formation., Mechanisms of Development, 123, 352-361., 2006.01.
4. Kobayakawa Y & Kodama R., Foot formation in Hydra: Commitment of the basal disk cells in the lower peduncle., Develop. Growth Differ, 44, 6, 517-526, 44,517-526, 2002.12.
5. Nagano T., Ito Y., Tashiro K., Kobayakawa Y. & Sakai M., Dorsal induction from dorsal vegetal cells in Xenopus occurs after mid-blastula transution., Mechanisms of Development, 10.1016/S0925-4773(00)00251-3, 93, 1-2, 3-14, 93,3-14, 2000.01.
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本進化学会
日本動物学会
日本発生生物学会
日本科学者会議
学協会役員等への就任
2010.05~2014.05, 日本科学者会議, 福岡支部事務局長.
2005.01, 動物学会, 支部委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.12.07~2018.12.09, 日本科学者会議第22回総合学術研究集, 大会実行委員.
2014.09.12~2014.09.14, 日本科学者会議第20回総合学術研究集会, 実行委員・事務局次長.
2008.09, 日本動物学会 第79回大会, 準備委員会委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 刺胞動物と緑藻との共生の起源・共進化過程の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」