九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
谷口 秀子(たにぐち ひでこ) データ更新日:2019.11.20

教授 /  言語文化研究院 国際文化共生学部門 国際共生学


教育活動概要
【大学院:人間環境学府国際社会開発プログラム】
 「ジェンダー開発論I」
 「ジェンダー開発論II」
 「社会開発概論I」
 「社会開発概論II」

【全学共通教育言語文化科目担当】

【ジェンダー関連科目】
 総合科目「女性学・男性学」分担担当
 
【21世紀プログラム】
 21 世紀プログラム、プログラムゼミ(「ジェンダーを考える」)を担当。(2002年度、2003年度)
21世紀プログラム、チュートリアル担当(2006年度、2007年度、2008年度、2009年度)

【卒業論文指導】
 21世紀プログラム学生の卒業論文指導担当(2012年度、2013年度、2014年度)

【教科書執筆】
1.Selected Short Stories by Thomas Hardy(開文社出版,1992(吉田徹夫,松田雅子と共編注))
2.Issues in Bioethics(開文社出版、2010(松村瑞子、因京子、吉村治郎他と共著)
担当授業科目
2019年度・秋学期, 学術英語C・テーマベース.

2019年度・冬学期, 学術英語C・テーマベース.

2019年度・後期, 学術英語B・インテグレイト.

2019年度・後期, 学術英語B・インテグレイト.

2019年度・後期, 学術英語B・インテグレイト.

2019年度・後期, ジェンダー開発論Ⅱ.

2019年度・前期, ジェンダー開発論I.

2019年度・前期, 女性学・男性学.

2019年度・春学期, 学術英語Cテーマベース.

2019年度・夏学期, 学術英語Cテーマベース.

2019年度・前期, 学術英語Aプロダクション.

2019年度・前期, 学術英語Aリセプション.

2019年度・前期, 学術英語Aリセプション.

2019年度・前期, 学術英語Aプロダクション .

2018年度・前期, 女性学・男性学.

2018年度・前期, ジェンダー開発論I.

2018年度・前期, 学術英語2・リーディング・リスニング .

2018年度・前期, 学術英語Aプロダクション .

2018年度・前期, 学術英語Aプロダクション.

2018年度・前期, 学術英語Aリセプション.

2018年度・前期, 学術英語Aリセプション.

2017年度・後期, ジェンダー開発論II.

2017年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2017年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2017年度・後期, 学術英語1・リーディング・リスニングB.

2017年度・後期, 学術英語2・リーディング・リスニング.

2017年度・前期, ジェンダー開発論I .

2017年度・前期, 女性学・男性学II.

2017年度・前期, 女性学・男性学I.

2017年度・前期, 学術英語2・テストテイキング .

2017年度・前期, 学術英語2・リーディング・リスニング.

2017年度・前期, 学術英語2・リーディング・リスニング .

2017年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2016年度・後期, ジェンダー開発論II.

2016年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2016年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2016年度・後期, 学術英語2・リーディング・リスニング.

2016年度・後期, 学術英語2・リーディング・リスニング.

2016年度・前期, ジェンダー開発論I.

2016年度・前期, 女性学・男性学.

2016年度・前期, 学術英語2・テストテイキング.

2016年度・前期, 学術英語2・テストテイキング.

2016年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA .

2016年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA .

2015年度・後期, ジェンダー開発論II.

2015年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB  .

2015年度・後期, 学術英語2・リーディング・リスニング.

2015年度・後期, 学術英語2・リーディング・リスニング.

2015年度・後期, 学術英語1・リーディング・リスニングB.

2015年度・前期, ジェンダー開発論I.

2015年度・前期, 女性学・男性学.

2015年度・前期, 学術英語1・ライティング・スピーキングA.

2015年度・前期, 学術英語2・リーディング・リスニング.

2015年度・前期, 学術英語1・リーディング・リスニングA.

2015年度・前期, 学術英語1・リーディング・リスニングA.

2014年度・後期, ジェンダー開発論II.

2014年度・後期, 21世紀プログラム卒業研究.

2014年度・後期, 学術英語1・リーディング・リスニングB.

2014年度・後期, 学術英語1・リーディング・リスニングB.

2014年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2014年度・後期, 学術英語1・ライティング・スピーキングB.

2014年度・後期, 英語IV.

2014年度・前期, ジェンダー開発論I.

2014年度・前期, 女性学・男性学.

2014年度・前期, 英語IIIB.

2014年度・前期, 英語IV.

2014年度・前期, 学術英語ライティング・スピーキング.

2014年度・前期, 21世紀プログラム卒業研究.

2013年度・後期, ジェンダー開発論II.

2013年度・後期, 英語IV.

2013年度・後期, 英語IIA.

2013年度・後期, 英語IIA.

2013年度・後期, 英語IIB.

2013年度・後期, 21世紀プログラム卒業研究.

2013年度・前期, ジェンダー開発論I.

2013年度・前期, 女性学・男性学.

2013年度・前期, 英語IIA.

2013年度・前期, 英語IIA.

2013年度・前期, 英語I.

2013年度・前期, 英語I.

2012年度・後期, ジェンダー開発論II.

2012年度・後期, 英語IV.

2012年度・後期, 英語IIIA.

2012年度・後期, 英語IIIA.

2012年度・後期, 英語IIB.

2012年度・後期, 21世紀プログラム卒業研究.

2012年度・前期, ジェンダー開発論I.

2012年度・前期, 女性学・男性学.

2012年度・前期, 英語IIA.

2012年度・前期, 英語IIA.

2012年度・前期, 英語IIIB.

2012年度・前期, 21世紀プログラム卒業研究.

2011年度・後期, ジェンダー開発論II.

2012年度・前期, 英語I.

2011年度・後期, 英語IV.

2011年度・後期, 英語IV.

2011年度・後期, 英語IIIA.

2011年度・後期, 英語IIB.

2011年度・前期, ジェンダー開発論I.

2011年度・前期, 女性学・男性学.

2011年度・前期, 英語IIIB.

2011年度・前期, 英語IIA.

2011年度・前期, 英語IIA.

2011年度・前期, 英語IV.

2010年度・後期, ジェンダー開発論II.

2010年度・後期, 英語IV.

2010年度・後期, 英語IIB.

2010年度・後期, 英語IIIA.

2010年度・後期, 英語IIIA.

2010年度・前期, ジェンダー開発論I.

2010年度・前期, 社会開発概論I.

2010年度・前期, 女性学・男性学A.

2010年度・前期, 英語IIA.

2010年度・前期, 英語IIA.

2010年度・前期, 英語I.

2010年度・前期, 英語I.

2009年度・前期, ジェンダー開発論I.

2009年度・前期, 社会開発概論II.

2009年度・前期, 女性学・男性学A.

2009年度・前期, 英語IIA.

2009年度・前期, 英語IIA.

2009年度・前期, 英語IIIB.

2009年度・前期, 英語I.

2009年度・前期, 英語I.

2009年度・前期, 21世紀プログラムチュートリアルVII.

2009年度・後期, ジェンダー開発論II.

2009年度・後期, 21世紀プログラムチュートリアルVIII.

2009年度・後期, 英語IIIA.

2009年度・後期, 英語IIIA.

2009年度・後期, 英語IV.

2008年度・前期, 21世紀プログラムチュートリアルV.

2008年度・前期, 社会開発概論I.

2008年度・前期, 女性学・男性学A.

2008年度・前期, 英語IIIB.

2008年度・前期, 英語IIIB.

2008年度・前期, 英語IIA.

2008年度・前期, 英語I.

2008年度・後期, ジェンダー開発論I.

2008年度・後期, 21世紀プログラムチュートリアルVI.

2008年度・後期, 英語IIIA.

2008年度・後期, 英語IIB.

2008年度・後期, 英語IV.

2008年度・後期, 英語IV.

2007年度・後期, 21世紀プログラム・チュートリアルIV.

2007年度・後期, 英語IV.

2007年度・後期, 英語IV.

2007年度・後期, 英語IIIA.

2007年度・後期, 英語IIIA.

2007年度・後期, 英語IIB.

2007年度・前期, 総合科目:女性学・男性学.

2007年度・前期, 21世紀プログラム、チュートリアルIII.

2007年度・前期, 英語IV.

2007年度・前期, 英語IV.

2007年度・前期, 英語IIIB.

2007年度・前期, 英語IIA.

2007年度・前期, 英語I.

2006年度・後期, 21世紀プログラムチュートリアルII.

2006年度・後期, 英米言語文化演習II.

2006年度・後期, 英語IIB.

2006年度・後期, 英語IIIA.

2006年度・後期, 英語IIIA.

2006年度・前期, 英語IIA.

2006年度・前期, 英語IIA.

2006年度・前期, 英語I.

2006年度・前期, 21世紀プログラム・チュートリアルI.

2006年度・前期, インテンシブ英語演習II.

2006年度・前期, インテンシブ英語演習II.

2006年度・後期, 言語コミュニケーション論.

2005年度・後期, インテンシブ英語演習I.

2005年度・後期, インテンシブ英語演習I.

2005年度・後期, インテンシブ英語演習I.

2005年度・後期, 英米言語文化演習II.

2005年度・前期, 総合英語演習.

2005年度・前期, 英米言語文化演習I.

2005年度・前期, インテンシブ英語演習I.

2005年度・前期, インテンシブ英語演習I.

2005年度・前期, インテンシブ英語演習II.

2004年度・後期, インテンシブ英語演習I.

2004年度・後期, 言語コミュニケーション論.

2004年度・後期, 総合英語演習.

2004年度・後期, インテンシブ英語演習II.

2004年度・後期, 総合英語演習.

2004年度・後期, 英米言語文化演習I.

2004年度・前期, インテンシブ英語演習I.

2004年度・前期, 総合英語演習.

2004年度・前期, 英米言語文化演習II.

2004年度・前期, インテンシブ英語演習.

2004年度・前期, 総合英語演習.

2003年度・前期, 英米言語文化演習II.

2003年度・前期, インテンシブ英語演習.

2003年度・前期, 英米言語文化演習II.

2003年度・前期, 21世紀プログラム・プログラムゼミ(ジェンダーを考える).

2003年度・前期, 英米言語文化演習I.

2003年度・後期, 英米言語文化演習I.

2003年度・後期, インテンシブ英語演習I.

2003年度・後期, 21世紀プログラム・プログラムゼミ(ジェンダーを考える).

2003年度・後期, 英米言語文化演習II.

2003年度・後期, 総合英語演習.

2002年度・前期, 英語.

2002年度・前期, 英語.

2002年度・前期, 英語.

2002年度・前期, 英語.

2002年度・前期, 英語.

2002年度・前期, 21世紀プログラム・プログラムゼミ(文化とジェンダー).

2002年度・後期, 21世紀プログラム・プログラムゼミ(文化とジェンダー).

2002年度・後期, 英語.

2002年度・後期, 英語.

2002年度・後期, 英語.

2002年度・後期, 英語.

2002年度・後期, 英語.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.09, 部局, 参加, 研究費の使用ルールについて.

2018.05, 部局, 参加, 九州大学学術情報リポジトリ(QIR)登録方法について.

2018.01, 部局, 企画, New English Curriculum.

2016.07, 部局, 参加, エピペンの使用法について.

2015.12, 部局, 企画, 外国語教育ウェブシステムとCALL科目への応用.

2015.07, 部局, 企画, 科研に関するFD.

2015.07, 部局, 企画, 研究倫理に関するFD.

2015.03, 部局, 参加, CLIL・内容言語統合型学習の試み:内容・言語・思考・協学の組み合わせで外国語学習の活性化を図る.

2014.09, 部局, 企画, 言語文化研究院主催ハラスメントに関するFD「大学教員が遭遇しうるハラスメント」.

2014.07, 部局, 企画, 科学研究費申請に関するFD.

2014.02, 部局, 参加, 英語新カリキュラムFD.

2012.02, 部局, 企画, キャンパス移転の基本計画について.

2012.01, 部局, 司会, ハラスメント防止に関するFD.

2011.09, 部局, パネリスト, 科研費に関するFD.

2010.12, 部局, 企画, ハラスメントとは何か.

2010.09, 部局, 企画, 科学研究費申請と研究の向上.

2010.07, 部局, 司会, 成績評価とITの活用.

2010.05, 部局, 企画, 英国における大学教育の現状.

2010.04, 部局, 企画, 言語文化研究院の情報発信戦略を考えるーーHPの充実と今後の展望ーー.

2009.05, 部局, 参加, Quest Map FD 英語教育に関する聴き取り調査のまとめ.

2008.12, 部局, 参加, Quest Map FD.

2008.11, 部局, 参加, セクハラ研究会.

2008.10, 部局, 参加, 言文 Quest Map FD.

2008.09, 部局, 参加, 言語文化研究院の使命と将来像 を考えるプロジェクト.

2008.07, 部局, 参加, 平成20年度人間環境学府第1回FDセミナー : 「教員の適正配置について」.

2007.12, 部局, 参加, 活気ある授業の創造にむけて―「言語文化科目の授業に関するアンケート」結果の活用―.

2007.07, 部局, 参加, ユネスコにおける生命倫理の取り組み.

2006.04, 学科, 参加.

2005.12, 全学, 参加, 教育効果の向上を目指したTAの在り方.

2004.09, 全学, 参加, 平成16年度第2回全学FD——GPA導入に向けて——.

学生のクラス指導等
2009年度, 学部, 21世紀プログラム.

2008年度, 学部, 21世紀プログラム.

2007年度, 学部, 21世紀プログラム.

2007年度, 全学, 文科2-11組.

2007年度, 全学, 学生委員会委員.

2006年度, 学部, 21世紀プログラム.

2006年度, 全学, 学生委員会委員.

2006年度, 全学, 文科1-11組(経済学部).

2005年度, 全学, 理科2年22組.

2004年度, 全学, 理科1−22組(工学部).

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2017年度, 北九州市立大学文学部 (比較文学概論), 集中講義, 国内.

2016年度, 北九州市立大学文学部 (比較文学概論), 集中講義, 国内.

2014年度, 九州産業大学大学院国際文化研究科国際文化専攻, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 九州産業大学大学院国際文化研究科国際文化専攻, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 放送大学, 2013年5月25日、26日, 集中講義, 国内.

2012年度, 九州産業大学大学院国際文化研究科国際文化専攻, 2012年度, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 放送大学, 2011年10月15,16日, 集中講義, 国内.

2006年度, 放送大学, 2007年2月, 集中講義, 国内.

2005年度, 放送大学, 2006年2月, 集中講義, 国内.

2004年度, 放送大学, 2005年2月12〜13日, 集中講義, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
1994.10, 日韓国際シンポジウム「21世紀の外国語教育の展望」, 日本、福岡, 九州大学言語文化部.

その他の特筆すべき教育実績
2010.04, 教科書作成
Issues in Bioethics(松村瑞子、因京子、吉村治郎他と共著、2010、開文社出版).

2010.02, 21世紀プログラム卒業論文審査.

1992.03, 教科書作成

Selected Short Stories by Thomas Hardy(開文社,1992(吉田徹夫,松田雅子と共編注)) .


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」