九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
千手 智晴(せんじゆ ともはる) データ更新日:2019.07.04

准教授 /  応用力学研究所 地球環境力学部門 総合理工学府 大気海洋環境システム学専攻 環境予測学講座


主な研究テーマ
日本海の中・深層水塊の形成・循環・変質過程に関する研究
キーワード:水塊形成・深層循環・熱塩循環・海水混合・海洋観測
1990.04.
黒潮流域における海水混合に関する研究
キーワード:黒潮・内部波・乱流混合
2015.03.
地球温暖化および十年スケール気候変動が日本周辺海域の海況に及ぼす影響
キーワード:20年周期変動・気候変動・沿岸水位・表層水温
1997.01.
長江起源の淡水が日本海の海洋環境に及ぼす影響
キーワード:長江・低塩分水・対馬海峡・降水量
2003.10.
従事しているプロジェクト研究
近慣性運動に起因する海洋内部の強鉛直混合域が海盆規模の循環と物質分布に及ぼす影響
2018.03~2022.03, 代表者:千手智晴, 九大応力研, 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A)(日本)
海洋中の鉛直混合は全球的な熱塩循環のパターンや強度を規定する重要な因子であるが、空間的に一様ではなく、局所的な強鉛直混合域が偏在している。強鉛直混合域と大循環は一体的な系を成すと考えられるが、両者の関係は明らかではない。本研究では、強鉛直混合域と海盆規模の循環の両方を一体的に調べることのできる日本海をモデル海域として、風に起因する近慣性運動が局所的な強鉛直混合域を形成するメカニズムと、その結果生じたローカルな強鉛直混合域が日本海全体の循環と物質分布を決定する仕組みを解明する。長射程の超音波流速計を用いた係留観測と乱流計測,化学トレーサー分析を組み合わせた現場観測に加え、既存のArgoフロートデータの解析と数値モデル実験から、(1)風起源の近慣性運動が深海に強鉛直混合域を形成する機構,(2)乱流混合と海水特性分布の関係,(3)局所的な強鉛直混合域が日本海全体の循環と物質分布を決定する過程、を明らかにする。.
東アジアから太平洋規模の海洋・大気循環に関わる素過程研究の精緻化と環境変動への応用
2017.04~2022.03, 代表者:磯辺篤彦, 九州大学応用力学研究所, 九州大学応用力学研究所(日本)
大気海洋環境大型プロジェクト(共同利用・共同研究拠点等運営経費).
温暖化に対して脆弱な日本海の循環システム変化がもたらす海洋環境への影響の検出
2016.06~2019.03, 代表者:荒巻能史, 国立環境研究所, 国立環境研究所(日本).
日本海深層の無酸素化に関するメカニズム解明と将来予測
2010.08~2013.03, 代表者:荒巻能史, 独立行政法人 国立環境研究所, 国立環境研究所(日本).
地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明
2010.04~2015.03, 代表者:松野 健, 九州大学応用力学研究所, 九州大学応用力学研究所(日本)
特別教育研究経費 拠点形成(文部科学省).
漁業を省エネ構造にするための海況予測技術の開発
2009.06~2012.03, 代表者:大慶則之, 石川県水産総合センター, 石川県水産総合センター(日本)
石川県沿岸域を対象とした高精度で実用的な海況予測技術と、情報を漁業者にわかりやすく提供するシステムの開発.
協調の海の構築に向けた東シナ海の環境研究
2007.04~2010.03, 代表者:松野 健, 九州大学応用力学研究所, 九州大学応用力学研究所(日本)
文部科学省科学技術総合研究委託事業 アジア科学技術協力の戦略的推進.
日本海における急潮予測の精度向上と定置網防災策の確立
2006.08~2009.03, 代表者:熊木 豊, 京都府立海洋センター, 農林水産省(日本)
定置網漁業は日本海における重要な漁業の一つであるが、近年、沿岸海域で発生する突発的な速い流れ(急潮)による同漁業への被害が頻繁に報告されており、とりわけ新潟県から京都府までの日本海中部海域において顕著である。急潮による漁具被害は、厳しい定置網漁業の経営状況を一層悪化させる大きな要因となっている。そこで、本事業では、急潮発生機構の解明及び発生予測技術の開発,急潮に強い定置網や簡易式急潮対策網の開発,急潮による漁具被害防止対策マニュアルの作成を目指し、調査研究を行う。.
東アジア海洋・大気環境激変の監視と予測システムの開発
2005.04~2010.03, 代表者:柳 哲雄, 九州大学応用力学研究所, 九州大学応用力学研究所(日本)
特別教育研究経費 拠点形成(文部科学省).
研究業績
主要著書
1. 千手智晴, 水産環境の科学, 成山堂書店, 早川康博・安田秀一 編
第4章 小さな大洋-日本海の不思議-
65-86pp., 2002.05.
主要原著論文
1. Tomoharu Senjyu, The Japan Sea: a changing Pacific Asian mariginal sea, Evolution of Marine Coastal Ecosystems under the Pressure of Climate Change, Proceedings of Coast Bordeaux and of the 17th French-Japanese Oceanography Symposium, in press.
2. Tomoharu Senjyu and Jiro Yoshida, A note on the abyssal circulation in the Japan Sea: suggestion from rotating-tank experiments, La mer, 56, 3.4, 113-123, 2018.12.
3. Atsushi Kaneda, Kouta Ayukawa, Naoki Hirose, Tomoharu Senjyu, Yutaka Kumaki, Yosuke Igeta, Ken-ichi Fukudome, Tatsuro Watanabe, Intensification of current in coastal waters around Cape Echizen in summer, Journal of Oceanography, 75, 2, 157-169, Online first: 2018.07, https://link.springer.com/article/10.1007/s10872-018-0492-y, 2019.04.
4. Eisuke Tsutsumi, Takeshi Matsuno, Ren-Chieh Lien, Hirohiko Nakamura, Tomoharu Senjyu, Guo Xinyu, Turbulent mixing within the Kuroshio in the Tokara Strait, Journal of Geophysical Research: Ocean, 10.1002/2017JC013049, 122, 2017.09.
5. Tomoharu Senjyu, Takafumu Aramaki, Volume transport from the Japan Basin to the Yamato Basin in the abyssal Japan Sea inferred from direct current observations, Journal of Oceanography, doi:10.1007/s10872-016-0399-4, 73, 2, 235-247, 2017.04.
6. Atsushi Kaneda, Kouta Ayukawa, Naoki HIROSE, Jun Tsuzuki, Yutaka Kumaki, Tomoharu Senjyu, Yosuke Igeta, Tatsuro Watanabe, Sudden strong current generated by an eddy in the eastern part of Wakasa Bay, Japan, Journal of Oceanography, doi:10.1007/s10872-016-0395-8, 73, 2, 181-192, 2017.04.
7. 小平 智弘, 堀川 恵司, 張 勁, 千手 智晴, 日本海対馬暖流域における海水の酸素同位体比と塩分の関係, 地球化学, doi:10.14934/chikyukagaku.50.1, 50, 4, 263-277, 2016.12.
8. Tetsutaro Takikawa, Toshiteru Watanabe, Tomoharu Senjyu, Morimoto Akihiko, Wind-driven intensification of the Tsushima Warm Current along the Japanese coast detected by sea level difference in the summer monsoon of 2013, Continental Shelf Research, doi:10.1016/j.csr.2016.06.004, in press, 2016.07.
9. Hiroyuki Tomita, Tomoharu Senjyu, Masahisa Kubota, Evaluation of sensible and latent heat fluxes over the Japan Sea obtained from satellite, atmospheric reanalysis, and objective analysis products, Journal of Oceanography, 10.1007/s10872-016-0368-y, 72, 5, 747-760, online: 28 April 2016, 2016.10.
10. 千手 智晴, 日本海表層の塩分変動に及ぼす長江希釈水の影響, 低温科学, 10.14943/lowtemsci.74.77, 74, 77-84, 2016.03.
11. Ken-ichi Fukudome, Yosuke Igeta, Tomoharu Senjyu, Noriyuki Okei, Tatsuro Watanabe, Spatiotemporal current variation of coastal-trapped waves west of the Noto Peninsula measured by using fishing boats, Continental Shelf Research, doi: 10.1016/j.csr2015.12.013, 115, 1-13, 2016.03.
12. Tomoharu Senjyu, Observation of near-inertial internal waves in the abyssal Japan Sea, La mer, 53, 3・4, 43-51, 2015.12.
13. 山﨑恵一, 北出裕二郎, 井桁庸介, 渡邊達郎, 千手 智晴, 山田東也, 大慶則之, 池田怜, 能登半島北東端沖で観測された近慣性内部波, 海の研究, 24, 6, 203-226, 2015.11.
14. Takeshi Matsuno, Takahiro Endoh, Toshiyuki Hibiya, Tomoharu Senjyu, Michio Watanabe, Formation of the well mixed homogeneous layer in the bottom water of the Japan Sea, Journal of Oceanography, 10.1007/s10872-015-0303-7, 71, 4, 441-447, 2015.08.
15. 大慶則之, 奥野充一, 辻俊宏, 千手 智晴, 能登半島東岸で2004年秋季に観測された大規模強流反復現象, 海の研究, 24, 4, 133-146, 2015.07.
16. 千手 智晴, 漁業活動を利用した海洋観測-定置網と漁船による海洋情報の収集-, 水産総合研究センター西海区水産研究所西海ブロック漁海況調査研究報告, 22, 9-17, 2014.11.
17. 千手 智晴, 大慶則之, 沿岸密度流としての日本海の急潮, 九州大学応用力学研究所所報, 146, 115-122, 2014.03.
18. Satoshi Nakada, Naoki Hirose, Tomoharu Senjyu, Kenichi Fukudome, Toshio Tsuji, Noriyuki Okei, Operational ocean prediction experiments for smart coastal fishing, Progress in Oceanography, 10.1016/j.pocean.2013.10.008, 121, 125-140, 2014.02.
19. 渡辺俊輝, 千手 智晴, 種子田雄, 山口県北西沖海域における水温の長期変化, 海と空, 89, 2, 61-68, 2013.12.
20. 千手 智晴, 奥野充一, 大慶則之, 辻俊宏, 2009年夏季の日本海沿岸域における表層低塩分水の挙動とエチゼンクラゲ(Nemopilema nomurai)出現の関係, 海と空, 89, 2, 53-60, 2013.12.
21. Tomoharu Senjyu, Takafumi Aramaki, Shinichi S. Tanaka, Jin Zhang, Yutaka Isoda, Yuichiro Kumamoto, Sho Hibino, Toshiya Nakano, Abyssal water mass exchange between the Japan and Yamato Basins in the Japan Sea, Journal of Geophysical Research: Oceans
American Geophysical Union
, doi:10.1002/jgrc.20373, 118, 4878-4888, 2013.10.
22. Takafumi Aramaki, Shinichi S. Tanaka, Seiko Kushibashi, Young-Il Kim, Chang-Jun Kim, Gi-Hoon Hong, Senjyu Tomoharu, Spatial distribution of radiocarbon in the southwestern Japan/East Sea immediately after bottom water renewal, Radiocarbon, 55, 2-3, 1675-1682, 2013.09.
23. Yanlin Cui and Tomoharu Senjyu, Box model analysis of the long-term dissolved oxygen variation in the Japan Sea Proper Water, Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, 143, 1-6, 2012.09.
24. 大慶則之,奥野充一,辻 俊宏,千手智晴, 能登半島周辺に急潮を引き起こす気象条件の特徴の解明-急潮防災を目指して, 水産海洋研究, 76, 3, 131-140, 2012.08.
25. Yanlin Cui and Tomoharu Senjyu, Has the upper portion of the Japan Sea Proper Water formation really been enhancing?, Journal of Oceanography, 10.1007/s10872-012-0115-y, 68, 4, 593-598, 2012.08.
26. 千手智晴・大慶則之, 日本海能登半島沖海域の海洋構造と対馬海流モニタリングに対する重要性, 海洋気象学会,海と空, 87, 2, 33-48, 2012.03.
27. 千手智晴,新原翔一,松野 健,滝川哲太郎,吉村 浩,森井康宏,山脇信博,内田 淳, 対馬海峡東縁で観測されたfrontal eddyの特徴, 海洋気象学会,海と空, 87, 1, 1-10, 2011.10.
28. Tomoharu Senjyu, Sigeaki Matsui and In-Seong Han , Spatiotemporal characteristics of interannual temperature variations in the Tsushima Strait, Journal of Oceanography, 66, 6, 789-799, 66 (6), 789-799, 2010.11.
29. Tomoharu Senjyu, In-Seong Han and Shigeaki Matsui, Interdecadal variations of temperature and salinity structures in the Tsushima Strait, Pacific Oceanography, vol. 5, No. 1, 44-55, 5(1), 44-55, 2010.09.
30. Yanlin Cui and Tomoharu Senjyu, Interdecadal oscillation in the Japan Sea Proper Water related to the Arctic oscillation, Journal of Oceanography, 66, 3, 337-348, 66(3), 337-348, 2010.04.
31. Tomoharu Senjyu, Temperature and salinity variability in the Tsushima Strait, Monitoring and Prediction of Marine and Atmospheric Environmental Change in the East Asia , pp. 157-169, Monitoring and Prediction of Marine and Atmospheric Environmental Change in the East Asia, Edited by Tetsuo Yanagi, TERRAPUB, Tokyo (ISBN 978-88704-150-9), pp. 157-169., 2010.03.
32. Yosuke Igeta, Yutaka Kumaki, Yujiro Kitade, Tomoharu Senjyu, Haruya Yamada, Tatsuro Watanabe, Osamu Katoh and Masaji Matsuyama, Scattering of near-inertial internal waves along the Japanese coast of the Japan Sea, Journal of Geophysical Research, 10.1029/2009JC005305, 114, C10002, 114, C10002, doi:10.1029/2009JC005305, 2009.10.
33. Tomoharu Senjyu, In-Seong Han and Shigeaki Matsui, Connectivity between the interannual salinity variation in the western channel of the Tsushima Strait and hydrographic conditions in the Cheju Strait, Journal of Oceanography, 65, 511-524, 2009.08.
34. K. Mori, T. Matsuno, T. Senjyu, N. Hirose and I.-S. Han, Short-term temperature and salinity variations in the Tsushima Strait in 2004: Behavior of the surface low-salinity water in the strait, Journal of Oceanography, 65, (3), 301-310, 2009.06.
35. 松井繁明・千手智晴, 対馬海峡東水道における水塊変動モニタリング, 福岡県水産海洋技術センター研究報告, 第19号、75-81, 2009.03.
36. 大慶則之・奥野充一・千手智晴, 気象擾乱通過後に能登半島沿岸で観測された急潮-2003年夏季の観測結果より-, 日本海洋学会和文誌 海の研究, 18巻、第1号、57-69, 2009.01.
37. T. Senjyu, S. Matsui and I.-S. Han, Hydrographic conditions in the Tsushima Strait revisited, Journal of Oceanography, 64, 171-183, 2008.04.
38. H. Takata, K. Kuma, Y. Isoda, S. Otosaka, T. Senjyu and M. Minagawa, Iron in the Japan Sea and its implications for the physical processes in deep water, Geophysical Research Letters, 35, L02606, doi:10.1029/2007GL031794, 2008.01.
39. T. Aramaki, T. Senjyu, O. Togawa, S. Otosaka, T. Suzuki, T. Kitamura, H. Amano and Y. N. Volkov, Circulation in the northern Japan Sea studied chiefly with radiocarbon, Radiocarbon, vol. 49, No.2, 915-924, 2007.11.
40. 浅 勇輔・広瀬直毅・千手智晴, 能登半島東岸において2004年に発生した急潮の数値実験, 日本海洋学会和文誌 海の研究, 第16巻第1号, 39-50, 2007.01.
41. Senjyu, T., H. Enomoto, T. Matsuno, and S. Matsui, Interannual salinity variations in the Tsushima Strait and its relation to the Changjiang discharge, Journal of Oceanography, Vol. 62, 681-692, 2006.10.
42. Senjyu, T., Spatiotemporal variability of interdecadal sea level oscillations in the North Pacific, Journal of Geophysical Research - Ocean, Vol. 111, C07022, doi:10.1029/2005JC003053, 2006.07.
43. Senjyu, T., Y. Isoda, T. Aramaki, S. Otosaka, S. Fujio, D. Yanagimoto, T. Suzuki, K. Kuma and K. Mori, Benthic front and the Yamato Basin Bottom Water in the Japan Sea, Jourunal of Oceanography, 10.1007/s10872-006-0021-2, 61, 6, 1047-1058, vol. 61, 1047-1058, 2005.10.
44. Mori, K., T. Matsuno, and T. Senjyu, Seasonal/spatial variations of the near-inertial oscillations in the deep water of the Japan Sea, Journal of Oceanography, 10.1007/s10872-005-0082-7, 61, 4, 761-773, Vol. 61, 761-773, 2005.08.
45. Senjyu, T., H.-R. Shin, J.-H. Yoon, Z. Nagano, H.-S. An, S.-K. Byun, and C.-K. Lee, Deep flow field in the Japan/East Sea as deduced from direct current measurements, Deep-Sea Research II, 10.1016/j.dsr2.2003.10.013, 52, 11-13, 1726-1741, vol. 52, 1726-1741, 2005.01.
46. Tomoharu Senjyu and Toshiteru Watanabe, Decadal signal in the sea surface temperatures off the San'in coast in the southwestern Japan Sea, Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, No. 127, 49-53., 2004.09.
47. Senjyu, T., T. Aramaki, S. Otosaka, O. Togawa, M. Danchenkov, E. Karasev and Y. Volkov, Renewal of the bottom water after the winter 2000-2001 may spin-up the thermohaline circulation in the Japan Sea, Geophysical Research Letters, 10.1029/2001GL014093, 29, 7, 29(7), 10.1029/2001GL014093, 2002.01.
48. Isobe, A., M. Ando, T. Watanabe, T. Senjyu, S. Sugihara and A. Manda, Freshwater and temperature transports through the Tsushima-Korea Straits, Journal of Geophysical Research, 10.1029/2000JC000702, 107, C7, 107(C7), 10.1029/2000JC000702, 2002.01.
49. Senjyu, T., H. Yasuda, S. Sugihara and M. Kamizono, Current and turbidity variations in the western part of Suo-Nada, the Seto Inland Sea, Japan; an hypothesis on the oxygen-deficient water mass formation, Journal of Oceanography, 57, 15-27, 2001.01.
50. Senjyu, T., The Japan Sea Intermediate Water; its characteristics and circulation, Journal of Oceanography, 55, 111-122, 1999.01.
51. 千手智晴・渡辺俊輝, 台風によって引き起こされた山陰沿岸水温の急低下現象, 海と空, A sudden temperature decrease along the San'in coast induced by a typhoon
T. Senjyu and T. Watanabe, 1999.01.
52. 千手智晴・渡辺俊輝, 対馬海峡蓋井島で観測された内部潮汐の特徴, 沿岸海洋研究, 37, 49-58, 1999.01.
53. Senjyu, T., M. Matsuyama and N. Matsubara, Interannual and decadal sea-level variations along the Japanese coast, Journal of Oceanography, 55, 619-633, 1999.01.
54. T. Senjyu, T. Ishimaru, M. Matsuyama and Y. Koike, High salinity lens from the Strait of Hormuz, Offshore Environment of the ROPME Sea Area after the War-Related Oil Spill - Results of the 1993-94 Umitaka-Maru Cruise, pp. 35-48, Offshore Environment of the ROPME Sea Area after the War-Related Oil Spill - Results of the 1993-94 Umitaka-Maru Cruise, Edited by A. Otsuki, M. Y. Abdulraheem and R. M. Reynolds, TERRAPUB, Tokyo (ISBN 4-88704-123-3), 1998.01.
55. Senjyu, T., N. Asano, M. Matsuyama and T. Ishimaru, Intrusion events of the intermediate Oyashio Water into Sagami Bay, Japan, Journal of Oceanography, 54, 29-44, 1998.01.
56. Senjyu, T., Sea surface temperature variability at Futaoi Island in the Tsushima Strait, Acta Oceanographica Taiwanica, 37, 47-60, 1998.01.
57. Senjyu, T. and H. Sudo, Interannual variation of the upper portion of the Japan Sea Proper Water and its probable cause, Journal of Oceanography, 52, 27-42, 1996.01.
58. Senjyu, T. and H. Sudo, The upper portion of the Japan Sea Proper Water; its source and circulation as deduced from isopycnal analysis, Journal of Oceanography, 50, 663-690, 1994.01.
59. Senjyu, T. and H. Sudo, Water characteristics and circulation of the upper portion of the Japan Sea Proper Water, Journal of Marine Systems, 4, 349-362, 1993.01.
60. 松山優治, 栗田嘉宥, 千手智晴, 小池義夫, 林敏史, 隠岐東方海域で観測された暖水渦(2), 海と空, 66, 2, 67-75, 1990.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 千手智晴,荒巻能史, ポテンシャル水温と放射性炭素の鉛直分布に基づく日本海深層の鉛直拡散係数の推定, 号外海洋「海洋システムの謎に挑む化学ー蒲生俊敬教授退職記念号」, 61, 132-139, 2018.05.
2. 千手 智晴, 大気海洋相互作用が結ぶ東シナ海と日本海深層, 沿岸海洋研究, 50 (1), 53-59, 2012.09.
3. 千手智晴・松井繁明・韓 仁盛, 対馬海峡における水温・塩分構造の季節・経年・十年スケール変動, 月刊海洋 総特集「東アジア海洋大気環境変化の監視と予測-Ⅱ」, vol. 42, No. 10, 545-553., 2010.10.
4. 千手智晴・松野 健・広瀬直毅, 対馬海峡域での表層水温・塩分モニタリング, 水産海洋研究, 72(4), 325-326, 2008.11.
5. 千手智晴, 日本海固有水の経年変動について, 水産海洋研究, 72(3), 228-229, 2008.08.
6. 大慶則之・奥野充一・千手智晴, 能登半島東岸に発生する急潮, 月刊海洋 総特集 富山湾研究-キトキト-, 47, 71-78, 2008.04.
7. 渡辺俊輝・千手智晴, 定期旅客船による山口県沖合海域の表層水温観測, 海と空, 84 (1), 53-60, 2008.06.
8. 千手智晴・松井繁明・韓 仁盛・滝川哲太郎, 東シナ海から日本海への熱・淡水輸送, 海と空, 83(2), 47-54, 2007.07.
主要学会発表等
1. 千手智晴, 富山深海長谷の中の流れについて, 2019年度北海道大学低温科学研究所研究集会「縁辺海と外洋とを繋ぐ対馬暖流系の物理・化学・生物過程」, 2019.07.
2. Tomoharu Senjyu, Weakening of deep flow in the eastern Japan Basin, The 3rd workshop of WESTPAC W06 on "A framework for cooperative studies in the Western Pacirfic Marginal Seas: Energy and materials exchange between land and open ocean", 2019.06.
3. 千手智晴, 富山深海長谷の深層流, 2019年度日仏海洋学会学術研究発表会, 2019.06.
4. 千手智晴、吉田次郎, 回転水槽実験からみた日本海の深層循環, 金沢大学環日本海域環境研究センター共同利用シンポジウム, 2019.03.
5. Tomoharu Senjyu, Weakening of deep flow in the eastern Japan Basin in the Japan Sea, The 20th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting (PAMS2019), 2019.03.
6. 酒井秋絵、千手智晴、松野健、堤英輔、安田一郎、柳本大吾、李根淙、郭新宇, ルソン海峡の内部波に起因する海水混合, 2018年度 新学術領域「新海洋混合学」全体会議, 2019.03.
7. 千手智晴、吉田次郎, 回転水槽実験によるStommel-Arons型深層循環に対する鉛直壁の効果の検討:日本海深層流分布の解釈への応用, 2019年度 地球流体力学研究集会「地球流体における波動と対流現象の力学」, 2019.03.
8. 千手智晴, 富山深海長谷の中の深層流, 第3回富山湾研究会, 2019.03.
9. 千手智晴、吉田次郎, 日本海の深層循環に関する一考察:回転水槽実験からの示唆, 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会「東シナ海と日本海の海水循環と生物化学過程」, 2019.01.
10. 千手智晴, ローター式流速計と超音波ドップラー流速計の比較実験, 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会「日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会」, 2018.12.
11. 千手智晴, 日本海盆東部における深層流の弱化について, 2018年度九州沖縄地区合同シンポジウム「日本海研究の現状と今後について」, 2018.12.
12. 橋本涼介、滝川哲太郎、渡辺俊輝、千手智晴、森本昭彦, 沿岸水位差から推定した山口県見島周辺海域を通過する対馬暖流沿岸分枝の流量変動, 2018年度九州沖縄地区合同シンポジウム「日本海研究の現状と今後について」, 2018.12.
13. 千手智晴, 日本海深層流のrevisit観測, 第73回日本海海洋調査技術連絡会, 2018.11.
14. 千手智晴, 磯田豊, 申弘烈, 日本海盆と大和海盆における深層流のrevisit観測, 日本海洋学会2018年度秋季大会, 2018.09.
15. 酒井秋絵, 千手智晴, 松野健, 堤英輔, 安田一郎, 柳本大吾, 李根淙, 郭新宇, ルソン海峡の海嶺直上で観測された高次モードの内部波, 日本海洋学会2018年度秋季大会, 2018.09.
16. 伊藤海彦, 磯田豊, 千手智晴, 日本海深層域における近慣性流の鉛直構造, 日本海洋学会2018年度秋季大会, 2018.09.
17. 長井健容, 長谷川大介, 堤英輔, 中村啓彦, 仁科文子, 千手智晴, 遠藤貴洋, 井上龍一郎, Amit Tandon, トカラ海峡海山上を流れる黒潮によって発生する慣性ー対称不安定と乱流散逸の直接観測および数値実験, 日本海洋学会2018年度秋季大会, 2018.09.
18. 堤英輔, 松野健, 千手智晴, 遠藤貴洋, 長谷川大介, 長井健容, 中村啓彦, 仁科文子, 郭新宇, トカラ海峡の黒潮ー海山相互作用で生じるシア構造と鉛直混合および水塊変質, 日本海洋学会2018年度秋季大会, 2018.09.
19. 小塚晃,千手智晴, 富山湾周辺海域の海洋環境の経年変動パターン, 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会「日本海及び日本周辺海域における環境急変現象(急潮)のモニタリング、モデリング及びメカニズム解明に関する研究集会」, 2018.08.
20. 橋本涼介・滝川哲太郎・渡辺俊輝・千手智晴・森本昭彦, 山口県見島周辺海域を通過する対馬暖流沿岸分枝の流量推定, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2018.07.
21. 千手智晴・申弘烈, 日本海大和海盆南縁で観測された地形性ロスビー波の伝播と構造, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2018.07.
22. Akie Sakai and Tomoharu Senjyu, Internal waves around Luzon Strait: Repeated observation from XBT, 15th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, 2018.05.
23. 千手智晴・酒井秋絵・堤英輔・松野健・郭新宇・柳本大吾・安田一郎, Luzon海峡で発生する内部波の時空間変動, 2018年度 日仏海洋学会学術研究発表会, 2018.06.
24. 堤英輔、松野健、長谷川大介、千手智晴、中村啓彦、郭新宇, 黒潮と海山の相互作用から生じる流れと乱流の観測と数値実験, 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会「海洋乱流の観測およびモデリングに関する研究集会」, 2018.03.
25. 堤英輔、松野健、千手智晴、酒井秋絵、安田一郎、柳本大吾、李 根淙, ルソン海峡における乱流混合の観測と栄養塩供給・生物生産への影響評価の試み, 平成29年度 新学術領域「新海洋混合学」全体会議, 2018.03.
26. 酒井秋絵、千手智晴、松野健、堤英輔、安田一郎、柳本大吾、李 根淙、郭新宇, ルソン海峡における内部波の繰り返し観測, 平成29年度 新学術領域「新海洋混合学」全体会議, 2018.03.
27. 千手智晴,原田浩太朗,大慶則之, 十年ごとにみた能登半島北西沖海域の海洋構造の変化, 第2回富山湾研究会研究発表会, 2018.03.
28. 千手智晴, 日本海大和海盆南縁の地形性ロスビー波について, 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会「東シナ海と日本海の海水循環と生物化学過程」, 2018.02.
29. 千手 智晴, 大和海盆深層で観測された近慣性内部重力波, 金沢大学環日本海域環境研究センター共同利用シンポジウム「海流が繋ぐ日本海-オホーツク海の海洋環境・物質循環の変動機構」, 2017.12.
30. 千手 智晴, 日本海深層で観測された近慣性内部重力波の構造と伝播, 2017年度九州沖縄地区合同シンポジウム, 2017.12.
31. 千手 智晴, 大和海盆深層で観測された近慣性内部波と表層のフロント変動, 第72回日本海海洋調査技術連絡会, 2017.12.
32. Tomoharu Senjyu, The Japan Sea, a changing Pacific Asian marginal sea, COAST Bordeaux 2017 and the 17th French-Japanese Oceanography Symposium, 2017.11.
33. 伊藤海彦, 磯田豊, 千手 智晴, 日本海底層水におけるGyroscopic Waveの三波共鳴, 日本海洋学会2017年度秋季大会, 2017.10.
34. 千手 智晴, 松野 健, 堤 英輔, Keunjong Lee, 中村 啓彦, 仁科 文子, 郭 新宇, 長谷川 大介, トカラ海峡で観測された黒潮を反転させるほどの強流現象, 北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2017.06.
35. 千手 智晴, 日本海を中心とした船舶海洋観測の現状, 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「海洋物理船舶観測フェスタ2017」, 2017.05.
36. 伊藤海彦, 磯田 豊, 千手 智晴, 日本海深層の底層水における近慣性周期のGyroscopic Wave, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.
37. 堤 英輔, 松野 健, Ren-Chieh Lien, Hirohiko Nakamura, Tomoharu Senjyu, Xinyu Guo, Turbulent mixing within the Kuroshio in Tokara Strait, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.
38. Tomoharu Senjyu, Takeshi Matsuno, Eisuke Tsutsumi, Keunjong Lee, Hirohiko Nakamura, Ayako Nishina, Daisuke Hasegawa, Guo Xinyu, Strong reversing currents in the Kuroshio observed in the Tokara Strait, south of Japan, 10th WESTPAC International Scientific Conference, 2017.04.
39. Tomoharu Senjyu, Hong-Ryeol Shin, Near-inertial internal waves in the Yamato and Tsushima/Ulleung Basins in the abyssal Japan/East Sea, The 19th Pacific-Asian Marginal Seas (PAMS) Meeting, 2017.04.
40. 千手 智晴, 荒巻 能史, 水温と14Cの鉛直分布に基づく日本海深層の鉛直拡散係数の推定, 海洋地球化学フォーラム2017 ~大気-海洋-海底の物質循環~, 2017.03.
41. Eisuke Tsutsumi, Takeshi Matsuno, Ren-Chieh Lien, Hirohiko Nakamura, Tomoharu Senjyu, Xinyu Guo, Turbulent mixing within Kuroshio in Tokara Strait, International Symposium "Ocean Mixing Processes: Impact on Biogeochemistry, Climate and Ecosystem", 2017.03.
42. 千手 智晴, 荒巻能史, 鉛直一次元モデルによる日本海深層の鉛直拡散係数の評価, 研究集会 東アジアから太平洋規模への海洋・大気循環に関わる素過程研究の精緻化と環境変動への応用, 2017.02.
43. Tomoharu Senjyu, Takafumi Aramaki, Evaluation of vertical eddy diffusivity in the abyssal Japan/East Sea based on the one-dimensional advection-diffusion model in temperature and 14C profilesd, International Workshop on Mixing and Water Mass Modification in the East Asian Marginal Seas , 2017.02.
44. 千手 智晴, 申弘烈, 大和海盆南縁で観測された深層流の数日周期変動, 第71回日本海海洋調査技術連絡会, 2016.12.
45. 千手 智晴, 荒巻能史, 大和海盆は日本海における乱流混合のHotspotか?, 金沢大学環日本海域環境研究センター共同利用シンポジウム「対馬暖流系の変動機構の解明に向けて」, 2016.11.
46. 千手 智晴, 定置網を利用した海洋データの収集と解析, 水産海洋地域研究集会 第6回日本海研究集会 沿岸域の海況情報とその活用法, 2016.11.
47. 千手 智晴, 申 弘烈, 大和海盆南縁で観測された深層流の数日周期変動, 日本海洋学会2016年度秋季大会, 2016.09.
48. 堤 英輔, 松野 健, 千手 智晴, Keunjong Lee, 広瀬 直毅, 中村 啓彦, 仁科 文子, 長谷川 大介, 郭 新宇, トカラ海峡における流れと乱流混合, 日本海洋学会2016年度秋季大会, 2016.09.
49. Tomoharu Senjyu, Mixing and inter-basin water mass exchange in the abyssal Japan Sea, The 8th PEACE Ocean Science Workshop, 2016.08.
50. 千手 智晴, 松野 健, 堤 英輔, Keunjong Lee, 中村啓彦, 仁科文子, 郭 新宇, 長谷川大介, トカラ海峡で観測された黒潮を反転させるほどの強流現象について, 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会「日本海および日本周辺海域における環境急変現象(急潮)のモニタリング,モデリングおよびメカニズム解明に関する研究集会」, 2016.08.
51. 千手 智晴, 申 弘烈, 日本海大和海盆南縁で観測された深層流の数日周期変動について, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2016.06.
52. 千手 智晴, 松野 健, 堤 英輔, Keunjong Lee, 中村啓彦, 仁科文子, 郭 新宇, トカラ海峡における黒潮の高時間分解能係留観測, 2016年度 日仏海洋学会学術研究発表会, 2016.06.
53. 千手 智晴, 受賞記念講演: 日本海の深層水の形成・循環・変質過程に関する研究, RIAMフォーラム2016, 2016.06.
54. Eisuke Tsutsumi, Tomoharu Senjyu, Keunjong Lee, Hirohiko Nakamura, Ayako Nishina, Takeshi Matsuno, Variabilities of currents and turbulence in the Tokara Strait, Japan Geoscience Union Meeting 2016, 2016.05.
55. 小塚晃, 大慶則之, 千手 智晴, 潮流ブイを用いて観測された富山湾沿岸の表層流の変動について, 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016.03.
56. 千手 智晴, 申 弘烈, 対馬海盆深層における近慣性内部波と潮汐周期変動, 日本海洋学会2016年度春季大会, 2016.03.
57. 兼田淳史, 鮎川航太, 千手 智晴, 広瀬 直毅, 熊木 豊, 渡邊達郎, 越前岬付近で発生する対馬暖流の変動に起因する急潮, 日本海洋学会2016年度春季大会, 2016.03.
58. 堤 英輔, 松野 健, 千手 智晴, Keunjong Lee, 中村啓彦, 仁科文子, 郭 新宇, トカラ海峡における流れと乱流微細構造の観測, 新学術領域「海洋混合学」全体会議, 2016.03.
59. 千手 智晴, 底層フロントの南北変位にともなう日本海深層の溶存酸素量変動, 日本海洋学会2015年度秋季大会, 2015.09.
60. 千手 智晴, 日本海盆から大和海盆への底層水の流入について, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2015.07.
61. 千手 智晴, 日本海の深層水の形成・循環・変質過程に関する研究, 日仏海洋学会, 2015.06.
62. 千手 智晴, 日本海盆と大和海盆の深層海水交換, 研究集会「地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明」, 2015.06.
63. Tetsutaro Takikawa, Toshiteru Watanabe, Tomoharu Senjyu, Akihiko Morimoto, Naoki Hirose, Wind-induced variation of the first branch of the Tsushima Warm Current in the southwestern Japan Sea detected by sea level difference in summer to autumn 2013, The 18th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, 2015.04.
64. 兼田 淳史, 鮎川 航太, 熊木 豊, 千手 智晴, 広瀬 直毅, 渡邊 達郎, 鷹巣沖における流動変動とその発生要因, 日本海洋学会2015年度春季大会, 2015.03.
65. 大慶 則之, 小塚 晃, 千手 智晴, 能登半島沿岸の流れの季節変動, 日本海洋学会2015年度春季大会, 2015.03.
66. 千手 智晴, 申 弘烈, 馬田 俊雄, 日本海深層で観測された近慣性内部波の振幅変調, 日本海洋学会2015年度春季大会, 2015.03.
67. Tetsutaro Takikawa, Toshiteru Watanabe, Tomoharu Senjyu, Akihiko Morimoto, Naoki Hirose, Large variability of the first branch of the Tsushima Warm Current in the southwestern Japan Sea detected by sea level difference from summer to autumn 2013, The 13th Korea-Japan Joint Seminar on Physical Oceanography dedicated to Prof. YoungHo Seung on his retirement, 2015.02.
68. 千手 智晴, 続報:日本海大和海盆における近慣性内部波, 第69回日本海海洋調査技術連絡会, 2014.12.
69. 冨石悠太, 松野 健, 千手 智晴, 対馬海峡周辺における水温・塩分の短周期変動から見た低塩分水の挙動, 九州大学応用力学研究所 共同利用研究集会「日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会」, 2014.12.
70. 福留研一, 井桁庸介, 大慶則之, 千手 智晴, 渡邊達郎, 漁船による流況観測に見られた沿岸捕捉波の時空間変動, 九州大学応用力学研究所 共同利用研究集会「日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会」, 2014.12.
71. 滝川哲太郎, 渡辺俊輝, 千手 智晴, 森本昭彦, 2013年夏から秋に山陰沿岸で観測された顕著な水位差変動
, 九州大学応用力学研究所 共同利用研究集会「日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会」, 2014.12.
72. 滝川哲太郎, 渡辺俊輝, 千手 智晴, 森本昭彦, 山陰沖西部を通過する対馬暖流沿岸分枝流と水位差変動-萩市見島と長門市青海島における沿岸潮位観測-, 日本海洋学会2014年度秋季大会, 2014.09.
73. 福留研一, 井桁庸介, 大慶則之, 千手 智晴, 渡邊達郎, 漁船による流況観測に見られた沿岸捕捉波の時空間変動, 日本海洋学会2014年度秋季大会, 2014.09.
74. Tomoharu Senjyu, Behavior of surface low salinity water and mass occurrence of giant jellyfish (Nemopilema Nomurai) in the coastal area of the Japan Sea in summer 2009, 11th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, 2014.08.
75. 中田聡史, 広瀬 直毅, 千手 智晴, 夏季の沿岸分枝流強化によって富山湾湾港に出現するヘトン構造の渦, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2014.07.
76. 千手 智晴, 日本海深層における近慣性内部波, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2014.07.
77. 千手 智晴, 渡辺 敏輝, 対馬海峡・山口県沿岸の水温の長期変動, 平成26年度名古屋大学地球水循環研究センター共同研究集会「東シナ海陸棚域の物質循環に係わる物理・化学・生物過程」, 2014.06.
78. 千手 智晴, 遠藤 貴洋, 馬田俊雄, 申弘烈, 日本海深層における近慣性内部波の伝播過程, 日本海洋学会2014年度春季大会, 2014.03.
79. 福留研一, 千手 智晴, 大慶則之, 中田聡史, 井桁庸介, 渡邊達郎, 能登半島周辺海域における流れの季節変動特性, 九州大学応用力学研究所 共同研究集会 日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会, 2013.12.
80. 渡辺俊輝, 千手 智晴, 種子田雄, 山口県北西沖海域における水温の長期変化, 九州大学応用力学研究所 共同研究集会 日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会, 2013.12.
81. 千手 智晴, 日本海大和海盆深層での近慣性内部波の観測, 第68回日本海海洋調査技術連絡会, 2013.12.
82. 千手 智晴, 漁業活動を利用した海洋観測~定置網と漁船による海洋情報の収集~, 第99回対馬暖流系アジ・サバ・イワシ長期漁況海況予報会議, 2013.10.
83. 千手 智晴, 日本海の気象・海象と海洋構造について, 2013年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム「海洋再生可能エネルギーの実現に向けて」, 2013.09.
84. 千手 智晴, 遠藤 貴洋, 馬田俊雄, 申 弘烈, 日本海大和海盆深層における流れの鉛直構造, 2013年度日本海洋学会秋季大会, 2013.09.
85. 福留研一, 千手 智晴, 大慶則之, 中田聡史, 井桁庸介, 渡邊達郎, 能登半島西部陸棚上における流れの季節変動特性, 2013年度日本海洋学会秋季大会, 2013.09.
86. 荒巻能史, 田中伸一, 串橋聖子, 冨田綾子, 千手 智晴, 炭素14の空間分布から見た対馬海盆における深層循環, 2013年度日本海洋学会秋季大会, 2013.09.
87. 兼田淳史, 都築純, 鮎川航太, 千手 智晴, 渡邊達郎, 越前岬周辺の短期流動変動特性, 2013年度日本海洋学会秋季大会, 2013.09.
88. 千手 智晴, 奥野充一, 大慶則之, 辻 俊宏, 2009年夏季の日本海表層低塩分水の挙動と大型クラゲ出現の関係, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2013.07.
89. 松野 健, 千手 智晴, Sang-Hyun Kim, 福留研一, 対馬海峡周辺海域における長江起源水の挙動, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2013.07.
90. 福留研一, 千手 智晴, 大慶則之, 中田聡史, 広瀬 直毅, 井桁庸介, 渡邊達郎, 能登半島西部陸棚上における流れの季節変動特性, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2013.07.
91. Tomoharu Senjyu, Linear and interdecadal variations in the abyssal Japan Sea, 10th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, 2013.06.
92. 千手 智晴, 新原翔一, 対馬海峡東縁で観測されたフロント渦, 名古屋大学地球水循環研究センター研究集会「東シナ海陸棚域の物質循環に関わる物理・化学・生物過程」, 2013.05.
93. 千手 智晴, 小さな大洋-日本海のふしぎ, 2013年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「日本海および周辺海域でいま進みつつある環境の変化:その驚くべき実態に迫る!」, 2013.03.
94. 千手 智晴, 荒巻能史, 田中伸一, 森康輔, 日本海盆-大和海盆境界域における長期深海係留観測, 2013年度日本海洋学会春季大会, 2013.03.
95. 大慶則之, 千手 智晴, 石橋道芳, 能登半島沖における対馬海流モニタリング, 2013年度日本海洋学会春季大会, 2013.03.
96. 福留研一, 千手 智晴, 大慶則之, 中田聡, 広瀬 直毅, 渡邊達郎, 漁船の操業を利用した海況観測の試み(II), 2013年度日本海洋学会春季大会, 2013.03.
97. 田中伸一, 荒巻能史, 千手 智晴, 熊本雄一郎, 磯田豊, 溶存クロロフルオロカーボン類が示した日本海熱塩循環の急激な弱化, 2013年度日本海洋学会春季大会, 2013.03.
98. 滝川哲太郎,渡辺敏輝,千手智晴,森本昭彦, 萩市見島宇津と長門市青海島における潮位観測速報, 九州大学応用力学研究所研究集会 日本海および日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会, 2012.12.
99. 山崎恵市,井桁庸介,北出裕二郎,山田東也,千手智晴,渡邊達郎,大慶則之,池田怜, 能登半島東岸で観測された近慣性内部波の鉛直構造, 九州大学応用力学研究所研究集会 日本海および日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会, 2012.12.
100. 福留研一,千手智晴,大慶則之,中田聡史,広瀬直毅,渡邊達郎, 石川県周辺海域における漁船の操業を利用したADCP観測, 九州大学応用力学研究所研究集会 日本海および日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会, 2012.12.
101. 千手智晴, 日本海盆-大和海盆間に存在する底層フロントの変動について, 第67回日本海海洋調査技術連絡会, 2012.12.
102. 大慶則之,千手智晴, 能登半島北西海域における流れの変動, 第67回日本海海洋調査技術連絡会, 2012.12.
103. 千手智晴,奥野充一,大慶則之, 日本海表層の低塩分水の挙動と定置網漁場における大型クラゲ出現の関係, 日本海洋学会西南支部・海洋気象学会・水産海洋学会 2012年度九州沖縄地区合同シンポジウム「対馬海峡」, 2012.12.
104. 渡辺俊輝,千手智晴,種子田雄 , 日本海南西海域における海況変動-水温の長期変動に注目して-, 日本海洋学会西南支部・海洋気象学会・水産海洋学会 2012年度九州沖縄地区合同シンポジウム「対馬海峡」, 2012.12.
105. Shinichi S. Tanaka, Takafumi Aramaki, Ken-ichi Sasaki, Yutaka Isoda, Tomoharu Senjyu and Yuichiro Kumamoto, CFC-11, CFC-12 and CFC-113 indicating the sudden weakening of the thermohaline circulation in the Japan Sea, American Geophysical Union 2012 Fall meeting, 2012.12.
106. Kaoru Ichikawa, Wen Chang Yang, Akihiko Morimoto, Yutaka Yoshikawa, Shigeo Sugitani, Wen-Shan Chiang, Jian-Wu Lai, Cho-Teng Liu, Chang-Wei Lee, Kei Yufu, Moeto Kyushima, Satoshi Fujii, Tomoharu Senjyu and Yoshihiko Ide, Preliminary results of the Japan-Taiwan joint survey on combining ocean radar data in the Kuroshio upstream region, The Joint Workshop of 6th Program of the East Asian Cooperative Experiments (PEACE) Ocean Science Workshop and 9th Korea-Japan Workshop on Ocean Color (KJWOC), 2012.11.
107. Tomoharu Senjyu, Takafumi Aramaki, Yutaka Isoda and Shin-ichi Tanaka, Variability of the benthic front between the Japan and Yamato Basins in the Japan Sea, The Joint Workshop of 6th Program of the East Asian Cooperative Experiments (PEACE) Ocean Science Workshop and 9th Korea-Japan Workshop on Ocean Color (KJWOC), 2012.11.
108. Tomoharu Senjyu, Interdecadal water mass variability in the abyssal Japan/East Sea, International Workshop "Marginal Seas in Change: the East Sea and the Mediterranean Sea", 2012.11.
109. 千手智晴,荒巻能史, 東シナ海から流入する低塩分水が日本海の物質循環に及ぼす影響, 東アジアの大気・海洋汚染と健康影響に関するワークショップ, 2012.10.
110. 山崎恵一,井桁庸介,北出裕二郎,山田東也,千手智晴,渡邊達郎,大慶則之,池田怜, 能登半島東岸で観測された近慣性内部波の鉛直構造, 2012年度日本海洋学会秋季大会, 2012.09.
111. 千手智晴, 日本海研究における船舶観測の重要性と問題点, 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「アルゴ時代の海洋物理船舶観測」, 2012.08.
112. 福留研一,千手智晴,大慶則之,広瀬直毅, 能登半島周辺の陸棚域における漁船の操業を利用した流況観測, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」および萌芽研究「東アジア縁辺海統合観測航海による対馬暖流系の流動・物質輸送過程の解明」成果報告会, 2012.07.
113. 遠藤貴洋,松野健,千手智晴, 日本海底層水の昇温過程に関する数値実験, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」および萌芽研究「東アジア縁辺海統合観測航海による対馬暖流系の流動・物質輸送過程の解明」成果報告会, 2012.07.
114. 田中伸一,荒巻能史,磯田豊,千手智晴,熊本雄一郎, マルチトレーサーを用いた日本海底層水形成量の推定~おしょろ丸2011年6月の観測結果に関連して~, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」および萌芽研究「東アジア縁辺海統合観測航海による対馬暖流系の流動・物質輸送過程の解明」成果報告会, 2012.07.
115. 千手智晴,磯田豊,荒巻能史,田中伸一, 日本海盆-大和海盆間に存在する底層フロントの変動について~おしょろ丸2011年6月の観測結果に関連して~, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」および萌芽研究「東アジア縁辺海統合観測航海による対馬暖流系の流動・物質輸送過程の解明」成果報告会, 2012.07.
116. 奥野充一・千手智晴・大慶則之, 日本海表層の低塩分水の挙動と定置網漁場における大型クラゲ出現の関係, 名古屋大学地球水循環研究センター共同利用研究集会「東シナ海陸棚域の鉛直過程と物質循環」, 2012.06.
117. 千手智晴・荒巻能史・田中伸一, 日本海深層における溶存酸素量の長期係留観測, 2012年度日本海洋学会春季大会, 2012.03.
118. 千手智晴・松野 健, 日本海深層における海盆間海水交換と海水混合過程, 研究集会「地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明」, 2012.03.
119. Tomoharu Senjyu, Bottom water exchange between the Japan and Yamato Basins in the Japan Sea, The 10th Japan-Korea Joint Seminar on Physical Oceanography dedicated to Prof. Jong-Hwan Yoon on his retirement, 2012.01.
120. 千手智晴, 日本海盆と大和海盆の深層海水交換, 第66回日本海海洋調査技術連絡会, 2011.12.
121. 奥野充一,千手智晴,大慶則之, 日本海表層の低塩分水の挙動と定置漁場における大型クラゲ出現の関係, 2011年度 水産海洋学会研究発表大会, 2011.11.
122. 大慶則之,千手智晴,広瀬直毅, 水位差から推定される能登半島-舳倉島間の通過流量の変動, 2011年度 水産海洋学会研究発表大会, 2011.11.
123. 千手智晴,大慶則之, 能登半島北西沖海域における海洋構造の季節・経年変動と対馬海峡との関連, 北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2011.11.
124. Tomoharu Senjyu, The East Asian Marginal Seas System; Connectivity between the Japan Sea and the East China Sea, Workshop on Recent advances in monitoring and understanding of Asian marginal seas: 5 years of CREAMS/PICES EAST-1 Program, PICES-2011, Mechanisms of Marine Ecosystem Reorganization in the North Pacific, 2011.10, There are linkage systems among the East Asian marginal seas and atmosphere over the seas. We call this the East Asian Marginal Seas System. This presentation introduces two examples of the connectivity between the Japan and East China Seas. The first example is the interdecadal variation in the Japan Sea Proper Water. Temperature and dissolved oxygen in the Japan Sea Proper Water show a bidecadal periodicity. The bidicadal variation is synchronized with the activity of cold-air outbreaks which are induced by atmospheric disturbances. Since atmospheric disturbances easily develop over the East China Sea in winters with weak monsoon due to positive SST anomalies (Isobe and Beardsley, 2007), this indicates that the formation of the Japan Sea Proper Water is modulated by the SST variation in the East China Sea through the atmosphere. The second example is the interannual salinity variation in the western channel of the Tsushima Strait. Salinity in the western channel highly correlates with that in the Jeju Strait. On the other hand, the salinity variation in the Jeju Strait shows a significant correlation with that of the cold bottom water in the strait in summer. The origin of the cold bottom water is considered to be the Yellow Sea cold water. Since the Yellow Sea cold water is formed in winter by air-sea interaction and its southern extension is associated with the summer monsoon, the influx of freshwater to the Japan Sea is controlled by the atmospheric and oceanographic conditions in the Yellow and East China Seas..
125. 千手智晴, 大気海洋相互作用が結ぶ東シナ海と日本海深層, 日本海洋学会沿岸海洋研究会シンポジウム「東アジア縁辺海における大気海洋相互作用と海洋生態系への影響」, 2011.09.
126. 福留研一,千手智晴,大慶則之,広瀬直毅, 漁船の操業を利用した流況観測の試み, 2011年度日本海洋学会秋季大会, 2011.09.
127. 佐々木俊次,張勁,千手智晴,松野健, 溶存酸素・希土類元素分布からみる日本海海水循環と水塊構造の詳細, 2011年度日本海洋学会秋季大会, 2011.09.
128. 西村誠次,松野健,千手智晴,堤英輔,日比谷紀之,長澤真樹,佐々木俊次, 日本海底層における一様層の形成・維持仮定, 2011年度日本海洋学会秋季大会, 2011.09.
129. 千手智晴,熊本雄一郎,張勁,田中伸一,荒巻能史, 日本海底層における海水交換-日本海盆と大和海盆, 2011年度日本海洋学会秋季大会, 2011.09.
130. 千手智晴, 日本海深層海水の長期変動と気候変動・地球温暖化, RIAMフォーラム2011, 2011.06.
131. 千手智晴・大慶則之, 対馬海峡と同期した能登北西沖海域における塩分の経年変動, 名古屋大学地球水循環研究センター共同研究集会「東シナ海陸棚域の鉛直過程と基礎生産」, 2011.06.
132. Naoki Hirose, Ken-ichi Fukudome, Jae-Hong Moon, Tomoharu Senjyu, Satoshi Nakada, Toshihiro Tsuji and Noriyuki Ookei, TAIRYO project: A real-time ocean prediction experiment for coastal fishery, The 16th Pacific-Asian Marginal Seas meeting, 2011.04.
133. 千手智晴・大慶則之 , 対馬海峡と同期した能登北西沖海域における塩分の経年変動, 2011年度日本海洋学会春季大会, 2011.03.
134. 福留研一,千手智晴,大慶則之,中田聡史,広瀬直毅, 漁船の操業を利用したADCP観測の試み, 九州大学応用力学研究所共同利用研究研究集会「日本海および日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会」, 2010.12.
135. 松野 健,千手智晴,Sang-Hyun Kim, 済州島および九州周辺の島における塩分のモニタリング結果から推察される長江希釈水の挙動, 2010年度九州沖縄地区合同シンポジウム「離島周辺の海洋環境と生物資源・海洋エネルギー」, 2010.12.
136. 新原翔一,千手智晴,松野 健,滝川哲太郎, 山口県下関沖の蓋井島で観測された鋸歯状の水温変動, 2010年度九州沖縄地区合同シンポジウム「離島周辺の海洋環境と生物資源・海洋エネルギー」, 2010.12.
137. 大慶則之・千手智晴, 底びき網漁船の操業を利用した水温鉛直分布データの収集, 第65回日本海海洋調査技術連絡会, 2010.12.
138. 新原翔一,千手智晴,松野 健,滝川哲太郎, 山口県下関沖の蓋井島で観測された鋸歯状の水温変動, 第65回日本海海洋調査技術連絡会, 2010.12.
139. 千手智晴,大慶則之,福留研一, 漁船の操業を利用した流れと水温鉛直分布情報の収集, 2010年度水産海洋学会研究発表大会, 2010.11.
140. Tomoharu Senjyu and Noriyuki Ookei, Correlation of interannual salinity variations in the Tsushima Strait and NW off the Noto Peninsula in the Japan Sea, 5th PEACE/CREAMS-AP International Ocean Workshop, 2010.09.
141. Shunji Sasaki, Jing Zhang, Hisashi Narita, Tomoharu Senjyu, Toshitaka Gamo, and the KH-10-02 Cruise scientific party, Mapping the spatial distribution of advected intermediate/deep water in the eastern Japan Sea Basin using dissolved oxygen, 5th PEACE/CREAMS-AP International Ocean Workshop, 2010.09.
142. Akihiko Morimoto, Akira Gotoh, Tomoharu Senjyu, Goh Onitsuka, Tetsutaro Takikawa, Atsushi Watanabe, and Masatoshi Moku, Interannual variation in nutrient transport through the Tsushima Strait, 5th PEACE/CREAMS-AP International Ocean Workshop, 2010.09.
143. 大慶則之,千手智晴, 定期旅客船による能登半島沖での表層水温モニタリング, 2010年度日本海洋学会秋季大会, 2010.09.
144. 新原翔一,千手智晴,滝川哲太郎, 山口県下関沖の蓋井島で観測された鋸歯状の水温変動, 2010年度日本海洋学会秋季大会, 2010.09.
145. 千手智晴, 対馬海峡と日本海中部海域の塩分変動の関連について, 名古屋大学地球水循環研究センター共同研究集会「東シナ海の大気海洋相互作用と生物基礎生産」, 2010.06.
146. 荒巻能史・乙坂重嘉・高畑直人・磯田 豊・久万健志・千手智晴・, マルチトレーサーによる日本海底層水の循環と海水特性の解析, 2010年度日本海洋学会春季大会, 2010.03.
147. 千手智晴・松野 健, 対馬海流沿岸分枝流による長江希釈水の移流時間スケール ~対馬海峡から津軽海峡まで~, 2010年度日本海洋学会春季大会, 2010.03.
148. 千手智晴・松井繁明・韓 仁盛, 対馬海峡の水温・塩分変動, 2010年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「東アジア海洋大気環境変化の監視と予測」, 2010.03.
149. K. Ichikawa, D. Ambe, T. Senjyu, T. Matsuno, K. Fukudome, C.-T. Liu and H.-W. Chen, Long-term monitoring of the Taiwan Warm Current by altimeters and surface drifters, The Second Workshop on Marine Environment in the East China Sea and Its Sound Future, 2010.02.
150. Tomoharu Senjyu and Takeshi Matsuno, Propagation of the Changjiang Diluted Water in the Japan Sea - From the Tsushima Strait to the Tsugaru Strait, The Second Workshop on Marine Environment in the East China Sea and Its Sound Future, 2010.02.
151. 千手智晴・松野 健, 追跡!低塩分水!!~対馬海峡から津軽海峡まで~, 第64回日本海海洋調査技術連絡会, 2009.12.
152. 千手智晴・大慶則之, 能登北西海域における海洋構造の季節・経年変化, 2009年度水産海洋学会研究発表大会, 2009.11.
153. In-Seoung Han, Takeshi Matsuno, Tomoharu Senjyu, Young-Sang Suh and Joon-Soo Lee, Behavior of low salinity water mass from Northern East China Sea to Korea Strait, PICES-2009 Annual meeting , 2009.10.
154. Tomoharu Senjyu, Takeshi Matsuno, Sang-Hyun Kim and Ig-Chang Pang, Monitoring of the Changjiang Diluted Water around the Jeju and Tsushima Straits using fisheries trap-nets, PICES-2009 Annual meeting , 2009.10.
155. 張 勁,村山晴美,千手智晴,蒲生俊敬, 溶存酸素からみた日本海深層海水循環とその変化, 2009年度 日本海洋学会秋季大会シンポジウム 「生物地球化学的手法で探る日本海環境の動向」, 2009.09.
156. 千手智晴,Yanlin Cui, 日本海および日本海をとりまく環境の長期変動, 2009年度 日本海洋学会秋季大会シンポジウム 「生物地球化学的手法で探る日本海環境の動向」, 2009.09.
157. 後藤 暁,森本昭彦,千手智晴,鬼塚 剛,滝川哲太郎,渡邉 敦,杢 雅利, 対馬暖流による栄養塩の輸送量とその経年変動, 2009年度 日本海洋学会秋季大会, 2009.09.
158. Hsien-Wen Chen, Cho-Teng Liu, Po-Feng Chen, Takeshi Matsuno, Kaoru Ichikawa and Tomoharu Senjyu, Strait flow survey with efficient tide-removal strategy, 2009年度 日本海洋学会秋季大会, 2009.09.
159. 市川 香,安倍大介,千手智晴,松野 健,C. T. Liu, H. W. Chen, 高度計で推定した台湾暖流の評価, 2009年度 日本海洋学会秋季大会, 2009.09.
160. 松野 健,Cho-Teng Liu, 市川 香,福留研一,千手智晴,Po-Feng Chen, Hsien-Wen Chen, 台湾暖流のモニタリングと東シナ海陸棚域の循環に関する国際共同研究, 2009年度 日本海洋学会秋季大会, 2009.09.
161. Yanlin Cui and Tomoharu Senjyu, Has the intermediate water formation in the Japan Sea really been enhancing?, 2009年度 日本海洋学会秋季大会, 2009.09.
162. 千手智晴,松野 健,S.-H. Kim, I.-C. Pang, 定置塩分観測からみた東シナ海から日本海にかけての低塩分水の挙動, 2009年度 日本海洋学会秋季大会, 2009.09.
163. 千手智晴・松野健, 追跡! 低塩分水!! ~Cheju海峡から対馬海峡まで~, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 2009.09.
164. 千手智晴, 夏季の日本海の表層塩分モニタリング-対馬海峡から津軽海峡まで-, 東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター研究集会「北海道周辺から本州東方海域の諸現象とその時間的変動」, 2009.08.
165. Tomoharu Senjyu, Evolution of low salinity water related to the Changjiang discharge, Workshop on Marine Environment in the East China Sea, 2009.06.
166. I.-S. Han, T. Matsuno, T. Senjyu, N. Hirose, J.-H. Yoon and Y.-S. Suh, Behavior of low salinity water mass from northern East China Sea to Korea Strait, The 15th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, 2009.04.
167. Y. Cui and T. Senjyu, Interdecadal oscillation of the Japan Sea Proper Water related to the Arctic Oscillation, The 15th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, 2009.04.
168. T. Senjyu, K. Ichikawa, T. Matsuno, C.-T. Liu, H.-W. Chen and T. Endoh, Observations of the Taiwan warm current with surface drifters, The 15th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, 2009.04.
169. 千手智晴・市川 香・松野 健・遠藤貴洋・Cho-Teng Liu・Hsien-Wen Chen, 漂流ブイによる台湾暖流の観測, 2009年度日本海洋学会春季大会, 2009.04.
170. 千手智晴, 日本海における急潮の力学機構, 日本水産学会シンポジウム「急潮の発生・伝播機構と定置網の被害防除」, 2009.03.
171. 千手智晴・大慶則之, 日本海の急潮モニタリング-能登半島周辺海域を中心に-, 平成20年度共同利用研究集会「日本海沿岸域における海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会」, 2008.12.
172. Yanlin Cui and Tomoharu Senjyu, Interdecadal oscillation of the Japan Sea Proper Water related to the Arctic Oscillation, 2008年度 日本海洋学会秋季大会, 2008.09.
173. 千手智晴・福留研一・広瀬直毅, 東シナ海から日本海への熱・淡水輸送(再考), 2008年度 日本海洋学会秋季大会, 2008.09.
174. T. Senjyu, I.-S. Han and S. Matsui, Inter-decadal variations of temperature and salinity structures in the Tsushima Strait, 4th PEACE Ocean Science Workshop , 2008.09.
175. Yanlin Cui and Tomoharu Senjyu, Interdecadal oscillation of the Japan Sea Proper Water related to the arctic oscillation, 4th PEACE Ocean Science Workshop, 2008.09.
176. T. Senjyu, I.-S. Han and S. Matsui, Inter-decadal variations of temperature and salinity structures in the Tsushima Strait connecting the East China Sea to the Japan Sea, 5th Annual Meeting AOGS 2008, 2008.06.
177. 千手智晴, 対馬海峡を通過する熱と大陸起源水, RIAMフォーラム2008, 2008.06.
178. 千手智晴・松井繁明・韓 仁盛, 対馬海峡における水温・塩分構造の長期変動, 2008年度 日本海洋学会春季大会, 2008.03.
179. T. Senjyu, I.-S. Han and S. Matsui, Inter-decadal variations of temperature and salinity structures in the Tsushima Strait, International Workshop on Material transport from the East China Sea to the Japan/East Sea -Physical, chemical and biological properties, 2008.02.
180. 千手智晴, 対馬海峡から日本海に流入する長江起源水の挙動, 2007年度海洋気象学会シンポジウム「日本周辺の海洋循環と日本の気候・環境変化」, 2007.12.
181. 渡辺俊輝,千手智晴, 定期旅客船による山口県沖合海域の表層水温観測, 日本海洋学会西南支部・海洋気象学会・水産海洋学会 2007年度九州沖縄地区合同シンポジウム「沿岸海洋モニタリングの現状と課題」, 2007.12.
182. 千手智晴,松野 健,広瀬直毅, 対馬海峡域での表層水温・塩分モニタリング, 日本海洋学会西南支部・海洋気象学会・水産海洋学会 2007年度九州沖縄地区合同シンポジウム「沿岸海洋モニタリングの現状と課題」, 2007.12.
183. T. Senjyu, T. Matsuno, N. Hirose, I.-S. Han and S.-K. Kim, Behavior of the Changjiang Diluted Water from the East China Sea through the Japan Sea, International Workshop on Monitoring and Forecasting of the Rapid Change in Ocean-Atmosphere Environment in the East Asia, 2007.11.
184. 千手智晴, 日本海固有水の経年変動について, 水産海洋学会シンポジウム「対馬暖流域における海洋環境と漁業資源の中長期変動」, 2007.11.
185. 広瀬直毅・松野 健・千手智晴・高山勝巳・福留研一・石坂丞二・牧野高志・矢津敏弘・In-Seong Han・Young-Sang Suh, 水温・塩分・クロロフィルaの対馬海峡横断モニタリング, 2007年度日本海洋学会秋季大会, 2007.09.
186. 渡辺俊輝・千手智晴, 冬季の山口県沖合海域における表層水温変動特性, 2007年度日本海洋学会秋季大会, 2007.09.
187. 千手智晴・熊木 豊・松宮由太佳・大慶則之・井野慎吾・丸山克彦・松山優治, 日本海の急潮(その2)~台風0613号通過時の各地の流況, 2007年度日本海洋学会秋季大会, 2007.09.
188. 熊木 豊・千手智晴・上野陽一郎・松宮由太佳・大慶則之・井野慎吾・丸山克彦・松山優治, 日本海の急潮(その1)~日本海中部沿海における秋季の流動特性, 2007年度日本海洋学会秋季大会, 2007.09.
189. T. Senjyu, S. Matsuni, I.-S. Han and T. Takikawa, Interannual variability of the freshwater transport from the East China Sea to the Japan Sea and its impact on the Japan Sea conditions, 4th Annual meeting of Asia Oceania Geosciences Society, 2007.07.
190. Tomoharu Senjyu and In-Seong Han, Connectivity of the salinity variation in the Tsushima Strait and baroclinicity in the Cheju Strait, The 14th Pacific Marginal Sea/Japan and East China Seas (PAMS/JECSS) Workshop, 2007.05.
191. 田中孝幸・乙坂重嘉・天野光・外川織彦・千手智晴・磯田豊・久万健志, 日本海における溶存態有機物中放射性炭素の鉛直分布, 日本海洋学会, 2007.03.
192. 荒巻能史・外川織彦・乙坂重嘉・鈴木崇史・千手智晴・皆川昌幸, 日本海における放射性炭素の分布と深層循環, 日本海洋学会, 2007.03.
193. 千手智晴・韓 仁盛, 対馬海峡西水道の塩分変動とCheju海峡の傾圧性との関連, 日本海洋学会, 2007.03.
194. 大慶則之・奥野充一・千手智晴, 能登半島東岸に発生する急潮について, 日本海洋学会, 2007.03.
195. 千手智晴・松井繁明, 対馬海峡を通過する海水の水温場の経年変動, 東シナ海から日本海へ流入する海水の物理・生物・化学特性に関する研究集会, 2007.03.
196. 千手智晴, 対馬海峡の塩分変動とCheju海峡の傾圧性との関係, 日本海沿岸域における海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会, 2006.12.
197. T. Senjyu, S. Matsui, I.-S. Han and T. Takikawa, Seasonal and interannual variations of the freshwater and temperature transport from the East China Sea to the Japan Sea, The PEACE 3rd Ocean Workshop, 2006.11.
198. T. Senjyu, T. Matsuno, K. Mori and S. Kim, Freshwater transport from the East China Sea to the Japan Sea, 2006 Western Pacific Geophysical Meeting, 2006.07.
学会活動
所属学会名
日本海洋学会
日本気象学会
水産海洋学会
日仏海洋学会
American Geophysical Union
学協会役員等への就任
2019.04~2021.03, 水産海洋学会, 評議員.
2019.04~2021.03, 日本海洋学会, 評議員.
2017.04~2020.03, 水産海洋学会, 和文誌編集委員.
2015.04~2017.03, 日仏海洋学会, 賞選考委員.
2014.04~2017.03, 日本海洋学会沿岸海洋研究会, 編集委員.
2012.04~2014.03, 日仏海洋学会, 賞選考委員.
2013.03~2015.03, 日本海洋学会, 評議員.
2012.04~2020.03, 日仏海洋学会, 幹事.
2011.04~2013.03, 日仏海洋学会, 学会賞選考委員.
2007.04~2008.03, 日仏海洋学会, 賞選考委員.
2000.04~2020.03, 日仏海洋学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.12.10~2018.12.10, 2018年度九州沖縄地区合同シンポジウム「日本海研究の現状と今後について」, 座長.
2018.09.25~2018.09.29, 2018年度日本海洋学会秋季大会, セッションコンビーナ-.
2017.10.26~2017.10.26, WESTPAC Workshop on "A framework for cooperative studies in the Western Pacific Marginal Seas: Energy and materials exchange between land and open ocean", 司会(Moderator).
2017.06.29~2017.06.30, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 座長(Chairmanship).
2016.08.29~2016.08.31, The 8th PEACE Ocean Science Workshop, 座長(Chairmanship).
2016.06.30~2016.07.01, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 座長(Chairmanship).
2015.09.26~2015.09.29, 日本海洋学会2015年度秋季大会, 座長(Chairmanship).
2015.04.21~2015.04.23, The 18th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, 座長(Chairmanship).
2015.02.06~2015.02.07, The 13th Korea-Japan Joint Seminar on Physical Oceanography, 座長(Chairmanship).
2014.12.05~2014.12.05, 2014年度九州沖縄地区海洋気象学会・水産海洋学会・日本海洋学会西南支部合同シンポジウム「東シナ海及びその周辺海域のリモートセンシングによる気象・海洋観測」, 座長(Chairmanship).
2014.07.08~2014.07.09, 北海道大学低温科学研究所研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 座長(Chairmanship).
2014.03.26~2014.03.30, 日本海洋学会2014年度春季大会, 座長(Chairmanship).
2013.12.12~2013.12.12, 第68回日本海海洋調査技術連絡会, 座長(Chairmanship).
2013.03.21~2013.03.25, 2013年度日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2012.11.06~2012.11.08, International workshop on Marginal Seas in Change: the East Sea and the Mediterranean Sea, 座長(Chairmanship).
2012.03.26~2012.03.30, 2012年度日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2010.03.26~2010.03.30, 2010年度日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2009.09.25~2009.09.25, 2009年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム「生物地球化学的手法で探る日本海環境の動向」, 座長(Chairmanship).
2009.09.25~2009.09.28, 2009年度日本海洋学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2009.04.05~2009.04.09, 2009年度日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2008.09.24~2008.09.28, 2008年度 日本海洋学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2008.09.17~2008.09.19, The 4th PEACE Ocean Science Workshop, 座長(Chairmanship).
2007.11.29~2007.11.30, International Workshop on Establishment of Cooperative Sea under common understanding on the marine environment of the East China Sea, 座長(Chairmanship).
2007.05.23~2007.05.25, The 14th Pacific Marginal Sea/ Japan and East China Seas (PAMS/JECSS) Workshop, 座長(Chairmanship).
2007.03.22~2007.03.22, 2007年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「キトキト 富山湾研究の最前線から」, 座長(Chairmanship).
2007.03.22~2007.03.26, 2007年度日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2006.12.08~2006.12.08, シンポジウム「日本海の海洋循環と気候・環境変化」, 座長(Chairmanship).
2005.09.27~2005.10.01, 2005年度 日本海洋学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2005.07.13~2005.07.15, The Indonesia Ocean Forum 2005 and 13th PAMS/JECSS Workshop, 座長(Chairmanship).
2005.03.27~2005.03.31, 2005年度 日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2004.09.23~2004.04.28, 2004年度 日本海洋学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2004.03.26~2004.03.30, 2004年度 日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2003.08.21~2003.08.23, International Symposium for Program of the East Asian Cooperative Experiment (PEACE), 座長(Chairmanship).
2003.03.27~2003.03.31, 2003年度 日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2002.10.01~2002.10.05, JOS 2002 Fall Meeting, SCOR-JOS International Symposium and 26th SCOR General Meeting, 座長(Chairmanship).
2002.03.27~2002.03.31, 2002年度 日本海洋学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2015.04.21~2015.04.23, The 18th Pasific-Asian Marginal Seas Meeting, Local Organizing Committee and Chairs.
2014.10.22~2014.10.22, 水産海洋地域研究集会第4回日本海研究集会:日本海の水産資源と環境・地域社会を考えるシンポジウム「日本海沿岸で起きる急潮の実態とその予報システムの構築をめざして」, コンビーナー.
2013.03.25~2013.03.25, 2013年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「日本海および周辺海域でいま進みつつある環境の変化:その驚くべき実態に迫る!」, コンビナー.
2011.09.26~2011.09.30, 2011年度日本海洋学会秋季大会, 実行委員会委員.
2009.09.25~2009.09.25, 2009年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム「生物地球化学的手法で探る日本海環境の動向」, コンビーナー.
2007.03.27~2007.03.27, 2007年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「キトキト 富山湾研究の最前線から」, コンビーナー.
2005.03.05~2005.03.05, 日本海の急潮−予測技術の開発と被害の低減に向けて−, コンビーナー.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.04~2020.04, 水産海洋学会/水産海洋研究, 国内, 編集委員.
2009.04~2011.03, 日本海洋学会/Journal of Oceanography, 国際, 編集委員.
2002.04, 日本海洋学会沿岸海洋研究部会/沿岸海洋研究, 国内, 編集委員.
1999.03~2004.03, 日本海洋学会/Journal of Oceanography, 国際, Associate Editor.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度     12 
2017年度    
2016年度    
2015年度    
2014年度    
2013年度    
2012年度    
2011年度    
2010年度      
2009年度    
2008年度    
2007年度    
2006年度      
2005年度      
2004年度      
2003年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Seoul National University, Korea, 2019.06~2019.06.
中国海洋大学, China, 2018.12~2018.12.
AOGS2013, Australia, 2013.06~2013.06.
Seoul National University, Korea, 2012.11~2012.11.
PICES-2011, Russia, 2011.10~2011.10.
Gangnung-Wonju National University, Korea, 2010.09~2010.09.
Pukyong National University, National Fisheries Research and Development Institute, Korea, 2008.12~2008.12.
V.I. Il'ichev Pacific Oceanological Institute, Far Eastern Branch of the Russian Academy of Science, Russia, 2008.09~2008.09.
5th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, Korea, 2008.06~2008.06.
Taiwan Ocean University, Taiwan, 2008.05~2008.05.
Taiwan National University, Taiwan, 2007.09~2007.09.
4th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, Thailand, 2007.07~2007.07.
The 3rd PEACE Ocean Science Workshop, China, 2006.11~2006.12.
2006 Western Pacific Geophysical Meeting, China, 2006.07~2006.07.
The 2005 Indonesia Ocean Forum and 13th PAMS/JECSS Workshop, Indonesia, 2005.07~2005.07.
National Fisheries Research and Development Institute, Korea, 2005.05~2005.05.
Seoul National University, Korean Ocean Research & Development Institute, Korea, 2004.03~2004.03.
12th PAMS-JECSS International Workshop, China, 2003.11~2003.11.
Seoul National University, Korea, 2003.08~2003.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2010.11~2011.01, 1ヶ月以上, 福井県水産試験場, Japan, 福井県.
受賞
2015年度 日仏海洋学会賞, 日仏海洋学会, 2015.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2021年度, 基盤研究(A), 代表, 近慣性運動に起因する海洋内部の強鉛直混合域が海盆規模の循環と物質分布に及ぼす影響.
2015年度~2019年度, 新学術領域研究, 分担, 黒潮とその源流域における混合過程・栄養塩輸送と生態系の基礎構造の解明.
2014年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 東シナ海陸棚域における基礎生産と物質循環を支配する物理・化学・生物過程の研究.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 近慣性周期の内部重力波は日本海深層をどのように伝播するか?.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 深海乱流の直接計測と化学トレーサーによる日本海深層循環の解明.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, 東シナ海から流入する大陸河川起源の淡水が日本海及び三陸沿岸の海洋環境に及ぼす影響.
2003年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, 東シナ海から流入する大陸起源の淡水が日本海の熱塩循環に及ぼす影響.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2018年度, 環境研究総合推進費, 分担, 温暖化に対して脆弱な日本海の循環システム変化がもたらす海洋環境への影響の検出.
2010年度~2010年度, 北海道大学低温科学研究所共同研究, 分担, 東アジア縁辺海統合観測航海による対馬暖流系の流動・物質輸送過程の解明.
2010年度~2012年度, 地球環境研究総合推進費(環境省), 分担, 日本海深層の無酸素化に関するメカニズム解明と将来予測.
2009年度~2011年度, 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業(農林水産省), 分担, 漁業を省エネ構造にするための海況予測技術の開発.
2007年度~2009年度, 科学技術振興調整費 (文部科学省), 分担, 協調の海の構築に向けた東シナ海の環境研究.
2006年度~2008年度, 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業(農林水産省), 分担, 日本海における急潮予測の精度向上と定置網防災策の確立.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」