九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
大屋 裕二(おおや ゆうじ) データ更新日:2019.07.12

学術研究員 /  応用力学研究所 新エネルギー力学部門 風工学分野


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
一般社会向けの公開講座、産業界へのセミナー、技術指導、委託研究などを行ってきた。
国際連携としては、経済産業省NEDO(平成18-19年度提案公募型開発支援研究協力事業)、「中国における灌漑用の分散型安定電源として活用するための風レンズ風車技術の開発」において風力エネルギー利用の共同研究および普及活動を行っている。また、平成27-28年度、JICA事業により、タイ王国において低風速地域向けの新型風車システムの導入と普及活動を行っている。
平成26年度より、新しい風車システム、マルチロータシステムのレンズ風車を用いた集合風車に関して、英国ストラスクライド大学の風力センターと共同研究を行っている。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2015.11, 熊本県工業連合会主宰の「小風力・小水力発電調査事業」において、技術的アドバイスをおこなう。, 熊本県小風力・小水力発電調査事業委員会.

2013.04, 小型風車設計要件分科会, 日本電気工業会.

2013.01, 佐賀県唐津市の再生可能エネルギーの導入等による低炭素づくりの推進に寄与する。, 唐津市再生可能エネルギー導入推進計画策定検討委員会.

2011.04~2013.03, 福岡市の環境・エネルギーの未来計画に対する調査実施, 福岡市環境・エネルギー戦略有識者会議.

1998.01~2006.12, 大気環境に関する公害問題の調査、調停, 福岡県環境部公害審査会.

1998.01~2001.03, 通産省工業立地及び工業用水審議会公害部会大牟田地区大気専門委員会委員, 通産省工業立地及び工業用水審議会公害部会.

2000.06~2002.03, 長崎県鷹島町新エネルギー研究所,企画運営委員, 長崎県鷹島町新エネルギー研究所.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2016.02, 日本経済新聞, シリーズ・快走大学発ベンチャー 「そよ風集め黙々と発電」 筑紫キャンパスで実証実験中のマルチロータレンズ風車が紹介された。 .

2016.03, 日経ビジネスONLINE, 「九州大学が開発進める低騒音小型風車発電 『小は大を兼ねる』マルチな風車技術」と題して、筑紫キャンパスで実証実験中のマルチロータ―レンズ風車が紹介された。.

2015.04, FM福岡, 4月4日(土)12:30-12:55 KIRIN Presents九州”世界一”ラボラトリー(昨年度も4月~9月放送され、好評を博した)の初回ゲストとして、レンズ風車のシステムと次世代クリーンエネルギーの可能性に関して、インタビューに答える形式の番組に出演。.

2015.02, MBS大阪毎日放送, 2月20日(金)ちちんぷいぷい(13:55~17:48のうち約15分間) 河田アナウンサーが研究所に来訪し、レンズ風車のしくみを紹介しました。.

2015.02, 「グリーンパワープロジェクト」(経済産業省 資源エネルギー庁の運営サイト), 「グリーンパワープロジェクト」(経済産業省 資源エネルギー庁の運営する再生可能エネルギーの普及促進、広報を目的としたWedサイト)で、「小は大をかねる!? レンズ風車で描く、ニッポンのエネルギー未来図」と題して、レンズ風車と洋上エネルギーファームについてインタビュー形式での
記事が掲載されました。.

2015.01, 毎日新聞, 漁業協調型の再生エネルギーシステムとして、洋上エネルギーファームを紹介。マルチロータ―風車の写真も掲載された。.

2014.12, 西日本新聞, 「太陽光+風力=発電量2倍」と題して、タワー型風力発電(ウィンドソーラータワー)が紹介された。.

2014.03, TEDXFukuoka, TEDXFukuoka2014で「まず問いかけから-自然エネルギー」と題して行った講演の様子が、インターネットで配信されました。.

2014.02, JAPANMARKT, ドイツの雑誌JAPANMARKTで、博多湾洋上浮体発電施設が取り上げられました。(pp.26-27).

2014.02, ホントにすごい!日本の科学技術図鑑, 「次世代の発電技術」の中で、博多湾洋上風力発電施設が一例として取り上げられました。.

2013.06, エコジン6・7月号(環境省発行 ネットマガジン), 「レンズ風車のチカラ」と題して、レンズ風車が風を集めるしくみ、博多湾での実証実験の様子が取り上げられました。(p.9).

2013.06, 読売新聞福岡南かわらばん, 筑紫キャンパスのオープンキャンパスの記事の中で、強風体験や紙風船で風の流れを感じる子供たちの楽しそうな様子が掲載されました。.

2013.06, 日経エレクトロニクス, 解説「日本の風力発電に新風 超大型と小型で再挑戦」の中で、日本で進む洋上風力発電の実証実験の一例として博多湾洋上浮体発電施設が取り上げられました。.

2013.04, 平成24年度環境省地球温暖化対策技術開発・実証研究事業パンフレット, 平成24年度環境省地球温暖化対策技術開発・実証研究事業パンフレットの中で、「再生可能・分散型エネルギー低炭素化技術開発分野」の研究例として掲載されました。.

2013.04, I.B 2013年春期特集号, 「風力発電こそが再生可能エネの主役 中小規模でエネルギーの地産地消を」と題して、風力発電が描く未来図に関するコメントが取り上げられました。また、博多湾で実証実験中の浮体式洋上エネルギーファームについても紹介されました。(pp.12-13).

2013.04, 月刊ジュニアエラ4月号, 特集「どうする?日本のエネルギー」の中で、博多湾洋上風力発電施設が一例として紹介されました。.

2013.03, RKB毎日放送, 3月28日(木)RKBニュース(11:45~、18:30~ 約1分間) RKB本社駐車場にレンズ風車が建てられ、発電を開始した様子が放送されました。発電した電気は、駐車場の照明などに役立てられます。.

2013.03, 地図で知る 世界こども図鑑, 再生可能エネルギーのページで、「風を効率よく利用するレンズ風車」として、三角形の浮体エネルギーファームが紹介されました。(P.39).

2013.03, 月刊ジュニアエラ4月号, 3月15日発行、通巻49号 「安全で地球に優しいエネルギーとは?」の中で博多湾での洋上浮体ファームが紹介されました。(p.16)
.

2013.03, 蛍雪時代4月号(第83巻 1号), 「大学はスゴイ!先端研究」の中で、博多湾での洋上浮体ファームが紹介されました。(p.88)
.

2013.03, Nature3月21日号(7441号), Nature Spotlight on Fukuokaの中で、博多湾での洋上浮体実証実験について掲載されました。(p.6).

2013.03, 西日本新聞, 3月20日(水) 「浮体式」開発急げと題して、洋上風力の動向関するコメントが掲載されました。.

2013.03, 西日本新聞, 3月20日(水) 「洋上風力 九州に潜在力」で博多湾で実証実験中の洋上浮体式エネルギーファームが紹介されました。.

2013.03, 日刊工業新聞, 5月31日(金) 「復権 モノづくり」で博多湾で実証実験中の洋上浮体式エネルギーファームが紹介されました。.

2013.03, 週刊『エコノミスト』臨時増刊号3月30日号, 『ザ・九州 発熱!アジアの窓』で、博多湾洋上エネルギーファームが取り上げられました。(p.106).

2013.02, 九州地方電力利用効率化協議会, 『省電力だより 冬季号』(平成25年2月1日発行)の表紙に、博多湾の洋上エネルギーファームの写真が使用されました。.

2013.02, 毎日新聞, 2月13日(水)「海活用の自然エネルギー 脱原発への取り組み紹介」の中で、博多湾での実証実験、考案中の大型洋上エネルギーファーム等が取り上げられました。.

2013.02, Bootom Asia(シンガポール), 将来有望な都市技術という面で先進的なアジアの8都市を紹介する、シンガポールのTV番組。このテレビシリーズは、2013年2月にチャンネルニュースアジアで、30分X8話、25以上の地域(中東、南アジア、北東アジア、東南アジア、オーストラリアなど)で、3200万人以上の視聴者に届けられる予定。レンズ風車のしくみについて、取材を受けました。.

2013.01, NATUREJOBS, レンズ風車について、特に博多湾での実証実験が取り上げられました。.

2013.01, 潮, 新エネルギーの可能性 浮体式洋上風力発電の一例として、博多湾での実証実験の様子が取り上げられました。.

2013.01, 西日本新聞, 1月4日(金)付け佐賀地方ページに連載中の特集記事「今どき‘自然エネ‘事情」で、博多湾での実証実験の様子が取り上げられました。.

2013.01, BS11, 1月10日(木) 番組名『InsideOUT』 「再生可能エネルギー~ここまできている自然との共存~ テーマ:風」という再生可能エネルギーの特集で、レンズ風車のしくみ、博多湾での実証実験の様子が紹介されました。(本人出演).

2012.11, ASIA PACIFIC NEWS/SINGAPORE, 博多湾の洋上浮体式エネルギーファームが取り上げられ、大屋教授のコメントが放送されました。.

2012.10, 毎日新聞, 10月11日付け 『これが言いたい』に本人が執筆したコラム(「レンズ風車」を再生可能エネルギーの切り札に)が掲載されました。.

2012.10, 日経新聞, 10月2日付け 科学技術面 『再生エネ 真の実力-①』で、「浮体式 技術向上カギ」の中で、博多湾の浮体式洋上風力発電システムが取り上げられ、耐風接近時に荒波にもまれる浮体の写真が掲載されました。.

2012.10, msn産経ニュース, 10月8日(月)の科学面で、「風力発電、洋上で研究加速 高効率化とコスト低減がカギ」という記事の中で、風レンズ風車が取り上げられました。.

2012.10, 建設工業新聞(鳥取県版), 10月26日(金)付  「新型風力発電デモ機 県庁・県民室に展示」と題し、鳥取県庁の県民室で風レンズ風車が展示されていることが紹介されました。.

2012.10, 朝日新聞(鳥取県版), 10月27日(土)付  「弱風でも効率発電」と題し、鳥取県庁の県民室で風レンズ風車が展示されていることが紹介されました。.

2012.09, Fresh Currents(Edited by ERIC JOHNSTON), 洋上浮体発電ファームの画像が掲載されました。.

2012.08, 朝日小学生新聞, 8月15日(水)付 『広い海を生かす洋上風力発電』と題して、博多湾での洋上風力発電の実証実験が紹介されました。
.

2012.08, ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論, 博多湾の洋上浮体発電ファームが取り上げられており、大屋教授や長井研究員が登場しています。pp.337-359
.

2012.07, 静岡新聞, 7月5日(木)付け 特集『NEWS交差点』で、「再生可能エネルギー最前線」と題し、博多湾での浮体式風力発電の実証実験について詳しく掲載されました。.

2012.07, 静岡新聞, 7月11日(水)付け 社説で、「新エネ地産地消」と題し、静岡県が注目すべき研究事例として、博多湾での浮体式複合発電ファームが挙げられています。.

2012.07, 朝日新聞, 7月15日(日)付 海の日全面広告で、「海に生かされる」と題し、未来への画期的な試みとして、博多湾での浮体式複合エネルギーファームが詳しく紹介されました。
.

2012.06, NHK Eテレ, 6月22日(金) 10:05-10:15  NHK Eテレ『くらし☆解説』  解説: 室山哲也氏
太陽光発電のしくみと比較しながら、レンズ風車の発電の仕組みと将来への取り組みについて、室山氏がわかりやすく説明しました。.

2012.06, 熊本日日新聞, 6月24日(日)付け 特集『サンデー特報』で、「進化する風力発電」と題し、博多湾での浮体式風力発電の実証実験について詳しく掲載されました。.

2012.06, 日本鉄鋼協会会報誌ふぇらむVol.17(2012)NO.7 pp.5-8, 『洋上風力発電実用化への期待』の中で「多様な可能性を秘める浮体式エネルギーファーム」と題して、博多湾に設置された浮体式エネルギーファームが紹介されました。.

2012.06, 九州大学学術研究都市推進機構ニュース opackめーる vol.27, 『九州大学発新技術の紹介』の中で「海洋再生エネルギーの利用」と題して、博多湾に設置された浮体式洋上風力発電ファームが紹介されました。.

2012.05, ふくおか市政だより, 5月15日発行 「再生可能エネルギーの有効利用」の中で、福岡市が博多湾浮体式風力発電に協力していることを取り上げられ、レンズ風車の集風効果についても紹介されました。.

2012.05, TOKYO FM, 5月12日(土) TOKYO FM 『日本興亜損保 Eco Action World』
「第92回 風で未来が変わる?!レンズ風車」と題して、レンズ風車のしくみ、浮体式洋上発電ファームについて取り上げられました。
放送内容については、番組HPに詳しく掲載されました。.

2012.05, 高校受験雑誌 サクセス15, 5月号 教えてマナビー先生 世界の技術革新コーナー : 風レンズ風車について掲載されました。.

2012.05, 週刊プレーボーイ 47号巻19号 2012年5月28日号, 「レンズ風車がエネルギー革命を起こす!!」と題して、特集記事が掲載されました。(pp.55-57)

.

2012.05, 神戸新聞、信濃毎日新聞(長野県)、中部経済新聞(東海地方)、日本海新聞(鳥取県)、沖縄タイムス等, 5月8日(火)~5月12日(土)付 共同通信社記者の特集記事 『新エネ胎動 海・風・大地』中篇で博多湾での浮体式風力発電の実証実験が掲載されました。.

2012.05, 西日本新聞, 5月18日(金)付 全面広告 『Kyushu Smart Life これからの暮らしを考える』で、「鳥越さんと考える九州の新エネルギー」と題し、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏がももち海浜公園のレンズ風車の前でたたずむ姿が、カラーで大きく掲載されました。
.

2012.05, 九大百年メッセージ 九州大学, 「二、最高水準の研究を推進する大学」のページに、博多湾で実施中の洋上風力発電実証試験の様子がカラー写真で掲載されました。(p.7).

2012.04, 総合物流情報誌 KAIUN , NO.1015 4月号 「再生可能エネルギー技術の最新動向 海からの風を集めろ!」と題して、風レンズ風車のしくみ、博多湾での浮体式洋上風力発電の実証実験の様子が取り上げられました。(pp.46-49)
.

2012.04, ひらめき☆ときめきサイエンス リーフレット, 小・中・高校生のためのプログラムに関する、平成24年度版リーフレットで、洋上風力発電の一例として、博多湾のレンズ風車の写真が掲載された。.

2012.03, 西日本新聞, 3月16日(金)付 全面広告 「Kyushu Smart Life これからの暮らしを考える Vol.5」の中で、九州のエネルギー事情と潜在能力の一例として、博多湾の浮体式洋上風力発電の実用化に向けての取り組みが取り上げられました。
.

2012.02, NHK Eテレ, 2月4日(土) 00:00-00:30  NHK Eテレ『サイエンスZERO』
博多湾における浮体式洋上風力発電、レンズ風車が詳しく取り上げられました。(本人出演).

2012.02, 日経エコロジー2月号 , 特集:日本の海 未来のカギはここにある  「エネルギー編 動き出した洋上風力発電」の中で、博多湾での浮体式洋上風力発電の実証実験が取り上げられました。(PP.36-37).

2012.02, Nature.com, 環境省受託研究事業の共同実施者である、ロンドン大学でのレンズ風車に関する研究が取り上げられました。.

2012.01, NHK Eテレ, 1月14日(土) 14:00-15:00 NHK Eテレ 『TVシンポジウム』
博多湾における浮体式洋上風力発電の実証試験について、取り上げられました。
.

2012.01, TBS系列, 1月15日(日) 18:30-19:00 TBS系列 『夢の扉+』
博多湾における浮体式洋上風力発電の実証試験開始までの研究過程が、ドキュメンタリータッチで取り上げられました。.

2012.01, 朝日新聞, 1月1日(日)付 全面広告(福岡市) 「都市の魅力や暮らしの質を高める ~都市の機能や魅力の強化~」の中で、福岡市が取り組んでいる「エネルギーの地産地消と効率的な利用」の一例として、博多湾の風レンズ風車のカラー写真が掲載されました。
.

2011.12, テレビ朝日系列 TBS系列, 11月30日に博多湾で行われた浮体式洋上風力発電の実証試験に向けての浮体進水の様子が、多数TV報道されました。

12月2日 テレビ朝日系列 『報道ステーション』にて 「洋上風力発電の本命登場」
12月2日 TBS系列 『NEWS23クロス』にて 「風レンズ風車 いよいよ洋上実験検証へ」  .

2011.12, 日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞、西日本新聞, 12月1日(木)付 11月30日に博多湾で行われた洋上浮体の進水の様子が掲載された。(読売新聞、西日本新聞では、紙面1面にカラー写真で掲載).

2011.12, 読売新聞, 12月5日(月)付 「発電風車 実験スタート」と題し、博多湾での洋上風力発電の実証実験がスタートしたことが取り上げられました。.

2011.12, 西日本新聞, 12月30日(月)付 社説 「九州発 『風レンズ』に注目」と題し、風レンズ風車を用いた博多湾での洋上風力発電の実証実験がスタートしたことが取り上げられました。
.

2011.12, 月刊「ソトコト」 別冊チビコト, 「新しい風車の形」として、風レンズ風車が紹介されました。.

2011.11, JFN38局ネット, 11月3日(木)三菱商事 presents FM FESTIVAL 2011 未来授業
「風を集めて、未来へ」と題して行った公開授業の様子が、全国放送されました。.

2011.11, 読売新聞, 11月20日(日)付 「ニュース探求便  再生可能エネ導入へ本腰」という記事の中で、福岡市が風レンズ風車を導入していることが取り上げられ、風レンズ風車(福岡市早良区シーサイドももち海浜公園)の写真が掲載されました。.

2011.11, 日本経済新聞, 11月3日(木)付 「連携と競合 福岡県・福岡市・北九州市」という九州での新エネルギー政策を扱った記事の中で、福岡市が博多湾での洋上風力発電の実証実験を支援していることが取り上げられ、風レンズ風車(福岡市早良区シーサイドももち海浜公園)の写真が掲載されました。.

2011.11, 読売新聞, 11月25日(金)付 「洋上発電 浮かぶ140トン」と題して、博多湾での洋上浮体製作作業の様子が掲載されました。.

2011.11, 日本経済新聞, 11月27日(日)付 SUNDAY NIKKEI サイエンスで「洋上風力発電の本命登場」と題し、12月から開始される博多湾での洋上風力発電のしくみが大きく特集されました。.

2011.11, 読売新聞, 11月28日(月)付 「ズームアップ」(毎週月曜日掲載特集記事)で 「資源は無限 『知力』発電」と題して再生可能エネルギーが特集され、風レンズ風車が取り上げられ、伊都キャンパスにある100kW風レンズ風車の写真が掲載されました。.

2011.11, Smithsonian November 2011, WEBSITE(Smithsonian.com)に「日本の新型風車」として風レンズ風車が掲載されていることが紹介されました。.

2011.10, 大阪市環境学習センター情報誌 なちゅらる 2011年10月号 NO.222, 特集:未来に向かって開発が進む再生可能エネルギーの中で、風レンズ風車が取り上げられました。.

2011.09, 西日本新聞, 9月23日(金)付 「『風レンズ風車』の可能性は」と題して、風レンズ風車のしくみ、博多湾での洋上風力発電の実証実験についての記事が掲載されました。.

2011.09, Newton, Topic 風力発電、その実力は? 再生可能エネルギーの主役をめざす最新研究(pp.98-101) : 掲載記事に協力.

2011.09, 環境会議 2011年秋号, 「世界6位の面積 日本の海を発電所に」 : 取材協力/ 博多湾の浮体式洋上風力発電について掲載されました。(pp.32-41)
.

2011.09, 毎日新聞, 9月24日付(夕刊) JFN38局の企画である「未来授業」の福岡講師を大屋教授が務めることが取り上げられました。.

2011.08, 港湾空港タイムス, 8月1日付 博多湾における浮体式洋上風力発電システムの実証試験について、掲載されました。.

2011.08, 子供の科学 2011年8月号別冊, 特集:ニッポンの新エネルギー 「風力発電のこれから」で大規模高密度洋上浮体発電ファーム」の一例として、風レンズ風車を用いたCG写真が掲載されました。(pp.58-59)
.

2011.08, エコけんニュース2011年8月号, 「リレー記事NO.62 空気の渦を活かす風レンズ風車」と題して、風レンズ風車のしくみと博多湾での浮体式洋上風力発電が紹介されました。.

2011.08, Stylus Wind 2.0, 洋上浮体発電ファームについて紹介されました。.

2011.07, 政府海外用広報用電子書籍 Highlight JAPAN 7月号, 風レンズ風車が表紙を飾り、2ページにわたって紹介されました。.

2011.07, 日本経済新聞, 博多湾における浮体式洋上風力発電システムの実証試験について、掲載されました。.

2011.07, 読売新聞・毎日新聞・西日本新聞, 7月21日福岡市との共同会見で、博多湾において浮体式洋上風力発電システムの実証試験を始める事を発表しました。.

2011.07, RKB福岡放送、KBC福岡放送、FBS福岡放送、TNC福岡放送, 7月21日 福岡市との共同会見で、博多湾において浮体式洋上風力発電システムの実証試験を始める事を発表したことが取り上げられました。.

2011.07, 九大広報 Vol.76 2011年7月号, 風レンズ風力発電設備が表紙を飾り、そのメカニズムについても紹介されました。.

2011.06, NHK福岡放送, 6月10日(金)18:32-18:35  九州大学チーム 風レンズ風車の大型化と洋上浮体発電ファーム構想に関する取材を受け、放映されました。.

2011.06, 週刊朝日6月3日号, 風車列島(写真・文 丹羽 修氏)の中で、風レンズ風車、ならびに博多湾の洋上浮体型の「風レンズ風力発電所」計画が紹介されました。福岡市早良区百道浜の風レンズ風車の写真が大きく掲載されています。.

2011.05, 環境省発行電子ブック エコジン2011年11月号, ECO LAB 研究File.03  風を集めて発電する : 風レンズ風車が取り上げられました。(pp.24-25)

.

2011.05, 九大広報 Vol.75 2011年5月号, トピックスで、「伊都キャンパスに風レンズ風力発電設備が完成」したことが取り上げられました。.

2011.05, JST科学技術振興機構HP Scienceニュース, 東日本大震災による原子力発電所事故を受けて注目が集まる再生可能エネルギーとして、伊都キャンパスの発電システムの大規模な実証施設と高密度洋上発電ファーム構想について取材を受けた。取材内容は5分ほどにまとめられ、HPにて放映中。.

2011.04, RKB福岡放送, 4月7日 RKB今日感ニュースにおいて、「九州大学チーム 風レンズ風車の大型化と洋上浮体発電ファーム構想」と題して、約4分間(18:23-18:27)取り上げられました。.

2010.09, WISSENSCHAFT ASKTUELL 27 September 2010, 浮体式洋上風力発電システムが紹介されました。
.

2010.09, RECHARGE 17SEPTEMBER 2010, 英国の新聞(RECHARGE)のinnovation欄に、風レンズ風車のしくみ、浮体式洋上発電構想が取り上げられました。(pp.38-39)
.

2010.07, CNN, 洋上浮体発電PJが紹介されました。.

2010.06, 読売新聞, 福岡市早良区のシーサイドももちに、福岡市が風レンズ風車を利用した風力発電で携帯電話の充電器を設置したことが紹介された。.

2010.06, 西日本新聞, クリーンエネルギー社会の実現に向けて 第2部エコなエネルギーを知ろう 低炭素社会への挑戦: 風力発電例として、風レンズ風車が掲載された。.

2010.04, RKB毎日放送, 4月7日(木) 『今日感テレビ THE NEWS』 18:24-18:27  九州大学チーム 風レンズ風車の大型化と洋上浮体発電ファーム構想に関する取材を受け、放映されました。.

2009.12, RKB毎日放送, 12月9日(水) 『今日感テレビ THE NEWS』 18:05-18-06 風レンズ風車完成記念式典の模様を放映.

2009.12, TNCテレビ西日本, 12月9日(水) 『スパーニュース ハチナビ8』 17:18-17:20 「百道浜で今週から稼動!強い風をみんなのために」 風レンズ風車完成記念式典の模様を放送.

2009.12, FBS福岡放送, 12月9日(水) 『めんたいワイド』 18:19-18:20 「九州大学が開発 高性能の『風レンズ風車とは』」 風レンズ風車完成記念式典の模様を放送.

2009.12, NHK福岡放送, 12月9日(水) 18:00代地方版ニュース 風レンズ風車完成記念式典の模様を放送.

2009.12, フジテレビ, 12月15日(火) 『百識王』 25:08-25:38 テーマ「新エネルギー」の中で、「風レンズ風車」について放送.

2009.11, RKB毎日放送, 11月10日(火) 『今日感テレビ』.

2009.09, 読売新聞, 9月14日(月) 福岡市市制120年 エコ広がる都市 新エネルギー: 小型風力発電をテスト.

2009.08, ふくおか市政だより , NO.1414 8/1号 特集「みんなで取り組む温暖化対策」にて風レンズ風車が紹介された。
.

2009.06, 西日本新聞, 6月28日(日) 伊都キャンパスで風力発電 水素生成電源に利用.

2009.06, 都市を考え、都市を創る情報誌 「エフ・ユー プラス」 福岡アジア都市研究所 発行, 特集記事(低炭素社会 -温暖化対策を越えてー)の中の「低炭素に挑む技術開発」で風レンズ風車が取り上げられた。また、裏表紙には、中国甘粛省の風レンズ風車の写真が掲載された。.

2009.05, 日経新聞, 5月8日(金) 風力発電 楽しみ学ぶー九州の自治体、設置広がる.

2009.05, KBC朝日放送 きままにLB, 5月10日 エコを学ぼう - 風レンズ風車.

2009.04, 日経新聞, 4月30日(木) 風車に「カバー」発電能力をアップ.

2009.03, 読売新聞, 3月4日(水) 「風レンズ風車」導入へ 福岡市 .

2009.03, 福岡ビジネス創造センター 広告 (日本経済新聞), 3月30日(月) 九州発クリーンエネルギー: 風レンズ風車による風エネルギーの有効利用.

2009.03, 科学技術政策研究所, 事例12 風を集めるレンズ
『超高高率な発電性を有する風レンズ風車の開発と高精度な数値風況予測による風力エネルギーの有効利用』.

2009.03, RKBラジオ, 3月11日(水) 7:30AMより10分間ほど「中西一清スタミナラジオ」に生出演。放送後、番組ブログに大屋教授ならびに風レンズ風車の写真とともに、「風レンズ風車」の仕組みや特徴が掲載された。.

2009.01, 西日本新聞, 1月9日(金) 都会向きミニ風力発電
.

2008.11, 読売新聞, 11月25日(火) エネルギー創造3 風車に輪 風を集める.

2008.07, Kyushu University Campus Magazine 17, シリーズ研究 ふろんとランナー内でのインタビュー記事
超高効率的な発電性能を有する風レンズ風車の開発により「平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞」.

2008.07, 読売新聞, 7月26日( ) 地球に優しい次世代エネルギー: 風の力 高効率の風力発電を開発 

.

2008.06, RKB毎日放送, RKBテレビ開局50周年 生放送「みんなの力」 第4部 自然の力.

2008.06, NHK福岡「なっとく福岡」, 6月11日(水) 18時台の5分ほど。環境道標 風力発電.

2008.06, 読売新聞, 6月23日(月) 進むエコ技術 風レンズ風車 気圧差で発電力3倍.

2008.04, 西日本新聞, 4月30日(水) リポート環境「砂漠緑化風車 来月スタート」.

2008.04, 朝日新聞 夕刊, 4月24日(木) 「九大、中国の環境に一役 砂漠緑化や排ガス浄化」.

2008.02, 月刊 社会民主, No.633 脱原発の切り札「超大型洋上風力発電」 p.6-p.11.

2008.01, 社会新報, 1月1日(火) 第4472号 大規模洋上風力発電 九州大グループが研究開発へ.

2007.12, RKBの「今日感テレビ」, 中国における風車取材

12月5日(水)18時台 前編
12月6日(木)後編.

2007.12, TBSイブニングニュース, 12月20日(木)18時台 「中国 風車取材」.

2007.10, 雑誌 フォーラム福岡, 9月号「大学発の風力発電でシルクロード砂漠を緑化する」.

2007.06, FBS「めんたいワイド」, 2007年6月19日(火)放送
特集 次世代エネルギー② 風力発電
風レンズ風車の高出力化の原理について紹介された。
その静かさは都会でも十分に設置可能であるとコメントされた。
.

2007.05, RKB毎日放送「今日感テレビ」, 5月15日(火)18:21~風レンズ風車と中国プロジェクトの紹介
くらしと環境を考える 福岡発 ”新型風車で発電”
最近建設された新1kW風レンズ風車の紹介がなされた。
高出力と静粛性が強調された。
.

2007.04, 西日本新聞, 4月11日(水) 最先端の風力発電機 県、志賀島に設置 性能、通常の3倍.

2007.01, 西日本新聞, 風レンズ風車を利用した中国の砂漠域の灌漑プロジェクトの紹介.

2006.11, TIME誌2006年11月20日号, 風レンズ風車の紹介.

2005.11, 日刊新聞, 九州大学風レンズ研究グループが開発した風レンズ風車について説明.

2005.10, 日経新聞, 酉島製作所と共同で実用化した風レンズ風車の紹介.

2005.10, 西日本新聞, 風レンズ風車の研究紹介.

2005.09, 西日本新聞, 風レンズ風車の研究紹介.

2004.10, NHK「おはよう日本」, 「新たな発想で風力発電」のコーナーで風レンズ風車の紹介.

2004.09, 読売新聞, 九州大学風レンズ研究グループが開発した風レンズ風車について説明.

2004.08, 宙(SORA), 風、風力エネルギーについて概説.

2003.12, 日経新聞, 酉島製作所と共同で実用化した風レンズ風車の紹介.

2003.09, 電気新聞, 風レンズ風車の研究紹介.

2002.11, 読売新聞, 産学連携のプロジェクト研究の一例として高出力風車の開発研究を紹介.

2002.03, NHK「ニュース10」, 三宅島を過ぎる大気流れの数値シミュレーション.

2001.09, TBS「報道特集」, 三宅島を過ぎる大気流れの可視化.

2001.04, 西日本新聞, 風レンズ風車の試作機の紹介.

2001.03, 日刊スポーツ新聞, 風レンズ風車の紹介.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2015.11, 再生可能エネルギーの有効利用について、一般市民向けの講演会をおこなった。, 神戸大好き あすのKOBEを創る会, 長田区役所(兵庫県神戸市).

2015.07, 九州大学との産学官連携による地方創生を目指す意見交換会, 唐津商工会議所企画業務課.

2015.01, 平成26年度 エネルギー関連分野参入促進セミナーにおける講演「風レンズ技術とレンズ風車の開発と今後の展開」, 九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会(SIIQ:シーク), ホテルセントラーザ博多 3階 橘の間.

2014.11, 第2回RSET市民向けセミナーにて、「風レンズ技術を応用した風力・水力エネルギーの高効率取得」という題目で基調講演を行った。, 金沢大学, 金沢大学サテライトプラザ.

2014.09, 先進的なレンズ風車の取り組みに関する講演会, 茨城県・茨城県次世代エネルギーパーク推進協議会, 茨城県つくば市.

2014.05, 再生可能エネルギー産業化セミナー, 佐賀県唐津市, 虹ノ松原ホテル.

2014.03, TEDXFukuoka, TEDXFukuoka.

2013.06, ECOパーク2013(6月1日ー2日) NHKが今後全国展開を検討中である「ロボットカメラシステム」の風車に採用された、レンズ風車のデモ機を展示。天候にも恵まれ、2日間で2万人以上の来場者があった。, 日本放送協会(NHK), NHK放送センター(東京都渋谷区).

2013.05, 「あいちの新エネルギー関連産業PR事業」に関するパンフレット並びにDVD制作への協力, 愛知県産業労働部産業科学技術課.

2013.04, 文部科学省との共同企画広報「企画展示」, 文部科学省, 文部科学省内情報ひろば.

2013.03, 福岡市環境・エネルギー戦略有識者会議, 福岡市環境・エネルギー戦略有識者会議.

2012.12, 理科講座 「私たちの環境と自然エネルギー」 自然エネルギーの将来について
題目: 「新しい風力発電~レンズ風車と洋上エネルギーファーム」, サイエンス福岡クラブ、朝日カルチャー, 福岡朝日ビル8階.

2012.12, 知って得する!「科学を深くやさしく考えるシリーズ」Part2 私たちの環境と自然エネルギー(計4回)
第3回目 12月15日(土) 「新しい風力発電~レンズ風車と洋上エネルギーファーム」

, サイエンス福岡クラブと朝日カルチャーセンターによる理科講座
, 福岡朝日ビル(福岡市博多区).

2012.12, 第7回再生可能エネルギー世界展示会  2012年12月5日(水)~12月7日(金) 10:00-17:00, 再生可能エネルギー協議会, 幕張メッセ(千葉県千葉市).

2012.11, 再生可能エネルギー先端技術展2012  2012年11月4日(水)~11月16日(金) 10:00-17:00, 福岡県、北九州市、経済産業省、(公財)西日本産業貿易コンベンション協会, 西日本総合展示場(福岡県北九州市).

2012.10, 風レンズ風車デモ機展示, 鳥取県技術企画課, 鳥取県庁 県民室.

2012.07, 風力エネルギーは再生可能エネルギーの主力たり得るか, NPOテクノ未来塾 第140回ニューテクノ・フォーラム, 九州大学 応用力学研究所 W606.

2012.07, 博多湾における洋上浮体発電ファームについて, 交詢社 地球環境研究会, 交詢社 本社会議室(東京都中央区銀座).

2012.05, 風力発電のはなし, しんぐう9条の会 7周年のつどい, シーオーレ新宮3階研修室.

2011.10, 風レンズ風車のしくみと、博多湾における洋上浮体の実証実験について, 岡山企業組合, 岡山県.

2011.10, 三菱商事 presents FM FESTIVAL 2011 「未来授業 ~明日の日本人たちへ」, JFN38局ネット
, エルガーラ多目的ホール.

2011.08, 風レンズ風車のしくみと、博多湾における洋上浮体の実証実験について, 参議院議員 超党派自然エネルギー利用研究会, 参議院議員会館.

2011.06, 第7回九州大学学術研究都市情報交流セミナー
『風レンズ技術を利用した自然流体エネルギーの利用-風力と水力-』
, 財団法人 九州大学学術研究都市推進機構, ホテルセントラーザ博多.

2011.06, 九州エコフェア2011
『日本の先端技術の中国展開の可能性-風レンズ発電-』, 一般社団法人 日本経営協会、西日本新聞社, 福岡国際センター.

2011.04, エコ活動展に出展。デモ機、及びパネルの展示を行い、レンズ風車のPRを行いました。, 福岡空港ビルディング株式会社, 福岡空港第3ターミナル2F展示スペース.

2009.12, シーサイドももち海浜公園・みなと百年公園に風レンズ風車を設置し、一般市民に風レンズ風車の有用性を紹介。また、発電した電力を携帯電話の充電に活用することにより、より身近なものとしての認識を深めた。, 福岡市, シーサイドももち海浜公園・みなと百年公園.

2009.10, 風レンズ風車の展示・技術紹介, 福岡市, 福岡市役所前広場 .

2009.10, 市民公開講座第2回 大学における環境エネルギー技術の開発, コンソーシアム・福岡, エルガーラホール(福岡市中央区).

1997.10, 大気環境、地表に近い風に関する講演, 九州大学公開講座, 九州大学箱崎キャンパス.

1995.10, 地表に近い風、構造物の風による振動について講演, 九州大学総理工公開講座, 九州大学筑紫キャンパス.

1990.08, 風工学における数値計算法について概説, 土木学会, 土木学会本部.

諸外国を対象とした高度専門職業人教育活動
2015.03~2015.03, 平成26年度JICA研修 2015.03.04「低炭素化社会実現のための発電技術(C)コース」矢頭リーダー/アンティガ・バーブーダ、ブータン、セントビンセント、ザンビアの4か国から5名 
, Bhutan.

2014.05~2014.05, 平成26年度JICA研修における講義・見学 2014.05.30 「低炭素社会実現のための発電技術(A)コース」藤井リーダー⁄カザフスタン、セルビア、タイ、ナイジェリア 、パキスタン、バングラディシュの6か国から10名, Pakistan.

2014.05~2014.05, 平成26年度JICA研修 2014.05.15 「イラン省エネルギー・再生可能エネルギー技術コース」寺田リーダー/イラン研修生10名
, Iran.

2013.02~2013.02, 平成24年度JICA研修「低炭素化社会実現のための発電技術(C)」コース, Japan.

2012.11~2012.11, 「低炭素化社会実現のための発電技術(B)」コース JICAの委嘱を受けた公益財団法人北九州国際技術協力協会より依頼, Nicaragua.

2006.06~2006.09, JICA(日本国際協力機構)日墨交流プログラム再生エネルギーコース, Mexico.

初等・中等教育への貢献状況
1997.07, 航空工学、風工学に関する講演, 福岡県立八幡高校.

その他の優れた社会貢献活動
2015年度, JICA研修における講義・見学を実施し、諸外国研修員(政府・企業・教員)に対して最新の研究成果を伝えた。
①平成27年4月1日 小型風力発電に関する研修受け入れ  主にアフリカからの研修生12名(アルジェリア、コートダジュール、チュニジア等)
②平成27年8月26日 「青年研修アフリカ(仏語)/再生可能エネルギー」コース  主にアフリカからの研修生12名(アルジェリア、コートダジュール、チュニジア等)
③平成27年10月28日「青年研修ヨルダン/再生可能エネルギー」コース 研修生10名.

2015年度, 平成27-28年度、JICA事業により、タイ王国において低風速地域向けの新型風車システムの導入と普及活動を行っている。 .

2014年度, 平成26年度JICA研修における講義・見学を4回実施し、諸外国研修員(政府・企業・教員)に対して最新の研究成果を伝えた。
①2014.05.15 「イラン省エネルギー・再生可能エネルギー技術コース」寺田リーダー/イラン研修生10名
②2014.05.30 「低炭素社会実現のための発電技術(A)コース」藤井リーダー/カザフスタン、セルビア、タイ、ナイジェリア 、パキスタン、バングラディシュの6か国から10名③2014.10.31 「低炭素化社会実現のための発電技術(B)コース」藤井リーダー/チリ、エクアドル、ニカラグア、ペルーのラテンアメリカ4か国から10名
④2015.03.04「低炭素化社会実現のための発電技術(C)コース」矢頭リーダー/アンティガ・バーブーダ、ブータン、セントビンセント、ザンビアの4か国から5名 
.

2013年度, ドイツ国内で行われるJETRO(日本貿易振興機構)主催の再生可能エネルギー関連イベントに、レンズ風車デモ機を貸与し、日本の風力発電分野の技術開発動向の紹介の一役を担った。
2013年4月~2014年1月、ハンブルク工科大学、在独日本大使館にて展示。.

2012年度, 平成24年度JICA研修「低炭素化社会実現のための発電技術」における、講義・見学を実施し、アジア・アフリカ・大洋州、カリブ海の5カ国の政府または電力公社の職員等に対して、最新の研究成果を伝えた。
平成24年8月、11月、平成25年2月の計3回実施。 .

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2014.04~2016.03, 国立大学共同利用・共同研究拠点協議会 委員.

2012.04~2016.03, 常置委員会委員.

2012.04~2016.03, 人事企画委員.

2012.04~2016.03, キャンパス計画委員.

2012.04~2016.03, 埋蔵文化財調査委員.

2012.04~2016.03, 人事企画委員.

2012.04~2016.03, 教育研究評議会委員.

2012.04~2013.03, 国立大学附置研究所・センター長会議 副会長、第一部会長、常任幹事.

2012.04~2016.03, 応用力学研究所長.

2008.04~2010.03, ベンチャービジネスラボトリー委員会委員.

2008.04~2010.03, 九州大学百周年記念事業法人募金部会委員.

2007.04~2009.03, 海洋大気力学部門長、運営協議会委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」