九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
小山 繁(こやま しげる) データ更新日:2017.11.21

教授 /  総合理工学研究院 環境理工学部門 流動熱工学


主な研究テーマ
新規熱媒体を用いた次世代型熱エネルギー変換システム
キーワード:Advanced Thermal Energy Conversion System
1985.04.
CPU冷却システムに関する研究
キーワード:電子式・吸着式ハイブリッドサイクル、微細流路
2004.04.
新規熱媒体の伝熱促進機構/技術
キーワード:Heat Transfer Enhancement, Alternative Refrigerant, Heat Exchanger
1984.04.
微細流路内での新規熱媒体の気液相変化伝熱流動過程
キーワード:Codensation, Evaporation, Microchannel, Minichannel
1996.04.
超臨界圧二酸化炭素の伝熱流動過程
キーワード:Cooling Heat Transfer, Supercritical Pressure
1998.04.
吸着材料への熱媒体の吸脱着過程
キーワード:Adsorption, Desorption, Heat and Mass Transfer, Advanced Adsorbent
2001.04.
分岐流路内での二酸化炭素気液二相流の分配特性
キーワード:Refrigerant Distribution, Header Type Evaporator, MultiBburanch Channel, CO2
2002.04.
従事しているプロジェクト研究
経済産業省「未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発」:研究開発項目「機械・化学産業分野の高温熱供給に適した冷媒とヒートポンプシステム技術開発」
2014.04~2015.03, 代表者:小山繁, 経済産業省
未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合からの再委託研究として、産業用高効率高温ヒートポンプとして可能性のあるヒートポンプサイクルの熱力学的特性解析と熱交換特性の評価を分担する。.
経済産業省「未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発」:研究開発項目「車両用高効率排熱利用・冷房用ヒートポンプの研究開発」
2013.11~2016.03, 代表者:宮崎 隆彦, 経済産業省
未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合からの再委託研究として、車両の排熱を利用して駆動する吸着式冷凍システムの開発および高性能化に関する基礎研究を分担する。.
経済産業省「未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発」:研究開発項目「機械・化学産業分野の高温熱供給に適した冷媒とヒートポンプシステム技術開発」
2013.11~2014.03, 代表者:小山繁, 経済産業省
未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合からの再委託研究として、産業用高効率高温ヒートポンプとして可能性のあるヒートポンプサイクルの熱力学的特性解析と熱交換特性の評価を分担する。.
CREST 研究領域「エネルギー高効率利用のための相界面科学」 研究課題「固気液相界面メタフルイディクス」
2011.12~2017.03, 代表者:高田保之, 独立行政法人 科学技術振興機構 (JST)
気液相変化現象や吸着・脱着現象等、固気液相界面における素過程をナノスケールからマクロスケールまで統合的に取り扱う新たな学理を追求するとともに、工学的応用を見据えた界面制御・設計技術を確立する。サブテーマの一つである「高性能炭素系吸着材の開発と吸着式ヒートポンプ・冷凍サイクルへの展開」を担当する。.
IEA HP Annex 41
2012.06~2015.10, 代表者:勝田 正文, International Energy Agency
Improved Low Ambient Air-Source Heat Pump Perfromance.
業務用空調機器に適した低GWP冷媒の探求とその安全性、物性および性能評価
2011.07~2016.02, 代表者:小山 繁, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)
本研究開発では、まず、低GWP冷媒候補物質のHFO-1234ze(Z)の安全性を含む化学的性質、熱力学的性質、輸送的性質、伝熱特性およびサイクルの基本特性を明らかにする。ついで、HFO-1234ze(Z)を含むHFO系冷媒、HFC系冷媒、自然冷媒などを組み合わせることによって得られる低GWP混合冷媒の中から業務用空調機器の冷媒として適した混合冷媒を探求・選定し、その混合冷媒の熱物性の測定、伝熱特性の測定およびサイクル性能の評価を行う。以上より、低GWP混合冷媒を実用冷媒として使用する為の基盤技術を構築する。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. 近藤 智恵子, 馬場 大輔, 三島 文也, 小山 繁, R32およびR1234ze(E)のら旋溝付管内沸騰流に関する実験的研究, 銅と銅合金, 207-212 , 第52巻, 2013.08.
2. 馬場 大輔, 近藤 智恵子, 三島 文也, 小山 繁, 非共沸混合冷媒R32/R1234ze(E)の水平らせん溝付管内凝縮流に関する実験的研究, 銅と銅合金, 52, 213-217, 2013.08.
3. Junichi Ohara, Shigeru Koyama, FALLING FILMEVAPORATION OF PURE REFRIGERANT HCFC123 IN A PLATE-FIN HEAT EXCHANGER, Journal of Enhanced Heat Transfer, 19, 4, 301-311, 2012.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
International Insitute of Refrigeration
日本マリンエンジニアリング学会
日本熱物性学会
空気調和衛生工学会
日本伝熱学会
日本冷凍空調学会
日本機械学会
学協会役員等への就任
2015.05~2017.05, 日本冷凍空調学会, 会長.
2013.04~2015.03, 日本冷凍空調学会, 冷媒漏洩対策委員会 委員.
2012.01~2015.12, International Insitute of Regfrigeration, Vice-President, Commssion B1 (Transport Process).
2011.04~2015.03, 日本冷凍空調学会, 熱交換器技術分科会 委員.
2008.04~2015.03, 日本冷凍空調学会, 西日本地区事業推進委員会委員.
1998.04~2012.03, 日本冷凍空調学会, 校閲委員.
2011.05~2013.05, 日本冷凍空調学会, 副会長.
2010.04~2012.03, 日本機械学会, 校閲委員.
2010.04~2011.03, 日本冷凍空調学会, 政策委員会委員.
2008.01~2011.12, International Insitute of Regfrigeration, Member, Commssion B1 (Transport Process).
2009.04~2011.03, 日本冷凍空調学会, 理事.
2003.04~2011.03, 日本冷凍空調学会, 熱交換器技術分科会 主査.
2007.05, 日本冷凍空調学会, 参与.
2005.04~2007.03, 日本冷凍空調学会, 理事.
2005.04~2007.03, 日本伝熱学会, 理事.
2010.04~2014.03, 日本マリンエンジニアリング学会゙, 船舶冷凍空調・環境調和技術研究委員会委員.
2007.04~2010.03, 日本マリンエンジニアリング学会, 船舶冷凍空調・環境調和技術研究委員会委員長.
2004.04, 日本機械学会, フェロー.
1999.01~2007.12, International Insitute of Regfrigeration, Vice-President, Commssion B1 (Transport Process).
2003.05~2005.03, 日本冷凍空調学会, 理事.
1999.05~2002.04, 日本冷凍空調学会, 理事.
2006.04~2007.03, 日本冷凍空調学会, 2006年度年次大会実行委員会委員長.
2006.04~2008.03, 日本冷凍空調学会, 西日本地区事業推進委員会委員長.
2005.04~2007.03, 日本冷凍空調学会, 学術講演会運営委員会委員長.
2005.04~2007.03, 日本冷凍空調学会, 優秀講演賞選考委員会委員長.
2004.11~2007.03, 日本冷凍空調学会, 熱交換器技術分科会主査.
2004.04~2007.03, 日本冷凍空調学会, ASHRAE国内分科会主査.
2006.04, 日本機械学会, 熱工学部門学会賞委員会委員長.
2004.04~2007.03, 日本マリンエンジニアリング学会, 環境調和・熱エネルギー有効利用技術研究委員会副委員長.
2005.04, 日本伝熱学会, 伝熱出版部会委員.
2006.04, 日本機械学会, 会誌編集部会編集委員.
2004.04, 日本機械学会, RC217研究分科会委員.
2005.04, 日本冷凍空調学会, 学会賞委員会委員.
1998.04, 日本冷凍空調学会, IIR国内分科会委員.
2005.04, 日本冷凍空調学会, 技術企画委員会委員.
2006.04, 日本冷凍空調学会, 自然冷媒HP性能評価法WG委員.
2005.04, 日本冷凍空調学会, 国際委員会委員.
2005.04, 日本冷凍空調学会, 伝熱技術WG委員.
2006.01, 日本物性学会, ATPC'07実行委員会委員.
2005.04, International Insitute of Regfrigeration, ACRA2006 Executive Committee Member.
2005.09, ISTP-18 International Scientific Committee, ISTP-18 International Scientifc Committee Member.
学会・研究会における座長等
2004.10, 日本冷凍空調学会, 座長.
2003.08, International Institute of Refrigeration, 座長.
2004.05, 日本伝熱学会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.08.16~2015.08.22, The 24th IIR International Congress of Refrigeration, ICR2015, A Mumber of Domesitice Executive Committee, and A Chair of Program Committee.
2014.05.18~2014.05.21, The 7th Asian Conference onRefrigeration and Air-conditioning, Member, International Advisory Committee.
2013.06.17~2013.06.19, 4th Conference on Thermophysical Properties and Transfer Porcesses of Refrigerants, Scientific Committee, Member.
2012.08.26~2012.08.28, The 6th Asian Conference onRefrigeration and Air-conditioning, Member, International Advisory Committee.
2011.07.01~2011.08.31, 10 th IEA Heat Pump Conference , Program Comittee, Chair Person.
2008.10.01~2010.03.31, 2010 International Symposium on Next-generation Air-Conditioning and Refrigeration Technology, 運営委員会委員及びプログラム委員会委員長.
2005.08, IIR International Conference on Thermophysical Properties and Transfer Processes of Refrigerants, Member, Scientific Committee.
2005.03, 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Member, International Advisory Committee.
2005.09, (社)日本冷凍空調学会西日本地区事業推進委員会主催 第5回西日本地区技術交流会, 事業推進委員長.
2004.09, (社)日本冷凍空調学会西日本地区事業推進委員会主催 第5回西日本地区技術交流会, 事業推進委員長.
2003.05, First International Conference on Minichannels and Microchannels, Member of Scientific Committee.
2003.03, 2003 ASME/JSME Thermal Engineering Joint Conference, Member of Organaizing Committee.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2004.04, 日本機械学会論文集, 校閲委員.
2001.05, Thermal Science and Engineering, 編集委員.
1997.04, 日本冷凍空調学会論文集, 校閲委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2004年度 10  19 
2003年度 16 
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, http://www.cm.kyushu-u.ac.jp/dv10/dv10j.html, 1997.05.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
コロラド大学ボルダー校, United States of America, 2015.06~2015.06.
National Insititute of Science and Technology (NIST), United States of America, 2013.10~2013.10.
The Delft University of Technology, 空調機器産業, Netherlands, Belgium, 2013.06~2012.06.
Jianguo Hotel, China, 2012.08~2012.08.
Purdue University, United States of America, 2012.07~2012.07.
空調機器産業, Korea, 2011.03~2011.03.
The Las Vegas Hilton, United States of America, 2011.01~2011.02.
Frama Riverfront Hotel, Singapore, 2010.11~2010.12.
メリディアンホテル, Thermodynamics and Refrigeration Department of Energy Technology, KTH, Germany, Sweden, 2010.10~2010.10.
パデュー大学, United States of America, 2010.07~2010.07.
コロラド大学, United States of America, 2009.06~2009.06.
National Taipei University of Technology, Japan, 2009.05~2009.05.
The Palmer House Hilton, United States of America, 2009.01~2009.01.
Cnam-IFFI(フランス冷凍空調研究所), Conference Centre of the Society of Danish Engineers IDA, Denmark, 2008.09~2008.09.
LG電子㈱, Korea, 2008.08~2008.08.
Purdue University, United States of America, 2008.07~2008.07.
swissotel Zurich-Oerlikon, Switzerland, 2008.05~2008.05.
国立シンガポール大学, Singapore, 2008.03~2008.03.
上海交通大学, 東南大学, 浙江大学, China, 2007.12~2007.12.
(ブリュッセル), Belgium, 2007.11~2007.11.
LG電子㈱, Korea, 2007.10~2007.10.
国立シンガポール大学, Singapore, 2007.09~2007.09.
Beijing Internaitonal Convention Centre, China, 2007.08~2007.08.
KTH(Royal Institute of Technology), the technical university of Stockholm, Sweden, 2007.05~2007.05.
東南大学, 上海交通大学, China, 2007.04~2007.04.
LG電子(株), ソウル国立大学, Korea, 2007.02~2007.02.
Gyeongju TEMF Hotel, Korea, 2006.05~2006.05.
ICA, United States of America, 2006.01~2006.01.
LG電子㈱, Korea, 2005.09~2005.09.
Vicenza, Italy, 2005.08~2005.09.
シンガポール国立大学, Singapore, 2005.03~2005.04.
Orlando, ICA, United States of America, United States of America, 2005.02~2005.02.
Glasgow, United Kingdom, 2004.08~2004.08.
Rochester Institute of Technology, United States of America, 2004.06~2004.06.
Washington, D.C., United States of America, 2003.08~2003.08.
Rochester Institute of Technology, United States of America, 2003.04~2003.04.
ハワイ, United States of America, 2003.03~2003.03.
ロチェスター工科大学, イリノイ大学, メリーランド大学, ペンシルバニア州立大学, United States of America, United States of America, United States of America, 2000.07~2000.08.
慶南大学, Korea, 1999.05~1999.05.
中国科学技術大学, 浙江大学, 上海交通大学, China, China, China, 1998.09~1998.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2009.10~2009.11, 九州大学総合理工学研究院, Bangladesh, .
2007.11~2009.10, South Valley University, Mech. Power Eng. Department, High Institute for Energy, Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2007.10~2008.04, China, 学内資金.
2007.09~2009.08, Egypt, 日本学術振興会.
2007.07~2008.07, 国立尚州大学校 自動車工学科, Korea, .
2006.10~2008.09, Bangladesh, 日本学術振興会.
2006.09~2006.09, Bangladesh, .
2006.06~2006.07, シンガポール国立大学, Singapore, 日本学術振興会.
2005.07~2006.08, Bangladesh, 文部科学省.
2006.06~2006.07, シンガポール国立大学, Singapore, 文部科学省.
2006.01~2009.03, Korea, 学内資金.
2005.10~2005.12, India.
2005.10, China, 政府関係機関.
2005.04~2005.09, China, 学内資金.
2005.05~2005.08, シンガポール国立大学, Singapore, 文部科学省.
2004.07~2004.10, シンガポール国立大学, Singapore, 文部科学省.
2004.07~2004.08, 南部大学校, Korea, 学内資金.
2003.03~2004.03, 南部大学校, Korea, 学内資金.
2003.04~2003.05, 中国科学院熱物理工程研究所, China, 学内資金.
2002.06~2003.03, 中国科学院熱物理工程研究所, China, 文部科学省.
2002.02~2003.01, 慶南大学校工科大学, Korea, .
2000.06~2002.03, China, 文部科学省.
1999.11~2001.10, Korea, 日本学術振興会.
受賞
平成28年度研究活動表彰, 九州大学, 2016.11.
日本冷凍空調学会 特別会員, 日本冷凍空調学会, 2016.05.
平成27年度研究活動表彰, 九州大学, 2015.11.
IIR Science and Technology Medal, International Institute of Refrigeration (IIR), 2015.08.
'Best Paper of the Year' published in the International Journal of Refrigeration in 2014/2015, Elsevier Ltd. & The Editorial Board of the International Journal of Refrigeration (IJR), 2015.08.
日本冷凍空調学会賞学術賞, 公益社団法人日本冷凍空調学会, 2015.05.
平成26年度研究活動表彰, 九州大学, 2014.11.
Asian Academic Award, Japan Society of Refrigerating and Air Conditioning Engineers, The Chinese Association of Refrigeration, and The Society of Air-Conditioning and Refrigeration Engineers of Korea, 2014.09.
平成25年度研究活動表彰, 九州大学, 2013.11.
日本機械学会熱工学部門賞 研究功績賞, 一般社団法人 日本機械学会 熱工学部門, 2013.10.
BEST POSTER AWARD, General Organizing Committee, International Symposium on Innonvative Materils for Processes in Energy Systems 2013 (IMPRES2013) , 2013.09.
日本冷凍空調学会賞学術賞, 公益社団法人日本冷凍空調学会, 2013.05.
平成24年度研究活動表彰, 九州大学, 2012.11.
日本冷凍空調学会賞学術賞, 公益社団法人日本冷凍空調学会, 2012.05.
BEST PRESENTATION PAPER AWARD, ACRA 2010 Organizing Committee, The 5th Asian Conference on Refrigeration and Air Conditioning, June 7-9, 2010, Tokyo, Japan, 2012.03.
BEST PRESENTATION PAPER AWARD, ACRA 2010 Organizing Committee, The 5th Asian Conference on Refrigeration and Air Conditioning, June 7-9, 2010, Tokyo, Japan, 2012.03.
平成23年度研究活動表彰, 九州大学, 2011.11.
平成22年度研究活動表彰, 九州大学, 2010.11.
日本冷凍空調学会賞学術賞, 日本冷凍空調学会, 2010.05.
日本冷凍空調学会 参与, 日本冷凍空調学会, 2007.06.
日本冷凍空調学会賞学術賞, 社団法人 日本冷凍空調学会, 2007.05.
日本伝熱学会賞(日本伝熱学会学術賞), 日本伝熱学会, 2006.06.
Oustanding Paper Award, The Organaizing Comittee of the 6th Cross Straits Symposium on Materials, Energy and Environmental Engineering, 2004.11.
日本機械学会 フェロー, 日本機械学会, 2004.04.
日本機械学会畠山賞, 日本機械学会, 1975.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, エジェクタ内相変化の物理機構モデル構築と最適冷媒探索.
2008年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 代表, 低温駆動型活性炭素/エタノール系吸着冷凍機の高性能化に関する研究.
2007年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 代表, 吸着現象を応用した燃料電池用天然ガス貯蔵新システムの開発研究.
2006年度~2008年度, 特別研究員奨励費, 代表, 高負荷電子機器冷却用のペルチェ素子式高圧型吸着冷凍機の開発.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 分担, 活性炭素繊維/エタノール系吸着式冷凍機の高性能化に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2017年度, NEDO:未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発, 代表, 研究開発項目「機械・化学産業分野の高温熱供給に適した冷媒とヒートポンプシステム技術開発」.
2016年度~2017年度, NEDO:「高効率低GWP冷媒を使用した中小型空調機器技術の開発」, 代表, 中小型空調機器に適合する新規低GWP冷媒の物性評価および基本サイクル性能評価.
2016年度~2016年度, NEDO:未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発, 代表, 研究開発項目「機械・化学産業分野の高温熱供給に適した冷媒とヒートポンプシステム技術開発」.
2015年度~2015年度, NEDO:未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発, 代表, 研究開発項目「機械・化学産業分野の高温熱供給に適した冷媒とヒートポンプシステム技術開発」.
2015年度~2017年度, 経済産業省「未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発, 分担, 研究開発項目「車両用高効率排熱利用・冷房用ヒートポンプの研究開発」.
2014年度~2014年度, 経済産業省「未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発, 代表, 研究開発項目「機械・化学産業分野の高温熱供給に適した冷媒とヒートポンプシステム技術開発」.
2013年度~2013年度, 経済産業省「未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発, 代表, 研究開発項目「機械・化学産業分野の高温熱供給に適した冷媒とヒートポンプシステム技術開発」.
2013年度~2014年度, 経済産業省「未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発, 分担, 研究開発項目「車両用高効率排熱利用・冷房用ヒートポンプの研究開発」.
2011年度~2016年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, 固気液相界面メタフルイディクス.
2011年度~2015年度, NEDO:環境安心イノベーションプログラム「高効率ノンフロン型空調機器技術の開発」, 代表, 業務用空調機器に適した低GWP冷媒の探求とその安全性,物性および性能評価.
2009年度~2010年度, 受託研究 NEDO, 分担, ノンフロン型省エネ冷凍空調システム開発実用的な性能評価、安全基準の構築エアコン用低GWP混合冷媒の物性とLCCP評価.
2005年度~2008年度, NEDO (社)日本冷凍空調工業会, 分担, ノンフロン型省エネ冷凍空調システム開発.

九大関連コンテンツ