九州大学 研究者情報
発表一覧
内田 孝紀(うちだ たかのり) データ更新日:2019.08.23

准教授 /  応用力学研究所 新エネルギー力学部門


学会発表等
1. @高田 稜一、@高橋 江梨香、@谷川 博哉、@内田孝紀、@杉谷賢一郎、@野口 尚史、@平田勝哉, 極低レイノルズ数における基本的翼型の流体力と流れ関する計算と実験 , 第47回可視化情報シンポジウム, 2019.07.
2. Takanori Uchida, Micro-siting Technique for Wind Turbine Generator by Using Large-Eddy Simulation, International Workshop on Environmental Engineering 2019(IWEE2019), 2019.06.
3. 高桑晋, 内田孝紀, 大八木 崇裕, 市川弘人, 複雑地形における大気安定度が数値シミュレーションに与える影響の検証, 第40回風力エネルギー利用シンポジウム, 2018.12.
4. 川島泰史, 内田孝紀, 伊藤芳樹, 清木荘一郎, 近藤勝俊, 古賀和宏, 非定常乱流モデルLESによる地形性乱流診断と安全管理への応用, 第40回風力エネルギー利用シンポジウム, 2018.12.
5. 吉田忠相, 内田孝紀, 乾真規, 谷山賀浩, 実サイトにおける風車後流の影響評価その1:秋田県雄物川風力発電所の例, 第40回風力エネルギー利用シンポジウム, 2018.12.
6. 谷川慎次, 内田孝紀, 谷山賀浩, 岡山芙有子, 吉田忠相, 実サイトにおける風車後流の影響評価その2:新長島黒ノ瀬戸風力発電所の例, 第40回風力エネルギー利用シンポジウム, 2018.12.
7. #村上大河, 内田孝紀, 大屋裕二, 渡邉康一, スタッガード配置による複数の集風体付き風車の性能向上に関する研究, 第40回風力エネルギー利用シンポジウム, 2018.12.
8. #Taiga Murakami, Takanori Uchida, Yuji Ohya, Koichi Watanabe, Research on the efficiency improvement of wind turbines with brim diffuser for staggered arrangement, 第10回九大-KAISTシンポジウム, 2018.12.
9. 内田孝紀, RIAM-COMPACTのHPC対応とウインドファームの全体解析, 第3回ポスト「京」重点課題⑥シンポジウ ム, 2018.10.
10. Kenji Ono, Takanori Uchida, High-Throughput Parallel Simulation of Airflow for Detailed Land Configuration, Asian Computational Fluid Dynamics Conference (ACFD), 2018.10.
11. Kenji Ono, Takanori Uchida, Two-Stage in Situ Parallel Meshing for Large-Scale Atmospheric Fluid Simulation Over Complex Topography, 2018.10.
12. @内田孝紀, 急峻な孤立地形周辺流れにおける非定常性, 非定常空気力学研究会・構造物の空気力学研究会(AHLOS), 2018.09.
13. 髙橋江梨香, 大西一希, 谷川博哉, 内田孝紀, 杉谷賢一郎, 平田勝哉, 極低レイノルズ数領域での様々な二次元翼型の空力特性と流れ, 日本機械学会, 2018.09.
14. 川島泰史,内田孝紀, 非定常乱流モデルLESによる地形性乱流診断と風車安全管理への応用, 日本保全学会第15回学術講演会, 2018.07.
15. Yoshihiro TANIYAMA, Takanori UCHIDA, Keiji MATSUSHIMA, Asako INOMATA, Yuki FUKATANI, Michiko NAKANO, Toshiki OSAKO, Development of Quantitative Evaluation Method of Wake Loss Using Mockup Model of Real Wind Turbine, Grand Renewable Energy 2018, 2018.06.
16. Yasushi KAWASHIMA, Takanori UCHIDA, Soichiro KIYOKI, Katsutoshi KONDO, A Study on the Effects of Terrain-induced Turbulence on Wind Turbine Blade Fatigue Loads, Grand Renewable Energy 2018, 2018.06.
17. 内田孝紀, 流体工学LESモデルRIAM-COMPACT(リアム・コンパクト)による大規模な洋上風力発電設備を対象とした数値風況シミュレーション, 先駆的科学計算に関するフォーラム2018, 2018.05.
18. 内田孝紀, RIAM-COMPACT(リアム・コンパクト)HPC版による大規模洋上ウィンドファームを対象とした数値風況シミュレーション
, ポスト「京」アプリケーション連携開発会議, 2018.05.
19. Akiyoshi Iida, Takanori Uchida,Hiroshi Imamura, Yuko Ueda, Shinobu Yoshimura , Introduction of Post K Application Development for Wind Farm Modeling, IEA Wind Task31 Symposium, 2018.04.
20. Yoshinobu Yamade, Takanori Uchida, Chisachi Kato, Akiyoshi Iida, Yasumasa Suzuki, Shinobu Yoshimura, Hiroshi Imamura, Yuko Ueda, HidetoYoshimura, Large Eddy Simulation of Flow around Wind Turbine and in Wind Farm, IEA Wind Task31 Symposium, 2018.04.
21. Shintaro Kawahara, Takanori Uchida, Koichi Watanabe, Yuji Ohya, Improvement of Power Generation Performance of a New Type of Solar Tower, The 9th Kyushu University-KAIST Symposium on Aerospace Engineering, 2017.12.
22. 森山喬史, 渡邉康一, 大屋裕二, 内田孝紀, 複数のつば付きディフューザ風車を用いたクラスタシステムの開発, 第39回風力エネルギー利用シンポジウム, 2017.12.
23. 大八木嵩裕,高桑晋,内田孝紀, 数値シミュレーションの流入変動風条件が風速比予測に与える影響の検証
, 第39回風力エネルギー利用シンポジウム, 2017.12.
24. 高桑晋,大八木嵩裕,内田孝紀, 数値シミュレーションの入力風向条件が風速比予測に与える影響の検証
, 第39回風力エネルギー利用シンポジウム, 2017.12.
25. 川島泰史,内田孝紀,清木荘一郎,近藤勝俊,一丸雄二 , 非定常乱流モデルLESによる地形性乱流診断とブレード寿命評価への応用
, 第39回風力エネルギー利用シンポジウム, 2017.12.
26. 大城善郎,宮崎真,伊藤芳樹,内田孝紀,高桑晋,勝呂幸男,相原雅彦,太田健一郎 , 3次元高精度風況解析に基づく風力発電量の新規推計手法
, 第39回風力エネルギー利用シンポジウム, 2017.12.
27. 内田孝紀, 数値流体シミュレーション技術の鉄道分野における適用-地形性強風の発生メカニズムの数値的解明とその対策-, 第15回市民防災講座, 2017.12.
28. E. Takahashi1, K. Onishi1, H. Tanigawa, T. Uchida, K. Sugitani, @K. Hirata, Experiment and Computation on Aerodynamic Characteristics and Flow Visualisation of Basic Airfoils at Very-Low Reynolds Numbers, The 11th Pacific Symposium on Flow Visualozation and Image Processing, 2017.12, The airfoil is one of the most elemental devices for flying/swimming robots to control flow and its reacting force, which determines their basic performances. However, the aerodynamic characteristics of the airfoil have been researched mainly in high Reynolds-number ranges more than 106, in a historic context closely related with the developments of airplanes and fluid machineries in the last century^([1], [2]).
On the other hand, we have been requiring more precise knowledge about the aerodynamic characteristics of the airfoil especially in low Reynolds-number ranges less than 106, because of the recent miniaturization of robots such as unmanned aerial vehicles known as UAVs or micro air vehicles known as MAVs, in addition to the importance of insect/bird flight dynamics, small-scale machines like micro fluid machineries and micro combustion engines and so on.
In the present study we investigate the relationship between various aerodynamic characteristics and attack angle α for flat plate NACA0015 and iNACA0015 (the NACA0015 placed back to front) by numerical analysis and water  tank experiment at Re = 1.0102  8.0102. Then, we investigate the effects of attack angle α upon various aerodynamic characteristics such as the lift coefficient CL, drag coefficient CD and the lift-to-drag ratio CL/CD. In order to discuss the revealed α effects, we visualise the flow around the airfoils using the Q value, the helicity, streamlines distributions around the airfoils at α = 0 – 24 deg., together with PIV analysis based on water tank experiment..
29. 河原信太郎,内田孝紀,渡邊康一,大屋裕二,烏谷隆,杉谷賢一郎, ウインドソーラータワーの発電性能向上に関する研究, 日本航空宇宙学会西部支部, 2017.11.
30. 森山喬史,内田孝紀,渡邉康一,大屋裕二 , 複数の集風体付き風車を有するクラスタシステムの開発, 日本航空宇宙学会西部支部, 2017.11.
31. 井上諒,内田孝紀,大屋裕二,渡邉康一, 複雑地形における地表付近の風況予測精度向上に関する研究, 日本航空宇宙学会西部支部, 2017.11.
32. 内田孝紀, RIAM-COMPACTの高機能化と性能評価, 第2回ポスト「京」重点課題⑥シンポジウム, 2017.10.
33. 内田孝紀, 九州大学伊都キャンパスの数値風況診断-椎木講堂から大型レンズ風車まで-, 九州大学情報基盤研究開発センターシンポジウム, 2017.08.
34. 髙橋江梨香, 大西一希, 谷川博哉, 内田孝紀, 杉谷賢一郎, 平田勝哉, 極低レイノルズ数領域での様々な二次元翼型の空力特性と流れ, 第45回可視化情報シンポジウム, 2017.07.
35. Keiko Udo, Tsukasa Kuribayashi, Takanori Uchida, Characteristics of Wind Field over an Artificial Straight Dune, Coastal Dynamics 2017, 2017.06.
36. Akiyoshi Iida, Takanori Uchida,Hiroshi Imamura, Yuko Ueda,Shinobu Yoshimura , Introduction of Post K Application Development for Wind Farm Modeling, IEA Task 31 Wakebench Phase 2: 2nd Annual meeting, 2017.05.
37. 内田孝紀, 非定常数値風況診断に基づいた風車の安全管理について, 風力発電設備の定期安全管理検査制度説明会, 2017.04.
38. 宗像秋生,Goeltenbott Uli,大屋裕二,内田孝紀, つば付きディフューザ風車を用いたマルチロータシステムにおける発電出力・抗力特性, 第38回風力エネルギー利用シンポジウム, 2016.12.
39. 田中翔一,谷山賀浩,大迫俊樹,内田孝紀 , 複雑地形における風況解析手法開発と事業性評価 第一報:実サイト風況との比較検証
, 第38回風力エネルギー利用シンポジウム, 2016.12.
40. 川島泰史,内田孝紀,清木荘一郎,近藤勝俊,猿渡和明,西田利彦 , 地形乱流が風車構造強度に与える影響に関する研究 (その1.リアムコンパクトによる地形乱流診断)
, 第38回風力エネルギー利用シンポジウム, 2016.12.
41. 近藤勝俊,内田孝紀,清木荘一郎,川島泰史,西田利彦 , 地形乱流が風車構造強度に与える影響に関する研究 (その2.複雑地形における風車に流入する実測乱流の特性評価)
, 第38回風力エネルギー利用シンポジウム, 2016.12.
42. 清木荘一郎,内田孝紀,川島泰史,近藤勝俊,西田利彦 , 地形乱流が風車構造強度に与える影響に関する研究 (その3.複雑地形での疲労荷重に対する実測評価および予測技術開発)
, 第38回風力エネルギー利用シンポジウム, 2016.12.
43. 大城善郎,宮崎真,伊藤芳樹,内田孝紀,高桑晋,勝呂幸男,@相原雅彦,@太田健一郎 , 地形影響を受けた観測場における大気安定度別の3次元高精度風況解析
, 第38回風力エネルギー利用シンポジウム, 2016.12.
44. 内田孝紀, 風車周りの空気の流れの予測, 第25回海洋教育フォーラム「海のエネルギーを電気に変える」, 2016.12.
45. Akio Munakata, Jumpei Miyazaki, Uli Goeltenbott1 Yuji Ohya, Takanori Uchida, Multi Rotor System using Diffuser Augmented Wind Turbines for Power Increase, The 15th World Wind Energy Conference (WWEC2016), 2016.11.
46. Tjan Achmad Rachmadtullah,内田孝紀,大屋裕二,烏谷隆, 集風技術を有する浮遊体を用いた空中発電システム, 日本航空宇宙学会西部支部, 2016.11.
47. Shigeo Yoshida, Takanori Uchida, Omar Ibrahim, Yasushi Kawashima, Site Specific Evaluation Methods by Aero-Elastic Wind Turbine and LES Time Variant Wind Models, The 15th World Wind Energy Conference (WWEC2016), 2016.11.
48. Soichiro Kiyoki, Takanori Uchida, Yasushi Kawashima, Katsutoshi Kondo , Impact Assessment of Terrain Turbulece to Wind Turbine Fatigue, The 15th World Wind Energy Conference (WWEC2016), 2016.11.
49. Achmad Rachmad Tullah Tjan, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takanori Uchida, Development of a Floating Body for an Airborne Wind Energy System, The 8th KAIST-Kyushu University Symposium on Aerospace Engineering, 2016.10.
50. 内田孝紀, 数値流体シミュレーション技術(リアムコンパクト)が解決する風力発電の諸問題, 水素・再生可能エネルギー導入促進セミナー, 2016.10.
51. 内田孝紀, RIAM-COMPACTを用いた洋上風車の性能評価, 第1回ポスト「京」重点課題⑥シンポジウム, 2016.10.
52. 宗像秋生,宮崎淳平,Goeltenbott Uli,大屋裕二,内田孝紀, つば付きディフューザ風車を用いたマルチロータシステムにおける発電出力・抗力特性, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
53. Masahiro Konishi, Shigeyuki Sako, Takanori Uchida, Ryou Araya, Koui Kim, Yuzuru Yoshii, Mamoru Doi, Kotaro Kohno, Takashi Miyata, Kentaro Motohara, Masuo Tanaka, Takeo Minezaki, Tomoki Morokuma, Yoichi Tamura, Toshihiko Tanabé, Natsuko Kato, Takafumi Kamizuka, Hidenori Takahashi, Tsutomu Aoki, Takao Soyano, Ken'ichi Tarusawaf, The university of Tokyo atacama observatory 6.5m telescope Enclosure design and wind analysis, Ground-Based and Airborne Telescopes VI, 2016.01, We present results on the computational uid dynamics (CFD) numerical simulations as well as the wind tunnel experiments for the observation facilities of the University of Tokyo Atacama Observatory 6.5m Telescope being constructed at the summit of Co. Chajnantor in northern Chile. Main purpose of this study starting with the baseline design reported in 2014 is to analyze topographic effect on the wind behavior, and to evaluate the wind pressure, the air turbulence, and the air change (ventilation) efficiency in the enclosure. The wind velocity is found to be accelerated by a factor of ∼ 1.2 to reach the summit (78 m sec-1 expected at a maximum), and the resulting wind pressure (3,750 N m-2) is used for the framework design of the facilities. The CFD data reveals that the open space below the oor of the facilities works efficiently to drift away the air turbulence near the ground level which could significantly affect the dome seeing. From comparisons of the wind velocity field obtained from the CFD simulation for three configurations of the ventilation windows, we dind that the windows at a level of the telescope secondary mirror have less efficiency of the air change than those at lower levels. Considering the construction and maintenance costs, and operation procedures, we finally decide to allocate 13 windows at a level of the observing oor, 12 at a level of the primary mirror, and 2 at the level of the secondary mirror. The opening area by those windows accounts for about 14% of the total interior surface of the enclosure. Typical air change rate of 20{30 per hour is expected at the wind velocity of 1 m sec-1..
54. Hirohito Ohto, Takanori Uchida, Yoshihiro Taniyama, Toshiki Osako, Airflow Evaluation of Wind Farm Site over Complex Terrain Using LES Turbulence Model, International Conference on Power Engineering, ICOPE 2015, 2015.12, Recently, the new wind farm has been successfully built in Nagashima island, Kagoshima prefecture. This site is located in complex terrain and, the flow above the ground is also thought to be complex. We analyzed the flow here using the RIAM-COMPACT (Uchida 2014) natural terrain version software, which is based on an LES turbulence model. The accuracy of this software was proved in previous studies. In addition to the CFD analysis, we also conducted airflow measurements using hot wire technique in the boundary layer wind tunnel of the Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University. In this experiment, the vertical wind velocity profile were obtained at 3 locations as time step data, from which we calculated turbulence. The value of scalar wind speed and turbulence by CFD and experiment generally has same tendency at each height of each location. These agreements demonstrates the validity of this CFD software based on LES turbulence modeling..
55. Masaki Wataka, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takanori Uchida, Improvement of Power Generation of the Wind Solar Tower, International Conference on Power Engineering, ICOPE 2015, 2015.12, In 1989, a pilot plant of a solar chimney was erected in Manzanares Spain to evaluate the feasibility of the solar tower as a new source of renewable energies. Since then, the solar tower was discussed in the press, but no commercial plant succeeded the research. A reason for this could be the relative low power output compared with other renewable energy production systems. However, the power generation system of a wind solar tower can be designed and constructed at relatively low cost. A solar tower consists mainly of three components. The collector area is a glass roof, above ground with increasing height towards the center. Attached to the center of the collector is a vertical tower inside which a wind turbine is mounted at the lower entry into the tower. When solar radiation heats the ground through the glass roof, the uprising warm air is guided to the center into the tunnel. A wind solar tower that can generate electricity in a simple structure, and enables easy and less costly maintenance, has considerable advantages. Since the solar tower reaches several hundreds of meters into the sky, the tower exit is at a level of higher wind speeds compared to the ground. If wind passes over the tower exit, it can induce air flow inside the tower. Hence, the solar tower could be capable of producing electricity at night when the solar radiation is not available. In our research we are aiming to improve the overall performance of the solar tower focusing on the tower component. We consider airflow caused by thermal updraft and air flow in the tower induced by wind flowing over the tower exit at the top. We conclude that the shape of the tower has a significant effect on the performance of the solar tower. Therefore, our future research will focus on further optimization of the shape of the tower..
56. Shoichi Tanaka, Yoshihiro Taniyama, Asako Inomata, Yutaka Hashiba, Takanori Uchida, Wind Resource Evaluation for Optimizing Wind Turbine Placement on Complex Terrain, International Conference on Power Engineering, ICOPE 2015, 2015.12, As the wind farms are constructed in complex terrain in recent years, the wind resource analysis is becoming more important. The purpose of our study is optimizing wind turbine placement in complex terrain for more AEP. In this paper we performed validation of CFD wind analysis. The validation method is comparison of measured and calculated wind profiles. The wind speed and direction were measured by "WINDCUBE" at the altitude from 40m to 260m by 20m for about one month in Nagashima-Kuronoseto wind farm in Nagashima island, Kagoshima prefecture. "RIAM-COMPACT", which is a CFD software based on an LES turbulence model, was used for wind flow analysis. We compared the 10min averaged data by measurement and all time averaged data by CFD on the wind profiles of speed, direction, and standard deviation of north-west and north-east winds.. It is confirmed that the CFD results reproduce the difference of topographic effects depending on wind direction and that "RIAM-COMPACT" is able to predict the actual wind affected by complex terrain..
57. Jumpei Miyazaki, Uli Goeltenbott, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takanori Uchida, Study for the Implementation of Clustered Wind Lens Turbines, 2015 7th Kyushu University-KAIST Symposium on Aerospace Engineering,, 2015.12.
58. 大戸博仁,内田孝紀,大屋裕二, 複雑地形上のウィンドファームにおける気流解析, 日本航空宇宙学会西部支部, 2015.12.
59. 臼井啓司,内田孝紀,大屋裕二, つば付きディフューザー風車のヨーイング挙動に関する研究, 第29回数値流体力学シンポジウム, 2015.12.
60. 大戸博仁,内田孝紀,谷山賀浩,大迫俊樹, 複雑地形上における気流解析, 第29回数値流体力学シンポジウム, 2015.12.
61. 臼井啓司,内田孝紀,大屋裕二, レンズ風車の大型化における流体-構造連成解析, 日本航空宇宙学会西部支部, 2015.12.
62. 大城 善郎, 宮崎 真, 伊藤 芳樹, 内田 孝紀, 高桑 晋, 勝呂 幸男, 相原 雅彦, 太田 健一郎, 地形影響を受けた観測場での2高度超音波風速計を用いた3次元風況解析, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, 2015.11.
63. 川島 泰史, 内田 孝紀, 山田 裕, 荒屋 亮, 猿渡 和明, 西田 利彦, 地形乱流診断による風車運転方法の検討と今後の展開, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, 2015.11.
64. 内田 孝紀, LESによる数値風況診断に基づいた風車制御とその経済効果, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, 2015.11.
65. 大城善郎,宮崎真,伊藤芳樹,内田孝紀,高桑晋,勝呂幸男,相原雅彦,太田健一郎 , 地形影響を受けた観測場での2高度超音波風速計を用いた3次元風況解析
, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, 2015.11.
66. 宮崎淳平,Uli Goeltenbott,大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀 , 3次元物体及び風車の並列配置における後流干渉, 日本流体力学会, 2015.11.
67. Hirohito Ohto, Takanori Uchida, Yoshihiro Taniyama, Toshiki Osako, Airflow Evaluation of Wind Farm Site Over Complex Terrain Using LES Turbulence Model, The 13th Asian International Conference on Fluid Machinery, 2015.09, Recently, the new wind farm has been successfully built in Nagashima island, Kagoshima prefecture. This site is located in complex terrain and, the flow above the ground is also thought to be complex. We analyzed the flow here using the RIAM-COMPACT (Uchida 2014) natural terrain version software, which is based on an LES turbulence model. The accuracy of this software was proved in previous studies. In addition to the CFD analysis, we also conducted airflow measurements using hot wire technique in the boundary layer wind tunnel of the Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University. In this experiment, the vertical wind velocity profile were obtained at 3 locations as time step data, from which we calculated turbulence. The value of scalar wind speed and turbulence by CFD and experiment generally has same tendency at each height of each location. These agreements demonstrates the validity of this CFD software based on LES turbulence modeling..
68. 内田孝紀, 糸島市における風環境の把握と風力資源マップの作成, 平成26年度糸島市九州大学連携研究助成金研究発表会, 2015.07.
69. 内田 孝紀, 大屋 裕二, 風車ウエイクの「ゆらぎ」について, 日本風工学会年次研究発表会, 2015.05.
70. 内田 孝紀, 風力発電分野におけるコンピュータシミュレーション技術の現状と課題, 宇宙航行の力学シンポジウム, 2014.12.
71. 川島 泰史, 内田 孝紀, 荒屋 亮, 西田 利彦, 風車の運転方法の検討を目的としたリアムコンパクトによる数値風況診断, 第36回風力エネルギー利用シンポジウム, 2014.11.
72. 大城 善郎, 伊藤 芳樹, 内田 孝紀, 高桑 晋, 勝呂 幸男, 相原 雅彦, 太田 健一郎, 複雑地形における超音波風向風速計を用いた高精度風況解析, 第36回風力エネルギー利用シンポジウム, 2014.11.
73. 内田 孝紀, スーパーコンピュータによる数値流体シミュレーション技術が解決する風力発電の諸問題, 第133回 NEC C&CシステムSP研究会, 2014.11.
74. 川島 泰史, 内田 孝紀, 荒屋 亮, 西田 利彦, 風車周辺の土地造成を考慮したリアムコンパクトによる数値風況診断, 第35回風力エネルギー利用シンポジウム, 2013.11.
75. 内田 孝紀, 大屋 裕二, レンズ風車設置のためのリアム・コンパクトによる風況診断, 第35回風力エネルギー利用シンポジウム, 2013.11.
76. 内田 孝紀, 大屋 裕二, 複雑地形上の風車ウエイクのラージ・エディ・シミュレーション, 平成25年度一般社団法人日本風工学会年次研究発表会, 2013.05.
77. Graham Li, S. Takakuwa, T. Uchida, Application of CFD for Turbulence Related Operational Risks Assessment of Wind Turbines in Complex Terrain, EWEA2013, 2013.02.
78. 内田孝紀,高橋幸平,大屋裕二, レンズ風車の相互干渉に関する数値的研究, 第22回風風工学シンポジウム, 2012.12.
79. 高橋 周平,上野 祥彦,大屋 裕二,烏谷 隆,内田 孝紀, 鍔付きディフューザ風車の性能に対する支持構造の後流の影響, 第22回風風工学シンポジウム, 2012.12.
80. 内田孝紀,大屋裕二, 風力発電導入における風況診断の重要性―風車の故障を減らして期待通りの発電量を得るために―, 第34回風力エネルギー利用シンポジウム, 2012.11.
81. 李貫行,内田孝紀, 複雑地形における風況観測マスト設置位置検討に対するCFDの重要性(失敗事例から学ぶ), 第34回風力エネルギー利用シンポジウム, 2012.11.
82. 飯田誠,内田孝紀,今村博,藤尾裕聡,刈込界, 複雑地形の数値サイトキャリブレーション適用性評価, 第34回風力エネルギー利用シンポジウム, 2012.11.
83. 内田孝紀,大屋裕二, 風力発電導入における風況診断の重要性―風車の故障を減らし,期待通りの発電量を得るために―, 平成24年度 日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会 合同研究発表会, 2012.11.
84. So YOSHIZAWA, Yuji OHYA, Takashi KARASUDANI, Takanori UCHIDA, Kimihiko WATANABE, A WIND TUNNEL EXPERIMENT ON THE DRAG REDUCTION OF A PURE CAR CAREER, 第6回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2012), 2012.11.
85. Keita YOSHINAGA, Yuji OHYA, Takashi KARASUDANI, Takanori UCHIDA, EFFECTS OF MULTI-SUPPORTING STRUCTURE ON WIND TURBINE PERFORMANCE AND RESISTANCE FOR A WIND-LENS TURBINE, 第6回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2012), 2012.11.
86. 富松俊貴,大屋裕二,内田孝紀, 非圧縮CFDをベースとする音響計算に対する基礎的な知見, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2012), 2012.11.
87. 良永圭太,大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀, レンズ風車の多脚支持構造による発電量および耐風特性への影響, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2012), 2012.11.
88. 本山雅孝,杉谷賢一郎,内田孝紀,烏谷隆,大屋裕二, ウィンドソーラータワーにおける熱上昇風による発電性能の研究, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2012), 2012.11.
89. 松本恵実,安倍賢一,内田孝紀,大屋裕二, アクチュエータラインモデルを適用した風車の数値解析, 日本流体力学会 年会2012, 2012.09.
90. 内田孝紀, 風力発電を支える数値風況予測技術の最前線-現状と将来展望-, 九州エコフェア2012, 2012.06.
91. 内田孝紀, 風力発電を支える数値風況予測技術の最前線-現状と将来展望-, 第8回GISコミュニティフォーラム, 2012.06.
92. 川島泰史,内田孝紀,荒屋亮,猿渡和明, 流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いたウィンドリスク(地形乱流)の評価について, 第33回風力エネルギー利用シンポジウム, 2011.11.
93. 李慣行,高桑晋,内田孝紀, 複雑地形におけるウィンドファームのCFDを用いた乱流による故障リスク評価, 第33回風力エネルギー利用シンポジウム, 2011.11.
94. 内田孝紀,大屋裕二, 複雑地形上の風車ウエイクに関するLES, 第33回風力エネルギー利用シンポジウム, 2011.11.
95. 谷川 陽一郎,波野 洋孝,大屋 裕二,内田 孝紀, 乱流境界層中の風車後流特性, 日本流体力学会 年会2011, 2011.09.
96. 内田 孝紀,大屋 裕二, 風車ウエイクの大規模LES, 日本流体力学会 年会2011, 2011.09, 複雑地形上に設置された風車ウエイクの渦構造を数値シミュレーションにより明らかにしたものである..
97. 内田 孝紀,波野 洋孝,杉谷 賢一郎,大屋 裕二, 乱流境界層中の風車後流の挙動について, 平成23年度日本風工学会年次研究発表会, 2011.05.
98. 水永 博己,喜多川 権士,砂岡 勇輝,上村 佳奈,齊藤 哲,内田 孝紀, 間伐後の個体耐風性の時間変化を予測する, 第122回日本森林学会大会, 2011.03.
99. 上村佳奈,木下裕子,内田孝紀,喜多川権士,齊藤哲,水永博己 , 造林施業と風害発生の関係について, 第122回日本森林学会大会, 2011.03.
100. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Tomoyuki Nagai, Takanori Uchida, Chris Takashi Matsuura, Hugh Griffiths, DEVELOPMENT OF SHROUDED WIND TURBINES WITH WIND-LENS TECHNOLOGY, 平成23年度日本風工学会年次研究発表会, 2011.03.
101. 丸山 敬,内田 孝紀,石川 裕彦,出口 啓, ウインドファーム周辺の変動風速場の数値解析, 第24回数値流体力学シンポジウム, 2010.12.
102. 上野 祥彦,大屋 裕二,烏谷 隆,内田 孝紀, 鍔つきディフューザ風車まわりの流れ場に関する数値的研究, 第24回数値流体力学シンポジウム, 2010.12.
103. 波野 洋孝,内田孝紀,大屋裕二, アクチュエータディスクモデルを用いた風車後流のLES, 第24回数値流体力学シンポジウム, 2010.12.
104. 高橋幸平,大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀, 乱流境界層中における風車後流のLES, 第6 回日本流体力学会中四国九州支部講演会, 2010.12.
105. 上野祥彦,大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀, 中型クラス風レンズ風車まわりの流れ場に関する数値的研究, 第6 回日本流体力学会中四国九州支部講演会, 2010.12.
106. 丸山 敬,石川裕彦,内田孝紀,出口 啓, メソスケールモデルとLESを用いたウインドファーム周辺の気流解析, 第21回風工学シンポジウム, 2010.12.
107. 秦 祐也,永井修平,大屋裕二,辻 美奈子,内田孝紀,烏谷 隆, ポーラス状の外側部をもつ円柱まわりの流れの数値シミュレーション, 第21回風工学シンポジウム, 2010.12.
108. 内田 孝紀,大屋 裕二, 最適周速比における風車後流のラージ・エディ・シミュレーション
-第2報 格子乱流により生成した流入変動風の影響-, 第21回風工学シンポジウム, 2010.12.
109. 川島泰史,内田孝紀,荒屋亮,藤本弘明,山下晃太, 風力発電立地地点の景観に係わる可視解析及び流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた地形乱流影響評価, 第32回風力エネルギー利用シンポジウム, 2010.11.
110. 内田 孝紀,大屋 裕二, 連続的な風向変化を考慮した数値風況予測モデルの開発, 第32回風力エネルギー利用シンポジウム, 2010.11, 先端的数値風況予測モデル「RIAM-COMPACT®(リアムコンパクト)」を用いて,連続的な風向変化を考慮しながら複雑地形上の局地的な風の流れを再現したものである..
111. 永山圭憲,岡林一木,原 智宏,大屋裕二,内田孝紀, 複雑地形上大気拡散予測風洞実験へのLES大規模計算の適用, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2010), 2010.11.
112. 上野祥彦,大屋裕二,烏谷 隆,内田孝紀, 中型クラスの鍔つきディフューザ風車まわりの流れ場に関する数値的研究, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2010), 2010.11.
113. 波野洋孝,内田孝紀,大屋裕二, 乱流境界層中における風車後流のLES, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2010), 2010.11.
114. Hirotaka HANO, Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, Wake Structure Behind Wind Turbine Generator in Turbulent Boundary Layer, 第4回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2010), 2010.09.
115. Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, Challenge to Huge Computation of Airflow around Urban Area by Using RIAM-COMPACT® CFD Model, 第4回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2010), 2010.09.
116. 丸山 敬,石川裕彦,内田孝紀,出口 啓, メソスケールモデルとLESによる複雑地形上の気流解析, 日本流体力学会 年会2010, 2010.09.
117. 内田 孝紀,大屋 裕二, 風車ウエイクのLES, 日本流体力学会 年会2010, 2010.09.
118. 内田 孝紀,大屋 裕二, 風車ウエイクの挙動に関する幾つかの知見, 日本機械学会 2010年度年次大会, 2010.09.
119. 上野 祥彦,秦 裕也,内田 孝紀,大屋 裕二,烏谷 隆, 鍔つきディフューザ風車まわりの流れ場の渦構造に関する数値的研究, 日本機械学会 2010年度年次大会, 2010.09.
120. T.Uchida, Y.Ohya, Large-eddy simulation of topography-induced turbulence around WTG by using the RIAM-COMPACT CFD model, 再生可能エネルギー2010国際会議, 2010.07.
121. 谷川 直太, 加治佐 剛, 太田 徹志, 溝上 展也, 内田 孝紀, 吉田 茂二郎, 風況シミュレーションソフトを用いた風害発生の予測, 第121回日本森林学会, 2010.04.
122. 水永 博己, 喜多川 権士, 上村 佳奈, 内田 孝紀, 斎藤 哲, 風害リスクと間伐施業
-モデル化の課題-, 第121回日本森林学会, 2010.04.
123. 内田孝紀, 流体工学モデルRIAM-COMPACT®による複雑地形上の局所風況予測
-現状と今後の課題-, 第121回日本森林学会, 2010.04.
124. 内田孝紀,丸山敬, 数値流体計算モデル(LES)を用いた複雑地形上の局所風速場の予測, 第56回風に関するシンポジウム, 2010.03.
125. 永山圭憲、原智宏、岡林一木、大屋裕二、内田孝紀, 大気拡散風洞実験へのLESの適用性検討, 大気環境学会九州支部第10回研究発表会, 2010.01.
126. T.Uchida and Y.Ohya, High resolution micro-siting of 100KW wind-lens turbine at the new campus of Kyushu
University by using the RIAM-COMPACT® CFD model, 九州大学応用力学研究所平成21年度共同利用研究集会21ME-S5(自然エネルギー発電特別セッション), 2010.01.
127. 永井修平,内田孝紀,大屋裕二,烏谷隆, 大気安定度を考慮した複雑地形上の風況予測シミュレーション, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2009), 2009.12.
128. 秦祐也,内田孝紀,大屋裕二,烏谷隆, 鍔つきディフューザ風車の3次元流れ場解析, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2009), 2009.12.
129. Yuya HATA, Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, Takashi KARASUDANI, Three Dimensional Vortex Structure around a Windlens Turbine, KAIST学生ワークショップ, 2009.12.
130. Shuhei NAGAI, Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, Wind System Prediction around the New Campus of Kyushu University by Using the RIAM-COMPACT CFD Model
-Part2.Study of Stable and Unstable Atmospheric Stratification Effects on Airflow Characteristics-, 第3回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2009), 2009.12.
131. Takanori UCHIDA, Shuhei NAGAI, Yuji OHYA, Wind System Prediction around the New Campus of Kyushu University by Using the RIAM-COMPACT CFD Model
-Part1.High Resolution Micro-Siting of 100kW Wind-Lens Turbines under Neutral Stability-, 第3回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2009), 2009.12.
132. 秦祐也,内田孝紀,大屋裕二,烏谷隆, 鍔つきディフューザ風車まわりの流れ場のLES解析, 第23回数値流体力学シンポジウム, 2009.12.
133. 永井修平,内田孝紀,大屋裕二,烏谷隆, 複雑地形上の建物周り流れのLES, 第23回数値流体力学シンポジウム, 2009.12.
134. Takanori Uchida, Yuji Ohya, High resolution LES of turbulent airflow over complex terrain, 7th Asia-Pacific Conference on Wind Engineering, APCWE-VII, 2009.12, It is highly important in Japan to choose a good site for wind turbines, because the spatial distribution of wind speed is quite complicated over steep complex terrain. We are developing the unsteady numerical model called the RIAM-COMPACT (Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, Computational Prediction of Airflow over Complex Terrain). The RIAM-COMPACT is based on the LES (Large-Eddy Simulation). The object domain of the RIAM-COMPACT is from several m to several km. First, to test the accuracy of the RIAM-COMPACT we have performed the experimental and numerical simulation of a non-stratified airflow past a two-dimensional ridge and a three-dimensional hill in a uniform flow. Attention is focused on airflow characteristics in a wake region. For this purpose, the velocity components were measured with a SFP (Split-Film Probe) in the wind tunnel experiment. Through comparison of the experimental and numerical results, they showed a good agreement. The accuracy of both of the wind tunnel experiment by the SFP and also numerical simulation by the RIAM-COMPACT were confirmed. Next, we have applied the RIAM-COMPACT to the airflow over real complex terrain. The numerical results obtained by RIAM-COMPACT demonstrated that the changes induced on the wind field by the topographic effect, such as the local wind acceleration and the flow separation, were successfully simulated. The amount of power generation was evaluated in consideration of the correlation with the observational data. Finally, wind simulation of an actual wind farm was executed using the high resolution elevation data. As a result, an appropriate point and an inappropriate point for locating a wind turbine generator were shown based on the numerical results obtained. This cause was found to be a topographical irregularity in front of the wind turbine generator..
135. 大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀,渡辺公彦, 都市海岸部への小型風レンズ風車の導入とその100kW級への大型化, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
136. 永井修平,内田孝紀,大屋裕二,烏谷隆, 風車設置適地選定のための複雑地形上の建物周辺の風況場解析, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
137. 秦祐也,内田孝紀,大屋裕二,烏谷隆, 鍔つきディフューザ風車まわりの流れ場の3次元数値シミュレーション, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
138. 川島泰史,内田孝紀,荒屋亮,藤本弘明, 流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた海外サイトにおける風力発電のマイクロサイティング, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
139. 内田孝紀,丸山 敬,竹見 哲也,大屋裕二,李貫行, 気象モデルと流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた風車設置点における設計風速評価法の提案, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
140. Takanori UCHIDA and Yuji OHYA, HIGH RESOLUTION LES OF TURBULENT AIRFLOW OVER COMPLEX TERRAIN, The Seventh Asia-Pacific Conference on Wind Engineering, 2009.11.
141. 内田孝紀,丸山 敬,竹見 哲也,大屋裕二,李貫行, 気象モデルと流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた風車立地の設計風速評価法の提案, 平成21度日本太陽エネルギ-学会・日本風力エネルギ-協会合同研究発表会 , 2009.11.
142. 内田孝紀,大屋裕二, 風力発電の数値サイトキャリブレーションに与える諸パラメータの影響, 日本機械学会2009年度年次大会, 2009.09.
143. 内田孝紀,大屋裕二, 風力発電の数値サイトキャリブレーションにおける流入境界条件の影響, 日本流体力学会年会2009, 2009.09.
144. 内田孝紀,大屋裕二, 急峻な単純地形周辺に発生する非定常な渦放出現象, 平成21年度非定常空気力学研究会・構造物の空気力研究会(AHLOS), 2009.08.
145. 内田 孝紀, 流体シミュレーション技術(RIAM-COMPACT)と地理情報システム(GIS)を相互連携した局地風況予報について, 第5回GISコミュニティフォーラム, 2009.06.
146. 秦 祐也,永井修平,辻 美奈子,大屋裕二,内田孝紀,烏谷 隆, ポーラス状の外側部をもつ円柱まわりの流れの数値シミュレーション, 平成21年度日本風工学会年次研究発表会, 2009.03.
147. 内田孝紀, 都市域の局所風況シミュレーションについて, 東アジア環境問題プロジェクト・ミニワークショップ, 2009.03.
148. 齊藤哲,内田孝紀,上村佳奈,喜田川権士,水永博己, 林分レベルでの強風発生確率の推定-広域的確率,風向偏り及び周辺地形の影響の総合評価-, 第120回日本森林学会大会, 2009.03.
149. 谷川直太,加治佐剛,太田徹志,溝上展也,内田孝紀,荒屋亮,吉田茂二郎, 風況シミュレータRIAM-COMPACTを用いた風害の予測, 第120回日本森林学会大会, 2009.03.
150. 内田孝紀, Large-Eddy Simulation over Complex Terrain by using the RIAM-COMPACT CFD Model, The workshop on LES modelings in the ocean and atmosphere, 2009.02.
151. 秦 祐也,辻美奈子,内田孝紀,烏谷 降,大屋裕二, ポーラス状の外側部をもつ円柱まわりの流れの数値シミュレーション そのⅠ;後流構造について, 第22回数値流体力学シンポジウム, 2008.12.
152. 永井修平,辻美奈子,内田孝紀,烏谷 降,大屋裕二, ポーラス状の外側部をもつ円柱まわりの流れの数値シミュレーション そのⅡ;平均流れ場と空力特性について, 第22回数値流体力学シンポジウム, 2008.12.
153. 秦 祐也,辻美奈子,内田孝紀,烏谷 降,大屋裕二, 外側部がポーラス状である円柱まわりの流れ場のDNS
-そのⅠ:後流構造について-, 第3回日本流体力学会中四国・九州支部総会・講演会, 2008.12.
154. 永井修平,辻美奈子,内田孝紀,烏谷 降,大屋裕二, 外側部がポーラス状である円柱まわりの流れ場のDNS
-そのⅡ:平均流れ場と空力特性について–, 第3回日本流体力学会中四国・九州支部総会・講演会, 2008.12.
155. 内田孝紀,大屋裕二,荒屋亮,川島泰史,藤本弘明, 風車立地点近傍に発生する地形乱流の高解像度LES, 第30回風力エネルギー利用シンポジウム, 2008.11.
156. 永山圭憲,大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀,渡辺公彦, 海に面した都市への小型風レンズ風車の導入を目的とした強風時の安全性評価と風車適地選定, 第30回風力エネルギー利用シンポジウム, 2008.11.
157. 竹本大育,大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀,渡辺公彦, 集風効果を高めた風レンズ形状に関する研究, 第30回風力エネルギー利用シンポジウム, 2008.11.
158. 永山圭憲,大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀,渡辺公彦, 市街地への小型風レンズ風車の導入を目的とした強風時の安全性評価と風車適地選定, 2008航空宇宙学会西部支部講演会, 2008.11.
159. 竹本大育,大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀, 集風効果を高めた集風体形状に関する研究, 2008航空宇宙学会西部支部講演会, 2008.11.
160. 内田孝紀,大屋裕二, 風車立地点近傍の地形乱流再現における標高データの影響, 平成20年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会, 2008.11.
161. Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, The wind risk management in the wind farm by using the RIAM-COMPACT CFD code, China Wind Power 2008 & Global Wind Power 2008, 2008.10.
162. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 縮尺模型を用いた風洞実験における幾つかの知見, 第11回応用力学シンポジウム, 2008.09.
163. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 垂直円盤の後流に関する数値計算と風洞実験, 日本流体力学会年会2008, 2008.09.
164. Takanori UCHIDA, Numerical Simulation of Airflow around Urban Area by using the RIAM-COMPACT CFD Model, Sino-Japan International Symposium on The East Asian Environmental Problems (EAEP2008), 2008.08.
165. 内田孝紀,大屋裕二, 風車立地点近傍における地形乱流のラージエディシミュレーション, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008.08.
166. 内田 孝紀, 風力発電適地選定ソフトRIAM-COMPACT(リアムコンパクト)の紹介, 第3回新エネルギー世界展示会, 2008.08.
167. 内田 孝紀, 都市域における風環境予測技術について
-RIAM-COMPACTの最新成果報告-, 都市域における風環境予測技術に関する意見交換会, 2008.06.
168. 内田 孝紀, 数値流体計算技術(CFD)と地理情報システム(GIS)の相互連携, GIS基礎技術研究会, 2008.06.
169. 内田 孝紀, 流体工学モデルRIAM-COMPACT(リアムコンパクト)を用いた複雑地形上の局所風況予報, 京都大学学術情報メディアセンターセミナー, 2008.05.
170. 内田 孝紀, CFDモデルRIAM-COMPACTを用いた複雑地形上の局所風況予報
―風力発電への適用:現状と今後の課題について―, 応用力学フォーラム, 2008.03.
171. 内田 孝紀, 流体シミュレーション技術(RIAM-COMPACT)と地理情報システム(GIS)を連携した新しい風力発電適地選定手法の開発, 第4回GISコミュニティフォーラム, 2008.01.
172. Takanori Uchida, Yuji Ohya, High Resolution LES of Airflow over Complex Terrain, APCOM'07-EPMESC XI, 2007.12.
173. 小田 雅之,内田 孝紀,大屋 裕二, 大気安定度を考慮した実在市街地周りの風況シミュレーション, 第21回数値流体力学シンポジウム , 2007.12.
174. 辻 美奈子,内田 孝紀,大屋 裕二, 植栽を考慮した市街地の風況予測に関する数値的研究, 第21回数値流体力学シンポジウム , 2007.12.
175. 辻美奈子,内田孝紀,大屋裕二, LESを用いた樹木まわりの風環境予測, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2007), 2007.11.
176. 小田 雅之,内田孝紀,大屋裕二, 実在市街地を対象としたLESによる風況予測シミュレーション, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2007), 2007.11.
177. 内田孝紀,大屋裕二, 地形性局地強風の数値シミュレーション, 第85期流体工学部門講演会, 2007.11.
178. 内田 孝紀,荒屋 亮,大屋 裕二,川島 泰史, Google Earthを活用した風力発電適地探査法の試み, 第29回風力エネルギー利用シンポジウム, 2007.11.
179. 飯田 誠,松宮 煇,松下 大介,内田 孝紀,谷垣 三之介,山口 敦,高木 哲郎,叶木 律子,服部 康男,大塚 清敏,今村   博,小川 晋 , 風車性能評価のための数値サイトキャリブレーションの検討-日本国内サイトにおけるラウンドロビン試験の結果と考察-
, 第29回風力エネルギー利用シンポジウム, 2007.11.
180. 岡田 臣右,大屋 裕二,内田 孝紀,烏谷 隆,杉谷 賢一郎, 垂直型集風構造体の創風性能評価, 第29回風力エネルギー利用シンポジウム, 2007.11.
181. 内田孝紀,大屋裕二, Google Earthを用いた新しい風力発電適地選定手法の提案, 平成19年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会, 2007.10.
182. 内田孝紀,大屋裕二, CFDを用いた複雑地形上の実風速推定法の提案, 第10回応用力学シンポジウム, 2007.09.
183. 内田孝紀,大屋裕二, 風向の変化を考慮した複雑地形上の拡散場シミュレーション, 日本流体力学会年会2007, 2007.08.
184. 烏谷隆,城野良一,内田孝紀,大屋裕二, 対流混合層の発達に及ぼす安定成層の効果, 日本流体力学会年会2007, 2007.08.
185. 辻美奈子,古賀大介,内田孝紀,大屋裕二, 複雑地形上のガス拡散に対する数値予測法の開発-その1 風洞実験を対象にした場合-, 平成19年度日本風工学会年次研究発表会, 2007.05.
186. 小田雅之,古賀大介,内田孝紀,大屋裕二, 複雑地形上のガス拡散に対する数値予測法の開発-その2 野外観測を対象にした場合-, 平成19年度日本風工学会年次研究発表会, 2007.05.
187. 内田孝紀,大屋裕二, 風車立地点のウィンドリスク評価, 日本流体力学会,第20回数値流体力学シンポジウム, 2006.12.
188. Yuji Ohya, Reina Nakamura, Takanori Uchida, Intermittent bursting of turbulence in a stable boundary layer with low-level jet, 17th Symposium on Boundary Layers and Turbulence, 27th Conference on Agricultural and Forest Meteorology, 17th Conference on Biometeorology and Aerobiology, 2006.12.
189. Toshiyuki Sanada, Masatoshi Fujino, Daisuke Matsushita, Takanori Uchida, Hikaru Matsumiya, Masao Watanabe, Yoshinori Hara, Minori Shirota, Numerical site calibration on a complex terrain and its application for wind turbine performance measurements, European Wind Energy Conference and Exhibition 2006, EWEC 2006, 2006.12, A numerical site calibration, which employs CFD (Computational Fluid Dynamics) for wind field simulation over a complex terrain to evaluate flow distortion factors, applied to the actual wind turbine site on a complex terrain that fails to satisfy the IEC standard is proposed. Unlike the conventional numerical site calibration, proposed one provides not only flow distortion factors evaluated from wind speeds obtained on both wind turbine and any observation points on a terrain, but also the preferable wind direction for wind turbine performance measurements, owing to highly accurate CFD method combined with both large eddy simulation and geographical information system. Wind field data obtained by meteorological mast is corrected by the calculated distortion factors to the wind speed on wind turbine. This predicted wind speed is investigated by comparing with the wind turbine performance data on a actual site. Further the possibility of the proposed wind turbine performance measurements is discussed..
190. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 最適周速比で運転する風車後流と静止円盤後流の比較, 風力エネルギー協会,第28回風力エネルギー利用シンポジウム, 2006.11.
191. 荒屋亮,内田孝紀,川島泰史,田辺正孝,斉藤俊彦, RIAM-COMPACTと連動した風力発電量評価ツールRC-Explorerの紹介, 風力エネルギー協会,第28回風力エネルギー利用シンポジウム, 2006.11.
192. 内田孝紀,大屋裕二,杉谷賢一郎, 最適周速比における風車後流と静止円盤後流の比較, 日本風工学会,第19回風工学シンポジウム, 2006.11.
193. 岡田臣右,大屋裕二,内田孝紀,烏谷隆,杉谷賢一郎, 垂直型集風構造体の集風性能評価, 日本風工学会,第19回風工学シンポジウム, 2006.11.
194. 友清衣利子,内田孝紀,前田潤滋, 台風0423号通過時における佐賀県小城市周辺風況のCFD解析—風況に及ぼす大気安定度の影響—, 日本風工学会,第19回風工学シンポジウム, 2006.11.
195. 内田孝紀,大屋裕二, 非定常・非線形風況シミュレータRIAM-COMPACT(リアムコンパクト)を用いたウィンドファーム風況診断—風車設置点のウィンドリスク評価—, 日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会, 平成18年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会(RE2006 JAPAN DAY), 2006.10.
196. Takanori UCHIDA and Yuji OHYA, Diagnosis of Airflow Characteristics in Wind Farm by Using the Unsteady Numerical Model RIAM-COMPACT, Renewable Energy 2006, 2006.10.
197. Shinsuke Okada, Ohya Yuji, Karasudani Takashi, Uchida Takanori, Generation and Convergence of Wind Using VT-WCONVS (Vertical Type Wind CONVergence Structure), Renewable Energy 2006, 2006.10.
198. Toshiyuki SANADA, Minori SHIROTA, Masatoshi FUJINO, Daisuke MATSUSHITA, Takanori UCHIDA, Masao WATANABE, Yoshinori HARA, Hikaru MATSUMIYA, Practical application of numerical site calibration, Renewable Energy 2006, 2006.10.
199. 古賀大介,内田孝紀,大屋裕二,杉谷賢一郎, ラージ・エディ・シミュレーションを用いた複雑地形上の局所風況予測, 日本流体力学会, 日本流体力学会年会2006, 2006.09.
200. 内田孝紀,永尾公一,大屋裕二,杉谷賢一郎, 最適周速比の風車後流と静止円盤後流の比較, 日本流体力学会, 日本流体力学会年会2006, 2006.09.
201. 深川達矢,大屋裕二,中村麗奈,内田孝紀,杉谷賢一郎, 地面近くに強い速度シアーを有する安定境界層中の間欠的乱流, 日本流体力学会, 日本流体力学会年会2006, 2006.09.
202. 内田孝紀,大屋裕二,友清衣利子,前田潤滋, 地形性強風の数値予測と格子解像度の影響, 土木学会, 第9回応用力学シンポジウム, 2006.09.
203. T.Uchida and Y.Ohya, Micro-siting Technique for Wind Turbine Generator by Using Large-Eddy Simulation, Fourth International Symposium on Computational Wind Engineering (CWE2006), 2006.07.
204. Eriko Tomokiyo, Miho Kitamura, Takanori Uchida, Junji Maeda, Yuji Ohya, Structural Damage Caused by Local Winds Associated with Typhoon Tokage (0423) Passing, Fourth International Symposium on Computational Wind Engineering (CWE2006), 2006.07.
205. Toshiyuki SANADA, Masatoshi FUJINO, Daisuke MATSUSHITA, Takanori UCHIDA, Hikaru MATSUMIYA, Masao WATANABE, Yoshinori HARA, Minori SHIROTA, Numerical Site Calibration on a Complex Terrain and its Application for Wind Turbine Performance Measurements, EWEC 2006, European Wind Energy Conference and Exhibition, 2006.02.
206. 内田孝紀, 大屋裕二, LESによる局地風況シミュレーション
—紙地図から構築した高解像標高データの利用—, 日本学術会議 メカニクス・構造研究連絡委員会,第55回理論応用力学講演会, 2006.01.
207. 内田孝紀, 種々の安定成層場における三宅島火山ガスの挙動の数値シミュレーション, 日本流体力学会,第19回数値流体力学シンポジウム, 2005.12.
208. 城野良一,烏谷隆,内田孝紀,大屋裕二, 対流境界層の直接数値シミュレーション—水槽実験との比較—, 日本流体力学会,第19回数値流体力学シンポジウム, 2005.12.
209. 永尾公一,内田孝紀, 大屋裕二,杉谷賢一郎,渡辺公彦, 風車後流の気流性状の解明に向けた研究—風洞実験と数値解析—, 風力エネルギー協会,第27回風力エネルギー利用シンポジウム, 2005.11.
210. 内田孝紀, 大屋裕二,荒屋亮,田辺正孝,川島泰史, 流体シミュレーション技術と地理情報システムを連携した新しい風力発電適地選定手法の開発, 風力エネルギー協会,第27回風力エネルギー利用シンポジウム, 2005.11.
211. 藤野真聡,真田俊之,松下大介,内田孝紀,渡部正夫,松宮煇, 高島町における数値サイトキャリブレーションの試み, 風力エネルギー協会,第27回風力エネルギー利用シンポジウム, 2005.11.
212. 永尾公一,日置文章,内田孝紀, 大屋裕二, 人工的に生成された流入変動風を用いた建物周辺流れのLES, 日本機械学会,流体工学部門講演会, 2005.10.
213. 城野良一,烏谷隆,大屋裕二,内田孝紀, 対流混合層の発達について, 日本機械学会,流体工学部門講演会, 2005.10.
214. 内田孝紀,大屋裕二, 風車単体後流の渦構造解明に向けた基礎的研究, 日本流体力学会,日本流体力学会年会2005, 2005.09.
215. 内田孝紀,大屋裕二, 一様流中の2次元崖状地形まわりの気流性状に関する数値的研究, 土木学会,第8回応用力学シンポジウム, 2005.09.
216. T. Uchida,Y. Ohya, Micro-siting Technique for Wind Turbine Generator by Using One PC, EXPO WCWRF 2005実行委員会,2005年国際博覧会記念風力・再生型自然エネルギー・燃料電池 国際会議&見本展示, 2005.06.
217. 丸山 敬,石川裕彦,内田孝紀,河井宏允,大屋裕二, 台風0418号通過時の宮島周辺気流の数値シミュレーション, 日本風工学会,日本風工学会年次研究発表会, 2005.05.
218. 内田孝紀,大屋裕二, 風車後流における渦構造の数値シミュレーション, 日本風工学会,日本風工学会年次研究発表会, 2005.05.
219. 内田孝紀,大屋裕二,鵜野伊津志, 急峻な岬まわりの気流場シミュレーション
—気象力学モデルCSU-RAMSと流体力学モデルRIAM-COMPACTの適用性について—, 日本風工学会,第18回風工学シンポジウム, 2004.12.
220. 内田孝紀,大屋裕二,田辺正孝,葛生和人,橋本晃慈, 風力タービン候補地選定のためのPC1台によるマイクロサイティング技術
—実地形を対象にした非定常風況・拡散シミュレータRIAM-COMPACTの紹介—, 日本太陽エネルギー学会,日本風力エネルギー協会,平成16年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会, 2004.11.
221. 内田孝紀,日置文章,杉谷賢一郎,大屋裕二,他4名, 非定常風況シミュレータRIAM-COMPACTの開発
—市街地向け小型風力タービン候補地選定への適用—, 日本風力エネルギー協会,第26回風力エネルギー利用シンポジウム, 2004.11.
222. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 市街地を対象とした風環境予測法の開発
—立方体周りの流れの風洞実験と数値シミュレーション—, 日本航空宇宙学会西部,日本航空宇宙学会西部支部講演会, 2004.10.
223. 内田孝紀, 種々の大気安定度を有する乱流境界層に埋没した複雑地形上風況・拡散場シミュレーション, 東京工芸大学研究科建築学専攻 21世紀COEプログラム「都市・建築物へのウインド・イフェクト」,COEワークショップ「CFDによる乱流境界層のシミュレーション」, 2004.10.
224. 内田孝紀, 風力エネルギーの有効利用・風力タービンの適地選定, (財)西日本産業貿易見本市協会,大学テクノロジー産業化セミナーinエコテクノ(エコテクノ2004), 2004.10.
225. 内田孝紀,大屋裕二,鵜野伊津志, 地域気象モデルCSU-RAMSによる急峻な岬まわりの気流場シミュレーション, 日本流体力学会,日本流体力学会年会2004, 2004.08.
226. 内田孝紀, 非定常風況・拡散シミュレータRIAM-COMPACTの開発と実用化, 土木学会乱流問題研究小委員会,第20回乱流フォーラム, 2004.08.
227. 内田孝紀,大屋裕二, 非定常風況・拡散シミュレータRIAM-COMPACTの紹介, 九州経済産業局技術企画課,大学・TLOマーケッティング事業in九州, 2004.06.
228. 内田孝紀,大屋裕二,鵜野伊津志, 急峻な岬まわりの気流場シミュレーション
—気象モデルCSU-RAMSと工学モデルRIAM-COMPACTの比較—, 日本風工学会,日本風工学会年次研究発表会, 2004.05.
229. 内田孝紀,大屋裕二, 強く安定成層した状態で孤立峰から発生する水平渦に関する数値的考察
—第2報 一般曲線コロケート格子と直交直線スタガード格子との比較—, 日本流体力学会,第17回数値流体力学シンポジウム, 2003.12.
230. 川田浩二,内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 対流境界層に関する数値シミュレーション
—主流直交方向の乱流構造に対する検討—, 日本航空宇宙学会西部支部,日本航空宇宙学会西部支部講演会, 2003.11.
231. 阿部光一,内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 局地的風況予測モデルの開発
—実地形を対象とした風洞実験による検証—, 日本航空宇宙学会西部支部,日本航空宇宙学会西部支部講演会, 2003.11.
232. 内田孝紀,阿部光一,杉谷賢一郎,大屋裕二, PCクラスタを用いた風況予測シミュレータRIAM-COMPACTの実用化へ向けた検討, 風力エネルギー協会,第25回風力エネルギー利用シンポジウム, 2003.11.
233. 内田孝紀,大屋裕二, 小規模スカラー並列計算機を用いた風況シミュレータRIAM-COMPACTの実用化へ向けた検討, 第4回九州大学情報基盤センター研究集会, 2003.11.
234. 内田孝紀,大屋裕二, 乱流境界層に埋没した急峻な孤立峰まわりの風況シミュレーション
—大きな乱れ強さを伴う流入風の場合—, 土木学会,第6回応用力学シンポジウム, 2003.09.
235. 内田孝紀,大屋裕二, パッシブ粒子追跡法による三宅島火山ガス挙動の可視化, 可視化情報学会,第31回可視化情報シンポジウム, 2003.07.
236. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 一様流中の急峻な2次元尾根まわりの気流性状に関する風洞実験と数値シミュレーション, 日本流体力学会,日本流体力学会年会2003, 2003.07.
237. 内田孝紀, 複雑地形上の風況予測モデルRIAM−COMPACTの開発
—気象庁GPVデータおよび地域気象モデルCSU-RAMSとの接続—, 足利工業大学総合研究センター,第3回風力エネルギー利用総合セミナー, 2003.06.
238. 内田孝紀,大屋裕二, 地域気象モデルCSU-RAMSと局地的風況予測モデルRIAM-COMPACT
の接続法に関する研究, 日本気象学会,日本気象学会2003年春季大会, 2003.05.
239. 内田孝紀,大屋裕二, 広域気象場を反映した局所域の風況予測シミュレーション
—地域気象モデルCSU-RAMSと局地的風況予測モデルRIAM-COMPACTの接続—, 日本風工学会,年次研究発表会, 2003.05.
240. T. Uchida,Y. Ohya, Numerical Investigation of the Behavior of Volcanic Smokes from Miyake-jima in Stably Stratified Fluids, ASAAQ2003国内組織委員会,8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ATMOSPHERIC SCIENCES AND APPLICATIONS TO AIR QUALITY (ASAAQ2003), 2003.03.
241. 内田孝紀,大屋裕二, LESによる建物群まわりの風環境予測, 日本学術会議 メカニクス・構造研究連絡委員会,第52回理論応用力学講演会, 2003.01.
242. 内田孝紀,大屋裕二, 急峻な孤立地形まわりの複雑乱流場に対するLES
—流入気流の乱れの影響について—, 日本風工学会,第17回風工学シンポジウム, 2002.12.
243. 内田孝紀,大屋裕二, 強く安定成層した状態で孤立峰から発生する水平渦に関する数値的考察, 日本数値流体力学会,第16回数値流体力学シンポジウム, 2002.12.
244. 内田孝紀,大屋裕二, 安定成層場における三宅島の噴煙挙動に関する数値シミュレーション, 日本機会学会,2002年度機械学会熱工学講演会, 2002.11.
245. 内田孝紀,大屋裕二, 種々の安定成層場における三宅島火山ガスの挙動, 鹿児島大学多島圏研究センター,多島域フォーラム「列島火山の噴煙活動を探る」, 2002.11.
246. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 3次元数値モデルによる九大新キャンパスの風況予測シミュレーション
—第2報建物群まわりの風環境予測—, 第3回九州大学情報基盤センター研究集会, 2002.11.
247. 内田孝紀,宮崎康伸,大屋裕二,鵜野伊津志, 地域気象モデルを考慮した複雑地形上の風況予測シミュレーション
—CSU-RAMSとRIAM-COMPACTの接続—, 風力エネルギー協会,第24回風力エネルギー利用シンポジウム, 2002.11.
248. 宮崎康伸,内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 局所的風況予測法における広域気象データとの接続, 日本航空宇宙学会西部支部,日本航空宇宙学会西部支部講演会, 2002.11.
249. 岡田臣右,内田孝紀,杉谷賢一郎,烏谷隆,大屋裕二, 太陽熱による熱上昇風の生成と煙突形構造物を用いた風の収束について, 日本航空宇宙学会西部支部,日本航空宇宙学会西部支部講演会, 2002.11.
250. 内田孝紀,大屋裕二, ラージ・エディ・シミュレーションによる風に対する地形効果の再現性について, 日本流体力学会,第34回流体力学講演会, 2002.09.
251. 内田孝紀,大屋裕二, 急峻な2次元山からの非定常な渦放出に対する数値的考察, 土木学会,第5回応用力学シンポジウム, 2002.09.
252. 内田孝紀,大屋裕二, 安定成層場で三宅島から放出された火山ガスの移流拡散シミュレーション, 気象利用研究会,平成14年度気象利用研究会, 2002.08.
253. 内田孝紀,大屋裕二, 安定成層場における急峻な3次元山まわりの気流性状に関する数値的研究, 日本流体力学会,日本流体力学会年会2002, 2002.07.
254. 内田孝紀,大屋裕二, 急峻な複雑地形における局地的風況予測モデルの開発に向けて
—岬まわりの局地風況場解析—, 日本気象学会,日本気象学会2002年春季大会, 2002.05.
255. 内田孝紀,大屋裕二, 3次元数値モデルによる複雑地形上の局地風況予測, 日本農業気象学会,第48回風に関するシンポジウム, 2002.01.
256. 内田孝紀,大屋裕二, 3次元数値モデルによる複雑地形上の局地風況場解析, 移動境界とその周りの流れ解析に関する研究集会, 2002.01.
257. 内田孝紀,大屋裕二, 3次元数値モデルによる九大新キャンパスの風況予測シミュレーション, 第2回九州大学情報基盤センター研究集会, 2001.12.
258. 内田孝紀,大屋裕二, 2次元山を過ぎる流れの数値シミュレーション
—2次元計算と3次元計算における渦放出の比較—, 日本数値流体力学会,第15回数値流体力学シンポジウム, 2001.12.
259. 田鍋義博,内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 地表面粗度を考慮した局地的風況予測に関する計算手法の開発, 日本航空宇宙学会西部支部,日本航空宇宙学会西部支部講演会, 2001.11.
260. 内田孝紀,大屋裕二, LESを用いた局地的風況予測に関する研究, 風力エネルギー協会,第23回風力エネルギー利用シンポジウム, 2001.11.
261. 内田孝紀,大屋裕二, 安定成層場で風下波の砕波により発生する局地強風の数値的考察, 土木学会,第4回応用力学シンポジウム, 2001.10.
262. T. Uchida,Y. Ohya, Large-eddy simulation of turbulent airflow over complex terrain, 日本風工学会,The Fifth Asia-Pacific Conference on Wind Engineering (APCWE V), 2001.10.
263. 内田孝紀,大屋裕二, 急峻な孤立地形まわり流れの局所風況シミュレーション
—流入気流の乱れの影響について—, 日本流体力学会,第33回流体力学講演会, 2001.09.
264. 内田孝紀,藤井斉,大屋裕二, ネストグリッドを用いた局地風況場の数値シミュレーション, 日本流体力学会,日本流体力学会年会2001, 2001.08.
265. 内田孝紀,大屋裕二, ブラフボディ周辺流れ場の数値シミュレーション
—2次元計算と非常に小さいアスペクト比を有する3次元計算との比較—, 日本学術会議 メカニクス・構造研究連絡委員会,第50回理論応用力学講演会, 2001.01.
266. 内田孝紀,大屋裕二, 一般曲線座標系LESによる局地的風況予測法の開発
—安定成層流体中における孤立地形の周辺風況場の推定—, 日本数値流体力学会,第14回数値流体力学シンポジウム, 2000.12.
267. 内田孝紀,大屋裕二, 局地的風況予測に対するLESの適用, 日本風工学会,第16回風工学シンポジウム, 2000.11.
268. 内田孝紀,大屋裕二, 丘陵地形を過ぎる安定成層流の2次元数値シミュレーション
—格子分解能と数値計算法の影響について—, 土木学会,第3回応用力学シンポジウム, 2000.09.
269. 内田孝紀,大屋裕二, 低層構造物を過ぎる流れのラージ・エディ・シミュレーション, 日本流体力学会,第11回計算流体シンポジウム, 2000.07.
270. 内田孝紀,大屋裕二, 複雑地形上の乱流場に対するLESの適用, 東京大学生産技術研究所TSFD研究グループ,第15回NSTシンポジウム, 2000.03.
271. 内田孝紀,大屋裕二, 複雑地形上の風況予測に関するLESの適用, 日本航空宇宙学会,日本航空宇宙学会第31期年会講演会, 2000.03.
272. 内田孝紀,大屋裕二, 地面上に置かれた3次元立方体周り流れのDNS解析
—層流境界層と乱流境界層の比較—, 日本数値流体力学会,第13回数値流体力学シンポジウム, 1999.12.
273. 内田孝紀,大屋裕二, LESによる複雑地形上の風況予測, 日本気象学会,日本気象学会1999年秋季大会, 1999.11.
274. 内田孝紀,大屋裕二, 2次元丘陵地形背後の非定常な剥離—再付着流れに対する安定成層の効果, 日本流体力学会,第31回流体力学講演会, 1999.10.
275. 内田孝紀,大屋裕二, 安定成層場で地形効果により発生する局地強風の数値的検討, 土木学会,第2回応用力学シンポジウム, 1999.09.
276. 内田孝紀,大屋裕二, 乱流境界層中の孤立峰周辺流れの3次元数値シミュレーション, 日本流体力学会,第4回環境流体シンポジウム, 1999.07.
277. 内田孝紀,大屋裕二, 角柱周辺流れの3次元数値シミュレーション
—風上差分による数値粘性の影響—, 日本風工学会, 年次研究発表会, 1999.05.
278. 内田孝紀, 数値計算による温度場の解析, “熱流に関する実験と計算”に関する研究集会, 1999.01.
279. 内田孝紀,大屋裕二, 中立成層した乱流境界層の直接数値シミュレーション
—風上差分がもたらす数値粘性の影響—, 日本数値流体力学会,第12回数値流体力学シンポジウム, 1998.12.
280. 内田孝紀,大屋裕二, 一般曲線座標系・コロケート格子を用いた複雑地形上の安定成層流に関する風況予測, 日本風工学会,第15回風工学シンポジウム, 1998.12.
281. 内田孝紀,大屋裕二, 有限流路内の2次元丘陵地形を過ぎる安定成層流のLES, 土木学会,第1回応用力学シンポジウム, 1998.10.
282. T. Uchida,Y. Ohya, Numerical Simulation of Atmospheric Flow over Complex Terrain, 日本風工学会,International Workshop on "CFD for Wind Climate in Cities"-How to apply CFD to practical problems in environment, buildings and structures-, 1998.08.
283. 内田孝紀,大屋裕二, 安定成層流体中に地形効果により励起された内部重力波の非定常性
—粘性流体と非粘性流体との比較—, 日本流体力学会,第3回環境流体シンポジウム, 1998.07.
284. 内田孝紀,大屋裕二, Dynamic SGS Modelを用いた複雑地形を過ぎる安定成層流のLES, 日本数値流体力学会,第11回数値流体力学シンポジウム, 1997.12.
285. 内田孝紀,大屋裕二, Dynamic SGS Modelを用いた複雑地形を過ぎる中立流のLES, 日本流体力学会,第8回計算流体シンポジウム, 1997.07.
286. 内田孝紀,大屋裕二, 地面上の3次元物体を過ぎる安定成層流の数値計算, 日本数値流体力学会,第10回数値流体力学シンポジウム, 1996.12.
287. 内田孝紀,大屋裕二,小園茂平, 3次元複雑地形を過ぎる安定成層流の数値シミュレーション, 日本風工学会,第14回風工学シンポジウム, 1996.12.
288. T. Uchida,Y. Ohya, A numerical study of stably stratified flows over a two-dimensional hill
—Part I. free-slip condition on the ground—, CWE96(Second International Symposium on Computational Wind Engineering '96), 1996.08.
289. 内田孝紀,大屋裕二,小園茂平, 地面上の2次元丘状物体を越える安定成層流の数値解析
—その1.地面に滑り条件を課した場合—, 日本流体力学会,第1回環境流体シンポジウム, 1996.07.
290. 内田孝紀,大屋裕二,小園茂平, 地面上の2次元丘状物体を越える安定成層流の数値解析
—その1.地面に滑り条件を課した場合—, 日本数値流体力学会,第9回数値流体力学シンポジウム, 1995.12.
291. 内田孝紀,大屋裕二,小園茂平, 地面上に置かれた2次元物体を過ぎる安定成層流の数値解析, 日本流体力学会,第6回計算流体シンポジウム, 1995.07.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」