九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
阿部 吉雄(あべ よしお) データ更新日:2017.09.22

教授 /  言語文化研究院 国際文化共生学部門 国際共生学


大学院(学府)担当



電子メール
ホームページ
取得学位
博士
専門分野
人間の強制移動、難民支援と社会開発、難民社会論
活動概要
〔研究活動〕
戦前・戦中の東アジア、特に日本、満州、日本軍勢力下の上海租界には合わせて3万人ものユダヤ人がいた。英国と清とのアヘン戦争の後、イラクからアヘン貿易のため上海へ移住したセファルディ系ユダヤ人。ロシア革命に伴うポグロムを逃れて満州(特にハルビン)や上海に移住したアシュケナージ系ユダヤ人。1930年代、ナチスドイツにより迫害されたドイツやオーストリアなどからのアシュケナージ系ユダヤ人。有名な杉原千畝のビザを得て独ソ戦直前のリトアニアから脱出したポーランドのアシュケナージ系ユダヤ人。ドイツ語・英語・中国語・日本語等の文献・資料から当時の日本の政策、ユダヤ人の具体的な生活、コミュニティの組織、文化的活動など多面的に解明する。

〔教育活動〕
全学教育としての初修外国語は大抵の場合、4〜5単位を必修とする第二外国語として選択される事実を踏まえ、将来実社会において必要となった際の再学習を容易にすることを考慮した発音と重要動詞(不規則動詞)の学習に重点を置いている。また授業中の復習や学習目標の明確化によって、学生の多様な学習スタイルに対応できるようにしている。さらに学生にはドイツ語検定試験の受験を勧め、3分の1以上の学生が4級に合格している。2年次に受験する者を含めれば、約半数の学生が4級に合格しているものと思われる。1年次のうちに3級に合格する者もいる。
学府教育では、人間環境学府において難民問題を中心に国際協力や社会開発に関する授業を行っている。受講者は人間環境学府に限らず全学の文系・理系学府の大学院生からなり、自然と文理融合・学際的な状況が生まれている。

九大関連コンテンツ