九州大学 研究者情報
発表一覧
高松 洋(たかまつ ひろし) データ更新日:2018.07.26

教授 /  工学研究院 機械工学部門 生体工学講座


学会発表等
1. H. Takamatsu, K. Kitamura, T. Fukunaga, H-D. Wang, K. Kurata, THERMAL CONDUCTIVITY MEASUREMENT OF A DROP OF LIQUID SAMPLE USING A MICRO-BEAM SENSOR, 21st European Conference on Thermophysical Properties, 2017.09.
2. 岩田季久,藏田耕作,田中康嗣,金澤知之進,高松洋, ラット肩腱板断裂モデルにおける腱−骨移行部材料特性のラマン分光計測, 日本機械学会九州支部第71期総会講演会, 2018.03.
3. 太田冬里,中島彬,藏田耕作,高松洋, 微小櫛形電極を利用した生体ファントムの非熱的不可逆エレクトロポレーション, 第30回バイオエンジニアリング講演会, 2017.12.
4. 王海東,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, 単分子計測を可能にする新規グラフェンナノポアセンサの開発, 第30回バイオエンジニアリング講演会, 2017.12.
5. Taichi Sato, HaiDong Wang, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Non-contact visualization of the thermal transport properties of biological tissue, The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, 2017.10.
6. 藏田耕作,高松洋, 回転曲げ培養装置の開発−オープンソース実験デバイスへ向けて−, 第53回九大生体材料・力学研究会, 2017.10.
7. Keishiro Fukunaga, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Effect of surfactant addition on the threshold of irreversible electroporation, Ninth Asian Pacific Conference on Biomechanics, 2017.07.
8. 藏田耕作,古野篤史,下河辺久雄,金澤知之進,高松洋, ラマンイメージングによる腱-骨付着部のミネラル分布の計測, 第37回日本骨形態計測学会, 2017.06.
9. 吉松秀隼, 藏田耕作, 高松洋, 接触式櫛形電極を用いた生体模擬組織の低電圧不可逆エレクトロポレーション, 第54回日本伝熱シンポジウム, 2017.05.
10. 王海東, 福永鷹信, 藏田耕作, 高松洋, H形センサによるCdSナノワイヤの熱電特性測定, 第54回日本伝熱シンポジウム, 2017.05.
11. 古野篤史,下河辺久雄,金澤知之進,藏田耕作,高松洋, 腱−骨付着部における傾斜材料特性のラマンイメージング計測, 第29回バイオエンジニアリング講演会, 2017.05.
12. H.D.Wang, H.Takamatsu, X.Zhang, Width-dependent thermal conductivity of suspended single- layer graphene, 1st Asian Conference on Thermal Science (ACTS 2017), 2017.03.
13. H.D.Wang, K.Takahashi, H.Takamatsu, X.Zhang, Highly sensitive charge mobility of suspended monolayer graphene, 6 th International Symposium on Micro and Nano Technology (ISMNT 2017), 2017.03.
14. Masahiro Yoshida, Shuto Yoshimatsu, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Effects of pulse repetition and interval on cell mortality by irreversible electroporation, The Fourth International Forum on Heat Transfer, 2016.11.
15. 北村圭祐,福永鷹信,王海東,藏田耕作,高松洋, マイクロビームセンサによる微量液体の熱伝導率測定, 熱工学コンファレンス2016, 2016.10.
16. 北村圭祐,福永鷹信,王海東,藏田耕作,高松洋, マイクロビームセンサによる微量液体の熱伝導率測定, 熱工学コンファレンス2016, 2016.10.
17. Haidong Wang, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Koji Takahashi, Xing Zhang, Hiroshi Takamatsu, Effect of nanohole defect on the thermal conductivity of free-standing single-layer graphene, 11th Asian Thermophysical Properties Conference (ATPC 2016), 2016.10.
18. Soichi Nishimura, Haidong Wang, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Measurement of thermal conductivity of graphene by Raman method, The Eighth KAIST-Kyushu University Joint Workshop, 2016.09.
19. Soichi Nishimura, Haidong Wang, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Measurement of thermal conductivity of graphene by Raman method, The Eighth KAIST-Kyushu University Joint Workshop, 2016.09.
20. Shuto Yoshimatsu, Masahiro Yoshida, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Development of comb-shaped miniature electrode for contact irreversible electroporation, The 27th International Symposium on Transport Phenomena (ISTP27), 2016.09.
21. Shuto Yoshimatsu, Masahiro Yoshida, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Development of comb-shaped miniature electrode for contact irreversible electroporation, The 27th International Symposium on Transport Phenomena (ISTP27), 2016.09.
22. Kosaku Kurata, Atsushi Kurogawa, Takanobu Fukunaga, Haidong Wang, Hiroshi Takamatsu, Quantitative assessment of intracellular delivery of membrane-impermeable macromolecules using cell deformation, SB3C2016 (Summer Biomechanics, Bioengineering and Biotransport Conference 2016), 2016.07.
23. Mohammed M Shurrab, Haidong Wang, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kruata, Hiroshi Takamatsu, Can we use apparent thermal conductivity to include the effect to blood perfusion? An attempt to predict frozen region during cryosurgery, SB3C2016 (Summer Biomechanics, Bioengineering and Biotransport Conference 2016), 2016.07.
24. 王海東,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, T形センサによるグラフェンの熱伝導率測定, 第53回日本伝熱シンポジウム, 2016.05.
25. 福永鷹信,西村和洋,王海東,藏田耕作,高松洋, マイクロビームセンサを用いた非金属薄膜の面方向熱伝導率の測定, 第53回日本伝熱シンポジウム, 2016.05.
26. 藏田耕作,中村小春,福永鷹信,王海東,高松洋, 不可逆的電気穿孔による生体擬似組織の電気的特性の変化, 第53回日本伝熱シンポジウム, 2016.05.
27. シュラブ・ムハメド,王海東,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, 凍結手術における凍結領域の予測;血流の影響を考慮したみかけの熱伝導率利用の試み, 第53回日本伝熱シンポジウム, 2016.05.
28. Haidong Wang, Kosuke Hisada, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Feasibility of using Micro-Beam Sensor for Gas Detection; Size Effect on Heat Conduction to Gases, The First Pacific-Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2016), 2016.03.
29. Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Numerical and Experimental Study on Nonthermal Tissue Ablation using Irreversible Electroporation, The First Pacific-Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2016), 2016.03.
30. 黒川篤史,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, 圧迫変形による膜不透過性高分子の細胞内物質導入の定量的評価, 第28回バイオエンジニアリング講演会, 2016.01.
31. 宮崎康大郎,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, 微小振動刺激が骨細胞の受容伝達シグナルに与える影響, 第28回バイオエンジニアリング講演会, 2016.01.
32. Mohammed SHURRAB, DONG HAI WANG, Takanobu FUKUNAGA, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Thermal Analysis of Freezing around a Cryoneedle; A Guideline for the Safety Margin of Ice-ball, 第42回日本低温医学会総会, 2015.11.
33. Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Irreversible Electroporation: Medical Application of Intense Electric Pulses for Sustainable Health, ICE-SEAM 2015, 2015.11.
34. Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Contact Irreversible Electroporation for a Less-Invasive Tissue Ablation, Twelfth International Conference on Flow Dynamics, 2015.10.
35. Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Interstitial Fluid Flow within the acunar–Canalicular System of the Mouse Femur Induced by Whole-body Vibration, Twelfth International Conference on Flow Dynamics, 2015.10.
36. Mohammed Shurrab, 王海東, 福永鷹信, 藏田耕作, 高松洋, 生体熱輸送方程式を解く代わりに有効熱伝導率を用いることは可能か, 日本機械学会熱工学コンファレンス2015, 2015.10.
37. 松下純平, 古野篤史, 藏田耕作, 高松洋, 人工膝関節全置換術における骨セメント重合発熱の熱伝導解析―CT画像に基づいた三次元有限要素モデルによる検討―, 日本機械学会熱工学コンファレンス2015, 2015.10.
38. 王海東,乾健人,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, 単一のマイクロビームセンサを用いた範囲0.03~0.6 W/(m K)の気体および液体の熱伝導率測定, 第36回日本熱物性シンポジウム, 2015.10.
39. 岡田伸,中村小春,吉松秀隼,吉田将大,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, エレクトロポレーションにおけるパルス印加条件が細胞膜破壊に与える影響, 第26回バイオフロンティア講演会, 2015.10.
40. Kosaku Kurata, Manabu Sato, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Feasibility Study on Contact Irreversible Electroporation for Superficial Tumor Treatment by Using Miniature Electrodes, Eighth Asian Pacific Conference on Biomechanics, 2015.09.
41. 吉田将大,吉松秀隼,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, 不可逆エレクトロポレーションによる細胞壊死に関する生体ファントム実験と数値シミュレーションの比較, 日本機械学会2015年度年次大会, 2015.09.
42. 吉松秀隼,吉田将大,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, エレクトロポレーションによる細胞致死率に及ぼすパルス条件および浸透圧の影響, 日本機械学会2015年度年次大会, 2015.09.
43. Takanobu Fukunaga, Hiroto Kubo, Kosaku Kurata, Hideto Hirahara, Haidong Wang, Hiroshi Takamatsu, Effect of gap-junctional cell-to-cell communication on intracellular ice propagation and consequent cell viability, The 24th IIR International congress of refrigeration, 2015.08.
44. 藏田耕作,佐藤学,福永鷹信,高松洋, 微小表面電極を用いた接触式不可逆エレクトロポレーションに関する研究, 第51回九大生体材料・力学研究会, 2015.07.
45. 王海東,乾健人,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, マイクロビームMEMSセンサによる液体の熱伝導率測定, 第52回日本伝熱シンポジウム, 2015.06.
46. 福永鷹信,南島茂枝,平原豪人,藏田耕作,高松洋, ギャップ結合を介した細胞内凍結の伝播に関する研究, 第52回日本伝熱シンポジウム, 2015.06.
47. 古野篤史,松下純平,藏田耕作,藤野淳市,福永鷹信,高松洋, 経皮的椎体形成術における骨セメント重合時の骨内熱伝導シミュレーション, 第52回日本伝熱シンポジウム, 2015.06.
48. 専光寺旭洋,石川諭,雉本信哉,木庭洋介,藏田耕作, 下肢骨加振時の計測技術および解析モデルの開発, 日本機械学会九州支部第68期総会・講演会, 2015.03.
49. 田中柊郎,西村和洋,王海東,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, 白金マイクロビームセンサによる熱伝導率測定に水素が与える影響, 日本機械学会九州学生会第46回卒業研究発表講演会, 2015.03.
50. 古野篤史,松下純平,藏田耕作,高松洋, 経皮的椎体形成術における骨セメント重合時の骨内熱伝導シミュレーション, 日本機械学会九州学生会第46回卒業研究発表講演会, 2015.03.
51. 南島茂枝,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, ギャップ結合を介した物質輸送が細胞内凍結の伝播に与える影響, 日本機械学会九州学生会第46回卒業研究発表講演会, 2015.03.
52. 吉田将大,吉松秀隼,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, 不可逆エレクトロポレーションによる細胞壊死領域の評価−生体ファントムを用いた実験と解析の比較−, 日本機械学会九州学生会第46回卒業研究発表講演会, 2015.03.
53. 吉松秀隼,吉田将大,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, エレクトロポレーションにおけるパルス印加条件が細胞致死率に与える影響, 日本機械学会九州学生会第46回卒業研究発表講演会, 2015.03.
54. 佐藤学,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, Study on contact irreversible electroporation using miniature electrode, 第3回バイオメカニクス研究センター&エレクトロニクス実装学会九州支部合同研究会, 2015.02.
55. 藏田耕作,佐藤学,福永鷹信,高松洋, 微小表面電極による接触式不可逆エレクトロポレーションの低電圧化に関する研究, 第27回バイオエンジニアリング講演会, 2015.01.
56. 春日陽介,藏田耕作,高松洋, 不可逆エレクトロポレーションにおける電極先端形状が腫瘍除去と熱的損傷に与える影響の解析, 第27回バイオエンジニアリング講演会, 2015.01.
57. 西村和洋,王海東,福永鷹信,藏田耕作,髙松洋, マイクロビームMEMSセンサを用いた金薄膜の面方向熱伝導率・電気伝導率測定, 第35回日本熱物性シンポジウム, 2014.11.
58. 高松 洋, Principle and freezing capacity of cryoprobe; a guideline to determine frozen regions, Cryomedicine 2014, 2014.11.
59. 岡晋司,平原豪人,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, 凍結トレハロース-リゾチーム混合水溶液のラマンイメージング計測, 熱工学コンファレンス2014, 2014.11.
60. 高松 洋, 凍結過程での細胞外環境変化が動物細胞に与えるストレスと損傷, Cryopreservation Conference 2014, 2014.10.
61. Kazuhiro Nishimura, Haidong Wang, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Measurement of in-plane thermal conductivity of thin films using a micro-beam sensor, The 7th Kyushu University-KAIST Joint Workshop on Frontiers in Mechanical Engineering, 2014.09, 厚さ数十ナノメートルの金属薄膜の面方向熱伝導率を簡便に測定するためのセンサと方法を考案するとともに,それを実証し薄膜の熱伝導率がバルク材より著しく小さくなることを示した.さらに,電気伝導率も同時に測定し,薄膜でも電気伝導率と熱伝導率がヴィーデマン・フランツ則にほぼ一致することを示した..
62. Hideto Hirahara, Yutaka Nagare, Alan Twomey, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Alptekin Aksan, Hiroshi Takamatsu, Raman microscopic observation of ice-solute distribution after directional solidification of sugar and protein solutions, The 7th Kyushu University-KAIST Joint Workshop on Frontiers in Mechanical Engineering, 2014.09.
63. Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Numerical and Experimental Studies on Irreversible Electroporation for Tumor Treatment, The 4th Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics, 2014.09.
64. 藏田耕作, 高松洋, 不可逆エレクトロポレーションによる固形腫瘍の低侵襲治療法に関する研究, 第50回九大生体材料・力学研究会, 2014.08.
65. Hideto Hirahara, Yutaka Nagare, Alan Twomey, Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Alptekin Aksan, Hiroshi Takamatsu, Observation of ice-solute interaction in freezing of trehalose and albumin solutions by using confocal Raman microscope equipped with directional solidification stage, The 15th International Heat Transfer Conference, 2014.08.
66. Hiroshi Takamatsu, Kosaku Kurata, Engineering approach to irreversible electroporation, The 15th International Heat Transfer Conference, 2014.08.
67. 藏田耕作, 福永鷹信, 高松洋, 不可逆エレクトロポレーションによる非熱的療法, 第3回臨床熱工学研究会, 2014.06.
68. 藏田耕作, 松下純平, 藤野淳市, 福永鷹信, 高松洋, 骨セメントを使用した人工膝関節埋入骨の有限要素モデルによる熱損傷解析, 第34回日本骨形態計測学会, 2014.06.
69. 藏田耕作, 松下将大, 福永鷹信, 高松洋, 不可逆エレクトロポレーションが生体組織の電気的特性に与える影響, 第51回日本伝熱シンポジウム, 2014.05.
70. 松下純平, 藏田耕作, 藤野淳市, 福永鷹信, 高松洋, 人工膝関節置換術における骨セメント重合熱による骨の熱的損傷の評価, 第51回日本伝熱シンポジウム, 2014.05.
71. 西村和洋, 福永鷹信, 藏田耕作, 高松洋, マイクロビームセンサを用いた薄膜の面方向熱伝導率測定, 第51回日本伝熱シンポジウム, 2014.05.
72. 福永鷹信, 久田耕祐, 藏田耕作, 高松洋, マイクロビームセンサによる熱伝導率測定に及ぼす気体圧力の影響, 第51回日本伝熱シンポジウム, 2014.05.
73. 藏田耕作,福永鷹信,高松洋, エレクトロポレーションにおける瞬間的温度上昇の計測と熱的損傷の評価法, 第2回バイオメカニクス研究センター&エレクトロニクス実装学会九州支部合同研究会, 2014.02, 41674.0.
74. 古庄佑将,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, 低温保存が培養骨膜シートの骨形成能に及ぼす影響, 第26回バイオエンジニアリング講演会, 2014.01.
75. Hiroshi Takamatsu, Kosuke Hisada, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Effect of Gas Flow on the Temperature Rise of a Micro-Beam-Type Themal Conductivity Detector, ASME 2013 4th Micro/Nanoscale Heat & Mass Transfer International Conference, 2013.12.
76. Noriaki Kubo, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Cooling performance of a 1.5-mm-dia. J-T cryoprobe; examination using a tissue phantom, 第39回日本低温医学会総会, 2013.11.
77. 高松洋, クライオプローブの冷却原理と性能 ―凍結範囲決定の指針―, 第39回日本低温医学会総会, 2013.11.
78. Hiroshi Takamatsu, Micro-Beam Sensor for Measuring Thermal Conductivity of Gases and Liquids, The 7th Japan-Korea Joint Seminar on Heat Transfer, 2013.11.
79. 久保範朗,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, 凍結手術用クライオプローブの冷却性能評価, 日本機械学会熱工学コンファレンス2013, 2013.10.
80. 藤野淳市,藏田耕作,高松洋,本田知宏, 骨セメントの重合実験, 日本機械学会熱工学コンファレンス2013, 2013.10.
81. 山口直樹,内田悟,福永鷹信,藏田耕作,出口祥啓,高松洋, 固体の熱輸送性質の非接触測定法の研究 ―赤外線カメラによる温度測定の検討―, 日本機械学会熱工学コンファレンス2013, 2013.10.
82. 久田耕祐,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, マイクロビームセンサを用いた気体の熱伝導率測定 ―気体の希薄性の検討―, 日本機械学会熱工学コンファレンス2013, 2013.10.
83. 藏田耕作,高良智尋,福永鷹信,高松洋, 骨セメント重合熱による人工関節周囲骨の熱的損傷の評価, 第49回九大生体材料・力学研究会, 2013.09.
84. 高松洋, 医療にかかわる冷凍技術―サイエンスからエンジニアリングまで―, 日本冷凍空調学会第14回西日本地区技術交流会, 2013.09.
85. 野村征爾,藏田耕作,高松洋, 不可逆エレクトロポレーションにおける生体組織の損傷シミュレーション, 生体医工学シンポジウム2013, 2013.09.
86. Kosaku Kurata, Yutaka Nagare, Alan Twomey, Takanobu Fukunaga, Alptekin Aksan, Hiroshi Takamatsu, Spectroscopic Quantification of Protein Denaturation in Frozen Albumin Aqueous Solution Using Raman Imaging, IIR Workshop 2013 on Cryoprocessing of Biopharmaceuticals and Biomaterials, 2013.09, 41522.0.
87. Kosaku Kurata, Ryo Ueno, Masahiro Matsushita, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Experimental and Analytical Studies on Contact Irreversible Electroporation for Superficial Tumor Treatment, The 7th Asian Pacific Conference on Biomechanics, 2013.08.
88. Hiroshi Takamatsu, Experimental techniques and instrumentation in bioheat and mass transfer, ASME 2013 Summer Heat Transfer Conference, 2013.07, 本講演では,生体に関連した熱および物質移動の研究の中で,本人が行って来た独自の研究手法を紹介したものである.その内容は,1)細胞の浸透的挙動を明らかにするための溶液灌流顕微鏡,2)細胞の凍結損傷原因を特定するための研究手法,3)細胞の変形限界を明らかにするためのサンドイッチ法,4)タンパク質水溶液の凍結状態を調べる方向性凝固ラマンイメージング法,5)感温性インクを用いた瞬間的温度上昇の検知,6)微小試料の熱伝導率を測定するマイクロビームセンサ,である..
89. 藏田耕作,秋山真吾,高松洋, 微小振動刺激によるマウス骨内物質輸送の促進効果, 第33回日本骨形態計測学会, 2013.07, 41461.0.
90. Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Yosuke Kasuga, Hiroshi Takamatsu, Osteoblastic Cell Differentiation from Mouse Pluripotent Cell Line Regulated by Mechanical Stretching, 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone and Mineral Research, 2013.05.
91. 藤野淳市,藏田耕作,高松洋,本田知宏, 骨セメントの重合熱決定に関する実験的研究(歯科用セメントの重合の場合), 第50回日本伝熱シンポジウム, 2013.05.
92. 上野涼,松下将大,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, 表在性腫瘍の治療を目指した接触式不可逆エレクトロポレーション, 第50回日本伝熱シンポジウム, 2013.05.
93. Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Prevention of osteoporotic bone loss by whole body vibration, KSME/Bio division Conference, 2013.05.
94. 高松 洋, 福永 鷹信, 藏田 耕作, マイクロビーム型TCD(熱伝導率検出器)の開発, 九州大学バイオメカニクス研究センター&エレクトロニクス実装学会九州支部合同研究会, 2013.03, 41342.0.
95. 藏田耕作, 高良智尋, 内田悟, 高松洋, 骨セメント重合熱による骨組織の熱的損傷-1次元解析モデルによる評価, 第25回バイオエンジニアリング講演会, 2013.01, 41285.0.
96. 松下裕貴, 藏田 耕作, 福永 鷹信, 高松 洋, 単層培養細胞に対する不可逆的エレクトロポレーションの適用, 第25回バイオエンジニアリング講演会, 2013.01, 41285.0.
97. Hiroshi Takamatsu, Freezing of tissues with a cryoprobe; principle and prediction, 第39回日本低温医学会総会, 2012.11.
98. Noriaki Kubo, Satoru Uchida, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Simulation of freezing around a cryoprobe; a guide to determine the margin of ice ball, 第39回日本低温医学会総会, 2012.11.
99. 永禮 裕, 藏田 耕作, Alan Twomey, Alptekin Aksan, 高松 洋, 糖およびタンパク質水溶液の凍結過程のラマンイメージング計測, 日本機械学会熱工学コンファレンス2012, 2012.11.
100. 別府充心,福永鷹信,藏田耕作,高松洋, マイクロビームセンサを用いた薄膜の面方向熱伝導率の測定法, 日本機械学会熱工学コンファレンス2012, 2012.11.
101. 久田耕祐,福永鷹信,内田悟,藏田耕作,高松洋, マイクロビーム型熱伝導率検出器に関する研究 ―センサの温度上昇に及ぼす流れの影響―, 日本機械学会熱工学コンファレンス2012, 2012.11.
102. Syamsul Hadi, M. Nishitani, T. Fukunaga, K. Kurata, H. Takamatsu, A stamp sensor for measurement of thermal conductivity and thermal diffusivity of solid materials, 3rd International Forum on Heat Transfer, 2012.11.
103. 平原豪人, 藏田耕作, 高松洋, 微小振動刺激が骨細胞の一酸化窒素産生に与える影響, 第39回日本臨床バイオメカニクス学会, 2012.11.
104. 福永鷹信,田中雄樹,藏田耕作,高橋厚史,高松洋, 流体の熱伝導率測定用マイクロビームMEMSセンサの性能評価, 第33回日本熱物性シンポジウム, 2012.10.
105. K. Kurata, M. Matsushita, S. Yoshii, T. Fukunaga, H. Takamatsu, Minimally Invasive Tissue Ablation with Irreversible Electroporation, KAIST-Kyushu University Joint Seminar, 2012.09.
106. H. Hirahara, K. Kurata, H. Takamatsu, Response of osteocytic cellular network to mechanical stimuli on a U-shaped substrate, KAIST-Kyushu University Joint Seminar, 2012.09.
107. K. Hisada, T. Fukunaga, S. Uchida, K. Kurata, H. Takamatsu, Micro-beam-type Thermal Conductivity Detector; Effect of Flow on the Temperature Rise of the Sensor, KAIST-Kyushu University Joint Seminar, 2012.09.
108. K. Kurata, M. Matsushita, S. Yoshii, H. Hirahara, T. Fukunaga, H. Takamatsu, Irreversible Electroporation for a Three-dimensional Cell Culture Model, 9th International Bioelectrics Symposium, 2012.09, 41160.0.
109. K. Kurata, M. Matsushita, S. Yoshii, T. Fukunaga, H. Takamatsu, Effect of Irreversible Electroporation on Three-Dimensional Cell Culture Model, 34th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 2012.08.
110. Y. Tanaka, T. Fukunaga, K. Kurata, K. Takahashi, H. Takamatrsu, Fabrication of a micro-beam MEMS sensor for measurement of thermal conductivity of fluids, 18th Symposium on Thermophysical Properties, 2012.06.
111. 松下将大,藏田耕作,福永鷹信,高松洋, 生体擬似組織を用いた不可逆エレクトロポレーションによる細胞壊死範囲の評価, 第49回日本伝熱シンポジウム, 2012.05.
112. 藏田 耕作,吉井 峻,内田 悟,福永 鷹信,高松 洋, エレクトロポレーションによる生体ファントムの極短時間温度上昇の検出法, 第49回日本伝熱シンポジウム, 2012.05.
113. 内田悟,山口直樹,出口祥啓,藏田耕作,高松 洋, 固体の熱輸送性質の非接触測定法の研究 ―赤外線温度計測の検討―, 第49回日本伝熱シンポジウム, 2012.05, 41061.0.
114. 塩入雅貴,田中雄樹,内田悟,藏田耕作,高橋厚史,高松洋, 常温駆動マイクロビーム水素センサに関する研究, 第49回日本伝熱シンポジウム, 2012.05, 41061.0.
115. 松下将大,藏田耕作,高松洋, 三次元培養モデルを用いた細胞の不可逆エレクトロポレーション, 第51回日本生体医工学会大会, 2012.05.
116. 吉井峻,藏田耕作,内田悟,福永鷹信,高松洋, 感温性インクを用いた生体擬似組織の極短時間温度上昇の計測, 日本機械学会熱工学コンファレンス2011, 2011.10.
117. 高松洋, 微小重力下での環状液膜の不安定性, 日本機械学会熱工学コンファレンス2011, 2011.10.
118. 高松洋, 微小重力下での気液二相の挙動, 日本機械学会熱工学コンファレンス2011, 2011.10.
119. 高松洋, 熱工学から見た凍結現象, 第38回日本低温医学会総会, 2011.10.
120. Y. Tanaka1, T. Tanaka, S. Uchida1, T. Fukunaga, K. Kurata, K. Takahashi, H. Takamatsu, A Micro-Beam MEMS Sensor for Measurement of Thermal Conductivity of Fluids at a Steady State, 4th International Conference on Heat Transfer and Fluid Flow in Microscale, 2011.09, 40846.0.
121. 野村征爾,藏田耕作,高松洋, 細胞膜電壊療法における組織の凍結シミュレーション, 第48回日本伝熱シンポジウム, 2011.06, 40697.0.
122. 藏田耕作,高松洋, 一定温度加熱に曝された骨構成細胞の熱的耐性, 第48回日本伝熱シンポジウム, 2011.06, 40697.0.
123. S. Nomura, K. Kurata, H. Takamatsu, Effect of Three-Dimensional Electric Field and Heat Conduction to Electrodes on the Temperature Rise

During Irreversible Electroporation, The 8th ASME-JSME Thermal Engineering Joint Conference, 2011.03.
124. 高松洋, 医療における冷凍・冷却技術, 平成22年度日本伝熱学会九州支部講演会, 2011.03, 40606.0.
125. H. Takamatsu, Biotransport and Mechanism of Damage to Cells Associated with Slow Freezing of Cells, KAIST-Kyushu University Joint Seminar, 2011.01.
126. 秋山真吾,藏田耕作,棚瀬光隆,白鳥彰男,高井清誠,高松洋, 微小振動刺激が週齢の異なる健常雌マウスの骨量及び骨形態に与える影響, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01, 40552.0.
127. 藏田耕作,高松洋, 一定温度加熱が骨由来細胞の生存に与える影響, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01, 40552.0.
128. 古屋悠作,田中利幸,内田悟,藏田耕作,高橋厚史,高松洋, マイクロビームセンサによる流体の熱伝導率測定(測定と理論解析の比較), 第31回日本熱物性シンポジウム, 2010.11.
129. 福永竜也,内田悟,藏田耕作,高松洋, ソフトマテリアルの熱伝導率・熱拡散率測定のための穿刺型プローブ, 第31回日本熱物性シンポジウム, 2010.11.
130. 堀川直斗,藏田耕作,高松洋, 培養基質のひずみやメカニカルダメージが骨細胞のアポトーシス誘導に及ぼす影響, 第21回バイオフロンティア講演会, 2010.11.
131. Y. Tanaka, S. Uchida, K. Kurata, T. Kamimura, H. Takamatsu, Preliminary study for the simulation of freezing tissues around a cryoprobe, 第37回日本低温医学会総会, 2010.11.
132. H. Takamatsu, H. Matsushita, Effect of cell adhesion on the intracellular ice formation and the freezing injury of PC-3 cells, 第37回日本低温医学会総会, 2010.11.
133. 高松洋, 熱工学から見た凍結現象, 第37回日本低温医学会総会, 2010.11.
134. 藏田耕作,堀川直斗,高松洋, 骨細胞によるリモデリング制御のバイオメカニクス, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会, 2010.11.
135. 内田悟, 濱本健太郎, 吉浦慎一, 藏田耕作, 高松洋, 灌流顕微鏡のための水溶液濃度の実時間計測装置の開発, 日本機械学会熱工学コンファレンス2010, 2010.10.
136. H. Takamatsu, T. Tanaka, Y. Furuya, S. Uchida, K. Kurata, K. Takahashi, Preliminary Study of the Measurement of Thermal Conductivity of Fluids with a Micro-Beam MEMS Sensor, The 9th Asian Thermophysical Properties Conference, 2010.10.
137. 高松洋,松下裕貴, 細胞の凍結損傷に及ぼす細胞接着の影響, 日本機械学会2010年度年次大会, 2010.09, 40429.0.
138. H. Takamatsu, Measurement of thermal conductivity of fluids with a micro-beam MEMS sensor, 2010.08, 40396.0.
139. H. Takamatsu, Biotransport in Freezing of Cells, National Thermofluid Seminar 2010, 2010.08, 40395.0.
140. 藏田耕作,高松洋, 骨細胞の力学応答と骨リモデリング調節における役割, 第22回日本運動器リハビリテーション学会, 2010.07.
141. 藏田耕作,堀川直斗,高松洋, Responses of osteocytic cellular network to mechanical damage mimicking bone fatigue microcrack, 第49回日本生体医工学会大会, 2010.06.
142. 西谷守, 大和田知希, 内田悟, 藏田耕作,高松洋, スタンプ型センサによる固体の熱輸送性質の接触測定に関する研究, 第47回日本伝熱シンポジウム, 2010.05.
143. 古屋悠作, 田中利幸, 内田悟, 藏田耕作,高橋厚史, 高松洋, マイクロビームセンサによる流体の熱伝導率測定に関する研究, 第47回日本伝熱シンポジウム, 2010.05.
144. 田中雄樹, 内田悟, 藏田耕作,神村岳, 高松洋, クライオプローブを用いたウシ肝臓のin vitro凍結実験, 第47回日本伝熱シンポジウム, 2010.05.
145. 野村征爾,藏田耕作,内田悟, 高松洋, エレクトロポレーションを用いた組織の細胞膜電壊療法に関する研究, 第47回日本伝熱シンポジウム, 2010.05.
146. 藏田耕作,秋山真吾,香田智之,日垣秀彦,棚瀬光隆,白鳥彰,高井清誠,高松洋, 微小振幅の振動刺激がマウスの骨量および骨形態に与える影響, 第30回日本骨形態計測学会, 2010.05.
147. 秋山真吾,藏田耕作,棚瀬光隆,白鳥彰男,高井清誠,香田智之,日垣秀彦,高松洋, 機械的振動刺激による骨粗鬆症モデルマウスの骨量減少予防効果―X線マイクロCTを用いた骨形態計測による評価―, 日本生体医工学会九州支部学術講演会, 2010.03, 40243.0.
148. 堀川直斗,藏田耕作,高松洋, 疲労亀裂を模擬したメカニカルダメージに対する骨細胞の応答, 日本生体医工学会九州支部学術講演会, 2010.03, 40243.0.
149. 山本哲也,藏田耕作,越本知大,高松洋, マウス精子の水透過率の測定, 第22回バイオエンジニアリング講演会, 2010.01, 40188.0.
150. T. Yoshimura, H. Takamatsu, Effect of sugar on the osmotic injury of PC-3 cells in hypertonic NaCl solutions, CRYO 2009, 46th Meeting of the Society for Cryobiology, 2009.07.
151. G. Zhao, T. Yamamoto, H. Takamatsu, Measurement of membrane hydraulic conductivity (Lp) and its activation energy (ELp) of bovine carotid artery endothelial cells using a perfusion microscope, CRYO 2009, 46th Meeting of the Society for Cryobiology, 2009.07.
152. G. Zhao, H. Takamatsu, Intracellular ice formation in non-ideal solutions: A model for freezing of cells, CRYO 2009, 46th Meeting of the Society for Cryobiology, 2009.07.
153. H. Takamatsu, K. Inada, T. Tanaka, S. Uchida, K. Takahashi, M. Fujii, Feasibility Study of a Novel Technique for Measurement of Liquid Thermal Conductivity with a Micro Beam Sensor, 17th Symposium on Thermophysical Properties, 2009.06.
154. 大和田知希,吉田哲郎,内田悟,高松洋, スタンプ型接触センサによる固体の熱輸送性質の測定に関する研究, 第46回日本伝熱シンポジウム, 2009.06, 39968.0.
155. 田中利幸,稲田教介,内田悟,高橋厚史,藤井丕夫,高松洋, マイクロビームセンサによる極微量流体サンプルの熱伝導率測定法―理論解析による検討―, 第46回日本伝熱シンポジウム, 2009.06, 39968.0.
156. 福田絢涼,内田悟,藤井丕夫,高松洋, 模擬生体試料の熱伝導率・熱拡散率の非侵襲測定法に関する研究, 日本機械学会九州支部第62期総会講演会, 2009.03.
157. 吉村拓朗,高松洋, 高濃度塩化ナトリウムおよび糖類水溶液による細胞の浸透脱水損傷, 日本機械学会九州支部第62期総会講演会, 2009.03.
158. 高松洋, 生体の凍結 ―緩慢凍結による細胞の損傷-, 東北大学流体科学研究所セミナー, 2009.01.
159. H. Takamatsu, T. Yoshimori, Do cells adhered on a surface differ from isolated cells in supercooling of intracellular solution during freezing?, 第35回日本低温医学会総会, 2008.11.
160. 高松洋, 低温の医療応用と生体の凍結, 日本熱物性研究会研究分科会「低温環境における熱物性の基礎と応用」第3回研究会, 2008.11.
161. 高松洋, 生体の凍結 ―冷凍の医療応用と細胞の凍結―, 東北大学流体科学研究所セミナー, 2008.11.
162. 安達健二,大和田知希,田中利幸,神村岳,内田悟,高松洋, 模擬生体試料のクライオプローブまわりの凍結に関する研究, 日本冷凍空調学会年次大会2008, 2008.10.
163. T. Yoshimori, H. Takamatsu, Osmotic Response and Injury of Cells in Hypertonic NaCl Solutions;

Real-Time 3-D Measurement of Volume Change of Cells, 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, 2008.10.
164. 稲田教介,内田悟,高橋厚史,藤井丕夫,高松洋, MEMSセンサによる極微量液体の熱伝導率測定法に関する研究, 第29回日本熱物性シンポジウム, 2008.10.
165. H. Takamatsu, Biotransport in Freezing of Cells, KAIST-Kyushu University Joint Seminar 2008, 2008.09.
166. T. Yoshimori, H. Takamatsu, 3-D measurement of osmotic dehydration behavior of PC-3 cells: Suspension vs. adhered cells, CRYO 2008, 45th Meeting of the Society for Cryobiology, 2008.07.
167. T. Yoshimori, M. Fukagawa, H. Takamatsu, Effect of cell-to-surface interaction on freeze tolerance and osmotic response of cells, ASME 2008 Summer Bioengineering Conference, 2008.06.
168. 吉森崇志,高松洋, 細胞膜の水透過率と細胞の収縮特性―浮遊細胞と培養接着細胞の比較―, 第45回日本伝熱シンポジウム, 2008.05.
169. 高松洋, 細胞膜の水透過と浸透圧変化による細胞損傷, 日本機械学会関東支部第14期総会講演会, 2008.03.
170. 中島優基,内田悟,高松洋, 培養細胞の顕微鏡下その場観察選別回収, 日本機械学会第20回バイオエンジニアリング講演会, 2008.01.
171. 吉森崇志,高松洋, 細胞の浸透圧脱水の三次元計測―脱水収縮に及ぼす細胞基質接着の影響―, 日本機械学会第20回バイオエンジニアリング講演会, 2008.01.
172. 安達健二,吉森崇志,吉田敬介,内田悟,高松洋, インピーダンス計測による電解質水溶液の共晶凝固判別, 2007年度日本冷凍空調学会年次大会, 2007.10.
173. H. Takamatsu, Freezing of Cells; Role of Ice and Solutes in Cell Damage, 2007 ASME-JSME Thermal Engineering Summer Heat Transfer Conference, 2007.07.
174. K. Yoshida, S. Uchida, H. Takamatsu, M. Fujii, Feasibility Study of Noninvasive Measurement of Thermal Conductivity and Thermal Diffusivity for Biological Materials, 2007 ASME-JSME Thermal Engineering Summer Heat Transfer Conference, 2007.07.
175. T. Yoshimori, K. Adachi, K. Yoshida, H. Takamatsu, Detection of the Eutectic Crystallization by Impedance Measurement, CRYO 2007, 44th Meeting of the Society for Cryobiology, 2007.07.
176. 深川正樹,吉森崇志,内田悟,高松洋, PC-3細胞の凍結損傷に及ぼす細胞基質接着の影響, 第44回日本伝熱シンポジウム, 2007.05.
177. H. Takamatsu, S. Uchida, T. Matsuda, A Method for In-Situ Targeting and Harvesting of Cultured Cells Under a Microscope, 2006 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2006.11.
178. 弥永典弘,内田悟,吉田敬介,高松洋,藤井丕夫, 生体の熱伝導率,熱拡散率の非侵襲測定法;赤外線温度計測に関する検討, 熱工学コンファレンス2006, 2006.11.
179. 高松洋, 医療における冷凍・冷却技術と細胞の凍結, 2006年度日本冷凍空調学会年次大会, 2006.10.
180. T. Yoshimori, H. Takamatsu, Real time 3-D Observation of Osmotic Dehydration Process of Isolated Cells by a Laser Confocal Scanning Microscope, Kyushu University - KAIST Joint Seminar, 2006.09.
181. H. Takamatsu, S. Uchida, K. Yoshida, X. Zhang, M. Fujii, Preliminary examination of a noninvasive technique for the measurement of thermal conductivity and thermal diffusivity of biological materials, 5th World Congress of Biomechanics, 2006.08.
182. T. Yoshimori, H. Takamatsu, Real Time 3-D measurement of dehydration process of cells, CRYO 2006, 43rd Meeting of the Society for Cryobiology, 2006.07.
183. 弥永典弘,内田悟,吉田敬介,高松洋,張興,藤井丕夫, 生体の熱伝導率,熱拡散率の非侵襲測定法 ―寒天を用いた測定法の検討―, 第43回日本伝熱シンポジウム, 2006.06.
184. 高松洋, 電解質の濃度変化による単離細胞の障害と凍結損傷, 第52回低温生物工学会年会及びセミナー, 2006.05.
185. 吉森崇志,高松洋, 浸透圧変化を受ける単離細胞の脱水収縮挙動の三次元実時間計測, 第43回日本伝熱シンポジウム, 2006.05.
186. 高松洋,福田優子,松田武久, 感温性ディッシュを用いた細胞の顕微鏡下選別回収, 熱工学コンファレンス2005, 2005.11.
187. 高松洋, 細胞の凍結障害に及ぼす細胞外氷晶による機械的ストレスの効果と溶液効果の定量的評価, 第32回低温医学会総会, 2005.11.
188. S. Zawlodzka, T. Miyanaga, H. Takamatsu, Contribution of the solution effect to the cryoinjury of PC-3 cells, CRYO 2005, 42nd Meeting of the Society for Cryobiology, 2005.07.
189. 内田悟,高松洋,高宮津留美,張興,藤井丕夫, 生体の熱伝導率,熱拡散率の非侵襲測定法―伝熱モデルの検討, 第42回日本伝熱シンポジウム, 2005.06.
190. S. Zawlodzka,宮永武,高松洋, 細胞の凍結傷害に及ぼす溶液効果の影響, 第42回日本伝熱シンポジウム, 2005.06.
191. H. Takamatsu, H.Okano, Y. Fukuda, T. Matsuda, A New Method for In-situ Harvesting of a Target Cell, 2005 ASME Summer Bioengineering Conference, 2005.06.
192. 高松洋,岡野博幸,福田優子,松田武久, 感温性ゼラチンを用いた細胞の培養下選別回収法, 日本機械学会第17回バイオエンジニアリング講演会, 2005.01.
193. 高松洋, 生体熱工学の旧領域と新領域 〜何事も初めの一歩から〜, 日本機械学会熱工学部門「熱工学の新領域に関するクライミングセミナー」, 2004.11.
194. 高松洋, 生体熱工学の旧領域と新領域 ~何事も初めの一歩から~, 日本機械学会熱工学部門「熱工学の新領域に関するクライミングセミナー」, 2004.11.
195. 高宮津留美,高松洋,内田悟,張興,藤井丕夫, 生体の熱伝導率・熱拡散率の非侵襲測定法 -寒天を用いた測定法の検討, 熱工学コンファレンス2004, 2004.11.
196. H. Takamatsu, S. Zawlodzka, Osmotic Cell Injury at Above-Zero Temperatures, 第31回日本低温医学会総会Cryomedicine 2004, 2004.11.

九大関連コンテンツ