九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
上瀧 恵里子(じょうたき えりこ) データ更新日:2019.05.11

教授 /  男女共同参画推進室




ホームページ
http://danjyo.kyushu-u.ac.jp/
在籍している男女共同参画推進室の活動内容の紹介 .
http://danjyo.kyushu-u.ac.jp/diversity/index.php
文部科学省の補助事業で実施している「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」事業の紹介 .
http://wrp.kyushu-u.ac.jp/index.php
文部科学省の補助事業で実施した「女性枠設定による教員採用・養成システム」の内容の紹介 .
取得学位
博士(工学)
専門分野
核融合学 研究戦略 
活動概要
核融合炉開発の基礎研究のため応用力学研究所に建設され、昭和61年から稼働していたトカマク型基礎実験装置TRIAM−1Mの実験研究において、データ処理を担当し、データ処理計算機のシステム設計、ソフトの開発を手がけた。
 同装置は、世界で初めて総合装置として稼働したニオブサン錫製超伝導装置であるため、超伝導システムにおけるデータ処理系の在り方を示した。また、同装置が初めて実現させた長時間のトカマク運転に対応できる新しいデータ処理法を開発した。
 この他、超伝導装置の運転に関する技術的課題にも取り組んでいる。
所属センターが協力講座担当として受け入れている大学院総合理工学府先端エネルギー理工学専攻の大学院学生に対する指導も行っている。
 社会貢献に関する活動としてはエネルギー問題に関する市民への普及活動の一環として九州エネルギー問題懇話会が主催する九州プラスネットに所属し、ロータリークラブでの講演等を行っている。
 平成15年4月からは九州大学高等研究機構研究戦略企画室の准教授を兼任し、九州大学全般の研究戦略の企画、外部資金獲得の支援等を中心とした活動も併せて行っている。なお、研究戦略企画室は平成27年4月に学術研究・産学官連携本部に統合された。
研究戦略企画室の業務の一環として文部科学省の女性研究者支援事業に関わってきた業績も評価され、平成27年9月1日に新設された男女共同参画推進室の教授に着任した。現在は男女共同参画推進のための女性研究者増加策、支援策、活躍可視化に関する活動を行っている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」