九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
柿本 浩一(かきもと こういち) データ更新日:2017.07.06

教授 /  応用力学研究所 新エネルギー力学部門 ナノメカニックス分野


大学院(学府)担当

その他の教育研究施設名

役職名

教授


電子メール
ホームページ
http://www.riam.kyushu-u.ac.jp/nano/index.html
ナノメカニックス研究分野の説明 .
電話番号
092-583-7741
FAX番号
092-583-7743
取得学位
工学博士
専門分野
結晶成長
活動概要
1.研究活動

半導体の結晶成長や数値シミュレーションをキーワードとして,電子デバイスや光デバイス用結晶の成長に関わる研究を主に行っている.特に"マクロからミクロまで"をスローガンとし,原子レベルの現象と連続体としての現象の相関についての研究を行っている.主な研究テーマは以下のとおりである.
1)グローバルシミュレータの開発
2)分子動力学法による同位体半導体の熱伝導度解析と予測
3)高輝度X線回折によるシリコン固液界面のダイナミックス,
4)3次元非定常数値計算によるシリコン単結晶育成時の融液流動解析,
5)分子動力学法によるシリコン中の不純物の運動解析,
6)分子動力学法によるシリコンの物性の解析,
7)中性子散乱法による半導体融液の構造解析,
8)レーザラマン分光法による半導体超格子構造の解析,
9)クロライドCVD法によるInGaAs/GaAsへテロ構造の結晶成長
10)DLTS法を用いたシリコン酸化膜界面の局在準位の解析,
11)シリコン/GaPワイドギャップエミッター素子の界面の応力解析,
12)EBIC法によるGaPのDark Lineの解析
13)同位体半導体の物性とその制御
14)酸化物結晶の成長法の開発
15)高効率太陽電池結晶成長シミュレータの開発

2.教育活動

工学府大学院航空宇宙工学専攻での担当科目は,次の通りである.
1)機能材料工学,
2)航空宇宙構造力学演習Ⅰ,
3)航空宇宙構造力学演習Ⅱ,
4)航空宇宙構造力学実験.

3.社会連携

1)宇宙環境利用推進センター”低消費電力半導体素子用高品質単結晶育成技術に関するシミュレーション”(平成9年度,10年度、11年度)
2)日本宇宙フォーラム”半導体結晶育成時のゼーベック効果の影響”(平成9年度,10年度、11年度)
3)日本宇宙フォーラム”シリコン固液界面における非平衡現象解析”(平成11年度、12年度)
4)物質材料機構物質研究所”高機能結晶の育成プロセスの最適化”(平成13年度、14年度,15年度)

九大関連コンテンツ