九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
東藤 貢(とうどう みつぐ) データ更新日:2019.06.28



主な研究テーマ
CT-FEMを用いた脊椎DISHの力学解析
キーワード:脊椎、バイオメカニクス、FEA、CT画像を利用した解析
2018.04.
骨再生用多孔質複合材料の開発と力学特性に関する研究
キーワード:足場材料、組織工学、材料工学、複合材料、材料力学
2017.04.
CT-FEMを用いた骨粗鬆症に起因する骨強度低下の解析
キーワード:FEM, CT, biomechanics, solid mechanics
2016.04~2019.03.
iPS細胞由来心筋細胞を用いたバイオポンプの創製
キーワード:組織工学、バイオメカニクス、バイオマテリアル
2017.06~2019.03.
間葉系幹細胞を用いた細胞シートの作製と評価
キーワード:再生医療,組織工学,分化
2013.10~2017.03.
多孔質ナノ複合材料を用いたバイオ燃料電池の開発研究
キーワード:バイオマテリアル,医療機器,新エネルギー
2012.04~2014.03.
薬剤徐放機能を有する複合系多孔質材料の創製
キーワード:バイオマテリアル,薬剤徐放,再生医療
2012.01~2014.03.
コラーゲン系scaffoldを用いた間葉系幹細胞の培養挙動に関する研究
キーワード:間葉系幹細胞,コラーゲン
2011.04~2016.03.
次世代人工股関節の開発研究
キーワード:次世代人工股関節、生体力学適合性
2009.03~2011.03.
上顎骨に関する歯科インプラントの力学的問題の解明
キーワード:歯科インプラント、上顎骨、バイオメカニクス
2007.03~2008.03.
人工股関節と大腿骨の力学的相互作用に及ぼすステムカラーの影響
キーワード:人工関節、バイオメカニクス、数値解析
2007.03~2008.03.
生体吸収性多孔質材料の創製と力学特性評価
キーワード:生体材料,再生医療,多孔質,力学特性
2007.03.
3次元膝関節モデルの構築と屈曲解析
キーワード:生体力学,整形外科,有限要素法
2007.03~2012.03.
生体吸収性PLLA系ポリマーブレンドの創製と力学特性評価
キーワード:生体材料,生体吸収性,ポリマーブレンド,破壊特性
2004.03~2013.03.
HA/PLLA複合材料の高性能化に関する研究
キーワード:生体吸収性材料,骨固定材,破壊特性
2006.04~2013.03.
歯科インプラントが埋入された3次元下顎骨モデルの構築と応力解析
キーワード:歯科インプラント,バイオメカニクス,FEMシミュレーション
2005.04~2013.03.
深屈曲を可能とする新型人工膝関節の開発と動的力学特性評価
キーワード:人工膝関節,整形外科,バイオメカニクス
2005.04~2010.03.
セラミックス・セラミックス人工股関節の人体内破損メカニズムの力学的検討
キーワード:人工関節,整形外科,バイオメカニクス
2005.04~2007.03.
生分解性PLLA/PBSCポリマーブレンドの開発と力学特性評価
キーワード:生分解性樹脂,ポリマーブレンド,破壊特性
2005.04~2007.03.
3次元有限要素法による汎用型人工膝関節の動的応力解析
キーワード:有限要素法,人工膝関節,整形外科,動的変形
2003.04~2007.03.
PLLA/PCLポリマーブレンドの創製と破壊特性評価
キーワード:ポリマーブレンド,ポリ乳酸,ポリカプロラクトン,破壊特性
2002.04~2013.03.
生体吸収性ポリ乳酸の破壊挙動に及ぼすアニーリングの影響
キーワード:ポリ乳酸,生体吸収性,アニーリング,破壊靭性
2002.10~2003.10.
生分解性ポリ乳酸の破壊特性に及ぼす加水分解と負荷速度の影響
キーワード:ポリ乳酸,破壊靭性,衝撃,結晶構造
2001.04~2003.03.
従事しているプロジェクト研究
iPS細胞由来心筋細胞と多孔質高分子構造体の融合によるバイオポンプの開発
2017.04~2019.03, 代表者:東藤 貢, 九州大学応用力学研究所, 九州大学応用力学研究所.
医用画像に基づく計算解剖学の多元化と高度知能化診断・治療への展開
2017.04~2019.03, 代表者:橋爪 誠, 九州大学大学院医学研究院
新学術領域「多元計算解剖学」を開拓するために、(1) 「生きた人体の総合理解」のための数理的解析基盤の確立、(2) 高度知能化診断治療システム実現のための数理的諸手法の研究、(3)多元計算解剖学の展開の3つの研究項目を設定し、各研究領域において共同研究を行った。このプロジェクトにおいて、多元計算解剖学と固体損傷力学の融合による骨強度予測法の開発を担当した。.
いわて発高付加価値コバルト合金を用いた整形外科インプラントのデザイン最適化
2014.04~2015.03, 代表者:土井田 稔, 岩手医科大学医学部整形外科, 岩手医科大学
東北大学金属材料研究所で開発された新しいコバルト合金を用いて脊椎固定用のインプラント開発を行った。
本プロジェクトでは数値シミュレーションによるインプラントの強度評価を担当した。.
アジア人のためのモジュラー型人工股関節の開発
2011.10~2013.09, 代表者:東藤 貢, 九州大学応用力学研究所, 日本学術振興会
九州大学(応用力学研究所東藤グループ,医学研究院整形外科)と韓国Chonnam 国立大学(機械工学科,医学部整形外科)との共同研究として,
アジア人のためのモジュラー型人工関節を開発する.
大型骨欠損治療のイノベーション実現にむけた橋渡し研究
2011.02~2013.03, 代表者:吉川秀樹, 大阪大学医学研究科, 財団法人テルモ科学技術振興財団
骨組織の大規模欠損に対する骨再生治療に対して,医学,薬学,工学の観点から総合的に研究を行う..
生分解性ポリマーブレンドの高性能化に関する研究
2007.04~2010.03, 代表者:Dr. Mariatti Jaafar, Universiti Sains Malaysia, 独立行政法人 国際協力機構(JICA)(日本)
ポリ乳酸を基材とするポリマーブレンドにおいて相容化剤として第3成分を加えることでミクロ構造を制御し、力学特性の向上を目指す。.
グリーンコンポジットの成形加工法の開発と力学特性評価
2006.04~2007.03, 代表者:Dr. Mariatti Jaafar, Universiti Sains Malaysia, 独立行政法人 国際協力機構(JICA)(日本)
天然繊維強化型熱硬化性樹脂(グリーンコンポジット)の成形加工法を確立するとともに,力学特性を明らかにし,最適な材料設計条件を明らかに刷ることを目的とする..
生体-バイオマテリアル高機能インターフェイス科学推進事業
2007.04~2012.03, 代表者:佐々木啓一, 東北大学大学院歯学研究科, 東北大学大学院歯学研究科,東北大学金属材料研究所,九州大学応用力学研究所
高機能インターフェイスの開発.
研究業績
主要著書
1. 東藤貢他, シミュレーション辞典, 2012.02.
2. MItsugu Todo, Tetsuo Takayama, Biomaterials - Physics and Chemistry -, Chapter 19 : Fracture mechanisms of biodegradable PLA and PLA/PCL blends, In Tech Co., 2011.10.
3. 東藤 貢(他31名), ナノポリマーアロイの相溶化と混練条件の最適化, 技術情報協会, 第5章,第6節, 2010.10.
4. 東藤貢他79名, 植物由来プラスチックの高機能化とリサイクル技術, サイエンス&テクノロジー, 第52章「ポリ乳酸の医療材料への応用」、422-428, 2007.12.
主要原著論文
1. A. I. Pangesty, M. Todo, Development of cylindrical microfibrous scaffold using melt-spinning method for vascular engineering, Materials Letters, 228, 334-338, 2018.09.
2. K. Fukuoka, M. Todo, Analysis of principal stress projection in femur with total hip arthroplasty using CT-image based finite element method, International Archives of Orthopedic Surgery, 1, 1, 1-10, 2018.09.
3. K. Fukuoka, M. Todo, Biomechanical analysis of femur with THA and RHA implants using CT-image based finite element method, Journal of Orthopaedics and Sports Medicine, 2018.06.
4. M.A. Mohd Afzan, M. Todo, R. Nagamie, S. Hirokawa, Effect of bearing mobility on the kinetics performance of TKA during deep flexion: A computational simulation, Applied Mechanics and Materials, 393, 899-906, 2013.10.
5. Todo Mitsugu, S. Hwang, Biomechanical effect of implantation of chitosan/MWNTs reinforced scaffold into damaged femur, Journal of Novel Carbon Resource Science, 7, 1-6, 2013.02.
6. Phanny YOS, Mitsugu TODO, Development and characterization of poly(-caprolactone) reinforced porous hydroxyapatite for bone tissue engineering, Key Engineering Materials, 529-530, 447-452, 2013.01.
7. Todo Mitsugu, Vilay Vannaladsaysy, Characterization of mode I fracture and morphological properties of PLLA blends with addition of lysine triisocyanate, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 6, 4, 314-422, 2012.11.
8. 東藤 貢, 荒平高章, β-TCP複合系scaffoldの圧縮力学特性に及ぼす間葉系幹細胞培養の影響, 臨床バイオメカニクス, 33, 237-244, 2012.10.
9. 東藤 貢, 荒平高章, 多孔質バイオセラミックス人工骨の圧縮力学特性に及ぼすコラーゲンコーティングの影響, 粉体および粉末冶金, 59, 7, 421-424, 2012.10.
10. Todo Mitsugu, L.M. Ren, Takaaki Arahira, A comparative biomechanical study of bone ingrowth in two porous hydroxyapatite bioceramics, 81-88, 2012.08.
11. Li-Mei Ren, Takaaki Arahira, Mitsugu Todo, Hideki Yoshikawa and Akira Myoui, Biomechanical evaluation of porous bioactive ceramics after implantation: micro CT-based three-dimensional finite element analysis, Journal of Materials Science: Materials in Medicine, 23, 463-472, 2012.02.
12. J.E. Park and M. Todo, Compressive mechanical properties and deformation behavior of porous polymer blends of poly(e-caprolactone) and poly(L-lactic acid), Journal of Materials Science, 46, 7850-7858, 2011.10.
13. T. Takayama, M. Todo and H. Tsuji, Effect of annealing on the mechanical properties of PLA/PCL and PLA/PCL/LTI polymer blends, Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials, 4, 255-260, 2011.10.
14. 東藤貢,北村英輔,藤井政徳,佐藤太志,中島康晴,岩本幸英, 有限要素法による表面置換型人工関節置換の応力解析, 臨床バイオメカニクス, 32, 353-358, 2011.10.
15. 東藤貢,大野充孝,日垣秀彦,三浦裕正,長嶺隆二, バーチャル膝シミュレータの屈曲動作に及ぼす筋肉モデルの影響, 臨床バイオメカニクス, 32, 395-400, 2011.10.
16. 荒平高章,東藤貢,名井陽,吉川秀樹, 多孔質バイオセラミックスの力学特性に及ぼす骨組織再生の影響, 臨床バイオメカニクス, 32, 2253-259, 2011.10.
17. J.E. Park and M. Todo, Development and characterization of reinforced poly(L-lactide) scaffolds for bone tissue Engineering, Journal of Materials Science: Materials in Medicine, 22, 1171-1182, 2011.08.
18. V. Vannaladsaysy, M.Todo, M. Jaafar, Z. Ahmad, Characterization of Microstructure and Mechanical Properties of Biodegradable Polymer Blends of Poly(L-lactic acid) and Poly(butylene succinate-co-ε-caprolactone) with Lysine triisocyanate, Polymer Engineering and Science, 2011.05.
19. L.M. Ren, M. Todo, T. Arahira, A. Myoui, Biomechanical interaction between porous bioactive ceramics and regenerated bone tissue, Proceedings of The 2nd International Conference on Nanomechanics & Nanocomposites, 258-261, 2010.10.
20. T. Arahira, M. Todo, Y. Matsushita, K. koyano, Assessment of Mechanical Stability and Safety for Fully Edentulous Maxilla with Dental Implants, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 5, 5, 526-538, 2010.08.
21. J.E. Park, M. Todo, Characterization of microstructure and compressive deformation behavior of reinforced porous poly(L-lactide), Advanced Materials Research, 123-125, 303-306, 2010.08.
22. J.E. Park and M. Todo, Development of layered porous poly(L-lactide) for bone regeneration, Journal of Materials Science, 45, 3966-3968, 2010.08.
23. 東藤 貢,大野充孝,日垣秀彦,三浦裕正,長嶺隆二, バーチャル・シミュレータによる人工膝関節の応力解析, 臨床バイオメカニクス, 31, 231-236, 2010.08.
24. 東藤 貢,北村英輔,藤井政徳,佐藤太志,中島康晴,岩本幸英, 股関節の応力状態に及ぼす臼蓋形成不全の影響, 臨床バイオメカニクス, 31, 149-154, 2010.08.
25. T. Takayama, M. Todo, Improvement of Fracture Properties of Hydroxyapatite Particle Filled Poly(L-lactide)/Poly(e-caprolactone) Biocomposites using Lysine Tri-Isocyanate, Journal of Materials Science, 45, 22, 6266-6270, 2010.07.
26. L. Qian, M. Todo, Y. Matsushita, K. Koyano, Three-dimensional finite element analysis of overload-induced alveolar bone resorption around dental implants, Interface Oral Health Science 2009, 155-157, 2010.05.
27. V. Vilay, M. Mariatti, Zulkifli Ahmad, Mitsugu Todo, and K. Pasomsouk, Effect of Copolymer on the Mechanical and Thermal Properties and Morphological Behavior of Biodegradable Poly (L-lactic acid) (PLLA) and Poly (Butylene Succinate-co-L-Lactate) (PBSL) Blends, Polymers for Advanced Technologies, 2010.03.
28. Tetsuo Takayama and Mitsugu Todo, Improvement of Mechanical Properties of Hydroxyapatite Particle Filled Poly(L-lactide) Biocomposites using Lysine Tri-Isocyanate, Journal of Materials Science, 44, 18, 5017-5020, 2009.11.
29. Vilay Vannaladsaysy, Mitsugu Todo, Tetsuo Takayama, Mariatti Jaafar, Ahmad Zulkifli and Korakanh Pasomsouk, Effect of lysine triisocyanate on the mode I fracture behavior of polymer blend of poly(L-lactic acid) and poly(butylene succinate-co-L-lactide), Journal of Materials Science, 44, 11, 3006-3009, 2009.10.
30. Mitsugu Todo, Joo-Eon Park, Hiroyuki Kuraoka, Jin-Woong Kim, Kentaro Taki and Masahiro Ohshima, Compressive deformation behavior of porous PLLA/PCL polymer blend, Journal of Materials Science, 44, 15, 4191-4194, 2009.10.
31. Lihe Qian, Mitsugu Todo, Yasuyuki Morita, Yasuyuki Matsushita and Kiyoshi Koyano, Deformation analysis of the periodontium considering the viscoelasticity of the periodontal ligament, Dental Materials, 25, 1285-1292, 2009.10.
32. Lihe Qian, Mitsugu Todo, Yasuyuki Matsushita and Kiyoshi Koyano, Effects of implant diameter, insertion depth and loading angle on stress/strain fields in implant/jawbone system, The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants, 24, 877-886, 2009.10.
33. 東藤 貢,中村尚平,佛淵孝夫, 大腿骨と人工股関節の力学的相互作用に及ぼすステム形状の影響, 臨床バイオメカニクス, 30, 325-332, 2009.08.
34. 東藤 貢,長嶺隆二,高橋祐二, 医療用画像に基づく3次元膝関節モデルの構築と人工膝関節の応力解析への応用, 臨床バイオメカニクス, 30, 339-346, 2009.08.
35. Lihe Qian, Mitsugu Todo, Yasuyuki Matsushita and Kiyoshi Koyano, Finite Element Analysis of Bone Resorption around Dental Implant, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 4, 3, 365-376, 2009.08.
36. Tetsuo Takayama, Mitsugu Todo and Atsushi Takano, The effect of bimodal distribution on the mechanical properties of hydroxyapatite particle filled poly(L-lactide) composites, Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials, 2, 105-112, 2009.05.
37. 東藤 貢,高山哲生, PLA/PCLポリマーブレンドの衝撃力学特性に及ぼす熱処理の影響, 成形加工, Vol.20, No.11, pp.762-768, 2008.11.
38. Tetsuo Takayama, Mitsugu Todo, Atsushi Takano, The effect of bimodal distribution on the mechanical properties of hydroxyapatite particle filled poly(L-lactide) composites, Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials, Vol.2, pp.105-112, 2008.10.
39. 東藤 貢,長嶺隆二,高橋祐二, PS型人工膝関節における繰り返し屈曲動作と脛骨インサートの塑性変形挙動について, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.29, pp.381-387, 2008.10.
40. Mitsugu Todo, Yuji Takahashi, Ryuji Nagamine, Stress analysis of artificial knee joints under flexion and rotation, Tribology Online, 3, 3, 211-215, 2008.09.
41. Mitsugu Todo, Hiroyuki Kuraoka, Jinwoong Kim, Kentaro Taki, Masahiro Ohshima, Deformation behavior and mechanism of porous PLLA under compresion, Journal of Materials Science, Vol.43, No.16, pp.5644-5646, 2008.09.
42. 入江皓平,東藤 貢,松下恭之,古谷野潔, デンタルインプラントと下顎骨の力学的相互作用に及ぼす固定式補綴装置の材質の影響, 粉体および粉末冶金, Vol.8, No.2, 109-114., 2008.08.
43. 加川 尊,東藤 貢,竹之下康治,名井 陽, ハイドロキシアパタイト微粒子分散ポリL乳酸の構造制御による破壊特性の向上, 粉体および粉末冶金, Vol.55, No.5, 341-346., 2008.08.
44. 森田康之,内野正和,東藤 貢,松下恭之,新川和夫,古谷野潔, デジタル画像相関法による歯周組織の咬合機能解析, 粉体および粉末冶金, Vol.55, No.5, 353-358., 2008.08.
45. M. Todo, T. Kagawa, Y. Takenoshita and A. Myoui, Effect of Press Processing on Fracture Behavior of HA/PLLA Biocomposite Material, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, Vol.2, No.1, 1-7, 2008.04.
46. 東藤 貢,徳永政一郎,馬渡正明,佛淵孝夫, アルミナ-アルミナ人工股関節のロッキング機構損傷解析とUHMWPEライナー脱転のメカニズム, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.28, 255-262, 2007.10.
47. 東藤 貢,長嶺隆二,山口勝太, PS型人工膝関節の動作状態における応力状態の解析, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vo.28, 233-239, 2007.10.
48. M. Todo, T. Takayama, H. Tsuji and K. Arakawa, Effect of LTI Blending on Fracture Proeprties of PLA/PCL Polymer Blend, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering

, Vol.1, No.9, 1157-1164, 2007.10.
49. M. Todo, R. Nagamine and S. Yamaguchi, Stress Analysis of PS Type Knee Prostheses under Deep Flexion, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.2, No.4, 237-245, 2007.10.
50. M. Todo and T. Takayama, Toughening of bioabsorbable polymer blend by microstructural modification, Interface Oral Health Science 2007, 95-104, 2007.10.
51. M. Todo and T. Kagawa, Improvement of Fracture Energy of HA/PLLA Biocomposite Material due to Press Processing, Journal of Materials Science, Vol.43, 799-801, 2007.10.
52. M. Todo, S.D. Park, T. Takayama and K. Arakawa, Fracture micromechanisms of bioabsorbable PLLA/PCL polymer blends, Engineering Fracture Mechanics, Vol.74, 1872-1883., 2007.08.
53. S.-D. Park, M. Todo and K. Arakawa, Effect of Annealing on the Fracture Toughness of Poly(lactic acid), Journal of Materials Science, 10.1023/B:JMSC.0000012957.02434.1e, 39, 3, 1113-1116, Vol.39, pp.1113-1116, 2004.01.
54. S.D. Park, M. Todo and K. Arakawa, Effect of annealing on fracture mechanism of biodegradable poly(lactic acid), Key Engineering Materials, 261-263, 105-110, Vol.261-263, pp.105-110, 2004.01.
55. 東藤 貢,篠原 信之,新川 和夫,辻 秀人, ポリ(L-乳酸)の破壊挙動に及ぼす加水分解の影響, 高分子論文集, Vol.60, No.11, pp.644-651, 2003.01.
56. M. Todo, S. Komeda and K. Arakawa, Effect of Rubber Blending on the Fracture Behavior of Glass Microballoon Filled Epoxy Resin, Proceedings of the Third Japan-Korea Joint Symposium on Composite Materials, pp.75-76., 2002.10.
57. 東藤 貢,新川 和夫,高橋 清,武部 博倫,森永 健次, ZrO2/Ni複合材料の変形・破壊挙動に及ぼす分散状態の影響, 材料, 51巻,5号,pp.489-494, 2002.01.
58. M. Todo, N. Shinohara and K. Arakawa, Effects of Crystallization and Loading-rate on the Mode I Fracture Toughness of Biodegradable Poly(lactic acid), Journal of Materials Science Letters, 10.1023/A:1016520518959, 21, 15, 1203-1206, Vol.21, pp.1203-1206, 2002.01.
59. M. Todo and K. Takahashi, Loading-Rate Dependence of Mode I Fracture Behavior of Rubber-Toughened PMMA, Proceedings of the 10th International Conference on Fracture, CD-ROM, 2001.12.
60. M. Todo and K. Takahashi, Displacement-Rate Dependence of the Bending Fracture Behavior of Interlayer-Toughened Carbon/Epoxy Composite, Materials Science Research International, Special Technical Publication-2, pp.266-270, 2001.01.
61. 東藤 貢,高橋 清, 連続繊維強化ポリアミド6のモードII層間破壊靭性に及ぼす吸湿の影響, 日本複合材料学会誌, 27巻,2号,pp.104-111, 2001.01.
62. M. Todo, P.-Y. B. Jar and K. Takahashi, Initiation of a mode-II Interlaminar Crack from an Insert Film in the End-Notched Flexure Composite Specimen, Composite Science and Technology, 10.1016/S0266-3538(99)00119-0, 60, 2, 263-272, Vol.60, pp.263-272, 2000.01.
63. M. Todo, K. Takahashi, Ph. Beguelin and H.H. Kausch, Strain-rate Dependence of the Tensile Fracture Behaviour of Woven-cloth Reinforced Polyamide Composites, Composite Science and Technology, 10.1016/S0266-3538(99)00184-0, 60, 5, 763-771, Vol.60, pp.763-771, 2000.01.
64. M. Todo, T. Nakamura and K. Takahashi, Effects of Moisture Absorption on the Dynamic Interlaminar Fracture Toughness of Carbon/Epoxy Composites, Journal of Composite Materials, 10.1106/UFBK-445F-NV22-BAPH, 34, 8, 630-648, Vol.34, No.8, pp.630-648, 2000.01.
65. M. Todo, K. Arakawa and K. Takahashi, Nonlinear Displacement Field in the Vicinity of Notch-Tip in Rubber Toughened PMMA, Key Engineering Materials, 183-1, 409-414, Vol.183-187, pp.409-414, 2000.01.
66. 東藤 貢,高橋 清,P.-Y. B. Jar,Ph. Beguelin, ゴム強化PMMAにおける高靭性発現のメカニズム, 日本機械学会論文集(A編), 65巻,631号,pp.432-438, 1999.01.
67. M. Todo, K. Takahashi, Ph. Beguelin and H.H. Kausch, Effect of Displacement Rate on the Mode I Fracture Behavior of Rubber Toughened PMMA, JSME International Journal, Series A, 42, 1, 49-56, Vol.42, No.1, pp.49-56, 1999.01.
68. M. Todo, K. Takahashi, P.-Y. Ben Jar and Ph. Beguelin, Toughening Mechanisms of Rubber Toughened PMMA, JSME International Journal, Series A, 42, 4, 585-591, Vol.42, No.4, pp.585-591., 1999.01.
69. M. Todo, T. Nakamura and K. Takahashi, Mode II Interlaminar Fracture Behavior of Fiber Reinforced Polyamide Composites under Static and Dynamic Loading Conditions, Journal of Reinforced Plastics and Composites, 18, 15, 1415-1427, Vol.18, No.15, pp.1415-1427, 1999.01.
70. M. Todo, T. Nakamura, T. Mada and K. Takahashi, Measurement of Dynamic Interlaminar Fracture Toughness of FRP Laminates Using Dynamic Displacement Measuring Apparatus, Advanced Composite Materials, 10.1163/156855198X00200, 7, 3, 285-297, Vol.7, No.3, pp.285-297, 1998.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 東藤 貢, 細胞とバイオマテリアルの組み合わせによる人工組織構築と再生医療への応用, 日本機械学会誌, 2013.02, iPS細胞の確立とともに再生医療への期待がますます高まるのにともない,工学的基盤技術である組織工学の重要性も増している.本トピックス記事では,骨再生治療の現状を紹介し,筆者の研究について紹介している..
2. 東藤 貢, バイオコンポジットの現状と将来展望
5.医療用バイオコンポジットの現状と将来展望
, 材料, 2011.10.
3. Mitsugu Todo, Mechanical Studies on Biomaterials for Reconstruction of Lower Limb Functions, 2010.05.
4. 東藤 貢, ポリマーブレンドの破壊特性と破壊メカニズム
, 2007.10.
主要学会発表等
1. Mitsugu Todo, @Daisuke Umebayashi, Assessment of Vertebra Strength using CT-Image Based Finite Element Method , European Orthopaedic Research Society 26th Annual Meeting (EORS2018), 2018.09.
2. 東藤貢、@梅林大督、@原政人, 骨粗鬆症による椎体強度の低下に関する研究, 第31回バイオエンジニアリング講演会, 2018.12.
3. 東藤貢、@中島康晴, FEMによる人工股関節のバイオメカニクス解析, 第45回日本臨床バイオメカニクス学会, 2018.11.
4. 東藤貢、@高野弘充、@佐藤達哉、米澤郁穂, 脊椎解析への有限要素法の応用, 第45回日本臨床バイオメカニクス学会, 2018.11.
5. 東藤貢、@梅林大督、@原政人, CT-FEMによる椎体強度評価と骨粗鬆症診断への応用, 第38回日本骨形態計測学会, 2018.06.
6. 東藤貢, CT-FEMを用いた骨とインプラントの力学的相互作用の理解と臨床応用, 第38回日本骨形態計測学会, 2018.06.
7. @Mitsugu Todo, Ikuho Yonezawa, Development of bone strength prediction method by using multidisciplinary computational anatomy with damage mechanics, Fourth International Symposium on the project “Multidisciplinary Computational Anatomy”, 2018.03.
8. 東藤貢, コンピュータ・シミュレーション技術を応用した整形外科バイオメカニクス研究, 第8回日本CAOS研究会, 2014.03.
9. 荒平高章, 東藤貢, コラーゲン/リン酸三カルシウム複合系scaffoldと間葉系幹細胞を用いた骨再生に関するin vitro研究, 第13回日本再生医療学会総会, 2014.03.
10. 東藤貢, 中牟田侑昌, 荒平高章, ヒト間葉系幹細胞とコラーゲンゲル/多孔体2相型足場材料を用いた軟骨再生に関する基礎的研究, 第13回日本再生医療学会総会, 2014.03.
11. 東藤貢, 荒平高章, 構造が異なる2種類のβ-TCP/collagen複合系scaffoldの創製と骨組織工学への応用, 第26回バイオエンジニアリング講演会, 2014.01.
12. 荒平高章, 東藤貢, 骨組織再生のためのコラーゲン/リン酸三カルシウム複合系scaffoldのin vitro研究, 第26回バイオエンジニアリング講演会, 2014.01.
13. 中牟田侑昌, 東藤貢, 荒平高章, コラーゲン2相系scaffoldと間葉系幹細胞による軟骨再生に関する基礎的研究, 第26回バイオエンジニアリング講演会, 2014.01.
14. P. Yos, Md. Abdul Kafi, M. Todo, Mechanical variation and proliferation behavior in hydroxyapatite based scaffolds with mesenchymal stem cells, The 15th International Conference on Biomedical Engineering, 2013.12.
15. M. Todo, N. Yamada, Development and characterization of bioceramic/polymer composite scaffold with drug release function for bone tissue engineering, The 15th International Conference on Biomedical Engineering, 2013.12.
16. M. Todo, K. Yamauchi, Development and characterization of CNT/biopolymer electrodes for bio-fuel cell, The 15th International Conference on Biomedical Engineering, 2013.12.
17. Md. Abdul Kafi, M. Todo, Proliferation behavior of mesenchymal stem cells in peptide functionalized chitosan scaffolds, The 15th International Conference on Biomedical Engineering, 2013.12.
18. 東藤貢, 山内健太郎, 荒平高章, CNT分散バイオポリマー多孔体を電極材料とするバイオ燃料電池の創製と評価, 第35回日本バイオマテリアル学会大会, 2013.11.
19. 東藤貢, 長岡健太, 軟骨再生用scaffoldの圧縮およびせん断変形特性の評価, 第35回日本バイオマテリアル学会大会, 2013.11.
20. 中牟田侑昌, 荒平高章, 東藤貢, コラーゲンゲル・スポンジ複合系scaffoldとヒト間葉系幹細胞による軟骨再生に関する基礎研究, 第40回日本臨床バイオメカニクス学会, 2013.11.
21. 東藤貢, 人工股・膝関節置換術のバイオメカニクス研究へのコンピュータ・シミュレーションの応用, 第40回日本臨床バイオメカニクス学会, 2013.11.
22. 荒平高章, 東藤貢, 名井陽, 有限要素法を用いた多孔質バイオセラミックスの損傷解析, 第40回日本臨床バイオメカニクス学会, 2013.11.
23. 東藤貢, 荒平高章, コラーゲン/β-TCP複合多孔体と間葉系幹細胞のハイブリッド化によるin vitro骨組織再生, 第21回機械材料・材料加工技術講演会, 2013.11.
24. 有吉文彬, 東藤貢, 荒平高章, 骨再生用ハイドロキシアパタイトscaffoldの多孔質構造制御に関する研究, 第24回バイオフロンティア講演会, 2013.11.
25. 東藤貢, Yos Phanny, 連通多孔質構造を有する骨再生用バイオセラミックスの力学特性, M&M2013材料力学カンファレンス, 2013.10.
26. 東藤貢, 中牟田侑昌, 軟骨組織工学のためのコラーゲンスポンジ/ハイドロゲル複合構造体の創製, 第38回複合材料シンポジウム, 2013.09.
27. 東藤貢, 山田直樹, 薬剤徐放機能を有する生体吸収性ポリマー/ハイドロキシアパタイト複合多孔体の創製と評価, 第38回複合材料シンポジウム, 2013.09.
28. 東藤貢, 山内健太郎, CNT/生体ポリマー多孔質複合材料の創製とバイオ燃料電池への応用, 第38回複合材料シンポジウム, 2013.09.
29. 東藤貢, 多孔体とゲルと幹細胞を用いた骨・軟骨の組織工学,日本機械学会2013年度年次大会, 日本機械学会2013年度年次大会, 2013.09.
30. U. Nakamuta, M. Todo, T. Arahira, Characterization of compressive mechanical behavior of gel/sponge 2-phase scaffold for cartilage tissue engineering, The 7th Asian Pasific Conference on Biomechanics, 2013.08.
31. P. Yos, M. Todo, Characterization of compressive deformation of porous HA and HA/PCL composite scaffolds for bone tissue engineering, The 7th Asian Pasific Conference on Biomechanics, 2013.08.
32. V. Vannaladsaysy, M. Todo, Tensile mechanical characteristics of core-shell hybrid structural polymer scaffold for ligament tissue engineering, The 7th Asian Pasific Conference on Biomechanics, 2013.08.
33. 東藤貢, 荒平高章, 名井陽, in vivoにおける人工骨の力学的経時変化と骨形成能,第33回日本骨形態計測学会, 第33回日本骨形態計測学会, 2013.07.
34. M. Todo, T. Arahira, In vitro bone formation by mesenchymal stem cells with 3D collagen/β-TCP composite scaffold, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 2013.07.
35. V. Vannaladsaysy, M. Todo, Development and characterization of hybrid scaffolds with core-shell structure for ligament tissue engineering, The 4th Asian Biomaterials Congress, 2013.06.
36. M. Todo, T. Arahira, Characterization of β-TCP/collagen two-phase scaffold with mesenchymal stem cells for bone tissue engineering, The 4th Asian Biomaterials Congress, 2013.06.
37. 東藤 貢, 荒平高章, 名井陽, 構造が異なる2種類の複合系足場材を用いた骨髄由来間葉系幹細胞の培養と増殖・分化・ECM形成能の比較, 第12回日本再生医療学会総会, 2013.03.
38. 東藤 貢, 荒平高章, 名井陽, 有機・無機2相多孔質構造体と間葉系幹細胞を用いた骨再生に関する基礎的研究, 第12回日本再生医療学会総会, 2013.03.
39. 東藤貢, アブドラ・アブドルハリム, 中島康晴, 岩本幸英, Prediction of bone fractures associated with hip arthroplasties by finite element analysis, 第44回日本人工関節学会, 2013.02.
40. 東藤貢, モフドアヌア・モフドアフザン, 日垣秀彦, 三浦裕正, 長嶺隆二, Development of computational knee simulator for biomechanical analysis of TKA, 第44回日本人工関節学会, 2013.02.
41. 東藤貢, モフドアヌア・モフドアフザン, 長嶺隆二, 廣川俊二, モバイルベアリング型人工膝関節脛骨インサートの応力状態に及ぼす第2摺動面可動性の影響, 第44回日本人工関節学会, 2013.02.
42. 東藤 貢, 荒平高章, 名井陽, 腫瘍用人工関節置換大腿骨の骨密度分布の経年変化解析, 第25回バイオエンジニアリング講演会, 2013.01.
43. 東藤 貢, 荒平高章, 骨組織工学のための有機・無機2相多孔質材料の創製と評価, 第25回バイオエンジニアリング講演会, 2013.01.
44. 東藤 貢, 荒平高章, 中牟田侑昌, コラーゲンゲル・多孔体2相scaffoldによる軟骨再生の基礎的研究, 第25回バイオエンジニアリング講演会, 2013.01.
45. 東藤 貢, 山田直樹, 荒平高章, 薬剤徐放機能を有する有機・無機複合系多孔体の作製と基本的特性評価, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012, 2012.11.
46. 東藤 貢, 荒平高章, 名井陽, β-TCP/collagen scaffoldの圧縮特性に及ぼす間葉系幹細胞培養の影響, 第39回日本臨床バイオメカニクス学会, 2012.11.
47. 東藤 貢, Mohd Anuar Mohd Afzan, スクワット動作時のPS型人工膝関節における応力集中解析, 日本機械学会第25回計算力学講演会, 2012.10.
48. 東藤 貢, 山内健太郎, 荒平高章, カーボンナノチューブ分散ポリL乳酸多孔体の創製と電気的特性評価, 第23回バイオフロンティア講演会, 2012.10.
49. 東藤 貢, 荒平高章, コラーゲン/β-TCP複合系scaffoldと間葉系幹細胞による再生骨組織の力学特性, 日本機械学会M&M2012材料力学カンファレンス, 2012.09.
50. 東藤 貢, Phanny Yos, 骨組織工学用多孔質HAp/PCL複合材料の力学特性, 日本機械学会M&M2012材料力学カンファレンス, 2012.09.
51. 東藤 貢, Vilay Vannaladsaysy, 靭帯再生のためのコラーゲン/PCL複合系scaffoldの引張り変形挙動, 日本機械学会M&M2012材料力学カンファレンス, 2012.09.
52. Mitsugu Todo, Akira Myoui, Hideki Yoshikawa, Biological and biomechanical characterization of bone regeneration by porous bioceramics , KSME-JSME Joint Symposium on CM & CAE 2012, 2012.09.
53. 福岡航世,東藤貢,中島康晴,岩本幸英, 人工股関節置換後の骨折メカニズムに関する研究, 2012年度日本機械学会年次大会, 2012.09.
54. 東藤貢,城田明典,長嶺隆二, 深屈曲時にモバイルベアリング型人工膝関節に生じる応力変動, 2012年度日本機械学会年次大会, 2012.09.
55. 東藤貢,荒平高章, コラーゲン/β-TCP複合系scaffoldを用いた間葉系幹細胞培養系における細胞外マトリックス形成機構, 第11回日本再生医療学会総会, 2012.06.
56. Takaaki Arahira, Mitsugu Todo, Effect if proliferation and differentiation of mesenchymal stem cell on the mechanical behavior of collagen/β-TCP scaffold, 9th World Biomaterials Congress , 2012.06.
57. 東藤貢,福岡航世,中島康晴,岩本幸英, 人工股関節の置換により骨に生じる微視損傷の発生と蓄積, 第24回日本人工関節学会, 2012.02.
58. 東藤貢,荒平高章,名井陽,吉川秀樹, 骨密度分布を考慮した3次元下肢モデルによる腫瘍用人工膝関節置換術の力学解析, 第24回日本人工関節学会, 2012.02.
59. 東藤貢 ,城田明典,長嶺隆二, 深屈曲状態でモバイルベアリング型人工膝関節に生じる応力変動解析, 第24回日本人工関節学会, 2012.02.
60. Hwang SungHyen,東藤貢, 軟骨・骨インターフェイス組織再生のための多層scaffoldの圧縮変形挙動, 日本機械学会バイオエンジニアリング講演会, 2012.01.
61. 福岡航世,東藤貢,中島康晴,岩本幸英, 人工関節を置換した股関節における微視損傷発生のメカニズム, 日本機械学会バイオエンジニアリング講演会, 2012.01.
62. 荒平高章,東藤貢, コラーゲン/β-TCP複合系scaffoldの力学特性に及ぼす間葉系幹細胞培養の影響, 第33回日本バイオマテリアル学会, 2011.11.
63. 東藤貢,城田明典,長嶺隆二, 人工膝関節脛骨インサートの応力変動に及ぼす顆部デザインの影響, 日本臨床バイオメカニクス学会, 2011.11.
64. 荒平高章,東藤貢, コラーゲン/β-TCP複合系scaffoldの圧縮力学特性に及ぼす間葉系幹細胞培養の影響, 日本臨床バイオメカニクス学会, 2011.11.
65. 東藤貢,佃浩平,荒平高章, コラーゲン系scaffoldを用いた骨芽細胞様細胞の培養に関する基礎的研究, 第39回日本関節病学会, 2011.11.
66. 東藤貢,城田明典,長嶺隆二, 屈曲動作状態におけるモバイルベアリング型人工膝関節の応力変動, 第39回日本関節病学会, 2011.11.
67. 東藤貢, 骨密度分布を考慮した有限要素モデルの構築と人工股関節解析への応用, 第39回日本関節病学会, 2011.11.
68. 福岡航世,東藤貢,中島康晴,岩本幸英, 人工股関節を置換した大腿骨の安全性評価, 日本機械学会計算力学講演会, 2011.10.
69. 荒平高章,東藤貢, コラーゲン/β-TCP複合系scaffoldの圧縮力学特性に及ぼす間葉系幹細胞増殖・分化の影響, 日本機械学会バイオフロンティア講演会, 2011.10.
70. 佃浩平,東藤貢, コラーゲン/α-TCP複合系scaffoldの力学特性と細胞増殖能, 日本機械学会バイオフロンティア講演会, 2011.10.
71. 城田明典,東藤貢,長嶺隆二, 人工膝関節の応力変動に及ぼす関節面形状の非対称性の影響, 日本機械学会バイオフロンティア講演会, 2011.10.
72. 東藤貢, 人工関節置換が骨に及ぼす力学的影響について, 東北大学金属材料研究所共同研究ワークショップ日本バイオマテリアル学会東北地域講演会, 2011.09.
73. 佃浩平,荒平高章,東藤貢, コラーゲン系scaffoldを用いた再生骨創製に関する基礎的研究, 日本機械学会年次大会2011, 2011.09.
74. 城田 明典,東藤 貢, 異なるデザインを有するPS型人工膝関節の深屈曲動作を模擬した応力解析, 日本機械学会年次大会2011, 2011.09.
75. 荒平高章,東藤貢, β-TCP/コラーゲン複合系scaffoldを用いた間葉系幹細胞の培養に関する基礎的研究, 日本機械学会材料力学講演会(M&M2011), 2011.07.
76. 黄盛鉉,東藤貢, 関節組織再生のための積層構造scaffoldの圧縮変形挙動, 日本機械学会材料力学講演会(M&M2011), 2011.07.
77. Takaaki Arahira, Mitsugu Todo, Gouping Chen, Growth behavior of mesenchymal stem cell in 3D porous collagen scaffolds, The 4th International Symposium for Interface Oral Health Science in Sendai, 2011.03.
78. Takaaki Arahira, Mitsugu Todo, Yasuyuki Matsushita, Kiyoshi Koyano, Biomechanical assessment for fully edentulous maxilla with dental implants, The 4th International Symposium for Interface Oral Health Science in Sendai, 2011.03.
79. Tetsuo Takayama, Mitsugu Todo, Hiroshi Ito, Mechanical properties and degradability of HA/PLLA composites with different particle size distribution, The 4th International Symposium for Interface Oral Health Science in Sendai, 2011.03.
80. 長嶺隆二,廣川俊二,東藤貢,近藤桂史,陳 維嘉, 同一症例におけるデザインの異なる人工膝のFluoroscopic Imagesを用いた動態解析, 第41回日本人工関節学会, 2011.02.
81. 東藤貢,大野充孝,日垣秀彦,三浦裕正,長嶺隆二, バーチャル・膝シミュレータを用いた屈曲動作解析における回旋の影響, 第41回日本人工関節学会, 2011.02.
82. 東藤貢,北村英輔,中島康晴,岩本幸英, 表面置換型人工関節が股関節の力学状態に及ぼす影響, 第41回日本人工関節学会, 2011.02.
83. Ryuji Nagamine, Shunji Hirokawa, Mitsugu Todo, Weijia Chen, Keiichi Kondo, Masanobu Takayama, Flexibility of the implanted knee depends mainly on the patients and partly on the prostheses designs, 2011 Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, 2011.01.
84. 佃浩平,荒平高章,東藤貢, コラーゲン系scaffoldによる骨芽細胞様細胞の培養に関する基礎的研究, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.
85. 黄 盛鉉,東藤貢, 関節修復のための2層構造scaffoldの創製と評価, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.
86. Joo-Eon Park, 東藤貢, コア・シェル構造による多孔質吸収性ポリマーの力学特性制御, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.
87. 三宅慶彦,森田康之,東藤貢, コラーゲン系scaffoldを用いた細胞培養における力学刺激の影響, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.
88. 城田明典,東藤貢,長嶺隆二, 人工膝関節の応力状態に及ぼす生理的膝関節形状の影響, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.
89. 大野充孝,東藤貢,日垣秀彦,三浦裕正,長嶺隆二, バーチャル膝シミュレータの動作状態に及ぼす筋力の影響, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.
90. 荒平高章,東藤貢,名井陽, 骨組織再生によるバイオセラミックス系人工骨の力学特性の変化, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.
91. 福岡航世,東藤貢,中島 康晴,岩本 幸英, 変形性股関節症に対するモジュラー型人工股関節置換術の力学的検討, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.
92. 北村英輔,東藤 貢,中島 康晴,岩本 幸英, 人工股関節により生じるストレス・シールディング解析, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.
93. 荒平高章,東藤貢,名井陽, 多孔質バイオセラミックスによる骨再生のバイオメカニクス的検討, 第32回日本バイオマテリアル学会大会, 2010.11.
94. Joo-Eon PARK, 東藤貢, バイオセラミックス微粒子分散ポリL乳酸多孔体の力学特性と細胞増殖能, 第32回日本バイオマテリアル学会大会, 2010.11.
95. Limei Ren, Mitsugu Todo, Takaaki Arahira, Akira Myoui, Prediction and analysis of the biomechanical properties of porous hydroxyapatite ceramics after implantation, International Conference on Computational Methods 2010, 2010.11.
96. 東藤貢, コンピュータシミュレーションによる人工膝関節の力学的安全性評価, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会, 2010.11.
97. 松下恭之,荒平高章,東藤貢,春田明日香,江崎大輔,松崎達哉,古谷野潔, 上顎無歯顎インプラント補綴におけるインプラント長さの影響に関する生体力学的検討, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会, 2010.11.
98. 大野充孝,東藤貢,日垣秀彦,三浦裕正,長嶺隆二, バーチャル膝シミュレータの屈曲動作に及ぼす筋肉モデルの影響, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会, 2010.11.
99. 荒平高章,東藤貢,名井陽, 多孔質バイオセラミックスの力学特性に及ぼす骨組織再生の影響, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会, 2010.11.
100. 北村英輔,東藤貢,中島康晴,岩本幸英, 有限要素法による表面置換型人工関節置換股の応力解析, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会, 2010.11.
101. Limei Ren, Mitsugu Todo, Takaaki Arahira, Akira Myoui, Biomechanical interaction between porous bioactive ceramics and regenerated bone tissue, The 2nd International Conference on Nanomechanics & Nanocomposites, 2010.10.
102. 荒平高章,東藤貢,名井陽, 骨組織形成による多孔質バイオセラミックスの力学特性変化に関する研究, 日本機械学会M&M2010材料力学カンファレンス, 2010.10.
103. 東藤 貢,荒平 高章,名井 陽, 多孔質バイオセラミックスによる骨再生のバイオメカニクス的検討, 日本機械学会第23回計算力学講演会, 2010.09.
104. 大野 充孝,東藤 貢,日垣 秀彦,三浦 裕正, バーチャルシミュレータによる人工関節置換膝の深屈曲解析, 日本機械学会第23回計算力学講演会, 2010.09.
105. 北村 英輔,東藤 貢,中島 康晴,岩本 幸英, 表面置換型と全置換型人工股関節が股関節の応力状態に及ぼす影響, 日本機械学会第23回計算力学講演会, 2010.09.
106. 森田康之,東藤貢,松下恭之, 歯科インプラント周辺骨の変形挙動計測, 日本機械学会2010年度年次大会, 2010.09.
107. 三宅慶彦,荒平高章,東藤貢, コラーゲン系scaffoldによる再生骨の力学特性, 日本機械学会2010年度年次大会, 2010.09.
108. 北村英輔,東藤貢, 表面置換型人工関節が骨内応力場に及ぼす影響, 日本機械学会2010年度年次大会, 2010.09.
109. Limei Ren, Mitsugu Todo, Takaaki Arahira, Akira Myoui, Mechanical analysis of bone regeneration using porous bioactive ceramics, International Workshop on Nano, Bio and Amorphous Materials, 2010.08.
110. Joo-Eon Park, Mitsugu Todo, Compressive mechanical properties and deformation behavior of PLLA/HAp and PLLA/PCL scaffolds, 平成21年度日本生体医工学会九州支部学術講演会, 2010.03.
111. 北村英輔,東藤貢,藤井政徳,中島康晴,岩本幸英, コンピュータ・シミュレーションによる変形性股関節症の生体力学的検討, 平成21年度日本生体医工学会九州支部学術講演会, 2010.03.
112. 東藤 貢,中村尚平,馬渡正明,佛淵孝夫, 3次元股関節モデルを用いた人工股関節ステムと大腿骨の生体力学的相互作用に関する研究, 第40回日本人工関節学会, 2010.02.
113. 東藤 貢,中村尚平,中島康晴,岩本幸英, モジュラー型ステムが大腿骨に及ぼす生体力学的影響に関する基礎的研究, 第40回日本人工関節学会, 2010.02.
114. 東藤 貢,大野充孝,日垣秀彦,三浦裕正, バーチャル・シミュレータによるPS型人工膝関節の応力解析, 第40回日本人工関節学会, 2010.02.
115. 長嶺隆二,廣川俊二,東藤貢,陳維嘉,近藤桂史,高山正伸,原俊彦,杉岡洋一, TKA術後におけるフルオロ解析データを参考にした3次元動的有限要素解析, 第40回日本人工関節学会, 2010.02.
116. 東藤 貢,姜 有峯,堤定美, 有限要素法シミュレーションによる人工股関節の疲労強度評価法の標準化, 第40回日本人工関節学会, 2010.02.
117. 荒平高章,東藤貢,松下恭之,古谷野潔, 無歯上顎骨のインプラント治療に対する生体力学的検討, 第22回バイオエンジニアリング講演会, 2010.01.
118. 大野充孝,東藤貢,日垣秀彦,三浦裕正, バーチャルシミュレータによる人工関節置換膝の応力解析, 第22回バイオエンジニアリング講演会, 2010.01.
119. 三宅慶彦,荒平高章,森田康之,東藤貢, 細胞培養が人工生体材料の力学特性に及ぼす影響, 第22回バイオエンジニアリング講演会, 2010.01.
120. 北村英輔,東藤貢,藤井政徳,中島康晴,岩本幸英, CTデータに基づく臼蓋形成不全股関節のモデリングと応力解析, 第22回バイオエンジニアリング講演会, 2010.01.
121. 朴冑彦,東藤貢, 複合構造化による吸収性多孔質材料の高強度化, 第22回バイオエンジニアリング講演会, 2010.01.
122. 東藤貢, 複合系scaffoldの力学特性と細胞増殖の影響, 第14回骨軟部吸収性材料フォーラム, 2009.12.
123. Mitsugu Todo, Mechanical studies on Biomaterials for reconstruction of lower limb joints, The 2nd AUN/SEED-Net Regional Conference on Materials Engineering, 2009.11.
124. Joo-Eon Park, 東藤貢, 層構造を利用した多孔質PLLAおよびPLLA/HApの力学特性制御, 第31回日本バイオマテリアル学会大会, 2009.11.
125. 荒平高章,東藤貢,名井陽, 人工骨の力学挙動に及ぼす骨組織再生の影響, 第31回日本バイオマテリアル学会大会, 2009.11.
126. T Arahira, M Todo, Y Matsushita, K Koyano, Assessment of Mechanical Stability and Safety for Fully Edentulous Maxilla with Dental Implants, Asian Pacific Conference for Materials and Mechanics 2009, 2009.11.
127. 高山哲生,東藤貢,ヴィレイ・ヴァナラサイシー, PLAの力学特性と耐熱性に及ぼす添加剤の影響, 成形加工シンポジア’09, 2009.11.
128. 三宅慶彦,荒平高章,森田康之,東藤貢, 生体材料の圧縮力学特性に及ぼす細胞培養の影響, 粉体粉末冶金協会平成21年度秋季大会, 2009.10.
129. 東藤貢, 下肢運動機能再建のための生体材料に関する力学的研究, 粉体粉末冶金協会平成21年度秋季大会, 2009.10.
130. M.Todo, L. Qian, R. Nagamine, W.J. Chen, T. Hara and Y. Sugioka, Comparison of Posterior Stabilized and Cruciate Retaining Type Knee Prostheses under Flexional Motion, Effect OF Pelvis on The Mechanical Interaction between Femur and Femoral Stem, 2009.10.
131. M.Todo, S. Nakamura, T. Hara, R. Nagamine, Y. Sugioka, M. Mawatari and T. Hotokebuchi, Effect OF Pelvis on The Mechanical Interaction between Femur and Femoral Stem, Effect OF Pelvis on The Mechanical Interaction between Femur and Femoral Stem, 2009.10.
132. 東藤貢,大野充孝,日垣秀彦,三浦裕正,長嶺隆二, バーチャルシミュレータによる人工膝関節の応力解析, 第36回日本臨床バイオメカニクス学会, 2009.10.
133. 東藤貢,北村英輔,藤井政徳,佐藤大志,中島康晴,岩本幸英, 股関節の応力分布状態に及ぼす臼蓋形成不全の影響, 第36回日本臨床バイオメカニクス学会, 2009.10.
134. 銭 立和,東藤 貢,長嶺隆二, 陽解法有限要素法によるPS型とCR型人工膝関節の比較解析, 第22回計算力学講演会, 2009.10.
135. 中村尚平,東藤 貢,原 俊彦,馬渡正明,佛淵孝夫,杉岡洋一, 大腿骨の力学状態に及ぼす人工股関節ステムデザインの影響, 第22回計算力学講演会, 2009.10.
136. 荒平高章,東藤 貢,松下恭之,古谷野潔, インプラント治療を施した無歯上顎の力学的安全性評価, 第22回計算力学講演会, 2009.10.
137. 東藤貢, Bisurface人工膝関節における深屈曲時の応力変動に及ぼす内旋の影響, 応用力学研究所・佐賀大学合同研究集会「人工関節のバイオメカニクスとバイオマテリアル」, 2009.09.
138. M. Todo, Yuji Takahashi, Ryuji Nagamine, Shunji Hirokawa, Contact stress analysis for artificial knee joints during gait and flexional motions, World Tribology Congress 2009, 2009.09.
139. Takaaki Arahira, M. Todo, Y. Mastushita and K. Koyano, Biomechanical risk assessment for fully edentulous maxilla with dental implants, Nano/Amorphous Materials and Interface Science Symposium, 2009.08.
140. Joo-Eon Park, M. Todo, Tailoring mechanical properties of PLLA-based scaffolds by structural control, Nano/Amorphous Materials and Interface Science Symposium, 2009.08.
141. Vilay Vannaladsaysy, Mitsugu Todo, Characterization of microstructure and mechanical properties of biodegradable PLLA polymer blends with LTI, Nano/Amorphous Materials and Interface Science Symposium, 2009.08.
142. Vilay Vannaladsaysy and Mitsugu Todo, Characterization of microstructure and mechanical properties of biodegradable PLLA polymer blends with LTI, Nano/Amorphous Materials and Interface Science Symposium, 2009.08.
143. 東藤貢、朴冑彦、瀧健太郎、大嶋正裕, 生体吸収性複合系スキャホールドの圧縮変形挙動と細胞接着性, M&M2009材料力学カンファレンス, 2009.07.
144. ⑰ 東藤貢, PS型人工膝関節UHMWPEインサートの深屈曲時応力状態に及ぼす内旋と内・外反の影響, 2009.03.
145. 東藤貢,磯田賢史,廣川俊二,馬渡正明,佛淵孝夫, Bi-surface kneeの屈曲動作中の応力状態に及ぼす内外反の影響, 平成20年度日本生体医工学会九州支部学術講演会, 2009.03.
146. 荒平高章,東藤貢,佐々木匡理,松下恭之,竹之下康治,古谷野潔, 骨密度を考慮した顎骨数値モデルの構築と応用, 平成20年度日本生体医工学会九州支部学術講演会, 2009.03.
147. 荒平高章,東藤貢,佐々木匡理,竹之下康治, 骨密度分布を考慮した顎骨のモデル化と臨床問題への応用, 第21回バイオエンジニアリング講演会, 2009.01.
148. 東藤貢,倉岡宏行,金鎮雄,瀧健太郎,大嶋正裕, 海綿骨構造を模擬した吸収性多孔質体の微視構造と力学特性, 第21回バイオエンジニアリング講演会, 2009.01.
149. L. Qian, M. Todo, Y. Matsushita, K. Koyano, Three-dimensional finite element analysis of overload-induced alveolar bone resorption around dental implants, The 3rd International Symposium for Interface Oral Health Science in Sendai, 2009.01.
150. M. Todo, Y. Takahashi, R. Nagamine, Computational analysis of stress concentration and wear for tibial insert of PS type knee prosthesis under deep flexion motion, The 13th International Conference on Biomedical Engineering, 2008.12.
151. M. Todo, K. Irie, Y. Matsushita, K. Koyano, Effect of prosthesis stiffness and implant length on the stress state in mandibular bone with dental implants, The 13th International Conference on Biomedical Engineering, 2008.12.
152. 東藤 貢,高橋祐二,長嶺隆二, 医療用画像に基づく3次元膝関節モデルの構築と人工膝関節の応力解析への応用, 第35回日本臨床バイオメカニクス学会, 2008.11.
153. 東藤 貢,中村尚平,佛淵孝夫, 大腿骨と人工股関節の力学的相互作用に及ぼすステム形状の影響, 第35回日本臨床バイオメカニクス学会, 2008.11.
154. 東藤貢,高橋祐二,松下恭之,古谷野潔, 骨密度を考慮した上顎骨のモデル化とインプラント解析への応用, 第21回計算力学講演会, 2008.11.
155. 銭立和,東藤貢,森田康之, 歯根膜の粘弾性を考慮した歯周組織の変形解析, 第21回計算力学講演会, 2008.11.
156. 高橋祐二,東藤貢,長嶺隆二, 3次元膝モデルの構築と人工膝関節のFEM解析への応用, 第21回計算力学講演会, 2008.11.
157. Y. Takahashi, M. Todo, R. Nagamine, Plastic deformation analysis of UHMWPE tibial insert of PS type knee prostheses under repeated deep flexional motion, The 21st Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty, 2008.10.
158. Y. Takahashi, M. Todo, R. Nagamine, Plastic deformation analysis of UHMWPE tibial insert of PS type knee prostheses under repeated deep flexional motion, The 21st Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty, 2008.10.
159. M. Todo, T. Hotokebuchi, T. Ueo, Concept of binary bearing surface for knee prosthesis to improve flexional motion, The 21st Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty, 2008.10.
160. 東藤貢, 生体を模擬した数値モデルの構築と臨床問題への応用, 佐賀大学・九州大学合同研究集会「人工関節のバイオメカニクスとバイオマテリアル」, 2008.09.
161. M. Todo, Improvement of mechanical properties of HA/PLLA biocomposites by particle-matrix interfacial modification, The 3rd International Symposium on NANO-BIO and AMORPHOUS MATERIALS, 2008.08.
162. 高山哲生,東藤貢,名井陽,竹之下康治, LTI添加によるポリ乳酸系医用高分子の力学特性の向上, 第37回医用高分子シンポジウム, 2008.07.
163. 銭立和,東藤貢,森田康之,松下恭之,古谷野潔, 歯根膜の粘弾性を考慮した歯周組織の変形挙動, 九州大学・東北大学合同研究集会「生体-バイオマテリアル界面における生物学的・力学的相互作用」, 2008.06.
164. 東藤貢,松下恭之,竹之下康治,古谷野潔, 顎骨の数値モデル化と臨床問題への応用, 九州大学・東北大学合同研究集会「生体-バイオマテリアル界面における生物学的・力学的相互作用」, 2008.06.
165. T. Takayama, M. Todo, Y. Takenoshita, A. Myoui, Mechanical properties of hydroxyapatite/poly(L-lactic acid) composites modified by additives with isocyanate group, 8th World Biomaterials Congress, 2008.05.
166. M. Todo, T. Kagawa, Y. Takenoshita, A. Myoui, Toughening of HA/PLLA biocomposites due to microstructural modification, 8th World Biomaterials Congress, 2008.05.
167. 高山哲生,東藤貢,竹之下康治,名井陽,新川和夫, HA/PLLA複合材料の力学的特性に及ぼす粒子分散状態の影響, 第20回バイオエンジニアリング講演会, 2008.01.
168. 倉岡宏行,東藤貢,金鎮雄,瀧健太郎,大嶋正裕, 3次元多孔質構造を成すPLLAの変形挙動と変形メカニズム, 第20回バイオエンジニアリング講演会, 2008.01.
169. 東藤貢、長嶺隆二、高橋祐二, PS型人工膝関節における繰り返し屈曲動作と脛骨インサートの塑性変形の関係について, 第34回日本臨床バイオメカニクス学会, 2007.12.
170. 東藤 貢, ハイドロキシアパタイト粒子分散ポリL乳酸のミクロ構造制御による破壊特性の向上, 骨軟部吸収性材料フォーラム2007, 2007.03.
171. 東藤貢,長嶺隆二, 深屈曲対応PS型人工膝関節の応力状態に及ぼす屈曲と回旋の影響, 第37回日本人工関節学会, 2007.02.
172. 東藤貢,廣川俊二,井手衆哉,伊藤純,馬渡正明,佛淵孝夫, 完全屈曲型人工膝関節CFKの開発(4)-CFKの脛骨インサートの応力状態に及ぼす屈曲の影響-, 第37回日本人工関節学会, 2007.02.
173. M. Todo, Toughening of bioabsorbable polymer blend by microstructural modification, The 2nd International Symposium for Interface Oral Health Science in Sendai, 2007.02.
174. 東藤貢,徳永政一郎,石田典之,馬渡正明,佛淵孝夫, アルミナ-アルミナ人工股関節のロッキング機構損傷解析とUHMWPEライナー脱転のメカニズム, 第33回日本臨床バイオメカニクス学会, 2006.11.
175. 東藤貢,長嶺隆二,山口勝太, PS型人口膝関節のPost/Cam機構の応力状態に及ぼす動作状態の影響, 第33回日本臨床バイオメカニクス学会, 2006.11.
176. 東藤 貢, リジントリイソシアネート添加によるポリL乳酸の力学特性の向上, 第31回複合材料シンポジウム, 2006.10.
177. M. Todo, S.-D. Park, K. Arakawa and Y. Takenoshita, Characterization of Fracture Behavior of Hydroxyapatite
Filled Poly(L-Lactide). (Poster), First International Conference on Mechanics of Biomaterials & Tissues, 2005.12.
178. M. Todo, R. Kuwano, R. Nagamine and K. Arakawa, Dynamic Stress Analysis of Total Knee Arthoplasty Using
3D Finite Element Method, First International Conference on Mechanics of, 2005.12.
179. M. Todo, S.-D. Park, K. Arakawa, H. Tsuji and Y. Takenoshita, Fracture Micromechanisms of Bioabsorbable PLLA/PCL Polymer Blends, First International Conference on Mechanics of, 2005.12.
180. 東藤貢,朴相玳,新川和夫,竹之下康治,辻秀人, HA/PLLA/PCL複合材料の破壊特性と破壊メカニズム, 第27回日本バイオマテリアル学会大会, 2005.11.
181. 高山哲生,東藤貢,辻秀人,竹之下康治,新川和夫, PLLA/PCLおよびPLLA/PCL/PLLA-CLブレンドの破壊挙動と破壊メカニズム, 第27回日本バイオマテリアル学会大会, 2005.11.
182. 東藤貢,長嶺隆二, 動的有限要素法による人工膝関節の応力解析, 九州大学応用力学研究所研究集会「人工関節とバイオメカニクス」, 2005.10.
183. M. Todo, A. Teranishi and K. Arakawa, Effect of drawing process on the mode I fracture behavior of poly(L-lactide), 4th International Conference on Fracture of Polymers, Composites and Adhesices, 2005.09.
184. M.Todo,T.Takayama,K.Arakawa, Fracture Characteristics of blends of Poly (lactide) with poly (e-caprolactone), 4th International Conference on Fracture of Polymers, Composites and Adhesices, 2005.09.
185. 東藤貢,長嶺隆二,新川和夫, 有限要素法による人工膝関節の3次元接触解析の試み, 生体工学リサーチコア第5回研究交流会, 2005.07.
186. 東藤貢,竹之下康治,辻秀人,新川和夫, 生体吸収性材料の創製と破壊特性評価, 生体工学リサーチコア第5回研究交流会, 2005.07.
187. 高山哲生,東藤貢,新川和夫,辻秀人, PLA/PCLブレンドの破壊挙動に及ぼすLTI添加の影響, プラスチック成型加工学会第16回年次大会, 2005.06.
188. M. Todo and K. Arakawa, Microscopic observation and modeling of toughening
mechanism in rubber-modified polymer, 11th International Conference on Fracture, 2005.03.
189. 東藤貢,田中麻美,新川和夫, ポリマーブレンドの衝撃破壊靭性評価における計算力学の応用, 第54回理論応用力学講演会, 2005.01.
190. 桑野領,東藤貢,萩原世也,長嶺隆二,新川和夫, 画像データを用いた人工膝関節置換骨の有限要素モデリング, 日本機械学会第17回計算力学講演会, 2004.11.
191. S. D. Park, M. Todo, K. Arakawa, H. Tsuji and Y. Takenoshita, Fracture Properties of Bioabsorbable HA/PLLA/PCL Composite Material, The 3rd Internatinal Conference on Experimental Mechanics (ICEM2004), 2004.11.
192. M. Todo, Y. Fukuya and K. Arakawa, Finite Element Modeling of Damage Formation in Rubber-Toughened Polymer, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength '04, 2004.10.
193. S. D. Park, M. Todo, K. Arakawa and Y. Takenoshita, Effect of Mixing Process on the Fracture Behavior of HA/PLLA Composite Material, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength '04, 2004.10.
194. M. Todo, S. Komeda and K. Arakawa, Toughening of Glass Microballoon Filled Epoxy due to Rubber Modification, The 11th US-Japan Conference on Composite Materials, 2004.09.
195. S. D. Park, M. Todo, K. Arakawa and Y. Takenoshita, Relationship between Microstructure and Fracture Behavior of Bioabsorbable HA/PLLA Composites, The 11th US-Japan Conference on Composite Materials, 2004.09.
196. M. Todo, K. Arakawa, H. Tsuji and Y. Takenoshita, Toughning Mechanism of Bioabsorbable PLA/PCL Polymer Blend, SEM X International Congress and Exposition on Experimental and Applied Mechanics, 2004.06.
学会活動
所属学会名
日本骨形態計測学会
日本再生医療学会
日本臨床バイオメカニクス学会
日本機械学会
日本バイオマテリアル学会
学協会役員等への就任
2015.04, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 企画委員会委員.
2017.11, 日本臨床バイオメカニクス学会, 編集委員.
2011.11, 日本臨床バイオメカニクス学会, 評議員.
2010.04~2012.03, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 英文誌編集委員.
2008.04~2011.03, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 広報委員.
2007.04~2009.03, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 運営委員.
2004.04~2006.01, 日本材料学会複合材料部門, 運営委員.
2006.04~2008.03, 日本材料学会九州支部, 庶務幹事.
2005.03~2008.03, 日本材料学会九州支部, 会計幹事.
2004.03~2008.03, 日本材料学会衝撃部門委員会, 幹事.
2002.11~2004.03, 日本複合材料学会西部支部, 会計幹事.
1995.10~2008.03, 日本材料学会複合材料部門, 部門委員会委員.
2002.04~2003.03, 日本機械学会機械材料・材料加工部門, 第7技術委員会委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.12.22~2019.12.24, 日本機械学会M&M2018, オーガナイズドセッション・オーガナイザー.
2017.08.17~2017.08.18, 5th International Conference on Advances in Mechanical Engineering, 座長(chairman).
2017.11.24~2017.11.25, 第44回 日本臨床バイオメカニクス学会, 座長(Chairmanship).
2016.05.12~2016.05.15, 第89回 日本整形外科学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2016.01.09~2016.01.10, 日本機械学会 第28回バイオエンジニアリング講演会, 座長(Chairmanship).
2015.11.21~2015.11.23, 日本機械学会 M&M2015 材料力学カンファレンス, 座長(Chairmanship).
2015.11.13~2015.11.14, 第42回 日本臨床バイオメカニクス学会, 座長(Chairmanship).
2015.10.04~2015.10.08, ATEM'15:International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2015, 座長(Chairmanship).
2015.01.09~2015.01.10, 日本機械学会 第27回バイオエンジニアリング講演会, 座長(Chairmanship).
2014.10.03~2014.10.04, 日本機械学会 第25回バイオフロンティア講演会, 座長(Chairmanship).
2014.09.07~2014.09.10, 日本機械学会 2014年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2014.07.18~2014.07.21, 日本機械学会M&M2014材料力学カンファレンス, 座長(Chairmanship).
2014.03.06~2014.03.07, 第8回日本CAOS研究会, 座長(Chairmanship).
2014.01.11~2014.01.12, 第26回バイオエンジニアリング講演会, 座長(Chairmanship).
2014.01.11~2014.01.12, 第26回バイオエンジニアリング講演会, セッションオーガナイザー.
2013.11.01~2013.11.02, 第24回バイオフロンティア講演会, 座長(Chairmanship).
2013.10.12~2013.10.14, M&M2013材料力学カンファレンス, 座長(Chairmanship).
2013.10.12~2013.10.14, M&M2013材料力学カンファレンス, オーガナイザー.
2013.07.03~2013.07.07, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, ミニシンポジウムオーガナイザー.
2012.11.10~2012.11.10, 第39回日本臨床バイオメカニクス学会, 座長(Chairmanship).
2012.10.08~2012.10.08, 日本機械学会第25回計算力学講演会, 座長(Chairmanship).
2012.10.06~2012.10.06, 第23回バイオフロンティア講演会, 座長(Chairmanship).
2012.09.22~2012.09.22, 日本機械学会M&M2012材料力学カンファレンス, 座長(Chairmanship).
2012.09.10~2012.09.10, 日本機械学会2012年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2011.10.07~2011.10.08, 第22回バイオフロンティア講演会, 座長(Chairmanship).
2011.09.11~2011.09.14, 日本機械学会2011年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2011.08.27~2011.08.27, 第2回骨強度解析ソフトウェアMECHANICAL FINDERユーザー研究会, 司会(Moderator).
2011.07.15~2011.07.18, 日本機械学会M&M2011, 座長(Chairmanship).
2009.03.07~2009.03.07, 平成20年度日本生体医工学会九州支部学術講演会, 座長(Chairmanship).
2009.01.23~2009.01.24, 第21回バイオエンジニアリング講演会, 司会(Moderator).
2008.11.14~2008.11.15, 第35回日本臨床バイオメカニクス学会, 座長(Chairmanship).
2008.11.01~2008.11.03, 第21回計算力学講演会, 座長(Chairmanship).
2008.09.27~2008.09.27, 佐賀大学・九州大学合同研究集会「人工関節のバイオメカニクスとバイオマテリアル」, 司会(Moderator).
2008.06.21~2008.06.22, 九州大学・東北大学合同研究集会「生体-バイオマテリアル界面における生物学的・力学的相互作用」, 司会(Moderator).
2008.01.25~2008.01.26, 第20回バイオエンジニアリング講演会, 座長(Chairmanship).
2007.11.21~2007.11.22, 成形加工シンポジア'07, 座長(Chairmanship).
2007.11.19~2007.11.21, 粉体粉末冶金協会平成19年度秋季大会, 座長(Chairmanship).
2007.11.05~2007.11.08, Third Asian Pacific Conference on Biomechanics, 座長(Chairmanship).
2007.10.06~2007.10.07, 第18回バイオフロンティア講演会, 座長(Chairmanship).
2007.08.09~2007.08.10, Symposium on the Nano Particle and Highly-functional Interface Science, 座長(Chairmanship).
2007.07.08~2007.07.13, Sixteenth International Conference on Composite Materials, 座長(Chairmanship).
2007.04.04~2007.04.06, International Conference on Computational Methods, 座長(Chairmanship).
2006.10~2006.10, 第31回複合材料シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2006.10~2006.10, 第54回レオロジー討論会, 座長(Chairmanship).
2006.09~2006.09, 日本機械学会2006年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2005.11~2005.11, M&M2005材料力学カンファレンス, 座長(Chairmanship).
2005.11~2005.11, 成形加工シンポジア'05, 座長(Chairmanship).
2005.10~2005.10, The 5th Japan-Korea Joint Symposium on Composite Materials, 座長(Chairmanship).
2005.10~2005.10, The 5th International Conference on Mechanics of Time Dependent Materials, 座長(Chairmanship).
2005.01~2005.01, 第54回理論応用力学講演会, 座長(Chairmanship).
2004.10~2004.10, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength '04, 座長(Chairmanship).
2004.10~2004.10, 第29回複合材料シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2004.09~2004.09, The 11th US-Japan Conference on Composite Materials, 座長(Chairmanship).
2004.07~2004.07, M&M2004材料力学カンファレンス, 座長(Chairmanship).
2004.03~2004.03, 第33回FRPシンポジウム, 座長(Chairmanship).
2003.10~2003.10, 第28回複合材料シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2002.11~2002.11, 第15回計算力学講演会, 座長(Chairmanship).
2002.10~2002.10, 第27回複合材料シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2002.10~2002.10, The Third Japan-Korea Joint Symposium on Composite Materials, 座長(Chairmanship).
2012.10.08~2012.10.08, 日本機械学会第25回計算力学講演会, セッション.
2012.09.22~2012.09.22, 日本機械学会M&M2012材料力学カンファレンス, セッションオーガナイザー.
2012.09.10~2012.09.10, 日本機械学会2012年度年次大会, セッションオーガナイザー.
2012.01.08~2012.01.08, Japan-Korea Joint Symposium on Biomechanics and Biomaterials for Hard Tissue, 実行委員長.
2011.09.11~2011.09.14, 日本機械学会2011年度年次大会, セッションオーガナイザー.
2011.07.15~2011.07.18, 日本機械学会M&M2011, 実行委員.
2010.01.09~2010.01.10, 日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会, 学術委員.
2010.03.13~2010.03.13, 第30回バイオトライボロジシンポジウム, 実行委員長.
2009.01.23~2009.01.24, 第21回バイオエンジニアリング講演会, シンポジウムの企画.
2008.11.01~2008.11.03, 第21回計算力学講演会, セッションオーガナイザー.
2008.09.27~2008.09.27, 佐賀大学・九州大学合同研究集会「人工関節のバイオメカニクスとバイオマテリアル」, 企画・運営.
2008.06.21~2008.06.22, 九州大学・東北大学合同研究集会「生体-バイオマテリアル界面における生物学的・力学的相互作用」, 企画・運営.
2007.11~2007.11, M&M2007材料力学カンファレンス, セッションオーガナイザー.
2007.10.06~2007.10.07, 第18回バイオフロンティア講演会, 実行委員.
2006.09~2006.09, 日本機械学会2006年度年次大会, セッションオーガナイザー.
2005.10~2005.10, The 5th Japan-Korea Joint Symposium on Composite Materials, organizing committee member.
2005.10~2005.10, The 5th International Conference on Mechanics of Time Dependent Materials, organizing committee member.
2005.10~2005.10, 応用力学研究所研究集会「人工関節とバイオメカニクス」, 研究集会の企画と運営.
2005.01~2005.01, 応用力学研究所研究集会「計算力学の理論と応用」, 研究集会の企画と運営.
2004.09~2004.09, The 11th US-Japan Conference on Composite Materials, organizing committee member.
2004.03~2004.03, 応用力学研究所研究集会「高分子材料の力学研究の最前線」, 研究集会の企画と運営.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2016.04, Journal of Orthopaedic Science, 国際, 査読委員.
2018.04, Biomedical Materials and Engineering, 国際, 編集委員.
2017.11, 日本臨床バイオメカニクス学会論文集, 国内, 編集委員.
2010.04~2014.03, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 国際, 編集委員.
2004.04~2006.01, 日本機械学会論文集, 国内, 校閲委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度    
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度
2013年度     10 
2012年度 11      12 
2011年度 10      11 
2010年度 10      11 
2009年度     11 
2007年度 10      15 
2006年度 10      12 
2005年度 12      17 
2004年度     11 
2003年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
The Cliff Loadge Conference Center (クリフロッジ国際会議場), UnitedStatesofAmerica, 2015.06~2015.06.
John B.Hynes Veterans Memorial Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2014.07~2014.07.
マレーシア科学大学, Malaysia, 2014.02~2014.02.
マレーシア科学大学, Malaysia, 2012.12~2012.12.
Hyatt Regency Century Plaza Hotel, UnitedStatesofAmerica, 2006.07~2006.07.
Korea Advanced Institute of Science and Technology, Korea, 2003.10~2003.10.
Cambridge University, Churchill College, UnitedKingdom, 2003.04~2003.04.
Virginia Polytechnic Institute and State University, UnitedStatesofAmerica, 2001.09~2001.09.
Cambridge University, Churchill College, UnitedKingdom, 2000.04~2000.04.
外国人研究者等の受入れ状況
2014.11~2016.11, 1ヶ月以上, Bangladesh, 日本学術振興会.
2012.10~2014.09, 1ヶ月以上, バングラデシュ農業大学, Bangladesh, 日本学術振興会.
2011.10~2013.09, 1ヶ月以上, ラオス国立大学, ラオス, 日本学術振興会.
受賞
日本臨床バイオメカニクス学会優秀論文賞, 日本臨床バイオメカニクス学会, 2017.11.
JCAPM 2014 Best Paper Award, JCAPM2014, 2014.08.
日本臨床バイオメカニクス学会優秀論文賞, 日本臨床バイオメカニクス学会, 2013.11.
The 21st Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty 最優秀ポスター賞, Society for Technology in Arthroplasty, 2008.10.
Best poster prize at 4th ESIS TC4 Conference, ESIS TC4 Conference Committee, 2005.09.
日本材料学会衝撃部門委員会2004年度奨励賞, 日本材料学会衝撃部門委員会, 2005.03.
日本実験力学会2004年度技術賞, 日本実験力学会, 2004.07.
日本複合材料学会1997年度論文賞受賞, 日本複合材料学会, 1998.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 代表, 心臓原始形態モデルを用いた循環器システムの開発とエネルギー変換機構のモデル化.
2017年度~2018年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, iPS細胞由来心筋細胞と多孔質高分子構造体の融合によるバイオポンプの開発.
2015年度~2016年度, 萌芽的研究, 代表, CT-FEA/3D造形法とナノ表面改質の融合による再生医療用材料最適設計法の確立.
2014年度~2016年度, 特別研究員奨励費, 代表, 生体力学的適合性を有する再生医療用関節層状組織の開発.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 代表, 傾斜機能性を有する骨組織再生用多孔質複合材料の力学特性と細胞増殖性に関する研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 分担, 深屈曲可能な人工膝関節の実用化に関する研究.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 代表, 分子構造制御による生体吸収性高分子系複合材料の破壊特性改善に関する研究.
2004年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, 生体吸収性複合材料のナノ構造と破壊特性に関する研究.
2003年度~2005年度, 基盤研究(B), 分担, ナノ構造制御による耐衝撃性高分子材料の開発研究.
2000年度~2001年度, 奨励研究(A), 代表, ゴム変性によるエポキシ樹脂の高靭化と耐衝撃性に関する研究.
1998年度~1999年度, 奨励研究(A), 代表, 衝撃負荷を受けるゴム強化樹脂の破壊のメカニズムに関する研究.
1998年度~2001年度, 基盤研究(B), 分担, 高速破壊における速度効果.
1995年度~1996年度, 国際学術研究, 分担, 先進高分子材料の衝撃破壊における界面効果.
1996年度~1996年度, 奨励研究(A), 代表, 長繊維強化熱可塑性樹脂の耐衝撃性に関する研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2007年度~2009年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 医療機器・医用材料のリスクアセスメント手法開発に関する研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2011年度~2012年度, 二国間交流, 代表, アジア人のためのモジュラー型人工股関節の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2011年度~2011年度, 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムFSステージ探索タイプ, 代表, 骨再生治療のための層構造を有する多孔質複合材料の開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.04~2016.03, 分担, 3次元膝関節モデルを用いた人工膝関節の力学的応答性評価
.
2015.04~2016.03, 分担, CT-FEMを用いた骨粗鬆化脊椎に生じる圧迫骨折のメカニズムに関する研究
.
2015.04~2016.03, 分担, 特発性大腿骨頭壊死症のバイオメカニクス的検討
.
2015.04~2016.03, 分担, 複合系scaffoldと間葉系幹細胞のハイブリッド化による骨・軟骨再生研究
.
2014.04~2015.03, 分担, いわて発高付加価値コバルト合金を用いた整形外科インプラントのデザイン最適化.
2014.04~2015.03, 分担, 複合系scaffoldと間葉系幹細胞のハイブリッド化による骨・軟骨再生研究
.
2014.04~2015.03, 分担, 特発性大腿骨頭壊死症のバイオメカニクス的検討
.
2014.04~2015.03, 分担, CT-FEMを用いた骨粗鬆化脊椎に生じる圧迫骨折のメカニズムに関する研究
.
2014.04~2015.03, 分担, 3次元膝関節モデルを用いた人工膝関節の力学的応答性評価
.
2010.05~2012.03, 分担, 高度股関節破壊に対する新しい人工関節を用いた観血的治療法の研究.
2009.05~2011.03, 代表, 新しい人工股関節(Neck Changeable)の評価・解析.
2003.04~2006.01, 分担, 動的有限要素法による人工膝関節の応力解析.
2004.04~2006.01, 分担, 人工股関節に関する整形外科学的諸問題への力学的アプローチ.
2005.10~2006.01, 分担, 新型人工膝関節の開発研究.
寄附金の受入状況
2008年度, 日本メディカルマテリアル株式会社, 人工股関節の安全性評価.
2006年度, 日本メディカルマテリアル株式会社, 新型人工膝関節の開発研究.
2005年度, 株式会社レミ, レーザーを応用したガラス割断のシミュレーション研究.
2005年度, 片井整形外科病院, 人工膝関節の応力解析.
2000年度, 株式会社九州テクノリサーチ, 有限要素法による機械構造物の応力解析.
1999年度, 株式会社九州テクノリサーチ, 有限要素法による機械構造物の応力解析.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」