九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
岡田 重人(おかだ しげと) データ更新日:2018.10.26



主な研究テーマ
次世代ポストリチウムイオン二次電池電極活物質材料の設計、合成、評価
キーワード:リチウムイオン二次電池、インターカレーション、正極活物質、負極活物質
2000.04.
従事しているプロジェクト研究
リーディング大学院「グリーンアジア国際戦略プログラム」
2013.04~2018.03, 代表者:原田明, 総理工学府物質理工学専攻.
拠点形成型元素戦略プロジェクト「実験と理論計算科学のインタープレイによる触媒・電池の元素戦略研究拠点」
2012.07~2021.07, 代表者:田中 庸裕, 京都大学
触媒・電池と言う複雑・複合系の元素戦略研究において、理論・計算科学とのインタープレイと言う手法を取り込むことにより、革新的進展が達成されるとともに、これまでに無い新しい研究体制を構築し、永続的に成果を出し続ける世界的研究拠点を確立し、それにより、地球の限られた資源を有効利用した触媒と電池を開発し、持続的社会の確立に資する。.
産学官連携型元素戦略プロジェクト「エコフレンドリーポストリチウムイオン二次電池の創製」
2009.08~2013.03, 代表者:岡田重人, 先導研, 日本
ポストリチウムイオン二次電池として、ナトリウムに特化した新規正極、負極、電解質材料開発の相互連携により、ラミネート電池試作を通じて経済性と安全性を合わせ持つレアメタルフリーナトリウムイオン二次電池の実用化のメドを得る。.
JST都市エリア産学官連携促進事業(一般型)、ナノ構造制御材料を活用した自動車分野における高機能部品開発拠点の形成可能性試験テーマ「含フッ素リン酸ポリアニオン系電極を用いたアルカリイオン対称セル」
2009.09~2010.03, 代表者:岡田重人, 先導研, 日本
フッ素含有リン酸系正負極を用いた全固体電池の室温動作実証に取り組む。.
NEDO革新型蓄電池先端科学基礎研究事業/革新型蓄電池先端科学基礎研究開発、材料革新サブグループ準拠点「高容量、高電位に結びつくフッ化物系活物質」
2009.07~2016.03, 代表者:岡田重人, 先導研, 日本
主に、ex situ解析技術を基にしたLIBの分析結果を基に、LIBの革新のための材料開発の方向の指針を得ると共に、その指針に基づいてLIBの材料の革新を目指す。準拠点として九大では安価で安全な新規フッ素系正極材料の開発を中心に取り組む。.
G−COE“新炭素資源学”
2008.09~2011.03, 代表者:永島英夫, 先導研, 日本
石炭等炭素資源有効利用、国境を越えた環境汚染防止、温暖化ガスの抑制、という難問の解決に向け、その基盤となる学術体系の構築と若手先端研究人材の育成に取り組む。.
NEDO次世代自動車用高性能蓄電システム技術開発「ポスト鉄オリビン系高性能リチウム二次電池の研究開発」
2007.07~2010.03, 代表者:弦巻茂, 三菱重工, 日本
レアメタルフリーポリアニオン系正極物質群をベースに、経済性と安全性を材料レベルで確保しつつ、LiFePO4を凌ぐエネルギー密度を有するポスト鉄オリビンを探索し、表面改質処理や、材料プロセス、塗布技術の最適化によりエネルギー密度、出力特性、安全性、サイクル特性に関するセルエネルギー密度最終目標値200 Wh/kgの実現を図る。
総額2億6884万円(うち九大分1億3414万円).
ポリアニオン頂点共有構造を利用した全固体セラミックス電池の開発
2006.09~2009.03, 代表者:吉田俊広, 日本ガイシ, 日本ガイシ
総額1億1000万円(うち九大分2500万円).
日本ゼオン-九州大学包括的共同研究(リチウムイオン二次電池鉄系正極材料用バインダー)
2003.11~2006.03, 代表者:岡田重人, 九州大学先導物質化学研究所, 日本ゼオン
実用化性能を有するリチウムイオン二次電池用鉄系正極材料/バインダーの開発、総額2800万円.
住友金属鉱山共同研究公募
2003.10, 代表者:岡田重人, 住友金属鉱山
Co系正極活物質の二次電池特性、総額100万円.
科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業チーム研究型I
2003.04~2007.12, 代表者:山木準一, 九州大学先導物質化学研究所, 九州大学先導物質化学研究所
ナノ構造単位材料から構成される電力貯蔵デバイスの構築、総額3.5億円.
九州大学教育研究拠点プログラム・研究拠点形成プロジェクトCタイプ
2002.04, 代表者:佐々木一成, 九州大学総合理工学研究院, 九州大学総合理工学研究院
次世代のソフトエネルギーに関する最先端教育プログラムの構築”、総額600万円.
ミレニアムプロジェクト(独創的革新技術開発提案公募)
2000.04~2003.03, 代表者:岡田重人, 九州大学先導物質化学研究所, 文部科学省
環境半導体を用いた太陽電池と鉄系ポリアニオン正極を用いたレアメタルフリーポストリチウムイオン二次電池によるエコフレンドリー自立電源の材料レベルでの実証、総額1億3300万円.
地球環境産業技術研究機構優秀研究企画
2000.04~2002.03, 代表者:岡田重人, 九州大学先導物質化学研究所, 地球環境産業技術研究機構
低価格高電圧レアメタルフリー正極の物質設計、総額900万円.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. S.-I. Park, I. Gocheva, S. Okada, and J. Yamaki, Electrochemical Properties of NaTi2(PO4)3 Anode for Rechargeable Aqueous Sodium-Ion Batteries, J. Electrochem. Soc., 2011.09.
2. L.S. Plashnitsa, E. Kobayashi, S. Okada, and J. Yamaki, Symmetric lithium-ion cell based on lithium vanadium fluorophosphate with ionic liquid electrolyte, Electrochimica Acta, 56, 1344-1351, 2011.02.
主要学会発表等
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 上坊泰史、岡田重人、山木準一, International Center for Diffraction Data, 2003.04
新物質LiVP2O7のX線構造解析データ.
特許出願・取得
特許出願件数  50件
特許登録件数  60件
学会活動
所属学会名
米国電気化学会
日本化学会
日本物理学会
電気化学会
電池技術委員会
リチウム電池開発研究会
学協会役員等への就任
2014.04~2016.03, 電気化学会, 電池技術委員会賞選考委員.
2013.01~2013.11, ACTSEA2013, International Advisory Board.
2015.01~2015.11, ACTSEA2015, International Advisory Board.
2014.01~2014.12, ICGET’14, International Program Committee.
2015.01~2016.01, 電気化学会九州支部 , 支部長.
2014.01~2016.01, 電気化学会, 理事.
2014.11~2017.12, 第58回電池討論会, 実行委員長.
2013.07~2014.06, CIMTEC 2014, International Advisory Board .
2014.01~2015.01, 電気化学会九州支部 , 副支部長.
2015.01~2016.01, 電気化学会九州支部 , 支部長.
2011.04~2012.03, 電気化学会.
2011.06~2012.10, PRiME 2012.
2011.06~2012.11, 第53回電池討論会.
2008.07~2010.07, Journal of Applied Ceramic Technology, Guest editor.
2009.04~2010.10, CIMTEC 2010, International Advisory Board.
2007.01~2007.12, 第48回電池討論会, 実行委員会事務局長.
2006.05~2008.04, 電子情報通信学会, ソサイエティ論文誌編集委員会査読委員.
2005.01~2006.12, 電池技術委員会, 幹事.
2005.01~2006.12, 電池技術委員会, 幹事.
2004.01~2004.12, 電気化学会九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.03.13~2014.03.13, 1st Symposium of First Symposium of Research and Education Center for Advanced Energy Materials, 座長(Chairmanship).
2014.03.29~2014.03.31, 電気化学会第81回大会 , 座長(Chairmanship).
2014.06.08~2014.06.20, CIMTEC2014, International Advisory Board.
2013.11.10~2013.11.13, ACTSEA2013, International Advisory Board.
2013.03.29~2013.03.31, 電気化学会第80回大会, 座長(Chairmanship).
2012.11.14~2012.11.16, 第53回電池討論会, 実行委員.
2012.11.14~2012.11.16, 第53回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2012.10.07~2012.10.12, PRiME 2012, Session Organizer.
2012.08.19~2012.08.24, 63rd ISE Meeting, 座長(Chairmanship).
2012.07.18~2012.07.20, 高分子夏季大学, パネラー.
2012.04.15~2012.04.18, 10th Spring ISE Meeting, 座長(Chairmanship).
2012.03.29~2012.03.31, 電気化学会第79回大会, 座長(Chairmanship).
2012.01.05~2012.01.08, ACEPS6, 座長(Chairmanship).
2011.10.17~2012.10.20, 第52回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2011.10.09~2011.10.14, 220th ECS Meeting, 座長(Chairmanship).
2011.09.09~2011.09.11, 電気化学秋季大会, 座長(Chairmanship).
2011.07.10~2011.07.15, PACRIM 9, 座長(Chairmanship).
2010.11.09~2010.11.11, 第51回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2010.06.06~2010.06.18, CIMTEC2010, International Advisory Board.
2010.03.29~2010.03.31, 電気化学会第77回大会, 座長(Chairmanship).
2009.11.30~2009.12.02, 第50回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2009.03.29~2009.03.31, 電気化学会第76回大会, 座長(Chairmanship).
2008.11.10~2008.11.14, 3rd Asian Conference on Electrochemical Power Sources, 座長(Chairmanship).
2008.11.05~2008.11.07, 第49回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2008.10.12~2008.10.17, PRIME 2008(Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-state science) , 座長(Chairmanship).
2008.03, 電気化学会第75回大会, 座長(Chairmanship).
2007.11.13~2007.11.15, 第48回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2007.03, 電気化学会第74回大会, 座長(Chairmanship).
2006.11, 第32回固体イオニクス討論会, 座長(Chairmanship).
2006.11, 第47回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2006.10, 210th ECS Meeting, 座長(Chairmanship).
2006.04, 電気化学会第73回大会, 座長(Chairmanship).
2005.09, 電気化学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2005.04, 電気化学会第72回大会, 座長(Chairmanship).
2005.04, 電気化学会第72回大会, 座長(Chairmanship).
2004.11, 第46回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2004.10, 第45回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2004.10, 2004日米電気化学会合同会議, 座長(Chairmanship).
2004.04, 電気化学会第71回大会, 座長(Chairmanship).
2003.11, 第44回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2003.10, INTELEC'03, 司会(Moderator).
2003.10, INTELEC'03, 座長(Chairmanship).
2003.07, 化学関連支部合同九州大会, ポスター賞審査員.
2003.04, 電気化学会創立70周年記念大会, 座長(Chairmanship).
2002.07, 化学関連支部合同九州大会, ポスター賞審査員.
2002.04, 電気化学会第69回大会, 座長(Chairmanship).
2015.11.26~2015.11.26, 第2回統合創・省・基盤技術エネルギー教育研究拠点国際シンポジウム, シンポジウム オーガナイザー.
2017.11.13~2017.11.16, 第58回電池討論会, 実行委員長.
2015.05.11~2015.05.11, 第91回新電池構想部会, 代表幹事.
2015.01.28~2015.01.28, 第4回アライアンス国際シンポジウム, シンポジウム オーガナイザー.
2014.09.17~2014.09.17, 第372回電池技術委員会役員会・講演会, 代表幹事.
2012.11.13~2012.11.16, 第53回電池討論会, 実行委員.
2012.10.07~2012.10.12, PRiME 2012 , シンポジウム オーガナイザー.
2012.06.30~2012.06.30, 第49回化学関連支部合同九州大会, 審査員.
2011.07.09~2011.07.09, 第48回化学関連支部合同九州大会, 審査員.
2010.07.10~2010.07.10, 第47回化学関連支部合同九州大会, 審査員.
2010.06.13~2010.06.17, CIMTEC 2010, International Advisory Board.
2009.07.11~2009.07.11, 第46回化学関連支部合同九州大会, 審査員.
2009.03.29~2009.03.31, 電気化学会第76回大会, ポスター賞審査員.
2008.10, 電気化学会, 平成21年度各賞調査委員.
2008.07, 第45回化学関連支部合同九州大会, 審査員.
2008.03, 電気化学会第75回大会, ポスター賞審査員.
2007.11, 第48回電池討論会, 実行委員会事務局長.
2007.11, 第48回電池討論会, 実行委員会事務局長.
2007.11, 電池討論会ポストカンファレンス, 世話人.
2007.10, 電気化学会, 平成20年度各賞調査委員.
2007.07, 第44回化学関連支部合同九州大会, 審査員.
2007.03, 電気化学会第74回大会, ポスター賞審査委員.
2006.12, 第60回新電池構想部会, 事務局長、座長.
2006.07, 第43回化学関連支部合同九州大会, 審査員.
2006.07, 第59回新電池構想部会, 事務局長、座長.
2006.04, 第58回新電池構想部会, 事務局長、座長.
2006.02, 第57回新電池構想部会, 事務局長、座長.
2005.12, 第56回新電池構想部会, 事務局長、座長.
2005.07, 第42回化学関連支部合同九州大会, 審査員.
2005.07, 第55回新電池構想部会, 事務局長、座長.
2005.04, 電気化学会第72回大会, 実行委員.
2005.04, 第54回新電池構想部会, 事務局長、座長.
2005.02, 第53回新電池構想部会, 事務局長、座長.
2004.07, 第41回化学関連支部合同九州大会, 審査員.
2004.06, 12th IInternational Meeting on Lithium Batteries, プロシーディングス編集委員.
2003.10, INTELEC'03, プログラム委員会トラックチェア.
2002.10, The 43rd Battery Symposium in Japan(第43回電池討論会), 実行委員会事務局長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2003.04~2016.03, NTT Technical Review, 国内, 査読委員.
2012.07~2012.09, Electrochim Acta, 国際, 編集委員.
2006.04~2010.03, NTTR&D, 国内, 査読委員.
2009.04~2010.03, 電子情報通信学会ソサイエティ論文誌, 国内, 査読委員.
2009.12~2010.01, Electrochemistry, 国内, 第44回論文特集号ゲストエディター.
2008.08~2009.03, International Journal of Applied Ceramic Technology, 国際, 編集委員.
1996.04~1998.03, Electrochemistry, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2013年度 56 
2012年度 41 
2011年度 30  30 
2010年度 29  29 
2009年度 30  31 
2008年度 17  17 
2007年度 23  23 
2006年度 21    26 
2005年度 18    20 
2004年度     17 
2003年度
2002年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
IBA2016, France, 2016.03~2016.03.
ICACC2016, UnitedStatesofAmerica, 2016.01~2016.01.
ACTSEA2015, Taiwan, 2015.11~2015.11.
宜春学院, 江西特電, China, 2015.08~2015.08.
ICMAT2015 & IUMRS-ICA2015, Singapore, 2015.06~2015.06.
CIMTEC2014, Italy, 2014.06~2014.06.
IBA2014, Australia, 2014.03~2014.03.
IBA2014, Australia, 2014.03~2014.03.
Indian Institute of Science, India, 2013.12~2013.12.
ACTSEA2013, Taiwan, 2013.11~2013.11.
NEDO-BMBF Workshop, Germany, 2013.09~2013.09.
IBA, Spain, 2013.02~2013.03.
ICAMN, Vietnam, 2012.12~2012.12.
PRiME 2012, UnitedStatesofAmerica, 2012.10~2012.10.
ABAA5, Turkey, 2012.09~2012.09.
63rd ISE, CzechRepublic, 2012.08~2012.08.
10th Spring ISE Meeting, Australia, 2012.07~2012.04.
ACEPS6, India, 2012.01~2012.01.
ECS Boston Meeting, UnitedStatesofAmerica, 2011.10~2011.10.
PACRIM9, Australia, 2011.07~2011.07.
ISAEST-9, India, 2010.12~2010.12.
218th ECS, UnitedStatesofAmerica, 2010.10~2010.10.
CIMTEC 2010, Italy, 2010.06~2010.06.
サムソン, Korea, 2010.01~2010.01.
ACTSEA-2009, Taiwan, 2009.11.
216th ECS Meeting, Austria, 2009.10.
The 4th Southern China Li-ion Battery Top Forum (CLTF 2009), China, 2009.05.
2nd Interntional Symp. of Novel Carbon Resource Sciences, Indonesia, 2009.03.
ACEPS-3, Korea, 2008.11.
ICEPS-2008, India, 2008.11.
PRIME2008, UnitedStatesofAmerica, 2008.10.
World Academy of Ceramics, Italy, 2008.07.
Hotel and Convention Centre Kuala Lumpur, Malaysia, 2008.06.
Fudan University, China, 2007.10.
ECS Meeting, Mexico, 2006.10~2006.11.
外国人研究者等の受入れ状況
2015.12~2016.02, 1ヶ月以上, 忠北大学, Korea, 文部科学省.
2014.08~2014.09, 2週間以上1ヶ月未満, Indian Institute of Science, India, 学内資金.
2013.11~2013.11, 2週間以上1ヶ月未満, Indian Institute of Science, India, 学内資金.
2013.11~2013.11, 2週間以上1ヶ月未満, Central Electrochemical Research Institute (CSIR), India, 学内資金.
2013.07~2013.08, 1ヶ月以上, 忠北大学, Korea, 文部科学省.
2011.11~2013.03, 1ヶ月以上, Kyushu University, Bulgaria, 政府関係機関.
2008.11~2009.03, 1ヶ月以上, Kyushu University, Bangladesh, 政府関係機関.
2008.05, 1ヶ月以上, Annamalai University, India, 政府関係機関.
2008.05, 1ヶ月以上, Gandhigram Rural University, India, 政府関係機関.
2006.09~2007.11, 1ヶ月以上, Lanzhou Institute of Chemical Physics Chinese Academy of Sciences, China, 学内資金.
2006.09~2008.03, 1ヶ月以上, Vyatka State technical University, Russia, 科学技術振興事業団.
2004.04~2004.09, 1ヶ月以上, KAIST, SouthKorea.
2001.09~2001.12, 1ヶ月以上, Gillette Advanced Technology Center, UnitedStatesofAmerica.
2001.04~2002.03, 1ヶ月以上, Huaqiao University, China.
受賞
第11回産学官連携功労者表彰文部科学大臣賞, 内閣府, 2013.08.
IBA Technology Award 2013, International Battery Materials Association, 2013.03.
H24年度研究・産学連携活動表彰, 九州大学, 2012.11.
H23年度研究・産学連携活動表彰, 九州大学, 2011.11.
H22年度研究・産学連携活動表彰, 九州大学, 2010.11.
H21年度研究・産学連携活動表彰, 九州大学, 2009.11.
H20年度研究・産学連携活動表彰, 九州大学, 2008.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 金属並みの導電性をもつバナジン酸塩ガラスの開発とその二次電池正極材への応用.
2002年度~2004年度, 基盤研究(A), 代表, ボストリチウム電池用ポリアニオン系新規電極材料の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2012年度~2021年度, 拠点形成型元素戦略, 分担, 実験と理論計算科学のインタープレイによる触媒・電池の元素戦略研究拠点
.
2009年度~2015年度, NEDO革新型蓄電池先端科学基礎研究事業/革新型蓄電池先端科学基礎研究開発, 分担, 高容量、高電位に結びつくフッ化物系活物質.
2009年度~2009年度, JST都市エリア産学官連携促進事業(一般型), 代表, 含フッ素リン酸ポリアニオン系電極を用いたアルカリイオン対称セル.
2009年度~2013年度, 産官学連携型元素戦略, 代表, エコフレンドリーポストリチウムイオン二次電池の創製.
2007年度~2011年度, NEDO次世代蓄電システム実用化戦略技術開発/次世代自動車高性能蓄電システム技術開発, 分担, ポスト鉄オリビン系高性能リチウム二次電池の研究開発.
2007年度~2008年度, 北部九州自動車150万台生産拠点推進会議自動車産業技術研究会助成, 代表, プラグインハイブリッド自動車用二次電池研究会活動助成.
2006年度~2008年度, 科学技術振興事業団革新的技術開発研究事業, 分担, ポリアニオン頂点共有構造を利用した全固体セラミックス電池の開発.
2003年度~2004年度, 住友金属鉱山共同研究公募, 代表, Li系正極活物質の二次電池特性.
2003年度~2004年度, トヨタ先端技術共同研究公募, 代表, ソフトケミストリー的手法を駆使したポストリチウムイオン二次電池用電極活物質の合成.
2002年度~2007年度, 科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業チーム研究型I, 分担, ナノ構造単位材料から構成される電力貯蔵デバイスの構築.
2000年度~2001年度, 地球環境産業技術研究機構優秀研究企画, 代表, 低価格高電圧レアメタルフリー正極の物質設計.
2000年度~2002年度, 文科省独創的革新技術開発提案公募, 代表, レアメタルフリーエネルギーデバイスの創製.
1998年度~1998年度, 熱電気エネルギー技術財団, 代表, 大型リチウムイオン二次電池用レアメタルフリー正極の開発.
1997年度~2000年度, 通産省工技院競争特別研究, 分担, 鉄系ポリアニオン型化合物の合成と評価に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.07~2016.03, 代表, 高容量新規正極材料に関する研究.
2015.04~2016.03, 代表, レアメタルフリー二次電池関連の材料開発.
2014.07~2015.03, 代表, フッ素系高エネルギー密度次世代正極の共同研究.
2014.04~2015.03, 代表, 電解質ゲルに関する研究.
2007.07~2008.07, 代表, ポリアニオン系活物質の研究.
2007.04~2006.03, 代表, 低電圧電池の研究.
2006.09~2007.03, 代表, 金属フッ化物正極の研究.
2006.04~2009.03, 代表, オールポリアニオン型全固体電池の研究.
2006.04~2007.03, 代表, オールポリアニオン型全固体電池の研究.
2005.04~2007.03, 代表, ポリアニオン型ガラス正極材料の研究.
2005.04~2006.03, 代表, ポリアニオン系固体電池の開発.
2004.04~2008.03, 代表, リン酸系ナノ正極材料.
2004.04~2007.03, 代表, ナトリウム電池用層状酸化物正極の開発.
2004.04~2007.03, 代表, 二次電池用フッ素化正極材料.
2004.04~2005.03, 代表, 二次電池正極材料の発熱安全性評価.
2003.10~2006.03, 代表, 実用化性能を有するリチウムイオン二次電池用鉄系正極材料/バインダーの開発.
2002.04~2003.03, 代表, オリビン類縁化合物正極.
2001.10~2004.09, 代表, オリビン型リン酸鉄リチウムの性能向上に関する研究.
1999.05~1999.09, 分担, リチウム電池安全性向上に向けた電池構成材料熱安定性の検討.
寄附金の受入状況
2008年度, 北部九州自動車150万台生産拠点推進会議自動車産業技術研究会助成金, 先導物質化学研究所研究資金.
2007年度, 北部九州自動車150万台生産拠点推進会議自動車産業技術研究会助成金, 先導物質化学研究所研究資金.
2000年度, 大阪科学技術センター, 先導物質化学研究所研究資金.
学内資金・基金等への採択状況
2002年度~2003年度, 九州大学教育研究拠点プログラム・研究拠点形成プロジェクトCタイプ, 分担, 次世代のソフトエネルギーに関する最先端教育プログラムの構築.
1999年度~1999年度, 機能物質科学研究所若手奨励研究, 代表, 鉄3価/2価レドックス反応を用いた正極活物質.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」