九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
大屋 裕二(おおや ゆうじ) データ更新日:2018.07.24

学術研究員 /  応用力学研究所 新エネルギー力学部門 風工学分野


主な研究テーマ
ウィンドソーラータワーの研究開発
キーワード:太陽熱発電、垂直型レンズ構造体、上空風発電、コジェネレーション、トリプルジェネレーション
2015.01.
レンズ風車を用いたマルチロータシステムによる大出力化
キーワード:ディフューザ付き風車、マルチロータ、風力
2014.01.
洋上浮体式複合エネルギーファームの研究開発
キーワード:風力、太陽光、潮流、波力
2010.10.
レンズ水車を利用した高効率小水力発電システムの研究開発
キーワード:風レンズ、レンズ水車、マイクロ・ミニ水力、河川
2011.04.
風力エネルギーの有効利用に関する研究
キーワード:レンズ風車、集風装置付き風車、つば付きディフューザ、
1999.04.
大気境界層に関する研究
キーワード:大気境界層、乱流、成層流、風洞実験、数値解析
1993.04.
局地的な風況予測法に関する研究
キーワード:風況、数値計算、風洞実験、大気環境
1996.04.
物体周りの流れとその空力特性
キーワード:空力特性、可視化、数値計算、風洞実験
1981.04.
従事しているプロジェクト研究
小風力・小水力発電システムに関する事業化可能性調査事業
2015.11, 熊本県工業連合会 組込みシステムビジネス部会
熊本県内において、小風力・小水力発電システムに関する事業の可能性を検討する。.
ウィンドソーラータワーに関する研究
2015.01, 代表者:大屋裕二, 九州大学.
レンズ風車を用いたマルチロータシステムに関する研究
2014.01, 代表者:大屋裕二, 九州大学, 経済産業省NEDO
レンズ風車を用いてマルチロータ風車システムを開発する、20kW未満の小型風車範疇と100kW機で構成する中型クラスタレンズ風車を研究開発する。.
浮島式洋上エネルギーファーム
2011.04, 代表者:大屋裕二, 九州大学.
気流拡散計算コードの高速化に関する共同研究
2011.02~2012.03, 代表者:大屋裕二.
風洞内平板境界層のLESによる再現計算に関する共同研究
2010.05~2011.03, 代表者:大屋裕二.
小型風レンズ風車の実用性実証
2011.04~2013.03, 代表者:大屋裕二.
風レンズ技術を核とする革新的中型・小型風車システム導入に関する技術
2012.04~2013.03, 代表者:大屋裕二.
離島における局所風況の把握とレンズ風車導入に関する研究開発
2012.10~2013.03, 代表者:大屋裕二.
クリーンな風力発電によって電気自動車を運用するプロジェクト
2008.04~2010.03, 代表者:大屋裕二, 九州大学応用力学研究所, 九州大学応用力学研究所(日本)
風力発電によるクリーンな電力で電気自動車を運用するプロジェクト。伊都キャンパスに3kWのレンズ風車を設置し、電力ステーションまで系統連携で電気を導き、電気自動車をキャンパス内、および学研都市駅間で運用する。.
中国における灌漑用の分散型安定電源として活用するためのレンズ風車技術
2006.04~2011.03, 代表者:大屋裕二, 九州大学応用力学研究所, 九州大学応用力学研究所(日本)
中国の西北部地域に潜在する膨大な風力エネルギーを有効利用して、地球環境に多大な影響を及ぼす中国の広大な砂漠域の緑化事業の第一歩を踏み出す。このために移動設置可能な小規模サイズの高効率レンズ風車(ロータ直径1m-2.5m, 定格発電出力1-5kW)を6台規模で砂漠域にグリッド配置した。これらを独立分散型電源のネットワークとして構成し、バッテリー等を用いた電力貯蔵技術と組み合わせてマイクログリッドとしての電力の安定供給を図り、地下水汲み上げ灌漑システムのミニプラントを構築した。このプラントによって砂漠域の植林・緑化に着手し、その有効性を検証する。この事業に必要な新規の技術開発は、日本仕様として設計されている現行の1kWレンズ風車を、中国西北部地域の風況に適したより実用的な風車へと改良し高性能化すること、また3kW-5kW級レンズ風車へとより大型化することである。平成19年度は、1kWレンズ風車の更なる高性能化、および3-5kWレンズ風車の実用化を急ぎ、合計6台の5kWレンズ風車を甘粛省の北西部の砂漠域に建設し、ウインドファームとして発電性能の評価、ならびに灌漑施設の設置、そして緑化を行う事業を開始した。平成20年度と23年度には現地に赴き、引き続きそのメンテナンスシステムの改良を実施した。.
九州大学次世代エネルギープロジェクト
2011.04~2012.03, 代表者:九州大学総長, 九大, 九州大学〔日本)
太陽光、風力、水素、燃料電池など、再生可能なクリーンエネルギーの取得と2次変換エネルギー、などを包括した総合的な新世代エネルギーシステムの構築に関する研究.
地域新生コンソーシアム研究開発事業「コンプレッサーレスの高圧水電解水素ステーションの開発」
2004.04~2006.03, 代表者:杉村丈一, 九州大学工学研究院, 九州大学工学研究院(日本)
コンプレッサーを必要としない高圧水素を製造する技術の開発.
地域新生コンソーシアム研究開発事業「複雑地形へ適用可能な行政用拡散モデル及び長期予測システム開発」
2002.04~2004.03, 代表者:大場良二, 三菱重工業(日本), 三菱重工業長崎研究所(日本)
緊急時の汚染物質の予測を短時間で可能とする大気拡散モデルを構築する。.
東アジア環境プロジェクト
2008.02~2009.03, 九州大学(日本)
九州大学は,東アジアの急速な経済発展に伴って顕在化した国境を越える大規模な環境汚染問題(大気汚染,河川・海洋汚濁,廃棄物問題,食品汚染など)に対して大学全体で取り組むため,2007年に「東アジア環境問題プロジェクト」を発足させた.2009年には,東アジア環境研究機構(RIEAE)を設置した.現在,本プロジェクトの大気環境グループの主要メンバーとして活動中である.2008年8月には,「第2回東アジア環境問題国際シンポジウムEAEP2008(8.26-27)」が中国の上海と無錫において開催され,RIAM-COMPACT®を用いたこれまでの研究成果を発表した.2009年には,「第3回東アジア環境問題国際シンポジウムEAEP2009(12.3-4)」が九州大学西新プラザで開催され,RIAM-COMPACT®による最新の研究成果を発表した。
.
環境省 平成22-24年度 地球温暖化対策技術開発等事業
2010.07~2013.03, 代表者:大屋 裕二, 九州大学 応用力学研究所, 環境省(日本)
風レンズ技術を核とする革新的中型・小型風車システム導入に関する技術開発の一環として、イギリス南部で野外試験を行い、レンズ風車による航空ドップラーレーダー干渉の回避可能性に関する研究を、UCL(ロンドン大学)と共同で行い、その有効性を確認した。なお、この結果については、IEEEに国際発表されている。.
風レンズ風車のブレードの振動原因の究明と大型ブレードの実働ひずみ計測
2011.04~2012.03, 代表者:小田原 悟, 鹿児島工業高等専門学校, 九州大学.
風力発電の高出力化に関する研究(高効率レンズ風車の開発)
2000.04, 代表者:大屋裕二, 応用力学研究所, 九州大学応用力学研究所(日本)
風力発電量は風速の3乗に比例する。このため風エネルギーを集中させる装置を開発し、従来の単独風車と比較して3−5倍の高出力を得ている。これを民間会社と連携しレンズ風車として実用化を図っている。.
高効率風レンズ風車(5kW)の分散化電源実用化プロジェクト
2008.09~2008.09, 代表者:大屋裕二, 九州大学 応用力学研究所, 九州大学 応用力学研究所(日本)
屋上風を利用することを目的とし、第1号機を安川電機行橋工場に設置した。.
高密度洋上浮体エネルギーファーム
2010.10, 代表者:大屋裕二 ・ 経塚雄策, 九州大学筑紫キャンパス, 九州大学〔日本)
洋上に大型浮体を浮かべる、その上で風力、太陽光、その下で潮流、波力の発電を行う。.
21世紀COEプログラム「水素利用機械システムの統合技術」、水素供給技術コラボ(分担)
2003.04~2007.03, 代表者:村上敬宜, 九州大学工学研究院, 九州大学(日本)
革新的な水素生成、貯蔵、供給、管理システムの構築.
研究業績
主要著書
1. Y. Ohya, A. Okajima and M. Hayashi, Wake Interference and Vortex Shedding, Encyclopedia of Fluid Mechanics, Vol.8, Gulf Publishing Co., N. P. Cheremisinoff Ed., Wake and interference, pp.323-389, 1989.12.
主要原著論文
1. Yuji Ohya, Bluff body flow and vortex-its application to wind turbines, Fluid Dynamics Research, 10.1088/0169-5983/46/6/061423, 46, 6, 061423, 2014.12.
2. Yuji Ohya, Takanori Uchida, Tomoyuki Nagai, Near Wake of a Horizontal Circular Cylinder in Stably Stratified Flows, Open Journal of Fluid Dynamics, 10.4236/ojfd.2013.34038, 3, 4, 311-320, 2013.12, The near wake of a circular cylinder in linearly stratified flows of finite depth was experimentally investigated by means of flow visualization and measurements of vortex shedding frequencies, at Reynolds numbers 3.5 × 103-1.2 × 104 and stratification parameters kd 0-2.0. The non-dimensional parameter kd is defined as kd = Nd/U, where N is the Brunt-Vaisala frequency, d, the diameter of the cylinder, and U, the approaching flow velocity. The study demonstrates that as kd increases from zero, the vortex shedding from a circular cylinder progressively strengthens, while the Strouhal number gradually becomes lower than that for homogeneous flow. This phenomenon can be explained by the effect of the increasingly stable stratification which enhances the two-dimensionality of the near-wake flow of the circular cylinder; the enhanced two-dimensionality of the flow strengthens the roll-up of the separated shear layer. Above a certain value of kd, however, vortex formation and shedding are strongly suppressed and the Strouhal number rises sharply. This observation is attributable to the development of stationary lee waves downstream of the circular cylinder because the lee waves strongly suppress vertical fluid motions..
3. Takeo Mizota, Kouhei Kurogi, Yuji Ohya, Atsushi Okajima, Takeshi Naruo, Yoshiyuki Kawamura, The strange flight behaviour of slowly spinning soccer balls, Nature SCIENTIFIC REPORTS, 10.1038/srep01871, 3, 2013.05, サッカーボールなどでよく言われる無回転シュートが、なぜ左右上下にランダムに揺れるかの理由を解明した。.
4. Shuhei Takahashi, Yuta Hata, Ohya Yuji, karasudani takashi, Uchida Takanori, Behavior of the Blade Tip Vortices of a Wind Turbine Equipped with a Brimmed-Diffuser Shroud, Energies2012, 10.3390/en5125229, 5, pp.5229-5242, 2012.12, To clarify the behavior of the blade tip vortices of a wind turbine equipped with a brimmed-diffuser shroud, called a “Wind-Lens turbine”, we conducted a three-dimensional numerical simulation using a large eddy simulation (LES). Since this unique wind turbine consists of not only rotating blades but also a diffuser shroud with a broad-ring brim at the exit periphery, the flow field around the turbine is highly complex and unsteady. Previously, our research group conducted numerical simulations using an actuator-disc approximation, in which the rotating blades were simply modeled as an external force on the fluid. Therefore, the detailed flow patterns around the rotating blades and the shroud, including the blade tip vortices, could not be simulated. Instead of an actuator-disc approximation, we used a moving boundary technique in the present CFD simulation to simulate the flow around a rotating blade in order to focus especially on blade tip vortices. The simulation results showed a pair of vortices consisting of a blade tip vortex and a counter-rotating vortex which was generated between the blade tip and the inner surface of the diffuser. Since these vortices interacted with each other, the blade tip vortex was weakened by the counter-rotating vortex. The results showed good agreement with past wind tunnel experiments..
5. Ohya Yuji, Takanori Uchida, Takashi Karasudani, Masaru Hasegawa, Hiroshi Kume, Numerical Studies of Flow around a Wind Turbine Equipped with a Flanged-Diffuser Shroud using an Actuator-Disk Model, Wind Engineering, 36, 4, 455-472, 2012.08, Unsteady 3-D direct numerical simulations based on the finite-difference method (FDM)
were performed for flow fields around a wind turbine equipped with a flanged-diffuser
shroud. Generally, it is difficult to numerically simulate the flow around rotating bodies such
as the blades of wind turbines because of the unsteady flow generated by moving bodies
with complex geometry. Therefore, we have devised an actuator-disk model for a wind
turbine for simulating the drag and rotational forces exerted on the fluid by the wind turbine.
By incorporating the body forces derived from the actuator-disk model into the external
terms in the Navier-Stokes equations, the unsteady flow around a wind turbine can be
simulated. The results of numerical simulations were compared with the results from wind
tunnel experiments and showed good agreement for the velocity and pressure fields..
6. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, A Shrouded Wind Turbine Generaring High Output Power with Wind-lens Technology, Proceedings of Renewable Energy2010, CD-ROM, 2010.07, 風力エネルギーの有効利用に関する研究である。特色は,風エネルギーを集中させて風力発電の効率を飛躍的に高めた新しいタイプの風力発電システムの開発(レンズ風車と名付けた)と、数値風況予測の高精度シミュレータ (リアムコンパクトと名付けた)にある。数年に亘る研究の結果、従来の風車と比べ,2-5倍の発電出力の増加を達成し,小型(1-5kW機)・中型(100kW機)のレンズ風車を開発した。風力エネルギーのより大きな獲得のため、海上展開を図った。博多湾に直径18mの六角形浮体を浮かべ、3kWレンズ風車2基と1.5kWソーラーパネルを搭載した世界で初めての浮体プラットホーム式のエネルギーファームを実現した。.
7. Yuji Ohya, Takanori Uchida, Near Wake of a Horizontal Circular Cylinder in Stably Stratified Flows, 九州大学応用力学研究所所報, Vol.138, pp.13-22, 2010.03, The near wake of a circular cylinder in linearly stratified flows of finite depth was experimentally investigated by means of flow visualization and measurements of vortex shedding frequencies, at Reynolds numbers 3.5×103–1.2×104 and stratification parameters kd 0–2.0. The non-dimensional parameter kd is defined as kd=Nd/U, where N is the Brunt-Väisälä frequency, d, the diameter of the cylinder, and U, the approaching flow velocity. The study demonstrates that as kd increases from zero, the vortex shedding from a circular cylinder progressively strengthens, while the Strouhal number gradually becomes lower than that for homogeneous flow. This phenomenon can be explained by the effect of the increasingly stable stratification which enhances the two-dimensionality of the near-wake flow of the circular cylinder; the enhanced two-dimensionality of the flow strengthens the roll-up of the separated shear layer. Above a certain value of kd, however, vortex formation and shedding are strongly suppressed and the Strouhal number rises sharply. This observation is attributable to the development of stationary lee waves downstream of the circular cylinder because the lee waves strongly suppress vertical fluid motions..
8. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, A Shrouded Wind Turbine Generaring High Output Power with Wind-lens Technology, Energies, 10.3390/en3040634, 3, 634-649, 2010.03.
9. 大屋 裕二, 風レンズ風車の開発と今後の展望, 応用力学論文集, Vol.12, pp.3-11, 2009.08.
10. Tomohiro Hara, Yuji Ohya, Takanori Uchida, Ryohji Ohba, Wind-Tunnel and Numerical Simulations of the Coastal Thermal Internal Boundary Layer, Bundary Layer Meteorology, Vol 130, PP.365-381, 2009.02.
11. Yuji Ohya, Takanori Uchida, Laboratory and Numerical Studies of the Atmospheric Stable Boundary Layers, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, Journal of Wind Engineering & Industrial Aerodynamics 96(2008),pp.2150-2160, 2008.05.
12. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Akira Sakurai, Ken-ichi Abe, Masashiro Inoue, Development of a Shrouded Wind Turbine with a Flanged Diffuser, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, vol. 96, Issue 6, pp.524-539, 2008.03.
13. Yuji Ohya, Reina Nakamura, Takanori Uchida, Intermittent Bursting of Turbulence in a Stable Boundary Layer with Low-Level Jet, Boundary-Layer Meteorology, vol. 26, No. 3, pp. 349-363, 2008.01.
14. 大屋裕二, 長谷川将, 伊庭周作, 烏谷 隆, 渡辺公彦, 大型化を目指したコンパクトな集風体を有する風レンズ風車の開発, 第19回風工学シンポジウム論文集, 19, 163-168, 2006.12.
15. Y. Ohya, T. Karasudani, Development of a Shrouded Wind Turbine Generating High Output Power with the Wind-Lens Technology, Proc. of the RENEWABLE ENERGY 2006(再生可能エネルギー2006国際会議), CD-ROM, 2006.10.
16. Yuji Ohya, Takashi Karasudani,Akira Sakurai, Masahiro Inoue, Development of a High-Performance Wind Turbine Equipped with a Brimmed Diffuser Shroud, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, 49, 163, 18-24, 2006.05.
17. 大屋裕二, 新型風車あれこれ−風レンズ風車, ターボ機械, 第33巻, 第7号, pp.59-62, 2005.07.
18. Yuji Ohya and Takanori Uchida, Laboratory and numerical studies of the convective boundary layer capped by a strong inversion, Boundary-Layer Meteorology, 10.1023/B:BOUN.0000027913.22130.73, 112, 2, 223-240, Vol.112, pp.223-240, 2004.08.
19. 大屋裕二、烏谷 隆、桜井 晃、井上雅弘, つば付きディフューザー風車による風力発電の高出力化
—第2報—, 日本航空宇宙学会論文集, Vol. 52, No. 604, pp.210-213, 2004.05.
20. Yuji Ohya, Drag of circular cylinders in the atmospheric turbulence, Fluid Dynamics Resrearch, 10.1016/j.fluiddyn.2003.10.002, 34, 2, 135-144, 34, pp.135-144, 2004.01.
21. 内田孝紀, 大屋裕二, 安定成層場における山越え気流の三次元数値シミュレーション —非定常な剥離—再付着流れに対する安定成層の効果—, ながれ, 22, pp.65-78, 2003.01.
22. 井上雅弘、桜井 晃、大屋裕二, つば付きディフューザ風車の簡易理論, ターボ機械, 2002.01.
23. R. Ohba, T. Hara, S. Nakashima, Y. Ohya and T. Uchida, Gas diffusion over an isolated hill under neutral, stable and unstable conditions, Atmospheric Environment, 10.1016/S1352-2310(02)00642-8, 36, 36-37, 5697-5707, Vol.36, pp.5697-5707, 2002.01.
24. Y. Ohya, Wind tunnel study of atmospheric stable boundary layers over a rough surface, Boundary-Layer Meteorology, 10.1023/A:1018767829067, 98, 1, 57-82, vol.98, pp.57-82, 2001.01.
25. 大屋裕二, 温度成層風洞を用いた大気境界層のシミュレーション, 日本航空宇宙学会誌, 49巻、第575号、pp.7-14, 2001.01.
26. 内田孝紀、大屋裕二, 一般曲線座標系・コロケート格子を用いた複雑地形上の安定成層流に関する風況予測, 第15回風工学シンポジウム論文集, pp.131-136, 1998.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 大屋 裕二, 洋上風力発電―漁業協調型浮体式エネルギーファーム, スマートプロセス学会誌, Vol.3,No.2,pp.130-136, 2014.03.
2. 大屋 裕二, 風レンズ技術を利用した流体機械と浮体式洋上エネルギーファーム, 油空圧技術 , 52巻、13号、16-21, 2013.12.
3. Yuji Ohya, Floating energy farm offers windy bounty, NATURE JOBS, 2013.03.
4. 大屋 裕二, レンズ風車と洋上浮体式再生可能エネルギーファーム, 電設技術, NO.722, 59巻, 1号, PP.72-7, 2013.01.
5. 大屋 裕二, 風レンズ技術を用いた風力・水力の利用と洋上浮体式複合エネルギーファーム, 月刊「粉体技術」, 4巻, 12号, 1219-1227, 2012.12.
6. 大屋裕二, 風レンズ技術を用いた風力エネルギーの利用と洋上浮体式再生可能エネルギーファーム, 日本機会学会 動力エネルギーシステム部門ニュースレター, 2012.10.
7. 大屋 裕二, 風レンズ技術を用いた風力・水力の利用と洋上浮体式複合エネルギーファーム, 環境管理(産業環境管理協会), VOL.48, PP.18-26, 2012.09.
8. 大屋裕二, レンズ風車と洋上浮体式複合ファームの紹介, マリンエンジニアリング学術講演会論文集, 82巻、pp.55-59
, 2012.09.
9. 大屋 裕二, レンズ風車を用いた洋上複合発電ファーム-日本の新しい産業への道-, 雑誌「土木技術」, 67巻, 8号, pp.57-61
, 2012.08.
10. 大屋 裕二, レンズ風車を搭載した洋上浮体式複合エネルギーファーム, CIAJ J Comun Inf Netw Assoc Jpn, 第52巻, 第7号, PP.4-9, 2012.07.
11. 大屋 裕二, 風レンズ技術を用いた風力・水力の利用と洋上浮体式複合エネルギーファーム, 中小商工業研究史111号, 2012.07, tekitou.
12. 大屋裕二, レンズ風車とその将来展望, SC JAPAN TODAY, 通巻448号, pp.40-43, 2012.05.
13. 大屋 裕二, 風力発電 -レンズ風車と洋上浮体式複合エネルギーファーム, Biophilia電子版1 第1巻第1号(通巻電子版1号), pp.44-50
, 2012.04, 特集:復興のちから-東日本大震災から1年これからへ向けて
東西日本大震災から1年余り。まだまだ時間は必要だが、復興へ向けて歩みは進められている。本特集では、復興の地から、科学の力での復興・支援の試みや、あらたなまちづくりへの動きなど、「これから」へ向けた取り組みを紹介する。
レンズ風車と洋上浮体式複合エネルギーファームは、その一例として取り上げられた。.
14. 大屋 裕二, 風レンズ風車という新しい風力発電システム, NPO法人 環境・エネルギー・農林業ネットワーク , 峠を越えて, pp.69-81
, 2012.04.
15. 大屋裕二、烏谷 隆、内田孝紀、クリストファー松浦、長井知幸、林田 茂、羽部 亘、経塚雄策 , 環境省平成23年度報告書「地球温暖化対策技術開発等事業」風レンズ技術を核とする革新的中型・小型風車システム導入に関する技術開発, 環境省, 2012.03.
16. 大屋裕二, ~風力発電普及に向け産学協働をさらに高めるために~風レンズ風車の大型化に向けて, 風力エネルギー協会誌, 35巻、3号、pp.227-232
, 2011.11.
17. 大屋裕二, 風レンズのプロジェクトと風力エネルギーの有効利用, 月刊産業と環境, 40巻、4号、pp.23-26

, 2011.11.
18. 大屋 裕二, 風レンズ風車と風力発電, 九州大学学術研究都市推進機構ニュース opackめーる, vol.25
, 2011.09.
19. 大屋 裕二, 風レンズ風車と風力発電, 日本フルードパワーシステム学会誌, Vol.42, No.4, pp.18-21, 2011.07, 風力発電の効率を飛躍的に高めた新しいタイプの風力発電システムの開発した(レンズ風車と名付けた)。数年に亘る研究の結果、従来の風車と比べ,2-5倍の発電出力の増加を達成し,小型(1-5kW機)・中型(100kW機)のレンズ風車を開発した。風力エネルギーのより大きな獲得のため、海上展開を図った。博多湾に直径18mの六角形浮体を浮かべ、3kWレンズ風車2基と1.5kWソーラーパネルを搭載した世界で初めての浮体プラットホーム式のエネルギーファームを実現した。.
20. 大屋裕二、烏谷 隆、べージンエン、内田孝紀、クリストファー松浦, 環境省平成22年度報告書「地球温暖化対策技術開発等事業」風レンズ技術を核とする革新的中型・小型風車システム導入に関する技術開発, 環境省, 2011.03.
21. 大屋裕二, 風レンズ風車という新しい風力発電システム, 日本風工学会誌, 126号、pp.19-22
, 2011.01.
22. 大屋裕二, 高効率風レンズ風車の開発と今後の展望について, 『火力原子力発電九州』 社団法人火力原子力発電技術協会九州支部, Vol.51、No.1、pp.81-82, 2010.11.
23. 大屋 裕二, 風レンズ風車という新しい風力発電システム, 『環境』 九州大学特殊廃液処理施設広報 , NO.25, PP.2-5
, 2010.02.
24. 大屋裕二, 超高効率風レンズ風車による発電, クリーンエネルギー, Vol.18、No.12、pp.44-51, 2009.12.
25. 大屋裕二, 風レンズ風車から見た世界の風力・水力利用, 日本風力エネルギー協会誌, Vol.33, No.2, 通巻91号, 2009.11.
26. 大屋裕二, 風レンズ風車という新しい風力発電システム, 電気協会報, No.1019、pp. 30-33, 2009.10.
27. 大屋裕二, 風レンズ風車ー超高効率風力発電システムの開発, 日本流体力学会誌「ながれ」 第28巻 NO.3 , pp.205-208, 2009.06.
28. 大屋裕二, 風を集めるレンズ 超高効率な発電性能を有する風レンズ風車の開発と高精度な数値風況予測による風力エネルギーの有効利用, 文部科学省 科学技術政策研究所、大学・公的研究機関の多様な成果ベスト39事例集 事例12, 2009.03.
29. 大屋裕二, 温度成層風洞, 日本流体力学会誌 ながれ, 21巻、pp.437-446, 2002.10.
30. 大屋裕二, 温度成層風洞を用いた大気境界層のシミュレーション、, 日本航空宇宙学会誌, Vol.49、No.575、pp.299-306, 2001.12.
主要学会発表等
1. 大屋 裕二, 風レンズ技術を用いた再生可能エネルギーの高効率利用-浮き島式洋上エネルギーファームとウィンドソーラータワー, 第91期 日本機械学会流体工学部門 講演会, 2013.11.
2. 大屋 裕二, 風レンズ技術を利用した風力・水力の有効利用―洋上浮き島エネルギーファーム-, トライボロジー学会全国大会, 2013.10.
3. 大屋 裕二, レンズ風車と洋上浮体式再生可能エネルギーファーム, 秋田風力発電コンソーシアム「秋田風作戦」, 2013.09.
4. 大屋 裕二, 九州における再生可能エネルギーの取り組み, 日本応用地質学会九州支部・九州応用地質学会 講習会, 2013.09.
5. 大屋 裕二, 風レンズ技術を用いた風力・水力の利用と浮体式エネルギーファーム, 第16回JAIST応力科学セミナー, 2013.08.
6. Yuji Ohya, An efficient wind turbine with wind-lens technology and offshore floationg energy farm, The 2nd Pacific Rim Energy and Sustainability Conference, 2013.08.
7. Yuji Ohya, A highly efficient wind and water turbine with windlens technology and an offshore folating renewable energy farm, COME2013, 2013.05.
8. Yuji Ohya, Bluff body flow and vortex, IUTAM2013, 2013.03.
9. 大屋裕二, 風レンズ技術を用いた高効率風車と洋上浮体式エネルギーファーム, 九州大学生体防御医学研究所創立30周年および九州大学病院別府病院創立80周年記念式典, 2013.02.
10. 大屋 裕二, 革新的風力発電システムについて, ポリテックビジョン2013, 2013.02.
11. Yuji Ohya, Wind Power Generation and Windlens, 日本-デンマーク Future Green Technology, 2012.12.
12. 大屋裕二, 風レンズ技術を利用した流体機械と洋上浮体式エネルギーファーム, 一般社団法人日本フルードパワーシステム学会, 2012.11.
13. 大屋裕二, 風力発電と風レンズ, プラズマ核融合学会, 2012.11.
14. 大屋裕二, レンズ風車技術と洋上浮体式エネルギーファーム, 福岡工業大学技術士会・環境部会講演会, 2012.11.
15. 大屋 裕二, サステイナビリティ~安全・安心なエネルギー資源, 国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD), 2012.10.
16. 大屋裕二, 風レンズ技術を用いた風力・水力エネルギーの利用と洋上浮体式エネルギーファーム, 第17回動力・エネルギー技術シンポジウム, 2012.06, 風力・水力エネルギーの有効利用に関する研究を行っている。特色は,風・水エネルギーを集中させて発電の効率を飛躍的に高めた新しいタイプの再生可能エネルギーシステムの開発にある(レンズ風車・レンズ水車と名付けた)。従来の風車と比べ,2-5倍の発電出力の増加を達成し,小型(1-3kW機)・中型(100kW機)のレンズ風車を開発した。風力エネルギーのより大きな獲得のため,海上展開を図った。福岡市博多湾に直径18mの六角形浮体を浮かべ,3kWレンズ風車2基と2kWソーラーパネルを搭載した浮体プラットホーム式の再生可能エネルギーファームを実現した。海上では総発電量が陸上に比べ、2倍となることを実証した。.
17. 大屋 裕二 , 風レンズ風車と風力発電, 崇城大学エネルギーエレクトロニクス研究所 第17回公開セミナー, 2011.10.
18. 大屋 裕二 , 風レンズ風車と風力発電, 2011.10.
19. Yuji Ohya, A highly efficient wind turbine with windlens shroud-current projects-, WesNET , 2011.10.
20. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Chris Takashi Matsuura, Hugh Griffith, SMALL TO MID-SIZE SHROUDED WIND TURBINE WITH WILD-LENS TECHNOLOGY, CanWEA2011, 2011.10.
21. 大屋 裕二 , 風レンズ風車と風力発電, 2011.09.
22. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Christopher T. Matsuura, A highly efficient wind turbine with windlens shroud, 13th International Conference on Wind Engineering, Amsterdam, 2011.07.
23. 大屋 裕二, 風レンズ技術を利用した自然流体エネルギーの利用 -風力と水力-, 第7回九州大学学術研究都市情報交流セミナー, 2011.06.
24. 大屋 裕二, 日本の先端技術の中国展開の可能性-風レンズ風車-, 九州エコフェア2011, 2011.06.
25. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Tomoyuki Nagai, Takashi Matsuura, Hugh Griffiths, Development of Shrouded Wind Turbines with Wind-Lends Technology, International Conference on Small Turbine, 2011.04.
26. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takashi Matsuura, Tomo Nagai, Development of Shrouded Wind Turbines with Wind-Lends Technology, EWEA2011, 2011.03.
27. 大屋裕二、烏谷 隆、渡邉公彦、上野祥彦, 風レンズ風車周りの流れ場の数値シミュレーションと風洞実験, 第32回風力エネルギー利用シンポジウム, 2010.11.
28. 大屋裕二, 風レンズ技術を用いた高効率風車の開発と今後の展望, NPO EEFA, 2010.11.
29. Yuji Ohya, Takashi Krasudani, Reserch and Development of Shrouded Wind Turbines with Wind-Lens Technology, Wind Energy Institute of Canada(WEICan), 2010.10.
30. 大屋裕二, 高効率風レンズ風車の開発について, 2010.09.
31. 大屋裕二, 風レンズ技術を用いた高効率風車の開発と今後の展望, NPO EEFA南丹設立3周年記念シンポジウム, 2010.07.
32. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, A Shrouded Wind Turbine Generationg High Outpuy Power with Wind-Lens Technology, 再生可能エネルギー2010国際会議, 2010.07.
33. 大屋 裕二, 風レンズ技術を核とする革新的小型・中型風車システムに関する開発研究, 福岡工業大学ものつくり講演会, 2010.06.
34. Yuji Ohya, Numerical and experimental studies of the thermal internal boundary layers, CWE2010, 2010.05.
35. Yuji Ohya, Development of a Highly Efficient Wind Turbines with Wind-Lends Technology, Globe2010, 2010.03.
36. 大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀,渡辺公彦, 都市海岸部への小型風レンズ風車の導入とその100kW級への大型化
, 第31回風力エネルギー利用シンポム, 2009.11.
37. 大屋 裕二, 風レンズ風車ー超高効率風力発電システムの開発, 日本流体力学会年会2009, 2009.09.
38. Yuji Ohya, Takanori Uchida, Takashi Karasudani, Laboratory Study of the Atmospheric Boundary Layer with Stable and Unstable Conditions, PHYSMOD2009, 2009.08.
39. Y. Ohya, Development of a Highly Efficient Wind Turbine with Wind-Lens Technology, UK-Japanese Collaboration in Next Generation Energy and Environmental Technologies, 2009.06.
40. Y. Ohya, Development of a Highly Efficient Wind Turbine with Wind-Lens Technology, Japan – UK Next Generation Energy Symposium (Japan – UK 150th Anniversary Next Generation Energy Project, 2009.03.
41. 大屋裕二, 地表近くを吹く風の性質とその風エネルギーの有効利用, 2009.01.
42. 大屋裕二, 円柱の外側部がポーラスな場合の不思議な渦後流について, 流力振動研究会, 2008.12.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 内田孝紀、大屋裕二, 局地的風況予測法(RIAM-COMPACT)の開発, 2003.11
数十mから数十kmの局所域での地表に近い大気流れをLESを用いて乱流計算するプログラムを作成しコード化(RIAM-COMPACT)した。また、気象庁から発信されるGPVデータをもとに広域スケールの大気計算を行い、RIAM-COMPACTに接続計算する方法を確立した。.
特許出願・取得
特許出願件数  5件
特許登録件数  9件
その他の優れた研究業績
2005.05, 産学連携最強タッグ12チームに選ばれた。題目: 「高効率風レンズ風車の開発」、表彰機構:経済産業省NEDO技術開発機構
(九州大学風レンズ研究グループ、産学連携機構九州、酉島製作所).
学会活動
所属学会名
日本風工学会
日本流体力学会
日本航空宇宙学会
日本気象学会
日本風力エネルギー協会
気象利用研究会
学協会役員等への就任
2010.09~2011.03, 社団法人 日本電機工業会 小型風車設計要件分科会, 平成22年度新エネルギー・産業技術総合開発機構委託調査 「戦略的国際標準化推進事業(標準化フォローアップ)風力発電システムに関する標準化」に係る委員.
2014.04~2015.02, 社団法人 日本電機工業会 小型風車設計要件分科会, 平成26年度新エネルギー等共通基盤整備促進事業 「風力発電システムに関する適合性評価手法の開発」に係る委員.
2015.06~2016.02, 社団法人 日本電機工業会 小型風車設計要件分科会, 平成27年度新エネルギー等国際標準開発 「風力発電システムの設計要件に関する国際標準化」に係る委員.
2008.04~2015.05, 特定非営利活動法人 環境・エネルギー・農林業ネットワーク, 理事.
2010.04, 日本風工学会 , 代表委員.
1994.05~2005.03, 日本風工学会, 評議員.
2002.04~2004.03, 日本風工学会, 理事.
2000.04~2002.03, 日本風工学会, 運営委員.
2010.04~2011.03, 日本風工学会, 表彰委員.
2012.04~2016.03, 日本風力エネルギー学会, 理事.
2008.04~2009.03, 日本風力エネルギー協会, 評議員.
2007.03~2007.03, 日本航空宇宙学会, 西部支部副支部長.
2000.04~2001.03, 日本航空宇宙学会, 空気力学部門委員.
2007.04~2009.03, 日本航空宇宙学会, 評議員.
2008.04~2009.03, 日本航空宇宙学会, 西部支部長.
2006.04, 日本流体力学会, フェロー会員.
2001.02~2003.02, 日本流体力学会, 理事.
2003.03~2003.03, 日本流体力学会, 評議員.
2011.04~2012.03, 日本流体力学会, 表彰委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2008.11~2008.11, 日本航空宇宙学会西部支部年会, 実行委員長.
2008.09.04~2008.09.05, 日本流体力学会 年会2008, 座長(Chairmanship).
2006.09~2006.09, 日本流体力学会 年会2006, 座長(Chairmanship).
2015.12.15~2015.12.17, 第29回数値流体力学シンポジウム, 実行委員会代表委員.
2013.03.13~2013.03.13, IUTAM, 実行委員.
2006.09~2006.09, 日本流体力学会年会, 実行委員.
2006.07, 4th Computational Wind Engineering 2006 , Organizing committee.
2001.10~2001.10, The 5th Asia-Pacific Conference on Wind Engineering, Scientific committee.
1998.08~1998.08, International Workshop on CFD for Wind Climate in Cities, program chairman.
1998.05~1998.05, 日本風工学会年次大会, 実行委員長.
1993.08~1993.08, 6th International Workshop on Wind and Water Tunnel Modelling of Atmospheric Flow and Dispersion, Executive committee, Special Issue Editor.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2002.05~2004.04, 日本風工学会誌, 国内, 編集委員.
1990.04~1992.03, 日本航空宇宙学会誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2012年度    
2012年度    
2011年度    
2010年度  
2009年度  
2008年度    
2007年度
2006年度 11 
2005年度    
2004年度    
2003年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
PTTEP, Thailand, 2015.07~2015.07.
東西大学校, 釜山大学, Korea, 2014.06~2014.06.
University of Edinburgh, University of Strathclyde, UnitedKingdom, 2014.06~2014.06.
中華経済研究院 蔣碩傑国際会議庁, Taiwan, 2013.06~2013.06.
Hamburg University of Technology, Germany, 2013.05~2013.05.
Alter-Energy Ltd.,Glasgow, Kensa Engineering Ltd., Truro, Engrid Ltd.,London, UnitedKingdom, 2012.03~2012.03.
甘粛省武威市近郊砂漠地帯(風レンズ風車設置場所), China, 2011.09~2011.09.
Vancouver Convention Centre, National Renewable Energy Laboratory(NERL), Canada, UnitedStatesofAmerica, 2011.11~2011.11.
13th International Conference on Wind Engineering , UCL, Netherlands, UnitedKingdom, 2011.07~2011.07.
Engrid Ltd.,London, QinetiQ Funtigton Ltd., Chichester, Kensa Engineering Ltd., Truro, UnitedKingdom, 2011.03~2011.03.
Can WEA 2010, Wind Energy Institute of Canada(WEICan), Universite de Moncton, Canada, 2010.10~2010.11.
蔚山大学, Korea, 2010.07~2010.07.
WINDPOWER 2010, CWE2010, UnitedStatesofAmerica, 2010.05~2010.05.
Vancouver Convention and Exhibition Center, Canada, 2010.03~2010.03.
PHYSMOD, ロンドン大学, Belgium, UnitedKingdom, 2009.09~2009.09.
Imperial College, UnitedKingdom, 2009.06~2009.06.
甘粛自然エネルギー研究所・武威(風車灌漑プラント), China, 2009.04~2009.04.
Royal Society of Arts, UnitedKingdom, 2009.03~2009.03.
AWEA Wind Power Project Siting Workshop, UnitedStatesofAmerica, 2009.02~2009.02.
甘粛自然エネルギー研究所・武威(風車灌漑プラント), China, 2008.08~2008.08.
杭州誠泰化工機械会社, China, 2008.07~2008.07.
Houston国際会議場, UnitedStatesofAmerica, 2008.06~2008.06.
ミネソタ大学, UnitedStatesofAmerica, 2008.05~2008.05.
甘粛自然エネルギー研究所, China, 2007.11~2007.11.
甘粛自然エネルギー研究所, China, 2007.01~2007.01.
清華大学, Institute of Nuclear and New Energy Technology, China, 2006.12~2006.12.
清華大学, Institute of Nuclear and New Energy Technology, China, 2006.08~2006.09.
San Diego, NCAR, UnitedStatesofAmerica, 2006.05~2006.07.
Wageningen Univercity, Netherlands, 2002.07~2002.07.
Aspen, NCAR, UnitedStatesofAmerica, 2000.08~2000.08.
Santa Barbara, UnitedStatesofAmerica, 1999.07~1999.07.
Virgina Tech. University, Colorado State University, UnitedStatesofAmerica, 1996.07~1996.07.
Colorado State University, UnitedStatesofAmerica, 1993.10~1994.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2015.12~2015.12, 2週間未満, Technical University of Denmark, Russia, .
2015.12~2015.12, 2週間未満, University of Strathclyde, UnitedKingdom, .
2016.04~2016.06, 1ヶ月以上, Moncton University, Canada, .
2012.11~2012.12, 2週間未満, Moncton University, Canada, .
2007.12~2007.12, 2週間未満, 清華大学, China, 政府関係機関.
2006.07~2006.09, 1ヶ月以上, JICA(日本国際協力機構)日墨交流プログラム再生エネルギーコース, Mexico, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2006.07~2006.09, 1ヶ月以上, JICA(日本国際協力機構)日墨交流プログラム再生エネルギーコース, Mexico, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2002.07~2002.08, 1ヶ月以上, Oregon State University, UnitedStatesofAmerica, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
第11回産学官連携功労者表彰 環境大臣賞, 環境省, 2013.09.
プレストレストコンクリート工学会賞, プレストレストコンクリート技術協会, 2013.02.
敦煌賞, 中国甘粛省人民政府, 2010.09.
流体力学会賞技術賞, 日本流体力学会, 2008.09.
Best 40 research achievements of all the Japanese Universities during 2001-2008, Council for Science and Technology Policy and National Institute of Science and Technology Policy in MEXT , 2009.03.
Best technology development award, The Japan Society of Fluid Mechanics, 2009.02.
Thomas Kuhn Award - Hopes for the Future for a Sustainable World Initiative, The International Academy of Science Health and Ecology, 2008.12.
文部科学大臣賞科学技術賞, 文部科学省, 2008.04.
日本風工学会技術開発賞, 日本風工学会, 2007.05.
論文賞:大気における安定境界層および対流境界層の実験的研究, 日本風工学会, 1998.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2012年度~2014年度, 基盤研究(A), 代表, 創風および集風型のウインドソーラータワーに関する開発研究.
2010年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 創風および集風型の風力発電装置に関する開発研究.
2009年度~2011年度, 基盤研究(A), 代表, 超高効率風レンズ風車と新炭素繊維材料の革新的技術を融合した洋上風力発電の開発研究.
2002年度~2004年度, 基盤研究(A), 代表, 風エネルギーの集中による風力発電システムの高出力化に関する研究.
1998年度~2000年度, 基盤研究(B), 代表, 複雑な地形・地物上の風況予測に関する数値解析システムの開発.
1997年度~1999年度, 基盤研究(B), 代表, 超大型浮体式海洋構造物周辺の風環境予測に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2010年度~2012年度, 地球温暖化対策技術開発等事業, 代表, 風レンズ技術を核とする革新的中型・小型風車システム導入に関する技術開発.
2007年度~2008年度, , 分担, Development of wind-lends technology for supplying stable electricity to an irrigation plant in China .
2006年度~2007年度, 提案公募型開発支援研究協力事業(経済産業省、NEDO), 代表, 中国における灌漑用の分散型安定電源として活用するための風レンズ風車技術の開発.
2005年度~2005年度, 原田財団流体機械自然科学研究助成, 代表, 大型化を目指した風レンズ風車の開発研究.
2004年度~2006年度, 平成16-18年度地域新生コンソーシアム研究開発事業「コンプレッサーレスの高圧水電解水素ステーションの開発」、九州経済産業局、分担, 分担, 水素生成のためのクリーンエネルギーの供給に関する研究.
2003年度~2007年度, 研究拠点形成費補助金(21世紀COE) (文部科学省), 分担, 風力エネルギーを利用した水素供給技術に関する研究.
2002年度~2004年度, ・ 平成14、15年度地域新生コンソーシアム研究開発事業「複雑地形へ適用可能な行政用拡散モデル及び長期予測システム開発」、関東経済産業局、分担、大屋裕二,内田孝紀(大気流, 分担, 緊急時の汚染物質の拡散に関する簡易的数値予測に関する研究.
2002年度~2003年度, 大学発事業創出実用化研究開発事業費補助金(経済産業省), 代表, 高効率風力発電システムの開発研究.
2002年度~2003年度, 原田財団流体機械自然科学研究助成, 代表, 風エネルギーの集中化による風力発電の高出力化に関する研究.
2001年度~2003年度, 住友財団環境研究助成, 代表, 風レンズ効果(風エネルギーの局所集中)による風力発電の高効率化の研究.
1999年度~2000年度, 九州電力株式会社 太陽光発電・風力発電の利用拡大に関する研究助成, 代表, 風レンズ(風の局所集中効果)による風力発電の高効率化に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.06~2016.03, 分担, アウタロータ発電機を用いた実用10kW 超のマルチロータ風車技術開発.
2015.04~2017.03, 分担, タイ王国レンズ風車を用いた風力発電普及・実証事業(JICA).
2014.10~2016.03, 分担, 風車設計の着想を支援するワークスペース技術の実証研究(NEDO).
2014.06~2015.03, 連携, 小型レンズ風車を用いた超高効率マルチロータシステムの技術開発.
2011.11~2012.03, 代表, 小型風レンズ風車の実用性実証.
2012.09~2013.03, 代表, 離島における局所風況の把握とレンズ風車導入に関する研究開発.
2012.04~2013.03, 代表, 風レンズ技術を核とする革新的中型・小型風車システム導入に関する技術開発.
2012.03~2012.06, 代表, 小型風レンズ風車の実用性実証.
2010.01~2010.03, 連携, 小型風車における強風時の安全制御システムの開発研究.
2009.09~2010.03, 連携, 風レンズ風車最適制御・安全制御システムの実証.
2009.07~2010.03, 代表, 小型風力発電システムの設置調査(データ解析等).
2009.01~2009.03, 分担, 流入変動風の再現手法についての検討.
2007.11~2008.03, 代表, 2スケール(広域/狭域)統合モデルによる気流予測の精度検証.
2004.04~2006.03, 分担, 地域新生コンソーシアム研究開発事業
「コンプレッサーレスの高圧水電解水素ステーションの開発」.
2002.04~2004.03, 分担, 地域新生コンソーシアム研究開発事業「複雑地形へ適用可能な行政拡散モデル及び長期予測システム開発」.
2002.09~2004.03, 代表, 高出力マイクロ風レンズ風車の開発.
寄附金の受入状況
2015年度, ジオエネルギー, 学術研究助成のため.
2015年度, ソフトサービス, 学術研究助成のため.
2014年度, ソフトサービス, 学術研究助成のため.
2014年度, 内海造船, 学術研究助成のため.
2014年度, ソフトサービス, 学術研究助成のため.
2014年度, 進電, 学術研究助成のため
.
2014年度, 株式会社西日本電線, 学術研究助成のため.
2014年度, 株式会社ソフトサービス, 学術研究助成のため.
2013年度, 株式会社ソフトサービス, 学術研究助成のため.
2012年度, 個人, 学術研究助成のため.
2012年度, 株式会社ソフトサービス, 学術研究助成のため.
2012年度, 個人, 学術研究助成のため.
2011年度, 株式会社ソフトサービス, 学術研究助成のため.
2010年度, 西日本電線株式会社, 学術研究助成のため.
2010年度, 大電株式会社, 学術研究助成のため.
2010年度, 西日本電線(株), 低風圧電線の抗力試験.
2009年度, 流体テクノ, 学術研究助成のため.
2009年度, 日本作業船協会, 学術研究助成のため.
2008年度, 酉島製作所(株), 風レンズ風車の開発試験.
2007年度, 流体テクノ(株), エコシップの開発.
2007年度, 西日本電線(株), 低風圧電線の抗力試験.
2007年度, 西日本電線(株), 低風圧電線の抗力試験.
2007年度, 西日本電線(株), 低風圧電線の抗力試験.
2006年度, 西日本電線(株), 低風圧電線の開発.
2005年度, 西日本電線(株), 低風圧電線の抗力試験.
2005年度, プログレス(株), 新型ガラリの通風試験.
2005年度, チクシ電気(株), 看板の強風試験.
2005年度, 酉島製作所(株), 風レンズ風車の開発試験.
2005年度, 西日本電線(株), 低風圧電線の抗力試験.
2005年度, 日本ウインドテック(株), 新型風車の発電性能実験.
2004年度, チクシ電気(株), 看板の強風試験.
2004年度, アポロサイン(株), 新型風車の発電性能試験.
2004年度, プログレス(株), ガラリ通風・耐水試験.
2003年度, 三井造船㈱, 局所風況予測シミュレーションモデルの実用化.
2003年度, 西日本電線㈱
大電㈱, 低風圧電線の開発.
2003年度, 三菱重工業㈱長崎研究所, MSM-GPVデータの利用法.
2003年度, 石川島播磨重工業㈱, 複雑地形上の風況計算手法の研究.
2002年度, 大島造船所㈱, 船舶居住区回りの流れに関する風洞実験.
2002年度, プログレス㈱, 新型通風ガラリの開発.
2002年度, 流体テクノ, CNSモデルソルバープログラムの数値計算.
学内資金・基金等への採択状況
2009年度~2009年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 九州大学伊都キャンパスにおける農学部関連施設周辺の風況調査.
2008年度~2009年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, 風レンズ風車によるクリーン発電で電気自動車を運用するシステムの開発研究.
2001年度~2003年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, 風レンズ効果による低風速利用技術の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」