九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
志水 俊広(しみず としひろ) データ更新日:2020.02.17

准教授 /  言語文化研究院 言語環境学部門 言語教育学講座


主な研究テーマ
CLILと英語教育
キーワード:内容言語統合学習、英語教育
2014.04.
小中高大における英語教育の連携
キーワード:小学校、中学校、高等学校、大学、英語教育、連携
1999.04.
第二言語習得における普遍文法の役割
キーワード:第二言語習得、普遍文法、下接条件、wh句移動
1991.07.
アジアにおける英語教育
キーワード:アジア、英語教育
1999.04.
英語学習におけるGYUTO-Eの効果の検証
キーワード:英語学習、GYUTO-E,学習効果
2006.07.
標準化テストによる九大生の英語力の検証
キーワード:標準化テスト、九大生、英語力
2006.04.
従事しているプロジェクト研究
領域横断型の英語読解聴解教材開発―CLIL(内容言語統合型学習)支援の取り組み―
2014.08~2016.03, 代表者:松村瑞子, 九州大学.
多様な大学環境における英語eラーニング―学習管理から自律的学習へ―
2013.04~2016.03, 代表者:青木信之, 広島市立大学.
多様な大学環境での英語eラーニングの量と質を向上させるラーニングマネジメントの研究
2009.04~2012.03, 代表者:青木信之, 広島市立大学.
生命倫理を主題とする内容重視の言語指導教材・プログラム開発
2007.04~2007.12, 代表者:松村瑞子, 九州大学.
多様な大学環境における英語eラーニングの効果とラーニングマネージメントの研究
2006.04~2009.03, 代表者:青木信之, 広島市立大学.
大学の外国語教育における批判的ニーズ分析
2004.04~2005.03, 代表者:志水俊広, 九州大学大学院言語文化研究院, 九州大学(日本).
サイバースペースと活用した国際言語情報の多元的研究と教育
1999.04~2001.06, 代表者:山内正一, 九州大学, 九州大学(日本).
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. SHIMIZU, Toshihiro, EAP at Kyushu University in Japan: 30 years of ELT, 54th RELC International Conference and 5th Asia-Pacific LSP and Professional Communication Association Conference, 2019.03.
学会活動
所属学会名
大学英語教育学会(JACET)
外国語教育メディア学会(LET)
九州英語教育学会(KASELE)
福岡言語学会(FLC)
日本第二言語習得学会(JSLA)
学協会役員等への就任
2018.04, 外国語教育メディア学会, 機関誌編集委員.
2015.06~2019.06, 大学英語教育学会(JACET), 理事.
2014.07~2016.07, 大学英語教育学会(JACET), 九州・沖縄支部副支部長.
1995.04, 大学英語教育学会(JACET), 研究企画委員.
2001.05, 日本第二言語習得学会(JSLA), 運営委員.
2002.04~2004.03, 福岡言語学会(FLC), 事務局.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.08.28~2018.08.30, The JACET (Japan Association of College English Teachers) 57th (2018) International Convention, 大会担当理事、総合司会.
2017.08.29~2017.08.31, The JACET (Japan Association of College English Teachers) 56th (2017) International Convention, 大会担当理事、総合司会.
2016.09.01~2016.09.03, The JACET (Japan Association of College English Teachers) 55th (2016) International Convention, 大会担当理事、総合司会.
2015.08.29~2015.09.01, The JACET (Japan Association of College English Teachers) 54th (2015) International Convention, 大会運営理事およびシンポジウムのコーディネータ兼パネリスト.
2015.08.04~2015.08.06, 外国語教育メディア学会(LET)第55回(2015年度)全国研究大会, 公募シンポジウムのパネリスト.
2008.07~2008.07, 第22回大学英語教育学会九州・沖縄支部支部研究大会, シンポジウムのパネリスト.
2007.08, 外国語教育メディア学会第47回全国研究大会, シンポジウムのパネリスト.
2006.08, 4th Asia TEFL International Conference, 大会実行委員.
1999.08, 12eme Congres Mondial de Linguistique Appliquee, シンポジウムのパネリスト.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2018.04, Language, Education & Technology, 国内, 編集委員.
2017.04~2018.03, Language, Education & Technology, 国内, 査読委員.
2007.04, 大学英語教育学会 JACET Journal, 国内, 査読委員.
2002.04~2004.03, 大学英語教育学会 JACET Bulletin, 国内, 査読委員.
1998.04, 大学英語教育学会九州沖縄支部研究紀要, 国内, 編集委員.
2002.04~2004.03, 大学英語教育学会九州沖縄支部研究紀要, 国内, 編集委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2012年度      
2007年度      
2006年度    
2005年度      
2004年度    
2003年度      
2002年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Regional Language Centre (RELC), Singapore, 2019.03~2019.03.
上海外国語大学, 華東師範大学, China, 2017.03~2017.03.
山東大学, 山東師範大学, China, 2016.03~2016.03.
上海外国語大学, China, 2016.03~2016.03.
仁川大学校, Korea, 2015.03~2015.03.
華東師範大学, China, 2014.03~2014.03.
ケンブリッジ大学, UnitedKingdom, 2013.08~2013.09.
ケンブリッジ大学, UnitedKingdom, 2012.08~2012.09.
ケンブリッジ大学, UnitedKingdom, 2010.08~2010.09.
高麗大学校, Korea, 2005.06~2005.06.
ハワイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2004.12~2004.12.
ケンブリッジ大学, UnitedKingdom, 2004.08~2004.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2015.05~2015.08, 1ヶ月以上, Kansas State University, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
受賞
Harry Whitten Prize, University of Hawaii, 1994.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 多様な大学環境における英語eラーニング―管理される学習から自律的学習へ―.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, 多様な大学環境での英語eラーニングの量と質を向上させるラーニングマネジメント研究.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 多様な大学環境における英語eラーニングの効果とラーニングマネージメントの研究.
2003年度~2004年度, 萌芽研究, 代表, 大学の外国語教育における批判的ニーズ分析.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2015年度, 九州大学教育の質向上支援プログラム, 分担, 領域横断型の英語読解聴解教材開発―CLIL(内容言語統合型学習)支援の取り組み.
2007年度~2008年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(C), 分担, 生命倫理を主題とする内容重視の言語指導教材・プログラム開発.
1999年度~2001年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(C), 分担, サイバースペースと活用した国際言語情報の多元的研究と教育.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」