九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
高松 洋(たかまつ ひろし) データ更新日:2017.06.13

教授 /  工学研究院 機械工学部門 熱工学講座


主な研究テーマ
MEMSセンサを用いた薄膜の面方向熱伝導率測定法
キーワード:薄膜,熱物性,熱伝導率,MEMS,測定法
2012.04.
細胞の圧迫変形損傷のバイオメカニクス
キーワード:細胞の変形限界,生存率,細胞骨格,細胞膜
1999.01~2005.03.
鉛直管内吸収器における熱・物質移動とその促進
キーワード:空冷吸収器,管内吸収,流下液膜,臭化リチウム水溶液,熱・物質移動
1998.09~2004.05.
MEMSセンサによる極微量サンプルの熱伝導率測定法
キーワード:熱物性,熱伝導率,MEMS,測定法,微量サンプル
2008.04.
赤外光を用いた生体試料の熱輸送性質の非接触測定法
キーワード:熱伝導率,熱拡散率,生体組織,非侵襲計測,レーザ,放射温度計
2001.04.
固体およびソフトマテリアルの熱輸送性質測定法
キーワード:熱伝導率,熱拡散率,測定法,固体,ソフトマテリアル
2007.04.
浸透圧変化に対する細胞の応答と損傷
キーワード:浸透圧,脱水収縮,溶液効果,細胞骨格,細胞膜,水透過率,細胞損傷
2000.04.
細胞操作デバイスの開発
キーワード:感温性高分子,培養細胞,選別回収,その場観察
2001.04~2008.03.
生体の凍結に関する研究
キーワード:凍結障害機序,凍結保存,凍結手術,浸透圧ストレス,凍結シミュレーション
1999.01.
凍結手術支援を目的としたクライオプローブまわりの生体および模擬生体試料の凍結
キーワード:凍結手術,シミュレーション,クライオプローブ,モデリング
2007.04.
不可逆エレクトロポレーションによる非熱的治療に関する研究
キーワード:不可逆エレクトロポレーション,低侵襲治療,生体内熱物質移動,電場
2009.10.
表面微細加工を用いた電子素子の高性能沸騰冷却
キーワード:LSIチップ,表面微細加工,沸騰冷却,不導電性液体,伝熱促進
1996.04~2004.03.
研究業績
主要著書
1. 高松洋ほか8名, JSMEテキストシリーズ「演習 伝熱工学」, 日本機械学会, 第6章 物質伝達, 2008.03.
2. 高松洋ほか23名, 生体工学概論, コロナ社, 2.3 生体熱工学, 2006.04.
3. 高松洋ほか8名, JSMEテキストシリーズ「伝熱工学」, 日本機械学会, 第6章 物質伝達, 2005.03.
主要原著論文
1. Mohammed SHURRAB, DONG HAI WANG, Noriaki KUBO, Takanobu FUKUNAGA, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, A Reference for Cryosurgery using Two Parallel Cryoprobes: Simulation and Experiment using a Tissue Phantom, 低温医学, 41, 2, 69-74, 2016.03.
2. Hiroshi Takamatsu, Kosaku Kurata, Engineering approach to irreversible electroporation, Proceedings of the 15th International Heat Transfer Conference, IHTC15-KN05, 18, 2014.08.
3. Hiroshi Takamatsu, Takanobu Fukunaga, Yuki Tanaka, Kosaku Kurata, Koji Takahashi, Micro-beam sensor for detection of thermal conductivity of gases and liquids, Sensors and Actuators A, 206, 10-16, 2014.02.
4. Kosaku Kurata, Ryo Ueno, Masahiro Matsushita, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Experimental and Analytical Studies on Contact Irreversible Electroporation for Superficial Tumor Treatment, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 8, 4, 306-318, 2013.12.
5. Kosaku Kurata, Takashi Yoshii, Satoru Uchida, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Visualization of electroporation-induced temperature rise using temperature-sensitive ink, International Journal of Heat and Mass Transfer, 55, 23-24, 7207-7212, 2012.11.
6. H. Takamatsu, K. Inada, S. Uchida, K. Takahashi, M. Fujii, Feasibility Study of a Novel Technique for Measurement of Liquid Thermal Conductivity with a Micro Beam Sensor, International Journal of Thermophysics, 31.0, 41734.0, 888-899, 2010.05.
7. 稲田教介, 田中利幸, 内田悟, 高橋厚史, 藤井丕夫, 高松洋, マイクロビームセンサによる極微量液体の熱伝導率測定法に関する解析, 熱物性, 第23巻,第2号, 2009.05.
8. T. Yoshimori, H. Takamatsu, 3-D measurement of osmotic dehydration of isolated and adhered PC-3 cells, Cryobiology, Vol. 58, No. 1, pp.52-61, 2009.02.
9. H. Takamatsu, S. Zawlodzka, Contribution of Extracellular Ice Formation and the Solution Effects to the Freezing Injury of PC-3 Cells Suspended in NaCl Solutions, Cryobiology, 53, 1, 1-11, 2006.08.
10. S. Zawlodzka, H. Takamatsu, Osmotic Injury of PC-3 Cells by Hypertonic NaCl Solutions at Temperatures above 0°C, Cryobiology, 50.0, 1.0, 50, 1, 58-70, 2005.02.
11. H. Takamatsu, R. Takeya, S. Naito, H. Sumimoto, On the Mechanism of Cell Lysis by Deformation, J. Biomech., 38.0, 1.0, 38, 1, 117-124, 2005.01.
12. H. Takamatsu, Y. Komori, S. Zawlodzka, M. Fujii, Quantitative Examination of a Perfusion Microscope for the Study of Osmotic Response of Cells, J. Biomech. Eng., 126.0, 4.0, 126, 4, 402-409, 2004.08.
13. H. Takamatsu, N. Kumagae, Survival of Biological Cells Deformed in a Narrow Gap, J. Biomech. Eng., 124.0, 6.0, 124, 6, 780-783, 2002.12.
14. H. Takamatsu, M. Fujii, H. Honda, H. Uchiyama, Stability of Annular Liquid Film in Microgravity, Microgravity Science and Technology, 12.0, 1.0, 12, 1, 2-8, 1999.12.
15. H. Takamatsu, B. Rubinsky, Viability of Deformed Cells, Cryobiology, 39.0, 3.0, 39, 3, 243-251, 1999.11.
16. 本田博司, 山城光, 高松洋, 球まわりの過冷膜沸騰における蒸気膜の安定性, Therm. Sci. Eng., 7, 5, 1-10, 1999.09.
17. 高松洋, 久保秀雄, 本田博司, リエントラント型人工くぼみを有する模擬チップの浸漬沸騰冷却, 日本機械学会論文集(B編), 64, 621, 1426-1432, 1998.05.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 藏田耕作,高松洋, 電場・温度場制御による細胞・組織の不可逆エレクトロポレーション, 伝熱, 56(234), pp. 7-16, 2017.01.
主要学会発表等
1. 古野篤史,下河辺久雄,金澤知之進,藏田耕作,高松洋, 腱−骨付着部における傾斜材料特性のラマンイメージング計測, 第29回バイオエンジニアリング講演会, 2017.05.25.
2. Hiroshi Takamatsu, Kosaku Kurata, Engineering approach to irreversible electroporation, The 15th International Heat Transfer Conference, 2014.08.12.
3. Hiroshi Takamatsu, Experimental techniques and instrumentation in bioheat and mass transfer, ASME 2013 Summer Heat Transfer Conference, 2013.07.16.
4. H. Takamatsu, Freezing of Cells; Role of Ice and Solutes in Cell Damage, 2007 ASME-JSME Thermal Engineering Summer Heat Transfer Conference, 2007.07.
特許出願・取得
特許出願件数  5件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本工学教育協会
九州工学教育協会
Society for Cryobiology
日本機械学会
日本伝熱学会
日本低温医学会
日本冷凍空調学会
日本熱物性学会
低温生物工学会
学協会役員等への就任
2016.06~2018.05, 日本工学教育協会, 理事.
2016.04~2017.03, 日本機械学会, 理事.
2015.06~2016.05, 日本工学教育協会, 副会長.
2015.04~2017.03, 九州工学教育協会, 会長.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 評議員.
2014.11~2017.11, 日本低温医学会, 評議員.
2014.05~2015.04, 日本伝熱学会, 理事.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 運営委員.
2011.05~2012.04, 日本伝熱学会, 将来検討委員会委員.
2011.05~2013.04, 日本伝熱学会, 理事.
2011.04~2012.03, 日本機械学会, 運営委員.
2010.04~2011.03, 日本機械学会, 運営委員.
2010.04~2011.03, 日本機械学会, 評議員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 評議員.
2007.03~2008.02, 日本機械学会, 九州支部(商議員:庶務幹事).
2006.03~2007.02, 日本機械学会, 九州支部(商議員:庶務幹事).
2005.04~2006.03, 日本機械学会, 運営委員.
2003.04~2005.03, 日本機械学会, 運営委員.
2003.04~2004.03, 日本機械学会, 熱工学部門(学会賞委員会幹事).
2002.04~2003.03, 日本機械学会, 運営委員.
2001.04~2003.03, 日本伝熱学会, 評議員.
学会・研究会における座長等
2014.11.08~2014.11.09, 日本機械学会熱工学コンファレンス, 座長.
2014.08.11~2014.08.15, International Heat transfer Conference 2014, 座長.
2013.12.11~2013.12.14, The 4th ASME Micro/Nanoscale Heat & Mass Transfer International Conference, 座長.
2013.11.28~2013.11.29, 日本低温医学会総会, 座長.
2013.10.19~2013.10.20, 日本機械学会熱工学コンファレンス2013, 座長.
2013.05.29~2013.05.31, 第50回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2013.01.09~2013.01.11, 第25回バイオエンジニアリング講演会, 座長.
2012.11.17~2012.11.18, 日本機械学会熱工学コンファレンス2012, 座長.
2012.11.13~2012.11.15, International Forum on Heat Transfer 2012, 座長.
2012.05.30~2012.06.01, 第49回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2011.10.29~2011.10.30, 日本機械学会熱工学コンファレンス2011 , 座長.
2011.06.01~2011.06.03, 第48回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2011.03.13~2011.03.17, The 8th ASME-JSME Thermal Engineering Joint Conference, 座長.
2011.03.13~2011.03.17, ASME-JSME Joint Thermal Engineering Conference 2011, 座長.
2011.01.08~2010.01.09, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 座長.
2010.05.26~2010.05.28, 第47回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2010.03.06~2010.03.06, 日本生体医工学会九州支部学術講演会, 座長.
2010.01.09~2010.01.10, 第22回バイオエンジニアリング講演会, 座長.
2009.07.19~2009.07.23, CRYO 2009, 46th Meeting of the Society for Cryobiology, 座長.
2009.05.02~2009.06.04, 第46回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2008.11.22~2008.11.23, 第35回日本低温医学会総会, 座長.
2008.05.21~2008.05.23, 第45回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2007.07.08~2007.07.12, 2007 ASME-JSME Thermal Engineering Summer Heat Transfer Conference, 座長.
2006.11.23~2006.11.24, 第33回日本低温医学会総会, 座長.
2005.11.05~2005.11.07, 熱工学コンファレンス2005, 座長.
2005.07.23~2005.07.27, CRYO 2005, 42th Meeting of the Society for Cryobiology, 座長.
2004.11.18~2004.11.20, 第31回日本低温医学会総会Cryomedicine 2004, オーガナイザー.
2004.11.13~2004.11.14, 熱工学コンファレンス2004, 座長.
2004.05.26~2004.05.28, 第41回日本伝熱シンポジウム, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.11.02~2016.11.04, The 4th International Forum on Heat Transfer (IFHT 2016), 組織委員会委員.
2016.09.20~2016.09.23, The 27th International Symposium on Transport Phenomena (ISTP27), 実行委員会委員.
2016.10.02~2016.10.06, The 11th Asian Thermophysical Properties Conference (ATPC2016), 実行委員会委員.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会2016年度年次大会, 大会委員会委員.
2015.06.03~2015.06.05, 第52回日本伝熱シンポジウム, 実行委員長.
2014.08.10~2014.08.15, 第15回国際伝熱会議, 実行委員会委員.
2010.11.17~2010.11.19, 第31回日本熱物性シンポジウム, 実行委員.
2007.08.21~2007.08.24, The 8th Asian Thermophysical Properties Conference, 実行委員.
2006.05.26~2006.05.27, 第52会低温生物工学会年会, 実行委員.
2004.01.22~2004.01.23, 日本機械学会第16回バイオエンジニアリング講演会, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2011.05~2013.04, 伝熱, 編集委員長.
2007.04~2009.03, 日本機械学会論文集(B編), 編集委員.
2006.04, Thermal Science and Engineering, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2008年度 18  19 
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ,  , 2005.04.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Waikoloa Beach Marriott, United States of America, 2016.03~2016.03.
San Jose State University, United States of America, 2016.02~2016.02.
The University of Queensland, Australia, 2015.09~2015.09.
Washington State Convention Center, United States of America, 2015.06~2015.06.
San Jose State University, University of California Berekeley, United States of America, 2015.03~2015.03.
ポルト大学, Portugal, 2014.08~2014.09.
香港大学, Hong Kong, 2013.12~2013.12.
ドリントホテルドレスデン, Germany, 2013.09~2013.09.
ヒルトンミネアポリス, United States of America, 2013.07~2013.07.
KAIST(韓国科学技術院), Korea, 2012.09~2012.09.
清華大学, China, 2012.07~2012.07.
コロラド大学, United States of America, 2012.06~2012.07.
マリオット・ワイキキ・リゾート・アンド・スパ, United States of America, 2011.03~2011.03.
KAIST(韓国科学技術院), Korea, 2011.01~2011.01.
中国コンベンションセンター, China, 2010.10~2010.10.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2010.08~2010.08.
コロラド大学, カリフォルニア大学バークレー校, United States of America, 2009.06~2009.07.
KAIST(韓国科学技術院), Hotel Tirol, Korea, 2008.09~2008.09.
オムニシャーロットホテル, United States of America, 2008.07~2008.07.
マリオットマルコーアイランド, United States of America, 2008.06~2008.06.
フェアモントシャトーレイクルイーズ, Canada, 2007.07~2007.08.
ウエスティンベイショアホテルバンクーバー, Canada, 2007.07~2007.07.
ハンブルグ商工会議所, ミュンヘン応用科学大学, Germany, 2006.07~2006.08.
ミネソタ大学, United States of America, 2005.07~2005.07.
ヴェイル カスケード リゾート アンド スパ, United States of America, 2005.06~2005.06.
北京国際コンベンションセンター, China, 2004.07~2004.07.
カリフォルニア大学バークレー校, United States of America, 1997.09~1998.07.
外国人研究者等の受入れ状況
2012.06~2011.08, ミネソタ大学, United States of America, 日本学術振興会.
2011.06~2011.08, ミネソタ大学, Turkey, 日本学術振興会.
2010.11~2010.12, ミネソタ大学, Turkey, 学内資金.
2008.07~2010.10, 中国科学技術大学, China, 日本学術振興会.
2004.03~2004.03, Univeristy of California, Berkeley, Romania, 学内資金.
受賞
日本機械学会賞(論文賞), 日本機械学会, 2015.04.
日本機械学会熱工学部門業績賞, 日本機械学会熱工学部門, 2014.11.
Best Poster Award, 20th European Conference on Thermophysical Properties, International Organising Committee of ECTP2014, 2014.09.
Paper of the Year Award 2013, Journal of Biomechanical Engineering and Science, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 2014.09.
日本伝熱学会学術賞, 日本伝熱学会, 2014.05.
日本機械学会賞(論文賞), 日本機械学会, 2007.04.
日本伝熱学会学術賞, 日本伝熱学会, 2001.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2017年度, 基盤研究(A), 代表, 電場・温度場制御による細胞・組織の接触式不可逆エレクトロポレーション.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, バイオ医薬品の活性維持を目的とした凍結タンパク質水溶液のin-situ評価.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, マイクロビームセンサを用いた薄膜の面方向熱伝導率の測定法.
2010年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 組織に熱的損傷を与えない細胞膜電壊治療技術.
2010年度~2012年度, 基盤研究(A), 代表, マイクロビームセンサの学理とバイオ・ケミカルセンシングへの展開.
2008年度~2008年度, 萌芽研究, 代表, MEMSセンサを用いた極微量液体の熱伝導率・熱拡散率の測定法に関する研究.
2008年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 代表, 血管内皮細胞の凍結損傷の評価とモデリング.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 代表, 生体組織の凍結損傷に及ぼす細胞レベルの熱物質移動の影響.
2006年度~2007年度, 特定領域研究, 代表, 培養細胞の顕微鏡下その場観察選別回収法の開発.
2003年度~2004年度, 基盤研究(B), 代表, 熱的パラメータに依存する細胞の凍結障害機序の解明と定量的評価.
2001年度~2002年度, 基盤研究(C), 代表, 「溶液効果」による細胞の凍結障害に関する研究.
2001年度~2002年度, 基盤研究(B), 代表, 非侵襲法による肝臓の熱伝導率・熱拡散率の測定.
1999年度~2000年度, 基盤研究(C), 代表, 前立腺癌の冷凍手術に関する研究 −細胞の変形限界について−.
1997年度~1998年度, 一般研究(C), 代表, 表面微細加工によるマイクロチップの沸騰冷却制御.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2009年度~2009年度, JST 地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム シーズ発掘試験A, 代表, マイクロリットルサンプルの熱伝導率センサの開発.

九大関連コンテンツ