九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
阿部 吉雄(あべ よしお) データ更新日:2020.01.21

教授 /  言語文化研究院 国際文化共生学部門 国際共生学


主な研究テーマ
社会開発
キーワード:難民支援、人間の安全保障
2007.04.
上海のユダヤ人
キーワード:上海、ユダヤ人、移民、難民
2001.04.
従事しているプロジェクト研究
萌芽的学際研究 「災害・戦争を契機とした専門家の関与と被災者に関する研究」
2019.04~2020.03, 代表者:大森万理子.
アジアにおけるコミュニティを基礎とした持続的地域資源管理の条件解明と国際貢献
2010.04~2012.03, 代表者:佐藤宣子, 九州大学, 九州大学.
IT技術を活用したアジア言語教育環境の構築
2006.04~2008.03, 代表者:曺 美庚, 九州大学, 九州大学
韓国語・中国語のCALL教材.
国立7大学サイバーユニバーシティ
2004.04~2006.12, 代表者:伊藤直哉, 九州大学, 北海道大学
ネットワーク対応型のドイツ語コンテンツを作成する。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. 阿部吉雄, 資料調査:上海ユダヤ人ゲットーでの1944年3月14日の火災, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第42号, 49-58, 2019.03.
2. 阿部吉雄, 資料調査:上海のユダヤ人難民社会における冬期貧民救済事業(1943~1944年), 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 54, 65-75, 2019.02.
3. 阿部吉雄, 資料調査:ユダヤ人難民の船舶による上海渡航, 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 53, 99-113, 2018.02.
4. 阿部 吉雄, 資料調査:上海のユダヤ人難民における猩紅熱の流行, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 39, 59-65, 2017.10.
5. 阿部 吉雄, 資料調査:上海ユダヤ教区の改編(1942年4月), 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 52, 17-28, 2017.03.
6. 阿部 吉雄, 資料調査:上海ユダヤ教区の仲裁裁判所, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 37, 117-123, 37, 2016.10.
7. 阿部 吉雄, 資料調査:上海ユダヤ教区の普通選挙(1941年6月)(下), 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 36, 43-50, 2016.03.
8. 阿部 吉雄, 資料調査:上海ユダヤ教区の普通選挙(1941年6月)(上), 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 35, 93-102, 2015.11.
9. 阿部 吉雄, 資料調査:上海のユダヤ人難民社会による青少年支援, 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 第50号, 65-76, 2015.03.
10. 阿部 吉雄, 資料調査:上海のユダヤ人難民支援組織の医療委員会の報告書, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第33号, 107-116, 2014.10.
11. 阿部 吉雄, 資料調査:上海のユダヤ人難民社会の教区新聞の広告から(1939年)(下), 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 第49号, 79-90, 2014.03.
12. 阿部 吉雄, 資料調査:上海のユダヤ人難民社会の教区新聞の広告から(1939年)(上), 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第32号, 61-69, 2014.03.
13. 阿部 吉雄, 資料調査:上海のユダヤ人難民社会の難民新聞の記事から(1939年)(下), 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第31号, 77-87, 2013.09.
14. 阿部 吉雄, 資料調査:上海のユダヤ人難民社会の難民新聞の記事から(1939年)(上), 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 第48号, 49-61, 2013.03.
15. 阿部 吉雄, 資料調査:Shanghai Jewish Chronicleの「週間医学ニュース」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第29号, 181-189, 2012.10.
16. 阿部吉雄, 資料調査:上海のユダヤ人難民新聞『Shanghai Jewish Chronicle』(1939)の広告から, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第28号, 225~234頁, 2012.02.
17. 阿部吉雄, 資料調査:杉原リストと上海のポーランド総領事館の名簿, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第27号, 103~120頁, 2011.10.
18. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人難民社会における職業教育」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 第46号, 1~9頁, 2011.03.
19. 阿部吉雄, 「資料調査:上海のユダヤ人難民新聞『Shanghai Jewish Chronicle』(1939年)の記事から」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第26号, 155~170頁, 2011.02.
20. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人難民社会の医療」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 第45号、85~95頁, 2010.03.
21. 阿部吉雄, 「資料調査:上海のユダヤ人難民社会の医師」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第25号、169~174頁, 2010.03.
22. 阿部吉雄, 「上海のポーランド系ユダヤ人難民」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 第44号、121~132頁, 2009.03.
23. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人ゲットーへの移住」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 第44号、113~120頁, 2009.03.
24. 阿部吉雄, 「資料調査:上海のユダヤ人難民の観点から見たもうひとつの杉原リスト」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 第43号、119~126頁, 2008.03.
25. 阿部吉雄, 「資料調査:上海のユダヤ人難民の観点から見た杉原リスト」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第23号、167~194頁, 2008.02.
26. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人難民社会における女性の地位」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語科学』, 第42号、39~47頁, 2007.03.
27. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人難民音楽家」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第22号、29~40頁, 2007.02.
28. 阿部吉雄, 「資料調査:上海虹口地区『外人名簿』(1944年8月)に見られるユダヤ人難民」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第21号、147〜163頁, 2006.02.
29. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人難民子弟への学校教育」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第21号、31〜39頁, 2006.02.
30. 阿部吉雄, 「上海のセファルディ系ユダヤ人」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第20号、41〜53頁, 2005.02.
31. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人に関するドイツ総領事館の報告(1940年1月)」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第19号、113〜124頁, 2004.01.
32. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人『移住者住所録』(1939年11月)と興亜院華中連絡部の『上海ニオケル猶太人ノ状況(主トシテ欧州避難猶太人)』(1940年1月)」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第18号、111〜127頁, 2003.06.
33. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人『移住者住所録』(1939年)」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第17号、141〜157頁, 2003.02.
34. 阿部吉雄, 「戦前の日本における対ユダヤ人政策の転回点」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第16号、1〜13頁, 2002.07.
35. 阿部吉雄, 「上海のユダヤ人ゲットー設置に関する考察」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第15号、45〜59頁, 2002.02.
36. 阿部吉雄, 「ディエゲーシスからミメーシスへ、虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷、(5)擬似ミメーシスとしての書簡体小説(ゲーテの『若きヴェルターの苦悩』)」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第13号、65〜78頁, 2001.02.
37. 阿部吉雄, 「ディエゲーシスからミメーシスへ、虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷、(4)ミメーシスへの到達(カフカの『アメリカ』、『審判』、『城』)」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 第12号、1〜14頁, 2000.08.
38. 阿部吉雄, 「ディエゲーシスからミメーシスへ、虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷、(3)1800年前後のディエゲーシス的テクスト(ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』と『親和力』)」, 九州大学大学院言語文化研究院『独仏文学研究』, 第50号、47〜59頁, 2000.05.
39. 阿部吉雄, 「ディエゲーシスからミメーシスへ、虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷、(2)17世紀のディエゲーシス的テクスト(グリンメルスハウゼの『ジンプリチシムスの冒険』)」, 九州大学大学院言語文化研究院『言語文化論究』, 言語情報特集号、53〜65頁, 1999.10.
40. 阿部吉雄, 「ディエゲーシスからミメーシスへ、虚構言語における状況定位表現の歴史的変遷、(1)具体的作品(ゴットフリート・ケラーの『緑のハインリヒ』)による理論の検証」, 九州大学大学院言語文化研究院『独仏文学研究』, 第49号、23〜34頁, 1999.07.
41. 阿部吉雄, 「バイオリン弾きと理想郷─アイヒェンドルフ、グリルパルツァー、ケラー」, ドイツ文学研究誌『かいろす』, 第31号、13~27頁, 1993.11.
42. 阿部吉雄, 「ゴットフリート・ケラーの『村のロメオとユリア』─シェークスピアの『ロミオとジュリエット』との比較」, ドイツ文学研究誌『かいろす』, 第28号、15~29頁, 1990.11.
43. 阿部吉雄, 「語り理論の諸問題─シュタンツェル批判を手がかりにして」, ドイツ文学研究誌『かいろす』, 第27号、17~40頁, 1989.11.
44. 阿部吉雄, 「テクスト分析の試み─『緑のハインリヒ』」, ドイツ文学研究誌『かいろす』, 第20号、83~96頁, 1982.11.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 阿部 吉雄, 第2次世界大戦時、中国上海に存在したユダヤ人難民社会の実態研究, 2007.04.
2. 阿部吉雄, Christine Renz: Gottfried Kellers "Sieben Legenden", ドイツ文学, 94号、172ページ。, 1995.04.
主要学会発表等
1. 阿部吉雄, 日本のユダヤ専門家による中国大陸における対ユダヤ工作, ショックドクトリン研究会, 2020.01.
2. 阿部 吉雄, 上海のユダヤ人, 日本現代中国学会西日本支部、「現代中国講座」12月例会, 2004.12.
3. 阿部 吉雄, ゴットフリート・ケラーの『緑のハインリヒ』における祈りについて, 日本独文学会, 1982.11.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 岡野進、杉浦謙介、阿部吉雄、Andreas Kasjan, CALLドイツ語, 2007.04, [URL].
2. 阿部吉雄,  「杉原千畝在カウナス副領事発給ビザ・リスト(1940年7~8月)データベース」, 2008.06
杉原千畝がリトアニアのカウナスで1940年7~8月に発給したいわゆる「命のビザ」のリスト。, [URL].
学会活動
所属学会名
人間の安全保障学会
日本独文学会
日本現代中国学会
西日本独文学会
グリンメルスハウゼン学会
学協会役員等への就任
2015.04~2016.03, 九州大学言語研究会, 会長.
2007.04~2008.03, 九州大学言語研究会, 会長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.11.17~2018.11.18, 第70回日本独文学会西日本支部学会, 司会.
2011.09~2011.09.01, 人間の安全保障学会, パネル発表委員.
2008.05.01~2008.05.01, 日本現代中国学会西日本部会春季研究集会, 九州大学における開催の世話.
2007.05.01~2007.05.01, 日本現代中国学会西日本部会春季研究集会, 九州大学における開催の世話.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2012.04~2014.03, 九州大学大学院言語文化研究院FLC叢書, 国内, 編集委員.
2008.11~2010.03, 言語文化論究, 国内, 編集委員.
2008.04~2010.03, 言語科学, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2015年度      
2014年度      
2011年度      
2007年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
上海市档案館, China, 2014.03~2014.03.
上海市档案館, 上海市図書館, 上海猶太難民記念館, China, 2013.03~2013.03.
上海市档案館, 上海市図書館, China, 2010.03~2010.03.
上海市図書館, 上海市档案館, 上海猶太難民記念館, China, 2008.08~2008.08.
上海市図書館, 上海市档案館, China, 2007.03~2007.03.
現地調査, China, 2005.08~2005.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 「ユダヤ人難民は上海でいかにして第2次世界大戦を生き抜いたか」.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 「上海のユダヤ人難民社会における生活再建に関する研究」.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 代表, 「人間の安全保障の観点による上海のユダヤ人難民社会の研究」.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 代表, 「上海のユダヤ人難民社会の人的構成及び共同体としての存在様態に関する研究」.
2005年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, 「第2次世界大戦時、中国上海に存在したユダヤ人難民社会の実態研究」.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」