九州大学 研究者情報
総説一覧
内田 孝紀(うちだ たかのり) データ更新日:2019.08.23

准教授 /  応用力学研究所 新エネルギー力学部門


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 内田孝紀, 最新のGPUアクセラレータによるLES乱流モデルに基づいた数値風況予測技術の高速化
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.38,通巻109,pp.101-104,2014, 2014.05.
2. 内田孝紀, GPGPUコンピューティングによるLES乱流モデルに基づいた数値風況予測技術の高速化, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.37,通巻108,pp.533-536,2014, 2014.03.
3. 内田 孝紀, 福岡・博多湾沖および北九州・響灘沖に設置された洋上風力発電所見学会に参加して
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.37,通巻107,pp.350-352,2013, 2013.11.
4. 内田 孝紀, Bolund Experimentを対象にしたLES乱流モデルの予測精度の検証
―風洞実験との比較―
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.37,通巻106,pp.226-231,2013, 2013.08.
5. 内田 孝紀, LESに基づいたRIAM-COMPACT®CFDモデルの紹介
―風車の安全運転に資する数値風況診断技術の確立へ向けて―
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36,通巻105,pp.6-9,2013, 2013.05.
6. 内田孝紀, 地形の影響評価, 建築技術, 2012.11.
7. 内田孝紀, GPGPUコンピューティングによる数値風況予測技術RIAM-COMPACT®の高速化
―第2報 マルチGPUによる大規模計算の試み―
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36,通巻103,pp.441-445,2012, 2012.12.
8. 内田孝紀, インテル次世代ハイエンドCPU「Sandy Bridge-EP」を用いたRIAM-COMPACT®のOpenMP並列風況シミュレーション
―ここまできた!デスクトップPC1台による大規模計算とその高速化―
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36,通巻101,pp.82-85,2012, 2012.05.
9. 内田孝紀,須田直樹,荒屋亮,川島泰史, 複雑地形上の風車サイトを対象にしたRIAM-COMPACT®による乱流診断とSoundPLAN®による風車音予測, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36,通巻101,pp.76-81,2012, 2012.05.
10. 内田 孝紀,大屋 裕二,川島 泰史,猿渡 和明,西田 利彦, RIAM-COMPACT®によるウインドリスク(地形乱流)の数値診断
―愛知県渥美風力発電所を例として―
, 日本風力エネルギー学会論文集, 第35巻,通巻99,pp.14-23, 2011.11.
11. 内田孝紀, 風力発電産業における数値風況予測技術の最前線
, 火力原子力発電, 9月号,No.660,Vol.62,pp.20-25, 2011.09.
12. 内田孝紀,大屋裕二, GPGPUコンピューティングによる
数値風況予測技術RIAM-COMPACT®の高速化
, 風力エネルギー協会誌, 第35巻.第2号,通巻98,pp.78-84, 2011.08.
13. 内田孝紀,丸山敬,石川裕彦,座古勝,出口啓, 白滝山ウインドファームの風車ブレード損傷事故の原因解明
-コンピュータシミュレーションによるアプローチ-
, 風力エネルギー協会誌, Vol.34,通巻.96,pp.77-84, 2011.02.
14. 内田孝紀,大屋裕二, RIAM-COMPACT®による数値風況予測の最前線
―設計風速評価とウインドリスク(地形乱流)診断―
, 風力エネルギー協会誌, Vol.34,通巻.93,pp.69-74, 2010.05.
15. 内田孝紀, 複雑地形上に立地された風車近傍に発生する地形乱流の影響について, 日本機械学会流体工学部門ニューズレター「流れ」12月号, http://www.jsme-fed.org/newsletters/#8_12, 2008.12.
16. 内田孝紀, 詳細地形構築の必要性, 風力エネルギー協会誌, Vol.31,通巻83,pp.55-56, 2007.11.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」