九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
千手 智晴(せんじゆ ともはる) データ更新日:2019.04.27

准教授 /  応用力学研究所 地球環境力学部門 総合理工学府 大気海洋環境システム学専攻 環境予測学講座


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
(社)全国沿岸漁業振興開発協会広域漁場開発調査(山口県調査)検討委員(1997年7月〜2000年3月)
日本原子力研究所 研究嘱託,海水循環及び放射性物質等の移行の調査・検討(2001~2005)
(独)日本原子力研究開発機構 研究嘱託,海水循環及び放射性物質等の移行の調査・検討(2006~2010)
長崎大学水産学部練習船の共同利用に係る運営協議会委員(2009年8月~)
東京大学大気海洋研究所研究船共同利用運営委員会研究船運航部会委員(2011~2016)
金沢大学環日本海域環境研究センター共同利用・共同研究拠点専門委員会委員(2016年4月~2020年3月)
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2017.04~2020.03, 気候変動適応中部広域協議会・アドバイザー.

2013.04~2016.03, 環境省環境研究総合推進費「日本海及び周辺域の大気・海洋における有機汚染物質の潜在的脅威に関する研究」アドバイザー, 研究代表者:早川和一(金沢大学).

2012.07~2015.03, 農林水産技術会議 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「日本海沿岸域におけるリアルタイム急潮予測システムの開発」にかかる外部アドバイザー.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2019.01, NHKワールド(国際放送), NHK国際放送の科学番組 Science View に出演し、地球温暖化にともなう日本海深層循環の変化について解説した。.

2018.07, 産経新聞, 科学欄において、「日本海で進む「海の温暖化」」、「異変が世界に先行 漁業に打撃懸念」のタイトルで、日本海の温暖化と生態系への影響を報道。研究成果の一部を資料提供した。.

2018.04, 日本経済新聞, 全国紙サイエンス欄において「日本海、温暖化を先取り」、「循環鈍く 生態系に影響も」の見出しで、日本海の温暖化と深層流の弱化について解説。.

2017.09, RKBラジオ, RKBラジオからの取材で、太平洋と日本海の波の違いについて解説した。.

2017.09, NHK Eテレ, NHK教育テレビの科学番組「サイエンスZERO」の「小さな大洋”日本海”からの警告」に出演し、地球温暖化にともなう日本海深層流の変化について解説した。.

2015.12, 朝日新聞, 日本海沿岸各地に漂流・漂着する北朝鮮からと思われる木造船に関連して、日本海の海流と冬季季節風の特徴についてコメントした。.

2007.02, 日本海新聞, 第2回あかいかシンポジウムでの講演についての紹介.

2004.01, KBC(韓国のTV局), 日本海特集番組において解説を行った.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2019.02, 市民向け講演会 日本海で進みつつある環境の変化~その驚くべき実態に迫る~
この中で、「地球温暖化と海~日本海異変」というタイトルで講演を行い、日本海の海洋構造、深層水の形成、現在進みつつある温暖化の影響について解説した。, 主催:国立研究開発法人国立環境研究所
共催:九州大学応用力学研究所, 西新プラザ(福岡市).

2017.01, 市民向け講演会 日本海で進みつつある環境の変化~その驚くべき実態に迫る~
この中で、「小さな大洋~日本海のふしぎ」というタイトルで講演を行い、日本海の海洋構造、深層水の形成、現在進みつつある温暖化の影響について解説した。, 主催:国立研究開発法人国立環境研究所
共催:金沢大学環日本海域環境研究センター, 金沢市文化ホール(金沢市).

2016.08, 地球温暖化と海-日本海異変
平成28年度九州大学(大学院総合理工学府)公開講座「大気と海洋の環境学 ~地球温暖化から越境汚染まで~」, 九州大学大学院総合理工学府, 九州大学筑紫キャンパス.

2015.08, 海を測るって、どういうこと?/第2回海の科学講座 in 九州 海を測る, 福岡管区気象台・九州大学応用力学研究所・西海区水産研究所, 西新プラザ(福岡県).

2012.11, 東海大学海洋学部の卒業生や開発工学部在校生を対象とした「沼津校舎を再訪する会」において、「海洋観測に関わり続けて」というタイトルで講演を行った。講演では現在行っている研究の紹介をすると共に、最新の海洋観測機器について解説した。また、「時代が海洋学に携わるものに求めているのは何か?」というテーマで行った総合討論会(パネルディスカッション)にパネラーとして参加し、社会と海洋学との関連について討論した。, 東海大学海洋学部・開発工学部,「沼津校舎を再訪する会」事務局, 東海大学沼津校舎.

2009.11, 漁業者を対象とした「平成21年度第1回境港地区漁海況連絡会議」において、「山陰沿岸の水温・塩分変動~定置網を利用した海洋観測からわかったこと~」というタイトルで講演を行った。, 鳥取県水産試験場, みさき会館大会議室(鳥取県境港市昭和町1番地先).

2007.02, 漁業者を対象とした「第2回あかいかシンポジウム」において、「山陰沿岸の水温・塩分変動−定置網を利用した海洋観測からわかったこと−」というタイトルで招待講演を行った。, 兵庫県但馬水産技術センター・鳥取県栽培漁業センター, 兵庫県美方郡香美町香住区JF香住町(香住町漁協).

2006.09, 平成18年度九州大学大学院総合理工学府公開講座「地球環境を考える−深海開発から宇宙環境までの最前線−」にて、『海を測り、海を探る』というタイトルで講演を行った。, 九州大学大学院総合理工学府, 九州大学筑紫キャンパス.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2019.04~2021.03, 西部地区自然災害資料センター運営委員.

2018.04~2020.03, 総理工報告編集委員会.

2017.04~2019.03, 工作場委員.

2017.04~2018.03, 入試委員(副).

2016.04~2018.03, 筑紫地区給排水専門委員会.

2016.04~2017.03, 公開講座・総理工セミナー担当WG.

2015.04~2017.03, 安全衛生委員.

2015.04~2017.03, 西部地区自然災害資料センター運営委員.

2015.04~2016.03, 三層会世話人.

2014.04~2015.03, オープンキャンパス委員会委員.

2014.04~2016.04, 九州大学文書館委員.

2013.04~2015.03, 情報管理・発信委員 パンフレット担当WG.

2013.04~2015.03, 公開研究発表会等実行委員会.

2013.04~2015.03, 熱帯農学研究センター委員会.

2012.04~2013.03, 国内連携活動委員.

2012.04~2014.03, 総合研究博物館運営委員会委員.

2009.04~2011.03, 男女共同参画推進室室員.

2009.04~2010.03, 九州大学付属図書館電子ジャーナル等検討専門委員会.

2009.04~2011.03, 公開研究発表会等実行委員会.

2009.04~2010.03, 三層会世話人.

2008.04~2010.03, 出版広報委員.

2008.04~2009.03, 暖流会世話人.

2007.04~2009.03, 大学院総合理工学府大気海洋環境システム学専攻副学務委員.

2006.06, 学生募集WG.

2005.06~2006.03, 将来構想WG.

2005.04~2007.03, 西部地区自然災害資料センター運営委員会.

2004.12~2006.03, 総合理工学府大気海洋環境システム学専攻HP委員.

2004.04~2005.03, 自己点検評価報告書WG.

2004.04, 計算機専門委員会.

2004.04~2006.03, 出版・広報委員会.

2003.10, 企画専門委員会筑紫地区キャンパス計画WG.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」