九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
内田 孝紀(うちだ たかのり) データ更新日:2018.10.19



主な研究テーマ
数値風況診断技術RIAM-COMPACT(リアムコンパクト)の開発
キーワード:LES,RIAM-COMPACT,風力エネルギーの有効利用,大気環境アセスメント,複雑地形および建物群周りの風況予測,ガス拡散場予測,ブラフボディフロー
2000.01.
種々の安定度を有する大気成層流の数値計算と風洞実験
キーワード:大気成層流,大気境界層,数値計算CFD(DNS, LES),風洞実験
2000.01.
差分法に基づいた数値計算法の基礎研究
キーワード:数値計算手法,差分法,LES,DNS
2000.01.
従事しているプロジェクト研究
「文部科学省(MEXT):先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)/風と流れのプラットフォーム」
2016.04~2020.03, 代表者:浅野 俊幸, 国立研究開発法人海洋研究開発機構, 日本
企業大学等が単独で保有することが困難な先端研究施設として,流体技術研究で相補的関係にある風洞試験設備(アナログ風洞)とスーパーコンピュータ(デジタル風洞)をセットで共用に供し,分野を問わず,風と流れに関する様々なユーザニーズに対応した高度利用支援を行い,流体科学に立脚する科学技術イノベーションを強力に促進することを目指す.
「文部科学省(MEXT):革新的クリーンエネルギーシステムの実用化/高効率風力発電システム構築のための大規模数値解析」
2014.12~2019.03, 代表者:吉村 忍, 国立大学法人東京大学, 日本
文部科学省(MEXT)がポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題を公募し,重点課題⑥「革新的クリーンエネルギーシステムの実用化」の中核機関として東京大学が採択され(平成26年12月25日).

重点課題⑥のサブ課題として,「高効率風力発電システム構築のための大規模数値解析」を東大・九大応力研・JAXA・豊橋技科大,風力エネルギー研究所を中心に実施する.

九大応力研(開発責任者:内田孝紀 准教授)は,RIAM-COMPACT CFDモデルをベースにし,「洋上・陸上ウインドファームを対象にした大型風車の最適配置設計ツール(高精度・数値風況予測モデル)」を開発する.特に,風車間の相互作用(後流干渉)や大気境界層・温度成層の影響を考慮可能にすることを目指す.
「独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO):風力発電等導入支援事業/環境アセスメント調査早期実施実証事業/環境アセスメント迅速化研究開発事業(順応的管理手法の開発)」
2014.12~2017.02, 代表者:関島 恒夫, 国立大学法人新潟大学, 日本
本研究では,環境アセスメントの迅速化に貢献することを目指し,はじめに,施設設置時の発電利益と鳥類の損失リスクのトレードオフを考慮した施設立地の適地マップを作成するともに,対象事業実施区域内において鳥衝突リスクを可能な限り低減する手法を開発する.次に,予測精度を向上させた鳥衝突リスク管理モデルを構築することにより,追加保全措置を含めた順応的管理シナリオを提案する.これらを通じ,環境アセスメントの迅速化と適正化を両立させる手法の開発を目指す.

新潟大学と徳島大学の研究グループは,それぞれ渡り鳥とウミワシ類に配慮した立地適地マップの作成と鳥衝突リスク評価の精度向上を目指した手法開発を行う.九州大学グループは,風車の稼働率や運用安全性に影響を及ぼす3次元風況データを作成する.横浜国立大学グループは,風況解析データから推定される風車稼働率と,鳥の衝突率および回避率のデータを用いて,リスク軽減と設備利用率の両面に配慮した風力発電施設の運用シナリオを構築する.(株)日立パワーソリューションズと(株)ドーコンの研究グループは,上記研究グループの成果を基に環境アセスメント迅速化に向けた評価システムの有用性および実現性を検討する.
「風力等自然エネルギー技術研究開発/次世代風力発電技術研究開発/基礎・応用技術研究開発(数値シミュレーション技術を用いた風車性能評価技術等の国際標準化に係る研究開発)」
2010.11~2013.03, 代表者:内田 孝紀, 国立大学法人九州大学, 日本
本事業の目的は,IEC/TC88(風力タービン)における風車の出力性能計測方法について,我が国が主体的に提案をしている数値シミュレーションモデルによる風車流入風速推定方法の標準化を実現するため,標準化に向けた技術的裏付けとなる実証データの整備を行うことである.本事業では,「数値流体力学(CFD,Computational Fluid Dynamics)」の手法を導入した,複雑地形における風車性能計測データの評価を援用する方法,いわゆる「数値サイト・キャリブレーション(NSC,Numerical Site Calibration)」技術について,風車性能評価に関する国際標準を目指す.この技術は,上記認証システムにおいて,我が国主導で風車優位性を保ち標準化が行える数少ないテーマである.NSCとは,現行の性能評価基準(IEC 61400-12-1/JIS C1400-12-1)に代わる技術で,複雑な地形を有する我が国内においても風車の性能評価を実現することが可能になる(研究期間:平成22年11月5日~平成25年2月28日).
東アジア環境問題プロジェクト
2008.02~2015.03, 代表者:寺岡 靖剛, 国立大学法人九州大学, 日本
九州大学は,東アジアの急速な経済発展に伴って顕在化した国境を越える大規模な環境汚染問題(大気汚染,河川・海洋汚濁,廃棄物問題,食品汚染など)に対して大学全体で取り組むため,2007年に「東アジア環境問題プロジェクト」を発足させた.2009年には東アジア環境研究機構(RIEAE)を設置した.これまで,本プロジェクトの大気環境グループの主要メンバーとして活動を行ってきた.2008年8月には「第2回東アジア環境問題国際シンポジウムEAEP2008(8.26-27)」が中国の上海と無錫において開催され,RIAM-COMPACTを用いたこれまでの研究成果を発表した.2009年には「第3回東アジア環境問題国際シンポジウムEAEP2009(12.3-4)」が九州大学西新プラザで開催され,RIAM-COMPACTによる最新の研究成果を発表した.
空間解像度10m以下の詳細地形構築技術の開発とそれを用いた風力タービンハブ高さ周辺の風の乱れの視覚的評価
2006.01~2008.12, 代表者:内田孝紀, 九州大学応用力学研究所, 日本
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成17年度産業技術研究助成事業 (若手研究グラント)に採択された.空間解像度10m以下の詳細地形構築技術の開発を行うとともに,それを用いた風力タービンハブ高さ周辺の風の乱れの視覚的評価手法の開発を実施した.
研究業績
主要著書
1. 日本風工学会編集, 風工学ハンドブック(分担), 朝倉書店, 2007.02.
主要原著論文
1. Takanori Uchida, Numerical Investigation of Terrain-induced Turbulence in Complex Terrain by Large-eddy Simulation (LES) Technique, Energies, 10.3390/en11061530, 11(10), 2638, 15pages, 2018.10, In the present study, field observation wind data from the time of the wind turbine blade damage accident on Shiratakiyama Wind Farm were analyzed in detail. In parallel, high-resolution large-eddy simulation (LES) turbulence simulations were performed in order to examine the model’s ability to numerically reproduce terrain-induced turbulence (turbulence intensity) under strong wind conditions (8.0–9.0 m/s at wind turbine hub height). Since the wind velocity and time acquired from the numerical simulation are dimensionless, they are converted to full scale. As a consequence, both the standard deviation of the horizontal wind speed (m/s) and turbulence intensity evaluated from the field observation and simulated wind data are successfully in close agreement. To investigate the cause of the wind turbine blade damage accident on Shiratakiyama Wind Farm, a power spectral analysis was performed on the fluctuating components of the observed time series data of wind speed (1 s average values) for a 10 min period (total of 600 data) by using a fast Fourier transform (FFT). It was suggested that the terrain-induced turbulence which caused the wind turbine blade damage accident on Shiratakiyama Wind Farm was attributable to rapid wind speed and direction fluctuations which were caused by vortex shedding from Tenjogadake (elevation: 691.1 m) located upstream of the wind farm..
2. Takanori Uchida, Computational Investigation of the Causes of Wind Turbine Blade Damage at Japan's Wind Farm in Complex Terrain, Journal of Flow Control, Measurement & Visualization, 10.4236/jfcmv.2018.63013, 6, 3, 152-167, 2018.07, During the passage of Typhoon 0918 (Melor) over southern Honshu in Japan on 7 and 8 October 2009, strong winds with extremely high turbulence fluctuations were observed over Shirataki Mountain and the surrounding mountains in Shimonoseki, Yamaguchi Prefecture, Japan. These strong winds caused damage to wind turbine blades at the Shiratakiyama Wind Farm owned by Kinden Corporation. In order to investigate the causes of the blade damage, the airflow characteristics from the time of the incidences are first simulated in detail with the combined use of the WRF-ARW mesoscale meteorological model and the RIAM-COMPACT LES turbulence model (CFD model). Subsequently, in order to evaluate the wind pressure acting on the wind turbine blades, an airflow analysis is separately performed for the vicinity of the blades with the RANS turbulence model. Finally, the stress on the blades is investigated using the FEM with the RANS analysis results as the boundary conditions..
3. Takanori Uchida, Designed Wind Speed Evaluation Technique in Wind Turbine Installation Point by Using the Meteorological Model and CFD Model, Journal of Flow Control, Measurement & Visualization, 10.4236/jfcmv.2018.63014, 06, 03(2018), Article ID:85916,17 pages, 2018.07, It is highly important in Japan to choose a good site for wind turbines, becausethe spatial distribution of wind speed is quite complicated over steepcomplex terrain. We have been developing the unsteady numerical model called the RIAM-COMPACT (Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, Computational Prediction of Airflow over Complex Terrain).The RIAM-COMPACT is based on the LES (Large-Eddy Simulation).The object domain of the RIAM-COMPACT is from several m to several km,and can predict the airflow and gas diffusion over complex terrain with highprecision. In the present paper, the design wind speed evaluation technique inwind turbine installation point by using the mesoscale meteorological modeland RIAM-COMPACT CFD model was proposed. The design wind speed tobe used for designing WTGs can be calculated by multiplying the ratio of the mean wind speed at the hub-height to the mean upper-air wind speed at the inflow boundary, i.e. , the fractional increase of the mean hub-height wind speed, by the reduction ratio, R. The fractional increase of the mean hub-height wind speed was evaluated using the CFD simulation results. This method was proposed as Approach 1 in the present paper. A value of 61.9 m/s was obtained for the final design wind speed, Uh, in Approach 1. In the evaluation procedure of the design wind speed in Approach 2, neither the above-mentioned reduction rate, R, nor an upper-air wind speed of 1.7 Vo, where Vo is the reference wind speed, was used. Instead, the value of the maximum wind speed which was obtained from the typhoon simulation for
each of the investigated wind directions was adopted. When the design wind speed was evaluated using the 50-year recurrence value, the design wind speed was 48.3 m/s. When a somewhat conservative safety factor was applied, that is, when the 100 year recurrence value was used instead, the design wind speed was 52.9 m/s..
4. Takanori Uchida, LES Investigation of Terrain-Induced Turbulence in Complex Terrain and Economic Effects of Wind Turbine Control, Energies, 10.3390/en11061530, 11(6), 1530, 15pages, 2018.06, In the present study, numerical wind simulation was conducted by reproducing the realistic topography near wind turbine sites with high spatial resolutions and using the Large-Eddy Simulation (LES) technique. The topography near wind turbine sites serves as the origin of the terrain-induced turbulence. The obtained numerical simulation results showed that the terrain-induced turbulence is generated at a small terrain feature located upstream of the wind turbine. The generated terrain-induced turbulence affects the wind turbine directly. The wind speed and wind direction at the wind turbine site are significantly changed with time. In the present study, a combination of the series of wind simulation results and on-site operation experience led to a decision to adopt an “automatic shutdown program”. Here, an “automatic shutdown program” means the automatic suspension of wind turbine operation based on the wind speed and wind direction meeting the conditions associated with significant effects of terrain-induced turbulence at a wind turbine site. The adoption of the “automatic shutdown program” has successfully led to a large reduction in the number of occurrences of wind turbine damage, thus, creating major positive economic effects..
5. Takanori Uchida, Computational Fluid Dynamics Approach to Predict the Actual Wind Speed over Complex Terrain, Energies, 10.3390/en11071694, 11(7), 1694, 13pages, 2018.06, This paper proposes a procedure for predicting the actual wind speed for flow over complex terrain with CFD. It converts a time-series of wind speed data acquired from field observations into a time-series data of actual scalar wind speed by using non-dimensional wind speed parameters, which are determined beforehand with the use of CFD output. The accuracy and reproducibility of the prediction procedure were investigated by simulating the flow with CFD with the use of high spatial resolution (5 m) surface elevation data for the Noma Wind Park in Kagoshima Prefecture, Japan. The errors of the predicted average monthly wind speeds relative to the observed values were less than approximately 20%..
6. Takanori Uchida, Computational Fluid Dynamics (CFD) Investigation of Wind Turbine Nacelle Separation Accident over Complex Terrain in Japan, Energies, 10.3390/en11061485, 11(6), 1485, 13pages, 2018.06, We have developed an unsteady and non-linear wind synopsis simulator called RIAM-COMPACT (Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, COMputational Prediction of Airflow over Complex Terrain) to simulate the airflow on a micro scale, i.e., a few tens of km or less. In RIAM-COMPACT, the large-eddy simulation (LES) has been adopted for turbulence modeling. LES is a technique in which the structures of relatively large eddies are directly simulated and smaller eddies are modeled using a sub-grid scale model. In the present study, we conducted numerical wind diagnoses for the Taikoyama Wind Farm nacelle separation accident in Japan. The simulation results suggest that all six wind turbines at Taikoyama Wind Farm are subject to significant influence from separated flow (terrain-induced turbulence) which is generated due to the topographic irregularities in the vicinity of the wind turbines. A proposal was also made on reconstruction of the wind farm..
7. Takanori UCHIDA, Graham Li, Comparison of RANS and LES in the Prediction of Airflow Field over Steep Complex Terrain, Open Journal of Fluid Dynamics, 10.4236/ojfd.2018.83018, 08, 286-307, Article ID:87086,22 pages, 2018.09, The present study compared the prediction accuracy of the three CFD software packages for simulating airflow around a three-dimensional, isolated hill with a steep slope: 1) WindSim (turbulence model: RNG k-ε RANS), 2) Meteodyn WT (turbulence model: k-L RANS), which are the leading commercially available CFD software packages in the wind power industry and 3) RIAM-COMPACT (turbulence model: standard Smagorinsky LES), which has been developed by the lead author of the present paper. Distinct differences in the airflow patterns were identified in the vicinity of the isolated hill (especially downstream of the hill) between the RANS results and the LES results. No reverse flow region (vortex region) characterized by negative wind velocities was identified downstream of the isolated hill in the result from the simulation with WindSim (RNG k-ε RANS) and Meteodyn WT (k-L RANS). In the case of the simulation with RIAM-COMPACT natural terrain version (standard Smagorinsky LES), a reverse flow region (vortex region) characterized by negative wind velocities clearly forms. Next, an example of wind risk (terrain-induced turbulence) diagnostics was presented for a large-scale wind farm in China. The vertical profiles of the streamwise (x) wind velocity do not follow the so-called power law wind profile; a large velocity deficit can be seen between the hub center and the lower end of the swept area in the case of the LES calculation (RIAM-COMPACT)..
8. Takanori UCHIDA, A New Proposal for Vertical Extrapolation of Offshore Wind Speed and an Assessment of Offshore Wind Energy Potential for the Hibikinada Area, Kitakyushu, Japan, Energy and Power Engineering, 10.4236/epe.2018.104011, 10, 04, 11pages, 2018.04, The author’s research group has been conducting research on applications of various meteorological Grid Point Value (GPV) data offered by the Japan Meteorological Agency (JMA) to the field of wind power generation. In particular, the group’s research has been focusing on the following areas: 1) the use of GPV data from the JMA Meso-Scale Model (MSM-S; horizontal resolution: 5 km) and the JMA Local Forecast Model (LFM-S; horizontal resolution: 2 km), and 2) examinations of the prediction accuracy of local wind assessment with the use of these data. In both the MSM-S and the LFM-S, grid points are fixed at 10 m above the sea (ground) surface. The purpose of the present study is to establish a method in which the values of the MSM-S and LFM-S wind speed data from the 10 m height are used as the reference wind speed and are, using a power law, vertically extrapolated to 80 to 90 m heights, typical hub-heights of offshore wind turbines. For this purpose, the present study examined time-averaged vertical profiles of wind speed over the ocean based on the MSM-S data and in-situ data in the Hibikinada area, Kitakyushu City, Fukuoka Prefecture, Japan. As a result, it was revealed that a strong wind shear existed close to the sea surface, between the 10 and 30 m heights. In order to address the above-mentioned wind shear, a two-step vertical extrapolation method was proposed in the present study. In this method, two values of N, specifically for low and high altitudes (below and above approximately 30 m, respectively), were calculated and used. The data were created for the five years between 2012 and 2016. Similarly to previous analyses, the analysis of the created data set indicated that the potential of offshore wind power generation in the Hibikinada area, Kitakyushu City is quite high..
9. Takanori UCHIDA, Large-Eddy Simulation and Wind Tunnel Experiment of Airflow over Bolund Hill, Open Journal of Fluid Dynamics, 10.4236/ojfd.2018.81003, 8, 30-43, 2018.03.
10. Takanori Uchida, Reproducibility of Complex Turbulent Flow Using Commercially-Available CFD Software
―Report 1: For the Case of a Three-Dimensional Isolated-Hill With Steep Slopes―, Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, 150, 47-59, 2016.03.
11. Takanori Uchida, Reproducibility of Complex Turbulent Flow Using Commercially-Available CFD Software
―Report 2: For the Case of a Two-Dimensional Ridge With Steep Slopes―, Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, 150, 67-70, 2016.03.
12. Takanori Uchida, Reproducibility of Complex Turbulent Flow Using Commercially-Available CFD Software
―Report 3: For the Case of a Three-dimensional Cube―, Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, 150, 71-83, 2016.03.
13. 内田 孝紀, 風車ウエイクの「ゆらぎ」に関するアクチュエータラインモデルを用いた高解像度LES, 九州大学応用力学研究所所報, 150, 25-33, 2016.03.
14. 内田孝紀, 青柳達郎, 渡邊文人, 見上伸, 市販CFDソフトウエアによる実地形を対象とした年間平均風速および年間発電電量の予測, 九州大学応用力学研究所所報, 150, 34-39, 2016.03.
15. 内田 孝紀, 「みなと100年公園」において2014年12月1日に発生した小型風車の破損事故に関する風況調査, 九州大学応用力学研究所所報, 150, 40-46, 2016.03.
16. 内田 孝紀, 非定常乱流モデルLESによる地形性乱流の数値的再現性, 日本風力エネルギー学会論文集, 39, 4, 53-60, 2016.02.
17. 内田 孝紀, LESによる数値風況診断に基づいた風車制御とその経済効果, 日本風力エネルギー学会論文集, 39, 4, 61-68, 2016.02.
18. 内田 孝紀, 風車および小規模地形の周辺流れに対する温度成層の効果-その1:流れ場の可視化-, 九州大学応用力学研究所所報, 149, 85-90, 2015.09.
19. 内田 孝紀, 福岡市博多湾を対象にした気象GPVデータによる洋上風況解析, 九州大学応用力学研究所所報, 149, 64-71, 2015.09.
20. 内田 孝紀, 渡邊 文人, 見上 伸, 市販CFDソフトウエアによる急峻な3次元孤立峰を対象とした気流場解析(第2報), 九州大学応用力学研究所所報, 149, 72-77, 2015.09.
21. 内田 孝紀, 鵜沢 憲, 大規模な崖状地形に建設された大型ウインドファームを対象とした気流場解析, 九州大学応用力学研究所所報, 149, 78-84, 2015.09.
22. Takanori Uchida, Fumihito Watanabe, Shin Mikami, Analysis of the Airflow Field around a Steep, Three-dimensional Isolated Hill with Commercially Available CFD Software, Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, 149, 91-98, 2015.09.
23. 内田 孝紀, 太鼓山風力発電所のナセル落下事故に対する数値流体力学的アプローチによる一考察, 日本風力エネルギー学会論文集, 39, 1, 6-13, 2015.05, [URL], Because a significant portion of the topography in Japan is characterized by steep, complex terrain, which results in a complex spatial distribution of wind speed, great care is necessary for selecting a site for the construction of Wind Turbine Generators (WTGs). We have developed a Computational Fluid Dynamics (CFD) model for unsteady flow called Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, COMputational Prediction of Airflow over Complex Terrain (RIAM-COMPACT®). The RIAM-COMPACT® CFD model is based on Large-Eddy Simulation (LES) technique. In this paper, the numerical wind simulation over the Taikoyama wind farm was executed using the high resolution elevation data. As a result, the numerical results obtained suggest that all the six WTGs in the Taikoyama wind farm are subject to significant influence from separated flow (terrain-induced turbulence) which is due to the topographical irregularity in front of WTGs. The new reproduction proposal was also done..
24. 内田孝紀, 渡邊文人, 見上 伸, 市販CFDソフトウエアによる急峻な3次元孤立峰を対象とした気流場解析, 九州大学応用力学研究所所報, 148.0, 35.0-41.0, 2015.03, [URL], The present study compared the prediction accuracy of two CFD software packages for simulating a flow around a three-dimensional, isolated hill with a steep slope: 1) Meteodyn WT (turbulence model: k-L RANS), which is one of the leading commercially available CFD software packages in the wind power industry and 2) RIAM-COMPACT® (turbulence model: the standard Smagorinsky LES), which has been developed by the lead author of the present paper. Although the Reynolds number settings differed between the simulation with Meteodyn WT and that with RIAM-COMPACT®, distinct differences in the flow patterns were identified in the vicinity of the isolated hill (especially downstream of the isolated hill) between the flows simulated by the two CFD software packages..
25. 内田孝紀, 福岡市内における陸上と洋上の風況特性, 九州大学応用力学研究所所報, 148.0, 51.0-58.0, 2015.03, [URL], In this report, we explain the outline of the weather GPV data such as MSM. Next, the onshore and offshore wind characteristics in Fukuoka-shi are reported through comparison between the actual measurement data (observed value) and the weather GPV data..
26. 内田孝紀, 福岡市内における冬季の風況特性, 九州大学応用力学研究所所報, 148.0, 43.0-49.0, 2015.03, [URL], In this report, we explain the outline of the weather GPV data such as MSM. Next, the flow characteristics of winter in Fukuoka-shi are reported through comparison between the actual measurement data (observed value) and the weather GPV data..
27. Takanori Uchida, An Examination of the Taikoyama Wind Farm Nacelle Separation Accident Using a CFD Approach, Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, 148.0, 15.0-24.0, 2015.03, [URL], Because a significant portion of the topography of Japan is characterized by steep, complex terrain, which results in a complex spatial distribution of wind speed, great care is necessary for selecting a site for the construction of wind turbines. We have developed a computational fluid dynamics (CFD) model for unsteady flow called Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, COMputational Prediction of Airflow over Complex Terrain (RIAM-COMPACT®). The RIAM-COMPACT® CFD model is based on the large-eddy simulation (LES) technique. In this paper, a numerical wind simulation for the Taikoyama Wind Farm is performed using high-resolution terrain elevation data. The results suggest that all six wind turbines at the Taikoyama Wind Farm are subject to significant influence from separated flow (terrain-induced turbulence) which is generated due to the topographical irregularities in the vicinity of the wind turbines. A proposal has been also made on reconstruction of the wind farm..
28. Takanori Uchida, Validation Testing of the Prediction Accuracy of the Numerical Wind Synopsis Prediction Technique RIAM-COMPACT for the Case of the Bolund Experiment-Comparison against a Wind-Tunnel Experiment-, Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, 147, 7-14, 2014.09.
29. 内田 孝紀, 川島 泰史, 沿岸部における気象GPVデータを用いた簡易風況推定法の試み-鹿児島県内の風力発電所を例として-, 九州大学応用力学研究所所報, 第147号, pp.15-29, 2014.09.
30. 内田 孝紀, 川島 泰史, 山間部における気象GPVデータを用いた簡易風況推定法の試み-阿蘇車帰風力発電所を例として-, 九州大学応用力学研究所所報, 第147号, pp.31-43, 2014.09.
31. 内田 孝紀, 京都府太鼓山風力発電所で起きたナセル落下事故に対する数値風況面からの一考察, 九州大学応用力学研究所所報, 第147号, pp.45-50, 2014.09.
32. 内田 孝紀, 市販CFDソフトウェアによる複雑乱流場の再現性-第2報 急峻な傾斜角度を有する2次元峰地形を対象として-
, 九州大学応用力学研究所所報, 第146号, pp.147-155, 2014.03.
33. 内田 孝紀, 市販CFDソフトウェアによる複雑乱流場の再現性-第3報 3次元立方体を対象として-, 九州大学応用力学研究所所報, 第146号, pp.157-167, 2014.03.
34. 内田 孝紀, Graham Li, 市販CFDソフトウェアによる複雑乱流場の再現性-急峻な傾斜角度を有する3次元孤立地形を対象として-, 九州大学応用力学研究所所報, 第145号, pp.107-119, 2013.09.
35. 齊藤 俊哉, 内田 孝紀, 荒屋 亮, ロケット発射時における地上風の数値風況予測の試行, 九州大学応用力学研究所所報, 第145号, pp.121-126, 2013.09.
36. 内田 孝紀, 川島 泰史, 荒屋 亮, 気象GPVデータの風力発電分野への活用に関する検討, 九州大学応用力学研究所所報, 第144号, pp.33-40, 2013.03.
37. 内田 孝紀, 辰己 賢一, 川島 泰史, 荒屋 亮, メソ気象モデルWRF-ARWを用いた複雑地形上の数値風況予測, 九州大学応用力学研究所所報, 第144号, pp.41-47, 2013.03.
38. 内田 孝紀,高橋 幸平,大屋 裕二, レンズ風車の相互干渉に関する数値的研究, 風工学シンポジウム論文集, pp.401-406, 2012.12.
39. 内田 孝紀,荒屋 亮, 福岡市街地を対象とした大規模数値風況予測, 九州大学応用力学研究所所報, 第142号, pp.55-62, 2012.03.
40. 内田 孝紀,荒屋 亮, 実在市街地における浮力効果を考慮したガス拡散の大規模数値予測, 九州大学応用力学研究所所報, 第142号, pp.63-70, 2012.03.
41. 岡林 一木,永山 圭憲,原 智宏,堀 英一,大屋 裕二,内田 孝紀, 複雑地形へ適用可能な非定常乱流拡散数値シミュレーション技術の開発
-風洞実験代替に向けて-, 三菱重工技報, Vol.49 No.1, pp.75-81, 2012.01.
42. 内田 孝紀,丸山 敬,大屋 裕二, 流体工学CFDモデルを用いた連続的な風向変化の再現性について, 日本風力エネルギー学会論文集, Vol.35,通巻99, pp.7-13, 2011.11.
43. Takanori UCHIDA, Takashi MARUYAMA, Tetsuya TAKEMI, Yuichiro OKU, Yuji OHYA and Graham Li , Proposal of Designed Wind Speed Evaluation Technique in WTG Installation Point by Using the Meteorological Model and CFD Model
, 九州大学応用力学研究所所報, 第141号, pp.1-12, 2011.10.
44. Takanori UCHIDA, Takashi MARUYAMA, Hirohiko ISHIKAWA, Masaru ZAKO and Akira DEGUCHI , Investigation of the Causes of Wind Turbine Blade Damage at Shiratakiyama Wind Farm in Japan-A Computer Simulation Based Approach-, 九州大学応用力学研究所所報, 第141号, pp.13-25, 2011.10.
45. 内田孝紀,大屋裕二, LES技術を用いたウインドファーム風況診断―熊本県阿蘇車帰風力発電所を例として―, 土木学会論文集A2(応用力学)Vol.67 特集号, 2011.09.
46. Takanori Uchida, Takashi Maruyama and Yuji Ohya, New Evaluation Technique for WTG Design Wind Speed using a CFD-model-based Unsteady Flow Simulation with Wind Direction Changes, Modelling and Simulation in Engineering, Volume 2011 (2011), 2011.03.
47. Takanori Uchida, Yuji Ohya and Kenichiro Sugitani, Comparisons Between The Wake Of A Wind Turbine Generator Operated At Optimal Tip Speed Ratio And The Wake Of A Stationary Disk, Modelling and Simulation in Engineering, Volume 2011 (2011), 2011.03.
48. Takanori Uchida and Yuji Ohya, Latest Developments in Numerical Wind Synopsis Prediction Using the RIAM-COMPACT® CFD Model—Design Wind Speed Evaluation and Wind Risk (Terrain-Induced Turbulence) Diagnostics in Japan, Energies, 4(3), pp.458-474, 2011.03.
49. 内田 孝紀,丸山 敬,大屋 裕二, 連続的な風向変化を考慮した非定常数値風況予測による
風車設置地点における設計風速評価手法の提案, 風力エネルギー協会誌, Vol.34,通巻96, pp.129-134, 2011.02.
50. 内田孝紀,水永博己,齊藤哲,上村佳奈,木下裕子,丸山敬, 森林・林業分野における風害シミュレーション-数値風況予測技術(CFD)によるアプローチ-, 森林立地学会誌,森林立地, 52(2),pp.67-77, 2010.12.
51. 秦祐也,上野祥彦,大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀, 鍔つきディフューザ風車まわりの流れ場の渦構造に関する数値的研究, 第21回風工学シンポジウム論文集, pp.227-232, 2010.12.
52. 内田孝紀,大屋裕二, 最適周速比における風車後流のラージ・エディ・シミュレーション
-第2報 格子乱流により生成した流入変動風の影響-, 第21回風工学シンポジウム論文集, pp.233-238, 2010.12.
53. 丸山敬,石川裕彦,内田孝紀,出口啓, メソスケールモデルとLESを用いたウインドファーム周辺の気流解析, 第21回風工学シンポジウム論文集, pp.209-214, 2010.12.
54. 川島 泰史,内田 孝紀,荒屋 亮,藤本 弘明, 海外サイトにおける標高データ生成と
流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた風力発電のマイクロサイティング, 風力エネルギー協会誌, Vol.34,通巻.95, pp.97-101, 2010.12.
55. 内田孝紀,大屋裕二, Three-Dimensional Numerical Simulation of Stably Stratified Flows Over a Two-Dimensional Hill
-Effect of Stratification on the Non-Periodic Separation and Reattachment of the Flow-, 九州大学応用力学研究所所報, 第139号, pp.57-68, 2010.09.
56. 内田孝紀,烏谷隆,大屋裕二, 九州大学伊都キャンパスにおける流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた100kW級風レンズ風車のマイクロサイティング
-第2報 土地造成を考慮した場合-, 九州大学応用力学研究所所報, 第139号, pp.131-139, 2010.09.
57. Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, Challenge to Huge Computation of Airflow around Urban Area by using RIAM-COMPACT® CFD Model, Proceedings of EAEP2010/The 4th International Symposium on the Asian Environmental Problems, pp.191-194, 2010.09.
58. Hirotaka HANO, Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, Wake Structure Behind Wind Turbine Generator in Turbulent Boundary Layer, Proceedings of EAEP2010/The 4th International Symposium on the Asian Environmental Problems, pp.195-200, 2010.09.
59. 内田 孝紀,丸山 敬,竹見 哲也,奥 勇一郎,大屋 裕二,李 貫行, 気象モデルと流体工学モデルを用いた
風車設置地点における設計風速評価手法の提案, 風力エネルギー協会誌, 第34巻, 第2号, pp.118-124, Vol.34,通巻94, pp.118-124, 2010.08, 本研究では,最新の研究成果を取り入れ,より現実に近い強風性状を取り込み,かつ,安全性を確保したものとして風車設置地点における耐風設計用の基準風速を求める一手法を提案したものである..
60. Takanori Uchida and Yuji Ohya, Large-Eddy Simulation of Topography-Induced Turbulence around WTG by using the RIAM-COMPACT® CFD Model, Proceedings of RENEWABLE ENERGY 2010 (RE2010), 2010.06.
61. 内田 孝紀,大屋 裕二,李 貫行, 風車立地点近傍に発生する地形乱流の高解像度LES, 風力エネルギー協会誌, Vol.34,通巻.93, pp.121-126, 2010.05.
62. Yuji Ohya, Takanori Uchida, Near Wake of a Horizontal Circular Cylinder in Stably Stratified Flows, 九州大学応用力学研究所所報, 第138号, pp.13-22, 2010.03.
63. 内田孝紀,烏谷隆,大屋裕二, 九州大学伊都キャンパスにおける流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた100kW級風レンズ風車のマイクロサイティング, 九州大学応用力学研究所所報, 第138号, pp.41-54, 2010.03.
64. Takanori Uchida and Yuji Ohya, HIGH RESOLUTION LES OF TURBULENT AIRFLOW OVER COMPLEX TERRAIN, Proceedings of Seventh Asia-Pacific Conference on Wind Engineering (APCWE-VII), pp.405-408, 2009.11.
65. Tomohiro Hara, Yuji Ohya, Takanori Uchida, Ryohji Ohba, Wind-Tunnel and Numerical Simulations of the Coastal Thermal Internal Boundary Layer, Boundary-Layer Meteorology, Vol.130, pp.365-381, 2009.02.
66. 内田 孝紀,丸山 敬,竹見 哲也,大屋 裕二,道下 和明, 複雑地形上の風車ハブ高さ風速に与える流入気流性状と標高データの影響, 第20回風工学シンポジウム論文集, pp.139-144, 2008.12.
67. 内田孝紀,大屋裕二, 非定常・非線形風況シミュレータRIAM-COMPACTによる野間ウィンドパークを対象とした年間発電電力量の推定精度検証, 風力エネルギー協会誌, Vol.32,No.3, pp.122-131, 2008.11.
68. Takanori Uchida, Yuji Ohya, The wind risk management in the wind farm by using the RIAM-COMPACT CFD code, Proceedings of China Wind Power 2008 & Global Wind Power 2008, 2008.10.
69. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 縮尺模型を用いた風洞実験における幾つかの知見, 応用力学論文集, Vol.11,pp.789-798, 2008.08.
70. Takanori Uchida, Yuji Ohya, Numerical Simulation of Airflow around Urban Area by using the RIAM-COMPACT CFD Model, Proceedings of Sino-Japan International Symposium on The East Asian Environmental Problems (EAEP2008), pp.51-53, 2008.08.
71. Yuji Ohya, Takanori Uchida, Laboratory and numerical studies of the atmospheric stable boundary layers, Journal of Wind Engineering & Industrial Aerodynamics, Vol.96, pp.2150-2160, 2008.07.
72. Takanori Uchida and Yuji Ohya, Micro-siting Technique for Wind Turbine Generators by Using Large-Eddy Simulation, Journal of Wind Engineering & Industrial Aerodynamics, Vol.96, pp.2121-2138, 2008.07, 風力業界で未解決課題であった風車に対する風の乱れ(ウィンドリスク)に対して,NEDO技術開発機構の産業技術研究助成事業(若手研究グラント)に採択され,研究代表者として3年間の研究開発を実施した.本研究を通じ,先端的数値風況予測モデル「RIAM-COMPACT®(リアムコンパクト)」を駆使し,世界で初めてウィンドリスクの存在を視覚的に特定することに成功し,その力学的機構を解明した.一連の成果に対し,2010年科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞を受賞した..
73. T.Uchida and Y.Ohya, Verification of the Prediction Accuracy of Annual Energy Output at Noma Wind Park by the Non-Stationary and Non-Linear Wind Synopsis Simulator, RIAM-COMPACT, Journal of Fluid Science and Technology, Vol.3, No.3, pp.344-358, 2008.06.
74. Yuji Ohya, Reina Nakamura, Takanori Uchida, Intermittent Bursting of Turbulence in a Stable Boundary Layer with Low-Level Jet,Boundary-Layer Meteorology, Boundary-Layer Meteorology, vol.26, No.3, pp.349-363, 2008.01.
75. Takanori Uchida, High Resolution LES of Airflow over Complex Terrain, Proceedings of APCOM'07-EPMESC XI, 2007.12.
76. 内田孝紀,大屋裕二, CFDを用いた複雑地形上の実風速推定法の提案, 応用力学論文集, Vol.10,pp.733-740, 2007.08.
77. Takanori Uchida, Yuji Ohya, Diagnosis of Airflow Characteristics in Wind Farm by Using the Unsteady Numerical Model RIAM-COMPACT, Proceedings of Renewable Energy 2006, 2006.10.
78. T.Uchida and Y.Ohya, Application of LES Technique to Diagnosis of Wind Farm by Using High Resolution Elevation Data, JSME International Journal, 「Environmental Flows」, Series B, Vol.49, No.3, pp.567-575, 2006.09.
79. 内田孝紀,大屋裕二,友清衣利子,前田潤滋, 地形性強風の数値予測と格子解像度の影響, 応用力学論文集, Vol.9,pp.795-802, 2006.08.
80. 内田孝紀,大屋裕二,鵜野伊津志, 急峻な岬まわりの気流場シミュレーション
—気象力学モデルCSU-RAMSと流体力学モデルRIAM-COMPACTの適用性について—, 第18回風工学シンポジウム論文集, pp.35-40, 2004.12.
81. 内田孝紀,大屋裕二, 風況予測シミュレータRIAM-COMPACTの開発
—風況精査とリアルタイムシミュレーション—, 日本流体力学会誌「ながれ」, Vol.22,pp.417-428, 2003.10.
82. 内田孝紀,大屋裕二, パッシブ粒子法による三宅島火山ガス挙動の可視化, 可視化情報学会論文集, Vol.23, No.7, pp.58-65, 2003.07.
83. Takanori Uchida, Yuji Ohya, Numerical simulation of atmospheric flow over complex terrain, Journal of Industrial Aerodynamics, 10.1016/S0167-6105(99)00024-0, 81, 283-293, 1999.05, In order to develop an overall efficient and accurate method of simulating an unsteady three-dimensional atmospheric flow over topography, we examined two grid systems and corresponding variable arrangements: one is a body-fitted coordinate (BFC) grid system based on a collocated variable arrangement; the other is an orthogonal grid system based on a staggered variable arrangement. Using these codes, we calculated the wind system over topography such as an isolated hill and real complex terrain. Both codes remarkably removed the numerical difficulties such as the convergence of the SOR method in solving the pressure Poisson equation, resulting in numerical results with much higher accuracy. Despite the differences in the grid system and in variable arrangement, no significant differences in the flow pattern between the both numerical results were found. Compared with the previous studies, the numerical results obtained are very satisfactory in the sense that overall characteristic flows are successfully simulated irrespective of the simulation codes..
84. Takanori Uchida, Y. Ohya, A numerical study of stably stratified flows over a two-dimensional hill - Part I. Free-slip condition on the ground, Journal of Industrial Aerodynamics, 10.1016/S0167-6105(97)00096-2, 67-68, 493-506, 1997.01, [URL], Stably stratified flows over a two-dimensional hill in a channel of finite depth are analyzed numerically by using a newly-developed multi-directional finite-difference method at a Reynolds number Re = 2000. To simplify the phenomena occurring in the flow around the hill, the free-slip condition for the velocity is assumed on the ground, and the nonslip condition is imposed only on the hill surface. Attention is focused on the unsteadiness in the flow around the hill for the cases of K( = NH/πU) > 1 where N and U are the buoyancy frequency and free-stream velocity and H is the domain depth. The flow unsteadiness is discussed, being associated with shedding of the upstream advancing columnar disturbance..
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 内田孝紀, 最新のGPUアクセラレータによるLES乱流モデルに基づいた数値風況予測技術の高速化
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.38,通巻109,pp.101-104,2014, 2014.05.
2. 内田孝紀, GPGPUコンピューティングによるLES乱流モデルに基づいた数値風況予測技術の高速化, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.37,通巻108,pp.533-536,2014, 2014.03.
3. 内田 孝紀, 福岡・博多湾沖および北九州・響灘沖に設置された洋上風力発電所見学会に参加して
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.37,通巻107,pp.350-352,2013, 2013.11.
4. 内田 孝紀, Bolund Experimentを対象にしたLES乱流モデルの予測精度の検証
―風洞実験との比較―
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.37,通巻106,pp.226-231,2013, 2013.08.
5. 内田 孝紀, LESに基づいたRIAM-COMPACT®CFDモデルの紹介
―風車の安全運転に資する数値風況診断技術の確立へ向けて―
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36,通巻105,pp.6-9,2013, 2013.05.
6. 内田孝紀, 地形の影響評価, 建築技術, 2012.11.
7. 内田孝紀, GPGPUコンピューティングによる数値風況予測技術RIAM-COMPACT®の高速化
―第2報 マルチGPUによる大規模計算の試み―
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36,通巻103,pp.441-445,2012, 2012.12.
8. 内田孝紀, インテル次世代ハイエンドCPU「Sandy Bridge-EP」を用いたRIAM-COMPACT®のOpenMP並列風況シミュレーション
―ここまできた!デスクトップPC1台による大規模計算とその高速化―
, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36,通巻101,pp.82-85,2012, 2012.05.
9. 内田孝紀,須田直樹,荒屋亮,川島泰史, 複雑地形上の風車サイトを対象にしたRIAM-COMPACT®による乱流診断とSoundPLAN®による風車音予測, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36,通巻101,pp.76-81,2012, 2012.05.
10. 内田 孝紀,大屋 裕二,川島 泰史,猿渡 和明,西田 利彦, RIAM-COMPACT®によるウインドリスク(地形乱流)の数値診断
―愛知県渥美風力発電所を例として―
, 日本風力エネルギー学会論文集, 第35巻,通巻99,pp.14-23, 2011.11.
11. 内田孝紀, 風力発電産業における数値風況予測技術の最前線
, 火力原子力発電, 9月号,No.660,Vol.62,pp.20-25, 2011.09.
12. 内田孝紀,大屋裕二, GPGPUコンピューティングによる
数値風況予測技術RIAM-COMPACT®の高速化
, 風力エネルギー協会誌, 第35巻.第2号,通巻98,pp.78-84, 2011.08.
13. 内田孝紀,丸山敬,石川裕彦,座古勝,出口啓, 白滝山ウインドファームの風車ブレード損傷事故の原因解明
-コンピュータシミュレーションによるアプローチ-
, 風力エネルギー協会誌, Vol.34,通巻.96,pp.77-84, 2011.02.
14. 内田孝紀,大屋裕二, RIAM-COMPACT®による数値風況予測の最前線
―設計風速評価とウインドリスク(地形乱流)診断―
, 風力エネルギー協会誌, Vol.34,通巻.93,pp.69-74, 2010.05.
15. 内田孝紀, 複雑地形上に立地された風車近傍に発生する地形乱流の影響について, 日本機械学会流体工学部門ニューズレター「流れ」12月号, http://www.jsme-fed.org/newsletters/#8_12, 2008.12.
16. 内田孝紀, 詳細地形構築の必要性, 風力エネルギー協会誌, Vol.31,通巻83,pp.55-56, 2007.11.
主要学会発表等
1. 大城 善郎, 宮崎 真, 伊藤 芳樹, 内田 孝紀, 高桑 晋, 勝呂 幸男, 相原 雅彦, 太田 健一郎, 地形影響を受けた観測場での2高度超音波風速計を用いた3次元風況解析, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, 2015.11.
2. 川島 泰史, 内田 孝紀, 山田 裕, 荒屋 亮, 猿渡 和明, 西田 利彦, 地形乱流診断による風車運転方法の検討と今後の展開, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, 2015.11.
3. 内田 孝紀, LESによる数値風況診断に基づいた風車制御とその経済効果, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, 2015.11.
4. 大城善郎,宮崎真,伊藤芳樹,内田孝紀,高桑晋,勝呂幸男,相原雅彦,太田健一郎 , 地形影響を受けた観測場での2高度超音波風速計を用いた3次元風況解析
, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, 2015.11.
5. 内田 孝紀, 大屋 裕二, 風車ウエイクの「ゆらぎ」について, 日本風工学会年次研究発表会, 2015.05.
6. 内田 孝紀, 風力発電分野におけるコンピュータシミュレーション技術の現状と課題, 宇宙航行の力学シンポジウム, 2014.12.
7. 川島 泰史, 内田 孝紀, 荒屋 亮, 西田 利彦, 風車の運転方法の検討を目的としたリアムコンパクトによる数値風況診断, 第36回風力エネルギー利用シンポジウム, 2014.11.
8. 大城 善郎, 伊藤 芳樹, 内田 孝紀, 高桑 晋, 勝呂 幸男, 相原 雅彦, 太田 健一郎, 複雑地形における超音波風向風速計を用いた高精度風況解析, 第36回風力エネルギー利用シンポジウム, 2014.11.
9. 内田 孝紀, スーパーコンピュータによる数値流体シミュレーション技術が解決する風力発電の諸問題, 第133回 NEC C&CシステムSP研究会, 2014.11.
10. 川島 泰史, 内田 孝紀, 荒屋 亮, 西田 利彦, 風車周辺の土地造成を考慮したリアムコンパクトによる数値風況診断, 第35回風力エネルギー利用シンポジウム, 2013.11.
11. 内田 孝紀, 大屋 裕二, レンズ風車設置のためのリアム・コンパクトによる風況診断, 第35回風力エネルギー利用シンポジウム, 2013.11.
12. 内田 孝紀, 大屋 裕二, 複雑地形上の風車ウエイクのラージ・エディ・シミュレーション, 平成25年度一般社団法人日本風工学会年次研究発表会, 2013.05.
13. Graham Li, S. Takakuwa, T. Uchida, Application of CFD for Turbulence Related Operational Risks Assessment of Wind Turbines in Complex Terrain, EWEA2013, 2013.02.
14. 内田孝紀,高橋幸平,大屋裕二, レンズ風車の相互干渉に関する数値的研究, 第22回風風工学シンポジウム, 2012.12.
15. 内田孝紀,大屋裕二, 風力発電導入における風況診断の重要性―風車の故障を減らして期待通りの発電量を得るために―, 第34回風力エネルギー利用シンポジウム, 2012.11.
16. 李貫行,内田孝紀, 複雑地形における風況観測マスト設置位置検討に対するCFDの重要性(失敗事例から学ぶ), 第34回風力エネルギー利用シンポジウム, 2012.11.
17. 飯田誠,内田孝紀,今村博,藤尾裕聡,刈込界, 複雑地形の数値サイトキャリブレーション適用性評価, 第34回風力エネルギー利用シンポジウム, 2012.11.
18. 内田孝紀,大屋裕二, 風力発電導入における風況診断の重要性―風車の故障を減らし,期待通りの発電量を得るために―, 平成24年度 日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会 合同研究発表会, 2012.11.
19. So YOSHIZAWA, Yuji OHYA, Takashi KARASUDANI, Takanori UCHIDA, Kimihiko WATANABE, A WIND TUNNEL EXPERIMENT ON THE DRAG REDUCTION OF A PURE CAR CAREER, 第6回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2012), 2012.11.
20. Keita YOSHINAGA, Yuji OHYA, Takashi KARASUDANI, Takanori UCHIDA, EFFECTS OF MULTI-SUPPORTING STRUCTURE ON WIND TURBINE PERFORMANCE AND RESISTANCE FOR A WIND-LENS TURBINE, 第6回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2012), 2012.11.
21. 内田孝紀, 風力発電を支える数値風況予測技術の最前線-現状と将来展望-, 九州エコフェア2012, 2012.06.
22. 内田孝紀, 風力発電を支える数値風況予測技術の最前線-現状と将来展望-, 第8回GISコミュニティフォーラム, 2012.06.
23. 川島泰史,内田孝紀,荒屋亮,猿渡和明, 流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いたウィンドリスク(地形乱流)の評価について, 第33回風力エネルギー利用シンポジウム, 2011.11.
24. 李慣行,高桑晋,内田孝紀, 複雑地形におけるウィンドファームのCFDを用いた乱流による故障リスク評価, 第33回風力エネルギー利用シンポジウム, 2011.11.
25. 内田孝紀,大屋裕二, 複雑地形上の風車ウエイクに関するLES, 第33回風力エネルギー利用シンポジウム, 2011.11.
26. 谷川 陽一郎,波野 洋孝,大屋 裕二,内田 孝紀, 乱流境界層中の風車後流特性, 日本流体力学会 年会2011, 2011.09.
27. 内田 孝紀,大屋 裕二, 風車ウエイクの大規模LES, 日本流体力学会 年会2011, 2011.09, 複雑地形上に設置された風車ウエイクの渦構造を数値シミュレーションにより明らかにしたものである..
28. 内田 孝紀,波野 洋孝,杉谷 賢一郎,大屋 裕二, 乱流境界層中の風車後流の挙動について, 平成23年度日本風工学会年次研究発表会, 2011.05.
29. 丸山 敬,内田 孝紀,石川 裕彦,出口 啓, ウインドファーム周辺の変動風速場の数値解析, 第24回数値流体力学シンポジウム, 2010.12.
30. 丸山 敬,石川裕彦,内田孝紀,出口 啓, メソスケールモデルとLESを用いたウインドファーム周辺の気流解析, 第21回風工学シンポジウム, 2010.12.
31. 内田 孝紀,大屋 裕二, 最適周速比における風車後流のラージ・エディ・シミュレーション
-第2報 格子乱流により生成した流入変動風の影響-, 第21回風工学シンポジウム, 2010.12.
32. 川島泰史,内田孝紀,荒屋亮,藤本弘明,山下晃太, 風力発電立地地点の景観に係わる可視解析及び流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた地形乱流影響評価, 第32回風力エネルギー利用シンポジウム, 2010.11.
33. 内田 孝紀,大屋 裕二, 連続的な風向変化を考慮した数値風況予測モデルの開発, 第32回風力エネルギー利用シンポジウム, 2010.11, 先端的数値風況予測モデル「RIAM-COMPACT®(リアムコンパクト)」を用いて,連続的な風向変化を考慮しながら複雑地形上の局地的な風の流れを再現したものである..
34. Hirotaka HANO, Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, Wake Structure Behind Wind Turbine Generator in Turbulent Boundary Layer, 第4回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2010), 2010.09.
35. Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, Challenge to Huge Computation of Airflow around Urban Area by Using RIAM-COMPACT® CFD Model, 第4回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2010), 2010.09.
36. 丸山 敬,石川裕彦,内田孝紀,出口 啓, メソスケールモデルとLESによる複雑地形上の気流解析, 日本流体力学会 年会2010, 2010.09.
37. 内田 孝紀,大屋 裕二, 風車ウエイクのLES, 日本流体力学会 年会2010, 2010.09.
38. 内田 孝紀,大屋 裕二, 風車ウエイクの挙動に関する幾つかの知見, 日本機械学会 2010年度年次大会, 2010.09.
39. 上野 祥彦,秦 裕也,内田 孝紀,大屋 裕二,烏谷 隆, 鍔つきディフューザ風車まわりの流れ場の渦構造に関する数値的研究, 日本機械学会 2010年度年次大会, 2010.09.
40. T.Uchida, Y.Ohya, Large-eddy simulation of topography-induced turbulence around WTG by using the RIAM-COMPACT CFD model, 再生可能エネルギー2010国際会議, 2010.07.
41. 内田孝紀, 流体工学モデルRIAM-COMPACT®による複雑地形上の局所風況予測
-現状と今後の課題-, 第121回日本森林学会, 2010.04.
42. 内田孝紀,丸山敬, 数値流体計算モデル(LES)を用いた複雑地形上の局所風速場の予測, 第56回風に関するシンポジウム, 2010.03.
43. 永山圭憲、原智宏、岡林一木、大屋裕二、内田孝紀, 大気拡散風洞実験へのLESの適用性検討, 大気環境学会九州支部第10回研究発表会, 2010.01.
44. T.Uchida and Y.Ohya, High resolution micro-siting of 100KW wind-lens turbine at the new campus of Kyushu
University by using the RIAM-COMPACT® CFD model, 九州大学応用力学研究所平成21年度共同利用研究集会21ME-S5(自然エネルギー発電特別セッション), 2010.01.
45. Shuhei NAGAI, Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, Wind System Prediction around the New Campus of Kyushu University by Using the RIAM-COMPACT CFD Model
-Part2.Study of Stable and Unstable Atmospheric Stratification Effects on Airflow Characteristics-, 第3回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2009), 2009.12.
46. Takanori UCHIDA, Shuhei NAGAI, Yuji OHYA, Wind System Prediction around the New Campus of Kyushu University by Using the RIAM-COMPACT CFD Model
-Part1.High Resolution Micro-Siting of 100kW Wind-Lens Turbines under Neutral Stability-, 第3回東アジア環境問題国際シンポジウム(EAEP2009), 2009.12.
47. 大屋裕二,烏谷隆,内田孝紀,渡辺公彦, 都市海岸部への小型風レンズ風車の導入とその100kW級への大型化, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
48. 永井修平,内田孝紀,大屋裕二,烏谷隆, 風車設置適地選定のための複雑地形上の建物周辺の風況場解析, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
49. 秦祐也,内田孝紀,大屋裕二,烏谷隆, 鍔つきディフューザ風車まわりの流れ場の3次元数値シミュレーション, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
50. 川島泰史,内田孝紀,荒屋亮,藤本弘明, 流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた海外サイトにおける風力発電のマイクロサイティング, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
51. 内田孝紀,丸山 敬,竹見 哲也,大屋裕二,李貫行, 気象モデルと流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた風車設置点における設計風速評価法の提案, 第31回風力エネルギー利用シンポジウム, 2009.11.
52. Takanori UCHIDA and Yuji OHYA, HIGH RESOLUTION LES OF TURBULENT AIRFLOW OVER COMPLEX TERRAIN, The Seventh Asia-Pacific Conference on Wind Engineering, 2009.11.
53. 内田孝紀,丸山 敬,竹見 哲也,大屋裕二,李貫行, 気象モデルと流体工学モデルRIAM-COMPACT®を用いた風車立地の設計風速評価法の提案, 平成21度日本太陽エネルギ-学会・日本風力エネルギ-協会合同研究発表会 , 2009.11.
54. 内田孝紀,大屋裕二, 風力発電の数値サイトキャリブレーションに与える諸パラメータの影響, 日本機械学会2009年度年次大会, 2009.09.
55. 内田孝紀,大屋裕二, 風力発電の数値サイトキャリブレーションにおける流入境界条件の影響, 日本流体力学会年会2009, 2009.09.
56. 内田孝紀,大屋裕二, 急峻な単純地形周辺に発生する非定常な渦放出現象, 平成21年度非定常空気力学研究会・構造物の空気力研究会(AHLOS), 2009.08.
57. 内田 孝紀, 流体シミュレーション技術(RIAM-COMPACT)と地理情報システム(GIS)を相互連携した局地風況予報について, 第5回GISコミュニティフォーラム, 2009.06.
58. 内田孝紀, 都市域の局所風況シミュレーションについて, 東アジア環境問題プロジェクト・ミニワークショップ, 2009.03.
59. 内田孝紀, Large-Eddy Simulation over Complex Terrain by using the RIAM-COMPACT CFD Model, The workshop on LES modelings in the ocean and atmosphere, 2009.02.
60. 内田孝紀,大屋裕二,荒屋亮,川島泰史,藤本弘明, 風車立地点近傍に発生する地形乱流の高解像度LES, 第30回風力エネルギー利用シンポジウム, 2008.11.
61. 内田孝紀,大屋裕二, 風車立地点近傍の地形乱流再現における標高データの影響, 平成20年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会, 2008.11.
62. Takanori UCHIDA, Yuji OHYA, The wind risk management in the wind farm by using the RIAM-COMPACT CFD code, China Wind Power 2008 & Global Wind Power 2008, 2008.10.
63. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 縮尺模型を用いた風洞実験における幾つかの知見, 第11回応用力学シンポジウム, 2008.09.
64. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二, 垂直円盤の後流に関する数値計算と風洞実験, 日本流体力学会年会2008, 2008.09.
65. Takanori UCHIDA, Numerical Simulation of Airflow around Urban Area by using the RIAM-COMPACT CFD Model, Sino-Japan International Symposium on The East Asian Environmental Problems (EAEP2008), 2008.08.
66. 内田孝紀,大屋裕二, 風車立地点近傍における地形乱流のラージエディシミュレーション, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008.08.
67. 内田 孝紀, 風力発電適地選定ソフトRIAM-COMPACT(リアムコンパクト)の紹介, 第3回新エネルギー世界展示会, 2008.08.
68. 内田 孝紀, 都市域における風環境予測技術について
-RIAM-COMPACTの最新成果報告-, 都市域における風環境予測技術に関する意見交換会, 2008.06.
69. 内田 孝紀, 数値流体計算技術(CFD)と地理情報システム(GIS)の相互連携, GIS基礎技術研究会, 2008.06.
70. 内田 孝紀, 流体工学モデルRIAM-COMPACT(リアムコンパクト)を用いた複雑地形上の局所風況予報, 京都大学学術情報メディアセンターセミナー, 2008.05.
71. 内田 孝紀, CFDモデルRIAM-COMPACTを用いた複雑地形上の局所風況予報
―風力発電への適用:現状と今後の課題について―, 応用力学フォーラム, 2008.03.
72. 内田 孝紀, 流体シミュレーション技術(RIAM-COMPACT)と地理情報システム(GIS)を連携した新しい風力発電適地選定手法の開発, 第4回GISコミュニティフォーラム, 2008.01.
73. 内田孝紀,大屋裕二, 地形性局地強風の数値シミュレーション, 第85期流体工学部門講演会, 2007.11.
74. 内田 孝紀,荒屋 亮,大屋 裕二,川島 泰史, Google Earthを活用した風力発電適地探査法の試み, 第29回風力エネルギー利用シンポジウム, 2007.11.
75. 飯田 誠,松宮 煇,松下 大介,内田 孝紀,谷垣 三之介,山口 敦,高木 哲郎,叶木 律子,服部 康男,大塚 清敏,今村   博,小川 晋 , 風車性能評価のための数値サイトキャリブレーションの検討-日本国内サイトにおけるラウンドロビン試験の結果と考察-
, 第29回風力エネルギー利用シンポジウム, 2007.11.
76. 内田孝紀,大屋裕二, 風向の変化を考慮した複雑地形上の拡散場シミュレーション, 日本流体力学会年会2007, 2007.08.
77. 内田孝紀,大屋裕二, 風車立地点のウィンドリスク評価, 日本流体力学会,第20回数値流体力学シンポジウム, 2006.12.
78. Takanori UCHIDA and Yuji OHYA, Diagnosis of Airflow Characteristics in Wind Farm by Using the Unsteady Numerical Model RIAM-COMPACT, Renewable Energy 2006, 2006.10.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 内田 孝紀,大屋 裕二, 数値風況診断技術RIAM-COMPACT(リアム・コンパクト), 2003.11
本技術は,新聞や雑誌などの各種メディアで広く取り挙げられた.2009年には文科省科学政策研究所(NISTEP)がまとめた「大学・研究機関の多様な成果」に選出され,総合科学技術会議へ報告された.さらに,風力業界で未解決課題であった風車に対する風の乱れ(ウィンドリスク)に対して,NEDO技術開発機構の産業技術研究助成事業(若手研究グラント)に採択され,研究代表者として3年間の研究開発を実施した.本研究を通じて,RIAM-COMPACT®を駆使して世界で初めてウィンドリスクの存在を視覚的に特定することに成功するとともに,その力学的機構を解明した.一連の成果に対し,2010年niには科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞を受賞した.2013年には内閣府主催の「第11回産学官連携功労者表彰・環境大臣賞」を受賞した.2015年には(財)九州先端科学技術研究所(ISIT)創立20周年記念研究開発表彰を受賞した.

本技術は風の流れだけではなく,大気汚染物質などの拡散現象も同時に予測することが可能である.三宅島の火山ガス予測に関連して,2002年にNHKのニュース10やTBSの報道特集で放送されるとともに,招待講演を数多く実施した., 世界的に十分に認識されてこなかった数m~数十km程度の局所域に着眼し,先端的風況予測モデルRIAM-COMPACT(リアムコンパクト)の開発に成功した.この分野の新たな道を拓き,2001年日本風工学会研究奨励賞受賞をした.さらに,地理情報システム(GIS)との相互連携という新たな視点からRIAM-COMPACTの実用化に成功した.2006年船井情報科学奨励賞受賞し,実用新案も取得した.2006年に九州大学発ベンチャー企業(株)リアムコンパクトを設立した.(株)産学連携機構九州(九大TLO)から独占的ライセンス使用許諾を受け,国内外の風力業界へ広く普及に務めている.現在では,国内の風力業界の標準コードとして認知され,業界最大手の(株)ユーラスエナジーホールディングス,電源開発(株),日本風力開発(株)を始め,約100ライセンスの導入実績を実現した..
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本流体力学会
日本風工学会
日本機械学会
日本風力エネルギー協会
学協会役員等への就任
2017.03~2020.02, 福岡県久留米市, 環境保全専門委員.
2012.02~2017.02, 日本風力エネルギー学会, 代表委員.
2015.06~2017.05, 福岡県, 福岡県環境影響評価委員.
2014.04~2016.03, 日本流体力学会, 代議員.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 第92来 計算力学技術者資格認定事業委員会 熱流体力学分野小委員会 1級単層流WG 委員.
2014.06~2016.02, NEDO「水素利用等先導研究開発事業/トータルシステム導入シナリオ調査研究」水素製造における風力エネルギー推計の高精度化プロジェクト, プロジェクト推進委員会委員.
2013.03~2014.02, 日本航空宇宙学会西部支部, 常任幹事.
2012.10~2013.03, 農林水産省, 農山漁村再生可能エネルギー導入可能性調査支援事業(佐賀県調査事業)の調査検討委員.
2012.04~2013.02, 三菱総合研究所, 平成24年度 三菱総合研究所委託事業 国際標準開発事業(風力発電システムの設計要件等に関する国際標準化)に係る 「風力発電・性能試験方法分科会」委員.
2010.09~2011.03, 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 平成22年度NEDO事業 戦略的国際標準化推進事業(標準化フォローアップ) 「風力発電システムに関する標準化」に係る 「風力発電・性能試験方法分科会」委員.
2010.07~2011.03, 国土交通省, 建築基準整備促進事業 風圧力、耐風設計等の基準の合理化に関する調査委員会 地形影響評価SWG委員.
2010.03~2013.03, (社)日本電機工業会, 平成22~25年度「次世代風力発電技術研究開発(基礎・応用技術研究開発」 風特性WG委員.
2007.07~2008.03, 日本風力エネルギー協会, 論文校閲委員.
2010.04~2011.03, 日本流体力学会(中四国・九州支部), 監事.
2004.04~2005.03, 日本風工学会, 広域風環境研究会.
2006.07~2008.03, (社)日本電機工業会, IEC/TC88/PT12-2国内検討会委員.
2007.04~2008.03, (社)日本電機工業会, 「風力発電システムの国内外標準化調査」風力発電・成果データ検討分科会委員.
2008.07~2010.03, (社)日本電機工業会,(株)風力エネルギー研究所, 平成20年度NEDO委託事業「風力発電システム標準化委員会」委員.
2008.07~2010.03, (社)日本電機工業会,(株)風力エネルギー研究所, IEC/TC88/PT12-2国内検討会委員.
2008.09~2010.03, 土木学会応用力学委員会, 幹事.
2008.09~2010.03, 土木学会応用力学委員会論文編集小委員会, 幹事.
2009.01~2010.03, (社)日本電機工業会, 平成20年度新エネルギー・産業技術総合開発機構委託調査 「次世代風力発電技術研究開発(基礎・応用技術研究開発)」,次世代風力発電基礎応用技術研究開発・IEA風力国内委員会,複雑地形風特性WG委員.
2008.08~2010.03, (社)日本電機工業会, 平成20年度新エネルギー・産業技術総合開発機構委託調査 「次世代風力発電技術研究開発(基礎・応用技術研究開発)」,次世代風力発電基礎応用技術研究開発・IEA風力国内委員会委員.
2009.09~2010.03, クリーンエナジーファクトリー株式会社, CEF伊豆熱川・CEF白馬ウインドファーム ブレード破損事故調査委員会委員.
2010.02~2012.02, 日本風力エネルギー協会, 評議員.
2008.06~2009.03, 日本風工学会, 風工学用語研究会委員.
2008.06~2009.03, 日本風工学会, 竜巻等の突風研究会委員.
2004.04~2006.07, 土木学会, 幹事.
2008.04~2010.03, 日本流体力学会(中四国・九州支部), 幹事.
2008.04~2009.03, ターボ機械協会, 風力タービン研究分科会委員.
2007.06~2008.03, 日本風工学会, 風災害研究会委員.
2000.03~2004.03, 土木学会, 構造工学委員会:風工学における数値解析と風洞実験の相互利用に関する研究小委員会.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.06.17~2018.06.22, Grand RE2018 国際会議, 分科会5(風力)組織委員.
2015.12.15~2015.12.17, 第29回数値流体力学シンポジウム, 幹事.
2015.08.28~2015.08.08, 平成27年度非定常空気力学研究会・構造物の空気力研究会(AHLOS), 幹事.
2014.12.04~2014.12.04, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2014), 幹事.
2014.07.27~2014.08.01, Grand RE2014, 分科会5(風力)分野の組織委員.
2013.09.12~2013.09.14, 日本流体力学会 年会2013, 流体機械セッションのオーガナイザー.
2013.03.10~2013.03.14, IUTAM Symposium Fukuoka 2013, Local Organizing Committee委員.
2012.11.01~2012.11.02, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2012) , 座長(Chairmanship).
2012.09.16~2012.09.18, 日本流体力学会 年会2012, 流体機械セッションのオーガナイザー.
2012.09.09~2012.09.12, 2012年機械学会年次大会, 再生可能エネルギーのオーガナイザー.
2011.09.11~2011.09.15, 2011年機械学会年次大会, 自然の流体エネルギー利用技術(風力,水力,波力) のオーガナイザー.
2010.11.24~2010.11.25, 第32回風力エネルギー利用シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2010.09.09~2010.09.11, 日本流体力学会 年会2010, 環境・地球・宇宙(風力・水力)セッションのオーガナイザー.
2010.09.09~2010.09.11, 日本流体力学会 年会2010, 座長(Chairmanship).
2010.09.05~2010.09.09, 2010年機械学会年次大会, 自然の流体エネルギー利用技術セッションのオーガナイザー.
2010.09.05~2010.09.09, 2010年度機械学会年次大会, 座長(Chairmanship).
2010.06.27~2010.07.02, 再生可能エネルギー 2010 国際会議, 座長(Chairmanship).
2009.11.05~2009.11.06, 平成21度日本太陽エネルギ-学会・日本風力エネルギ-協会合同研究発表会 , 座長(Chairmanship).
2009.09.13~2009.09.16, 2009年機械学会年次大会, 風力発電セッションのオーガナイザー.
2009.09.13~2009.09.16, 2009年度機械学会年次大会, 座長(Chairmanship).
2009.09.02~2009.09.04, 日本流体力学会 年会2009, 環境・地球・宇宙(風力・水力)セッションのオーガナイザー.
2009.09.01~2009.09.01, 第12回応用力学シンポジウム, 流体力学部門副査.
2009.09.01~2009.09.01, 第12回応用力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2008.11.14~2008.11.14, 2008年航空宇宙学会西部支部講演会, 座長(Chairmanship).
2008.08.06~2008.08.06, 2008年度機械学会年次大会, 座長(Chairmanship).
2008.08~2008.08, 2008年機械学会年次大会, 風力発電セッションのオーガナイザー.
2007.12~2007.12, 第3回アジア太平洋計算力学-第11回国際計算理工学合同講演会(APCOM'07-EPMESC XI) , ミニシンポジウム(Numerical Site Calibration for Wind Turbine)のオーガナイザー.
2007.12~2007.12, 第21回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2007.12~2007.12, 第3回アジア太平洋計算力学-第11回国際計算理工学合同講演会(APCOM'07), 座長(Chairmanship).
2007.11~2007.11, 日本航空宇宙学会西部支部講演会(2007), 司会(Moderator).
2007.11~2007.11, 第85期 日本機械学会流体工学部門 講演会, 座長(Chairmanship).
2005.12~2005.12, 第19回数値流体力学シンポジウム, 実行委員.
2002.12~2002.12, 第16回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2004.11~2004.11, 第26回風力エネルギー利用シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2004.11~2004.11, 平成16年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会, 座長(Chairmanship).
2004.12~2004.12, 第18回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2006.11~2006.11, 第28回風力エネルギー利用シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2007.11~2007.11, 第29回風力エネルギー利用シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2001.12~2001.12, 第15回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2001.09~2001.09, 第33回流体力学講演会, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2008.09~2009.03, 応用力学論文集, 国内, 編集委員.
2005.06~2006.05, 可視化情報学会論文集, 国内, 編集委員.
2003.03~2005.12, 日本流体力学会誌ながれ, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2014年度    
2012年度    
2011年度    
2010年度    
2009年度      
2008年度    
2007年度    
2006年度      
2005年度    
2004年度      
2003年度      
2002年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Grand Hotel, Taiwan, 2009.11~2009.11.
Ateneo de Manila University(Ateneo Language Learning Center :ALLC) , Philippines, 2009.09~2009.09.
ESRI(Environmental Systems Research Institute, Inc.) , UnitedStatesofAmerica, 2008.12~2008.12.
China International Exhibition Center (NEW VENUE), China, 2008.10~2008.10.
同済戴斯大酒店(上海), 太湖飯店(無錫), China, 2008.08~2008.08.
遼寧省設計院, China, 2008.02~2008.03.
ESRI(Environmental Systems Research Institute, Inc.) , UnitedStatesofAmerica, 2007.06~2007.06.
清華大学(Tsinghua University), China, 2006.12~2006.12.
コロラド州立大学(Colorado State University), UnitedStatesofAmerica, 1996.08~1996.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.09~2018.11, 1ヶ月以上, Technical University of Denmark(DTU), Italy, 私費.
2019.03~2019.05, 1ヶ月以上, Costa Rica Institute of Technology, CostaRica, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
日本風力エネルギー学会 平成29年度 論文賞, 日本風力エネルギー学会, 2018.07.
ISIT創立20周年記念 九州先端科学技術研究開発表彰 情報通信分野(IT)賞, (公財)九州先端科学技術研究所(ISIT), 2015.11.
第11回産学官連携功労者表彰「環境大臣賞」, 内閣府, 2013.09.
第54回科学技術映像祭「文部科学大臣賞」, (公財)日本科学技術振興財団, 2013.04.
論文ポスター賞, 日本風力エネルギー協会, 2011.11.
2010年度論文賞, 日本風力エネルギー学会, 2011.10.
論文ポスター賞, 日本風力エネルギー協会, 2010.11.
平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」, 文部科学賞, 2010.04.
論文ポスター賞, 日本風力エネルギー協会, 2009.11.
論文ポスター賞, 日本風力エネルギー協会, 2008.11.
論文ポスター賞, 日本風力エネルギー協会, 2007.11.
所長賞, 九州大学応用力学研究所(RIAMフォーラム2007), 2007.06.
論文ポスター賞, 日本風力エネルギー協会, 2006.11.
船井情報科学奨励賞, 船井情報科学振興財団, 2006.04.
ベストCFDグラフィックス・アワード優秀賞, 第19回数値流体力学シンポジウム実行委員会, 2005.12.
論文ポスター賞, 日本風力エネルギー協会, 2005.11.
最優秀ポスター賞, Organizing Committee of EXPO World Conference on Wind energy, Renewable energy, Fuel cell & Exhibition, 2005.06.
論文ポスター賞, 日本風力エネルギー協会, 2003.11.
ビジュアル・サイエンス・フェスタ2003佳作, 日経サイエンス, 2003.11.
ビジュアル・サイエンス・フェスタ2002佳作, 日経サイエンス, 2002.11.
研究奨励賞受賞, 日本風工学会, 2001.01.
第3回CVCコンテスト佳作, 日経サイエンス, 1997.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, 地形起因の大気乱流が風車の構造強度・疲労寿命に与える影響の実機検証研究.
2015年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 風車の重大事故を引き起こす乱気流の発生機構解明に対する数値流体力学的アプローチ.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 数値風況予測技術リアムコンパクトをコア技術とした風車の安全運転に関する研究開発.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 代表, 震災特区の大気環境改善と風力発電の適切な普及に資する狭域数値風況予測技術の開発.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, リアムコンパクト数値風況技術を核とした風車に対するウィンドリスクの力学機構の解明.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, 地形と林分構造の複雑性が森林内風環境に及ぼす影響-施業シナリオへのCFDの応用.
2011年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 熱帯林の孤立化は林冠木の枯死を招くか?異なる水利用体制下でのギャップ拡大機構.
2010年度~2011年度, 若手研究(A), 代表, アジア巨大都市の大気環境改善と風力エネルギー有効利用のための局所風況予測技術開発.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 分担, 風害リスクを制御する林冠分断・修復シナリオ:葉群動態と先端流体力学からのアプローチ.
2007年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, 流体計算技術と地理情報システムを相互連携した新しい防災・危機管理モデルの構築.
2005年度~2006年度, 若手研究(B), 代表, 流体計算技術と地理情報システムを融合した新しい防災・緊急支援対策システムの開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2019年度, 文部科学省(MEXT)『ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発』における重点課題(6)「革新的クリーンエネルギーシステムの実用化, 分担, 高効率風力発電システム構築のための大規模数値解析.
2014年度~2016年度, NEDO 風力発電等導入支援事業/環境アセスメント調査早期実施実証事業/環境アセスメント迅速化研究開発事業(順応的管理手法の開発), 分担, 風力発電施設周辺における数値風況診断法の提案.
2014年度~2015年度, 公益財団法人 JFE21世紀財団 2014年度 技術研究助成, 代表, 風車の重大事故防止に資する乱気流診断システムの開発.
2014年度~2015年度, 公益財団法人 高橋産業経済研究財団 平成26年度研究助成, 代表, 風車の重大事故を引き起こす乱気流の発生機構解明に対する数値流体力学的アプローチ.
2015年度~2015年度, 公益財団法人 東電記念財団 研究助成(一般研究), 代表, 風車の安全運転に資する地形乱流診断技術の開発.
2014年度~2014年度, 糸島市九州大学連携研究助成, 代表, 糸島市における風環境の把握と風力資源マップの作成.
2014年度~2014年度, 公益財団法人 大林財団 平成25年度研究助成, 代表, 数値流体シミュレーション技術と地理情報システム技術を融合した大気環境改善手法の提案.
2013年度~2013年度, 一般財団法人 九州産業技術センター 平成25年度九州の成長戦略に基づく事業創出推進事業, 代表, 風車の安全運転に資する数値風況診断技術の高精度化に関する研究開発.
2010年度~2012年度, NEDO 戦略的国際標準化推進事業/標準化研究開発(グリーンイノベーション推進事業), 代表, 数値シミュレーション技術を用いた風車性能評価技術等の国際標準化に係る研究開発.
2012年度~2012年度, 公益財団法人原田記念財団助成金, 代表, 数値風況予測技術RIAM-COMPACTを核とした風車の安全運転に関する研究開発.
2012年度~2012年度, NEDO新エネルギーベンチャー技術革新事業, 代表, 新設および既設風車の安全運転とメンテナンスに資する気象情報配信システムの開発.
2010年度~2010年度, 平成22年度畠山文化財団 研究助成, 代表, 風力発電の適切な導入に資する風車マイクロサイティング手法の開発.
2010年度~2010年度, 財団法人 中部電力基礎技術研究所 第21期研究助成, 代表, 風力発電普及のための高精度マイクロサイティング手法の開発.
2009年度~2009年度, 平成21年度地域イノベーション創出総合支援事業「シーズ発掘試験」, 代表, 風力発電普及のための各種GPVデータの有効活用.
2007年度~2007年度, 平成19年度「新エネルギーベンチャー技術革新事業(フェーズⅠ)」(NEDO),株式会社風力エネルギー研究所からの委託(受託研究), 代表, 複雑地形におけるウィンドファームの荷重予測シミュレータの技術開発.
2005年度~2007年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 空間解像度10m以下の詳細地形構築技術の開発とそれを用いた風力タービンハブ高さ周辺の風の乱れの視覚的評価.
2007年度~2007年度, 財団法人 防災研究協会 若手研究者研究助成, 代表, 竜巻シミュレータの開発と突発的に発生する局地強風メカニズムの解明.
2006年度~2006年度, 社団法人 九州建設弘済会 研究助成, 代表, 流体シミュレーション技術と地理情報システムの相互連携による市街地の防災・危機管理システムの開発.
2005年度~2005年度, 財団法人 船井情報科学振興財団 船井情報科学奨励賞, 代表, 風力発電適地選定支援のための風況解析ソフトウエアの開発とその実用化の達成.
2005年度~2005年度, 平成17年度―産学連携戦略・次世代産業創出事業―「研究開発委託事業」,財団法人 九州産業技術センター(KITEC), 代表, 風力タービン候補地選定のためのPC1台によるマイクロサイティング技術の高精度化に関する研究開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.04~2019.03, 代表, 革新的クリーンエネルギーシステムの実用化<高効率風力発電システム構築のための大規模数値解析>.
2018.05~2019.03, 代表, (2018)鉄道分野における地形性強風の発生メカニズムの数値的解明とその対策.
2018.05~2019.03, 代表, 複雑地形下での風速と乱流場の評価に対する気流解析モデルの適用性の評価.
2018.06~2019.03, 代表, 平成30年度鉄道分野における地形性強風の発生メカニズムの数値的解明とその対策.
2018.03~2019.03, 代表, 地形性乱流が風車構造強度に与える影響に関する共同研究.
2018.03~2019.03, 代表, 小型風力発電の導入に資する風況精査手法の高度化に関する共同研究.
2018.02~2019.10, 代表, 多数の集風レンズ風車によるマルチロータシステムの実証研究開発.
2017.12~2018.03, 代表, 疲労荷重を考慮した風車運転方法分析手法の確立.
2017.12~2018.03, 代表, CFDによる洋上風車後流の影響範囲の数値予測.
2017.10~2018.03, 代表, 風洞試験と気流解析による高レイノルズ数環境下での気流分布の評価.
2017.07~2018.03, 代表, 地形や風車ウェイクの影響を考慮した洋上風力の発電量評価手法確立に関する共同研究.
2017.07~2018.03, 代表, 平成29年度北九州市響灘洋上風況解析・評価.
2017.06~2018.03, 代表, 平成29年度鉄道分野における地形性強風の発生メカニズムの数値的解明とその対策.
2017.05~2017.07, 代表, 壱岐芦辺風力発電所リプレースに係る風況解析・評価.
2017.04~2018.03, 代表, 動作音を低減した風車制御装置の共同研究.
2017.04~2018.03, 代表, 短期間風況観測の信頼性向上およびスーパーコンピュータによる検証.
2017.04~2018.03, 代表, 革新的クリーンエネルギーシステムの実用化<高効率風力発電システム構築のための大規模数値解析>.
2017.04~2018.03, 代表, 風と流れのプラットフォーム
.
2017.03~2018.03, 代表, 風力発電所を適正に運用するための風車制御に関する共同研究.
2017.02~2019.03, 代表, 風力発電における数値風況診断結果と発電量・O&M実績の関係性に関する共同研究.
2017.02~2018.03, 代表, 小型風力発電の導入のための経済試算と局所風況予測.
2016.12~2017.03, 代表, ドップラーソーダを用いた山間部における気流計測手法の高度化に関する共同研究
.
2016.12~2017.06, 代表, 地形性乱流が風車構造強度に与える影響に関する共同研究.
2016.11~2018.03, 代表, 小型風車発電に資する局所風況特性の把握.
2016.10~2017.02, 代表, フィリピン カラガ地域における風力発電の事業化可能性調査.
2016.09~2017.03, 代表, 洋上風力に対する地形影響の調査研究.
2016.07~2017.11, 代表, 奈良県南部山間域の風況予測マップに関する研究.
2016.07~2018.03, 代表, 風車の相互干渉による後流側風車の発電量低下予測手法に関する共同研究.
2016.04~2017.03, 代表, 革新的クリーンエネルギーシステムの実用化<高効率風力発電システム構築のための大規模数値解析>.
2016.04~2017.03, 代表, 風と流れのプラットフォーム.
2016.03~2017.03, 代表, 気象および局所地形が風車に与える影響の解明に関する共同研究.
2016.01~2016.03, 代表, 地形性乱流が風車構造強度に与える影響に関する共同研究.
2015.12~2016.03, 代表, 内之浦宇宙空間観測所における数値風況シミュレーション.
2015.12~2016.06, 代表, 土地利用形態のモデル化とその局所的効果に関する共同研究.
2015.11~2018.03, 代表, 複雑地形上の風力発電サイトにおける風速比評価手法に関する共同研究開発.
2015.10~2016.03, 代表, 風車構造強度条件を考慮した数値風況面からの風車最適配置手法の確立.
2015.04~2016.03, 代表, JR筑肥線の風況確認に関する共同研究.
2015.04~2016.03, 代表, 革新的クリーンエネルギーシステムの実用化<高効率風力発電システム構築のための大規模数値解析>.
2015.01~2016.03, 代表, 複雑地形上の風力発電サイトにおける数値風況診断手法に関する共同研究開発.
2014.11~2015.03, 代表, 局地数値予報モデルデータを用いた簡易風況推定法の試み.
2014.10~2015.03, 代表, ロケット打上げにおける地上風の空間構造の研究.
2014.08~2016.03, 代表, 数値風況解析と模型風洞実験による極地設営に関する共同研究.
2014.07~2015.03, 代表, 複雑地形上の数値風況予測におけるLESとRANSの比較に関する共同研究開発.
2014.02~2014.03, 代表, 数値風況解析による極地設営に関する共同研究.
2014.01~2018.09, 代表, 複雑地形における風力発電サイトの風況評価および風車荷重に関する共同研究開発.
2014.01~2016.03, 代表, 新しいディスク理論による風車後流の流動評価手法に関する共同研究開発.
2013.12~2014.03, 代表, ロケット打上げにおける地上風の空間構造の研究.
2013.09~2015.08, 代表, メソ気象モデルWRFを用いた局地風解析に関する共同研究.
2013.08~2014.03, 代表, 複雑地形上の数値風況予測におけるLESとRANSの比較に関する共同研究開発.
2013.07~2015.06, 代表, LES乱流モデルによる孤立地形周辺流れに関する共同研究.
2013.07~2014.03, 代表, 複雑地形上の風力発電サイトにおける風速比評価手法に関する共同研究開発.
2013.06~2015.05, 代表, 地形や風車ウエイクの影響を考慮した風車の発電量算出の高度化とその将来予測手法に関する共同研究.
2013.05~2014.03, 代表, 風力発電分野における乱流モデル(LESとRANS)の比較に関する共同研究開発.
2012.11~2013.03, 代表, ロケット打上げにおける地上風の空間構造の研究.
2012.09~2013.03, 分担, 離島における局所風況の把握とレンズ風車導入に関する研究開発.
2012.09~2014.08, 代表, Joint Collaboration and Research of Numerical Simulation of Airflows around Urban Area.
2012.05~2013.03, 代表, GPVデータを用いた風況予測手法の確立に関わる共同研究.
2011.01~2011.05, 分担, 気流拡散計算コードの高速化に関する共同研究.
2010.09~2011.03, 代表, GPGPUによる数値風況予測モデルの高速化に関する共同研究開発.
2010.09~2011.03, 分担, 風洞平板境界層内でのLESによる拡散計算.
2010.08~2011.07, 代表, 非定常・非線形風況シミュレータ(RIAM-COMPACT)を用いた高精度な最適配置選定手法の確立に係わる共同研究.
2010.03~2010.06, 分担, 風洞内平板境界層のLESによる再現計算に関する共同研究.
2010.03~2011.03, 代表, メソスケール気象モデルとマイクロスケール流体工学モデルのデータ接続に関する共同研究.
2009.11~2010.03, 代表, 高効率・高精度な地形構築手法の確立.
2009.04~2010.03, 代表, 複雑地形上の風車に対する風荷重評価手法に関する共同研究開発.
2009.04~2012.03, 代表, 国内外に適用可能な風力発電適地選定システムに関する共同研究開発.
2009.03~2012.03, 代表, 狭域スケールの風環境予測システムに関する共同研究開発.
2009.01~2009.03, 代表, 流入変動風の再現手法についての検討.
2008.04~2010.03, 分担, 「観測網と台風シミュレーションを用いた台風被害予測手法の開発」,京都大学防災研究所共同研究(一般共同研究).
2007.11~2008.03, 分担, 2スケール(広域/狭域)統合モデルによる気流予測の精度検証.
2007.04~2008.03, 代表, 風力発電適地選定のためのコンピュータシミュレーションに関する共同研究開発.
2007.03~2009.03, 代表, 高精度な風力発電適地選定システムに関する共同研究開発.
2007.01~2009.03, 代表, 海外の複雑地形適用可能な局所風況試作システム構築に関する共同研究開発.
2006.12~2009.03, 代表, RIAM-COMPACTとGISの連携による風環境評価システムに関する共同研究開発.
2006.11~2007.03, 代表, 風力発電適地選定のためのコンピュータシミュレーションに関する共同研究開発.
2006.04~2007.03, 代表, 「台風の数値シミュレーションを用いた強風予測手法の開発」,京都大学防災研究所共同研究(一般共同研究).
2005.04~2007.03, 分担, 「歴史的建築物の強風被害の実態と対策について」,京都大学防災研究所共同研究(特定共同研究).
2001.04~2002.03, 分担, 「市街地火災における高温熱気流の数値計算法の研究」,京都大学防災研究所共同研究(萌芽的共同研究).
寄附金の受入状況
2018年度, 株式会社JPビジネスサービス, 研究活動費.
2017年度, 風力エネルギー研究所, 研究活動費.
2017年度, 株式会社 ウェル企画, 研究活動費.
2017年度, FEV再生可能エネルギー開発技研, 研究活動費.
2017年度, ジャパン・リニューアブル-・エナジー, 研究活動費.
2017年度, 日立造船株式会社, 研究活動費.
2016年度, 大阪ガス株式会社, 研究活動費.
2016年度, 風力エネルギー研究所, 研究活動費.
2016年度, 北弘電社, 研究活動費.
2016年度, 西日本技術開発株式会社, 研究活動費.
2016年度, CCD JAPAN, 研究活動費.
2016年度, シーテック, 研究活動費.
2016年度, 新エネルギー総合研究所, 研究活動費.
2016年度, LENS株式会社, 研究活動費.
2016年度, 株式会社 ウェル企画, 研究活動費.
2016年度, ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社, 研究活動費.
2015年度, 株式会社ウェル企画, 研究活動費.
2015年度, 日本洋上風力エネルギー株式会社, 研究活動費.
2015年度, ジオエネルギー株式会社, 研究活動費.
2015年度, 株式会社西村製作所, 研究活動費.
2015年度, 株式会社風力エネルギー研究所, 研究活動費.
2015年度, 株式会社 Tsubasa Windfarm Design, 研究活動費.
2015年度, 日立造船株式会社, 研究活動費.
2015年度, 株式会社新エネルギー総合研究所, 研究活動費.
2014年度, 株式会社オーケー社鹿児島, 研究活動費.
2014年度, イー・アンド・イー ソリューションズ株式会社, 研究活動費.
2006年度, 英和株式会社, 奨学寄附金.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2015年度, JR筑肥線の風況確認に関する調査経費, 代表, JR筑肥線の風況確認に関する研究.
2013年度~2013年度, 九州大学基金支援助成事業(教材・ソフトウェア等開発、コンテンツ整備), 代表, 数値風況診断技術RIAM-COMPACT(リアムコンパクト)の数値流体力学教材への活用.
2009年度~2009年度, 東アジア環境研究機構 平成21年度予算の追加配分, 代表, アジア都市域の大気循環改善と風力エネルギー有効利用のための先端的風況予測技術の開発.
2009年度~2009年度, 東アジア環境研究機構 平成21年度研究予算, 分担, 都市部における大気汚染の改善.
2009年度~2009年度, 応用力学研究所研究奨励金, 代表, RIAM-COMPACTの高精度化に関する研究開発.
2008年度~2009年度, 平成20年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, 風レンズ風車によるクリーン発電で電気自動車を運用するシステムの開発研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」