九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中村 昌彦(なかむら まさひこ) データ更新日:2019.06.25

准教授 /  応用力学研究所 地球環境力学部門 環境計測学


主な研究テーマ
曳航式海洋観測用ビークルの運動学・流体力学・制御工学の研究
キーワード:曳航体、運動、制御、流体力、海洋観測
1985.04.
自律型海中ビークルの運動学・流体力学・制御工学の研究
キーワード:自律型海中ビークル、運動、制御、流体力、海洋観測
1990.04.
浮体式海洋構造物の位置制御の研究
キーワード:浮体式海洋構造物、位置制御、DPS
1994.04.
浮体式海洋構造物の係留に関する研究
キーワード:係留、浮体式海洋構造物
2000.04.
遠隔操縦式海中ビークルの運動学・流体力学・制御工学の研究
キーワード:遠隔操縦式海中ビークル、運動、制御
1990.04.
ビジュアルフィードバックに関する研究
キーワード:ビジュアルフィードバック
2002.04.
海中長大弾性管の動的挙動の研究
キーワード:長大弾性管、動的挙動、シミュレーション、制御
2000.04.
バーチャルモアリング用ビークルの開発研究
キーワード:バーチャルモアリング、海中ビークル、運動、制御
2004.04.
係船の自動化に関する研究
キーワード:船、係留、ウインチ、運動、制御
2004.04.
海生爬虫類の遊泳時の流体力学研究
キーワード:海生爬虫類、運動、流体力学
2006.04.
CO2の海底貯留に関する研究
キーワード:CO2,海底、貯留
2010.04.
従事しているプロジェクト研究
東アジアから太平洋規模の海洋・大気循環に関わる素過程研究の精緻化と環境変動への応用
2017.04, 代表者:磯辺 篤彦, 九州大学応用力学研究所.
地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明
2010.04, 代表者:松野 健, 九州大学応用力学研究所.
東アジア海洋・大気環境激変の監視と予測システムの開発
2004.04~2010.03, 代表者:柳  哲雄, 九州大学応用力学研究所.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. M.Nakamura, T.Hyakudome, Motion simulations of AUV “YUMEIRUKA” with X-rudder, Proc. of the 29th Int. Ocean and Polar Engineering Conference, 1, 1532-1539, 2019.06.
2. 松岡 晃史、中村 昌彦、西 弘嗣、望月 直, 絶滅した海洋性爬虫類の遊泳性能に関する研究 -その1滑空性能について-, 日本船舶海洋工学会論文集, https://doi.org/10.2534/jjasnaoe.28.211, 28, 211-223, 2018.12.
3. 中村 昌彦、浅川 賢一、百留 忠洋、石原 靖久、前田 洋作, バーチャルモアリング用シャトル型水中グライダーの開発 -旋回性能の検討-, 日本船舶海洋工学会論文集, https://doi.org/10.2534/jjasnaoe.28.133, 28, 133-144, 2018.12.
4. M.Nakamura, J.Noda, H.Kajiwara and Y.Shinkai, Study of Influence of Vertical Tail Wing of Disk-Type Underwater Glider on Motion Control, Proc. of the 28th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 2, 417-424, 2018.06.
5. 中村 昌彦、小寺 山亘、梶原 宏之、野田 穣士朗、石丸 隆宏、松村 直也, バーチャルモアリング用円盤型水中グラーダーの開発
-その5 針路保持性能の検討-, 日本船舶海洋工学会論文集, https://doi.org/10.2534/jjasnaoe.26.213, 26, 213-223, 2017.12.
6. M.Nakamura, W.Koterayama, Y.Ito, T.Matsuno, J.Noda, Y.Morii, N.Yamawaki and K.Shimizu, Oceanographic Observation by Disk Type Underwater Glider for Virtual Mooring, Proc. of the 27th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 2, 342-349, 2017.06.
7. 中村 昌彦、伊藤 譲、小寺山 亘、野田 穣士朗、森井 康宏、山脇 信博、清水 健一、松野 健, バーチャルモアリング用円盤型水中グラーダーの開発
-その4 水中グライダーによる海洋観測-, 日本船舶海洋工学会論文集, https://doi.org/10.2534/jjasnaoe.24.241, 24, 241-249, 2016.12.
8. 中村 昌彦、中村 幸太郎、野田 穣士朗、松岡 晃史、石丸 隆宏, 深海曳航体システムに関する研究
-その1 水槽模型実験と運動シミュレーション-, 日本船舶海洋工学会論文集, https://doi.org/10.2534/jjasnaoe.24.223, 24, 227-240, 2016.12.
9. M.Nakamura, K.Nakamura, J.Noda and K.Matsuoka, Model Experiments on Depth and Motion Control of Deep Tow System, Proc. of the 26th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 2, 644-651, 2016.06.
10. K.Asakawa, M.Nakamura, T.Hyakudome and Y.Ishihara, Sea Trials of an Underwater Glider for Long-term Virtual Mooring, Proc. of the 26th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 2, 585-589, 2016.06.
11. K.Asakawa, K.Watari, H.Ohuchi, Masahiko Nakamura, T.Hyakudome, Y.Ishihara, Buoyancy engine developed for underwater gliders, Advanced Robotics, 1, 30, 41-49, 2016.01.
12. 中村 昌彦, 浅川 賢一, 百留 忠洋, 石原 靖久, バーチャルモアリング用シャトル型水中グライダーの開発-実海域試験データを使用した運動シミュレーション-, 日本船舶海洋工学会論文集, 第22号, 217-228, 2015.12.
13. 中村 昌彦, 浅川 賢一, 渡 健介, 百留 忠洋, 川谷 哲也, バーチャルモアリング用シャトルグライダー「ツクヨミ」の開発 -一定加速度試験と滑空角制御-, 日本船舶海洋工学会論文集, 第19号, 213-226, 2014.06.
14. Masahiko Nakamura, T.Kawatani, K.Asakawa, T.Hyakudome, A.Yoshida, Constant Acceleration Test and Motion Simulation of Underwater Glider “Tsukuyomi”, Proc. of the 24th Int. Offshore and Polar Engineering Conference , 456-462, Vol.2, 2014.06.
15. 中村 昌彦, 浅川 賢一, 百留 忠洋, 川谷 哲也, バーチャルモアリング用シャトルグライダー「ツクヨミ」の開発 -水槽滑空試験-, 日本船舶海洋工学会論文集, 第18号, 143-156, 2013.12.
16. 中村 昌彦, 伊藤 譲, 小寺山 亘, 稲田 勝, 野田 穣士朗, 丸林 賢次, 兼原 壽生, 青島 隆, 吉川 裕, 織田 博行, バーチャルモアリング用円盤型水中グライダーの開発 -その3 実用機の建造と実海域試験-, 日本船舶海洋工学会論文集, 第18号, 157-166, 2013.12, 近年全地球規模における環境変化の予測,環境保全に関する研究がますます盛んになってきている。これらの研究を行うためには地球環境に大きな影響を及ぼす海洋の時間的・空間的な観測データが必要であり,係留系による観測が広く行われてきた。ところが,係留系の設置にはその設計から投入まで多大な労力と費用が必要となる上,観測点を容易に変更することができない。このような問題点を解決し,観測対象定点において鉛直空間・時間連続データを取得するために,円盤型バーチャルモアリング用水中グライダーの開発を行った。.
17. M.Nakamura, K.Asakawa, T.Hyakudome, S.Kishima, H.Matsuoka, T.Minami, Hydrodynamic Coefficients and Motion Simulations of Underwater Glider for Virtual Mooring, IEEE Journal of Oceanic Engineering, 581-597, Vol.38, No.3, 2013.07.
18. Masahiko Nakamura, K.Asakawa, T.Hyakudome, S.Kishima, H.Matsuoka, T.Minami, Gliding Tests of Underwater Glider in Towing Tank, Proc. of the 23th Int. Offshore and Polar Engineering Conference , 350-355, Vol.2, 2013.07.
19. W.Koterayama, Nakamura Masahiko, Y.Ito, H.Yoshimura, Autonomous Underwater Vehicle for Practical Use in Ocean Observations
, Proc. of the Tenth Pacific-Asia Offshore Mechanics Symposium, 169-175, 2012.10.
20. Nakamura Masahiko, W.Koterayama, S.Masuda, S.Miyabe, H.Aso, Submersible Ocean Observation Buoy System Designed to Withstand Under Severe Sea Conditions, Proc. of the 22th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, Vol.1, 1025-1032, 2012.06.
21. 中村 昌彦、石橋 正二郎、百留 忠洋、吉田 弘、青木 太郎, 小型AUV「MR-X1」の実海域試験
(その1 スラスタ動特性を考慮した針路制御系設計と運動方程式の精度向上), 日本船舶海洋工学会論文集, 14, pp.143-150, 2011.12.
22. 中村昌彦、小寺山亘、増田紳哉、宮邊伸、麻生裕司, 小型沿岸海況観測ブイシステムの開発, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 13, 377-380, 2011.11, 荒天時における過大な外力に対してブイ・係留ラインを水没させることができる、沿岸漁場その他の海域に設置される小型海洋観測ブイシステムに関する研究開発.
23. M.Nakamura, S.Ishibashi, T.Hyakudome, H.Yoshida and T.Aoki, Field Experiments on Direction Control of AUV “MR-X1”, Proc. of the 21th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 2, 300-306, 2011.06.
24. 中村昌彦、小寺山亘、兵頭孝司、稲田勝、丸林賢次、吉村浩、森井康宏, バーチャルモアリング用円盤型水中グライダーの開発
(その2 実証機の建造と実海域試験), 日本船舶海洋工学会論文集, 13, 205-218, 2011.06.
25. 中村 昌彦、浅川 賢一、百留 忠洋、杵嶋 暁、松岡 宏樹、南 匠弥, バーチャルモアリング用シャトルビークル「ツクヨミ」の運動シミュレーション, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 12号, 123-126, 2011.05.
26. 中村 昌彦、百留 忠洋、吉田 弘、石橋 正二郎、青木 太郎, 小型AUV “MR-X1”の測線上航走性能向上に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 第12号, pp.165-173, 2010.12.
27. 中村 昌彦、百留 忠洋、吉田 弘、青木 太郎, 小型 AUV “MR-X1”のスラスターによる運動制御
, 日本船舶海洋工学会論文集, 第9号、pp.139-153, 2009.06.
28. M.Nakamura, W.Koterayama, M.Inada, K.Marubayashi, T.Hyodo, H.Yoshimura and Y.Morii, Disk Type Underwater Glider for Virtual Mooring and Field Experiment


, Int. Journal of Offshore and Polar Engineering, Vol.19, No.1, pp.66-70, 2009.03.
29. X.Xu, M.Nakamura and W.Koterayama, An Image Analysis Approach to the 3D Position Measurement of Riser End

, 日本船舶海洋工学会論文集, 第7号、pp.31-38, 2008.06.
30. M.Nakamura, T.Hyodo and W.Koterayama, “LUNA” Testbed Vehicle for Virtual Mooring, Proc. of the 17th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, pp.1130-1137, 2007.07.
31. M.Nakamura, H.Kajiwara, M.Inada, S.Hara, K.Hoshino and T.Kuroda, Automatic Mooring System for Ship, Proc. of the 17th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, pp.1039-1046, 2007.07.
32. M.Nakamura, H.Kajiwara, M.Inada, S.Hara, K.Hoshino and T.Kuroda, Automatic Mooring System for Ship, Proc. of the 17th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, pp.1039-1046, 2007.07.
33. 中村 昌彦、兵頭 孝司、小寺山 亘, バーチャルモアリング用円盤型水中グライダーの開発(その1 制御システムと模型実験用ビークルの開発), 日本船舶海洋工学会論文集, 第5号、pp.35-46, 2007.06.
34. 中村 昌彦、梶原 宏之、原 正一、眞鍋 三雄、才木 秀俊, ウィンチ制御による係船の自動化に関する研究(その3 試作された電動ウィンチの制御), 日本船舶海洋工学会論文集, 第5号、pp.125-132, 2007.06.
35. 中村 昌彦、梶原 宏之、峯 大晃、原 正一, ウィンチ制御による係船の自動化に関する研究(その2 実用化に向けたコントローラーの改良), 日本船舶海洋工学会論文集, 第5号、pp.113-123, 2007.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  5件
特許登録件数  2件
その他の優れた研究業績
2014.03, バーチャルモアリング用円盤型水中グラーダーの実用機建造.
2012.03, 海洋観測用小型ブイシステムの開発.
2010.04, バーチャルモアリング用円盤型水中グライダーの開発.
学会活動
所属学会名
日本船舶海洋工学会
計測自動制御学会
国際海洋極地工学会ISOPE(The International Society of Offshore and Polar Engineers)
学協会役員等への就任
2019.03~2020.03, 日本船舶海洋工学会西部支部, .
2016.04~2018.03, 日本船舶海洋工学会海洋教育推進委員会, 運営委員.
2015.04~2019.03, 日本船舶海洋工学会西部支部, 運営委員.
2011.04~2015.03, 日本船舶海洋工学会西部支部, 運営委員.
2009.04, 海中海底工学フォーラム, 幹事.
2008.04, 海中システム研究会, 幹事.
2007.04~2009.03, 日本船舶海洋工学会, 西部支部商議員.
2002.04~2020.03, International Offshore and Polar Engineering Conference, Technical Program Commitee.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.06.16~2019.06.21, The 29th Int. Ocean and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2018.06.10~2018.06.15, The 28th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2017.06.25~2017.06.30, The 27th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2016.06.26~2016.07.02, The 26th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2015.11.16~2015.11.17, 日本船舶海洋工学会, 座長(Chairmanship).
2015.06.21~2015.06.26, The 25th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2014.06.15~2014.06.20, The 24th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2014.05.26~2014.05.27, 日本船舶海洋工学会, 座長(Chairmanship).
2013.06.30~2013.07.04, The 23th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2012.06.17~2012.06.22, The 22th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2011.06.19~2011.06.24, The 21th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2010.06.20~2010.06.26, The 20th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2009.06.21~2009.06.26, The 19th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2008.07.07~2008.07.11, The 18th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2007.07, The 17th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2006.05, The 16th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2005.06, The 15th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2004.05, 西部造船会, 座長(Chairmanship).
2003.05, 西部造船会, 座長(Chairmanship).
2003.05, The 13th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2002.05, The 12th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2000.05, 西部造船会, 座長(Chairmanship).
2016.12.03~2016.12.03, 海洋教育フォーラム, 実行委員長.
2011.12.07~2011.12.07, 第14回海中システム研究会, 実行委員長.
2009.12.06~2009.12.10, International Symposium of Asian - Pacific Universities' Underwater Engineering, 実行委員.
2009.12.03~2009.12.05, International Symposium on Resource Development in the Ocean, 実行委員長.
2002.06, The 12th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度
2017年度 28  30 
2016年度
2015年度 10 
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度    
2009年度    
2008年度    
2007年度    
2006年度    
2005年度    
2004年度     11 
2003年度    
2002年度      
2001年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
・・, UnitedStatesofAmerica, 2019.06~2019.06.
・・, UnitedStatesofAmerica, 2017.06~2017.06.
・・, Greece, 2016.06~2016.07.
・・, UnitedStatesofAmerica, 2015.06~2015.06.
・・, , SouthKorea, 2014.06~2014.06.
・・, , UnitedStatesofAmerica, 2013.09~2013.09.
・・, , UnitedStatesofAmerica, 2013.06~2013.07.
・・, , Greece, 2012.06~2012.06.
・・, , UnitedStatesofAmerica, 2011.06~2011.06.
・・, , UnitedStatesofAmerica, 2010.09.
上海交通大学, , China, 2010.09.
.. , , China, 2010.06.
IFREMER, オックスフォード大学 , France, UnitedKingdom, 2010.03~2010.03.
.. , , Australia, 2009.12~2009.12.
.. , , Canada, 2008.07.
.. , , Portugal, 2007.07.
.. , , UnitedStatesofAmerica, 2006.05.
ソウル大学, Korea, 2002.01.
外国人研究者等の受入れ状況
2014.03~2014.03, 2週間未満, 九州大学応用力学研究所, China, 学内資金.
2012.11~2012.11, 2週間未満, 九州大学応用力学研究所, China, 学内資金.
2011.12~2011.12, 2週間未満, 九州大学応用力学研究所, China, 学内資金.
2010.12~2010.12, 2週間未満, 九州大学応用力学研究所, China, 学内資金.
2009.08~2009.08, 2週間未満, 九州大学応用力学研究所, China, 学内資金.
2008.09~2009.08, 1ヶ月以上, フリンダース大学, Korea, 日本学術振興会.
2006.10~2007.01, 1ヶ月以上, Deep ocean water research center, Korea, .
2006.04~2008.03, 1ヶ月以上, 九州大学応用力学研究所, China, 学内資金.
受賞
日本造船工業会賞, 日本造船工業会, 2014.03.
日本船舶海洋工学会賞(論文賞), 日本船舶海洋工学会, 2014.03.
C H Kim AWARD, The International Society of Offshore and Polar Engineers, 2011.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 代表, 超浅海域で使用可能なバーチャルモアリング用水中グライダーの開発.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 無方向性を有する海洋観測用水中グライダーの運動制御と実海域試験.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, 高精度姿勢・高度制御可能型高速深海曳航体システムの開発研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 海底地形追従用自律巡航型海中ビークルの最適機体形状・制御方法に関する研究.
2008年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 代表, 次世代自律巡航型海中ビークルの艇体形状最適化に関する研究.
2007年度~2009年度, 基盤研究(A), 分担, 深海掘削船のリエントリ時操船訓練シミュレータおよび操船支援システムの開発研究.
2005年度~2007年度, 基盤研究(B), 代表, バーチャルモアリングによる海洋環境計測システムの開発研究.
2005年度~2007年度, 基盤研究(A), 分担, 橋脚を利用した潮流発電の実用化に関する研究.
2004年度~2006年度, 基盤研究(A), 分担, 浮体と長大弾性管の総合制御システムの開発研究.
2003年度~2005年度, 基盤研究(B), 分担, 海水打ち込み・青波と浮体同様の練成挙動に関する研究.
2002年度~2004年度, 基盤研究(B), 代表, 海洋構造物・支援船間の安全な移動の為の可動式乗船装置に関する研究.
2000年度~2004年度, 基盤研究(B), 代表, 高精度位置・姿勢制御能力を備えた巡航可能型水中ビークルの開発研究.
1998年度~1999年度, 基盤研究(B), 代表, 大型浮体のダイナミックポジショニングシステムによる高精度位置制御に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2004年度~2006年度, 鉄道建設・運輸施設整備支援機構, 代表, 係船支援システムにかかる係船制御アルゴリズムの開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.04~2019.03, 分担, 浮体式洋上風力発電施設の洋上施工方法に関する共同研究.
2018.04~2021.03, 代表, 長期定域観測用水中グライダー等の運用機開発に関する研究.
2017.12~2018.03, 代表, ASV実証機模型の流体力・運動測定およびデータ解析に関する技術指導.
2015.04~2016.03, 代表, ASV模型の流体力・運動測定およびデータ解析に関する技術指導.
2015.04~2018.03, 代表, バーチャルモアリング用シャトル型ロボットの運動制御に関する基礎的研究.
2014.08~2015.03, 代表, ASV模型の流体力・運動測定およびデータ解析に関する技術指導.
2012.09~2015.03, 代表, バーチャルモアリング用シャトル型ロボットの運動制御に関する基礎的研究.
2010.06~2012.03, 代表, バーチャルモアリング用シャトル型ロボットの運動制御に関する基礎的研究.
2008.04~2009.03, 代表, 掘削船のライザー管リエントリ自動化に関する開発研究(フェーズ2).
2007.04~2008.03, 代表, 掘削船のライザー管リエントリ自動化に関する開発研究(フェーズ2).
2006.04~2006.09, 代表, 掘削船用DPSの高度化に関する研究(フェーズ2).
2006.02~2006.03, 分担, 掘削船用DPSの高度化に関する研究(フェーズ2).
2005.08~2005.12, 分担, 掘削船用DPSの高度化に関する研究(フェーズ1).
2004.10~2005.02, 分担, かいこうランチャーに働く流体力に関する研究.
2004.04~2006.03, 分担, 自立型無人潜水艇の最適設計技術に関する基礎的研究.
寄附金の受入状況
2011年度, (株)ゼニライトブイ, 応用力学研究所における学術研究助成.
2010年度, (株)クボタ化成, 応用力学研究所における学術研究助成.
2005年度, 三曳マリン㈱, アッシュクリート投入シミュレーションに関する研究助成.
2008年度, 新来島ドック, 応用力学研究所における学術研究助成.
2009年度, 九州クボタ化成, 応用力学研究所における学術研究助成.
2009年度, 株式会社 海洋工学研究所, 応用力学研究所における学術研究助成.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2018年度, 附置研究所経費, 分担, 東アジアから太平洋規模の海洋・大気循環に関わる素過程研究の精緻化と環境変動への応用
(水中グライダー関する研究).
2011年度~2011年度, カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER・アイスナー)経費, 代表, 高機能高精度曳航電車駆動装置の調達.
2011年度~2015年度, 附置研究所経費, 分担, 地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明
(バーチャルモアリング用ビークルに関する研究).
2008年度~2012年度, 新炭素G-COE, 分担, 海中資源開発基本技術に関する研究.
2007年度~2009年度, 特別教育研究経費, 代表, 大気海洋分野特定研究
「自律型水中ロボットの開発に関する研究」.
2005年度~2009年度, 特別教育研究経費, 分担, 東アジア海洋・大気環境激変の監視と予測システムの開発
(バーチャルモアリング用ビークルに関する研究).
2004年度~2004年度, 先導的研究機関連携ユニット支援事業費, 分担, 東アジア海洋・大気環境激変の監視と予測システムの開発
(バーチャルモアリングに関する研究).

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」